TED日本語 - スティーヴン・ウェッブ: 宇宙人はどこにいるのでしょう?

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - スティーヴン・ウェッブ: 宇宙人はどこにいるのでしょう?

TED Talks

宇宙人はどこにいるのでしょう?
Where are all the aliens?
スティーヴン・ウェッブ
Stephen Webb

内容

宇宙は信じられないほど古く、驚くほど大きくて、何兆もの惑星が存在します。では宇宙人はどこにいるのでしょう?天文学者のスティーヴン・ウェッブの説明では、宇宙には我々しかいないというのです。この視野を広げるトークでは、地球の外で文明をもつ為に惑星が克服すべき大きな障壁について説明し、人類が宇宙で孤独であるかもしれないことの美点を語ります。ウェッブは言います。「宇宙の沈黙は叫んでいます、『我々は幸運な生き物だ』と。」

Script

I saw a UFO once. I was eight or nine, playing in the street with a friend who was a couple of years older, and we saw a featureless silver disc hovering over the houses. We watched it for a few seconds, and then it shot away incredibly quickly. Even as a kid, I got angry it was ignoring the laws of physics. We ran inside to tell the grown-ups, and they were skeptical -- you'd be skeptical too, right? I got my own back a few years later: one of those grown-ups told me, "Last night I saw a flying saucer. I was coming out of the pub after a few drinks." I stopped him there. I said, "I can explain that sighting."

(Laughter)

Psychologists have shown we can't trust our brains to tell the truth. It's easy to fool ourselves. I saw something, but what's more likely -- that I saw an alien spacecraft, or that my brain misinterpreted the data my eyes were giving it? Ever since though I've wondered: Why don't we see flying saucers flitting around? At the very least, why don't we see life out there in the cosmos? It's a puzzle, and I've discussed it with dozens of experts from different disciplines over the past three decades. And there's no consensus. Frank Drake began searching for alien signals back in 1960 -- so far, nothing. And with each passing year, this nonobservation, this lack of evidence for any alien activity gets more puzzling because we should see them, shouldn't we?

The universe is 13.8 billion years old, give or take. If we represent the age of the universe by one year, then our species came into being about 12 minutes before midnight, 31st December. Western civilization has existed for a few seconds. Extraterrestrial civilizations could have started in the summer months. Imagine a summer civilization developing a level of technology more advanced than ours, but tech based on accepted physics though, I'm not talking wormholes or warp drives -- whatever -- just an extrapolation of the sort of tech that TED celebrates. That civilization could program self-replicating probes to visit every planetary system in the galaxy. If they launched the first probes just after midnight one August day, then before breakfast same day, they could have colonized the galaxy. Intergalactic colonization isn't much more difficult, it just takes longer. A civilization from any one of millions of galaxies could have colonized our galaxy.

Seems far-fetched? Maybe it is, but wouldn't aliens engage in some recognizable activity -- put worldlets around a star to capture free sunlight, collaborate on a Wikipedia Galactica, or just shout out to the universe, "We're here"?

So where is everybody? It's a puzzle because we do expect these civilizations to exist, don't we? After all, there could be a trillion planets in the galaxy -- maybe more.

You don't need any special knowledge to consider this question, and I've explored it with lots of people over the years. And I've found they often frame their thinking in terms of the barriers that would need to be cleared if a planet is to host a communicative civilization. And they usually identify four key barriers.

Habitability -- that's the first barrier. We need a terrestrial planet in that just right "Goldilocks zone," where water flows as a liquid. They're out there. In 2016, astronomers confirmed there's a planet in the habitable zone of the closest star, Proxima Centauri -- so close that Breakthrough Starshot project plans to send probes there. We'd become a starfaring species. But not all worlds are habitable. Some will be too close to a star and they'll fry, some will be too far away and they'll freeze.

Abiogenesis -- the creation of life from nonlife -- that's the second barrier. The basic building blocks of life aren't unique to Earth: amino acids have been found in comets, complex organic molecules in interstellar dust clouds, water in exoplanetary systems. The ingredients are there, we just don't know how they combine to create life, and presumably there will be worlds on which life doesn't start.

The development of technological civilization is a third barrier. Some say we already share our planet with alien intelligences. A 2011 study showed that elephants can cooperate to solve problems. A 2010 study showed that an octopus in captivity can recognize different humans. 2017 studies show that ravens can plan for future events -- wonderful, clever creatures -- but they can't contemplate the Breakthrough Starshot project, and if we vanished today, they wouldn't go on to implement Breakthrough Starshot -- why should they? Evolution doesn't have space travel as an end goal. There will be worlds where life doesn't give rise to advanced technology.

