TED日本語 - セス・バークレー: HIVとインフルエンザ ー ワクチンの戦略

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - セス・バークレー: HIVとインフルエンザ ー ワクチンの戦略

TED Talks

HIVとインフルエンザ ー ワクチンの戦略
HIV and flu -- the vaccine strategy
セス・バークレー
Seth Berkley

内容

ワクチンの設計や製造、流通についての知見が進歩して、世界の脅威である AIDSやマラリアやインフルエンザの根絶に近づいていることをセス・バークレーが語ります

Script

Do you worry about what is going to kill you? Heart disease, cancer, a car accident? Most of us worry about things we can't control, like war, terrorism, the tragic earthquake that just occurred in Haiti. But what really threatens humanity? A few years ago, Professor Vaclav Smil tried to calculate the probability of sudden disasters large enough to change history. He called these, "massively fatal discontinuities," meaning that they could kill up to 100 million people in the next 50 years. He looked at the odds of another world war, of a massive volcanic eruption, even of an asteroid hitting the Earth. But he placed the likelihood of one such event above all others at close to 100 percent, and that is a severe flu pandemic. Now, you might think of flu as just a really bad cold, but it can be a death sentence. Every year,36,000 people in the United States die of seasonal flu. In the developing world, the data is much sketchier but the death toll is almost certainly higher. You know, the problem is if this virus occasionally mutates so dramatically, it essentially is a new virus and then we get a pandemic.

In 1918, a new virus appeared that killed some 50 to 100 million people. It spread like wildfire and some died within hours of developing symptoms. Are we safer today? Well, we seem to have dodged the deadly pandemic this year that most of us feared, but this threat could reappear at any time. The good news is that we're at a moment in time when science, technology, globalization is converging to create an unprecedented possibility: the possibility to make history by preventing infectious diseases that still account for one-fifth of all deaths and countless misery on Earth. We can do this. We're already preventing millions of deaths with existing vaccines, and if we get these to more people, we can certainly save more lives. But with new or better vaccines for malaria, TB, HIV, pneumonia, diarrhea, flu, we could end suffering that has been on the Earth since the beginning of time.

So, I'm here to trumpet vaccines for you. But first, I have to explain why they're important because vaccines, the power of them, is really like a whisper. When they work, they can make history, but after a while you can barely hear them. Now, some of us are old enough to have a small, circular scar on our arms from an inoculation we received as children. But when was the last time you worried about smallpox, a disease that killed half a billion people last century and no longer is with us? Or polio? How many of you remember the iron lung? We don't see scenes like this anymore because of vaccines.

Now, it's interesting because there are 30-odd diseases that can be treated with vaccines now, but we're still threatened by things like HIV and flu. Why is that? Well, here's the dirty little secret. Until recently, we haven't had to know exactly how a vaccine worked. We knew they worked through old-fashioned trial and error. You took a pathogen, you modified it, you injected it into a person or an animal and you saw what happened. This worked well for most pathogens, somewhat well for crafty bugs like flu, but not at all for HIV, for which humans have no natural immunity.

So let's explore how vaccines work. They basically create a cache of weapons for your immune system which you can deploy when needed. Now, when you get a viral infection, what normally happens is it takes days or weeks for your body to fight back at full strength, and that might be too late. When you're pre-immunized, what happens is you have forces in your body pre-trained to recognize and defeat specific foes. So that's really how vaccines work. Now, let's take a look at a video that we're debuting at TED, for the first time, on how an effective HIV vaccine might work.

(Music)

Narrator: A vaccine trains the body in advance how to recognize and neutralize a specific invader. After HIV penetrates the body's mucosal barriers, it infects immune cells to replicate. The invader draws the attention of the immune system's front-line troops. Dendritic cells, or macrophages, capture the virus and display pieces of it. Memory cells generated by the HIV vaccine are activated when they learn HIV is present from the front-line troops. These memory cells immediately deploy the exact weapons needed. Memory B cells turn into plasma cells, which produce wave after wave of the specific antibodies that latch onto HIV to prevent it from infecting cells, while squadrons of killer T cells seek out and destroy cells that are already HIV infected. The virus is defeated. Without a vaccine, these responses would have taken more than a week. By that time, the battle against HIV would already have been lost.

