TED日本語 - カロリン・ポロコ:土星の衛星は生命を抱くのか?

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - カロリン・ポロコ:土星の衛星は生命を抱くのか?

TED Talks

土星の衛星は生命を抱くのか?
Could a Saturn moon harbor life?
カロリン・ポロコ
Carolyn Porco

内容

カッシーニ探査機が土星の衛星の一つ、エンケラドスを通過した際にもたらされた驚くべき新発見について、カロリン・ポロコ氏が語る。衛星にある氷の間欠泉から採集されたサンプルは、地下にある海が生命を抱いている可能性があることを示している。

Script

Two years ago here at TED I reported that we had discovered at Saturn, with the Cassini Spacecraft, an anomalously warm and geologically active region at the southern tip of the small Saturnine moon Enceladus, seen here. This region seen here for the first time in the Cassini image taken in 2005. This is the south polar region, with the famous tiger-stripe fractures crossing the south pole. And seen just recently in late 2008, here is that region again, now half in darkness because the southern hemisphere is experiencing the onset of August and eventually winter.

And I also reported that we'd made this mind-blowing discovery -- this once-in-a-lifetime discovery of towering jets erupting from those fractures at the south pole, consisting of tiny water ice crystals accompanied by water vapor and simple organic compounds like carbon dioxide and methane. And at that time two years ago I mentioned that we were speculating that these jets might in fact be geysers, and erupting from pockets or chambers of liquid water underneath the surface, but we weren't really sure. However, the implications of those results -- of a possible environment within this moon that could support prebiotic chemistry, and perhaps life itself -- were so exciting that, in the intervening two years, we have focused more on Enceladus.

We've flown the Cassini Spacecraft by this moon now several times, flying closer and deeper into these jets, into the denser regions of these jets, so that now we have come away with some very precise compositional measurements. And we have found that the organic compounds coming from this moon are in fact more complex than we previously reported. While they're not amino acids, we're now finding things like propane and benzene, hydrogen cyanide, and formaldehyde. And the tiny water crystals here now look for all the world like they are frozen droplets of salty water, which is a discovery that suggests that not only do the jets come from pockets of liquid water, but that that liquid water is in contact with rock. And that is a circumstance that could supply the chemical energy and the chemical compounds needed to sustain life.

So we are very encouraged by these results. And we are much more confident now than we were two years ago that we might indeed have on this moon, under the south pole, an environment or a zone that is hospitable to living organisms. Whether or not there are living organisms there, of course, is an entirely different matter. And that will have to await the arrival, back at Enceladus, of the spacecrafts, hopefully some time in the near future, specifically equipped to address that particular question. But in the meantime I invite you to imagine the day when we might journey to the Saturnine system, and visit the Enceladus interplanetary geyser park, just because we can.

Thank you.

(Applause)

二年前、ここTEDで 我々が発見したことをお話ししました 土星について、カッシーニ探査機が発見したことは 異常に暖かく、地質学的に活発な地域が 土星の小さな衛星の南端にあるということでした その衛星、エンケラドスです この地域が初めて観察されたのは カッシーニによって2005年に撮影された写真によるものです これは南極地域です 有名な、タイガーストリップの裂け目が南極を横切っています そして、最近、2008年の後半になって 再び、その地域が撮影されました 半分が闇に覆われているのは、南半球が 八月の始め頃 つまり、冬であったためです

目を疑うような発見がなされたことについてもお話ししました まさに一生に一度の大発見です 高々と噴き上がるジェットは 南極にある裂け目から噴出されていますが 水が凍ってできた小さな結晶によって形成されており 水蒸気も含んでいます また、炭素やメタンのような単純な有機化合物も存在します 二年前、 我々の予想についてお話ししました このジェットは間欠泉である可能性があり、 地上のくぼみ、あるいは 地下にある液体の水の貯水池から、噴出されているのではないか、と しかし、確証はありませんでした 一方、我々が得た成果から 予想された、この衛星の環境は 前生物化学、あるいは 生命そのものをサポートことができる可能性があり、 興味が非常に高まりました そして、この二年間にわたって さらにエンケラドスを注目してきました

カッシーニ探査機によって この衛星をなんども探査しました ジェットへさらに近く、さらに内側まで さらに濃度が高いところまで そして、今回、 その組成を詳細に計測することができました その結果、 この衛星から放出されている有機化合物は 以前に報告されたものより、複雑なものであることが分かりました アミノ酸ではありませんでしたが、 我々は プロパンやベンゼン シアン化水素、ホルムアルデヒドを検出しました そして、小さな水の結晶は 非常に 凍った塩水のしずくと似通っていたのです この発見から予想できることは ジェットが 液体の水がたまった窪みから噴出しているだけでなく その液体の水は岩盤との接触があるということです そして、この状況においては 生命の維持に必要な化学的エネルギーおよび 化合物が供給されている可能性があります

非常に喜ばしい成果を得ることができました 我々は、二年前よりさらに確信を深めています つまり この衛星の、南極の地下において 有機体に適した環境、地域が存在している可能性があるのです もちろん、実際に有機体が存在しているかどうかは まったく別の問題です それに関しては、再び エンケラドスに 探査機が接近するのを待つべきでしょう それが近い将来であり、 探査機がその疑問に答えるための装備を備えていることを望みます それまでの間は、想像をしてみようではありませんか 土星系まで旅をして エンケラドスの惑星間間欠泉公園を訪れる日のことを それは可能なのですから

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画