TED日本語 - ダン・ベル: 廃墟と化したアメリカのショッピングモールの中で

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ダン・ベル: 廃墟と化したアメリカのショッピングモールの中で

TED Talks

廃墟と化したアメリカのショッピングモールの中で
Inside America's dead shopping malls
ダン・ベル
Dan Bell

内容

ショッピングモールが廃墟になったら、どうなるでしょう?映像作家ダン・ベルが、放置された商品群の中を案内しながら、消費主義や若者文化、そして荒廃の中にインスピレーションを見いだすことについて、驚くほど愉快で詩的にコメントしてくれます。

Script

In the last couple of years, I have produced what I call "The Dead Mall Series," 32 short films and counting about dead malls. Now, for those of you who are not familiar with what a dead mall is, it's basically a shopping mall that has fallen into hard times. So it either has few shops and fewer shoppers, or it's abandoned and crumbling into ruin. No sale at Penny's.

(Laughter)

I started producing this series in early 2015 after going through kind of a dark period in my life where I just didn't want to create films anymore. I put my camera away and I just stopped. So in 2015, I decided to make a short film about the Owings Mills Mall. Owings Mills Mall opened in 1986. I should know because I was there on opening day. I was there with my family, along with every other family in Baltimore, and you had to drive around for 45 minutes just to find a parking spot. So if you can imagine, that's not happening at the malls today.

My first mall job that I had as a teenager was at a sporting goods store called Herman's World of Sports. Maybe you remember.

(Singing) Herman's World of Sports.

You guys remember that?

(Laughter)

Yeah, so I worked in a lady's shoe store. I worked in a leather goods store, and I also worked in a video store, and not being one who was very fond of the retail arts --

(Laughter)

I got fired from every single job.

(Laughter)

In between these low-paying retail jobs, I did what any normal teenager did in the 1990s. I shoplifted. I'm just kidding. I hung out with my friends at the mall.

(Laughter)

Everyone's like, "Oh my God, what kind of talk is this?"

(Laughter)

Hanging out at the mall could be fun, but it could be really lame, too, like sharing a cigarette with a 40-year-old unemployed mall rat who has put on black lipstick for the night while you're on your break from your crappy minimum wage job.

As I stand here today, Owings Mills has been gutted and it's ready for the wrecking ball. The last time I was there, it was in the evening, and it was about three days before they closed the mall for good. And you kind of felt -- they never announced the mall was closing, but you had this sort of feeling, this ominous feeling, that something big was going to happen, like it was the end of the road. It was a very creepy walk through the mall. Let me show you.

(Music)

So when I started producing "The Dead Mall Series," I put the videos up onto YouTube, and while I thought they were interesting, frankly I didn't think others would share the enthusiasm for such a drab and depressing topic. But apparently I was wrong, because a lot of people started to comment. And at first the comments were like -- basically like, "Oh my God, that's the mall from my childhood. What happened?" And then I would get comments from people who were like, "There's a dead mall in my town. You should come and film it." So I started to travel around the mid-Atlantic region filming these dead malls. Some were open. Some were abandoned. It was kind of always hard to get into the ones that were abandoned, but I somehow always found a way in.

(Laughter)

The malls that are still open, they always do this weird thing -- like the dead malls. They'll have three stores left, but they try to spruce it up to make it appear like things are on the up-and-up. For example, you'll have an empty store and they bring the gate down. So at Owings Mills, for example, they put this tarp over the gate. Right? And it's got a stock photo of a woman who is so happy and she's holding a blouse, and she's like --

(Laughter)

And then there's a guy standing next to her, with, like, an espresso cup, and he's like --

(Laughter)

And it says, "What brings you today?"

(Laughter)

I wanted to be scared and depressed. Thank you.

So the comments just kept pouring in on the videos, from all over the country, and then all over the world. And I started to think, this could really be something, but I had to get creative, because I'm like, how long are people going to sit and watch me waddling through an empty mall?

(Laughter)

So the original episodes I filmed with an iPhone. So I'd walk through the mall with an iPhone, and, you know. Like that.

(Laughter)

And security -- because malls, they don't like photography -- so the security would come up and be like, "Put that away," and I'm like, "OK." So I had to get creative and sneaky, so I started using a hidden camera and different techniques to get the footage that I needed, and basically what I wanted to do was make the video like it was a first-person experience, like you are sitting -- put your headphones on watching the screen -- it's like, you're there in the video, like a video game, basically.

I also started to use music, collaborating with artists who create music called vaporwave. And vaporwave is a music genre that emerged in the early 2010s among internet communities. Here's an example.

(Music)

That's by an artist named Disconscious from an album he did called "Hologram Plaza." So if you look that up, you can hear more of those tunes. Vaporwave is more than an art form. It's like a movement. It's nihilistic, it's angsty, but it's somehow comforting. The whole aesthetic is a way of dealing with things you can't do anything about, like no jobs, or sitting in your parents' basement eating ramen noodles. Vaporwave came out of this generation's desire to express their hopelessness, the same way that the pre-internet generation did sitting around in the food court.

