TED日本語 - クリス・クルー: 拡張現実がどのようにスポーツを変え-共感を紡ぐのか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - クリス・クルー: 拡張現実がどのようにスポーツを変え-共感を紡ぐのか

TED Talks

拡張現実がどのようにスポーツを変え-共感を紡ぐのか
How augmented reality will change sports ... and build empathy
クリス・クルー
Chris Kluwe

内容

クリス・クルーはスポーツの未来を探究し、テクノロジーが選手やコーチだけではなく、ファンにどのように役立つのかを考察することを望んでいます。ここでは前NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のパンターが、拡張現実によってあたかもフィールドに直接立ち、スポーツをしているかのような体験をさせてくれ、そして更には他人を新たな見解で理解するのに役立つような ― そんな未来を描きます。

Script

What do augmented reality and professional football have to do with empathy? And what is the air speed velocity of an unladen swallow? Now unfortunately, I'm only going to answer one of those questions today, so please, try and contain your disappointment.

When most people think about augmented reality, they think about "Minority Report" and Tom Cruise waving his hands in the air, but augmented reality is not science fiction. Augmented reality is something that will happen in our lifetime, and it will happen because we have the tools to make it happen, and people need to be aware of that, because augmented reality will change our lives just as much as the Internet and the cell phone.

Now how do we get to augmented reality? Step one is the step I'm wearing right now, Google Glass. I'm sure many of you are familiar with Google Glass. What you may not be familiar with is that Google Glass is a device that will allow you to see what I see. It will allow you to experience what it is like to be a professional athlete on the field. Right now, the only way you can be on the field is for me to try and describe it to you. I have to use words. I have to create a framework that you then fill in with your imagination. With Google Glass, we can put that underneath a helmet, and we can get a sense of what it's like to be running down the field at 100 miles an hour, your blood pounding in your ears. You can get a sense of what it's like to have a 250-pound man sprinting at you trying to decapitate you with every ounce of his being. And I've been on the receiving end of that, and it doesn't feel very good.

Now, I have some footage to show you of what it's like to wear Google Glass underneath the helmet to give you a taste of that. Unfortunately, it's not NFL practice footage because the NFL thinks emergent technology is what happens when a submarine surfaces, but -- (Laughter) -- we do what we can.

So let's pull up some video.

(Video) Chris Kluwe: Go. Ugh, getting tackled sucks. Hold on, let's get a little closer. All right, ready? Go!

Chris Kluwe: So as you can see, small taste of what it's like to get tackled on the football field from the perspective of the tacklee. Now, you may have noticed there are some people missing there: the rest of the team. We have some video of that courtesy of the University of Washington.

(Video) Quarterback: Hey, Mice 54! Mice 54! Blue 8! Blue 8! Go! Oh!

CK: So again, this takes you a little bit closer to what it's like to be on that field, but this is nowhere what it's like to be on the NFL.

Fans want that experience. Fans want to be on that field. They want to be their favorite players, and they've already talked to me on YouTube, they've talked to me on Twitter, saying, "Hey, can you get this on a quarterback? Can you get this on a running back? We want that experience."

Well, once we have that experience with GoPro and Google Glass, how do we make it more immersive? How do we take that next step? Well, we take that step by going to something called the Oculus Rift, which I'm sure many of you are also familiar with. The Oculus Rift has been described as one of the most realistic virtual reality devices ever created, and that is not empty hype. I'm going to show you why that is not empty hype with this video. (Video) Man: Oh! Oh! No! No! No! I don't want to play anymore! No! Oh my God! Aaaah!

CK: So that is the experience of a man on a roller coaster in fear of his life. What do you think that fan's experience is going to be when we take the video footage of an Adrian Peterson bursting through the line, shedding a tackler with a stiff-arm before sprinting in for a touchdown? What do you think that fan's experience is going to be when he's Messi sprinting down the pitch putting the ball in the back of the net, or Federer serving in Wimbledon? What do you think his experience is going to be when he is going down the side of a mountain at over 70 miles an hour as an Olympic downhill skier? I think adult diaper sales may surge. (Laughter)

But this is not yet augmented reality. This is only virtual reality, V.R. How do we get to augmented reality, A.R.? We get to augmented reality when coaches and managers and owners look at this information streaming in that people want to see, and they say, "How do we use this to make our teams better? How do we use this to win games?" Because teams always use technology to win games. They like winning. It makes them money.

