TED日本語 - パトリシア・メディチ: 知られざる最高の動物 ― どうすれば救えるのか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - パトリシア・メディチ: 知られざる最高の動物 ― どうすれば救えるのか

TED Talks

知られざる最高の動物 ― どうすれば救えるのか
The Coolest Animal You Know Nothing About ... and How We Can Save It
パトリシア・メディチ
Patricia Medici

内容

バクは、世界最大級の陸生哺乳類でありながら、群れをつくらず夜行性であることから、その生態は謎に包まれています。「生きた化石」として知られ、現在南米の森林や草原を闊歩するバクが進化の歴史に登場したのは5百万年以上も前になります。しかし、急速な産業化が進むブラジルでは特に、密猟や森林破壊、環境汚染の危機にさらされ、その生存が危ぶまれています。この示唆に富んだトークでは、保全生物学者でバクの専門家であるTEDフェローのパトリシア・メディチが、この素晴らしい動物を保全するための取組みを紹介し、皆さんに、ある問いを投げかけます ― このままバクを絶滅させてしまうのですか?

Script

This is one of the most amazing animals on the face of the Earth. This is a tapir. Now this, this is a baby tapir, the cutest animal offspring in the animal kingdom.

(Laughter)

By far. There is no competition here.

I have dedicated the past 20 years of my life to the research and conservation of tapirs in Brazil, and it has been absolutely amazing. But at the moment, I've been thinking really, really hard about the impact of my work. I've been questioning myself about the real contributions I have made for the conservation of these animals I love so much. Am I being effective in safeguarding their survival? Am I doing enough? I guess the big question here is, am I studying tapirs and contributing to their conservation, or am I just documenting their extinction?

The world is facing so many different conservation crises. We all know that. It's all over the news every day. Tropical forests and other ecosystems are being destroyed, climate change, so many species on the brink of extinction: tigers, lions, elephants, rhinos, tapirs.

This is the lowland tapir, the tapir species I work with, the largest terrestrial mammal of South America. They're massive. They're powerful. Adults can weigh up to 300 kilos. That's half the size of a horse. They're gorgeous.

Tapirs are mostly found in tropical forests such as the Amazon, and they absolutely need large patches of habitat in order to find all the resources they need to reproduce and survive. But their habitat is being destroyed, and they have been hunted out of several parts of their geographic distribution.

And you see, this is very, very unfortunate because tapirs are extremely important for the habitats where they are found. They're herbivores. Fifty percent of their diet consists of fruit, and when they eat the fruit, they swallow the seeds, which they disperse throughout the habitat through their feces. They play this major role in shaping and maintaining the structure and diversity of the forest, and for that reason, tapirs are known as gardeners of the forest. Isn't that amazing? If you think about it, the extinction of tapirs would seriously affect biodiversity as a whole.

I started my tapir work in 1996, still very young, fresh out of college, and it was a pioneer research and conservation program. At that point, we had nearly zero information about tapirs, mostly because they're so difficult to study. They're nocturnal, solitary, very elusive animals, and we got started getting very basic data about these animals.

But what is it that a conservationist does? Well, first, we need data. We need field research. We need those long-term datasets to support conservation action, and I told you tapirs are very hard to study, so we have to rely on indirect methods to study them. We have to capture and anesthetize them so that we can install GPS collars around their necks and follow their movements, which is a technique used by many other conservationists around the world. And then we can gather information about how they use space, how they move through the landscape, what are their priority habitats, and so much more.

Next, we must disseminate what we learn. We have to educate people about tapirs and how important these animals are. And it's amazing how many people around the world do not know what a tapir is. In fact, many people think this is a tapir. Let me tell you, this is not a tapir.

(Laughter)

This is a giant anteater. Tapirs do not eat ants. Never. Ever.

