TED日本語 - ケヴィン・アロッカ: バイラルビデオが生まれるメカニズム

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ケヴィン・アロッカ: バイラルビデオが生まれるメカニズム

TED Talks

バイラルビデオが生まれるメカニズム
Why videos go viral
ケヴィン・アロッカ
Kevin Allocca

内容

YouTubeのトレンドマネージャであるケヴィン・アロッカは、バカバカしいWebビデオについて深く考察してきました。このTEDYouthでの講演で彼はビデオが爆発的にヒットするための3つの要素について語っています。(これは素晴らしいイベントTEDYouthから選ばれた最初の講演です。TED-Ed公開に伴い、他のたくさんの講演も来月公開される予定です。お楽しみに。)

Script

Hi. I'm Kevin Allocca, I'm the trends manager at YouTube, and I professionally watch YouTube videos. It's true. So we're going to talk a little bit today about how videos go viral and then why that even matters. We all want to be stars -- celebrities, singers, comedians -- and when I was younger, that seemed so very, very hard to do. But now Web video has made it so that any of us or any of the creative things that we do can become completely famous in a part of our world's culture. Any one of you could be famous on the Internet by next Saturday. But there are over 48 hours of video uploaded to YouTube every minute. And of that, only a tiny percentage ever goes viral and gets tons of views and becomes a cultural moment. So how does it happen? Three things: tastemakers, communities of participation and unexpectedness. All right, let's go.

(Video) Bear Vasquez: Oh, my God. Oh, my God. Oh, my God! Wooo! Ohhhhh, wowwww!

KA: Last year, Bear Vasquez posted this video that he had shot outside his home in Yosemite National Park. In 2010, it was viewed 23 million times. (Laughter) This is a chart of what it looked like when it first became popular last summer. But he didn't actually set out to make a viral video, Bear. He just wanted to share a rainbow. Because that's what you do when your name is Yosemite Mountain Bear. (Laughter) And he had posted lots of nature videos in fact. And this video had actually been posted all the way back in January. So what happened here? Jimmy Kimmel actually. Jimmy Kimmel posted this tweet that would eventually propel the video to be as popular as it would become. Because tastemakers like Jimmy Kimmel introduce us to new and interesting things and bring them to a larger audience.

(Video) Rebecca Black: ♪ It's Friday, Friday. Got ta get down on Friday. ♪ ♪ Everybody's looking forward to the weekend, weekend. ♪ ♪ Friday, Friday. Gettin' down on Friday. ♪

KA: So you didn't think that we could actually have this conversation without talking about this video I hope. Rebecca Black's "Friday" is one of the most popular videos of the year. It's been seen nearly 200 million times this year. This is a chart of what it looked like. And similar to "Double Rainbow," it seems to have just sprouted up out of nowhere.

So what happened on this day? Well it was a Friday, this is true. And if you're wondering about those other spikes, those are also Fridays. (Laughter) But what about this day, this one particular Friday? Well Tosh.0 picked it up, a lot of blogs starting writing about. Michael J. Nelson from Mystery Science Theater was one of the first people to post a joke about the video on Twitter. But what's important is that an individual or a group of tastemakers took a point of view and they shared that with a larger audience, accelerating the process.

And so then this community formed of people who shared this big inside joke and they started talking about it and doing things with it. And now there are 10,000 parodies of "Friday" on YouTube. Even in the first seven days, there was one parody for every other day of the week. (Laughter) Unlike the one-way entertainment of the 20th century, this community participation is how we become a part of the phenomenon -- either by spreading it or by doing something new with it.

(Music)

So "Nyan Cat" is a looped animation with looped music. It's this, just like this. It's been viewed nearly 50 million times this year. And if you think that that is weird, you should know that there is a three-hour version of this that's been viewed four million times.

(Laughter) Even cats were watching this video. (Laughter) Cats were watching other cats watch this video. (Laughter)

But what's important here is the creativity that it inspired amongst this techie, geeky Internet culture. There were remixes. (Laughter) Someone made an old timey version. (Laughter) And then it went international. (Laughter) An entire remix community sprouted up that brought it from being just a stupid joke to something that we can all actually be a part of. Because we don't just enjoy now, we participate.

And who could have predicted any of this? Who could have predicted "Double Rainbow" or Rebecca Black or "Nyan Cat?" What scripts could you have written that would have contained this in it? In a world where over two days of video get uploaded every minute, only that which is truly unique and unexpected can stand out in the way that these things have. When a friend of mine told me that I needed to see this great video about a guy protesting bicycle fines in New York City, I admit I wasn't very interested.

(Video) Casey Niestat: So I got a ticket for not riding in the bike lane, but often there are obstructions that keep you from properly riding in the bike lane.

(Laughter)

KA: By being totally surprising and humorous, Casey Niestat got his funny idea and point seen five million times. And so this approach holds for anything new that we do creatively. And so it all brings us to one big question ...

(Video) Bear Vasquez: What does this mean? Ohhhh. (Laughter)

KA: What does it mean? Tastemakers, creative participating communities, complete unexpectedness, these are characteristics of a new kind of media and a new kind of culture where anyone has access and the audience defines the popularity. I mean, as mentioned earlier,one of the biggest stars in the world right now, Justin Bieber, got his start on YouTube. No one has to green-light your idea. And we all now feel some ownership in our own pop culture. And these are not characteristics of old media, and they're barely true of the media of today, but they will define the entertainment of the future.

Thank you.

