TED日本語 - ジル・ボルト・テイラー: パワフルな洞察の発作

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジル・ボルト・テイラー: パワフルな洞察の発作

TED Talks

パワフルな洞察の発作
Jill Bolte Taylor's stroke of insight
ジル・ボルト・テイラー

内容

ジル・ボルト・テイラーは、脳科学者なら願ってもない研究の機会を得ました。広範囲に及ぶ脳卒中の発作により、自分の脳の機能―運動、言語、自己認識―が、1つひとつ活動を停止していくのを観察することになったのです。この驚くべき物語をお聞きください。

Script

I grew up to study the brain because I have a brother who has been diagnosed with a brain disorder: schizophrenia. And as a sister and later, as a scientist, I wanted to understand, why is it that I can take my dreams, I can connect them to my reality, and I can make my dreams come true? What is it about my brother's brain and his schizophrenia that he can not connect his dreams to a common and shared reality, so they instead become delusion?

So I dedicated my career to research into the severe mental illnesses. And I moved from my home state of Indiana to Boston, where I was working in the lab of Dr. Francine Benes, in the Harvard Department of Psychiatry. And in the lab, we were asking the question, "What are the biological differences between the brains of individuals who would be diagnosed as normal control, as compared with the brains of individuals diagnosed with schizophrenia, schizoaffective or bipolar disorder?"

So we were essentially mapping the microcircuitry of the brain: which cells are communicating with which cells, with which chemicals, and then in what quantities of those chemicals? So there was a lot of meaning in my life because I was performing this type of research during the day. But then in the evenings and on the weekends, I traveled as an advocate for NAMI, the National Alliance on Mental Illness. But on the morning of December 10,1996, I woke up to discover that I had a brain disorder of my own. A blood vessel exploded in the left half of my brain. And in the course of four hours, I watched my brain completely deteriorate in its ability to process all information. On the morning of the hemorrhage, I could not walk, talk, read, write or recall any of my life. I essentially became an infant in a woman's body.

If you've ever seen a human brain, it's obvious that the two hemispheres are completely separate from one another. And I have brought for you a real human brain. So this is a real human brain.

This is the front of the brain, the back of brain with the spinal cord hanging down, and this is how it would be positioned inside of my head. And when you look at the brain, it's obvious that the two cerebral cortices are completely separate from one another. For those of you who understand computers, our right hemisphere functions like a parallel processor, while our left hemisphere functions like a serial processor. The two hemispheres do communicate with one another through the corpus collosum, which is made up of some 300 million axonal fibers. But other than that, the two hemispheres are completely separate. Because they process information differently, each of our hemispheres think about different things, they care about different things, and, dare I say, they have very different personalities.

Excuse me. Thank you. It's been a joy. Assistant: It has been.

Our right human hemisphere is all about this present moment. It's all about "right here, right now." Our right hemisphere, it thinks in pictures and it learns kinesthetically through the movement of our bodies. Information, in the form of energy, streams in simultaneously through all of our sensory systems and then it explodes into this enormous collage of what this present moment looks like, what this present moment smells like and tastes like, what it feels like and what it sounds like. I am an energy-being connected to the energy all around me through the consciousness of my right hemisphere. We are energy-beings connected to one another through the consciousness of our right hemispheres as one human family. And right here, right now, we are brothers and sisters on this planet, here to make the world a better place. And in this moment we are perfect, we are whole and we are beautiful.

My left hemisphere -- our left hemisphere -- is a very different place. Our left hemisphere thinks linearly and methodically. Our left hemisphere is all about the past and it's all about the future. Our left hemisphere is designed to take that enormous collage of the present moment and start picking out details, details and more details about those details. It then categorizes and organizes all that information, associates it with everything in the past we've ever learned, and projects into the future all of our possibilities. And our left hemisphere thinks in language. It's that ongoing brain chatter that connects me and my internal world to my external world. It's that little voice that says to me, "Hey, you gotta remember to pick up bananas on your way home. I need them in the morning."

It's that calculating intelligence that reminds me when I have to do my laundry. But perhaps most important, it's that little voice that says to me, "I am. I am." And as soon as my left hemisphere says to me "I am," I become separate. I become a single solid individual, separate from the energy flow around me and separate from you. And this was the portion of my brain that I lost on the morning of my stroke.