And then next we have to provide training, capacity building. It is our responsibility to prepare the conservationists of the future. We are losing several conservation battles, and we need more people doing what we do, and they need the skills, and they need the passion to do that. Ultimately, we conservationists, we must be able to apply our data, to apply our accumulated knowledge to support actual conservation action. Our first tapir program took place in the Atlantic Forest in the eastern part of Brazil,one of the most threatened biomes in the world. The destruction of the Atlantic Forest began in the early 1500s, when the Portuguese first arrived in Brazil, beginning European colonization in the eastern part of South America. This forest was almost completely cleared for timber, agriculture, cattle ranching and the construction of cities, and today only seven percent of the Atlantic forest is still left standing. And tapirs are found in very, very small, isolated, disconnected populations. In the Atlantic Forest, we found out that tapirs move through open areas of pastureland and agriculture going from one patch of forest to patch of forest. So our main approach in this region was to use our tapir data to identify the potential places for the establishment of wildlife corridors in between those patches of forest, reconnecting the habitat so that tapirs and many other animals could cross the landscape safely.

After 12 years in the Atlantic Forest, in 2008, we expanded our tapir conservation efforts to the Pantanal in the western part of Brazil near the border with Bolivia and Paraguay. This is the largest continuous freshwater floodplain in the world, an incredible place and one of the most important strongholds for lowland tapirs in South America. And working in the Pantanal has been extremely refreshing because we found large, healthy tapir populations in the area, and we have been able to study tapirs in the most natural conditions we'll ever find, very much free of threats.

In the Pantanal, besides the GPS collars, we are using another technique: camera traps. This camera is equipped with a movement sensor and it photographs animals when they walk in front of it. So thanks to these amazing devices, we have been able to gather precious information about tapir reproduction and social organization which are very important pieces of the puzzle when you're trying to develop those conservation strategies.

And right now,2015, we are expanding our work once again to the Brazilian Cerrado, the open grasslands and shrub forests in the central part of Brazil. Today this region is the very epicenter of economic development in my country, where natural habitat and wildlife populations are rapidly being eradicated by several different threats, including once again cattle ranching, large sugarcane and soybean plantations, poaching, roadkill, just to name a few. And somehow, tapirs are still there, which gives me a lot of hope. But I have to say that starting this new program in the Cerrado was a bit of a slap in the face. When you drive around and you find dead tapirs along the highways and signs of tapirs wandering around in the middle of sugarcane plantations where they shouldn't be, and you talk to kids and they tell you that they know how tapir meat tastes because their families poach and eat them, it really breaks your heart.

The situation in the Cerrado made me realize -- it gave me the sense of urgency. I am swimming against the tide. It made me realize that despite two decades of hard work trying to save these animals, we still have so much work to do if we are to prevent them from disappearing. We have to find ways to solve all these problems. We really do, and you know what? We really came to a point in the conservation world where we have to think out of the box. We'll have to be a lot more creative than we are right now. And I told you, roadkill is a big problem for tapirs in the Cerrado, so we just came up with the idea of putting reflective stickers on the GPS collars we put on the tapirs. These are the same stickers used on big trucks to avoid collision. Tapirs cross the highways after dark, so the stickers will hopefully help drivers see this shining thing crossing the highway, and maybe they will slow down a little bit. For now, this is just a crazy idea. We don't know. We'll see if it will reduce the amount of tapir roadkill. But the point is, maybe this is the kind of stuff that needs to be done.

And although I'm struggling with all these questions in my mind right now, I have a pact with tapirs. I know in my heart that tapir conservation is my cause. This is my passion. I am not alone. I have this huge network of supporters behind me, and there is no way I'm ever going to stop. I will continue doing this, most probably for the rest of my life. And I'll keep doing this for Patricia, my namesake,one of the first tapirs we captured and monitored in the Atlantic Forest many, many years ago; for Rita and her baby Vincent in the Pantanal. And I'll keep doing this for Ted, a baby tapir we captured in December last year also in the Pantanal.

And I will keep doing this for the hundreds of tapirs that I've had the pleasure to meet over the years and the many others I know I will encounter in the future. These animals deserve to be cared for. They need me. They need us. And you know? We human beings deserve to live in a world where we can get out there and see and benefit from not only tapirs but all the other beautiful species, now and in the future.

Thank you so much.

