TED日本語 - ダニエル・キッシュ: 音で「見る」ことで、世界を動き回る方法

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ダニエル・キッシュ: 音で「見る」ことで、世界を動き回る方法

TED Talks

音で「見る」ことで、世界を動き回る方法
How I use sonar to navigate the world
ダニエル・キッシュ
Daniel Kish

内容

ダニエル・キッシュは、13ヶ月のときから目が不自由ですが、ある種の反響定位法(ソナー)を用いることで、「見る」ことが出来るようになりました。彼は、舌を鳴らすことで音を発し、それが周囲の環境に反響して返ってくる様子で、自分を取り巻く空間を理解することに役立てているのです。この活気あふれるトークで、キッシュはどんな風にこれを行うか実演し、私たちに、「未知の暗闇」に対する恐れから解き放たれてほしいと述べます。

Script

(Clicking) I was born with bilateral retinoblastoma, retinal cancer. My right eye was removed at seven months of age. I was 13 months when they removed my left eye. The first thing I did upon awakening from that last surgery was to climb out of my crib and begin wandering around the intensive care nursery, probably looking for the one who did this to me. (Laughter) Evidently, wandering around the nursery was not a problem for me without eyes. The problem was getting caught.

It's impressions about blindness that are far more threatening to blind people than the blindness itself. Think for a moment about your own impressions of blindness. Think about your reactions when I first came onto the stage, or the prospect of your own blindness, or a loved one going blind. The terror is incomprehensible to most of us, because blindness is thought to epitomize ignorance and unawareness, hapless exposure to the ravages of the dark unknown. How poetic.

Fortunately for me, my parents were not poetic. They were pragmatic. They understood that ignorance and fear were but matters of the mind, and the mind is adaptable. They believed that I should grow up to enjoy the same freedoms and responsibilities as everyone else. In their own words, I would move out -- which I did when I was 18 -- I will pay taxes -- thanks -- (Laughter) -- and they knew the difference between love and fear. Fear immobilizes us in the face of challenge. They knew that blindness would pose a significant challenge. I was not raised with fear. They put my freedom first before all else, because that is what love does.

Now, moving forward, how do I manage today? The world is a much larger nursery. Fortunately, I have my trusty long cane, longer than the canes used by most blind people. I call it my freedom staff. It will keep me, for example, from making an undignified departure from the stage. (Laughter) I do see that cliff edge. They warned us earlier that every imaginable mishap has occurred to speakers up here on the stage. I don't care to set a new precedent.

But beyond that, many of you may have heard me clicking as I came onto the stage -- (Clicking) -- with my tongue. Those are flashes of sound that go out and reflect from surfaces all around me, just like a bat's sonar, and return to me with patterns, with pieces of information, much as light does for you. And my brain, thanks to my parents, has been activated to form images in my visual cortex, which we now call the imaging system, from those patterns of information, much as your brain does. I call this process flash sonar. It is how I have learned to see through my blindness, to navigate my journey through the dark unknowns of my own challenges, which has earned me the moniker "the remarkable Batman."

Now, Batman I will accept. Bats are cool. Batman is cool. But I was not raised to think of myself as in any way remarkable. I have always regarded myself much like anyone else who navigates the dark unknowns of their own challenges. Is that so remarkable? I do not use my eyes, I use my brain.

Now, someone, somewhere, must think that's remarkable, or I wouldn't be up here, but let's consider this for a moment. Everyone out there who faces or who has ever faced a challenge, raise your hands. Whoosh. Okay. Lots of hands going up, a moment, let me do a head count. (Clicking) This will take a while. (Clicking) (Laughter) Okay, lots of hands in the air. Keep them up. I have an idea. Those of you who use your brains to navigate these challenges, put your hands down. Okay, anyone with your hands still up has challenges of your own. (Laughter)

So we all face challenges, and we all face the dark unknown, which is endemic to most challenges, which is what most of us fear, okay? But we all have brains that allow us, that activate to allow us to navigate the journey through these challenges. Okay?

