TED日本語 - ピエール・バロー: あなたの人生にサウンドトラックを付けてくれるAI

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

AIVAをご紹介します。歴史上の傑作3万曲分の楽譜を読み、作曲の技術を学んだ人工知能です。この魅惑的なトークと実演において、ピエール・バローはAIVAによって作曲された音楽を披露し、その人の気分や性格に合わせてオリジナルの音楽を作り出すという夢を語ります。

Script

2年半ほど前に 私は映画 『her/世界でひとつの彼女』を見ました その主人公はサマンサという 高度な知能を持ったAIです 彼女は肉体を持ちません 写真に写ることが できない彼女は 自分の人生のワンシーンを切り取った まさに写真のような 曲を作ることにします

音楽家、エンジニアであり 芸術家の一家に育った私は この「スナップ音楽」というアイデアに 強く惹かれました そして AIの作曲家を作ろうと 決意しました 彼女の名前は AIVA(エイヴァ)といいます 歴史上の傑作とされる 3万曲分の楽譜を読み 作曲の技術を学んだ 人工知能です この『マトリックス』に 出てくるみたいなやつは アルゴリズムにとっての 楽譜表現です そしてこれは モーツァルトや ベートーヴェンなどが作曲した 3万曲の楽譜を 1つの画面に収めたものです

ディープニューラルネットワークを用いて AIVAは楽譜に規則性を探します そして既存の音楽の 数小節から 曲の中で 次にどの音がくるか 予測しようとします この予測の精度が上がったら その曲の作風に関する 数学的規則を導き出せて それにより 独自の作曲が 行えるようになります

ある意味 私達人間が 作曲するのと同様のやり方です 試行錯誤の過程であり 常に 良い音楽が 出来上がる訳ではありません しかし私達は 耳や音楽の知識を使って 改善していくことができます この過程は通常 アーティストとして 音楽家として 作曲家として 何十年もかけて 学ぶものですが AIVAは数時間で学べます

しかし音楽は 非常に 主観的な芸術でもあります 聞き手に合わせた音楽を 作曲するよう AIVAに教える 必要がありました 人はそれぞれ 好みが違うからです そのため 我々のデータベース上の楽譜を 30以上の指標について分類し アルゴリズムに学習させました 使った指標としては 例えば ムードや 音符密度 作曲家の作風 作曲された時代 などがあります これら全てのデータを基に AIVAは とても正確に 注文に応えることができます

例えば 最近のプロジェクトでは SF映画のサウンドトラックを 思い起こさせるような曲の 作曲を依頼されました そして完成した曲が 『アマング・ザ・スターズ』(星々の間に)です ハリウッドの CMGオーケストラの演奏による 名指揮者ジョン・ビールの指揮で 収録された ― AIVAの作品を お聴きください

(音楽)

(音楽終了)

いかがでしたか?

(拍手)

ありがとうございます

お聞きになったように AIは美しい音楽を作り出せます これの素晴らしいところは 人間が それに命を吹き込める ということです 技術による 人間の創造性の補完は これまでにも 例がありました サイレント映画では 視聴体験を補完するために よく生演奏が付いていました

しかし生演奏の問題は 規模の調整が難しいことです 小さな劇場に 交響楽団を 詰め込むことはできないし 世界中の劇場の全てで 生演奏を行うこともできません 録音技術が発明されたことで 映画制作者などの コンテンツ・クリエイターが 物語の各シーンに合わせて作曲された オリジナルの音楽を 事前に収録し 使用できるようになりました それにより 創造力の幅が 大きく広がったんです

2年半前に『her/世界でひとつの彼女』を 見て思いました 人々が音楽を楽しみ 曲を作る方法の 次なる大きな変化は 個人個人に合わせた音楽だと というのも 最近では テレビゲームのような 何百時間も遊べる インタラクティブ・コンテンツがありますが 音楽は 平均で2時間分しか ないからです 同じ曲が何度も 繰り返し流され あまり没入できません 私達が取り組んでいるのは 個人に合わせた何百時間もの音楽を AIが作曲できるようにし 人間の創造力で対応できない用途に 使おうというものです

ゲームのためだけ ではありません ベートーヴェンは 好きな人のために 『エリーゼのために』を作曲しました ベートーヴェンが この世に甦ったと想像してください 彼が隣に座り 自分の個性や これまでの人生の物語に合わせて 作曲してくれるとしたら

