動物

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
ラティフ・ナサー: あなたの知らない、ラクダの本当の故郷
ラクダは砂漠にとてもよく適応しているので、他の場所で暮らす姿など想像できません。でも、ラクダに対する見方が完全に間違っていたとしたらどうでしょう?あの大きなこぶも、足や目も、別の時代の違う気候に適するように進化していたとしたら?ラジオ番組『Radiolab』のラティフ・ナサーが語るのは、とても小さな奇妙な化石によって、彼のラクダに対する見方と世界観が一変するまでの驚くべき物語です。
カール・サフィーナ: 動物は何を感じ何を思うのか?
動物の脳の中では何が起きているのでしょう?動物が感じたり考えたりしていることを知ることは可能なのでしょうか?そもそも動物は感じたり考えたりするのでしょうか?カール・サフィーナは可能だと考えています。生態学、生物学、行動科学に渡る発見や逸話から、クジラやオオカミやゾウやアホウドリの物語を紡ぎ出し、地球を共有する他の生き物たちも人間同様に考え、道具を使い、感情を表現することを示します。
パトリシア・メディチ: 知られざる最高の動物 ― どうすれば救えるのか
バクは、世界最大級の陸生哺乳類でありながら、群れをつくらず夜行性であることから、その生態は謎に包まれています。「生きた化石」として知られ、現在南米の森林や草原を闊歩するバクが進化の歴史に登場したのは5百万年以上も前になります。しかし、急速な産業化が進むブラジルでは特に、密猟や森林破壊、環境汚染の危機にさらされ、その生存が危ぶまれています。この示唆に富んだトークでは、保全生物学者でバクの専門家であるTEDフ...
スティーブン・ワイズ: 感情や思考を持つチンパンジーに権利を!
チンパンジーも人なのです。もちろん、厳密には違いますけど。しかし、弁護士のスティーブン・ワイズ氏は過去30年間、動物の立場を「物」から「人」に変えようとしてきました。これは法律上の意味論ではありません。この興味深いトークで、ワイズ氏はチンパンジーなどの動物達が驚くべき認識能力を持っていること、また、道徳的見地にとどまらず「法律上」どのように扱うべきかを考えさせます。
ダイアナ・ライス: 動物種間インターネット?進行中のアイディア
類人猿、イルカ、象には素晴らしいコミュニケーション能力があります。インターネットを、彼らの様な知覚動物も使える規模に出来ないでしょうか。イルカ研究家ダイアナ・ライス、音楽家ピーター・ガブリエル、「モノのインターネット」のビジョンの持ち主ニール・ガーシェンフェルド、インターネットの創始者の一人ヴィント・サーフの偉大なる4人の思想家が、新しい取り組みのアイデアを披露します。
キース・ムーリカー: 死んだカモが私の人生をどう変えたか
ある日の午後、キース・ムーリカーが見つけた研究対象は、ほとんどの鳥類学者が見向きもしないようなものでした。1羽のカモが彼のオフィスがあるガラス張りの建物に衝突して死に、そして... その後に見たものが彼の人生を変えることになります。[注意: 刺激の強い映像や動物の性行動の描写が含まれます。]
ミュニル・ビラニ: 私がハゲワシを慕うわけ
自然界のゴミ収集を担うハゲワシは生態系に欠かせない存在です。では、なぜあれほど不人気なのでしょうか?なぜ多くのハゲワシは絶滅の危機に瀕しているのでしょう?猛禽類を専門とする生物学者のミュニル・ビラニは、ユニークな生物であり、また誤解されている生物でもあるハゲワシにもっと注目して、認識を改め、ハゲワシを救おうと語ります。
フランス・ドゥ・ヴァール: 良識ある行動をとる動物たち
共感、協力、公平さ そして互恵--われわれは他人の幸せを思いやるという行為を、とても人間臭いものだと思いがちです。しかし人間と動物の行動が、モラルという面でいかに共通したものであるのか。フランス・ドゥ・ヴァール博士は、霊長類や他の哺乳類達の行動実験の様子をとらえた驚きに満ちた映像を通して明らかにします。
イザベル・ベーンケ: ボノボから人間へ、遊びという進化の贈り物
霊長類学者のイザベル・ベーンケ・イスキエルドが、見たことのないような映像を用いながら、類人猿のボノボたちがいかにして遊び-単独で行うもの、友達と、そして果ては性行為への前兆としての遊び-からさまざまなことを学んでいるかを示します。実際、遊びはボノボが問題を解決したり争いを避けたりする上で、重要な役割を果たしているように見えます。人間に近い類人猿でそんなことが起きているのですから、人間にとっても同じこと...
