TED日本語 - 浅川智恵子: 視覚障害者が世界を自由に探索できるようにする新技術

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

技術によって生活の質をいかに向上させることができるか?どうすれば視覚を使わずに世界を動き回れるようにできるか?14歳の時に視力を失ったIBMフェローで発明家の浅川智恵子は、そんな問に答えるべく取り組んできました。笑いを誘うデモ映像で彼女が紹介するのは、視覚障害者がかつてなく自由に世界を探索できるようにする新技術です。そして歴史が示しているのは、優れたアクセシビリティをデザインするとき、すべての人が恩恵を受けるということです。

Script

目の見えない私には できないことが沢山あると 思われるかもしれません 大体のところは その通りで このステージに 上がって来るときも ちょっと手を貸してもらう 必要がありました

でも できることだって 沢山あります これは私が 初めてのロッククライミングに挑戦しているところです スポーツは大好きだし いろんなスポーツができます 水泳、スキー、スケート、スキューバダイビング、ジョギングなどなど でも1つ制限があります 誰かの手助けが 必要なことです 私は1人で できるようになりたいです

私は14歳の時 プールでの事故で 視力を失いました 行動的で自立した子供でしたが 突然 盲目になったんです 私にとって 一番つらかったのは 自立性を失ったことです それまで簡単だったことが 自力では ほとんど不可能になりました 困難だったことの1つに 教科書があります 当時は パソコンも インターネットも スマートフォンもありません それで2人いる兄弟のどちらかに 教科書を読み上げてもらい 点字で自分用の本を 作る必要がありました 想像できますか? 私の兄弟にしても そんなの 面白いわけもなく 頼みたい時にはいつも いなくなっていることに気が付きました (笑) 私のことを避けていたんだと 思いますが そのことで2人を責めるつもりは ありません ただ私は 誰かに頼らずに済むように なりたいと強く思っていて それがイノベーションを起こしたい という想いに繋がりました

時が過ぎ 1980年代の中頃 最新技術に触れる ようになった私は 疑問を持ちました なんで点字の本を コンピューターで作る技術が ないんだろう? この素晴らしい技術を使えば 私のようなハンデのある人間を 救うことだってできるはずだ そうして 私のイノベーションへの旅が始まりました

私はデジタルブック技術の開発に 取り組み始めました デジタル点字エディタ デジタル点字辞書 デジタル点字図書館ネットワーク 現在では 目の不自由な学生でも パソコンやモバイル端末を使い 点字や音声を通して 教科書を読むことができます これは驚くことでは ないでしょう 2015年の今では みんなタブレットに 電子書籍を持っています でも点字の本は 普通の本よりずっと前にデジタルになっていたんです 1980年代後半 今から30年近くも前の話です 視覚障害者の 具体的で強いニーズが そんな昔に電子書籍が作られる機会を 生み出したのです そういったことは 何もこれが初めてではありません アクセシビリティがイノベーションを刺激することを 歴史は示しています 電話機は 耳が不自由な人のための コミュニケーションの手段を 作り出そうとする中で生まれました ある種のキーボードもまた 元々は障害者のために作られたものでした

私が関わったもう1つの例を ご紹介しましょう 90年代に 周りの人たちが インターネットやウェブのことを 話題にするようになりました 最初にウェブに触れた時のことを よく覚えています 驚きました 新聞を毎日いつでも 読むことができ 自分でどんな情報でも 検索することができました 目の不自由な人たちが インターネットを使えるようにしたいと強く思いました そしてウェブページを 合成音声に変える方法を見つけました それによりユーザーインタフェースを 劇的にシンプルにすることができました

それが1997年の 「ホームページリーダー」の開発に繋がりました 最初に日本語用ができ その後 11カ国語に翻訳されました ホームページリーダーを作ったとき 多くの人から メッセージをもらいました 特に心に残っているのがあります 「私にとって インターネットは 世界に繋がる小さな窓です」

これは視覚障害者にとって 革命的な瞬間でした ネットの世界が 障害者の手に届くものとなり 私たちが視覚障害者のために 開発したこの技術は 想像をはるかに越えて 様々な使われ方をするようになりました 車の運転中に メールを耳で確認したり レシピを聞きながら 料理を作ったり

今では 昔より多くのことを 1人でできるようになりましたが まだ十分ではありません たとえば さっきステージに上がったときも 手助けが必要でした 私の目標は1人でここに 来られるようになることです ここだけじゃなく 旅行をしたり 皆さんには何でもないことが できるようになることです

では最新の技術をお見せしましょう これは私たちが取り組んでいる スマートフォン・アプリです

(電子音声) 扉まで15メートルです まっすぐ進んでください

(電子音声) 外へ出るには扉を2つ通ります 扉は右側にあります

(電子音声) ニックがやって来ます 嬉しそうです (智恵子) こんにちは ニック!

