TED日本語 - スティーブン・シュバイツバーグ: 外科医のための万能翻訳機

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - スティーブン・シュバイツバーグ: 外科医のための万能翻訳機

TED Talks

外科医のための万能翻訳機
A universal translator for surgeons
スティーブン・シュバイツバーグ
Steven Schwaitzberg

内容

腹腔鏡手術は切開を出来るだけ小さくする 低侵襲医療の一例です。患者さんの痛みが小さく、回復も早いのが特徴です。しかし、これらの技術を世界に広めるためには問題が2つあります。言語と距離です。ビデオ会議と多言語翻訳機を組み合わせて使い、スティーブン・シュバイツバーグ氏はこの問題にテクノロジーをもって立ち向かいます。(TEDxBeacon Street にて収録)

Script

So I want to talk to you about two things tonight. Number one: Teaching surgery and doing surgery is really hard. And second, that language is one of the most profound things that separate us all over the world. And in my little corner of the world, these two things are actually related, and I want to tell you how tonight.

Now, nobody wants an operation. Who here has had surgery? Did you want it? Keep your hands up if you wanted an operation. Nobody wants an operation. In particular, nobody wants an operation with tools like these through large incisions that cause a lot of pain, that cause a lot of time out of work or out of school, that leave a big scar. But if you have to have an operation, what you really want is a minimally invasive operation. That's what I want to talk to you about tonight -- how doing and teaching this type of surgery led us on a search for a better universal translator.

Now, this type of surgery is hard, and it starts by putting people to sleep, putting carbon dioxide in their abdomen, blowing them up like a balloon, sticking one of these sharp pointy things into their abdomen -- it's dangerous stuff -- and taking instruments and watching it on a TV screen. So let's see what it looks like. So this is gallbladder surgery. We perform a million of these a year in the United States alone. This is the real thing. There's no blood. And you can see how focused the surgeons are, how much concentration it takes. You can see it in their faces. It's hard to teach, and it's not all that easy to learn. We do about five million of these in the United States and maybe 20 million of these worldwide.

All right, you've all heard the term: "He's a born surgeon." Let me tell you, surgeons are not born. Surgeons are not made either. There are no little tanks where we're making surgeons. Surgeons are trained one step at a time. It starts with a foundation, basic skills. We build on that and we take people, hopefully, to the operating room where they learn to be an assistant. Then we teach them to be a surgeon in training. And when they do all of that for about five years, they get the coveted board certification. If you need surgery, you want to be operated on by a board-certified surgeon. You get your board certificate, and you can go out into practice. And eventually, if you're lucky, you achieve mastery.

Now that foundation is so important that a number of us from the largest general surgery society in the United States, SAGES, started in the late 1990s a training program that would assure that every surgeon who practices minimally invasive surgery would have a strong foundation of knowledge and skills necessary to go on and do procedures. Now the science behind this is so potent that it became required by the American Board of Surgery in order for a young surgeon to become board certified. It's not a lecture, it's not a course, it's all of that plus a high-stakes assessment. It's hard. Now just this past year,one of our partners, the American College of Surgeons, teamed up with us to make an announcement that all surgeons should be FLS (Fundamentals of Laparoscopic Surgery) -certified before they do minimally invasive surgery.

And are we talking about just people here in the U.S. and Canada? No, we just said all surgeons. So to lift this education and training worldwide is a very large task, something I'm very personally excited about as we travel around the world. SAGES does surgery all over the world, teaching and educating surgeons. So we have a problem, and one of the problems is distance. We can't travel everywhere. We need to make the world a smaller place. And I think that we can develop some tools to do so. And one of the tools I like personally is using video.

So I was inspired by a friend. This is Allan Okrainec from Toronto. And he proved that you could actually teach people to do surgery using video conferencing. So here's Allan teaching an English-speaking surgeon in Africa these basic fundamental skills necessary to do minimally invasive surgery. Very inspiring. But for this examination, which is really hard, we have a problem. Even people who say they speak English, only 14 percent pass. Because for them it's not a surgery test, it's an English test.