(Applause)

こちらが 地球上で最も素晴らしい動物 ― バクです こちらは バクの赤ちゃん 動物王国で最高の可愛い子ちゃんです

(笑)

もうダントツ ライバルなんていません

私はこれまでの20年を ブラジルでのバクの研究と保全に 捧げてきました 本当に素晴らしい時間でした でも今 私は頭を悩ませています 私の仕事は何かの役に立ったのか 自問自答しています 大好きなこの動物を守るため 私は一体何ができたのだろうと 種の存続を守るため 本当に効果的に動けているのか 十分にやれているのか つまり ここで問題となるのは 研究で バクの保全に貢献しているのか それとも ― 絶滅までの過程を記録しているに 過ぎないのかです

世界は様々な自然保全の危機に 直面しています これは周知の事実で 日々報道もされています 熱帯雨林などの生態系が 破壊されていく一方 気候変動も起こり 多くの種が絶滅の危機に瀕しています トラ、ライオン、ゾウ、サイ、バクなど

これはアメリカバクです 私が研究対象とする種で 南米最大の陸生哺乳類です 非常に大きく 力もあります 成長したバクの体重は 300キロにもなります 馬の体重の半分ほどです 素晴らしい生き物です

バクは そのほとんどが アマゾンなどの熱帯雨林で確認されています 繁殖や生き残りに必要なものを得るため かなり広い生息地域を必要としているのです しかし そうした環境も 今や壊されつつあり 実際に バクが追い出されてしまった地域もあります

本当に 本当に残念なことです バクは そこで共生する他の生物にも 非常に重要な存在だからです バクは草食動物で 食事の半分は果物です 果物を食べたバクは 生息地を動きまわり フンをすることで 食べた種をまき散らします バクは 森の構造と多様性を 形づくり 維持する上で このような重要な役割を 担っているのです これが バクが「森の植木屋」として 知られる所以でもあります 素晴らしいでしょう そう考えると バクの絶滅が生物学的多様性に どれだけ深刻な影響を与えるか わかるでしょう

私がこの仕事を始めたのは1996年 大学を卒業したてで まだ若かった頃です 当時は 草分け的な研究・保全プログラムで バクに関する情報は ほぼ皆無という状況でした バクの観察・研究が難しいことが 大きな要因です バクは夜行性で単独行動をし 非常に とらえづらい動物なのです 私たちはバクの基礎情報集めから 始めることになりました

そもそも 自然保全活動家は 何をするのかというと まずはデータが必要で 実地調査をしないといけません 保全活動を裏付ける 長期に渡るデータ集積が必要なのです さきほどバクの調査は非常に難しいと お伝えしました ですから この点において 間接的な調査手法に頼らざるを得ません バクを捕まえて麻酔をかけ GPS機能のついた首輪をつけて バクの行動を追跡するのです 世界中の多くの自然保全活動家が この手法を使っています こうすることで バクがどう空間を利用し 地上をどのように移動し どんな生息環境を好むのかなど 多くのことを知ることができます

そして 私たちは知り得たことを 広めなければいけません バクのことを人々に伝え バクがどれだけ重要か知らしめるのです 世界では ビックリするほど 「バク」が何か知らない人が多いのです 事実 多くの人は これがバクだと思っています でも これはバクではありません

(笑)

オオアリクイです バクはアリは食べません 絶対にです

次に私たちがすべきは訓練の提供 ― キャパシティ・ビルディングです 将来の自然保全活動家を育てるのも 私たちの責務なのです いくつかの自然保全の戦いに 敗れつつある今 この仕事に取り組む人が もっと必要なのです これをやってのける スキルと熱意がある人が必要です つまるところ 自然保全活動家は 集めたデータを活用し 蓄積した知識を活用し 実際の保全活動を進めなくては いけないのです 私たちはバク保全プログラムを まず 大西洋岸森林で始めました ブラジルの東部に位置する ― 生物群系が最も危ぶまれる地域の一つです 大西洋岸森林の破壊は 1500年代初頭に始まりました ポルトガル人がブラジルに初めて漂着し ヨーロッパが南米東部の植民地化を 始めたころです そして 森林は ほぼ一掃されるに至りました 木材や農業、牛の放牧、都市づくりのためです 今や 大西洋岸森林で 森林が残っているのは たった7%です バクは 非常に小規模で 孤立した群れとして確認されています 大西洋岸森林では バクは 放牧地と農地の間を縫って 空き地を移動し 森林地帯を転々としていることが わかりました それを踏まえて こんなアプローチを取りました バクのデータを使って 点在する森林をつなぎ 野生生物の通り道となりうる場所を 特定するのです そして それら生息地をつなぎ バクやその他 多くの動物が 安全に土地を移動できるようにしたのです

