TED日本語 - ケイトリア&モーガン・オニール: これからの災害復興とは

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ケイトリア&モーガン・オニール: これからの災害復興とは

TED Talks

これからの災害復興とは
How to step up in the face of disaster
ケイトリア&モーガン・オニール
Caitria and Morgan O'Neill

内容

自然災害が起こると、短期間ですが被災地の復興支援のために、人々の関心が高まります。では誰がこれを管理していくのでしょう?20歳と24歳のオニール姉妹は、家族が住む町が大きな竜巻に見舞われた時、被災地の復興に向けて住人たちの指揮をとりました。今では自分たちが復興してきたノウハウを人々に広めて、防災活動に取り組んでいます。(TEDxBostonにて)

Script

Newscaster: There's a large path of destruction here in town. ... hit here pulling trees from the ground, shattering windows, taking the roofs off of homes.

Caitria O'Neill: That was me in front of our house in Monson, Massachusetts last June. After an EF3 tornado ripped straight through our town and took parts of our roof off, I decided to stay in Massachusetts instead of pursuing the master's program I had moved my boxes home that afternoon for.

Morgan O'Neill: So, on June 1st we weren't disaster experts, but on June 3rd we started faking it. This experience changed our lives. And now we're trying to change the experience.

CO: So tornadoes don't happen in Massachusetts. And I was cleverly standing in the front yard when one came over the hill. After a lamppost flew by, my family and I sprinted into the basement. Trees were thrown against the house, the windows exploded. When we finally got out the back door, transformers were burning in the street.

MO: So I was here in Boston. I'm a PhD student at MIT, and I happen to study atmospheric science. Actually it gets weirder. So I was in the museum of science at the time the tornado hit, playing with the tornado display. So I missed her call. So I get the call from Caitria, I hear the news, and I start tracking the radar online to call the family back when another supercell was forming in their area. And I drove home late that night with batteries and ice. We live across the street from an historic church that had lost its very iconic steeple in the storm. It had become a community gathering place overnight. The town hall and the police department had also suffered direct hits, and so people wanting to help or needing information went to the church.

CO: We walked up to the church because we heard that they had hot meals, but when we arrived we found problems. There were a couple large, sweaty men with chainsaws standing in the center of the church, but nobody knew where to send them because no one knew the extent of the damage yet. And as we watched, they became frustrated and left to go find somebody to help on their own.

MO: So we started organizing. Why? It had to be done. We found Pastor Bob and offered to give the response some infrastructure. And then armed with just two laptops and one AirCard, we built a recovery machine.

(Applause)

CO: That was a tornado, and everyone's heading to the church to drop things off and volunteer.

MO: Everyone's donating clothing. We should really inventory the donations that are piling up here.

CO: Yeah, and we need a hotline. Can you make a Google Voice number?

MO: Yeah, sure. And we need to tell people what not to bring. I'll make a Facebook account. Can you print fliers for the neighborhoods?

CO: Yeah, but we don't even know what houses are accepting help at this point. We need to canvas and send out volunteers.

MO: We need to tell people what not to bring. Hey, there's a news truck. I'll tell them.

CO: You got my number off the news? We don't need any more freezers.

MO: The insurance won't cover it? You need a crew to tar your roof? CO: Six packs of juice boxes arriving in one hour? Together: Someone get me Post-its!

(Laughter)

CO: And then the rest of the community figured out that we had answers.

MO: I can donate three water heaters, but someone needs to come pick them up.

CO: My car is in my living room.

MO: My boyscout troop would like to rebuild 12 mailboxes.

CO: The puppy's missing, and insurance just doesn't cover the chimneys.

MO: My church group of 50 would like housing and meals for a week while we repair properties.

CO: You sent me to that place on Washington Street yesterday, and now I'm covered in poison ivy. So this is what filled our days. We had to learn how to answer questions quickly and to solve problems in about a minute or less, because otherwise something more urgent would come up, and it just wouldn't get done.

MO: We didn't get our authority from the board of selectmen or the emergency management director or the United Way. We just started answering questions and making decisions because someone, anyone, had to. And why not me? I'm a campaign organizer. I'm good at Facebook. And there's two of me.

(Laughter)

CO: The point is, if there's a flood or a fire or a hurricane, you, or somebody like you, are going to step up and start organizing things. The other point is that it is hard.

