TED日本語 - シャイ・アガシの電気自動車に対する大胆な計画

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シャイ・アガシの電気自動車に対する大胆な計画

TED Talks

シャイ・アガシの電気自動車に対する大胆な計画
A new ecosystem for electric cars
Shai Agassi

内容

「ハイブリッド自動車の事は忘れてください -- 排ガスを抑制したいなら電気自動車以外にありません」とシャイ・アガシは言います。彼の会社『Better Place』は、2020年までに全ての国を石油非依存にする先鋭的な計画を掲げます。

Script

So how would you run a whole country without oil? That's the question that sort of hit me in the middle of a Davos afternoon about four years ago. It never left my brain. And I started playing with it more like a puzzle. The original thought I had: this must be ethanol. So I went out and researched ethanol, and found out you need the Amazon in your backyard in every country. About six months later I figured out it must be hydrogen, until some scientist told me the unfortunate truth, which is, you actually use more clean electrons than the ones you get inside a car, if you use hydrogen. So that is not going to be the path to go.

And then sort of through a process of wandering around, I got to the thought that actually if you could convert an entire country to electric cars, in a way that is convenient and affordable, you could get to a solution. Now I started this from a point of view that it has to be something that scales en masse. Not how do you build one car, but how do you scale this so that it can become something that is used by 99 percent of the population? The thought that came to mind is that it needs to be as good as any car that you would have today. So one, it has to be more convenient than a car. And two, it has be more affordable than today's cars. Affordable is not a 40,000 dollar sedan, right? Alright? That's not something that we can finance or buy today. And convenient is not something that you drive for an hour and charge for eight.

So we're bound with the laws of physics and the laws of economics. And so the thought that I started with was how do you do this, still within the boundary of the science we know today -- no time for science fair, no time for playing around with things or waiting for the magic battery to show up. How do you do it within the economics that we have today? How do you do it from the power of the consumer up? And not from the power of an edict down.

On a random visit to Tesla on some afternoon, I actually found out that the answer comes from separating between the car ownership and the battery ownership. In a sense if you want to think about it this is the classic "batteries not included." Now if you separate between the two, you could actually answer the need for a convenient car by creating a network, by creating a network before the cars show up. The network has two components in them. First component is you charge the car whenever you stop -- ends up that cars are these strange beasts that drive for about two hours and park for about 22 hours. If you drive a car in the morning and drive it back in the afternoon the ratio of charge to drive is about a minute for a minute. And so the first thought that came to mind is, everywhere we park we have electric power. Now it sounds crazy. But in some places around the world, like Scandinavia, you already have that. If you park your car and didn't plug in the heater, when you come back you don't have a car. It just doesn't work.

Now that last mile, last foot, in a sense, is the first step of the infrastructure. The second step of the infrastructure needs to take care of the range extension. See we're bound by today's technology on batteries, which is about 120 miles if you want to stay within reasonable space and weight limitations. 120 miles is a good enough range for a lot of people. But you never want to get stuck. So what we added is a second element to our network, which is a battery swap system. You drive. You take your depleted battery out. A full battery comes on. And you drive on. You don't do it as a human being. You do it as a machine. It looks like a car wash. You come into your car wash. And a plate comes up, holds your battery, takes it out, puts it back in, and within two minutes you're back on the road and you can go again. If you had charge spots everywhere, and you had battery swap stations everywhere, how often would you do it? And it ends up that you'd do swapping less times than you stop at a gas station. As a matter of fact, we added to the contract. We said that if you stop to swap your battery more than 50 times a year we start paying you money because it's an inconvenience.

Then we looked at the question of the affordability. We looked at the question, what happens when the battery is disconnected from the car. What is the cost of that battery? Everybody tells us batteries are so expensive. What we found out, when you move from molecules to electrons, something interesting happens. We can go back to the original economics of the car and look at it again. The battery is not the gas tank, in a sense. Remember in your car you have a gas tank. You have the crude oil. And you have refining and delivery of that crude oil as what we call petrol or gasoline. The battery in this sense, is the crude oil. We have a battery bay. It costs the same hundred dollars as the gas tank. But the crude oil is replaced with a battery. Just it doesn't burn. It consumes itself step after step after step. It has 2,000 life cycles these days. And so it's sort of a mini well. We were asked in the past when we bought an electric car to pay for the entire well, for the life of the car. Nobody wants to buy a mini well when they buy a car. In a sense what we've done is we've created a new consumable.