(Applause)

こんにちは YouTubeトレンドマネージャのケヴィン・アロッカです 仕事としてYouTubeビデオを見ています いいでしょう? 今日はビデオがバイラルに人気になる仕組みと それがなぜ重要なことなのかを お話しします みんなスターになりたいと思っています 有名人に 歌手に コメディアン 私が子どもの頃は それはすごく難しいことに思えました しかし今ではWebビデオを通じて 誰だろうと どんな作品だろうと 世界の文化の一部として すごく有名になり得るのです この場の誰かだって 来週の土曜までに ネット上の有名人になっているかもしれません そうは言っても YouTubeにアップされるビデオは毎分48時間分にもなります そうは言っても YouTubeにアップされるビデオは毎分48時間分にもなります その中で話題になり たくさんの人に見られ 時の顔になるのはごく一部です どうやってそのようなことが起きるのか? 3つの要素があると思います 流行仕掛け人 作品をめぐるコミュニティ 予想外さです 流行仕掛け人 作品をめぐるコミュニティ 予想外さです 見ていきましょう

(ベア・ヴァスケズ) わわわ すごい すご~い わはっ すごぉ~い ひゃあ~ おぉぉ わ~おっ!

去年ベア・ヴァスケズが ヨセミテ国立公園内の家から撮ったこのビデオを投稿し 2010年だけで2千3百万回も見られました (笑) これは去年の夏 人気になった頃の 1日あたりの視聴回数です でも彼は別に 人気ビデオを作ろうとしたわけではありません ただ虹を見せたいと思っただけです それが「ヨセミテの山熊」と呼ばれる男の することだからです (笑) 実際 彼は自然のビデオをたくさん投稿しています でもこのビデオが投稿されたのは 人気になるずっと前の1月でした ここでいったい何があったのでしょう? 答えはジミー・キメルです ジミー・キメルがツイートして それがこのビデオの人気に火を付けたのです ジミー・キメルのような流行仕掛け人が 新しく面白いものを紹介し 多くの人の目に触れるようにするのです

(レベッカ・ブラック) ♪ 金曜日だ 金曜日だ 金曜日を楽しまなくっちゃ ♪ みんな楽しみにしている週末だ 週末だ ♪ 金曜日だ 金曜日だ 金曜日を楽しまなくっちゃ

このビデオを抜きにして バイラルビデオの話は できないでしょう レベッカ・ブラックの「金曜日」は 今年最も流行った ビデオの1つで 2億回近く再生されています こちらは1日あたりの視聴回数です 「二重の虹」と同様に どこからともなく現れたように見えます

この日にいったい何があったのでしょう? 確かにその日は金曜でした ついでに言うと この飛び出した部分もみんな金曜日です (笑) しかし この最初の金曜日に いったい何があったんでしょう? Tosh.0が取り上げ 多くのブログが話題にしたのです MST3Kのマイケル・J・ネルソンは このビデオに対する冗談をツイートした最初の1人です ここで重要なのは 1人あるいは複数の 流行仕掛け人が ある見解を示して それを多くの人に伝え バイラルプロセスを加速しているということです

そうやって その内輪ネタを共有する コミュニティが出来上がり みんなそれを話題にし それで何かをやり始めるのです 今やYouTubeには「金曜日」のパロディが1万本以上あります 一週間後にはもう 各曜日のパロディが出そろっていました (笑) 20世紀の一方通行のメディアとは違い コミュニティとの関わりというのが この現象の中で重要な役割を果たしています 広める人もいれば それで何かをする人もいます

(音楽)

「ニャンキャット」はループ音楽の付いた ループアニメーションです こんな感じの 今年5千万回近く見られました 「それは変だ」と思うなら 知っておくべきです これには3時間バージョンもあって 4百万回も見られているということを

(笑) 猫でさえこのビデオを見ているのです (笑) このビデオを見ている猫を見ている猫までいます (笑)

ここで大事なのは 技術的でオタクなネット文化の中で それがみんなのクリエイティビティを引き出していることです リミックスがたくさんあります (笑) レトロバージョンもあります (笑) それから各国版も (笑) リミックスするコミュニティが広がって 単なるバカな冗談を みんなが参加できるものへと 変えたのです 今や私たちは見て楽しむだけでなく 参加もできるからです

誰がこんなことを予想できたでしょう? 「二重の虹」やレベッカ・ブラックや 「ニャンキャット」みたいなものを? こんなものを生み出す どんな筋書きが書けたでしょう? 1分ごとに2日相当のビデオが アップロードされている今日 多くの人の目を引くことができるのは 本当にユニークで予想外なものだけです ニューヨーク市の自転車への罰金に抗議している男の すごいビデオがあるぞと 最初友達から聞いたとき 正直そんなに興味を持ちませんでした

(ケイシー・ナイスタット) 自転車レーン外を走ったと 違反チケットを切られましたが 自転車レーンにはよく障害物があって ちゃんと走れないのです

(笑)

まったく予想外でユーモラスな ケイシー・ナイスタットは 面白いことを思いついて 5百万回も見られることになりました このアプローチは 私たちが創意を持ってやる 新しいことには 何にでも適用できます そしてこれらのことは 1つの大きな疑問に繋がります・・・

(ベア・ヴァスケズ) これはどんな意味があるんだろう? ああ~ (笑)

どんな意味があるんだろう? 流行仕掛け人 作品をめぐる創意あるコミュニティ 全くの予想外さ これらが新しい種類のメデイアと文化の特徴であり それは誰でも手が届くもので 人気は視聴者が決めるのです 誰かが言ったように 現在世界最大のスターとも言えるジャスティン・ビーバーは 誰かが言ったように 現在世界最大のスターとも言えるジャスティン・ビーバーは YouTubeから出発したのです アイデアにストップをかける人は誰もいません 私たち誰もがポップカルチャーを 分有していると感じています 古いメディアにはそういう性質はなく 今日のメデイアに かろうじて備わっている性質ですが これは間違いなく未来のエンターテインメントを決める要素になるでしょう

これは間違いなく未来のエンターテインメントを決める要素になるでしょう

ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画