Let me bring it to you locally. I work at the Cambridge Hospital. It's the primary Harvard Medical School teaching facility. We have more than 100 translators covering 63 languages, and we spend millions of dollars just in our little hospital. It's a big labor-intensive effort. If you think about the worldwide burden of trying to talk to your patients -- not just teaching surgeons, just trying to talk to your patients -- there aren't enough translators in the world. We need to employ technology to assist us in this quest. At our hospital we see everybody from Harvard professors to people who just got here last week. And you have no idea how hard it is to talk to somebody or take care of somebody you can't talk to. And there isn't always a translator available.

So we need tools. We need a universal translator. One of the things that I want to leave you with as you think about this talk is that this talk is not just about us preaching to the world. It's really about setting up a dialogue. We have a lot to learn. Here in the United States we spend more money per person for outcomes that are not better than many countries in the world. Maybe we have something to learn as well.

So I'm passionate about teaching these FLS skills all over the world. This past year I've been in Latin America, I've been in China, talking about the fundamentals of laparoscopic surgery. And everywhere I go the barrier is: "We want this, but we need it in our language." So here's what we think we want to do: Imagine giving a lecture and being able to talk to people in their own native language simultaneously. I want to talk to the people in Asia, Latin America, Africa, Europe seamlessly, accurately and in a cost-effective fashion using technology. And it has to be bi-directional. They have to be able to teach us something as well.

It's a big task. So we looked for a universal translator; I thought there would be one out there. Your webpage has translation, your cellphone has translation, but nothing that's good enough to teach surgery. Because we need a lexicon. What is a lexicon? A lexicon is a body of words that describes a domain. I need to have a health care lexicon. And in that I need a surgery lexicon. That's a tall order. We have to work at it.

So let me show you what we're doing. This is research -- can't buy it. We're working with the folks at IBM Research from the Accessibility Center to string together technologies to work towards the universal translator. It starts with a framework system where when the surgeon delivers the lecture using a framework of captioning technology, we then add another technology to do video conferencing. But we don't have the words yet, so we add a third technology. And now we've got the words, and we can apply the special sauce: the translation. We get the words up in a window and then apply the magic. We work with a fourth technology. And we currently have access to eleven language pairs. More to come as we think about trying to make the world a smaller place. And I'd like to show you our prototype of stringing all of these technologies that don't necessarily always talk to each other to become something useful.

Narrator: Fundamentals of Laparoscopic Surgery. Module five: manual skills practice. Students may display captions in their native language.

Steven Schwaitzberg: If you're in Latin America, you click the "I want it in Spanish" button and out it comes in real time in Spanish. But if you happen to be sitting in Beijing at the same time, by using technology in a constructive fashion, you could get it in Mandarin or you could get it in Russian -- on and on and on, simultaneously without the use of human translators. But that's the lectures.

If you remember what I told you about FLS at the beginning, it's knowledge and skills. The difference in an operation between doing something successfully and not may be moving your hand this much. So we're going to take it one step further; we've brought my friend Allan back.

Allan Okrainec: Today we're going to practice suturing. This is how you hold the needle. Grab the needle at the tip. It's important to be accurate. Aim for the black dots. Orient your loop this way. Now go ahead and cut. Very good Oscar. I'll see you next week.

SS: So that's what we're working on in our quest for the universal translator. We want it to be bi-directional. We have a need to learn as well as to teach. I can think of a million uses for a tool like this. As we think about intersecting technologies -- everybody has a cell phone with a camera -- we could use this everywhere, whether it be health care, patient care, engineering, law, conferencing, translating videos. This is a ubiquitous tool.

In order to break down our barriers, we have to learn to talk to people, to demand that people work on translation. We need it for our everyday life, in order to make the world a smaller place. Thank you very much.