Seth Berkley: Really cool video, isn't it? The antibodies you just saw in this video, in action, are the ones that make most vaccines work. So the real question then is: How do we ensure that your body makes the exact ones that we need to protect against flu and HIV? The principal challenge for both of these viruses is that they're always changing. So let's take a look at the flu virus. In this rendering of the flu virus, these different colored spikes are what it uses to infect you. And also, what the antibodies use is a handle to essentially grab and neutralize the virus. When these mutate, they change their shape, and the antibodies don't know what they're looking at anymore. So that's why every year you can catch a slightly different strain of flu. It's also why in the spring, we have to make a best guess at which three strains are going to prevail the next year, put those into a single vaccine and rush those into production for the fall.

Even worse, the most common influenza -- influenza A -- also infects animals that live in close proximity to humans, and they can recombine in those particular animals. In addition, wild aquatic birds carry all known strains of influenza. So, you've got this situation: In 2003, we had an H5N1 virus that jumped from birds into humans in a few isolated cases with an apparent mortality rate of 70 percent. Now luckily, that particular virus, although very scary at the time, did not transmit from person to person very easily. This year's H1N1 threat was actually a human, avian, swine mixture that arose in Mexico. It was easily transmitted, but, luckily, was pretty mild. And so, in a sense, our luck is holding out, but you know, another wild bird could fly over at anytime.

Now let's take a look at HIV. As variable as flu is, HIV makes flu look like the Rock of Gibraltar. The virus that causes AIDS is the trickiest pathogen scientists have ever confronted. It mutates furiously, it has decoys to evade the immune system, it attacks the very cells that are trying to fight it and it quickly hides itself in your genome. Here's a slide looking at the genetic variation of flu and comparing that to HIV, a much wilder target. In the video a moment ago, you saw fleets of new viruses launching from infected cells. Now realize that in a recently infected person, there are millions of these ships; each one is just slightly different. Finding a weapon that recognizes and sinks all of them makes the job that much harder.

Now, in the 27 years since HIV was identified as the cause of AIDS, we've developed more drugs to treat HIV than all other viruses put together. These drugs aren't cures, but they represent a huge triumph of science because they take away the automatic death sentence from a diagnosis of HIV, at least for those who can access them. The vaccine effort though is really quite different. Large companies moved away from it because they thought the science was so difficult and vaccines were seen as poor business. Many thought that it was just impossible to make an AIDS vaccine, but today, evidence tells us otherwise.

In September, we had surprising but exciting findings from a clinical trial that took place in Thailand. For the first time, we saw an AIDS vaccine work in humans -- albeit, quite modestly -- and that particular vaccine was made almost a decade ago. Newer concepts and early testing now show even greater promise in the best of our animal models. But in the past few months, researchers have also isolated several new broadly neutralizing antibodies from the blood of an HIV infected individual. Now, what does this mean? We saw earlier that HIV is highly variable, that a broad neutralizing antibody latches on and disables multiple variations of the virus. If you take these and you put them in the best of our monkey models, they provide full protection from infection. In addition, these researchers found a new site on HIV where the antibodies can grab onto, and what's so special about this spot is that it changes very little as the virus mutates. It's like, as many times as the virus changes its clothes, it's still wearing the same socks, and now our job is to make sure we get the body to really hate those socks.

So what we've got is a situation. The Thai results tell us we can make an AIDS vaccine, and the antibody findings tell us how we might do that. This strategy, working backwards from an antibody to create a vaccine candidate, has never been done before in vaccine research. It's called retro-vaccinology, and its implications extend way beyond that of just HIV. So think of it this way. We've got these new antibodies we've identified, and we know that they latch onto many, many variations of the virus. We know that they have to latch onto a specific part, so if we can figure out the precise structure of that part, present that through a vaccine, what we hope is we can prompt your immune system to make these matching antibodies. And that would create a universal HIV vaccine. Now, it sounds easier than it is because the structure actually looks more like this blue antibody diagram attached to its yellow binding site, and as you can imagine, these three-dimensional structures are much harder to work on. And if you guys have ideas to help us solve this, we'd love to hear about it.

