TED日本語 - アナ・ムラチェク・ディートリック: 道路を走れる飛行機をつくる

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アナ・ムラチェク・ディートリック: 道路を走れる飛行機をつくる

TED Talks

道路を走れる飛行機をつくる
A plane you can drive
アナ・ムラチェク・ディートリック
Anna Mracek Dietrich

内容

空飛ぶ自動車??それは未来を象徴するイメージです。しかし飛行機や自動車が生まれて100年がたった今も、それが本当に実現されたことはありませんでした。パイロットであるアナ・ムラチェク・ディートリックと彼女のチームは、問をひっくり返してこう考えたのです。「道を走れる飛行機を作ればいいんじゃない?」

Script

What is it about flying cars? We've wanted to do this for about a hundred years. And there are historic attempts that have had some level of technical success. But we haven't yet gotten to the point where on your way here this morning you see something that really, truly seamlessly integrates the two-dimensional world that we're comfortable in with the three-dimensional sky above us -- that, I don't know about you, but I really enjoy spending time in.

We looked at the historical attempts that had been out there and realized that, despite the fact that we have a lot of modern innovations to draw on today that weren't available previously -- we have modern composite materials, we have aircraft engines that get good fuel economy and have better power-to-rate ratios than have ever been available, we have glass cockpit avionics that bring the information you need to fly directly to you in the cockpit -- but without fundamentally addressing the problem from a different perspective, we realized that we were going to be getting the same result that people had been getting for the last hundred years, which isn't where we want to be right now. So instead of trying to make a car that can fly, we decided to try to make a plane that could drive.

And the result is the Terrafugia Transition. It's a two-seat, single-engine airplane that works just like any other small airplane. You take off and land at a local airport. Then once you're on the ground, you fold up the wings, drive it home, park it in your garage. And it works. After two years of an innovative design and construction process, the proof of concept made its public debut in 2008.

Now like with anything that's really different from the status quo, it didn't always go so well testing that aircraft. And we discovered that it's a very good thing that, when you go home with something that's been broken, you've actually learned a lot more than when you managed to tick off all of your test objectives the first time through. Still, we very much wanted to see the aircraft that we'd all helped build in the air, off the ground, like it was supposed to be. And on our third high-speed testing deployment on a bitter cold morning in upstate New York, we got to do that for the first time. The picture behind me was snapped by the copilot in our chase aircraft just moments after the wheels got off the ground for the first time. And we were all very flattered to see that image become a symbol of accomplishing something that people had thought was impossible really the world over.

The flight testing that followed that was as basic and low-risk as we could make it, but it still accomplished what we needed to to take the program to the next step and to gain the credibility that we needed within our eventual market, the general aviation community, and with the regulators that govern the use of design of aircraft, particularly in the States. The FAA, about a year ago, gave us an exemption for the Transition to allow us to have an additional 110 lbs. within the light sport aircraft category. Now that doesn't sound like a lot, but it's very important, because being able to deliver the Transition as a light sport aircraft makes it simpler for us to certify it, but it also makes it much easier for you to learn how to fly it. A sport pilot can be certificated in as little as 20 hours of flight time. And at 110 lbs., that's very important for solving the other side of the equation -- driving.

It turns out that driving, with its associated design implementation and regulatory hurdles, is actually a harder problem to solve than flying. For those of us that spend most of our lives on the ground, this may be counter-intuitive, but driving has potholes, cobblestones, pedestrians, other drivers and a rather long and detailed list of federal motor vehicle safety standards to contend with. Fortunately, necessity remains the mother of invention, and a lot of the design work that we're the most proud of with the aircraft came out of solving the unique problems of operating it on the ground -- everything from a continuously-variable transmission and liquid-based cooling system that allows us to use an aircraft engine in stop-and-go traffic, to a custom-designed gearbox that powers either the propeller when you're flying or the wheels on the ground, to the automated wing-folding mechanism that we'll see in a moment, to crash safety features. We have a carbon fiber safety cage that protects the occupants for less than 10 percent of the weight of a traditional steel chassis in a car.