Communication across space -- that's a fourth barrier. Maybe advanced civilizations choose to explore inner space rather than outer space, or engineer at small distances rather than large. Or maybe they just don't want to risk an encounter with a potentially more advanced and hostile neighbor. There'll be worlds where, for whatever reason, civilizations either stay silent or don't spend long trying to communicate.

As for the height of the barriers, your guess is as good as anyone's. In my experience, when people sit down and do the math, they typically conclude there are thousands of civilizations in the galaxy. But then we're back to the puzzle: Where is everybody? By definition, UFOs -- including the one I saw -- are unidentified. We can't simply infer they're spacecraft. You can still have some fun playing with the idea aliens are here. Some say a summer civilization did colonize the galaxy and seeded Earth with life ... others, that we're living in a cosmic wilderness preserve -- a zoo. Yet others -- that we're living in a simulation. Programmers just haven't revealed the aliens yet. Most of my colleagues though argue that E.T. is out there, we just need to keep looking, and this makes sense. Space is vast. Identifying a signal is hard, and we haven't been looking that long. Without doubt, we should spend more on the search. It's about understanding our place in the universe. It's too important a question to ignore.

But there's an obvious answer: we're alone. It's just us. There could be a trillion planets in the galaxy. Is it plausible we're the only creatures capable of contemplating this question? Well, yes, because in this context, we don't know whether a trillion is a big number. In 2000, Peter Ward and Don Brownlee proposed the Rare Earth idea. Remember those four barriers that people use to estimate the number of civilizations? Ward and Brownlee said there might be more.

Let's look at one possible barrier. It's a recent suggestion by David Waltham, a geophysicist. This is my very simplified version of Dave's much more sophisticated argument. We are able to be here now because Earth's previous inhabitants enjoyed four billion years of good weather -- ups and downs but more or less clement. But long-term climate stability is strange, if only because astronomical influences can push a planet towards freezing or frying. There's a hint our moon has helped, and that's interesting because the prevailing theory is that the moon came into being when Theia, a body the size of Mars, crashed into a newly formed Earth. The outcome of that crash could have been a quite different Earth-Moon system. We ended up with a large moon and that permitted Earth to have both a stable axial tilt and a slow rotation rate. Both factors influence climate and the suggestion is that they've helped moderate climate change. Great for us, right? But Waltham showed that if the moon were just a few miles bigger, things would be different. Earth's spin axis would now wander chaotically. There'd be episodes of rapid climate change -- not good for complex life. The moon is just the right size: big but not too big. A "Goldilocks" moon around a "Goldilocks" planet -- a barrier perhaps.

You can imagine more barriers. For instance, simple cells came into being billions of years ago ... but perhaps the development of complex life needed a series of unlikely events. Once life on Earth had access to multicellularity and sophisticated genetic structures, and sex, new opportunities opened up: animals became possible. But maybe it's the fate of many planets for life to settle at the level of simple cells.

Purely for the purposes of illustration, let me suggest four more barriers to add to the four that people said blocked the path to communicative civilization. Again, purely for the purposes of illustration, suppose there's a one-in-a-thousand chance of making it across each of the barriers. Of course there might be different ways of navigating the barriers, and some chances will be better than one in a thousand. Equally, there might be more barriers and some chances might be one in a million. Let's just see what happens in this picture.

If the galaxy contains a trillion planets, how many will host a civilization capable of contemplating like us projects such as Breakthrough Starshot? Habitability -- right sort of planet around the right sort of star -- the trillion becomes a billion. Stability -- a climate that stays benign for eons -- the billion becomes a million. Life must start -- the million becomes a thousand. Complex life forms must arise -- the thousand becomes one. Sophisticated tool use must develop -- that's one planet in a thousand galaxies. To understand the universe, they'll have to develop the techniques of science and mathematics -- that's one planet in a million galaxies. To reach the stars, they'll have to be social creatures, capable of discussing abstract concepts with each other using complex grammar -- one planet in a billion galaxies. And they have to avoid disaster -- not just self-inflicted but from the skies, too. That planet around Proxima Centauri, last year it got blasted by a flare. One planet in a trillion galaxies, just as in the visible universe.