ビバリー + デレック・ジュベール: 命について大型ネコ科動物から教わったこと
ビバリー・ジュベールとデレック・ジュベールは、野生のライオンやヒョウを撮影するために、草むらの中で生活しています。今までに誰も見た事がなかった映像も含まれるビデオと共に、彼らが得たこの威厳ある動物との関係や、人間界が及ぼした脅威からネコ科の動物を救おうとする努力を語ります。
ローリー・サントス: 猿の経済界にも見られる不合理性
ローリー・サントスが人間の不合理性の元を探すべく、他の霊長類がどのような決断をするのか観察をします。猿を対象にした数々の実験から、人間と同様に、猿も愚かな選択をすることがわかります。
ジュリアナ・マチャド・フェレイラ: ブラジルにおける希少動物密売根絶の戦い
TED Senior Fellowの一員で生物学者のジュリアナ・マチャド・フェレイラがブラジルで捕獲されている野生の鳥や他の動物たちを救う活動についてお話します。密猟者から助け出された動物達はこれからどうなるのでしょうか、とジュリアナな問いかけます。
カーティック・サティアナラヤン: 踊らされる熊を救った方法
インドのカランダル地域では伝統的にナマケグマの子供を捕獲し、とても非情な方法で踊りを調教することで生計を立ててきました。カーティック・サティアナラヤンが何世紀にもわたる古来からのこの風習に終止符を打つなかで、重要な教訓を見つけ出しました。彼らを解決策の一部として取り込んでしまうというものです。
ラティフ・ナサー: あなたの知らない、ラクダの本当の故郷
12:27
2016/04/14
ラクダは砂漠にとてもよく適応しているので、他の場所で暮らす姿など想像できません。でも、ラクダに対する見方が完全に間違っていたとしたらどうでしょう?あの大きなこぶも、足や目も、別の時代の違う気候に適するように進化していたとしたら?ラジオ番組『Radiolab』のラティフ・ナサーが語るのは、とても小さな奇妙な化石によって、彼のラクダに対する見方と世界観が一変するまでの驚くべき物語です。
カール・サフィーナ: 動物は何を感じ何を思うのか?
19:26
2015/12/17
動物の脳の中では何が起きているのでしょう?動物が感じたり考えたりしていることを知ることは可能なのでしょうか?そもそも動物は感じたり考えたりするのでしょうか?カール・サフィーナは可能だと考えています。生態学、生物学、行動科学に渡る発見や逸話から、クジラやオオカミやゾウやアホウドリの物語を紡ぎ出し、地球を共有する他の生き物たちも人間同様に考え、道具を使い、感情を表現することを示します。
パトリシア・メディチ: 知られざる最高の動物 ― どうすれば救えるのか
11:32
2015/12/01
バクは、世界最大級の陸生哺乳類でありながら、群れをつくらず夜行性であることから、その生態は謎に包まれています。「生きた化石」として知られ、現在南米の森林や草原を闊歩するバクが進化の歴史に登場したのは5百万年以上も前になります。しかし、急速な産業化が進むブラジルでは特に、密猟や森林破壊、環境汚染の危機にさらされ、その生存が危ぶまれています。この示唆に富んだトークでは、保全生物学者でバクの専門家であるTEDフェローのパトリシア・メディチが、この素晴らしい動物を保全するための取組みを紹介し、皆さんに、ある問いを投げかけます ― このままバクを絶滅させてしまうのですか?
スティーブン・ワイズ: 感情や思考を持つチンパンジーに権利を!
