TED日本語 - マシュー・ウィリアムズ: ありのままの自分 ― チャンピオンになれる場所、スペシャルオリンピックス

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マシュー・ウィリアムズ: ありのままの自分 ― チャンピオンになれる場所、スペシャルオリンピックス

TED Talks

ありのままの自分 ― チャンピオンになれる場所、スペシャルオリンピックス
Special Olympics let me be myself -- a champion
マシュー・ウィリアムズ
Matthew Williams

内容

知的障害についてどれだけ知っていますか?スペシャルオリンピックスのチャンピオンであり、アンバサダーでもあるマシュー・ウィリアムズは、運動競技とそこで培われる仲間との結束が、競技場の内外双方で、アスリートの人生を変えるのだという生きた証拠です。アスリート仲間たちと共に、ウィリアムズがあなたを次の大会へ招待します。障害者に対する見方を変えずに会場を出られるでしょうか?

Script

Hello. My name is Matthew Williams, and I am a champion. I have won medals in three different sports and national games in Canada, competed at the international level in basketball and was proud to represent Canada on the world stage.

(Applause)

I train five days a week for basketball and speed skating, work with top quality coaches and mental performance consultants to be at my best in my sport. By the way, all that is through Special Olympics. Does that change the way you think of me and my accomplishments?

The world does not see all people like me as champions. Not long ago, people like me were shunned and hidden away. There has been lots of change since Special Olympics began in 1968, but in too many cases, people with intellectual disabilities are invisible to the wider population. People use the r-word in front of me, and they think it doesn't matter. That's the word "retard" or "retarded" used in a derogatory manner. They're not thinking about how much it hurts me and my friends.

I don't want you to think I'm here because I'm a charity case. I am here because there is still a big problem with the way many people see individuals with intellectual disabilities, or, too often, how they don't see them at all.

Did you know the World Games happened this year? I was one of over 6,500 athletes with intellectual disabilities from 165 countries who competed in LA. There was over 62,000 spectators watching opening ceremonies, and there was live coverage on TSN and ESPN. Did you even know that happened?

What do you think of when you see someone like me? I am here today to challenge you to look at us as equals.

Special Olympics transforms the self-identity of athletes with intellectual disabilities and the perceptions of everyone watching. For those of you who aren't familiar, Special Olympics is for athletes with intellectual disabilities. Special Olympics is separate from the Paralympics and Olympics. We offer high-quality, year round sports programs for people with intellectual disabilities that changes lives and perceptions. This movement has changed my life and those of so many others. And it has changed the way the world sees people with intellectual disabilities.

I was born with epilepsy and an intellectual disability. Growing up, I played hockey until I was 12 years old. The older I got, the more I felt it was harder to keep up with everyone else, and I was angry and frustrated. For a while, I did not play any sports, didn't have many friends and felt left out and sad.

There was a time when people with intellectual disabilities were hidden away from society. No one thought they could participate in sports, let alone be a valued member of society. In the 1960s, Dr. Frank Hayden, a scientist at the University of Toronto, was studying the effects of regular exercise on the fitness levels of children with intellectual disabilities. Using rigorous scientific research, Dr. Hayden and other researchers came to the conclusion that it was simply the lack of opportunity to participate that caused their fitness levels to suffer.

Lots of people doubted that people with intellectual disabilities could benefit from fitness programs and sports competition opportunities. But pioneers like Dr. Hayden and Eunice Kennedy Shriver, the founder of Special Olympics, persevered, and Special Olympics athletes have proved them right four and a half million times over.

(Applause)

Before I joined Special Olympics, I was nervous because I was young, shy, not confident and didn't have many friends. When I got there, though, everyone was very encouraging, supportive, and let me be myself without being judged. Now, I am a basketball player and speed skater who has competed at provincial, national games, and this year made it all the way to the World Summer Games in LA, where I was part of the first ever Canadian basketball team to compete at World Games.

(Applause)

I am one of more than four and a half million athletes around the globe, and I've heard so many similar stories. Being Special Olympics athletes restores our pride and dignity.