On the morning of the stroke, I woke up to a pounding pain behind my left eye. And it was the kind of pain -- caustic pain -- that you get when you bite into ice cream. And it just gripped me -- and then it released me. And then it just gripped me -- and then it released me. And it was very unusual for me to ever experience any kind of pain, so I thought, "OK, I'll just start my normal routine."

So I got up and I jumped onto my cardio glider, which is a full-body, full-exercise machine. And I'm jamming away on this thing, and I'm realizing that my hands look like primitive claws grasping onto the bar. And I thought, "That's very peculiar." And I looked down at my body and I thought, "Whoa, I'm a weird-looking thing." And it was as though my consciousness had shifted away from my normal perception of reality, where I'm the person on the machine having the experience, to some esoteric space where I'm witnessing myself having this experience.

And it was all very peculiar, and my headache was just getting worse. So I get off the machine, and I'm walking across my living room floor, and I realize that everything inside of my body has slowed way down. And every step is very rigid and very deliberate. There's no fluidity to my pace, and there's this constriction in my area of perceptions, so I'm just focused on internal systems. And I'm standing in my bathroom getting ready to step into the shower, and I could actually hear the dialogue inside of my body. I heard a little voice saying, "OK. You muscles, you gotta contract. You muscles, you relax."

And then I lost my balance, and I'm propped up against the wall. And I look down at my arm and I realize that I can no longer define the boundaries of my body. I can't define where I begin and where I end, because the atoms and the molecules of my arm blended with the atoms and molecules of the wall. And all I could detect was this energy -- energy.

And I'm asking myself, "What is wrong with me? What is going on?" And in that moment, my brain chatter -- my left hemisphere brain chatter -- went totally silent. Just like someone took a remote control and pushed the mute button. Total silence. And at first I was shocked to find myself inside of a silent mind. But then I was immediately captivated by the magnificence of the energy around me. And because I could no longer identify the boundaries of my body, I felt enormous and expansive. I felt at one with all the energy that was, and it was beautiful there.

Then all of a sudden my left hemisphere comes back online, and it says to me, "Hey! We got a problem! We got a problem! We gotta get some help." And I'm going, "Ahh! I got a problem. I got a problem." So it's like, "OK. OK. I got a problem."

But then I immediately drifted right back out into the consciousness -- and I affectionately refer to this space as La La Land. But it was beautiful there. Imagine what it would be like to be totally disconnected from your brain chatter that connects you to the external world.

So here I am in this space, and my job -- and any stress related to my job -- it was gone. And I felt lighter in my body. And imagine all of the relationships in the external world and any stressors related to any of those -- they were gone. And I felt this sense of peacefulness. And imagine what it would feel like to lose 37 years of emotional baggage! (Laughter) Oh! I felt euphoria -- euphoria. It was beautiful.

And then, again, my left hemisphere comes online and it says, "Hey! You've got to pay attention. We've got to get help." And I'm thinking, "I got to get help. I gotta focus." So I get out of the shower and I mechanically dress and I'm walking around my apartment, and I'm thinking, "I gotta get to work. I gotta get to work. Can I drive? Can I drive?"

And in that moment my right arm went totally paralyzed by my side. Then I realized, "Oh my gosh! I'm having a stroke! I'm having a stroke!"

And the next thing my brain says to me is, "Wow! This is so cool." (Laughter) "This is so cool! How many brain scientists have the opportunity to study their own brain from the inside out?" (Laughter)

And then it crosses my mind, "But I'm a very busy woman!" (Laughter) "I don't have time for a stroke!"