MO: Lying on the ground after another 17-hour day, Caitria and I would empty our pockets and try to place dozens of scraps of paper into context -- all bits of information that had to be remembered and matched in order to help someone. After another day and a shower at the shelter, we realized it shouldn't be this hard.

CO: In a country like ours where we breathe wi-fi, leveraging technology for a faster recovery should be a no-brainer. Systems like the ones that we were creating on the fly could exist ahead of time. And if some community member is in this organizing position in every area after every disaster, these tools should exist.

MO: So we decided to build them -- a recovery in a box, something that could be deployed after every disaster by any local organizer.

CO: I decided to stay in the country, give up the master's in Moscow and to work full-time to make this happen. In the course of the past year, we've become experts in the field of community-powered disaster recovery. And there are three main problems that we've observed with the way things work currently.

MO: The tools. Large aid organizations are exceptional at bringing massive resources to bear after a disaster, but they often fulfill very specific missions and then they leave. This leaves local residents to deal with the thousands of spontaneous volunteers, thousands of donations, and all with no training and no tools. So they use Post-its or Excel or Facebook. But none of these tools allow you to value high-priority information amidst all of the photos and well wishes.

CO: The timing. Disaster relief is essentially a backwards political campaign. In a political campaign, you start with no interest and no capacity to turn that into action. You build both gradually until a moment of peak mobilization at the time of the election. In a disaster, however, you start with all of the interest and none of the capacity. And you've only got about seven days to capture 50 percent of all of the Web searches that will ever be made to help your area. Then some sporting event happens, and you've got only the resources that you've collected thus far to meet the next five years of recovery needs. This is the slide for Katrina. This is the curve for Joplin. And this is the curve for the Dallas tornadoes in April where we deployed software. There's a gap here. Affected households have to wait for the insurance adjuster to visit before they can start accepting help on their properties. And you've only got about four days of interest in Dallas.

MO: Data. Data is inherently unsexy, but it can jumpstart an area's recovery. FEMA and the state will pay 85 percent of the cost of a federally declared disaster, leaving the town to pay last 15 percent of the bill. Now that expense can be huge, but if the town can mobilize X amount of volunteers for Y hours, the dollar value of that labor used goes toward the town's contribution. But who knows that? Now try to imagine the sinking feeling you get when you've just sent out 2,000 volunteers and you can't prove it.

CO: These are three problems with a common solution. If we can get the right tools at the right time to the people who will inevitably step up and start putting their communities back together, we can create new standards in disaster recovery.

MO: We needed canvasing tools, donations databasing, needs reporting, remote volunteer access, all in an easy-to-use website.

CO: And we needed help. Alvin, our software engineer and cofounder, has built these tools. Chris and Bill have volunteered their time to use operations and partnerships. And we've been flying into disaster areas since this past January, setting up software, training residents and licensing the software to areas that are preparing for disasters.

MO: One of our first launches was after the Dallas tornadoes this past April. We flew into a town that had a static outdated website and a frenetic Facebook feed trying to structure the response. And we launched our platform. All of the interest came in the first four days, but by the time they lost the news cycle, that's when the needs came in, yet they had this massive resource of what people were able to give and they've been able to meet the needs of their residents.

CO: So it's working, but it could be better. Emergency preparedness is a big deal in disaster recovery because it makes towns safer and more resilient. Imagine if we could have these systems ready to go in a place before a disaster. So that's what we're working on. We're working on getting the software to places so people expect it, so people know how to use it and so it can be filled ahead of time with that microinformation that drives recovery.

MO: It's not rocket science. These tools are obvious and people want them. In our hometown, we trained a half-dozen residents to run these Web tools on their own. Because Caitria and I live here in Boston. They took to it immediately, and now they are forces of nature. There are over three volunteer groups working almost every day, and have been since June 1st of last year, to make sure that these residents get what they need and get back in their homes. They have hotlines and spreadsheets and data.

CO: And that makes a difference. June 1st this year marked the one-year anniversary of the Monson tornado. And our community's never been more connected or more empowered. We've been able to see the same transformation in Texas and in Alabama. Because it doesn't take Harvard or MIT to fly in and fix problems after a disaster, it takes a local. No matter how good an aid organization is at what they do, they eventually have to go home. But if you give locals the tools, if you show them what they can do to recover, they become experts.

(Applause) MO: All right. Let's go.