Case in point: I came up here and -- (Clicking) -- they wouldn't tell me where the lectern was. So you can't trust those TED folks. "Find it yourself," they said. So -- (Laughter) And the feedback for the P.A. system is no help at all.

So now I present to you a challenge. So if you'd all close your eyes for just a moment, okay? And you're going to learn a bit of flash sonar. I'm going to make a sound. I'm going to hold this panel in front of me, but I'm not going to move it. Just listen to the sound for a moment. Shhhhhhhhhh. Okay, nothing very interesting. Now, listen to what happens to that same exact sound when I move the panel. Shhhhhhhhhhh. (Pitch getting higher and lower) You do not know the power of the dark side. (Laughter) I couldn't resist.

Okay, now keep your eyes closed because, did you hear the difference? Okay. Now, let's be sure. For your challenge, you tell me, just say "now" when you hear the panel start to move. Okay? We'll relax into this.

Shhhhhhh.

Audience: Now. Daniel Kish: Good. Excellent. Open your eyes. All right. So just a few centimeters, you would notice the difference. You've experienced sonar. You'd all make great blind people. (Laughter) Let's have a look at what can happen when this activation process is given some time and attention.

(Video) Juan Ruiz: It's like you guys can see with your eyes and we can see with our ears.

Brian Bushway: It's not a matter of enjoying it more or less, it's about enjoying it differently.

Shawn Marsolais: It goes across. DK: Yeah.

SM: And then it's gradually coming back down again.

DK: Yes! SM: That's amazing. I can, like, see the car. Holy mother!

J. Louchart: I love being blind. If I had the opportunity, honestly, I wouldn't go back to being sighted.

JR: The bigger the goal, the more obstacles you'll face, and on the other side of that goal is victory. [ In Italian ] (Applause)

DK: Now, do these people look terrified? Not so much. We have delivered activation training to tens of thousands of blind and sighted people from all backgrounds in nearly 40 countries. When blind people learn to see, sighted people seem inspired to want to learn to see their way better, more clearly, with less fear, because this exemplifies the immense capacity within us all to navigate any type of challenge, through any form of darkness, to discoveries unimagined when we are activated.

I wish you all a most activating journey.

Thank you very much.

(Applause)

Chris Anderson: Daniel, my friend. As I know you can see, it's a spectacular standing ovation at TED. Thank you for an extraordinary talk. Just one more question about your world, your inner world that you construct. We think that we have things in our world that you as a blind person don't have, but what's your world like? What do you have that we don't have?

DK: Three hundred and sixty-degree view, so my sonar works about as well behind me as it does in front of me. It works around corners. It works through surfaces. Generally, it's kind of a fuzzy three-dimensional geometry. One of my students, who has now become an instructor, when he lost his vision, after a few months he was sitting in his three story house and he realized that he could hear everything going on throughout the house: conversations, people in the kitchen, people in the bathroom, several floors away, several walls away. He said it was something like having x-ray vision.

CA: What do you picture that you're in right now? How do you picture this theater?

DK: Lots of loudspeakers, quite frankly. It's interesting. When people make a sound, when they laugh, when they fidget, when they take a drink or blow their nose or whatever, I hear everything. I hear every little movement that every single person makes. None of it really escapes my attention, and then, from a sonar perspective, the size of the room, the curvature of the audience around the stage, it's the height of the room. Like I say, it's all that kind of three-dimensional surface geometry all around me.

CA: Well, Daniel, you have done a spectacular job of helping us all see the world in a different way. Thanks so much for that, truly. DK: Thank you.