So I'm like, "OK, I can't stop the stroke from happening, so I'll do this for a week or two, and then I'll get back to my routine. OK. So I gotta call help. I gotta call work." I couldn't remember the number at work, so I remembered, in my office I had a business card with my number on it. So I go into my business room, I pull out a three-inch stack of business cards. And I'm looking at the card on top and even though I could see clearly in my mind's eye what my business card looked like, I couldn't tell if this was my card or not, because all I could see were pixels. And the pixels of the words blended with the pixels of the background and the pixels of the symbols, and I just couldn't tell. And then I would wait for what I call a wave of clarity. And in that moment, I would be able to reattach to normal reality and I could tell that's not the card ... that's not the card ... that's not the card. It took me 45 minutes to get one inch down inside of that stack of cards. In the meantime, for 45 minutes, the hemorrhage is getting bigger in my left hemisphere. I do not understand numbers, I do not understand the telephone, but it's the only plan I have. So I take the phone pad and I put it right here. I take the business card, I put it right here, and I'm matching the shape of the squiggles on the card to the shape of the squiggles on the phone pad. But then I would drift back out into La La Land, and not remember when I came back if I'd already dialed those numbers. So I had to wield my paralyzed arm like a stump and cover the numbers as I went along and pushed them, so that as I would come back to normal reality, I'd be able to tell, "Yes, I've already dialed that number."

Eventually, the whole number gets dialed and I'm listening to the phone, and my colleague picks up the phone and he says to me, "Woo woo woo woo." (Laughter) And I think to myself, "Oh my gosh, he sounds like a Golden Retriever!"

And so I say to him -- clear in my mind, I say to him: "This is Jill! I need help!" And what comes out of my voice is, "Woo woo woo woo woo." I'm thinking, "Oh my gosh, I sound like a Golden Retriever." So I couldn't know -- I didn't know that I couldn't speak or understand language until I tried. So he recognizes that I need help and he gets me help.

And a little while later, I am riding in an ambulance from one hospital across Boston to [ Massachusetts ] General Hospital. And I curl up into a little fetal ball. And just like a balloon with the last bit of air, just, just right out of the balloon, I just felt my energy lift and just -- I felt my spirit surrender.

And in that moment, I knew that I was no longer the choreographer of my life. And either the doctors rescue my body and give me a second chance at life, or this was perhaps my moment of transition.

When I woke later that afternoon, I was shocked to discover that I was still alive. When I felt my spirit surrender, I said goodbye to my life. And my mind was now suspended between two very opposite planes of reality. Stimulation coming in through my sensory systems felt like pure pain. Light burned my brain like wildfire, and sounds were so loud and chaotic that I could not pick a voice out from the background noise, and I just wanted to escape. Because I could not identify the position of my body in space, I felt enormous and expansive, like a genie just liberated from her bottle. And my spirit soared free, like a great whale gliding through the sea of silent euphoria. Nirvana. I found Nirvana. And I remember thinking, there's no way I would ever be able to squeeze the enormousness of myself back inside this tiny little body.

But then I realized, "But I'm still alive! I'm still alive, and I have found Nirvana. And if I have found Nirvana and I'm still alive, then everyone who is alive can find Nirvana." And I pictured a world filled with beautiful, peaceful, compassionate, loving people who knew that they could come to this space at any time. And that they could purposely choose to step to the right of their left hemispheres and find this peace. And then I realized what a tremendous gift this experience could be, what a stroke of insight this could be to how we live our lives. And it motivated me to recover.

Two and a half weeks after the hemorrhage, the surgeons went in and they removed a blood clot the size of a golf ball that was pushing on my language centers. Here I am with my mama, who is a true angel in my life. It took me eight years to completely recover.

So who are we? We are the life-force power of the universe, with manual dexterity and two cognitive minds. And we have the power to choose, moment by moment, who and how we want to be in the world. Right here, right now, I can step into the consciousness of my right hemisphere, where we are. I am the life-force power of the universe. I am the life-force power of the 50 trillion beautiful molecular geniuses that make up my form, at one with all that is. Or, I can choose to step into the consciousness of my left hemisphere, where I become a single individual, a solid. Separate from the flow, separate from you. I am Dr. Jill Bolte Taylor: intellectual, neuroanatomist. These are the "we" inside of me. Which would you choose? Which do you choose? And when? I believe that the more time we spend choosing to run the deep inner-peace circuitry of our right hemispheres, the more peace we will project into the world, and the more peaceful our planet will be.

And I thought that was an idea worth spreading.

私が脳の研究をするようになったのは 統合失調症という脳障害を持つ兄のためでした 妹として 後には科学者として 知りたかったのです 私には夢と現実を関連づけられ 夢を実現させることもできるのに なぜ統合失調症の兄の脳には 夢を みんなと同じ普通の現実に 結び付けることができず 妄想となってしまうのか?