14:17
2015/05/20
チンパンジーも人なのです。もちろん、厳密には違いますけど。しかし、弁護士のスティーブン・ワイズ氏は過去30年間、動物の立場を「物」から「人」に変えようとしてきました。これは法律上の意味論ではありません。この興味深いトークで、ワイズ氏はチンパンジーなどの動物達が驚くべき認識能力を持っていること、また、道徳的見地にとどまらず「法律上」どのように扱うべきかを考えさせます。
ダイアナ・ライス: 動物種間インターネット?進行中のアイディア
20:02
2013/07/10
類人猿、イルカ、象には素晴らしいコミュニケーション能力があります。インターネットを、彼らの様な知覚動物も使える規模に出来ないでしょうか。イルカ研究家ダイアナ・ライス、音楽家ピーター・ガブリエル、「モノのインターネット」のビジョンの持ち主ニール・ガーシェンフェルド、インターネットの創始者の一人ヴィント・サーフの偉大なる4人の思想家が、新しい取り組みのアイデアを披露します。
キース・ムーリカー: 死んだカモが私の人生をどう変えたか
11:53
2013/04/01
ある日の午後、キース・ムーリカーが見つけた研究対象は、ほとんどの鳥類学者が見向きもしないようなものでした。1羽のカモが彼のオフィスがあるガラス張りの建物に衝突して死に、そして... その後に見たものが彼の人生を変えることになります。[注意: 刺激の強い映像や動物の性行動の描写が含まれます。]
ミュニル・ビラニ: 私がハゲワシを慕うわけ
06:42
2012/11/29
自然界のゴミ収集を担うハゲワシは生態系に欠かせない存在です。では、なぜあれほど不人気なのでしょうか?なぜ多くのハゲワシは絶滅の危機に瀕しているのでしょう?猛禽類を専門とする生物学者のミュニル・ビラニは、ユニークな生物であり、また誤解されている生物でもあるハゲワシにもっと注目して、認識を改め、ハゲワシを救おうと語ります。
フランス・ドゥ・ヴァール: 良識ある行動をとる動物たち
16:53
2012/04/10
共感、協力、公平さ そして互恵--われわれは他人の幸せを思いやるという行為を、とても人間臭いものだと思いがちです。しかし人間と動物の行動が、モラルという面でいかに共通したものであるのか。フランス・ドゥ・ヴァール博士は、霊長類や他の哺乳類達の行動実験の様子をとらえた驚きに満ちた映像を通して明らかにします。
イザベル・ベーンケ: ボノボから人間へ、遊びという進化の贈り物
07:02
2011/03/22
霊長類学者のイザベル・ベーンケ・イスキエルドが、見たことのないような映像を用いながら、類人猿のボノボたちがいかにして遊び-単独で行うもの、友達と、そして果ては性行為への前兆としての遊び-からさまざまなことを学んでいるかを示します。実際、遊びはボノボが問題を解決したり争いを避けたりする上で、重要な役割を果たしているように見えます。人間に近い類人猿でそんなことが起きているのですから、人間にとっても同じことが言えるのではないでしょうか?
ビバリー + デレック・ジュベール: 命について大型ネコ科動物から教わったこと
17:51
2010/12/20
ビバリー・ジュベールとデレック・ジュベールは、野生のライオンやヒョウを撮影するために、草むらの中で生活しています。今までに誰も見た事がなかった映像も含まれるビデオと共に、彼らが得たこの威厳ある動物との関係や、人間界が及ぼした脅威からネコ科の動物を救おうとする努力を語ります。
ローリー・サントス: 猿の経済界にも見られる不合理性
20:17
2010/07/29
ローリー・サントスが人間の不合理性の元を探すべく、他の霊長類がどのような決断をするのか観察をします。猿を対象にした数々の実験から、人間と同様に、猿も愚かな選択をすることがわかります。
ジュリアナ・マチャド・フェレイラ: ブラジルにおける希少動物密売根絶の戦い
06:03
2010/03/23
TED Senior Fellowの一員で生物学者のジュリアナ・マチャド・フェレイラがブラジルで捕獲されている野生の鳥や他の動物たちを救う活動についてお話します。密猟者から助け出された動物達はこれからどうなるのでしょうか、とジュリアナな問いかけます。
カーティック・サティアナラヤン: 踊らされる熊を救った方法
06:34
2010/01/11
インドのカランダル地域では伝統的にナマケグマの子供を捕獲し、とても非情な方法で踊りを調教することで生計を立ててきました。カーティック・サティアナラヤンが何世紀にもわたる古来からのこの風習に終止符を打つなかで、重要な教訓を見つけ出しました。彼らを解決策の一部として取り込んでしまうというものです。