You, today, buy gasoline miles. And we created electric miles. And the price of electric miles ends up being a very interesting number. Today 2010, in volume, when we come to market, it is eight cents a mile. Those of you who have a hard time calculating what that means -- in the average consumer environment we're in in the U.S. 20 miles per gallon that's a buck 50, a buck 60 a gallon. That's cheaper than today's gasoline, even in the U.S. In Europe where taxes are in place, that's the equivalent to a minus 60 dollar barrel. But e-miles follow Moore's Law. They go from eight cents a mile in 2010, to four cents a mile in 2015, to two cents a mile by 2020. Why? Because batteries life cycle improve -- a bit of improvement on energy density, which reduces the price. And these prices are actually with clean electrons. We do not use any electrons that come from coal. So in a sense this is an absolute zero-carbon, zero-fossil fuel electric mile at two cents a mile by 2020. Now even if we get to 40 miles per gallon by 2020, which is our desire. Imagine only 40 miles per gallon cars would be on the road. That is an 80 cent gallon. An 80 cent gallon means, if the entire Pacific would convert to crude oil, and we'd let any oil company bring it out and refine it, they still can't compete with two cents a mile. That's a new economic factor, which is fascinating to most people.

Now this would have been a wonderful paper. That's how I solved it in my head. It was a white paper I handed out to governments. And some governments told me that it's fascinating that the younger generation actually thinks about these things. (Laughter) Until I got to the true young global leader, Shimon Peres, President of Israel, and he ran a beautiful manipulation on me. First he let me go to the prime minister of the country, who told me, if you can find the money you need for this network,200 million dollars, and if you can find a car company that will build that car in mass volume, in two million cars -- that's what we needed in Israel -- I'll give you country to invest the 200 million into. Peres thought that was a great idea.

So we went out, and we looked at all the car companies. We sent letters to all the car companies. Three of them never showed up. One of them asked us if we would stay with hybrids and they would give us a discount. But one of them Carlos Ghosn, CEO of Renault and Nissan, when asked about hybrids said something very fascinating. He said hybrids are like mermaids. When you want a fish you get a woman and when you need a woman you get a fish. (Laughter) And Ghosn came up and said, "I have the car, Mr. Peres; I will build you the cars." And actually true to form, Renault has put a billion and a half dollars in building nine different types of cars that fit this kind of model that will come into the market in mass volume -- mass volume being the first year,100 thousand cars. It's the first mass-volume electric car, zero-emission electric car in the market. I was running, as Chris said, to be the CEO of a large software company called SAP And then Peres said, "Well won't you run this project?" And I said, "I'm ready for CEO" And he said, "Oh no no no no no. You've got to explain to me, what is more important than saving your country and saving the world, that you would go and do?"

And I had to quit and come and do this thing called A Better Place. We then decided to scale it up. We went to other countries. As I said we went to Denmark. And Denmark set this beautiful policy; it's called the IQ test. It's inversely proportional to taxes. They put 180 percent tax on gasoline cars and zero tax on zero-emission cars. So if you want to buy a gasoline car in Denmark, it costs you about 60,000 Euros. If you buy our car it's about 20,000 Euros. If you fail the IQ test they ask you to leave the country. (Laughter)

We then were sort of coined as the guys who run only in small islands. I know most people don't think of Israel as a small island, but Israel is an island -- it's a transportation island. If your car is driving outside Israel it's been stolen. (Laughter) If you're thinking about it in terms of islands, we decided to go to the biggest island that we could find, and that was Australia. The third country we announced was Australia. It's got three centers -- in Brisbane, in Melbourne, in Sydney -- and one freeway,one electric freeway that connects them. The next island was not too hard to find, and that was Hawaii. We decided to come into the U.S. and pick the two best places -- the one where you didn't need any range extension. Hawaii you can drive around the island on one battery. And if you really have a long day you can switch, and keep on driving around the island.