そうして私は 重い精神疾患の研究に 身を捧げることになりました 故郷のインディアナ州からボストンへと移り住み ハーバード大学精神科の フランシーン ベネスの 研究室に入り 1つの問への答えを 追い求めました “正常と診断される人の脳と 統合失調症や―” “統合失調性感情障害―” “双極性障害と診断される人の脳には―” “生物学的にどんな違いがあるのか?”

私たちは 脳の回路のマッピングをして どの細胞と どの細胞が どんな化学物質を どれだけ使って 通信をしているのか調べました 日中はこのような研究を行い とても充実していました そして夜や週末には 精神障害者家族会であるNAMIの活動で あちこち飛び回っていました ところが 1996年12月10日の朝 目を覚ますと 私自身が脳障害を起こしていたのです 左脳の血管が破裂したのです 4時間の間に 自分の脳が情報処理能力を失っていくのを経験しました 大出血を起こしたその朝 私は 歩けず 話せず 読み書きも 自分の生活について思い出すこともできませんでした 私は要するに 大人の体をした赤ん坊になったのです

人間の脳を見たことがあれば 2つの脳半球は 完全に分離されているのをご存じでしょう 本物の人間の脳を持ってきました これが本物の人間の脳です

こちらが脳の正面で 後ろには脊髄がぶら下がっています こういう状態で 頭の中に納まっています ご覧のとおり 2つの大脳皮質は 完全に分離しています コンピューターに例えるなら 右脳は 並列プロセッサのように機能し 左脳は 単一プロセッサのように機能します 3億もの神経線維から成る 脳梁を通して 2つの脳半球は 通信し合っています しかしそれを除けば 2つの脳半球は 完全に分かれています 別々に情報を処理するため それぞれの脳半球は 考えることが違い 別なことに関心を持ち あえて言うなら それぞれ 別な人格を持っています

もういいわ ありがとう 楽しかったわ (助手: 私はやりませんよ) (笑)

右脳にとっては“現在”がすべてです “この場所 この瞬間”がすべてです 右脳は 映像で考え 自分の体の動きから 運動感覚で学びます 情報は エネルギーの形をとって すべての感覚システムから 同時に一気に流れ込み この現在の瞬間が どのように見え どのように臭い どういう味がし どんな感触がし どう聞こえるかが 巨大なコラージュになって現れるのです 右脳の意識を通して見ると 私という存在は 自分を取り巻くすべてのエネルギーとつながった存在なのです 右脳の意識を通して見た私たちという存在は 1つの家族として互いにつながっている エネルギー的存在です 今 この場所 この瞬間 私たちはこの地球上で 共に世界をより良くしようとしている兄弟姉妹です この瞬間に 私たちは完璧であり 完全あり 美しいのです

私たちの左脳はまったく異なった存在です 私たちの左脳は直線的 系統的に 考えます 左脳にとっては 過去と未来がすべてです 左脳は 現在の瞬間を表す 巨大なコラージュから 詳細を拾い出し その詳細の中から さらに 詳細についての詳細を拾い出すようにできています そして それらを分類し 全ての情報を整理し これまで覚えてきた 過去の全てと結びつけて 将来の全ての可能性へと 投影します そして左脳は 言語で考えます 継続的な脳のしゃべり声が 内面の世界と外の世界とを つないでいます その小さな声が 私に囁きます“帰る途中で―” “バナナを買うのを忘れないで” “明日の朝いるから”

計算的な知能が 洗濯をするよう 思い出させます しかし 最も重要なのは その小さな声が 私に “私がある”と言うことです そして左脳が“私がある”と言った途端 私は 切り離されるのです 私は 1人の確固たる個人となり 周りのエネルギーの流れから離れ 周りの人から分離されます そしてその部分が 脳卒中の朝に 私の失ったものでした

脳卒中の朝 私は左目の裏にひどい痛みを感じ 目を覚ましました その痛みは アイスクリームをかじった時に感じるような 鋭い痛みです それは 私を捕らえて 解放し それからまた捕らえ 解放しました 私にとっては 痛みを体験すること自体珍しいことだったので そのうち消えるだろうと思い

