TED日本語 - エイミー・パーディ: 限界への挑戦

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エイミー・パーディ: 限界への挑戦

TED Talks

限界への挑戦
Living beyond limits
エイミー・パーディ
Amy Purdy

内容

エイミー・パーディは19歳の頃、ひざから下の両足を失いました。しかし、現在はプロのスノーボーダーとして活躍しています。人生の困難を糧にし、そこからインスピレーションを受けることの重要性を、力強く語りかけます。

Script

If your life were a book and you were the author, how would you want your story to go? That's the question that changed my life forever. Growing up in the hot Last Vegas desert, all I wanted was to be free. I would daydream about traveling the world, living in a place where it snowed, and I would picture all of the stories that I would go on to tell. At the age of 19, the day after I graduated high school, I moved to a place where it snowed and I became a massage therapist. With this job all I needed were my hands and my massage table by my side and I could go anywhere. For the first time in my life, I felt free, independent and completely in control of my life. That is, until my life took a detour.

I went home from work early one day with what I thought was the flu, and less than 24 hours later I was in the hospital on life support with less than a two percent chance of living. It wasn't until days later as I lay in a coma that the doctors diagnosed me with bacterial meningitis, a vaccine-preventable blood infection. Over the course of two and a half months I lost my spleen, my kidneys, the hearing in my left ear and both of my legs below the knee. When my parents wheeled me out of the hospital I felt like I had been pieced back together like a patchwork doll.

I thought the worst was over until weeks later when I saw my new legs for the first time. The calves were bulky blocks of metal with pipes bolted together for the ankles and a yellow rubber foot with a raised rubber line from the toe to the ankle to look like a vein. I didn't know what to expect, but I wasn't expecting that. With my mom by my side and tears streaming down our faces, I strapped on these chunky legs and I stood up. They were so painful and so confining that all I could think was, how am I ever going to travel the world in these things? How was I ever going to live the life full of adventure and stories, as I always wanted? And how was I going to snowboard again? That day, I went home, I crawled into bed and this is what my life looked like for the next few months: me passed out, escaping from reality, with my legs resting by my side. I was absolutely physically and emotionally broken.

But I knew that in order to move forward, I had to let go of the old Amy and learn to embrace the new Amy. And that is when it dawned on me that I didn't have to be five-foot-five anymore. I could be as tall as I wanted! (Laughter) (Applause) Or as short as I wanted, depending on who I was dating. (Laughter) And if I snowboarded again, my feet aren't going to get cold. (Laughter) And best of all, I thought, I can make my feet the size of all the shoes that are on the sales rack. (Laughter) And I did! So there were benefits here.

It was this moment that I asked myself that life-defining question: If my life were a book and I were the author, how would I want the story to go? And I began to daydream. I daydreamed like I did as a little girl and I imagined myself walking gracefully, helping other people through my journey and snowboarding again. And I didn't just see myself carving down a mountain of powder, I could actually feel it. I could feel the wind against my face and the beat of my racing heart as if it were happening in that very moment. And that is when a new chapter in my life began.

Four months later I was back up on a snowboard, although things didn't go quite as expected: My knees and my ankles wouldn't bend and at one point I traumatized all the skiers on the chair lift when I fell and my legs, still attached to my snowboard -- (Laughter) -- went flying down the mountain, and I was on top of the mountain still. I was so shocked, I was just as shocked as everybody else, and I was so discouraged, but I knew that if I could find the right pair of feet that I would be able to do this again. And this is when I learned that our borders and our obstacles can only do two things: one, stop us in our tracks or two, force us to get creative.

I did a year of research, still couldn't figure out what kind of legs to use, couldn't find any resources that could help me. So I decided to make a pair myself. My leg maker and I put random parts together and we made a pair of feet that I could snowboard in. As you can see, rusted bolts, rubber, wood and neon pink duct tape. And yes, I can change my toenail polish. It was these legs and the best 21st birthday gift I could ever receive -- a new kidney from my dad -- that allowed me to follow my dreams again.