Special Olympics also addresses critical health needs. Studies have shown that, on average, men with intellectual disabilities die 13 years younger than men without, and women with intellectual disabilities die 20 years younger than women without. Special Olympics keeps us healthy by getting us active and participating in sport. Also, our coaches teach us about nutrition and health. Special Olympics also provides free health screening for athletes who have difficulty communicating with their doctor or accessing health care.

At the 2015 World Summer Games, my Team Canada teammates and I played the Nigerian basketball team. The day before our game, the Nigerian basketball team went to the World Games Healthy Athlete screening, where seven of 10 members were given hearing aids for free and got to hear clearly for the first time.

(Applause)

The change in them was amazing. They were more excited, happy and confident, because their coach could vocally communicate with them. And they were emotional because they could hear the sounds of the basketball, the sounds of the whistle and the cheering fans in the stands -- sounds that we take for granted. Special Olympics is transforming more than just the athlete in their sport. Special Olympics is transforming their lives off the field. This year, research findings showed that nearly half of the adults in the US don't know a single person with an intellectual disability, and the 44 percent of Americans who don't have personal contact with intellectual disabilities are significantly less accepting and positive.

Then there's the r-word, proving that people with intellectual disabilities are still invisible to far too many people. People use it as a casual term or an insult. It was tweeted more than nine million times last year, and it is deeply hurtful to me and my four and a half million fellow athletes around the planet. People don't think it's insulting, but it is. As my fellow athlete and global messenger John Franklin Stephens wrote in an open letter to a political pundit who used the r-word as an insult, "Come join us someday at Special Olympics. See if you walk away with your heart unchanged."

(Applause)

This year, at the 2015 World Summer Games, people lined up for hours to get into the final night of powerlifting competition. So it was standing room only when my teammate Jackie Barrett, the Newfoundland Moose, deadlifted 655 pounds and lifted 611 pounds in the squat --

(Applause)

setting huge new records for Special Olympics. Jackie is a record holder among all powerlifters in Newfoundland -- not just Special Olympics, all powerlifters. Jackie was a huge star in LA, and ESPN live-tweeted his record-breaking lifts and were wowed by his performance.

Fifty years ago, few imagined individuals with intellectual disabilities could do anything like that. This year,60,000 spectators filled the famous LA Memorial Coliseum to watch the opening ceremonies of World Games and cheer athletes from 165 countries around the world. Far from being hidden away, we were cheered and celebrated. Special Olympics teaches athletes to be confident and proud of themselves. Special Olympics teaches the world that people with intellectual disabilities deserve respect and inclusion.

(Applause)

Now, I have dreams and achievements in my sport, great coaches, respect and dignity, better health, and I am pursuing a career as a personal trainer.

(Applause)

I am no longer hidden, bullied and I am here doing a TED Talk.

(Applause)

The world is a different place because of Special Olympics, but there is still farther to go. So the next time you see someone with an intellectual disability, I hope you will see their ability. The next time someone uses the r-word near you, I hope you will tell them how much it hurts. I hope you will think about getting involved with Special Olympics.

(Applause)

I would like to leave you with one final thought. Nelson Mandela said, "Sports has the power to change the world." Special Olympics is changing the world by transforming four and a half million athletes and giving us a place to be confident, meet friends, not be judged and get to feel like and be champions.

Thank you very much.

(Applause)

こんにちは マシュー・ウィリアムズと申します 僕はチャンピオンです 3種目のスポーツ競技のメダルを カナダの全国大会で取っています バスケットボールでは 世界レベルの試合に参加し 光栄なことに カナダ代表として 世界大会に出場しました

(拍手)

週5日 バスケットボールと スピードスケートの練習に出て トップクラスのコーチ陣と メンタル・パフォーマンスの コンサルタントが 試合でベストを出せるように 支えてくれています ところで それは すべて スペシャルオリンピックスのことです それを聞いて 僕や僕の成果を 見る目が変わりますか?