(Applause)

今日は二つの事について お話しします 一つ目は 手術の知識や技術を教える事は とても難しいということ そして二つ目は 言葉の違いが いかに世界の人々の 壁となっているかという事です 私の専門とする領域では この2つの問題が関わり合っているのです この関わり合いを説明します

さて 手術を好む人なんていません 手術を受けた事がある方はいらっしゃいますか? 望んで受けましたか? 望んで受けた方は手を挙げたままにして下さい_ いませんね 特にいやなのは 体に大きな穴をあけてこんな道具を使う手術です 激痛を伴い 長期 欠勤や欠席を余儀なくされ 大きな傷が残ります どうしても手術を避けれない状況なら 傷を最小限に抑えた低侵襲手術 がいいですよね 今晩お話し したいのは この種の手術を行い その技法を教える過程で 多言語翻訳機を 探す事に至った経緯です

低侵襲手術とは難しいものです 最初に患者さんを眠らせます そしてお腹に炭酸ガスを入れ 風船のように膨らませます 先が尖った道具を お腹の中に挿入します このように 危ない物です この先に付いたカメラでモニタリング出来るようにします このようになります これは胆のうの手術です この手術はアメリカだけでも年間に100万件ほど行われます これは実映像です血は出ていませんね 手術をするチームの緊張した様子 どれだけ集中力を要するものか 表情からも伺えます 教えるのはとても難しいし習うのも簡単ではありません おそらくアメリカ国内で500万件 世界中では おそらく2000万回ぐらい行われています

こういう事を聞いた事はありますよね 「彼は生まれつきの外科医だ」 ですが外科医は産み落とされるものではありません 造られたわけでもありません 外科医を培養するこんなタンクなんて ないんです 外科医は少しずつ訓練されるのものです まずは基盤 つまり基礎技術を学ぶ所から始まります そして手術室にまで連れて行けるようにします そこで まず助手として使い 外科手術を見せながら教えます そして 5年間程 このように訓練されると 待ちに待った 免許が与えられるのです 手術を受けるなら きちんと免許を持つ 外科医にやってもらいたいですよね 免許を持つと 自分で手術が行えるようになり うまく行けば 難しい手術もこなせるようになるのです

基盤はとても大事です そこで 我々は 米国最大の外科学会であるSAGESの医師達で 1990年に訓練プログラムをスタートしました 低侵襲手術を行うすべての外科医が しっかりした基礎知識と技術を身につけ 現場で手術ができるようにするものです このプロプログラムの効果は科学的に立証され 米国医学会は外科専門医の免許を取るために このプログラムの履修を義務付けました 講義や 単なる講座だけではなく それらプラス 資格試験です 難しいものです 昨年のことですが パートナーの米国外科学会と共同で 低侵襲手術を行う外科医は全員 FLS (基礎腹腔鏡手術) の資格を収得すべきであると 声明を発表しました

アメリカとカナダだけではなく 世界中の外科医「全員」が対象です この教育とトレーニングを世界レベルで引き上げるのは とても大変なことです 世界様々な国を訪れとても素晴らしい事だと実感しています SAGESは世界中で手術を行い外科医の教育をしています しかし ここで問題になるのがまずその一つが 「距離」です どこにでも行けるわけではありませんので 世界を縮める必要があります そのためのツールを開発できると思います 私が特に気に入っているツールはビデオです

その可能性を見せてくれたのが トロントに住む友人のアラン・オクライネックです 彼が証明したのは リアルタイムビデオを使って 手術を教える事ができるという事です これがアランです 英語を話すアフリカの外科医に 低侵襲手術を行うための 基礎技術を教えています 素晴らしいですね しかし この非常に難しい資格試験を行うには 一つ問題があります 英語を一応話せるという生徒でも 合格率は14%です 彼らにとっては 手術の知識ではなく 英語のテストなのですから

