TED日本語 - クリス・ミルク: 仮想現実が究極の感情移入マシーンを作り出すまで

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - クリス・ミルク: 仮想現実が究極の感情移入マシーンを作り出すまで

TED Talks

仮想現実が究極の感情移入マシーンを作り出すまで
How virtual reality can create the ultimate empathy machine
クリス・ミルク
Chris Milk

内容

クリス・ミルクは、最先端の技術を利用して、人を楽しませ魅了する驚異的な映像を制作しています。でも、ミルクにとって、制作活動の根底には常に「人間の物語」という動機が存在します。魅力あふれるこのショート・トークで彼が紹介してくれるのは、カニエ・ウェストやアーケイド・ファイアといったミュージシャンとのコラボレーションの一部です。それから、彼の最新作となる、仮想現実を使った目も眩むような実験的作品について説明してくれます。

Script

Virtual reality started for me in sort of an unusual place. It was the 1970s. I got into the field very young: I was seven years old. And the tool that I used to access virtual reality was the Evel Knievel stunt cycle. This is a commercial for that particular item: (Video) Voice-over: What a jump! Evel's riding the amazing stunt cycle. That gyro-power sends him over 100 feet at top speed.

Chris Milk: So this was my joy back then. I rode this motorcycle everywhere. And I was there with Evel Knievel; we jumped the Snake River Canyon together. I wanted the rocket. I never got the rocket, I only got the motorcycle. I felt so connected to this world. I didn't want to be a storyteller when I grew up, I wanted to be stuntman. I was there. Evel Knievel was my friend. I had so much empathy for him.

But it didn't work out. (Laughter) I went to art school. I started making music videos. And this is one of the early music videos that I made: (Music: "Touch the Sky" by Kanye West) CM: You may notice some slight similarities here. (Laughter) And I got that rocket. (Laughter)

So, now I'm a filmmaker, or, the beginning of a filmmaker, and I started using the tools that are available to me as a filmmaker to try to tell the most compelling stories that I can to an audience. And film is this incredible medium that allows us to feel empathy for people that are very different than us and worlds completely foreign from our own.

Unfortunately, Evel Knievel did not feel the same empathy for us that we felt for him, and he sued us for this video -- (Laughter) -- shortly thereafter. On the upside, the man that I worshipped as a child, the man that I wanted to become as an adult, I was finally able to get his autograph. (Applause)

Let's talk about film now. Film, it's an incredible medium, but essentially, it's the same now as it was then. It's a group of rectangles that are played in a sequence. And we've done incredible things with those rectangles. But I started thinking about, is there a way that I can use modern and developing technologies to tell stories in different ways and tell different kinds of stories that maybe I couldn't tell using the traditional tools of filmmaking that we've been using for 100 years? So I started experimenting, and what I was trying to do was to build the ultimate empathy machine. And here's one of the early experiments: (Music)

So this is called "The Wilderness Downtown." It was a collaboration with Arcade Fire. It asked you to put in the address where you grew up at the beginning of it. It's a website. And out of it starts growing these little boxes with different browser windows. And you see this teenager running down a street, and then you see Google Street View and Google Maps imagery and you realize the street he's running down is yours. And when he stops in front of a house, he stops in front of your house. And this was great, and I saw people having an even deeper emotional reaction to this than the things that I had made in rectangles. And I'm essentially taking a piece of your history and putting it inside the framing of the story.

But then I started thinking, okay, well that's a part of you, but how do I put all of you inside of the frame? So to do that, I started making art installations. And this is one called "The Treachery of Sanctuary." It's a triptych. I'm going to show you the third panel. (Music) So now I've got you inside of the frame, and I saw people having even more visceral emotional reactions to this work than the previous one.

But then I started thinking about frames, and what do they represent? And a frame is just a window. I mean, all the media that we watch -- television, cinema -- they're these windows into these other worlds. And I thought, well, great. I got you in a frame. But I don't want you in the frame, I don't want you in the window, I want you through the window, I want you on the other side, in the world, inhabiting the world.

So that leads me back to virtual reality. Let's talk about virtual reality. Unfortunately, talking about virtual reality is like dancing about architecture. And this is actually someone dancing about architecture in virtual reality. (Laughter) So, it's difficult to explain. Why is it difficult to explain? It's difficult because it's a very experiential medium. You feel your way inside of it. It's a machine, but inside of it, it feels like real life, it feels like truth. And you feel present in the world that you're inside and you feel present with the people that you're inside of it with.