But, you know, the research that has occurred from HIV now has really helped with innovation with other diseases. So for instance, a biotechnology company has now found broadly neutralizing antibodies to influenza, as well as a new antibody target on the flu virus. They're currently making a cocktail -- an antibody cocktail -- that can be used to treat severe, overwhelming cases of flu. In the longer term, what they can do is use these tools of retro-vaccinology to make a preventive flu vaccine. Now, retro-vaccinology is just one technique within the ambit of so-called rational vaccine design.

Let me give you another example. We talked about before the H and N spikes on the surface of the flu virus. Notice these other, smaller protuberances. These are largely hidden from the immune system. Now it turns out that these spots also don't change much when the virus mutates. If you can cripple these with specific antibodies, you could cripple all versions of the flu. So far, animal tests indicate that such a vaccine could prevent severe disease, although you might get a mild case. So if this works in humans, what we're talking about is a universal flu vaccine,one that doesn't need to change every year and would remove the threat of death. We really could think of flu, then, as just a bad cold.

Of course, the best vaccine imaginable is only valuable to the extent we get it to everyone who needs it. So to do that, we have to combine smart vaccine design with smart production methods and, of course, smart delivery methods. So I want you to think back a few months ago. In June, the World Health Organization declared the first global flu pandemic in 41 years. The U.S. government promised 150 million doses of vaccine by October 15th for the flu peak. Vaccines were promised to developing countries. Hundreds of millions of dollars were spent and flowed to accelerating vaccine manufacturing. So what happened?

Well, we first figured out how to make flu vaccines, how to produce them, in the early 1940s. It was a slow, cumbersome process that depended on chicken eggs, millions of living chicken eggs. Viruses only grow in living things, and so it turned out that, for flu, chicken eggs worked really well. For most strains, you could get one to two doses of vaccine per egg. Luckily for us, we live in an era of breathtaking biomedical advances. So today, we get our flu vaccines from ... chicken eggs, (Laughter) hundreds of millions of chicken eggs. Almost nothing has changed. The system is reliable but the problem is you never know how well a strain is going to grow. This year's swine flu strain grew very poorly in early production: basically .6 doses per egg. So, here's an alarming thought. What if that wild bird flies by again? You could see an avian strain that would infect the poultry flocks, and then we would have no eggs for our vaccines. So, Dan [ Barber ], if you want billions of chicken pellets for your fish farm, I know where to get them. So right now, the world can produce about 350 million doses of flu vaccine for the three strains, and we can up that to about 1.2 billion doses if we want to target a single variant like swine flu. But this assumes that our factories are humming because, in 2004, the U.S. supply was cut in half by contamination at one single plant. And the process still takes more than half a year.

So are we better prepared than we were in 1918? Well, with the new technologies emerging now, I hope we can say definitively, "Yes." Imagine we could produce enough flu vaccine for everyone in the entire world for less than half of what we're currently spending now in the United States. With a range of new technologies, we could. Here's an example: A company I'm engaged with has found a specific piece of the H spike of flu that sparks the immune system. If you lop this off and attach it to the tail of a different bacterium, which creates a vigorous immune response, they've created a very powerful flu fighter. This vaccine is so small it can be grown in a common bacteria, E. coli. Now, as you know, bacteria reproduce quickly -- it's like making yogurt -- and so we could produce enough swine origin flu for the entire world in a few factories, in a few weeks, with no eggs, for a fraction of the cost of current methods.

(Applause)

So here's a comparison of several of these new vaccine technologies. And, aside from the radically increased production and huge cost savings -- for example, the E. coli method I just talked about -- look at the time saved: this would be lives saved. The developing world, mostly left out of the current response, sees the potential of these alternate technologies and they're leapfrogging the West. India, Mexico and others are already making experimental flu vaccines, and they may be the first place we see these vaccines in use. Because these technologies are so efficient and relatively cheap, billions of people can have access to lifesaving vaccines if we can figure out how to deliver them.