あるいは キング牧師が 自分専用の作曲家AIを持っていたらと 想像してみてください おそらく 私達は 「私には夢がある」を 偉大な演説としてだけでなく 我々の歴史の一部であり キング牧師の思想を表す 偉大な音楽として 記憶していたことでしょう

AIVAに取り組む 私達の未来像は 皆さんの一人一人 そして世界中の全ての人が 自分の人生の物語や 個性に合わせて作曲された 自分だけの音楽を 聴いている姿です こうして今日 皆さんとTEDに集まっていることも 私達の物語の一部になります だから この瞬間について AIVAが作曲するべきだと思い 実際にやってみました 私たちのチームは TEDのオープニング・テーマ曲の作風と 畏敬や驚異の念を引き起こす音楽を AIVAに学ばせました その結果生まれた曲が 『エイジ・オブ・アメーズメント』(驚異の時代)です タイトルはAIに頼りませんでした

(笑)

皆さんにお聞きいただけるのが とても誇らしいです よろしければ 目を閉じて

音楽をお楽しみください

(音楽)

『エイジ・オブ・アメーズメント』 AIVA 作曲

(音楽終了)

これは皆さんのための音楽です

ありがとうございました

(拍手)

About two and a half years ago, I watched this movie called "Her." And it features Samantha, a superintelligent form of AI that can not take physical form. And because she can't appear in photographs, Samantha decides to write a piece of music that will capture a moment of her life just like a photograph would.

As a musician and an engineer, and someone raised in a family of artists, I thought that this idea of musical photographs was really powerful. And I decided to create an AI composer. Her name is AIVA, and she's an artificial intelligence that has learned the art of music composition by reading over 30,000 scores of history's greatest. So here's what one score looks like to the algorithm in a matrix-like representation. And here's what 30,000 scores, written by the likes of Mozart and Beethoven, look like in a single frame.

So, using deep neural networks, AIVA looks for patterns in the scores. And from a couple of bars of existing music, it actually tries to infer what notes should come next in those tracks. And once AIVA gets good at those predictions, it can actually build a set of mathematical rules for that style of music in order to create its own original compositions.

And in a way, this is kind of how we, humans, compose music, too. It's a trial-and-error process, during which we may not get the right notes all the time. But we can correct ourselves, either with our musical ear or our musical knowledge. But for AIVA, this process is taken from years and years of learning, decades of learning as an artist, as a musician and a composer, down to a couple of hours.

But music is also a supersubjective art. And we needed to teach AIVA how to compose the right music for the right person, because people have different preferences. And to do that, we show to the algorithm over 30 different category labels for each score in our database. So those category labels are like mood or note density or composer style of a piece or the epoch during which it was written. And by seeing all this data, AIVA can actually respond to very precise requirements.

Like the ones, for example, we had for a project recently, where we were commissioned to create a piece that would be reminiscent of a science-fiction film soundtrack. And the piece that was created is called "Among the Stars" and it was recorded with CMG Orchestra in Hollywood, under great conductor John Beal, and this is what they recorded, made by AIVA.

(Music)

(Music ends)

What do you think?

(Applause)

Thank you.

So, as you've seen, AI can create beautiful pieces of music, and the best part of it is that humans can actually bring them to life. And it's not the first time in history that technology has augmented human creativity. Live music was almost always used in silent films to augment the experience.

But the problem with live music is that it didn't scale. It's really hard to cram a full symphony into a small theater, and it's really hard to do that for every theater in the world. So when music recording was actually invented, it allowed content creators, like film creators, to have prerecorded and original music tailored to each and every frame of their stories. And that was really an enhancer of creativity.

Two and a half years ago, when I watched this movie "Her," I thought to myself that personalized music would be the next single biggest change in how we consume and create music. Because nowadays, we have interactive content, like video games, that have hundreds of hours of interactive game plays, but only two hours of music, on average. And it means that the music loops and loops and loops over and over again, and it's not very immersive. So what we're working on is to make sure that AI can compose hundreds of hours of personalized music for those use cases where human creativity doesn't scale.

And we don't just want to do that for games. Beethoven actually wrote a piece for his beloved, called "Fur Elise," and imagine if we could bring back Beethoven to life. And if he was sitting next to you, composing a music for your personality and your life story.

Or imagine if someone like Martin Luther King, for example, had a personalized AI composer. Maybe then we would remember "I Have a Dream" not only as a great speech, but also as a great piece of music, part of our history, and capturing Dr. King's ideals.