I think we're alone. Those colleagues of mine who agree we're alone often see a barrier ahead -- bioterror, global warming, war. A universe that's silent because technology itself forms the barrier to the development of a truly advanced civilization. Depressing, right?

I'm arguing the exact opposite. I grew up watching "Star Trek" and "Forbidden Planet," and I saw a UFO once, so this idea of cosmic loneliness I certainly find slightly wistful. But for me, the silence of the universe is shouting, "We're the creatures who got lucky." All barriers are behind us. We're the only species that's cleared them -- the only species capable of determining its own destiny. And if we learn to appreciate how special our planet is, how important it is to look after our home and to find others, how incredibly fortunate we all are simply to be aware of the universe, humanity might survive for a while. And all those amazing things we dreamed aliens might have done in the past, that could be our future.

Thank you very much.

(Applause)

私は一度UFOを見たことがあります 8歳か9歳の頃でした 少し年上の友達と 道で遊んでいるところでした 特徴のない銀色の円盤が 住宅の上に浮かんでいました 私達が数秒見つめた後 びっくりするほどの速さで どこかに行ってしまいました 子供ながらに 私は その物体が物理の法則を 無視していると腹を立てました 私達は 家の中に走り 大人に伝えました しかし 信じてもらえませんでした 皆さんだって信じませんよね? 数年後に やり返しました ある大人が私に言ったのです 「昨晩 空飛ぶ円盤を見たんだ パブで何杯か飲んで 外に出たところだった」 私は彼の話を遮り言いました 「その目撃談を解説してみせましょう」

(笑)

心理学者は 私達の脳が 真実を語るとは限らないと 証明しています 自分自身をだますのは たやすいことです ある物体を見た それはなんというか ― 地球外の宇宙船を見たのか あるいは 目で見た情報を 脳が誤って解釈したのか? しかしあれ以来ずっと疑問でした 空飛ぶ円盤が飛び交うのを 私たちが見かけないのはなぜか? 少なくとも なぜ宇宙で 生命体を 見つけられていないのか? これは難題です 30年前から 様々な分野の 何十人もの専門家と 議論してきました しかし意見はまとまりません 1960年から フランク・ドレイクは 宇宙人からの信号を探し始めましたが 今のところ 成果はありません 毎年毎年 宇宙人の活動は観測されず 証拠が出てこないことで 謎が更に深まっています 見つかって然るべきだからです そうですよね?

宇宙はおよそ 138億年前に 誕生しました もし宇宙のこれまでを 1年と表すとしたら 人類は12月31日の 真夜中12分前に 誕生します 西洋文明の存在は数秒のことです 地球外の文明は その年の夏の間に 始まっていたのかもしれません 想像してみて下さい 夏に始まった文明が 私達よりもずっと先進の 技術を開発していて それは一般的な物理学に 基いたものだとします ワームホールや ワープドライブ等ではなく TEDが称賛するような技術から 更に発展したものです その文明は この銀河系にある 全ての惑星系を訪れるため 自己複製できる探査機の プログラムが可能だとします もし彼らが8月のある日 夜0時過ぎ 宇宙探査機を打ち上げたら 同じ日の朝食の時間前に 銀河系を支配できたかもしれません 他の銀河の支配は 難度がそれほど増すわけではなく より時間がかかるだけです 何百万も存在する銀河から来た 1つの文明が 私達の銀河系を 支配できていたかもしれません

突拍子もないと思いますか? そうかもしれません しかし 宇宙人はなぜ 目に見える行動をとらないのか ― 太陽光を頂戴するために 星の周りに 小惑星を配置したり 銀河ウィキペディアを共同制作したり もしくは 「ここにいるよ!」と叫んだり

彼らはどこにいるのか? そのような文明が存在すると信じているから 謎なのです そうですよね? 銀河系には1兆もの惑星が 存在する可能性があります ― もっと多いかもしれない

この疑問について考える時 特別な知識は必要ありません たくさんの人と一緒に 何年も探求を続けてきました そこで私が気づいたのは 彼らはしばしば 惑星がコミュニケーション可能な 文明を持つには 障壁をいくつか乗り越えなければならない という思考を組み立てていることです 彼らの考えでは 通常 4つの壁があるとされます