世の中は 僕のような人々を 必ずしも チャンピオンとは見なしません 最近まで 僕みたいな人は 疎外され 人前には出ないものでした 1968年にスペシャルオリンピックスが 始まってから 大きく変わりましたが あまりに多くの場合において 知的障害のある人々は 広い世の中にとって 見えない存在です 皆 僕の目の前で差別用語を使うのを 悪いことだと思っていません 「知恵遅れ」という言葉を 侮蔑的に使うのです それで 僕や仲間が どれだけ傷つくか 考えていないのです

僕が 哀れみの対象として ここにいると思わないでください 僕がここにいるのは 世間の 知的障害者に対する見方に 未だに深刻な問題が残っているからであり いや あまりに多くのケースで 何も見えていないことが問題だからです

今年 世界大会があったこと 知ってましたか? 僕は 知的障害を持つアスリート 6千5百人の1人でした 165か国からの選手が LAに集まり 競い合ったのです 6万2千人以上の観客が 開会式を観ていて スポーツテレビ局のTSNとESPNが 生放送していました そんな大会 知らなかったでしょう?

僕みたいな人を見たとき どう思いますか? 皆さんへの挑戦です 僕たちを 対等に見られるでしょうか

スペシャルオリンピックスは 知的障害を持つアスリートたちの 自己アイデンティティも 観る人すべての価値観をも 一変させます 知らない人のために説明すると スペシャルオリンピックスとは 知的障害を持つアスリートが対象です パラリンピックや オリンピックとは別物です レベルの高いスポーツ競技が 年間を通じて 知的障害者のために開催され 関わる人の 人生や価値観が変わります これで 僕の人生も 他の本当に大勢の人々の 人生も変わりました そして 知的障害者を見る 世間の目も変わりました

僕は 生まれつき てんかんと 知的障害があります 小さい頃から 12歳まで ホッケーをしていました 成長するにつれて どんどん みんなについていくのが 難しくなってきて もどかしく 腹立たしかったです しばらくの間 スポーツから完全に離れていました 友達も あまりいなかったし 取り残された気がして 悲しかったです

その昔 知的障害のある人々は 社会から覆い隠された存在でした スポーツに参加できるとか ましてや 社会の貴重な一員だなんて 誰も思いませんでした 1960年代になって トロント大学の科学者 フランク・ヘイデン博士が 定期的な運動が 知的障害児の 運動能力に与える影響を 研究しました 厳密に科学的な 研究方法によって ヘイデン博士と他の研究者たちが 出した結論はこうです 「知的障害児の運動能力が低いのは 単に 運動に参加する機会が 不足しているからに過ぎない」

知的障害を持つ人にとって 運動プログラムや スポーツ競技参加が有益だと 信じる人は あまりいませんでした しかし 先駆者たち ― ヘイデン博士や スペシャルオリンピックスの創始者 ユーニス・ケネディ・シュライバーは 諦めませんでした そして 選手たちも 彼らが正しかったのだと 450万回以上も 証明してきました

(拍手)

スペシャルオリンピックスに 参加する前 僕は不安でした 歳若く 人見知りで 自信もなかったし 友達も少なかったからです でも 行ってみたら 誰もが 皆 励ましてくれたり 支えてくれて そこでは 人の目を気にせず 自分らしく いられたのです 今では僕は バスケットボールと スピードスケートの選手です 州大会や 全国大会に 出場してきました そして今年は LAで開催された 夏の世界大会出場を果たしました カナダ代表として 初めて 世界大会まで進んだ ― バスケチームの一員でした

(拍手)

僕は 世界で450万人を超える アスリートの1人です 似たような話を 本当に たくさん聞いてきました スペシャルオリンピックスの 選手であることで 僕たちは 誇りと尊厳を 取り戻すのです

スペシャルオリンピックスは 選手にとって 重要な健康のニーズにも 応えます 研究によれば 知的障害を持つ男性の平均寿命は 健常者より13年短く 女性の場合は 20年短いそうです でも スペシャルオリンピックスで 体を動かし 競技参加することで 健康を保つことができます また コーチ陣が 栄養や健康について教えてくれます スペシャルオリンピックスでは 無料健康診断を提供しています 対象となるのは 医師との意思疎通が困難だったり 医療に手が届きにくい選手です