So, I'm going to show you a demo of a virtual reality film: a full-screeen version of all the information that we capture when we shoot virtual reality. So we're shooting in every direction. This is a camera system that we built that has 3D cameras that look in every direction and binaural microphones that face in every direction. We take this and we build, basically, a sphere of a world that you inhabit. So what I'm going to show you is not a view into the world, it's basically the whole world stretched into a rectangle. So this film is called "Clouds Over Sidra," and it was made in conjunction with our virtual reality company called VRSE and the United Nations, and a co-collaborator named Gabo Arora. And we went to a Syrian refugee camp in Jordan in December and shot the story of a 12-year-old girl there named Sidra. And she and her family fled Syria through the desert into Jordan and she's been living in this camp for the last year and a half.

(Video) Sidra: My name is Sidra. I am 12 years old. I am in the fifth grade. I am from Syria, in the Daraa Province, Inkhil City. I have lived here in the Zaatari camp in Jordan for the last year and a half. I have a big family: three brothers,one is a baby. He cries a lot. I asked my father if I cried when I was a baby and he says I did not. I think I was a stronger baby than my brother.

CM: So, when you're inside of the headset. you're not seeing it like this. You're looking around through this world. You'll notice you see full 360 degrees, in all directions. And when you're sitting there in her room, watching her, you're not watching it through a television screen, you're not watching it through a window, you're sitting there with her. When you look down, you're sitting on the same ground that she's sitting on. And because of that, you feel her humanity in a deeper way. You empathize with her in a deeper way.

And I think that we can change minds with this machine. And we've already started to try to change a few. So we took this film to the World Economic Forum in Davos in January. And we showed it to a group of people whose decisions affect the lives of millions of people. And these are people who might not otherwise be sitting in a tent in a refugee camp in Jordan. But in January,one afternoon in Switzerland, they suddenly all found themselves there. (Applause) And they were affected by it.

So we're going to make more of them. We're working with the United Nations right now to shoot a whole series of these films. We just finished shooting a story in Liberia. And now, we're going to shoot a story in India. And we're taking these films, and we're showing them at the United Nations to people that work there and people that are visiting there. And we're showing them to the people that can actually change the lives of the people inside of the films.

And that's where I think we just start to scratch the surface of the true power of virtual reality. It's not a video game peripheral. It connects humans to other humans in a profound way that I've never seen before in any other form of media. And it can change people's perception of each other. And that's how I think virtual reality has the potential to actually change the world.

So, it's a machine, but through this machine we become more compassionate, we become more empathetic, and we become more connected. And ultimately, we become more human.

Thank you.

(Applause)

私の場合 仮想現実との出会いは 少し変わっていました 1970年代のことです 私が この分野にのめり込んだのは わずか7才の頃です 仮想現実にアクセスするために 使ったツールは イーヴル・クニーヴルの スタント用バイクでした これが そのコマーシャルです (ビデオ)すごいジャンプだ! イーヴルが操るのは 驚異のスタント・バイク ジャイロ・パワーで30mを超える 高速走行が可能です

(クリス・ミルク)当時は 大のお気に入りでした 私はどこでも このバイクに 乗っている気分でした 私はイーヴルと共にいました スネーク・リバー峡谷の大ジャンプもです ロケットも欲しかったけれど バイクしか買ってもらえませんでした この世界に本当にハマっていました 大きくなったら作家ではなく スタントマンになりたかったんです 私は その世界の中にいて イーヴルは友達でした すっかり感情移入していたんです

でも うまくいきませんでした(笑) 私は美大に入って ミュージック・ビデオを 撮るようになりました これは撮り始めた頃のビデオです (音楽)カニエ・ウェスト 『タッチ・ザ・スカイ』 (クリス)ちょっと似てるでしょう (笑) ロケットも手に入れました (笑)

さて映像作家というか その端くれになり 映像作家のツールを駆使して 視聴者にできるだけ魅力的な ストーリーを伝えようとしました 映像とは 自分とは全く違う人々や 未知の世界に 感情移入できる すごいメディアです

残念なことに イーヴル・クニーブルは 私たちに感情移入してくれなかったようで ビデオを撮った私たちを訴えました (笑) すぐ後のことです ただ いいこともありました 子どもの頃に憧れた人 ― 将来の目標だった 本人の サインを ついに手に入れました (拍手)

ここで 映像について話しましょう 映像はすごいメディアですが 本質は昔から変わっていません 映像は 連続して映しだされる 長方形なんです 私たちは この長方形で すごいことを実現してきました でも私は こんなことを 考えるようになりました 「今までとは違う方法で ストーリーを語るために 現代の進歩した技術を使えないか ― 私たちが この100年使ってきた 旧来の映像制作のツールでは 語り切れないような 別の形のストーリーを語れないか?」 そこで実験を始めました 試みたのは 極めつけの 感情移入マシーンを作ることです これは初期の実験の一部です (音楽)