大西洋岸森林地帯で12年間 活動したのち 2008年に私たちは パンタナルでもバクの保全活動を始めました ブラジル西部に位置し ボリビアやパラグアイとの国境に近い 世界最大級の淡水の氾濫原です 素晴らしい場所で 南米のアメリカバクにとって 重要な砦(とりで)ともいえる場所です パンタナルでの活動は とても新鮮なものでした というのも この地区では 健全な形でバクの大集団が確認され 今までにないほど自然に近い条件 すなわち あらゆる脅威が少ない場所で バクを研究できたからです

パンタナルでの観察には GPS首輪のほか 別の技術も使っています カメラ・トラップです モーションセンサー搭載のカメラを使い 動物が前を通ったときに 自動撮影するのです この素晴らしい機器のおかげで バクの繁殖や社会組織に関する 貴重な情報を 集めることができました これらの情報は バクの保全戦略を考える上で 非常に重要なパズルのピースなのです

そして2015年になった今 私たちは再び活動を広げようとしています カンポ・セラードにです ブラジル中央部にある 灌木のみの開けた草原です 現在 この地域は 私の国の経済発展を支える中心となっており 自然の生息地や野生動物が 様々な要因で 急速に駆逐されつつあります その理由としては さきほどと同様の放牧地化や ― 砂糖キビや大豆の大規模プランテーション化 密猟、交通事故など 多くのことがあげられます でも バクはなんとか生き残っており それは 私にとって大きな希望です でも カンポ・セラードで この新しい取組みを始めてみて 顔に平手打ちをくらったような感じを 受けています このあたりを車で走ると 幹線道路沿いで バクの死骸を目にしたり 砂糖キビプランテーションのなかを そこに いるべきでないバクが さまよっているのを見かけます そして子どもたちは バクの肉がどんな味か知っています 家族が密猟して食べているからです 本当に心が痛みます

カンポ・セラードでの状況を 目の当たりにして もう一刻の猶予もないと実感しました 私は 時代の流れに抗っているのです この20年 懸命にバクを救うために 尽くしてきましたが 絶滅からバクを救うために やるべきことは まだたくさんあります これらの問題 すべてに 解決策を見い出さなければいけません 本当に ― 自然保全の世界では もう今までの考え方では どうにもならないところまで来ているのです 今よりも もっと創造的にならないと いけないのです 交通事故がカンポ・セラードのバクにとって 一大問題とお話ししましたが これに対応するために バクにつけるGPS首輪に 反射板を付けることを 思いつきました これが反射板で 大きなトラックとの衝突事故を 避けるように付けているものです バクは 暗くなってから 幹線道路を横断するので この反射板が 車のライトで光って 運転手が 道路を横切るバクに 気付いてくれ 少しでも この問題を 軽減できればと願っています 今は ただの常識外れのアイデアで どうなるか わかりません そのうち交通事故を減らせるかわかるでしょう でも 今 私たちが必要なのは こんなことなのかもしれません

私は 頭の中でこうした問題と 日々格闘しているわけですが 私には バクとの約束があります 心の奥底から バクを保全することこそ 私の使命だと信じています これこそ 私の情熱なのです そして私は一人ではありません 私には 大きな支援者の輪があります ですから 私が立ち止まることは ありません 私は おそらく残りの人生もずっと この活動を続けるでしょう そしてこの活動は 私の名前にちなんだパトリシア ― 大西洋岸森林で 何年も前に 私たちが最初に捕えて 監視をしたバクのため そして パンタナルの リタとその子ども ビンセントのためです それから テッド ― 昨年12月に これまたパンタナルで 出会った赤ちゃんバクのため

また これまでに 幸運にも出会えた何百ものバクたち これから きっと 出会うだろう多くのバクたちのため この活動を続けていきます 大事にされて当然の動物なのです 彼らは私を ― 私たちを必要としています 私たち人間にも ふさわしい世界があります 一歩外に出れば バクや多くの美しい生き物を 目にすることができ その恩恵にあずかれる世界です 今も そしてこれからも

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画