And this is our vision at AIVA: to personalize music so that each and every one of you and every individual in the world can have access to a personalized live soundtrack, based on their story and their personality. So this moment here together at TED is now part of our life story. So it only felt fitting that AIVA would compose music for this moment. And that's exactly what we did. So my team and I worked on biasing AIVA on the style of the TED jingle, and on music that makes us feel a sense of awe and wonder. And the result is called "The Age of Amazement." Didn't take an AI to figure that one out.

(Laughter)

And I couldn't be more proud to show it to you, so if you can, close your eyes and enjoy the music.

Thank you very much.

(Music)

[ The Age of Amazement Composed by AIVA ]

(Music ends)

This was for all of you.

Thank you.

(Applause)

About two and a half years ago,/ I watched/ this movie called "Her."//

2年半ほど前に 私は映画 『her/世界でひとつの彼女』を見ました

And it features Samantha,/ a superintelligent form of AI/ that can not take physical form.//

その主人公はサマンサという 高度な知能を持ったAIです 彼女は肉体を持ちません

And/ because she can't appear in photographs,/ Samantha decides to write/ a piece of music/ that will capture a moment of her life/ just like a photograph would.//

写真に写ることが できない彼女は 自分の人生のワンシーンを切り取った まさに写真のような 曲を作ることにします

As a musician and an engineer,/ and someone raised in a family of artists,/ I thought/ that this idea of musical photographs was really powerful.//

音楽家、エンジニアであり 芸術家の一家に育った私は この「スナップ音楽」というアイデアに 強く惹かれました

And I decided to create/ an AI composer.//

そして AIの作曲家を作ろうと 決意しました

Her name is AIVA,/ and she's an artificial intelligence/ that has learned the art of music composition/ by reading over 30,000 scores of history's greatest.//

彼女の名前は AIVA(エイヴァ)といいます 歴史上の傑作とされる 3万曲分の楽譜を読み 作曲の技術を学んだ 人工知能です

So here's/ what one score looks like/ to the algorithm/ in a matrix-like representation.//

この『マトリックス』に 出てくるみたいなやつは アルゴリズムにとっての 楽譜表現です

And here's/ what 30,000 scores,/ written by the likes of Mozart and Beethoven,/ look like in a single frame.//

そしてこれは モーツァルトや ベートーヴェンなどが作曲した 3万曲の楽譜を 1つの画面に収めたものです

So,/ using deep neural networks,/ AIVA looks for patterns/ in the scores.//

ディープニューラルネットワークを用いて AIVAは楽譜に規則性を探します

And/ from a couple of bars of existing music,/ it actually tries to infer/ what notes should come next/ in those tracks.//

そして既存の音楽の 数小節から 曲の中で 次にどの音がくるか 予測しようとします

And once/ AIVA gets good/ at those predictions,/ it can actually build a set of mathematical rules/ for that style of music/ in order to create its own original compositions.//

この予測の精度が上がったら その曲の作風に関する 数学的規則を導き出せて それにより 独自の作曲が 行えるようになります

And/ in a way,/ this is kind of how we,/ humans,/ compose music,/ too.//

ある意味 私達人間が 作曲するのと同様のやり方です

It's a trial-and-error process,/ during which we may not get the right notes/ all the time.//

試行錯誤の過程であり 常に 良い音楽が 出来上がる訳ではありません

But we can correct ourselves,/ either with our musical ear or our musical knowledge.//

しかし私達は 耳や音楽の知識を使って 改善していくことができます

But/ for AIVA,/ this process is taken from years and years of learning,/ decades of learning as an artist,/ as a musician and a composer,/ down/ to a couple of hours.//

この過程は通常 アーティストとして 音楽家として 作曲家として 何十年もかけて 学ぶものですが AIVAは数時間で学べます

But music is also a supersubjective art.//

しかし音楽は 非常に 主観的な芸術でもあります

And we needed to teach/ AIVA/ how to compose the right music/ for the right person,/ because people have different preferences.//

聞き手に合わせた音楽を 作曲するよう AIVAに教える 必要がありました 人はそれぞれ 好みが違うからです

And to do that,/ we show to the algorithm/ over 30 different category labels/ for each score/ in our database.//

そのため 我々のデータベース上の楽譜を 30以上の指標について分類し アルゴリズムに学習させました

So those category labels are like mood/ or note density/ or composer style of a piece/ or the epoch/ during which it was written.//

使った指標としては 例えば ムードや 音符密度 作曲家の作風 作曲された時代 などがあります

And by seeing all this data,/ AIVA can actually respond to very precise requirements.//