Now this also, as good as it is, wasn't quite enough. The regulations for vehicles on the road weren't written with an airplane in mind. So we did need a little bit of support from the National Highway Traffic Safety Administration. Now you may have seen in the news recently, they came through with us at the end of last month with a few special exemptions that will allow the Transition to be sold in the same category as SUVs and light trucks. As a multi-purpose passenger vehicle, it is now officially "designed for occasional off-road use."

(Laughter)

Now let's see it in action. You can see there the wings folded up just along the side of the plane. You're not powering the propeller, you're powering the wheels. And it is under seven feet tall, so it will fit in a standard construction garage. And that's the automated wing-folding mechanism. That's real time. You just push a few buttons in the cockpit, and the wings come out. Once they're fully deployed, there's a mechanical lock that goes into place, again, from inside the cockpit. And they're now fully capable of handling any of the loads you would see in flight -- just like putting down your convertible top. And you're all thinking what your neighbors would think of seeing that.

(Video) Test Pilot: Until the vehicle flies,75 percent of your risk is that first flight.

Radio: It actually flew. Yes.

Radio 2: That was gorgeous.

Radio: What did you think of that? That was beautiful from up here, I tell you.

AMD: See, we're all exceedingly excited about that little bunny hop. And our test pilot gave us the best feedback you can get from a test pilot after a first flight, which was that it was "remarkably unremarkable." He would go onto tell us that the Transition had been the easiest airplane to land that he'd flown in his entire 30-year career as a test pilot. So despite making something that is seemingly revolutionary, we really focused on doing as little new as possible. We leverage a lot of technology from the state-of-the-art in general aviation and from automotive racing. When we do have to do something truly out-of-the-box, we use an incremental design, build, test, redesign cycle that lets us reduce risk in baby steps.

Now since we started Terrafugia about 6 years ago, we've had a lot of those baby steps. We've gone from being three of us working in the basement at MIT while we were still in graduate school to about two-dozen of us working in an initial production facility outside of Boston. We've had to overcome challenges like keeping the weight below the light sport limit that I talked about, figuring out how to politely respond when a regulator tells you, "But that won't fit through a toll booth with the wings extended -- (Laughter) to all of the other associated durability and engineering issues that we talked about on the ground. Still, if everything goes to our satisfaction with the testing and construction of the two production prototypes that we're working on right now, those first deliveries to the, about a hundred, people who have reserved an airplane at this point should begin at the end of next year.

The Transition will cost in line with other small airplanes. And I'm certainly not out to replace your Chevy, but I do think that the Transition should be your next airplane. Here's why. While nearly all of the commercial air travel in the world goes through a relatively small number of large hub airports, there is a huge underutilized resource out there. There are thousands of local airstrips that don't see nearly as many aircraft operations a day as they could. On average, there's one within 20 to 30 miles of wherever you are in the United States. The Transition gives you a safer, more convenient and more fun way of using this resource.

For those of you who aren't yet pilots, there's four main reasons why those of us who are don't fly as much as we'd like to: the weather, primarily, cost, long door-to-door travel time and mobility at your destination. Now, bad weather comes in, just land, fold up the wings, drive home. Doesn't matter if it rains a little, you have a windshield wiper. Instead of paying to keep your airplane in a hanger, park it in your garage. And the unleaded automotive fuel that we use is both cheaper and better for the environment than traditional avgas. Door-to-door travel time is reduced, because now, instead of lugging bags, finding a parking space, taking off your shoes or pulling your airplane out of the hanger, you're now just spending that time getting to where you want to go. And mobility to your destination is clearly solved. Just fold up the wings and keep going.

The Transition simultaneously expands our horizons while making the world a smaller, more accessible place. It also continues to be a fabulous adventure. I hope you'll each take a moment to think about how you could use something like this to give yourself more access to your own world, and to make your own travel more convenient and more fun.

Thank you for giving me the opportunity to share it with you.