So a brief history of technology in the NFL. In 1965, the Baltimore Colts put a wristband on their quarterback to allow him to call plays quicker. They ended up winning a Super Bowl that year. Other teams followed suit. More people watched the game because it was more exciting. It was faster.

In 1994, the NFL put helmet radios into the helmets of the quarterbacks, and later the defense. More people watched games because it was faster. It was more entertaining.

In 2023, imagine you're a player walking back to the huddle, and you have your next play displayed right in front of your face on your clear plastic visor that you already wear right now. No more having to worry about forgetting plays. No more worrying about having to memorize your playbook. You just go out and react. And coaches really want this, because missed assignments lose you games, and coaches hate losing games. Losing games gets you fired as a coach. They don't want that.

But augmented reality is not just an enhanced playbook. Augmented reality is also a way to take all that data and use it in real time to enhance how you play the game. What would that be like? Well, a very simple setup would be a camera on each corner of the stadium looking down, giving you a bird's-eye view of all the people down there. You also have information from helmet sensors and accelerometers, technology that's being worked on right now. You take all that information, and you stream it to your players. The good teams stream it in a way that the players can use. The bad ones have information overload. That determines good teams from bad. And now, your I.T. department is just as important as your scouting department, and data-mining is not for nerds anymore. It's also for jocks. Who knew?

What would that look like on the field? Well, imagine you're the quarterback. You take the snap and you drop back. You're scanning downfield for an open receiver. All of a sudden, a bright flash on the left side of your visor lets you know, blind side linebacker is blitzing in. Normally, you wouldn't be able to see him, but the augmented reality system lets you know. You step up into the pocket. Another flash alerts you to an open receiver. You throw the ball, but you're hit right as you throw. The ball comes off track. You don't know where it's going to land. However, on the receiver's visor, he sees a patch of grass light up, and he knows to readjust. He goes, catches the ball, sprints in, touchdown. Crowd goes wild, and the fans are with him every step of the way, watching from every perspective.

Now this is something that will create massive excitement in the game. It will make tons of people watch, because people want this experience. Fans want to be on the field. They want to be their favorite player. Augmented reality will be a part of sports, because it's too profitable not to.

But the question I ask you is, is that's all that we're content to use augmented reality for? Are we going to use it solely for our panem, our circenses, our entertainment as normal? Because I believe that we can use augmented reality for something more. I believe we can use augmented reality as a way to foster more empathy within the human species itself, by literally showing someone what it looks like to walk a mile in another person's shoes. We know what this technology is worth to sports leagues. It's worth revenue, to the tune of billions of dollars a year. But what is this technology worth to a teacher in a classroom trying to show a bully just how harmful his actions are from the perspective of the victim? What is this technology worth to a gay Ugandan or Russian trying to show the world what it's like living under persecution? What is this technology worth to a Commander Hadfield or a Neil deGrasse Tyson trying to inspire a generation of children to think more about space and science instead of quarterly reports and Kardashians?

Ladies and gentlemen, augmented reality is coming. The questions we ask, the choices we make, and the challenges we face are, as always, up to us.

Thank you.

(Applause)

拡張現実と プロフットボールが 共感と何の関係があるのでしょうか? 「荷を持たないツバメの飛行速度は?」 残念ですが 今日は私はこれらの疑問のうち 1つだけ答えます どうかあまり ガッカリしないようにして下さい

大抵の人が拡張現実について考える時 「マイノリティ・リポート(映画)」と 手を振るトム・クルーズについて考えますが 拡張現実は サイエンスフィクションではありません 拡張現実は我々の生涯で起こる何かで そしてそれは 実現可能な道具を 持っている故に起こるのだということを 人々は気づく必要があります 何故なら 拡張現実は インターネットや携帯電話と同じくらい 我々の人生を変え得るからです