起き上がって 全身有酸素運動用の ローイングマシンに飛び乗りました 一生懸命こうやっていたのですが バーを握っている自分の手が まるで怪獣の鉤爪のように見えるのです “すごく変だわ”と思いました そして 自分の体を見下ろすと “うわ 私奇妙な格好してる”と思いました 私の意識は マシンの上にいるという 通常の現実認識から離れ どこか奇妙な場所から エクササイズする自分を見ているようでした

全てがとても奇妙で 頭痛がひどくなり マシンを降りて リビングルームを歩きながら 体の中のすべてが 速度を 落としたように感じました 一歩一歩がとても硬直し とても意識的なのです 歩みはぎこちなく 認識能力が制限されているようなので 自分の体の中だけに意識を集中しました 浴室に入って シャワーを 浴びようとしていると 体の中で 会話する声が 聞こえてきました 小さな声が“そこの筋肉 縮んで” “そっちは緩めて”

私はバランスを崩し 壁にもたれました そして腕を見ると もはや自分の体の境界が 分からなくなっていることに気付きました 自分がどこから始まり どこで終わるのか その境界が分かりませんでした 腕の原子分子が 壁の原子分子と混じり合って 一緒になっているのです 唯一感じ取れるのは エネルギーだけでした

そして 自分に問いかけました “私はどうしちゃったの? 何が起きているの?” その瞬間― 左脳のささやきが 完全に途絶えました まるで誰かが テレビのリモコンを取り ミュートボタンを押したかのように 全くの静寂になりました 最初 頭の中の静寂に ショックを受けていましたが それからすぐに 周囲の大きなエネルギーに魅了されました もはや 体の境界が分からない私は 自分が大きく広がるように感じました 全てのエネルギーと一体となり それは 素晴らしいものでした

突然 左脳が復帰して 言いました “おい トラブルだ!” “トラブルだ! 助けを呼ばなきゃ!” “大変 大変!”と繰り返します それで私は“そうか トラブルなのか”と

しかしすぐ さっきの意識の中へと押し戻されます 私はこの空間を 親しみを込め ラ ラ ランド(陶酔の世界)と呼んでいます そこは素晴らしい所でした 外の世界と自分をつなぐ 脳のしゃべり声から 完全に 切り離されているのです

この空間の中では 仕事に関わる ストレスが 全て消えました 体が軽くなったのを感じました 外界全ての関係と それにかかわる ストレスの元が すべてなくなったのです 平安で満ち足りた気分になりました 想像して下さい 37年間の感情の重荷から解放されるのが どんなものか! (笑) ああ! なんという幸福 幸福 とても素敵でした

それからまた左脳が戻ってきました “おい! ちゃんと注意を払え!” “助けを呼ばないと!” それで私も “集中しなくては”と思い シャワーから出て 無意識に 服を着て アパートの中を歩き回り “仕事に行かないと”と考えていました “でも運転できるかしら?”

そしてその瞬間 右腕が完全に 麻痺し 私は気付きました “信じられない! 私 脳卒中を起こしたんだわ!”

次の瞬間私が思ったのは “わあ! すごい! すごいぞ!” “自分の脳を内側から調べる―” “チャンスに恵まれる脳科学者なんて そうはいない” (笑)

それから思いました “でも私すごく忙しいんだった!” (笑) “脳卒中になってる暇なんかないわ!”と

“でも脳卒中は止められないし―” “1~2週間だけこれをやって―” “それから また通常に戻せばいいわ” “取りあえず職場に連絡しないと” でも職場の電話番号が思い出せず 名刺に電話番号が 書いてあるのを思い出し 書斎に行って 8センチほどの名刺の山を取り出しました 一番上の名刺を見て 心の中ではちゃんと 自分の名刺がどんなものか分かっているのに それが 自分の名刺なのか分からず 見えるのは画素だけでした 文字の画素が 背景の画素や 記号の画素と混じり合って 見分けられませんでした それで“物事がクリアになる波”を待ちました その波が訪れると 普段の現実に 再び結びつくことができて これは違う これは違う と振り分けられたのです 45分かかってやっと 名刺の山を 3分の1進みました その45分の間に 出血は 脳の左側で さらに広がっていました 数字も電話も 理解できなくなりましたが 私のプランはそれしかありません それで 電話機をこちらに置き 名刺をこちらに置き 名刺に書かれた くねった線の形と 電話のボタンにある くねった線の形を 照らし合わせていきました しかし またラ ラ ランドへ 押し流されてしまい 我に返ると 番号をどこまで押したか 覚えていません だから 切り株のように麻痺した腕で 名刺の電話番号を覆っていき また現実に戻ったときに “この番号は押した”と分かるようにしました