(Applause)

(舌を鳴らす音) 私は生まれつき 両眼性網膜芽細胞腫 ― 網膜がんを患っていました 右目は7ヶ月のときに 摘出されました 13ヶ月のときには 左目が摘出されました この手術から目を覚ますとすぐに 私はベビーベッドから降りて 小児用集中治療室を 歩き回り始めたといいます こんな仕打ちをした張本人を 探していたのでしょう (笑) 明らかに 両目がなくても 集中治療室を歩き回るのに 問題はなかったようです 問題は誰かに見つかることでした

目が見えないことそのものよりも 「盲目」の与える印象の方がずっと ― 目が不自由な人々にとっては 恐ろしいものです 「盲目」に対する印象について 考えてみて下さい 私が舞台に上がってきたときの あなたの反応について ― 自分やあなたの愛する人の目が 見えなくなることについて 考えてみて下さい その恐怖とは 私たち多くの者にとって 理解出来ないことです なぜなら 盲目であることは 無知や無自覚の縮図であり 未知の暗闇という荒廃に 憐れにも晒されることだからです なんと詩的なのでしょう

幸いなことに 私の両親は詩的ではなく 実際的でした 両親は無知や恐れは 考え方の問題に過ぎず 考え方は変えられると 理解していました 両親は私が皆と同じような 自由と責任を享受して育つべきだと 考えていました 両親に言わせれば いつか私は実家を出ていき ― 実際18歳で私は家を出ました 税金も払うのだと ええ 確かに ― (笑) 両親は愛情と恐れの区別を 知っていたのです 私たちは恐れによって 困難を前にすると動けなくなります 両親は盲目であるが故に 大きな困難に直面するとわかっていました 私は恐れを知らずに育てられました 両親が私の自由こそを 最優先にしたのは それが愛情のなすべきことだからです

さて 先に進みますが 私は今どうやって生活しているでしょう? 世界は小児用集中治療室よりも ずっと大きいものです 幸い 私には信頼できる長い杖があります 多くの盲目の人が使うものよりも 長いものです 私はこれを「自由の杖」と呼んでいます これのおかげで 例えば 舞台からみっともなく 退場しなくてすむのです (笑) ここに舞台の端が見えます 舞台上でスピーカーに起こった あらゆる失敗を 教えてもらいましたが 新しい前例を作るのもいいでしょう

しかし それ以上に ― 私が舞台に上がってくるときに 舌を鳴らしている音が ― (舌を鳴らす音) 聞こえたでしょう これらの一瞬の音は 発せられると 周囲の面にはねかえって コウモリの反響定位(ソナー)のように パターンをなして 情報となって返ってきます あなた方にとっての光のようなものです 私の脳は 両親のおかげで 視覚野でイメージを形成するように 活性化されています これは結像系と呼ばれるものですが あなた方の脳と同様に 情報から像を結ぶのです このプロセスを私は フラッシュソナーと呼んでいます これは私が盲目であることを通じて 学んだ「見る方法」なのです 困難と言う名の 未知の暗闇の中を 歩んでいくために これによって ついたあだ名は 「すごいバットマン」です

「バットマン」はいいでしょう コウモリもバットマンもかっこいいものです ですが 私は自分を「すごい」と 考えるようには育てられませんでした 私は常に自分のことを 他の誰もと同じように 困難と言う名の未知の暗闇を 歩む者だと考えてきました これが そんなに「すごい」ことでしょうか? 私は目を使わずに 脳を使うまでのことです

誰かが どこかで 「それはすごい」とか 「自分はそこには上がれない」と 考えているでしょうが そのことについて考えてみましょう 何かの困難に 直面したことがある人は 手を挙げてください おお いいでしょう たくさん手が挙がっていますね 数えてみましょう (舌を鳴らす音) 少し時間がかかります (舌を鳴らす音)(笑) たくさん挙がっていますね 挙げておいてください 良い考えがあります 困難を切り抜けるのに 脳を使った人は 手を下ろしてください さて まだ手を挙げているあなたは 非常に独特の困難をお持ちの方です (笑)

私たちは皆 困難に直面し 未知の暗闇に直面します これは多くの困難にはびこっており 私たちの多くが恐れるものです しかし 私たちには脳があります こうした困難を切り抜けていくために 私たちを活性化し 導いてくれるものです いいですね?