さて 拡張現実にはどう辿り着けるでしょう? 第一のステップは 今 私がかけているもの グーグルグラスです 多くの皆さんがお馴染みかと思います 恐らく 余りご存知でないのは グーグルグラスは私が見ているものを 皆さんにも見せてくれる デバイスであるということでしょう それを使って フィールド上の プロのアスリートのような体験が出来るのです 現時点で 皆さんがフィールドに立てる唯一の方法は 私に描写させてみることだけです 言葉のみを用いてです 皆さんの想像力を満たす 構成を組み立てなければなりません グーグルグラスをヘルメットの 下に装着することで 時速160キロでフィールドを走り 耳の奥で自分の鼓動が脈打つのが どういう感覚か 味わえるのです 110キロの男が 全力疾走であなたを目がけ 全体重の全てで 打ち負かそうとしている それがどういう感覚か 味わえるのです ずっと やられる側でしたが 心地よいものではありません

さて ヘルメットの下に グーグルグラスを装着するのは どのようなものなのか 味わって頂くために お見せする映像を持ってきました 残念ながら 映像は実際のNFLではありません NFL は「先端」技術とやらは 例えば潜水艦の「Surface(先端)」で 発揮されると思っていますから でも ―(笑)― やれることをしましょう

では ビデオを再生します

(映像) クリスクルー:行くぞ あぁ タックルされるのはうんざり まてよ もう少し近づいて よし いいか? 行くぞ!

クリス:ご覧頂いてるように フットボールのフィールドで タックルを受ける感触の一端を 受け手の見方で味わっていただきました さて お気づきだと思いますが チームの残りのメンバーが 何人か足りません ワシントン大学のご厚意で いくつかのビデオを用意できました

(映像) クォーターバック:マイスの54番! ブルーの8番!行け!行け! あっ!

クリス:再び この映像は皆さんを ほんの少し フィールドの上にいる感覚にしてくれます しかし これはNFLに居るのとは 全く違うのです

ファンはその体感が欲しいのです NFLのフィールドに立ちたいのです ファンはお気に入りの選手になりたいのです YouTubeやTwitterで 既に聞かされていますが 彼らはこう言っています 「ねぇ クォーターバックのものはないの? ランニングバックのは? それを体感したいんだ」

かつて GoProとグーグルグラスで その体験をしたことがありました どうやって真に迫るものにできるか どうやって次の次元に進めるのか? さて お馴染みの方もいるであろう 「Oculus Rift」と呼ばれるもので 我々は次の次元に進みました 「Oculus Rift」は 過去もっとも現実に迫る 仮想現実デバイスの1つで それは決して言い過ぎではなく その理由を このビデオでお見せします (映像)男性:ああっ! ダメダメダメ!もうやりたくないよ!ヤダ! 神様~!ああああー!

クリス:これはある男性が 生命の危機を感じる ジェットコースターを体験したのものです 我々がエイドリアン・ピーターソンが ラインを突っ走り タッチダウンへ疾走する前に タックルする選手を 腕を張って押しのける 映像を撮影するならば ファンの経験として それはどのようなものになると思いますか? もし彼がメッシで ピッチを全力疾走し 華麗にゴールを決める もしくはウィンブルドンで サーブをするフェデラーなら どのような ファンの経験となると思いますか? もしオリンピックの ダウンヒルスキー選手として 時速112キロ強のスピードで 山を滑り降りるとしたら それはどのような経験となると思いますか? 私は大人用おむつが急に売れるだろうと思います (笑)

しかしこれはまだ拡張現実ではないのです これは仮想現実(VR)に過ぎません どうしたら拡張現実(AR)に 辿り着けるでしょうか? 我々が拡張現実に辿り着く時は コーチとマネージャーとオーナーが 人々が見たい情報を ストリーミング放送で見て こう言う時です 「どうやってこれをチームを改善し 試合に勝つために役立てられるのか?」 チームは常に試合に勝つために テクノロジーを利用します 儲かりますから勝ちたいんです