One of my favorite malls I've been to is in Corpus Christi, and it's called the Sunrise Mall. When I was a kid, my favorite thing to do was watch movies, and I used to watch movies over and over and over again. And one of my favorite films was "The Legend of Billie Jean." Now, for those of you who have seen "The Legend of Billie Jean," you'll know that it's a great film. I love it. And Helen Slater and Christian Slater -- and if you didn't know, they are not related. Many people thought that they were brother and sister. They're not. But anyway, Sunrise Mall was used in the film as a filming location. The mall is exactly the same as it was in 1984. We're talking 32 years later. Let me show you.

(Video) Dan Bell: And here's Billie Jean running across the fountain, being chased by Hubie Pyatt's friends. And she jumps over here. And you can see the shot right here is what it looks like today. It's pretty incredible. I mean, honestly, it's exactly the same. And there they are falling in the fountain, and she runs up the stairs. This is a nice shot of the whole thing here.

Dan Bell: I love that so much.

(Laughter)

I always think in my head, if I owned a dead mall -- why don't they embrace their vintage look? Put in a bar, like, put vegan food in the food court and invite millennials and hipsters to come and drink and eat, and I guarantee you within three weeks H & M and Levi's will be banging on the door trying to get space. I don't know why they don't do this, but apparently, it's only in my mind, it goes all day.

(Laughter)

Anyway, in closing --

(Laughter)

When they first asked me to do this talk, I said, "Do you have the right person?"

(Laughter)

These talks are supposed to be kind of inspiring and --

(Laughter)

I remembered something, though. I put my camera down three or four years ago, and it took going to these malls for me to be inspired again. And to see my audience and people from all over the world writing me and saying, "God, I love your videos," is incredible. I don't know how to even explain it, as an artist, how fulfilling that is. If you would have told me a year ago that I would be standing on this stage talking to all of you wonderful people, I would have never believed it. I am humbled and so appreciative.

Thank you very much.

(Applause)

私がここ数年 制作しているのが 『The Dead Mall Series』という 短編映画です 「廃モール」の映像を32本撮影し 今も継続中です 馴染みのない方に説明すると 廃モールとは 要するに荒廃した ショッピングモールのことです 店舗がほとんど無いとか 買物客がごくわずかとか 放置されて廃墟化しているものです JCペニーもセールはしていません

(笑)

このシリーズの 制作を始めたのは 2015年初頭でした もう映画なんて撮りたくないという 人生でも暗い時期を経た後でした カメラを捨てて 撮影を止めていたんです 2015年にオーウィングス・ミルズ・モールの 短編映画を撮ることにしました オーウィングス・ミルズ・モールは 1986年に開店しました 私が知っているのも当然で 開店初日に行ったからです 家族で出かけたんですが ボルチモア中から 家族連れが集まっていて 駐車スペースを見つけるだけで 車で45分も うろうろする羽目になりました 考えられますか 今のショッピングモールでは ありえないでしょう

十代の時 ショッピングモールで 初めてバイトをしたのは スポーツ用品店 ハーマンズ・ワールド・オブ・スポーツでした 覚えている方もいるでしょう

(歌)ハーマンズ・ワールド・オブ・スポーツ

覚えてますか?

(笑)

それからレディース靴の店や 革製品の店 ビデオ屋でも働きました これはただ小売業が 好きでたまらなかったのではなく ―

(笑)

何をやってもクビになったからです

(笑)

そんな低賃金の小売業の合間に 1990年代の普通の十代の若者なら 誰でもやっていたことを 私もしていました 万引きです 冗談ですよ 友達とショッピングモールに行ったんです

(笑)

みんな「ひどいね 一体なんの話だ」って 顔をしていますね

(笑)

モールをぶらつくのは 楽しい時も イマイチな時もありました いつもモールにいる無職で40歳の男と 1本のタバコを分け合ったりしました 彼は夜になると 黒い口紅をつけているんです 最低賃金のくだらないバイトの 休憩時間の話です

私がここにいる間にも オーウィングス・ミルズは 内部が取り壊され 鉄球で解体されるのを待つばかりです 前回 私が行った時は夕暮れ時で モールが完全に閉鎖される 3日ほど前でした その時 感じたのは ― 閉店のお知らせなんてありませんでしたが まるで行き止まりに向かうような 何か大きなことが起こりそうな 何だか不穏な感じがしました モールを歩くのは すごく不気味でした ご覧ください

(音楽)

『The Dead Mall Series』を 作り始めて YouTubeに投稿するようになりました 面白いとは思っていましたが 正直 こんなに退屈で暗いテーマを 熱心に支持してくれる人が いるとは思いませんでした でも私の読みは外れました コメントしてくれる人がたくさんいたんです 最初の頃のコメントには こういうものが多かったです 「子供の頃にあったモールだ! なんでこんなことに?」 その後 こんなコメントが 寄せられるようになりました 「私の街にも廃モールがある 撮影しに来たらいいよ」 それで こんな廃モールを撮影しながら 中部大西洋岸を 旅するようになりました 開店しているものもあれば 廃墟と化したものもありました 廃墟に入るのは いつも苦労しましたが 入り口は必ず見つかるものです