The second one was the San Francisco Bay Area where Gavin Newsom created a beautiful policy across all the mayors. He decided that he's going to take over the state, unofficially, and then officially, and then created this beautiful Region One policy. In the San Francisco Bay Area not only do you have the highest concentration of Priuses, but you also have the perfect range extender. It's called the other car. As we stared scaling it up we looked at what is the problem to come up to the U.S.? Why is this a big issue? And the most fascinating thing we've learned is that, when you have small problems on the individual level, like the price of gasoline to drive every morning. You don't notice it, but when the aggregate comes up you're dead. Alright?

So the price of oil, much like lots of other curves that we've seen, goes along a depletion curve. The foundation of this curve is that we keep losing the wells that are close to the ground. And we keep getting wells that are farther away from the ground. It becomes more and more and more expensive to dig them out. You think, well it's been up, it's been down, its been up, it's going to keep on going up and down. Here is the problem: at 147 dollars a barrel, which we were in six months ago, the U.S. spent a ton of money to get oil. Then we lost our economy and we went back down to 47 -- sometimes it's 40, sometimes it's 50. Now we're running a stimulus package. It's called the trillion-dollar stimulus package. We're going to revive the economy. Hopefully it happens between now and 2015, somewhere in that space. What happens when the economy recovers? By 2015 we would have had at least 250 million new cars even at the pace we're going at right now. That's another 30 percent demand on oil. That is another 25 million barrels a day. That's all the U.S. usage today. In other words at some point when we've recovered we go up to the peak. And then we do the OPEC stimulus package also known as 200 dollars a barrel. We take our money and we give it away. You know what happens at that point? We go back down. It's going to go up and down. And the downs are going to be much longer and the ups are going to be much shorter.

And that's the difference between problems that are additive, like CO2, which we go slowly up and then we tip, and problems that are depletive, in which we lose what we have, which oscillate, and they oscillate until we lose everything we've got. Now we actually looked at what the answer would be. Right? Remember in the campaign: one million hybrid cars by 2015. That is 0.5 percent of the U.S. oil consumption. That is oh point oh well percent of the rest of the world. That won't do much difference.

We looked at an MIT study: ten million electric cars on the global roads. Ten million out of 500 million we will add between now and then. That is the most pessimistic number you can have. It's also the most optimistic number because it means we will scale this industry from 100 thousand cars is 2011, to 10 million cars by 2016 -- 100 x growth in less than five years. You have to remember that the world today is bringing in so many cars. We have 10 million cars by region. That's an enormous amount of cars.

China is adding those cars -- India, Russia, Brazil. We have all these regions. Europe has solved it. They just put a tax on gasoline. They'll be the first in line to get off because their prices are high. China solves it by an edict. At some point they'll just declare that no gasoline car will come into a city, and that will be it. The Indians don't even understand why we think of it as a problem because most people in India fill two or three gallons every time. For them to get a battery that goes 120 miles is an extension on range, not a reduction in range. We're the only ones who don't have the price set right. We don't have the industry set right. We don't have any incentive to go and resolve it across the U.S.

Now where is the car industry on that? Very interesting. The car industry has been focused just on themselves. They basically looked at it and said, "Car 1.0 we'll solve everything within the car itself." No infrastructure, no problem. We forgot about the entire chain around us. All this stuff that happens around. We are looking at the emergence of a car 2.0 -- a whole new market, a whole new business model. The business model in which the money that is actually coming in, to drive the car -- the minutes, the miles if you want, that you are all familiar with -- subsidize the price of the car, just like cellphones. You'll pay for the miles. And some of it will go back to the car maker. Some of it will go back to your own pocket. But our cars are actually going to be cheaper than gasoline cars.

You're looking at a world where cars are matched with windmills. In Denmark, we will drive all the cars in Denmark from windmills, not from oil. In Israel, we've asked to put a solar farm in the south of Israel. And people said, "Oh that's a very very large space that you're asking for." And we said, "What if we had proven that in the same space we found oil for the country for the next hundred years?" And they said, "We tried. There isn't any." We said, "No no, but what if we prove it?" And they said, "Well you can dig." And we decided to dig up, instead of digging down. These are perfect matches to one another.