(Applause)

大災害の爪痕が町のいたるところに見られます 木は倒れ 窓は割れ 屋根は飛ばされています

ケイトリア: 私が立っているのは 昨年6月のマサチューセッツ州モンソンの自宅前です EF3の強い竜巻が猛威を振るい 屋根が破壊されました 私は大学院に行くのをやめ マサチューセッツに留まることにしました 実は 大学院へ行く準備のためその日 実家に戻ったところでした

モーガン:6月1日 災害について私たちは素人でしたが 3日には 専門家のように振る舞い始めました この経験が私たちの人生を変えました 今後はこのような経験自体を変えたいんです

マサチューセッツでは通常 竜巻は起こりません 竜巻が丘を超えてやって来た時 私は家の外で見物していました 街灯が飛んでくるのを見て家族と地下室に駆け込みました 倒木が家にあたり窓が破壊されました 勝手口から外に出ると 落ちた電柱のトランスから炎が上がっていました

私はボストンにいました MIT (マサチューセッツ工科大学) の博士課程で 偶然にも大気科学を勉強しています もっと奇妙なのが 実家が竜巻に直撃された時私は科学博物館にいて 竜巻の実験装置を見ていました だから彼女からの着信に気付きませんでした ケイトリアの電話で竜巻のことを知り 新たなスーパーセルが家の近くに発生していたので 追跡レーダーをオンにして電話をかけ直しました 私はその日の夜遅くにバッテリーと氷を持って帰宅しました 家の向かいの古い教会は 竜巻によって尖塔を失いましたが 一夜にして地域住民の集まる場所となっていました 市役所や警察署も被害に遭い 住人たちは助けや情報を求めて 教会へ行ったのです

暖かい食事を求めて私たちも教会へ行くと そこである問題に気付きました チェーンソーを持った汗だくの男性が二人 教会の真ん中に立っていましたが 誰も被害状況を把握できず 彼らをどこに送ったらいいのか分からない状態でした 見ていると彼らは次第にイライラしてきて 助けられる人を自力で探しに出て行きました

そこで まとめ役を始めました 必要だったからです牧師のボブに援助に対する インフラ整備を申し出て そしてノートパソコン2台とエアカード1枚で 復興支援機関を作りました

(拍手)

当時の状況はこうでした 「寄付やボランティアをしにみんな教会に集まっているわ」

「洋服がたくさん寄付されているわね」 「集まった物資の一覧表を作らなくちゃ」

「ホットラインも必要よグーグルボイスの番号を作ってくれる?」

「了解いらない物も教えなくちゃね」 「私はフェイスブックページを作るわチラシを作ってくれる?」

「でもどの家が手伝ってくれるか分からない」 「助けを募ってボランティアも派遣しなきゃ」

「いらない物をちゃんと言ってね」 「ねえ テレビ局の車よちょっと話してくるわね」

「テレビで番号を知ったの?」 「冷蔵庫はもういらないわ」

「屋根には保険がきかないの?」「1時間でジュースが届くのね?」 「ポストイットが足りないわよ!」

(笑)

そして住民たちは気付きました 私たちに聞けば解決すると

「給湯器を3台寄付するけど― 誰か取りに来てくれる?」

「私の車はリビングの中なの」

「我々ボーイスカウトが郵便受けを12台作るよ」

「ワンちゃんは行方不明で煙突には保険が使えないの」

「家を修復する一週間50人の教会メンバーが 宿とご飯を必要としています」

「昨日ワシントン通りまで行って― うるしにかぶれちゃったの」 これが当時の状況です 質問に迅速に答え 問題をどんどん解決していく必要がありました さらに急を要する事が起こり 忘れられてしまうからです

市議会委員や防災対策本部 またはユナイテッド・ウェイからの指示を待たずに 質問に答えたり様々な決断を下し始めました 必要に迫られ やることにしたのです選挙運動の経験もあるし それにフェイスブックが得意で 私たちは2人いますから

(笑)

重要なのは洪水や火事またはハリケーンの時 誰かが立ち上がって 復興のまとめ役となる 必要があることです もう一つ重要なのはそれが困難だということ

17時間労働の日を続け1日の終わりに ケイトリアとポケットから 何十枚ものメモを取り出し状況にあてはめていきます 様々な情報を頭に入れ組み合わせなければ 人は助けられません 避難所で何日か経ったある日 もっと簡単にできるはずだと気付いたのです

アメリカのような Wi-Fiが普及している国で 復興をスピードアップするために技術を使わない手はありません この即興でつくっているようなシステムが 事前に用意できるはずであり 災害時に住人の中から 誰かが復興のまとめ役になるのなら このようなツールがあるべきです