Now think of where this leads us. New infectious diseases appear or reappear every few years. Some day, perhaps soon, we'll have a virus that is going to threaten all of us. Will we be quick enough to react before millions die? Luckily, this year's flu was relatively mild. I say, "luckily" in part because virtually no one in the developing world was vaccinated. So if we have the political and financial foresight to sustain our investments, we will master these and new tools of vaccinology, and with these tools we can produce enough vaccine for everyone at low cost and ensure healthy productive lives. No longer must flu have to kill half a million people a year. No longer does AIDS need to kill two million a year. No longer do the poor and vulnerable need to be threatened by infectious diseases, or indeed, anybody. Instead of having Vaclav Smil's "massively fatal discontinuity" of life, we can ensure the continuity of life. What the world needs now are these new vaccines, and we can make it happen.

Thank you very much.

(Applause)

Chris Anderson: Thank you. (Applause) Thank you. So, the science is changing. In your mind, Seth -- I mean, you must dream about this -- what is the kind of time scale on, let's start with HIV, for a game-changing vaccine that's actually out there and usable?

SB: The game change can come at any time, because the problem we have now is we've shown we can get a vaccine to work in humans; we just need a better one. And with these types of antibodies, we know humans can make them. So, if we can figure out how to do that, then we have the vaccine, and what's interesting is there already is some evidence that we're beginning to crack that problem. So, the challenge is full speed ahead.

CA: In your gut, do you think it's probably going to be at least another five years?

SB: You know, everybody says it's 10 years, but it's been 10 years every 10 years. So I hate to put a timeline on scientific innovation, but the investments that have occurred are now paying dividends.

CA: And that's the same with universal flu vaccine, the same kind of thing?

SB: I think flu is different. I think what happened with flu is we've got a bunch -- I just showed some of this -- a bunch of really cool and useful technologies that are ready to go now. They look good. The problem has been that, what we did is we invested in traditional technologies because that's what we were comfortable with. You also can use adjuvants, which are chemicals you mix. That's what Europe is doing, so we could have diluted out our supply of flu and made more available, but, going back to what Michael Specter said, the anti-vaccine crowd didn't really want that to happen.

CA: And malaria's even further behind?

SB: No, malaria, there is a candidate that actually showed efficacy in an earlier trial and is currently in phase three trials now. It probably isn't the perfect vaccine, but it's moving along.

CA: Seth, most of us do work where every month, we produce something; we get that kind of gratification. You've been slaving away at this for more than a decade, and I salute you and your colleagues for what you do. The world needs people like you. Thank you.

SB: Thank you.

(Applause)

自分がどう死ぬか 心配ですか? 心臓病やガン 交通事故でしょうか? 多くの人はコントロールできないことを心配します 戦争やテロや ハイチの悲惨な地震なども心配です では人類にとって真の脅威は何でしょうか 数年前 バーツラフ・スミル教授は 歴史を変えるほどの 大きな災害が突然起こる 確率の計算を試みました 彼が名付けた 大規模な致命的断絶とは 今後50年に起こり得る 最高1億人の命を奪う 災害のことです 世界大戦が発生する確率や 大規模な火山の噴火や 小惑星が地球に衝突する確率を求めました しかしその他の何よりも発生の確率が高く ほぼ100%の確率で 起こり得るとされたのが インフルエンザの大流行です インフルエンザは カゼがひどくなったものと思われがちですが 致命的になることもあります アメリカでは毎年 季節性インフルエンザで 3万6千人が命を落とします 発展途上国のデータは不完全ですが 死者の人数は もっと多いことでしょう さらに 厄介なことに ウイルスはしばしば 著しい変異を遂げると 実質的に新種ウイルスのようになり こうして大流行が生じるのです