Now all you need is about 10 percent of the electricity generated. Think of it as a project that spans over about 10 years. That's one percent a year. Now when we're looking at solving big problems, we need to start thinking in two numbers. And those are not 20 percent by 2020. The two numbers are zero -- as in zero footprint or zero oil -- and scale it infinity. And when we go to COP15 at the end of this year we can't stop thinking of padding CO2. We have to start thinking about giving kickers to countries that are willing to go to this kind of scale.

One car emits four tons. And actually 700 and change million cars today emit 2.8 billion tons of CO2. That's, in the additive, about 25 percent of our problem. Cars and trucks add up to about 25 percent of the world's CO2 emissions. We have to come and attack this problem with a focus, with an effort that actually says, we're going to go to zero before the world ends. I actually shared that with some legislators here in the U.S. I shared it with a gentleman called Bobby Kennedy Jr., who is one of my idols. I told him one of the reasons that his uncle was remembered is because he said we're going to send a man to the moon, and we'll do it by the end of the decade. We didn't say we're going to send a man 20 percent to the moon. And there will be about a 20 percent chance we'll recover him. (Laughter)

He actually shared with me another story, which is from about 200 years ago. 200 years ago, in Parliament, in Great Britain, there was a long argument over economy versus morality. 25 percent -- just like 25 percent emissions today comes from cars -- 25 percent of their energy for the entire industrial world in the U.K. came from a source of energy that was immoral: human slaves. And there was an argument. Should we stop using slaves? And what would it do to our economy? And people said, "Well we need to take time to do it. Let's not do it immediately. Maybe we free the kids and keep the slaves. And after a month of arguments they decided to stop slavery, and the industrial revolution started within less than one year. And the U.K. had 100 years of economic growth. We have to make the right moral decision. We have to make it immediately. We need to have presidential leadership just like we had in Israel that said we will end oil. And we need to do it not within 20 years or 50 years, but within this presidential term because if we don't, we will lose our economy, right after we'd lost our morality.

Thank you all very much. (Applause)

国全体を石油無しで運営するにはどうすればいいでしょうか? そんな疑問が浮かんだのは 4年前のダボスの昼下がりでした それ以来ずっと考え続けています そして私はそれに対してパズルを解くかのように遊び始めたのです 始めは「エタノールに違いない」という考えでした そこでエタノールを調査したのですが 全ての国の人々の裏庭にアマゾンが必要という結論に到着し 6ヶ月後、私は「水素に違いない」と確信したのですが ある科学者によると残念ながら もし水素を使う場合、実際には 車中に取り入れるよりも多くのクリーンな電子を 使い込んでしまうようです それらは進むべき道には成り得ませんでした

そして思考の迷走の 過程を経て もし国全体を なるべく便利で手頃な価格の電気自動車に転向できたら 問題の解決に辿りつけるだろう、という考えに至ったのです 一気に規模を拡大できるものでなければならないという 観点から考え始めました どのように車を作るかではなく どのような形で規模を拡大すれば 99パーセントの人口に利用されるようになるでしょうか? 思い浮かんだ考えは 現在市場にある車と対等でなければならないことです 一点目は、車よりも便利でなければならないこと そして二点目は、今の車よりも更に手頃な値段でなければならない事です 手頃な価格というのは4万ドルのセダンではありません 今はそんな資金調達できませんし、購入出来ませんよね? 便利というのは、1時間の運転に8時間の充電ということではありません

私達は物理の法則と 経済の法則に縛られています そこで、私は現在の 科学知識の範囲内で 科学展や魔法のバッテリーの登場を待つような 余計な時間を省いて どう実現するかを考え始めました 今日の経済でどう実現すればいいでしょうか? 法令の力ではなく 消費者の力によってこの考えを実現するにはどうすればいいでしょうか?