(Applause)

空飛ぶ自動車って何でしょう? 100年もの間 私たちはこれを作りたいと思い続けてきました そして技術的にある程度の成果を残した 歴史的な試みも中にはありました それでも私たちはまだ 朝ここへ来る途中で 馴染み深い2次元の世界と その上にある3次元の空を 本当に切れ目なく行き来できるようなものを 目にする段階には至っていません 皆さんはどうか知りませんが 私は空を飛ぶのが本当に好きなんです

これまで行われてきた試みを見ていて 気づいたことがあります 確かに今日では かつて利用できなかった たくさんの技術革新があります 最新の複合材料 優れた燃費と出力荷重比を持つ 航空エンジン 飛行に必要な情報を 電子的に直接表示する グラスコックピット それでも根本的に違う観点で問題にアプローチしない限りは これまでの100年間に 他の人々がしてきた試みと 同じ結果に終わることでしょう そうなりたくはありません そこで空飛ぶ車を作ろうとするのではなく 道路を走れる飛行機を作ることにしたのです

その結果生まれたのが「テラフュージア・トランジション」です 2人乗り 単発の飛行機で 通常の小型機のように飛びます 最寄りの飛行場から離陸し 着陸したら 羽を畳んで家までドライブし ガレージの中に止めるのです そして成功しました 2年間の革新的なデザインと製造プロセスを経て 2008年に試作機を お披露目しました

既存のものと大きく異なる試みの常として この飛行機のテストは すぐにはうまくいきませんでした でもそれは良いことだったのです 何か壊れて戻ってきたときには 最初からテスト項目が すべてOKだった場合よりも ずっと多くのことを学べるのです もちろん私たちは 自分たちの作った飛行機が離陸し 空を飛ぶところを見たいと 切に願っていました そしてすごく冷えたある朝に ニューヨーク州北部で行った 3度目の高速稼働テストで 初めて空を飛んだのです 後ろの写真は 追尾した飛行機の副操縦士が撮った 初飛行の際の 離陸直後のスナップ写真です 誰もが不可能と思っていたことを 達成するということの象徴として この写真が取り上げられているのを 私たちはとても嬉しく思っています

その後の飛行テストは 可能な限り 最小限でリスクの小さなものにしましたが それでもこの計画を 次のステップへと進め 航空機設計の規制当局や 私たちのマーケットとなる航空機ユーザのコミュニティから 信頼を勝ち取るために必要なことは 達成することができました 連邦航空局は1年ほど前 私たちの飛行機トランジションに対して ライトスポーツエアクラフトの基準より50キロ 超過することを許容してくれました 些細なことに聞こえるかもしれませんが 大きな意味があります トランジションをライトスポーツエアクラフトとして提供できれば 私たちは認可を取りやすくなりますし またユーザにとっても 飛ばすのがずっと簡単になるからです スポーツパイロットの免許は 最低20時間の訓練飛行で取得できます そして50キロというのは 道路を走るという もう一方の側面を実現するために とても重要だったのです

道路を走るためには 設計や規制のハードルがあり 実際のところ空を飛ばすよりも難しいのです いつも地上で過ごしている私たちには 直感に反することかもしれませんが 道路を走る上では 道のくぼみや でこぼこ道 歩行者や 他の車 それに? 事細かな連邦自動車安全基準 取り組まなければならないものが沢山あります でも必要は発明の母とはよく言ったものです この飛行機で私たちが誇りにしている 設計上の成果の多くは 地上走行における個々の問題を 解決する中で生まれたものです 航空エンジンを 交通渋滞でも使えるようにする 無段変速機や 液冷システム 飛行中はプロペラを 地上ではタイヤを駆動させる 特製のギアボックス 後でお見せする翼の折り畳み機構 衝突安全性のための機能もあります 乗っている人を保護するための カーボンファイバー製の安全ケージは 通常の車の鋼鉄製シャーシの10%以下の重さしかありません

それ自体とても良いものですが 十分ではありませんでした 自動車の規制は 飛行機を念頭に書かれてはいないのです それで道路交通安全局から 少しばかり助けてもらう必要がありました 最近のニュースでご覧かもしれませんが 先月 安全局は特例として いくつかの項目を緩和し SUVや軽トラと同じ分類での トランジションの販売を許可してくれました 多目的乗用車は今や文字通り 「オフロードでの使用に適すようデザイン」されたものになったわけです