1918年には新種のウイルスが出現して 5000万人から1億人が亡くなりました 燎原の火の如し です 発症してから数時間で亡くなった患者もいました 今日 我々は大丈夫なのでしょうか? 誰もが心配していた 今年のひどい流行は なんとか回避できたようです しかしこの脅威はいつ再現してもおかしくありません 幸いなことに 今の時代は 科学と技術と国際化が結びついて かつてない可能性を拓きつつあります いまだに地球上の全死者の 5分の1と多くの苦しみの 原因である感染症を撲滅して 歴史を刻む可能性です それは 実行可能なのです すでに現在のワクチンによって 何百万人もの命を救っています ワクチンをより広く行き渡らせれば より多くの命を救えます さらに新種や改良型のワクチンであれば マラリアや結核やHIV 肺炎や下痢やインフルエンザなどの これまでずっと続いてきた苦しみに 終わりを告げることができるはずです

今日はワクチンの成果についてお話します 最初に なぜワクチンが重要か説明しましょう ワクチンの力は たとえるなら ささやき声のようです ワクチンの成果があると歴史に残りますが その後しばらくすると ほとんど耳にすることもなくなります ある年齢以上の人なら 腕に小さな丸い痕が付いているでしょう 子どものときの予防接種の痕です でも最近は天然痘の心配はしなくなりました 20世紀に5億人の命を奪った病気が 撲滅されたのです ポリオもです 鉄の肺を覚えている方などいますか? こういう物を目にすることは無くなりました ワクチンのおかげです

さて興味深いのは 今日では 30種余りの病気に ワクチンで対処できるのに HIVやインフルエンザは未だに脅威だということです それはなぜでしょうか? こんな事情があるのです ごく最近になるまで ワクチンの仕組みは明らかではありませんでした 試行錯誤によって効果は確認されていました 病原体を確保し それを改変して 人や動物に投与したら どうなるか観察するのです この方法は多くの病原体に対して有効で やっかいなインフルエンザにもなんとか使えますが 人間が天然の免疫を持たない HIVにはまったく効果がありません

ではワクチンの作用を見てみましょう 簡単に言えば 必要に応じて 免疫系が使うための 秘密兵器を作っておくのです 普通は ウイルス感染してから 体が完全な反撃体制を整えるまで 数日から 数週間かかるのです それでは手遅れになることもあります あらかじめ免疫をつけていれば 特定の敵を認識して 打倒できる戦力が 体内に配備されるわけです ワクチンはそういう働きをします ではビデオをお見せします TED で初めて公開するこのビデオは 効果的なHIVワクチンの作用を説明するものです

(音楽)

ワクチンは 特定の侵入者を 認識し中和するように 人体を訓練しておくものです HIVは人体の粘膜関門を突破して侵入すると 免疫細胞に感染して増殖します 免疫系の最前線部隊は 侵入者を発見します 樹状細胞やマクロファージが ウィルスを捕らえてその断片を「提示」します 前線からHIVの侵入を知らされると HIVワクチンで作られた 記憶細胞が活性化します この記憶細胞は直ちに 必要とされる兵器を配備します メモリB細胞はプラズマ細胞となって 次から次へと HIVにピタリと適合した 特定の抗体を産出して HIVが細胞を感染させるのを防ぎます 同時にキラーT細胞大隊が HIVに感染してしまった細胞を 探して破壊します ウイルスは打ち負かされます ワクチンが無かったら これらの兵器を準備するまでに1週間以上もかかり その間にHIVとの戦いには 敗北してしまっているでしょう

よくできたビデオでしょう? ビデオに出てきた抗体の作用は ほとんどのワクチンで同様に働きます つまり肝心なのは どうすれば インフルエンザや HIVに対して必要な抗体を 人体が作るようにできるのか です これらのウイルスの厄介なところは 常に変化しているということです インフルエンザのウイルスを見てみましょう この図にあるいろいろな色の突起を用いて インフルエンザのウイルスは感染します また抗体がウイルスを捕まえて 中和するのに用いるのもこの突起です 変異によって突起の形が変化すると 抗体はウィルスを認識できなくなってしまいます だから毎年 違った系列のインフルエンザにかかるのです だから 春には 次のシーズンに流行しそうなインフルエンザを 3つの系列からできるだけ推定し 1つのワクチンに仕立てて 秋には生産できるように急ぐのです