テスラにふらりと訪れた日の午後 私は実際に 車の所有権とバッテリーの所有権を切り離すことで 答えを見つけ出すことが出来ました 考えるならば、これは言わば、よく知られた 「バッテリーは含まれていません」というものです それぞれを二つに切り離した場合 便利な車の要求に応える為には 車よりも先に バッテリーの供給ネットワークを構築することが必用です このネットワークには、ふたつの要素が存在します 一つ目の要素は、どこへ停まっても車を充電するということです 車というのは、結局のところ、およそ2時間走り 22時間駐車する奇妙な獣のようなものです もし皆さんが車を朝運転し、午後運転して戻ってきた場合 充電と運転の比率はだいたい1分対1分となります そこで始めに思いついた考えは どこに駐車しても電力が供給されるというものです 一見無茶に聞こえるかもしれませんが、世界には スカンジナビアのように、既に設備の整っている所もあります 皆さんがヒーターのプラグを差し込まず、車を駐車した場合 戻ってきても車は使えません これではどうにもなりません

その最後のマイル ある意味で、最後の一歩が インフラにおける第一段階となります インフラの第二段階として取り組まなければならないのは 移動距離の延長です 妥当な空間と重量制限を求めるなら 走行距離120マイルというバッテリーの 現在の技術に制約されてしまいます 120マイルは多くの人々にとって十分な移動距離ですが 車の立ち往生は避けなければなりません そこで私たちが二つ目の要素としてネットワークに加えたものは バッテリー交換システムです 運転し、使い切ったバッテリーを外し 充電済みのバッテリーを装着し、再び運転に戻るのです この作業は人ではなく機械がやります まるで洗車です 洗車に来ると プレートがせり上がり、バッテリーをつかんで、取り外し、また元に戻します そして2分以内に、また道路に戻り 運転を再開することが出来ます もし、充電スポットがそこら中にあり バッテリー交換ステーションもそこら中にあれば どれくらいの頻度で利用しますか? ガソリンスタンドに停まるよりも少ない頻度でバッテリー交換をすることになるでしょう 実のところ、私たちはある条項を契約に追加しました もし、1年間に50回以上バッテリーを交換した場合は その方にお金をお支払います なぜなら、それは不便だからです

次に手頃な求めやすい価格について協議しました バッテリーが車から外れた時にどうなるか、という観点で 問題を分析しました バッテリーのコストはどれくらいでしょう? みんな私達に、バッテリーはとても高額であることをいいます 分子から電子に視点を変えると、とても興味深い出来事が起こることを 私たちは発見しました 私達は、初期の頃の車経済に立ち返り、見直すことが出来るのです バッテリーは、ある意味ガソリンタンクではありません 皆さんの車にはガソリンタンクがありますよね 原油があって その原油の精製と配送があり 我々はそれをガソリンと呼びます バッテリーはその意味では、原油です バッテリーベイはガソリンタンクと同じように 数百ドルのコストがかかります ただ、原油はバッテリーに置き換えられ それ自体は燃えることなく 徐々に消耗されます 最近では2000回ものライフサイクルが可能です まるで小さな油田のようなものなのです 私たちは過去に、電気自動車を購入した際 油田を車の寿命分、前払いしろ言われました 誰も車を購入する際、小さな油田を買いたいとは思いません そこで、私たちは、ある意味で 新しい消耗品を開発しました

皆さんは、現在、ガソリンのマイルを買っています 私たちは、代わりに電気のマイルを作りました そしてこの電気のマイルの価格は、最終的にとても興味深い数字になりました 2010年において 私たちが市場に参入する頃には、1マイル8セントです 計算が苦手な人のために言い換えると 平均的なアメリカの 消費社会においては 1ガロン(約4リットル)あたり20マイル(約30キロ)で、1ガロンにつき 1ドル50-60セントとなります アメリカでさえ、現在のガソリンよりも安いです 課税の生じるヨーロッパにおいても 1バレル(約160リットル)につき、マイナス60ドルに相当します しかも、eマイルはムーアの法則に従います 2010年に、8セントから始まったものが 2015年に1マイル、4セントとなり 2020年には1マイル、2セントとなります なぜでしょう? バッテリーのライフサイクルが向上するからです エネルギー密度の小さな向上が、価格を引き下げるからです そしてこれらの価格は、実際に、クリーンな電子に対する価格です 私たちは、石炭由来の電子を使用しません これは、ある意味で 完全なる炭素ゼロ、化石燃料ゼロの 電子マイルで、2020年までに2セントとなります もし2020年までに、私たちの望みである 1ガロン、40マイルを達成したとして 1ガロンで40マイル走る車しか道路に存在しないことを想像してみてください 1ガロン80セントです 1ガロン80セントということは、もしすべての太平洋が 原油にすり替わったとしても どんな石油会社に原油を取り出し精製させても 彼らは1マイル2セントの価格と競争することはできません 多くの人々を魅了する 新しい経済要素があるのです