これら全てのデータを基に AIVAは とても正確に 注文に応えることができます

Like the ones,/ for example,/ we had for a project recently,/ where we were commissioned to create a piece/ that would be reminiscent of a science-fiction film soundtrack.//

例えば 最近のプロジェクトでは SF映画のサウンドトラックを 思い起こさせるような曲の 作曲を依頼されました

And the piece/ that was created is called "Among the Stars"/ and it was recorded with CMG Orchestra/ in Hollywood,/ under great conductor John Beal,/ and this is/ what they recorded,/ made by AIVA.//

そして完成した曲が 『アマング・ザ・スターズ』(星々の間に)です ハリウッドの CMGオーケストラの演奏による 名指揮者ジョン・ビールの指揮で 収録された ― AIVAの作品を お聴きください

(Music)

(音楽)

(Music ends)/

(音楽終了)

What do you think?//

いかがでしたか?

(拍手)

Thank you.//

ありがとうございます

So,/ as you've seen,/ AI can create beautiful pieces of music,/ and the best part of it is/ that humans can actually bring them/ to life.//

お聞きになったように AIは美しい音楽を作り出せます これの素晴らしいところは 人間が それに命を吹き込める ということです

And it's not the first time/ in history/ that technology has augmented human creativity.//

技術による 人間の創造性の補完は これまでにも 例がありました

Live music was almost always used in silent films/ to augment the experience.//

サイレント映画では 視聴体験を補完するために よく生演奏が付いていました

But the problem/ with live music is/ that it didn't scale.//

しかし生演奏の問題は 規模の調整が難しいことです

It's really hard/ to cram a full symphony/ into a small theater,/ and it's really hard/ to do that/ for every theater/ in the world.//

小さな劇場に 交響楽団を 詰め込むことはできないし 世界中の劇場の全てで 生演奏を行うこともできません

So/ when music recording was actually invented,/ it allowed content creators,/ like film creators,/ to have prerecorded/ and original music tailored to each and every frame of their stories.//

録音技術が発明されたことで 映画制作者などの コンテンツ・クリエイターが 物語の各シーンに合わせて作曲された オリジナルの音楽を 事前に収録し 使用できるようになりました

And that was really an enhancer of creativity.//

それにより 創造力の幅が 大きく広がったんです

Two and a half years ago,/ when I watched this movie "Her,/"/ I thought to myself/ that personalized music would be the next single biggest change/ in how we consume/ and create music.//

2年半前に『her/世界でひとつの彼女』を 見て思いました 人々が音楽を楽しみ 曲を作る方法の 次なる大きな変化は 個人個人に合わせた音楽だと

Because nowadays,/ we have interactive content,/ like video games,/ that have hundreds of hours of interactive game plays,/ but only two hours of music,/ on average.//

というのも 最近では テレビゲームのような 何百時間も遊べる インタラクティブ・コンテンツがありますが 音楽は 平均で2時間分しか ないからです

And it means/ that the music loops/ and loops and loops over and over again,/ and it's not very immersive.//

同じ曲が何度も 繰り返し流され あまり没入できません

So/ what we're working/ on is to make sure/ that AI can compose hundreds of hours of personalized music/ for those use cases/ where human creativity doesn't scale.//

私達が取り組んでいるのは 個人に合わせた何百時間もの音楽を AIが作曲できるようにし 人間の創造力で対応できない用途に 使おうというものです

And we don't just want to do/ that/ for games.//

ゲームのためだけ ではありません

Beethoven actually wrote a piece/ for his beloved,/ called "Fur Elise,/"/ and imagine/ if we could bring back/ Beethoven/ to life.//

ベートーヴェンは 好きな人のために 『エリーゼのために』を作曲しました ベートーヴェンが この世に甦ったと想像してください

And/ if he was sitting next/ to you,/ composing a music/ for your personality and your life story.//

彼が隣に座り 自分の個性や これまでの人生の物語に合わせて 作曲してくれるとしたら

Or imagine/ if someone/ like Martin Luther King,/ for example,/ had a personalized AI composer.//

あるいは キング牧師が 自分専用の作曲家AIを持っていたらと 想像してみてください

Maybe then/ we would remember "I Have a Dream"/ not only/ as a great speech,/ but also/ as a great piece of music,/ part of our history,/ and capturing Dr. King's ideals.//