さらに困ったことに 最も多いA型インフルエンザは 人の周辺で生息する 動物にも感染します A型はそれらの動物の中で 遺伝子組み換えを起こします さらに 野生の水鳥は 全ての系統のインフルエンザの キャリアです するとこんな状況が生じます 2003年には H5N1 ウイルスが発生しました これは鳥から人への伝染が何件か 別々に起こったものです 致死率は70%と推定されました 当時は大変恐れられましたが 幸運にも このウイルスは 人から人へは 伝染しにくいものでした 今年メキシコで発生して恐れられた H1N1 ウイルスは人と鳥とブタからのウイルスが 混ざったものでした 簡単に伝染するものでしたが 幸運にも 軽度のものでした ある意味で これまでは 運がよかったのです しかし いつ別の野鳥が飛び込んでくるかもしれません

こんどはHIVを見てみましょう インフルエンザは変化が多いのですが HIVと比べてしまうと ジブラルタルの岩のように見えます エイズの原因となるウイルスは これまで科学者が目にした 最も難解な病原体で 猛烈に変異します 免疫系を回避するオトリの機能を持ち 攻撃してきた細胞を逆に攻撃して そのゲノムの中に 身を潜めます このスライドはインフルエンザの遺伝子が どう変化し得るか示しています これに比べるとHIVは 遥かにやっかいなターゲットですね 先ほどのビデオでは 感染した細胞から ウイルス艦隊が送り出されていました 感染したばかりの人の中には こんな輸送艦が100万個もあって それぞれが少しずつ異なっているのです 全てを識別して仕留めることのできる 兵器を用意することは 実に困難な課題となります

HIVウイルスがエイズの原因であると 確認されて以来の27年間で 他のあらゆる感染症の治療薬より 多くの種類のHIV薬が開発されてきました これらの薬では治癒できませんが それでも HIVと診断されることが すなわち 死の告知ではなくなったのは 科学の大きな成果です 薬を入手できる者にとっては成果です しかしワクチンへの取り組みは全く違っていて 大企業はそこから撤退しました 科学として実に難しく ビジネスとしても 成り立たないと見なされたからです エイズのワクチンを作ることは不可能と考えられていましたが そうではないという証拠が集まっています

この9月には タイで行われた臨床試験から 予想もしないエキサイティングな結果が得られました エイズのワクチンが初めて人体で効果を示したのです 残念ながら 効き目は弱いのですが このワクチンが作られたのは 10年ほど前のことです 新しいやり方や早期検査によって 高等な実験動物でもさらに有望な結果を出しています でも ここ数ヶ月の間に HIV患者の血液から 広い範囲にわたって効力を持つ 新しい中和抗体も特定されました これは何を意味するのでしょうか 先ほど述べたように HIVは変化しやすいのですが 効力の広い抗体は ウイルスの様々な変種に適合して 中和できるのです こんな抗体を手に入れて サルに投与すると 完全に感染を防ぎます さらに この研究者たちは 抗体がHIVを捕捉する場所として 新しい部位を発見しました この場所の何が特別なのかと言うと ウイルスが変異を起こしても ほとんど変化しない場所であることです 例えて言うなら ウイルスが 何度着替えても履いている靴下は 同じなわけです すると次にするべきことは 体がきちんと この靴下に反応するようにすることです

こうして次のような状況に至りました タイの臨床結果から エイズにもワクチンを作れることが確かめられ 抗体の研究結果が そのやり方を示唆しているのです この戦略では抗体をもとにしてワクチン候補を作ります ワクチン研究において初めての 逆からの戦略です 「レトロ=ワクチン学」と呼ばれる ここでの考え方は HIVのみに留まるものではありません こういうふうに考えてみてください 新しい抗体が特定できました この抗体はウイルスの多様な変種にも適合します この抗体が結合する特定の部位がわかっています その部分の構造を正確に理解することができれば それをワクチンに反映させて ヒトの免疫系に働きかけて 適合した抗体を 作らせることができると考えられます うまくいけば HIVの万能ワクチンが作れるでしょう まあ 「言うはやすし」ですね 実際の構造は この青色の抗体が黄色の部位に 結合する といったものだからです ご想像のとおり この3次元構造は 取り組んでみると厄介です 何か役立つアイデアのある方は ぜひお聞かせ下さい