I started snowboarding, then I went back to work, then I went back to school. Then in 2005 I cofounded a nonprofit organization for youth and young adults with physical disabilities so they could get involved with action sports. From there, I had the opportunity to go to South Africa, where I helped to put shoes on thousands of children's feet so they could attend school.

And just this past February, I won two back-to-back World Cup gold medals -- (Applause) -- which made me the highest ranked adaptive female snowboarder in the world.

Eleven years ago, when I lost my legs, I had no idea what to expect. But if you ask me today, if I would ever want to change my situation, I would have to say no. Because my legs haven't disabled me, if anything they've enabled me. They've forced me to rely on my imagination and to believe in the possibilities, and that's why I believe that our imaginations can be used as tools for breaking through borders, because in our minds, we can do anything and we can be anything.

It's believing in those dreams and facing our fears head-on that allows us to live our lives beyond our limits. And although today is about innovation without borders, I have to say that in my life, innovation has only been possible because of my borders. I've learned that borders are where the actual ends, but also where the imagination and the story begins.

So the thought that I would like to challenge you with today is that maybe instead of looking at our challenges and our limitations as something negative or bad, we can begin to look at them as blessings, magnificent gifts that can be used to ignite our imaginations and help us go further than we ever knew we could go. It's not about breaking down borders. It's about pushing off of them and seeing what amazing places they might bring us. Thank you.

もし あなたの人生が一冊の本だとしたら そして あなたが作者だとしたら どのように物語を進めたいでしょうか? これが私の人生を永遠に変えた質問でした 厳しい暑さのラスベガスの砂漠で育ち 自由でいることだけを望んでいました 世界中を旅すること そして 雪が降る町で住むことを夢見ていました 語り進めるであろうすべての物語を 心に描いていました 高校を卒業したばかりの 19歳の時 雪が降る町に引っ越し マッサージセラピストになりました この仕事で必要だったものは 私の手と マッサージテーブル それだけで どこへでも行くことができました 人生で初めて 私は自由で 自立していて そして 自分の人生を自ら切り開いていると 感じました しかし それから 人生の回り道が始まりました

ある日 仕事から帰宅し インフルエンザにかかったと感じました 24時間も経たないうちに 病院に運ばれ 生命維持装置をつけていました 生存の可能性は2パーセント以下という状態でした 私が昏睡状態に陥って 数日たたないうちに 医師は私を 細菌性髄膜炎だと診断しました ワクチンで防ぐことができる血液感染症です 治療は2ヶ月半に及び ひ臓とじん臓 左耳の聴力 そして 両足のひざから下を失いました 両親が押す車椅子で病院を出るとき まるでバラバラになった身体をつなぎ合わせた つぎはぎのお人形のような気分でした

最悪な状態は終わったと思いました 数週間後に初めて 新しい足を見るまでは ふくらはぎの部分は 分厚い金属の塊でできており 足首を固定するパイプはむき出しのまま 黄色のゴムでできた足には つま先から足首まで盛り上がったラインが付いていました 血管のように見せるために どんなものが来るか想像もしていませんでしたが それを見て愕然としました 私も 側にいた母も 涙が止まりませんでした 私はこの分厚い足を取り付け 立ち上がりました とてつもなく痛く 窮屈でした 私は思いました この足では 将来 世界を旅することはできないだろうと ずっと夢見た 冒険と物語に満ちた人生を 送ることはできないだろうと もうスノーボードもできないかもしれないと その日 家に帰り ベッドに潜り込みました その後 数ヶ月 このような状態が続きました 足をベッドの横で休ませ 私は現実から逃げるように 眠りました 完全に肉体的にも 精神的にも衰弱しました