おそらく 私達は 「私には夢がある」を 偉大な演説としてだけでなく 我々の歴史の一部であり キング牧師の思想を表す 偉大な音楽として 記憶していたことでしょう

And this is our vision/ at AIVA:/ to personalize music/ so that each and every one of you/ and every individual/ in the world can have access/ to a personalized live soundtrack,/ based/ on their story and their personality.//

AIVAに取り組む 私達の未来像は 皆さんの一人一人 そして世界中の全ての人が 自分の人生の物語や 個性に合わせて作曲された 自分だけの音楽を 聴いている姿です

So this moment here together/ at TED is now part of our life story.//

こうして今日 皆さんとTEDに集まっていることも 私達の物語の一部になります

So it only felt fitting/ that AIVA would compose music/ for this moment.//

だから この瞬間について AIVAが作曲するべきだと思い

And that's exactly what we did.//

実際にやってみました

So my team/ and I worked on biasing AIVA/ on the style of the TED jingle, and on music/ that makes us/ feel a sense of awe and wonder.//

私たちのチームは TEDのオープニング・テーマ曲の作風と 畏敬や驚異の念を引き起こす音楽を AIVAに学ばせました

And the result is called "The Age of Amazement."//

その結果生まれた曲が 『エイジ・オブ・アメーズメント』(驚異の時代)です

Didn't take an AI/ to figure/ that one out.//

タイトルはAIに頼りませんでした

(笑)

And I couldn't be more proud/ to show it/ to you,/ so/ if you can,/ close your eyes/ and enjoy the music.//

皆さんにお聞きいただけるのが とても誇らしいです よろしければ 目を閉じて

Thank/ you very much.//

音楽をお楽しみください

(Music)

(音楽)

[ The Age of Amazement Composed by AIVA ] (Music ends)/

『エイジ・オブ・アメーズメント』 AIVA 作曲 (音楽終了)

This was for all of you.//

これは皆さんのための音楽です

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

musical

《名詞の前にのみ用いて》『音楽の』;音楽を伴う,音楽に合わせた

(声などが)『音調の美しい』音楽的な

(人が)『音楽好きの』;音楽の才のある

=musical comedy

=musical film

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

composer

作曲家

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

composition

〈U〉(文学・美術・音楽作品などの)『創作』,制作[法];『作文』,『作曲』,〈C〉作品,楽曲

〈U〉(混合物などの)『成分』《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)気質,性質,性分(constitution)

〈U〉(文学作品・音楽作品などの)構成,構想,(絵画などの)構図《+『of』+『名』》

(またcompo)〈C〉混合物,合成物

〈U〉(活字の)植字,組み

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

representation

(…を)『表現(描写)すること』;(…が)表現されていること《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(個々の)説明,申し立て,抗議

〈C〉(個々の)絵画,画像,彫像

〈U〉(立法府などの)代表制

〈U〉《集合的な》代表団,議員団

Mozart

モーツアルト(『Wolfgang Amadeus』~;1756‐91;オーストリアの作曲家)

Beethoven

ベートーベン(Ludwig van~;1770‐1827;ドイツの作曲家)

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

neural

神経[系統]の

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

infer

…‘を'『推論する』,推量する

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

prediction

〈U〉予報(予言)すること

〈C〉予報(予言)される事;(…という)予報,予言《+『that節』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

mathematical

数学の,数学的

(非常に)正確な

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

compose

…'を'『構成する』

〈詩など〉'を'『作る』,書く;〈曲〉'を'作る;〈絵の構図〉'を'作る

〈自分,自分の気持〉'を'『静める』

〈活字〉'を'組む;…'を'活字に組む

〈争いなど〉'を'解決する,調停する

詩を作る;作曲する

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

decade

『10年間』

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

preference

〈U〉〈C〉『好み』

〈U〉〈C〉好みの物を選ぶ権利;優先権

〈C〉『好みのもの』

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

mood

(ある時の,一時的な)『気分』,機嫌

(会合・作品などの)『雰囲気』,ムード,(時代・国民などの)風潮,一般的な傾向《+『of』+『名』》

《複数形で》むら気,ふきげん

density

〈U〉『密集』;『密度』,濃さ

〈U〉〈C〉(物質の)密度,濃度,比重

〈U〉《話》頭の鈍さ,愚鈍さ

epoch

『画期的な時代』,時期

(歴史上の)新時代,新紀元

世(せい)(紀(period)の次に小さい単位)