このような考えはきっと素晴らしい報告書になったでしょう このように自分の頭の中で問題を解決し、各国の政府にその報告書を配りました いくつかの政府は、私に 若い世代が実際にこのような事を考える事は素晴らしいと言いました (笑) そしては、私は 真の若き世界的なリーダーである、イスラエルの大統領、シモン ペレスに出会ったのです そしては彼は私に素晴らしい機会を与えてくれました 始めに彼は国の首相に会わせてくれました 彼は、「もし、君がこのネットワークを敷設する為の資金として 2億ドルを調達し イスラエルにおいて必用とされる200万台の 電気自動車を製造する自動車会社を 探し出す事ができたら 国に2億ドル投資させよう」と言いました ペルス氏はそれをとても良い案だと思ったようです

そこで、私たちは全ての自動車会社を調査し その全てに手紙を書きました そのうち、三社は一度も姿を見せませんでした 一社は、私たちに ハイブリッド自動車で我慢してくれれば、ディスカウントを提供すると言いました ルノー 日産のカルロス ゴーンは ハイブリッド自動車に対して聞かれた時に、非常に興味深いことを言っていました 彼は、ハイブリッド自動車はまるで人魚のようだと言いました 魚が欲しい時に 女が手に入り 女が欲しい時に 魚が手に入る (笑) そしてゴーン氏は 「ペレスさん、私が車を作りましょう」と言いました そして、実際に例のごとく、ルノーは15億ドルを使って このモデルに合致する9種類の異なる車を 多量に市場に投入されるように製造しました 初年度は、全体で10万台の自動車が投入されます これ程大量の電気自動車が 排ガスゼロの電気自動車として、市場に投入されるのは、始めての事です クリスが言ったように 私は、SAPという、強大なソフトウェア会社のCEOになる予定でした ペレス氏は「君がこのプロジェクトを率いていくのではないのか?」と言いました 私が「SAPのCEOになる予定です」と言ったところ、彼は 「なんだって、自分の国や世界を救うより 大切な事など、何があるのか 説明してくれ」と言いました

そこで私はSAPを辞め、Better Placeを立ち上げたのです 私たちは、その後、事業の規模を拡大する事を決め 他の国々を訪れました 前にも言ったように、デンマークを訪れました デンマークはIQテストという 大変素晴らしい政策があります それは、税金と反比例するものです 向こうでは、180パーセントの税金をガソリン車にかけ 排気ガスゼロの車に対しては、税金をかけません デンマークでガソリン車を買うと6万ユーロです もし私たちの車を買えば、大体2万ユーロです もしこのIQテストに受からなければ、国を離れるように求められます (笑)

私たちは、小さな島に対してのみ事業を行う 企業のようなものとして呼ばれました 多くの人はイスラエルを小さな島とは考えないでしょう しかし、イスラエルは島なのです 交通手段において孤立しています もしあなたの車がイスラエルの外を走っていたら、それは盗まれたということです (笑) 島という観点で考えた場合 私たちは、探し出した中で最も大きな島を訪れることに決めました オーストラリアです 発表した三つ目の国はオーストラリアでした 向こうには、3カ所の中心地として ブリスベン、メルボルン、そしてシドニーがあり それらをひとつの電気自動車向けの高速道路がつなぎます 次の島は 容易く見つかりました ハワイです 私たちは、アメリカを訪れる事を決め 最高の場所を2カ所選び出しました 一つは移動距離拡大の必要のない場所です ハワイでは、バッテリーひとつで島を一周できます 長時間運転する場合は、バッテリーを交換すれば 島の周りを続けて運転することができます