身近な場所でも 問題があります 私の勤務するケンブリッジ病院は ハーバード大医学部の付属病院ですが 63ヶ国語に対応できる様100人の通訳と提携しています こんな規模の病院ですら 膨大な費用がかかります とても人手のかかる仕事です 世界レベルで考えれば 患者さんと話すだけ-- 外科医の教育抜きでただ患者さんと話すだけでも 通訳が何人いても足りません この需要を満たすためには技術の力が必要になります 私たちの病院にはハーバードの教授から 先週 この国に来たばかりの人まで様々な患者が訪れます 言葉が通じない人と話し治療をするのは 予想以上に大変なんです 通訳の都合がつかない場合もあります

ですから 何かツールが必要です 多言語翻訳機が必要です ここで お話している事は 「こうあるべきだ」という一方的な意見ではありません これから「何ができるか」皆さんで考えて欲しいのです まだまだ学ぶ事が沢山あります アメリカでは患者一人当たりの医療費が他国に比べ高いわりに 医療効果が優るとは限りません 他の国のやり方から学ぶ事もありそうです

私は基礎腹腔鏡手術 (FLS) の技術を世界に広めたいと強く思っています 昨年は南米と中国を訪れ FLSの基礎を紹介しました 行く先々で 壁を感じました 「学びたいが 母国語でないと難しい」ということです こうなれば良いと思いませんか? 出席者それぞれの母国語を使って 様々な言語で同時に講義ができたら良いですね アジアや南米 アフリカやヨーロッパ様々な地域に住む人々に 技術の力を借りてスムーズで 正確に コスト効率よく 話をしたいのものです もちろん相手の話も理解できなければいけません 何か教えてもらえることがあるはずです

壮大な計画です すでに多言語翻訳機が存在するか探してみました 現在 ウェブページや携帯ですら翻訳機能が使えますから でも手術を教えるのに使えるものはありませんでした レキシコンが必要だからです つまり専門用語集のようなもの 医療関係の専門用語集が必要です 更に 外科関係の専門用語集も必要です でもそんなもの ありませんこれは作る必要があります

それでは我々が今行っている事をお見せしましょう まだ研究段階で 普及してはいませんが IBM研究所と共同で いくつかのテクノロジーを組み合わせ多言語翻訳機を制作しています まずは枠組みです 外科医が講義を行っているとき 画面に字幕を付けられるフレームワークを使います そこにビデオ会議技術を付け足すわけです まだ字幕が出ていないので3番目の技術を加えます これで字幕が付きます ここに翻訳の機能をかぶせます 枠の中に字幕が出たら 魔法のように言語を変えるのです これが4つ目の技術です 現在11言語が使えます 世界をさらに縮めるためにもっと言語を増やしていきます 試作品をお見せしましょう 普段バラバラになっているこれらの技術を集結させ 素晴らしいものが出来ました

腹腔鏡手術の基礎 第5章: 手術手技の練習 言語を選んで母国語で字幕を見ることができます

南米の学習者は 「スペイン語で見る」のボタンをクリックします するとリアルタイムでスペイン語の字幕が見られます もし北京で授業を受けていたら この技術を使えば 同じように 中国語で字幕を見ることが出来ますロシア語でも何でも 人を介せずに同時通訳が可能になります でもそれは講義だけ

冒頭で FLS(基礎腹腔鏡手術)についてお話しましたが この手術には知識と技術が必要です 手術において 成功するかしないかの違いは 手先の動作のほんのわずかな違いです ですのでもう一歩踏み込みました アランに再び登場してもらいます

今日は縫合の練習をします このように針を持ってください 針の先を持つのです 手がブレないように 黒い点をめがけて ループをこちらに向けて では切ってください オスカー よく出来ましたそれでは また来週

多言語翻訳機の開発過程を お見せしました 情報の往復交換が出来るようにしたいのです 教えるのと同時に学べるものが必要です このツールにはたくさんの使い方があるでしょう 様々な技術の統合の良い例が カメラ付きの携帯の普及です これは様々な分野で活用できます 医療や看護 エンジニアリング、法律、会議、ビデオの翻訳など どこでも使えるツールです

壁をなくすために 誰とも意思の疎通ができるように 通訳の技術の開発を進めなければいけません いろいろな所で必要になります より世界を近づけるために ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画