このように HIVから始まった研究は 他の病気に対するイノベーションを促します 例えばバイオ技術の会社は インフルエンザに対する 新しい抗体のターゲットと共に 広範な中和抗体を見つけています 現在彼らは 極めて激しいインフルエンザに 対応できる抗体の組み合わせを検討し 調合しようとしています 将来的には これらの「レトロ=ワクチン学」のツールを用いて 予防的なインフルエンザワクチンを作れるでしょう また 合理的ワクチンデザインの観点からは 「レトロ=ワクチン法」は一つの手法にすぎません

別の例を挙げましょう インフルエンザウイルスの表面に出ている H型とM型の突起の話をしましたが 別の小さな突起に注目してください 免疫系からはほとんど隠れているのです これらの部位も ウイルスの変異の際に あまり変化しないことがわかってきました そこで特別な抗体でこの部位を攻撃すれば どの種類のインフルエンザも機能を失います これまでの動物実験によると 軽い症状は出るかもしれませんが 重症になることは防げます 人にも効果があるなら これは 万能インフルエンザワクチンになります 毎年変更しなくても良く 死の危険から守ってくれるのです そうなればインフルエンザは ただの「たちの悪いかぜ」になります

もちろんどんなに素晴らしいワクチンでも 必要な人全員に行き渡らなくては 意味がありません そうするためには 優れたワクチンの設計と優れた生産手段 そして 優れた流通手段を組み合わせなくてはなりません 数ヶ月前のことを思い出してください この6月に WHO (世界保険機関) は 41年ぶりにインフルエンザの 大流行を宣言しました インフルエンザのピークに備え10月15日までに 1億5千本のワクチンを用意すると アメリカ政府は約束しました 発展途上国向けのワクチンも約束しました 数億ドルを費やして ワクチンの製造を急いだのです どういう結果になったでしょう?

インフルエンザワクチンの作り方 つまり製造技術は 1940年代初期に開発されました 時間のかかる面倒な工程です 鶏卵を用いる方法で 生きた鶏卵を何百万個も使います ウイルスは生き物の中でしか増殖せず インフルエンザに対しては 鶏卵が大変適していたのでした ほとんどの型のインフルエンザでは 一つの卵からワクチンが1-2本できます 幸運にも 現代の生物医学は 著しい進展を遂げています そんな時代ですから インフルエンザワクチンは― ―鶏卵から作ります (笑) 数百万個の卵からです ほとんど何も変わっていません まぁ 信頼できるシステムです 問題は あるウイルスの株が 育てやすいかどうか分からないことです 今年のブタ系のインフルエンザは 生産の初期にはあまり増殖せず 卵1個につきワクチン0.6本分でした こんなことが心配になります あの野鳥がまた飛んできたらどうするのか 家禽の群れに感染するタイプの 鳥インフルエンザが流行したら ワクチンを作る卵がなくなるわけです ダン 魚を育てるのに チキンペレットを 何億個も使うなら ここで手に入るみたいですよ 現在 世界中合わせて 3つの型のインフルエンザワクチンを 3億5千万本ずつ製造できます 豚インフルエンザのように 1種類だけをターゲットにすれば 合計12億本まで増やせます 工場がきちんと稼働しているとしてです 2004年には 1つの工場で雑菌が混入しただけで アメリカでの供給は半減したのです それに 製造プロセスには 今でも半年以上かかります