では NFLのちょっとしたテクノロジーのお話を 1965年にボルチモア・コルツは より早く作戦を伝えるように クォーターバックにリストバンドを着けました そしてその年のスーパーボールで優勝しました 他のチームも先例に従いました スピーディーで エキサイティングな試合になり より多くの人が試合を観ました

1994年にNFLはクォーターバックの それから後に ディフェンスのヘルメットに 無線機を付けました さらに素早くなったので 更にファンは増加しました より楽しくなったのです

2023年 皆さんは選手です ハドルに戻ってくると 皆さんが既に装着している 目の前の透明のプラスチック製のバイザーに 次の作戦が映し出されるのです 忘れる心配は もう要りません フォーメーションを覚える心配はもう要りません ただ 出場し 応じるだけです 指示の出し忘れが 敗戦に繋がるので コーチは本当にこの装置が欲しいのです コーチは敗戦が大嫌いです 敗戦だとコーチの職を失いますし そうは望んでないのです

しかし拡張現実はフォーメーションを 覚え易くするだけではありません 拡張現実は全てのデータを記録し 瞬時に利用する方法でもあるのです 試合の仕方を改善するために それはどのようなものでしょうか? 多分 最もシンプルな装置はカメラでしょう スタジアムの四隅に取り付けられ そこにいるすべての人々を 全景で見下ろすことができます また ヘルメットセンサーと加速度計の 情報があります 今まさに開発中のテクノロジーです それら全ての情報を ストリーミング配信で選手に見せます 優れたチームは 選手が利用できるように配信し 劣ったチームは情報過多となるでしょう チームの優劣を決める要素となります そして現在 IT部門は スカウト部門と同じくらい重要で データーマイニングは オタクだけのものではないのです 運動選手のためでもありますよね?

フィールドではどんな風に見えるでしょう? 皆さんはクォーターバックです スナップを受けて少し下がると フリーの選手を探して 敵陣に視線を走らせます 突然 バイザーの左側の明るい明滅で 背中側のラインバッカーに 入り込まれたことがわかります この動きは普通は見えませんが 拡張現実だからわかるのです 追い詰められそうです 別の明滅で フリーの選手が見つかり パスを投げますが スロー中にタックルされ ボールを見失います どこにボールは向かったのか・・・ レシーバーのバイザーでは 芝の一部が明るくなるので 軌道修正して走り ボールをキャッチし 全力疾走し タッチダウンします 観客は夢中になり ファンはすべての歩みを あらゆる角度から観賞しながら 彼と共にしています

これは試合を とてつもなく 面白いものにするものなのです こんな経験をしたいので 多くの人が試合を観ることになるでしょう ファンはフィールドに立ちたいのです 彼らはお気に入りの選手になってみたいのです 拡張現実はスポーツの1つとなるでしょう 余りにも儲かりますから

でも 皆さんにお聞きしたいのは 拡張現実の活用は これだけのためでしょうか? ただ「食べ物」と「娯楽」のような もののためだけに使うのでしょうか? 私は何かもっと 拡張現実を活用できると 信じています 私は拡張現実を 人類の中で共感を育むことに 活用できると信じてます それは他人の靴で 1.6キロ歩くのがどういうものかを 文字通り見せることによって行うのです このテクノロジーがスポーツリーグにとって 価値があるのを知っています 年間 数十億相当もの利益の価値があります しかしこのテクノロジーは 教室でいじめっ子に 彼の振る舞いがいかに酷いものかを 犠牲者の気持ちに立って 教えようとしている先生にとて どのような価値があるのでしょうか? 世界に向けて迫害されながら生きることが どのようなものか公開しようとする 同性愛者のウガンダ人やロシア人にとって どのような価値があるのでしょうか? このテクノロジーは 儲け話や芸能ゴシップではなく 子供世代に宇宙や科学について より見識を深めてもらうべく 後押しに励む ハドフィールド大佐や ニール・ドグラース・タイソンにとって どのような価値があるのでしょうか?

紳士淑女の皆様 拡張現実はすぐそこです 我々が訊くこと 選択すること 相まみえる挑戦 どんな時も 我々次第です

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画