しかし 前に進むためには 古い エイミーを捨て 新しいエイミーを受け入れる必要がありました そしてそのとき 身長167センチのままでいる必要はないと気づきました 自分の好きなだけ背が高くなれるのです! (笑)(拍手) 又は小さくもなれるのです 誰とデートするかによってね (笑) そして スノーボードをする時には 足が冷たいと感じることもありません (笑) そして一番良いことは セールになっている靴のサイズに 自分の足を合わせられることです (笑) 実際にやりました! たくさんの良いこともあるものです

この瞬間 私は自分に問いかけました 人生の意味についての質問を もし 私の人生が一冊の本だとしたら そして 私が作者だとしたら どのように物語を進めたいか? 私は空想を始めました 小さい頃のように空想しました そして私は想像しました 優雅に歩く自分を 旅を通して誰かを助ける自分を もう一度スノーボードする自分を ただ自分の姿を想像しただけでなく 雪山のパウダーの上を滑る感触を 確かに感じました さっそうと吹き抜けていく風や 高鳴る自分の鼓動も感じました まるで 今まさに起こっているかのように この瞬間 私の人生の新しいチャプターが始まりました

4ヶ月後 スノーボードを再開しました でも 思い通りにいかないこともありました ひざと足首は曲げることが出来ません ある時はリフトに乗っていた他のスキー客に恐ろしい光景を見せてしまいました 私がこけた時 足はスノーボードの板にくっついたままでした (笑) 足と板は山から転がり落ち ひざから上は山頂に取り残されたままでした みんなもショックだったと思うけど 私自身もショックで がっかりしました でも 私にぴったりの足が見つかれば きっとうまくできると思いました そして私は学びました 限界と障害物は 私達に 二者択一の選択を求めてきます ひとつは あきらめて立ち止まるか もうひとつは 想像力を最大に拡げるか

自分にぴったりの足を一年間かけて探しましたが 見つかりませんでした 役立つ情報すら見つかりませんでした だから 私は自分で足を作ろうと決意しました 義足メーカーの手を借りて パーツを組み合わせ スノーボードができる足を完成させました ご覧のとおり 錆びたボルト ゴム 木材 ネオンピンクの粘着テープ そしてもちろん 爪にはフットネイル この足と 21歳の誕生日に父がくれた最高のプレゼント 新しいじん臓は 私がもう一度 夢を追いかけるきっかけになりました

私は再びスノーボードを始め それから仕事や学校も再開しました 2005年には 身体に障害を持つ若者たちが スポーツに参加できることを目的とした 非営利団体を設立しました そこでの活動で 私は南アフリカに行く機会をもらい そこで何千人もの子供達に靴を提供し 彼らは学校に通えるようになりました

そして今年の2月には ワールドカップで2つの金メダルを獲得しました (拍手) そして私は 女子の障害者スノーボードで 世界ランク1位になりました

11年前に足を失ったときは 将来に全く希望が持てませんでした でも 今 自分の人生を変えたいか尋ねられたら 私はノーといいます なぜなら 足に障害を持ったことで 可能になったことがたくさんあるからです 障害を乗り越えるために 想像力を使い 可能性を信じて生きてきました そして私は信じます 私達の想像力は 限界を壊す道具になると なぜなら 心の中では私たちは何だって出来るし 何にだってなれるからです

これらの夢を信じること そして目の前の恐怖に立ち向かうことは 限界を超えて 自分の人生を送ることを 可能にしてくれます 今日の技術革新に境界はないと言われていますが 私の人生においては 自分の中に境界があるからこそ 革新が可能なのだと思います 境界とは ただの物理的な可能性の限界ではなく 想像や物語が始まる場所でもあると 私は学びました

今日 みなさんにお伝えしたいことは 困難や制約をマイナスで良くないものとして 捉えるのではなく 与えられたギフトとして捉えてみようということです 想像力をかき立てるこの素晴らしいギフトは 出来ないと思っていたことさえ可能にしてくれます それは境界線を壊すということではなく 境界の範囲を拡大して 素晴らしい場所に出会えることが 可能になるのです ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画