いったい我々の備えは1918年より 改善していると言えるのでしょうか 新しい技術も開発されているので 「もちろん」と言えるようになればと思います 世界中の誰もに行き渡るだけの インフルエンザワクチンを アメリカが今 投じている費用の半分で 製造できたらどうでしょう 最新の技術によって それは可能になります 例を示します 私も関係している会社ですが 免疫系を活性化するウイルスのH型突起の ある特別な部分を発見しました この部分を切り取って 別のバクテリアの先端に付ければ すさまじい免疫反応を起こすので 非常に強力な抗インフルエンザ剤ができます このワクチンは非常に小さく ありふれた大腸菌の中で増殖できます ご存知のようにバクテリアの繁殖は早く ヨーグルトを作るようなものです そこで 数箇所の工場で数週間もあれば 豚由来インフルエンザ用のワクチンを 全世界で必要な分 製造できます 卵を使わないので今の何分の一かのコストです

(拍手)

そんな新しいワクチン技術の比較表です 劇的に改善した製造技術と 大幅なコスト低減に加えて 今 説明した大腸菌の手法では 期間も短縮出来ます―命が救えるということです 発展途上国は 現在のインフルエンザ対応から取り残されがちなため これらの新技術には期待しており 西側諸国より進んでいます インドやメキシコその他の国ですでに インフルエンザワクチンの試作が始まり これらのワクチンが初めて実用されるのも これらの国かもしれません この新しい技術は大変効率的で 比較的費用もかからないので 流通手段を開発できれば 何十億もの人に 命を救うワクチンを届けられます

この次はどうなるか考えてみて下さい 新しい伝染病は 数年ごとに 出現したり再発したりしています いつか もしかしたら近いうちに 我々皆を狙うウイルスが現れるでしょう そのとき何百万人も亡くなる前に 素早く対応できるでしょうか? 幸いにも 今年のインフルエンザは比較的弱いものでした 「幸いにも」と言った理由のひとつは 発展途上国では予防接種を受けた人は ほとんどいなかったからです これまでの投資を無駄にしないための 政治的 財政的先見があるなら これらをワクチン学の新しいツールと共に使いこなし 世界の皆に十分なワクチンを 安価に製造できるようにして 健康で創造的な生活を保証することができます インフルエンザで年に50万人も亡くすことはないのです エイズで年に200万人も 亡くすことはないのです 貧しい弱者が 伝染病におびえる必要はないのです ―もちろん他の人たちもです バーツラフ・スミルが言っている 生命の大断絶の代わりに 生命が継続して行くことを 保証することができるのです 今 世界に必要なのは新しいワクチンです これは実現できることなのです

ありがとうございました

(拍手)

ありがとう (拍手) ありがとう 科学は進んでいますね セス 聞かせてほしいのですが―これが実現するのは どれぐらいの時間スケールで考えていますか HIVの方から伺いましょう この革命的ワクチンが登場して使えるようになるのはいつ頃ですか

ワクチンは今すぐにでも実用化します ワクチンが人体で働くことは示されましたので 今や問題は その改良だけです 人がこの種の抗体を作れることはわかっています どうすればよいか 方法が分かれば ワクチンができるのです そしてその問題についての手がかりも 得られつつあるという証拠があがっています ゴールに向かって全速で進んでいます

少なくとも5年はかかるという感じですか?

だいたい皆さん10年と言います ずっと あと10年したらと言われ続けています 科学的なイノベーションに 時間の線引きは難しいですね ただ 投資に対する配当は行われています

では万能のインフルエンザワクチンはどうですか?同じような状況ですか?

インフルエンザはまた違います こちらは 今すぐ投入できる 優れた実用的な技術が いくつも見いだされていると思います 見通しも良さそうです 問題は 従来の技術に投資してきていることです そちらのほうが理解されていたからです 補助剤を混ぜることもできます ヨーロッパのやり方で ワクチンを薄め より多くの人に行き渡るようにします ただ マイケル・スペクターが述べたように ワクチン反対派は補助剤に抵抗しました

マラリアはもっと遅れていますか?

いいえ マラリアにも 初期試験で効果の見られた候補薬があり 今ではフェーズ3の治験に進んでいます 完全なワクチンというわけではありませんが 進展しています

セス 多くの人の仕事は 毎月何か成果が出て 手応えを感じられるものが多いのですが 研究チームの皆さんと 十年以上もこの研究を 続けられていることに敬意を表したいと思います あなた方のような人が必要なんです ありがとう

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画