タイトルは『The Wilderness Downtown』― アーケイド・ファイアとの共同制作です 最初に自分が育った場所の 住所を入力します このウェブサイトから 小さなボックスが 次々と 別ウインドウで立ち上がります 十代の子どもが通りを駆けていて Googleストリートビューと Googleマップの画像で その場所が 自分が育った辺りだとわかります 1軒の家の所で立ち止まりますが それは あなたの家の前です これはすごく良くて それまで長方形の画面で作ってきたものより はるかに深い 感情的な反応が 返ってきました これは言わば あなたの 生い立ちの一部を拾い上げて ストーリーに当てはめたことになります

でも その後こう考えました 「今回は一部だけだったけど どうすれば相手を丸ごと ストーリーに組み込めるだろう?」 こうして私はインスタレーションの 制作を始めました これは『The Treachery of Sanctuary』という作品です 三連作ですが 3番目のパネルをご覧ください (音楽) 今度は観客そのものを フレームの中に捉えていて 前作よりも さらに深い 心からの反応が 返ってきました

でも一方で フレームとは何なのかと 考えるようになりました フレームは窓に過ぎません つまり あらゆるメディアは テレビにしろ映画にしろ 他の世界を覗く窓なんです そこで考えました 相手をフレームに取り込んでしまおう ただし 相手をフレームで囲み 窓に はめ込むのではなく 相手が窓をすり抜けて 反対側に行き そっちの世界に 入り込むようにしたいんです

ここで仮想現実の話に戻ります その話をしましょう ただ残念ですが 仮想現実を語るのは 建築をダンスで表現するようなものです 実際に仮想現実の中で ダンスで建築を表すと こんな感じです (笑) 説明が難しいんです では なぜ難しいのか? それは体験するメディアだからです 内部で感じるメディアだからです 機械ではありますが その内部は 現実の世界 本物のように感じます 世界の内部にいるような気持ちになり その世界の人々と 一緒にいるような気持ちになります

ここで仮想現実映像のデモを ご覧に入れましょう 仮想現実を撮影した時に捉えた情報を すべてスクリーンに投影します あらゆる方向を撮影しています これは私たちが開発したカメラ・システムで 全方向を見渡す3Dカメラと その方向に向けられた バイノーラル・マイクがついています これを使って みなさんを囲む 球体状の世界を作ります ですから お見せするのは 世界を内部から眺めたものではなく 世界全体を長方形に引き伸ばしたものです タイトルは『Clouds Over Sidra』 私たちの仮想現実 制作会社VRSEと 国連 そして ガボ・オローラと共同で制作しました 12月にヨルダンの シリア難民キャンプを訪れて 12才の少女シードラの物語を撮りました 彼女は家族と一緒に砂漠を越えて シリアを脱出し ヨルダンに来ました キャンプで暮らすようになって もう1年半になります

(シードラ)私はシードラ 12才です 5年生です シリアのダーラ県インクヒル市 出身です ヨルダンのザータリ難民キャンプで 暮らして1年半になります 私の家は大家族で 兄弟が3人います 1人はまだ赤ちゃんです 弟はよく泣きます 私が赤ちゃんの時よく泣いたか 父さんに聞いたけど 泣かなかったそうです たぶん私は弟より 強かったんだと思います

(クリス)ヘッドセットをかぶっていると このようには見えません 世界をぐるっと見渡せます 360度 あらゆる方向が 見えるはずです 彼女の部屋で 本人を前にして座っている時は テレビ画面や窓を通して 見ているのではなく 彼女と そこに座っているんです 足元を見ると 彼女と同じ地面に座っています だからこそ より深く 彼女の人間性を感じ より深く感情移入できるんです

私はこの機械で 心を動かせると考えています すでに私たちは何人かの 心を動かそうとしています 1月に この映像をダボスの 世界経済フォーラムに持って行き 数百万人の暮らしに 影響を与える決定を下す人たちに 見てもらいました 彼らは この機会がなければ ヨルダンの難民キャンプの テントに座ることなどなかったでしょう 1月のある日の午後 スイスにいた彼らは 気付くと 難民キャンプにいたのです (拍手) みんな心を動かされました

だから私たちは さらに制作することにしています 現在 国連と協力して こんな映像をシリーズで撮影しています ちょうどリベリアでの撮影を終え インドで撮影を始めるところです 私たちは 映像を撮影し 国連で そこに派遣中の人や そこへ行く予定の人に見せています 映像に映る人々の暮らしを 変える力を持つ人々に見せるのです

それでもまだ 仮想現実が持つ本当の力の ほんの一部を 使っているだけだと思います これはゲームの周辺機器ではありません 仮想現実は 既存のメディアとは 比べものにならない位 深く人間同士を結びつけます そして双方の見方を 変えることができます だから仮想現実は 本当の意味で 世界を変える力を持っているのです

これは単なる機械ですが 私たちは それを通して より思いやりをもち より感情移入し より つながり合えます そして最終的には より人間らしくなれるのです

どうもありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画