最終的に 全ての番号を押して 電話に耳を澄ますと 電話を取った同僚が言いました “ワン ワン ワン ワン” (笑) 私は思いました “ゴールデン レトリバーみたいだわ!”

それで自分としては はっきり言ったんです “ジルよ! 助けが必要なの!” でも口から出たのは“ワン ワン ワン ワン ワン”でした “やだ 私もゴールデン レトリバーみたい” 話しも 言葉の理解もできないことに 試してみるまで 気付かなかったのです 彼は 私に助けが必要だと分かり 手配してくれました

しばらくして私は ボストンのある病院から マサチューセッツ総合病院へ向かう救急車に乗っていました 私は 胎児のように丸まって ほんの少し空気の残った風船から 最後の空気が抜けていくように エネルギーが抜けて 魂が諦めるのを感じました

そしてその瞬間に 私はもはや 自分の人生の振付師ではなくなったのだと知りました 医者が 私の体を助けて もう一度チャンスを 与えてくれなかったら おそらく この世を去るところだったのでしょう

その日の午後に目覚め 自分がまだ生きていることに 驚きました 私は自分の魂が諦めるのを感じたとき 自分の人生にお別れをしていたのです 私の心は 2つの対照的な現実の間で 宙づりになっていました 感覚システムから 入って来る刺激は 痛み以外の何でもなく 光は 野火のように私の脳を焼き 音は あまりにうるさく 騒音の中から 声を聞きわけることができず ただ逃げ出したかった 自分の体の状態も 認識できませんでした 体が大きく拡大するように感じ ランプから解放されたばかりの精霊のようでした 私の魂は 大きなクジラのように自由に飛び 静かな幸福の海を 滑るように進みました 天国を 私は天国を見つけたのです この大きくなった自分を 再び小さな体の中に 押し込めるのは無理だろうなと思ったのを覚えています

しかし私は“でもまだ私は生きてる!”と思いました “そして天国を見つけた 私が天国を見つけて―” “まだ生きていられるのであれば 生きている皆も―” “天国を見つけることができるんだ”と気付きました 世界が 美しく平安で思いやりに満ちた 愛する人々で満たされ みんないつでも この場所に来られると知っているのを 思い描きました 意図して左脳から右脳へと歩み寄り この平安を見出すことができるのだと この体験がどれほど大きな賜物となるか 生きている人たちに どれほど強い洞察を与え得るか そのことに気付き それが回復への力になりました

大出血から2週間半後 手術で 私の言語中枢を圧迫していた ゴルフボール大の血栓が取り除かれました 私と母です 母は 私の天使です 完全に回復するまで8年かかりました

さて 私たちは一体何者なんでしょう? 私たちは 器用に動く手と 2つの認識的な心を備えた 宇宙の生命力です そして私たちは この世界の中で どんな人間でいたいのか どのようにありたいのか すべての瞬間瞬間において 選ぶ力があります 今 ここで この瞬間 私は 右脳の意識へと寄る事が出来ます そこでは 私は宇宙の生命力です 私を作り上げる 50兆もの 美しい分子が一体となった 生命力の塊です あるいは 左脳の意識へと寄って 1人の堅実な個人としてあることを選べます 大きな流れや 他の人とは 別個の存在です 私はジル ボルト テイラー博士 理知的な神経解剖学者です この2者が 私の中にある“私たち”なのです 皆さんが選ぶのはどちらでしょう? どちらを いつ選びますか? 私たちがより多くの時間を 右脳にある 深い内的平安の回路で生きることを選択すれば 世界には もっと平和が広がり 私たちの地球も もっと平和な場所になると信じています

そしてこれは 広める価値のある考えだと思ったのです

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画