2015年夏の世界大会で 僕のいたチームカナダは ナイジェリアの バスケチームと対戦しました 試合の前日に ナイジェリアチームは 会場で実施される健康診断を受け 10名のメンバーのうち 7名が 補聴器の無料支給を受け おかげで 生まれて初めて はっきりと 耳が聞こえたのです

(拍手)

選手たちには 見違えるほどの変化が起こりました より生き生きと 試合を楽しみ 自信を持ってプレイしていました コーチと肉声で意思疎通が できるようになったからです 感情も昂ぶっていました ボールの音が 聞こえるようにようになったからです そして 笛の音や スタンドに立つファンの歓声もです 皆にとっては 聞こえて当然の音です スペシャルオリンピックスの 選手たちは 競技中だけでなく 競技場の外での人生も変わります 今年出た調査の結果によれば アメリカの成人の半数近くは 知的障害の知り合いが 1人もいないそうです アメリカ人の44%にあたる そういった人々は 障害者に対し 受容性が非常に低く 著しくネガティブな 見方をしているそうです

さらに 例の差別語使用の多さが 知的障害者が あまりの多くの人にとって 未だに見えない存在である という証拠です 皆 気軽な表現や けなし言葉として 使ったりします 「知恵遅れ」という言葉の 去年のツイート回数は900万回以上 でもそれは 僕や 世界中にいる ― 450万人のアスリート仲間を ものすごく傷つける言葉なのです 皆 侮辱に当たると 思っていないのですが それは間違いです 僕の仲間で グローバルメッセンジャーの ジョン・フランクリン・スティーヴンズが 公開書簡を書きました 例の差別語で人をけなす 政治評論家に宛てたものです 「いつか スペシャルオリンピックスに 来てください 心を動かされずに帰れるかどうか どうぞ試してみてください」

(拍手)

今年2015年夏の 世界大会では 人々は 何時間も並んで 重量挙げ競技の 最終日を 見に来ました 全員立ち見の中 僕のチームメイト ジャッキー・バレット 通称「ニューファンドランドの大鹿」が デッドリフトで297kgを スクワットで277kgを持ち上げ ―

(拍手)

スペシャルオリンピックスでの 最高記録を大幅に更新しました ジャッキーは ニューファンドランド島での 重量挙げの記録保持者です スペシャルオリンピックスに限らず 全重量挙げ選手の中で です LAでは大スターになり ESPN局が彼の新記録を 生でツイートしました ジャッキーの成績に感動したのです

50年前 知的障害者が そんなことをできるなんて ほとんど誰も考えませんでした 今年 6万人の観客が あの有名な LAメモリアル・コロシアムを埋めました 世界大会の開会式を観るため そして 世界165か国から集まる 選手たちを応援するため 詰めかけたのです 僕たちは 隠れた存在であるどころか 声援を浴び 称えられました スペシャルオリンピックスは アスリートたちに 自信と誇りを持つことを 教えてくれます 世の中の人々には 知的障害者は 敬意を払い 受け入れるに値すると 教えてくれます

(拍手)

僕には今 競技での実績や夢があり 素晴らしいコーチに恵まれ 尊敬と尊厳を持ち 前より健康で そして パーソナルトレーナーを 目指しています

(拍手)

僕はもう 隠れたり いじめられる存在じゃない 今ここで TEDトークを しているのです

(拍手)

スペシャルオリンピックスのおかげで 世界は変わりました でも まだ道のりは遠いです あなたが この次に 知的障害を持つ人を見かけたら その人の能力を 見てあげて欲しい 差別語を使う人を見かけたら どれだけひどい言葉なのか 教えてあげて欲しい そして スペシャルオリンピックスに 関わることを考えて欲しい

(拍手)

最後に 一言だけ言います ネルソン・マンデラは 「スポーツには世界を変える力がある」 と言いました スペシャルオリンピックスは まさに 世界を変えています 450万人のアスリートたちが 生まれ変わり 自信を持てる場を持ち 友達を作り 偏見の目で見られず チャンピオンの気分を味わい 実際にチャンピオンになれるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画