二つ目は、サンフランシスコ湾地区であり ギャビン ニューソムが全ての市長の中で素晴らしい政策を作った場所でもあります 彼は州を、始めは非合法的に、そして後に 合法的に支配する事を決めました そしてとても素晴らしい政策をつくったのです サンフランシスコ湾地区は プリウスが最も集中しているだけでなく 完璧な移動距離の延長手段が存在します それは「その他の車」と呼ばれています 私たちが規模を拡大し始めた時に アメリカで起きている問題とは何か考えました そしてなぜそれが大問題なのか考えました 私たちが学んだ最も興味深いことは 毎朝車を運転する時のガソリンの料金のように 小さな問題が、それぞれ独立して存在している時は 普段は気づかないのに、蓄積すると 手が付けられなくなりますよね?

原油価格は 私たちが見た多くの曲線のように 減少曲線に沿っています この曲線の土台をみると、継続的に地面に近い油田を失いつつあります そして地面から遥か遠い油田を獲得し続けているのです 原油を掘り起こすのに、ますます費用がかかっています 皆さんはおそらく、「今まで上がって、下がって また上がって、これからも上下し続けるのではないか」と思っているかもしれません 問題はこういう事です 6ヶ月前、1バレル147ドルでしたが アメリカ政府は原油を得る為に多額の資金を投じました そして経済が崩壊したことで、1 バレル47ドルまで価格が戻ったのです それは40ドルだったり50ドルだったりしますが 今、政府は緊急経済対策を実行しています それは、1兆ドルの緊急経済対策と呼ばれています アメリカの経済は復興するでしょう うまくいけば今から2015年の間にかけて 復興するものと思われます それでは、経済が復活したら何が起こるでしょうか? 今のペースでいっても、2015年までには少なくとも25億台の 新車が投入されるでしょう これは30パーセントの原油の需要拡大 すなわち、一日2.5億バレルの消費拡大を意味し 今のアメリカ国内における消費量と同等の量となります 言い換えれば、ある時点で経済が復活した際、原油価格はピークまで上がり続け OPECの緊急経済対策 またの名を「1バレル200ドル」対策を実施します 私たちのお金をバラまくのです その時、何が起きるかわかりますか? 原油価格は下がります 上がったり下がったりします そして下がる期間はもっと長くなり 上がる期間は更に短くなるでしょう

これこそが、二酸化炭素のように、頂点まで徐々に上がり続ける 付加的な問題と 振り子のように振れながら 全てを失うまで 下がり続ける 枯渇的な問題との違いです 私たちはこの問題に対してどういう答えがあるか考えました キャンペーンを思い出してください 「2015年までに100万台のハイブリット車を」 これは、アメリカの原油消費量の0.5パーセントに過ぎません その他の国も含めると0.0パーセント分の油田に相当します これでは大した違いは見込めません

MITの調査によると 1000万台の電気自動車が世界中の道を走ります 今後、5億台中1000万台を追加します これは考えうる最も悲観的な数字です 同時に最も楽天的な数字でもあります なぜなら、私たちはこの産業の規模を拡大させ 2011年には10万台 2016年までには1000万台 つまり、5年未満で100倍の台数を普及させます 現在、世界は非常に多くの車を生産していることを覚えておく必用があります 地域別に1000万台ごと生産されています これは途方もない車の数です

中国はそれらに加えて車を生産しています インド、ロシア、ブラジルも同様です この地域全てで、車が生産され続けています ヨーロッパは、この問題に対して、ガソリンに税金をかけることで、解決しています 彼らは一番早くこの状況から抜け出すでしょう なぜなら、彼らのガソリン価格は高いからです 中国は法令によって解決するでしょう ある時点で、彼らは 町中にガソリン車を受け入れないように宣言することで、終わります インドはそもそも私たちが問題と思っている事が分からないでしょう なぜなら、インドに住む人々は、毎回2、3ガロン給油します 彼らにとって、120マイル走る電池を手に入れる事は 移動距離の延長であり、短縮ではありません 私たちだけが、原油価格の適正な設定もできず 産業も正しく機能せず アメリカでこの問題を解決しようとする インセンティブに欠けています