(笑)

実際動いているところをご覧に入れましょう 羽をボディの横に折り畳んでいる状態です プロペラではなくタイヤを動かして走っています 高さ7フィート以下なので 通常のガレージに格納できます 翼の自動折り畳み機構です 実速度で再生しています コクピットでボタンを押すだけで翼が展開します すっかり開いたら 再びコクピットから ロック機構を操作します すると飛行中の過重を 支えられるようになります オープンカーの屋根みたいなものです これを見た隣人の反応が気になりますよね

開発中の飛行機で 危険の75%は初飛行のときなんだよ

本当に飛んでる やった!

勇ましいね

感想はどう? ここからは素晴らしいの一言だね

お聞きの通り この小さな飛躍に 私たちはすごく興奮していました 初飛行の後 テストパイロットが 最高のフィードバックをしてくれました 「驚くほど驚きがなかったね」と言うのです さらに続けて テストパイロットを30年してきて これほど着陸が楽な飛行機はなかったと言いました 一見革新的なものを 作っているように見えるでしょうが 私たちは出来る限り新しいことを 少なくしようと努めていました 普通の航空機の先進技術や自動車レースから 多くの技術を借用しました 本当に独自なことをしなければならないときには 段階的な設計・製作・テスト・再設計のサイクルを 小さなステップで行い リスクを減らしました

テラフュージア社を始めて6年になりますが そういう小ステップをたくさん踏んできました MITの地下室で作業している 3人の大学院生というところから ボストン郊外の製造施設で作業する 20数名の会社というところまで来ました 数々の困難な問題がありました ライトスポーツエアクラフトの重量制限とか 規制当局者に礼儀正しく対応するとか・・・ 何と言われたと思います? 「でも翼を広げたら料金所を通れないじゃないか」ですって (笑) 先に述べたような道路上での耐久性や 工学的な問題もあります 今私たちが取り組んでいる 2機の製造試作の テストと製作が 順調にいけば すでに100人ほどいる予約者に この飛行機を来年末頃から 届け始められるでしょう

トランジションの値段は 他の小型飛行機と同じくらいになります 皆さんにシボレーから買い換えるようせっつく気はありませんが 次に飛行機を買うとしたら きっとこれになると思います 理由はこうです 世界の商用航空路線のほとんどは 比較的少数の巨大ハブ空港に集中しており 利用されずにいるリソースがたくさんあります 日常的な利用数が 許容量よりずっと少ない飛行場が何千とあります アメリカのどこに住んでいようと 平均して 30?50キロ以内に飛行場があります トランジションは このリソースを利用する 安全で便利で楽しい方法を提供します

まだパイロットでない皆さんのために言うと 私たちが望むほど多く飛べない理由は 主に4つあります 第一に天候 それにコスト トータルでの所要時間 目的地での移動手段です 天気が悪くなったときには ただ着陸して 羽を畳み 家までドライブして帰れます 多少雨が降ってもワイパーがあります お金を出して格納庫に預ける代わりに 自宅のガレージに止められます 私たちが使っている自動車用無鉛ガソリンは 航空用ガソリンと比べて安く 環境にも優しいものです トータルでの所要時間も短縮できます 鞄を運んだり 駐車する場所を探したり 靴を脱いだり 飛行機を格納庫から引っ張り出す必要はなく その時間を目的地へ向かうために使えるからです 目的地での移動手段という問題も解決します 羽を畳んで そのまま走り出せばいいのですから

トランジションは私たちの地平を広げると同時に 世界を小さく アクセスしやすい場所にします それにまた飛ぶことは素晴らしい冒険であり続けるでしょう このようなものがどんな風に使えるか それによって どれほど自分の世界がアクセスしやすく 移動が快適で楽しいものになることか 想像してみて欲しいと思います

お話しする機会をいただき ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画