written

write の過去分詞

『書かれた』,文書にした,成文の

datum

dataの単数形

既知の事実

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

precise

『正確な』,的確な,明確な

《名詞の前にのみ用いて》まさにその,当の

(必要量などに)ちょうどの

(人,考え・規則などか)厳格な,きちょうめんな

requirement

必要なもの;(…の)必要条件,資格《+『for』+『名』(do-『ing』)》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

commission

〈U〉〈C〉(任務・職権などの)『委任』,委託;委任状

〈U〉(委任された)『権限』,職権

〈C〉(権威筋より発せられた)命令,指示;責務,任務

〈C〉委任された仕事,頼まれごと;(…する)依頼,注文《+『to』 do》

《集合的に》『委員会』

〈U〉(商取引における)委託,代理業務;〈C〉(委託業務に対する)手数料,口銭

〈U〉(犯罪などを)犯すこと,遂行《+『of』+『名』》

〈C〉将校任命辞令;〈U〉将校の地位

〈人〉‘に'権限を与える,特別の依頼をする

〈将官に〉任命する

〈船など〉'を'就航させる

reminiscent

《補語にのみ用いて》(…を)思い出させる,しのばせる+《+『of』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》思い出の;追憶にふける

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

soundtrack

サウンドラック(発声映画のフィルムの端の録音帯)

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

orchestra

『オーケストラ』,管弦楽団

オーケストラの楽器一式

(またorchestra pit)(劇場の)オーケストラ席(舞台と客席の間に一段低く設けられている)

《米》(劇場の1階前方の)上等席;1階[席]

Hollywood

ハリウッド(カリフォルニア州ロサンゼルス市考外にある映画産業の中心地)

米国映画界

conductor

(集団などの)『指導者』,案内者;(事業などの)管理者,経営者

(オーケストラ・コーラスなどの)『指揮者』

(電車・バスなどの)『車掌』;《おもに米》列車の

(熱・電気・音などの)導体

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

applause

『拍手かっさい』;称賛

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

augment

…'を'増す,増大(増加)させる

〈物・事が〉増す,増大(増加)する

creativity

独創性

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

silent

『音がしない』,静かな

『沈黙の』,口に出さない;音をたてない・無口の・《補語にのみ用いて》(…について)意見を述べていない,触れていない《+『about』(『on』)+『名』》

活動していない・(映画が)無声の・(文字が)発音されない・無声映画

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

cram

(…に)…'を'ぎっしり詰める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…で)〈物〉'を'いっぱいにする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'(…の)詰め込み勉強をさせる《+『名』+『with』+『名』》;〈学科〉'を'詰め込む

(…の)詰め込み勉強をする《+『for』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

symphony

『交響楽』,シンフォニー

=symphony orchestra

recording

〈C〉録音したもの;レコード,テープ

〈U〉録音された音

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

creator

創造者,創作者,創設者

《the C-》神,造物主(God)

prerecord

〈番組の〉‘の'録画(録音)をとる

tailor

(男子服の)『洋服屋』,仕立て屋

〈男子服〉‘を'『仕立てる』

(特定の目的に合うように)〈物・計画など〉‘を'『作る』《+名+to+名》

洋服屋(仕立て屋)をする

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

fur

〈U〉(ウサギ・ミンク・キツネなどの柔らかな)『毛皮』

《集合的に》柔らかな毛をした動物

〈C〉《しばしば複数形で》(外とう・えり巻きなどの)『毛皮製品』;(服装用の)毛皮

〈U〉(舌にできる)舌ごけ

〈U〉(やかんなどにつく)湯あか

〈衣服〉‘に'毛皮の裏(へり)をつける

〈舌〉‘に'舌ごけをつける

〈やかんなど〉‘に'湯あかをつける

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

martin

イワツバメ

Luther

ルーテル,ルター(『Martin~』;1483‐1546;ドイツの宗教改革者)

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

ideal

『理想』,究極の目的

理想の人物(物),(理想とすべき)手本

『理想的な』,申し分のない

(実在ではなく)観念的な,頭の中だけの;想標上の

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

jingle

〈鈴など〉‘を'リンリン(チリンチリン)鳴らす

〈鈴などが〉リンリン(チリンチリン)鳴る

(鈴・硬貨など金属製の物の)リンリン(チリンチリン)鳴る音

同音(類似音)の反復;(韻を踏んだ)同音反復詩句

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

awe

『畏敬』(いけい),畏怖

…‘に'畏敬の念を起こさせる

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

amazement

『たいへんな驚き』,びっくりぎょうてん(astonishment)

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

関連動画