居住可能性 ― それが最初の壁です 「ゴルディロックスゾーン(生命居住可能領域)」 にある地球型惑星でなければなりません 水が液体として存在する星です 実際に それは存在します 2016年 天文学者はその居住可能領域内で ある惑星を見つけました しかも地球に最も近い恒星である プロキシマ・ケンタウリを回る惑星です ブレークスルー・スターショット計画では この最も近い恒星に探査機が送られます 私達は 星の間を移動する生物に なるかもしれません しかし居住可能ではない所もあります 恒星に近づきすぎると 焼かれてしまいます 恒星から遠ざかりすぎると 凍り付いてしまいます

自然発生説 ― 無生命から生命が生まれること ― それが2つ目の壁です 生命を構築する基礎的な物質は 地球特有のものではありません 彗星ではアミノ酸が 宇宙に漂う塵雲では 複雑な有機分子が 系外惑星系では 水が 見つかっています 材料は宇宙にあるのです どのように組み合わさると 生命が誕生するのか知らないだけです 生命が生まれない世界も おそらく存在するでしょう

技術面での文明の発展が 3つ目の障壁です この惑星を 私達は地球外の知的生命体と 既に共有していると言う人もいます 2011年の研究では ゾウが課題解決のため 協力することが可能と分かりました 2010年の研究では 捕獲されたタコが複数の人間を 識別できると分かりました 2017年には 大ガラスが予定を事前に 計画可能だという研究が示されました ― 素晴らしく 賢い生き物です ― しかしブレークスルー・スターショット計画を 練ることはできません もし今日 人類が消滅したなら ブレークスルー・スターショット計画を 引き継ぐことはないでしょう そんなことする必要ありますか? 生命の進化の最終目的は 宇宙旅行ではありません 生命体が技術の発展に 力を入れない惑星もあるでしょう

宇宙の彼方にある星とのやりとり ― それが4つめの障壁です 発展した文明は 宇宙よりも自分の星の内部を 探索することを選ぶかもしれません もしくは 長い距離ではなく 短い距離で行うかもしれません あるいは より技術が発展していて 敵対心も持つ可能性のある隣人と 出会うリスクを冒したくないかもしれません 何らかの理由で 沈黙を守るか 他とのコミュニケーションに 労力をかけようとしない文明もあるはずです

これらの障壁の高さについては 皆さんの推測は外れていません 私の経験では 机上で計算すると この銀河系には何千もの文明があると 大抵の人が結論付けます しかしそこで再度 謎に直面します みんな どこにいるの?と 定義では UFOは ― 私が見たものを含め ― 未確認です 私達はそれらが宇宙船だと 単純に推察することはできません それでも 宇宙人が存在するという考えを 想像して楽しむことはできます ある人はこう言います 夏に誕生した文明がこの銀河系を支配し 地球に生命の種をまいたと ある人は 私達は宇宙の野生保護地区に 暮らしている と言います つまり動物園です さらにある人が言うには ― 私達はシミュレーションの中で生きていて プログラマーが宇宙人を まだ登場させていないだけとか 私の同僚の大半は E.T.は存在するので 探索を継続するべきと主張します それは理にかなっています 宇宙は広大です 信号を識別するのは難しく まだ長期間 観測できている わけではありません 疑いの余地なく 探索にもっと 時間を費やした方がよいのです それが宇宙での私達の 立ち位置を理解する方法です 無視できない 重要な課題です

しかし 明白な答えもあります 私達は孤独だということ 宇宙には私達だけなのです この銀河系には1兆もの 惑星が存在するかもしれないのに この疑問について考えられる生物は人類だけ そんなこと信じられますか? まあ そうでしょう この文脈で言えば 私達は1兆というのが 大きな数字かどうか分かりません ピーター・ウォードとドン・ブラウンリーが 2000年にレアアース仮説を立てました 先程の4つの障壁を思い出してください あれは文明の数を見積もるために 用いられるものですが 彼らによると もっと多いかもしれないそうです