それでは、自動車産業はどういう立ち位置にいるでしょうか? とても興味深いことがわかります 自動車産業は自分たちのみに焦点を合わせています 彼らは、この問題を見て、「Car 1.0なら 車単体で全て解決するだろう」と言いました インフラがなくても問題はないと見なしています 私たちは、周りに存在する連鎖関係を忘れているのです これらは、相互に関係し合っています 私たちが考えているのはCar 2.0の到来です 新しい市場であり、新しいビジネスモデルです それは車を運転する事で実際に資金が流れ込んでくる ビジネスモデルです 皆さんが親しんでいる 走行時間や走行距離が 車の価格に含まれることになるのです 携帯電話のように、走行距離を支払います そのうちのいくらかは、車メーカーに支払われ いくらかは、自分の懐に戻ってきます 私たちの車は、実際にガソリン車よりも価格が安くなります

車が風車とマッチした世界を想像してみてください デンマークでは、全ての車はガソリンではなく 風車によって動かします イスラエルでは、イスラエルの南部において ソーラーファームの設置を要請しました 人々から「広大な敷地を要求しますね」と言われました 「同じ場所に、国に必用な原油の百年分がある事を 証明したらどうしますか?」と聞くと 「探しましたが原油などありません」と言われたので 「証明できたらどうしますか?」と聞くと 「じゃあ掘ってみなさい」と言われたので 下ではなく、上に向けて掘ることにしたのです これらは、それぞれが互いに完全に結びつきあうビジネスモデルです

必用なのは、10パーセントの 発電量のみです これを10年間に渡るプロジェクトと考えてみてください それは、1年に1パーセントということです 大きな問題を解決しようと考える時 私たちは、2つの数字で物事を考えなければなりません そしてそれらは、2020年までに20パーセントという意味ではありません 2つの数字とは、ゼロ、すなわち原油ゼロから 無限に拡大させることです そして私たちが今年の終わりに開催されるCOP15に参加する際 二酸化炭素の水増しを考えるのをやめられません この規模を実施しようとする国を 後押しする事を考えなければなりません

車一台につき、4トンもの排ガスを排出します そして、現在、存在する7億台の車は 28億トンの二酸化炭素を排出します それは、現在における25パーセントもの問題に相当します 車やトラックを数え合わせると、それらは世界における二酸化炭素排出量の25パーセントに当たります 私たちはこの問題に対して 焦点を合わせ、実際に、世界が終わる前に 排出量をゼロに抑える取り組みを始めなければなりません 私は、これをアメリカの国会議員と共有しました 共有した相手とは、ボビー ケネティー ジュニアという紳士で、私が尊敬する人の一人です 私は、彼に彼の叔父が人々に記憶される 理由の一つとして 彼は、10年間の終わりまでに 月に人を送り込むということ宣言したことです 決して月に20パーセントの確率で人を送り込み 20パーセントの確率で回収するとは言いませんでした (笑)

彼はもう一つ、200年前に起きた別の話を教えてくれました 200年前、英国の国会で 経済をとるか、倫理をとるかに関して 非常に長い議論がありました 25パーセントもの、現在における25パーセントの排気ガスが車から来ているように 英国の全産業世界における 25パーセントのエネルギーは モラルに反するエネルギーに由来していました 奴隷です そして議論が起こりました 奴隷性を廃止にすべきか? 経済への影響はどれくらいか? そして人々は、「実行に移すには時間が必用だ すぐに実行せず、子供達だけ解放して 奴隷はそのままにしよう」といいました そして1ヶ月もの議論の末、奴隷制を廃止することが決定され 1年以内に産業革命が始まり 英国は100年の経済成長を得たのです 私達は正しい倫理的判断をしなければなりません 私たちは今すぐ判断しなければなりません 私たちは石油の利用を辞めることを宣言したイスラエルのように 大統領的なリーダーシップが必用なのです そして20年か50年の間ではなく この大統領の任期中に実現させる必用があります なぜなら、もし私たちがやらなければ、私たちの経済とともに 私たちの倫理観も失うことになるからです

皆さんどうもありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画