(笑)

まだ閉まっていないモールには 必ず奇妙なことが起きます 廃モールと同じです 店舗が3つしか残っていないのに 見た目を小ぎれいに整えて すごく順調そうに見せるんです 例えば 空き店舗が出ると シャッターを閉めます オーウィングス・ミルズでは そこにシートをかけるんです そうでしょう? シートに印刷されているのは こんな画像素材です 幸せそうな女性が ブラウスを持って こんな感じで ―

(笑)

さらに女性の隣にエスプレッソの カップを持った男性が こういう風に ―

(笑)

そして こう書いてあります 「今日は何をお求めに?」

(笑)

「恐怖と憂鬱を感じようと思って わざわざどうも」

ビデオに対するコメントが 次々に投稿されました 全国から その後 全世界からです それで これはものになるかもしれないと 考えるようになりました でも工夫する必要がありました 無人のモールを うろつく私を どれだけ じっと見ていられると思います?

(笑)

最初の数回分は iPhoneで撮影しました モールの中をiPhone片手に 歩き回りました こんな風に

(笑)

ショッピングモールは 撮影を嫌がるところが多いので 警備員に「やめろ」と言われると 私は「わかったよ」と応えます だから頭を使って こっそり撮る必要に迫られ 必要な映像を撮るために 隠しカメラや新たなテクニックを 駆使し始めました 私が一番やりたかったのは ビデオを一人称の視点から 体験しているように見せることでした 座ってヘッドホンをつけて 画面をのぞき込むと まるでその場にいるかのような ― ゲームみたいにしたかったんです

音楽も取り入れました 「ヴェイパーウェイブ」の ミュージシャンとコラボしたんです ヴェイパーウェイブというジャンルは 2010年代初めにインターネット上の コミュニティーから現れました こういう音楽です

(音楽)

アーティストは Disconscious アルバム『Hologram Plaza』からの 1曲です 調べれば もっとたくさん 聴けます ヴェイパーウェイブは単なる スタイルではなく ムーブメントです 虚無的で不安に満ちていますが なぜか心が休まります どうしようもないことの扱い方に その美学のすべてがあります 例えば 仕事が無いとか 実家の地下室でラーメンをすすってるとか ヴェイパーウェイブは そんな世代の絶望感を表現したいという 願望から生まれました インターネット以前の世代が フードコートに たむろしていたのと同じです

今まで行った中で お気に入りのモールの一つは コーパスクリスティにある サンライズ・モールというところです 子供の頃は 映画を見るのが大好きで 何度も何度も 繰り返し見ていました 大好きな映画に 『ビリージーンの伝説』がありました 見たことがある方には お分かりでしょうが 本当にいい映画なんです 大好きです ヘレン・スレイターとクリスチャン・スレイター ちなみに 2人は親戚ではありません 姉弟と思っていた人も たくさんいましたが 違います ところで サンライズ・モールは この映画のロケ地でした このモールは1984年当時のままです 32年も経っているのにですよ 見てください

(ビデオ)(ダン・ベル)ここで ビリー・ジーンが池を駆け抜ける ヒュービー・パイアットの 仲間に追われてね そして ここを跳び越えるんだ このシーンの撮影場所は 今 こんな風になっている すごいよ 本当に まったく同じだ そこで追っ手が池に落ちて ビリーは駆け上がっていく 全体をきれいに撮ると こんな感じ

(ダン・ベル)本当にいいですね

(笑)

いつも思うんです 自分が廃モールの所有者だったらって ヴィンテージ感を 利用しない手は無いでしょう バーとか フードコートにビーガン料理を置いて ミレニアル世代や ヒップスターたちを招いて 食べたり飲んだりしてもらえば 3週間もしないうちに H&Mやリーバイスが出店したいと 押し寄せてくるはずです なぜやらないのか わかりませんが でも おそらく これは私の妄想でしょう 1日中 考えているんです

(笑)

さて 最後に ―

(笑)

私がこのトークを頼まれた時 すぐこう言ったんです 「私でいいんですか?」

(笑)

だってトークはみんなを インスパイアするものでなければ・・・

(笑)

でも 思い出したんです 私は3~4年前に 一度映像制作をやめたんですが モールを巡るようになってはじめて インスピレーションが 戻ってきたんです そして視聴者が世界中から 私にコメントをくれて 「このビデオ 大好き」と 言ってくれるなんて 本当に信じられません 1人のアーティストとして どれほど心が満たされるか 言葉にできないほどです もしも1年前に 私がこのステージに立って 皆さんのような素晴らしい人たちに 話すことになると言われても 信じられなかったでしょう 恐縮するとともに 本当に感謝しています

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画