ある障壁について考えてみましょう 最近 地球物理学者の デビッド・ウォルサムが 次のように提唱しています 彼の素晴らしく洗練された議論を かなり簡略化して説明します 現在私達が 地球で 暮らすことができるのは 地球に存在した 過去の生物たちが 40億年もの間 良い気候 ― 変化はあれど だいたい 温暖な気候に恵まれていたからです しかし 気候が長期間安定するのは 珍しいことです 天文的な影響により 惑星の気候は極寒から灼熱まで 変わりうるからです 月の働きによることを示唆する 手がかりもあります それが興味深いのは 月の誕生についての最も有力な説は 火星ほどの大きさの テイアという星が 原始地球に衝突して できたという説だからです その衝突の結果如何で 地球と月の体系が 今とは異なっていた可能性もあります 結果として 大きな月が誕生し 地球に 一定の地軸の傾きと ゆっくりとした速度での自転の 両方をもたらしました その両方の要素が 天候に影響を及ぼし 地球の気候変動を穏やかにしたと 言われています 素晴らしいことですよね? しかし ウォルサムは もし月が あと数キロでも大きかったら 状況は異なっていたと示しています 地球の地軸は定まらず 無秩序に動くでしょう 急激な気候変動によって 様々なことが起きるでしょう 複雑系生命には打撃です 月はまさに適当な大きさなのです 大きいですが 大きすぎることはない 惑星の周りを月が回り 両方とも居住可能領域内にあるー これも障壁かもしれません

もっと多くの障壁も想像できます 例えば 何十億年も前に 単細胞生物が誕生しました しかしひょっとすると 複雑系生命の進化は 一連の奇跡的な出来事が もたらしたものかもしれません 地球の生命体が 多細胞となり 高度な遺伝子構造を持ち 交配が可能となった時 新しい可能性への扉が開きました 動物が誕生したのです しかし ひょっとすると 多くの惑星では 生命体が単細胞のまま 留まる運命にあるのかもしれません

単純に 話を分かりやすくするために 前述の4つの障壁に 更に4つの障壁を加えたいと思います 交流可能な文明にまで発展するのを 遮っているとされるものです 繰り返しですが 単純に 話を分かりやすくするために 各障壁を越えられるのは 千分の1の確率だと仮定してみましょう もちろん 障壁を乗り越えるには 他の方法もあるかもしれませんし 千分の1より高い確率の場合も あるかもしれません 同様に 他にも多くの障壁があり 越えられる確率が 百万分の1という可能性もあります その状況で何が起きるか 考えてみましょう

もしこの銀河系に 1兆の惑星があるとして ブレークスルー・スターショットのような計画を 私達のように練ることのできる文明を 持つことができる星は いくつあるでしょう? 居住可能性 ― 適切な恒星の周りを 適切な惑星が回っているのは 1兆のうち10億という計算になります 安定性 ― 永久に良好な気候が続くのは 10億のうち100万になります 生命が誕生するのは 百万のうち1千になります 複雑系生命に進化するのは 1千のうち1つになります 高度な道具を使用できるまでに 進化するのは 千の銀河の中の たった1つの惑星でしょう 宇宙を理解するには 科学と数学の技術を発展させる必要があり それが可能なのは 百万の銀河の中の たった1つの惑星でしょう 他の星に到達するには エイリアンが社会性をもつ生命体で 抽象的な概念について 議論しあう能力をもつ必要があります しかも複雑な文法を用いてー そんなのは10億の銀河の中の わずかに1つの惑星のみでしょう また 天災を避けなければなりません その星の内部だけでなく 宇宙からの天災も含めてです プロキシマ・ケンタウリを 回っていた惑星は 昨年 フレアにより爆発しました 可視宇宙において これを満たすのは 1兆の銀河の中で 1つの惑星のみでしょう

私達は孤独であると思います 私の同僚でこの意見に 賛成する人は よく 私達の目の前にある ある障壁について考えています 生物兵器テロ 地球温暖化、戦争などです 宇宙は沈黙しています なぜなら 技術そのものが 真に進歩した文明が発展するうえでの 障壁を作り出しているからです 気が重くなりますよね?

私は全く逆のことを主張します 『スター・トレック』や 『禁断の惑星』を見て育ちました かつてUFOも見ました 宇宙に存在するのは我々のみという考えには もちろん少し物悲しい気持ちです しかし 私に言わせると 宇宙の沈黙が叫んでいます 「我々は幸運な生き物だ」と 私達は全ての障壁を 乗り越えてきました 障壁を乗り越えることができた 唯一の種であり 自らの運命を決めることが できるのは私達だけです もし私達が いかに地球が特別な存在であり 故郷たる地球を大切にすること 他の生命体を見つけることが重要であり また 皆が宇宙の存在を知っていることが いかに幸運であるかに感謝する心を学べれば 当面 人類の文明は 生き延びられるかもしれません 過去に宇宙人がしたのかもしれないと 私達が想像していた 素晴らしい全てのことは 私達の未来かもしれません

どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画