これが良い例です 私はここに上がってきましたが ― (舌を鳴らす音) 誰も演壇の場所を 教えてくれませんでした TEDの人たちは信用できませんね 「自分で見つけてください」 と言われました ですから ― (笑) 音響装置に関するフィードバックは 「全く役に立たなかった」ですね

皆さんに挑戦して頂きましょう 少しの間 目を閉じていただけますか? ソナーを少し覚えてみましょう 私が音を鳴らします 私はこのパネルを掲げますが 動かすことはしません 少し音を聞いてみてください しーっ よし あまり面白くはありませんよ では同じ音を鳴らして パネルを動かすと どうなるでしょうか しーっ (音が高くなったり低くなったりする) お前はダークサイドの力を 知らないのだ (笑) どうしても我慢できなくてね

さて 目を閉じたままで 違いがわかりましたか? それでは 確かめてみましょう あなた方への挑戦です パネルを動かし始めたと思ったら 「今」と言ってください いいですね? リラックスしてください

しーっ

観客:今 ダニエル・キッシュ:すばらしい 目を開けてください いいでしょう ほんの数センチですが 違いがわかるものですね 皆さんはソナーを体験したのです 目が見えなくなっても 大丈夫ですよ (笑) それでは この活性化のプロセスに 時間と注意を傾けると どうなるか見てみましょう

(ビデオ) フアン・ルイス: みんなは目で見るけど ― 僕たちは耳で見るんだ

ブライアン・ブッシュウェイ: もっと楽しめるとかいう問題ではなくて 違う楽しみ方ができるんだ

ショーン・マーソレ:ここを横切って ― キッシュ:そうだね

マーソレ:それから だんだんと下っていくわ

キッシュ:そう! マーソレ:すごいわ 本当に車が見えるみたい びっくり!

J. ルシャール:目が見えないのが好きなんだ 機会があったとしても 視力を手に入れたいとは思わないよ

ルイス:目標が高ければ高いほど もっと多くの障害が待っている その目標を乗り越えたときこそ ― 勝利なんだ [イタリア語] (拍手)

キッシュ:さて 彼らは怖がっていましたか? そんなことないですね 私たちは活性化トレーニングを 何万人もの様々なバックグラウンドの 目が不自由な人や 目が見える人たちに およそ40か国で 行いました 目が不自由な人が見えるようになると 目が見える人たちは 彼らの見え方を 恐れずに もっとはっきりと 知りたいと思うようになります なぜなら これが私たち皆に備わっている すごい可能性を表しているからです いかなる暗闇の中でも どんな困難をも乗り越えて ― 想像だにしないものを 見つけ出す能力が 活性化すれば得られるのです

皆さんが生き生きとした人生を 歩まれますように

ありがとうございました

(拍手)

クリス・アンダーソン: ダニエル ありがとう 見てお分かりのように TEDの観衆が沸いています 素晴らしいトークをどうもありがとう あなたが内部に構築している あなたの世界について1つ質問です 目が不自由な人の持っていない物が 世界にはあると考えられていますが あなたの世界はどんな感じですか? 私たちになくて あなたにあるものは 何でしょうか?

キッシュ:360度のパノラマの視界です 私のソナーは前も後ろも 把握できます 曲がり角も把握できるし 表面も把握できます 少しぼやけた三次元構造 といったところでしょうか 今はインストラクターになっている 私の生徒の1人は 視力を失ってから 数ヶ月後に 3階建ての自宅に座っていると 家の中の音がすべて聞こえることに 気づいたといいます 会話や台所の物音 バスルームの物音 ― ずっと階下の音や 何部屋も向こうの音もです X線で透視しているようだったそうです

アンダーソン:今いるこの場所は どのように描いているのでしょう? この舞台をどう思い描いていますか?

キッシュ:大音量のスピーカーが たくさんありますね 面白いことに 誰かが物音を立てると ― 笑ったり 身動きしたり 飲み物を飲んだり 鼻をかんだり 何であっても 私には聞こえるのです 1人ひとりが行う ほんのわずかな動きでも聞こえます 私の注意力が必ず捉えます ソナーという点から言うと 部屋の大きさや 舞台を取り囲む観客が描く曲線 天井の高さなど 申し上げたように 三次元構造が 私を取り囲んでいるのです

アンダーソン:ダニエル あなたは私たち全員に 世界の違う見方を教えてくれました 本当にありがとう キッシュ:ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画