そこで「 復興キット」を 作ることに決めました 災害時に 現地の住人によって スタートできるシステムです

私は国内に残ることにしました モスクワで修士号を取るのをあきらめ このアイデアの現実化に集中することにしました この1年間で私たちは 災害ボランティアの分野で専門家になりました そこで気付いた問題点が 主に3つあります

1つ目は”ツール”です大きな支援団体は たくさんの救援物資を災害時に集めてくれます でも彼らのすることは とても偏っています 被災地に届けられるのは 山のような救援物資と未経験のボランティアたちで 彼らにはツールもありません 彼らが使うエクセルやフェイスブックでは 写真やお見舞いの言葉に混ざった優先度の高い情報を 見出すことはできません

2つ目に”タイミング” 災害復興は選挙活動の逆とも言えます 選挙運動では 最初は関心も行動を起こす能力もありません 関心や能力は徐々に高まり 選挙当日にピークに達します 災害が起こるとあらゆる関心が集まるものの 対処能力はゼロから始まります 最初の7日間のうちに 被災地救済の検索の半数が行なわれ その後は減少していきます スポーツイベントでもあれば その先5年間 復興に必要なリソースを それ以上集める事はできないのです これはカトリーナのグラフ これはジョプリンで これは4月にダラスで起きた 竜巻のグラフです ここにギャップがあります 被害を受けた世帯は損害保険監査人の 審査が終わるまで支援を待たなくてはいけません ダラスのグラフでは世間の関心は4日間だけです

3つ目が”データ” データは本質的に地味ですが 被災地域の復興を後押しします FEMAと州は 連邦政府が指定した被災地域の復興費用の 85%を支給しますが残りの15%は自治体の責任です この費用は莫大ですが 被災地域でX人のボランティアにY時間働いてもえば 彼らを雇った場合に支払う金額を 自治体の払った金額とすることができます でもどう証明するか? もし2千人のボランティアを派遣しても それが証明できなかったらどんなに気がめいるでしょう

この3つの問題には共通の解決策があります 災害に立ち向かい 住人をまとめてくれる人たちが 必要とする時に必要とするツールを提供できれば 災害復興の新基準を作れるでしょう

支援を頼むツールと寄付のデータベース管理 報告やボランティアからのアクセス これらを使いやすいウェブサイトにまとめるのです

それには助けが必要でした ソフトウェア技師のアルビンがウェブサイトを立ち上げました クリスとビルは運営とパートナーシップを 引き受けてくれました 私たちはこの1月からずっと様々な被災地を訪れ ソフトウェアをセットアップしたり 災害に備えている地域にソフトウェアのライセンスを提供してきました

最初にこれを実行したのは去年の4月 ダラスの竜巻の後です 被災地で目にしたのは時代遅れのウェブサイトと フェイスブックへの大量の書き込みでした そこで 私たちのプラットフォームを立ち上げました 災害後 4日間にたくさんの関心が集まりました でもニュースで下火になった頃 実際 援助の要請が始まりました でも大量の救援物資がすでに集まっていたので 被災者のニーズに対応できたのです

うまくいくようですが更に改善できます 災害に備えることは災害復旧にとても重要です そうすることで地域はより安全で回復力を持ちます このようなシステムの準備が災害前に整っているたら すばらしいですね それが現在のゴールです 私たちが開発したソフトウェアを 必要とされる場所に配置し使い方を教えました 復興に役立つ細かい情報も 前もって入力できるようにしました

複雑なことではありません このようなツールは当然あるべきで必要とされています 実家の町では5~6人にこのウェブツールの 使い方を教えました 私とケイトリアはボストンにいるからです すぐにシステムを気に入って すでにしっかりと根付いています 去年の6月1日からほぼ毎日働いてきた 3組のボランティア団体は 被災者に必要なものを届け自宅に戻れるよう支援しています 被災地にはホットラインも集計もデータもあります

そこに違いがあります 今年の6月1日でモンソン竜巻から ちょうど1年です 住民たちは今までになく繋がり 自信を持っています 同じような変化を テキサスとアラバマでも見ました 災害を乗り越えるために 必要なのは 一流大学の研究者ではありません 地域住民なのです いかに素晴らしい救援組織でも 永遠に被災地に留まるわけではありません でも地域住人にツールを与え 災害復興に何ができるか伝えられれば 誰もが復興の専門家になれるのです

(拍手) あなたも参加しましょう!

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画