(笑) (智恵子) どこに行くの?なんか嬉しそうじゃない?

(ニック) 論文が受理されたんだ (智恵子) 本当?よかったじゃない!

(ニック) ありがとう だけど何で僕だって分かったの?それに嬉しそうだとか? (2人が笑う)

(男) やあ (笑) (智恵子) あ・・・どうも

(電子音声) あなたにではなく 電話相手に話しています

(電子音声) ポテトチップです

(電子音声) アーモンド入り ダーク・チョコレートです

(電子音声) 昨日から体重が2キロ増えています チョコレートでなくリンゴにしましょう

(笑)

(電子音声) もうすぐ着きます

(電子音声) 到着しました

この ―

(拍手)

ありがとうございます

このアプリは 無線標識信号とスマートフォンの センサーを使って道案内をし 屋内でも屋外でも 1人で歩き回れるように してくれます コンピューター・ビジョンを使って 誰がどんな様子でやってくるのか教えてくれる という部分は まだ開発中です 表情を認識する機能は 視覚障害者が社交的になるためにとても重要です

様々な技術の融合によって 視覚障害者が 世界を見られるようになります 私たちはこれを 「認知アシスタンス」と呼んでいます 周りの世界を把握して 耳に囁いたり 指への振動で伝えてくれます 欠けている ないしは 弱った五感能力を 「認知アシスタンス」は 補ってくれます この技術は まだ初期段階ですが やがて私は これのお陰で キャンパスで教室を見つけたり ウィンドウショッピングしたり 通りを歩きながら 素敵なレストランを 見つけられるようになるでしょう 通りで会ったとき あなたより先に私が 気付くとしたら すごいと思いませんか? これは私にとって そして皆さんにとって 最高の相棒になるでしょう

だから これは やり甲斐のある挑戦なんです そしてこの挑戦には 協力が必要です そのため 私たちは 研究活動を加速する オープンなコミュニティを 作ろうとしています ちょうど今朝のことですが ご覧いただいたビデオの中の基本技術を オープンソースにすると発表しました

フロンティアは現実の世界です 視覚障害者コミュニティが 開拓者となって この技術のフロンティアを 探索しています 新しい時代を皆さんと一緒に 切り開いていきたいです 次回 このステージに上がるときは 技術とイノベーションの力で 私はきっと 1人で歩いていることでしょう

ありがとうございました

(拍手)

You might think there are many things that I can't do because I can not see. That's largely true. Actually, I just needed to have a bit of help to come up to the stage.

But there is also a lot that I can do. This is me rock climbing for the first time. Actually, I love sports and I can play many sports, like swimming, skiing, skating, scuba diving, running and so on. But there is one limitation: somebody needs to help me. I want to be independent.

I lost my sight at the age of 14 in a swimming pool accident. I was an active, independent teenager, and suddenly I became blind. The hardest thing for me was losing my independence. Things that until then seemed simple became almost impossible to do alone. For example,one of my challenges was textbooks. Back then, there were no personal computers, no Internet, no smartphones. So I had to ask one of my two brothers to read me textbooks, and I had to create my own books in Braille. Can you imagine? Of course, my brothers were not happy about it, and later, I noticed they were not there whenever I needed them. (Laughter) I think they tried to stay away from me. I don't blame them. I really wanted to be freed from relying on someone. That became my strong desire to ignite innovation.

Jump ahead to the mid-1980s. I got to know cutting-edge technologies and I thought to myself, how come there is no computer technology to create books in Braille? These amazing technologies must be able to also help people with limitations like myself. That's the moment my innovation journey began.

I started developing digital book technologies, such as a digital Braille editor, digital Braille dictionary and a digital Braille library network. Today, every student who is visually impaired can read textbooks, by using personal computers and mobile devices, in Braille or in voice. This may not surprise you, since everyone now has digital books in their tablets in 2015. But Braille went digital many years before digital books, already in the late 1980s, almost 30 years ago. Strong and specific needs of the blind people made this opportunity to create digital books way back then. And this is actually not the first time this happened, because history shows us accessibility ignites innovation. The telephone was invented while developing a communication tool for hearing impaired people. Some keyboards were also invented to help people with disabilities.

Now I'm going to give you another example from my own life. In the '90s, people around me started talking about the Internet and web browsing. I remember the first time I went on the web. I was astonished. I could access newspapers at any time and every day. I could even search for any information by myself. I desperately wanted to help the blind people have access to the Internet, and I found ways to render the web into synthesized voice, which dramatically simplified the user interface.

This led me to develop the Home Page Reader in 1997, first in Japanese and later, translated into 11 languages. When I developed the Home Page Reader, I got many comments from users. One that I strongly remember said, "For me, the Internet is a small window to the world."

It was a revolutionary moment for the blind. The cyber world became accessible, and this technology that we created for the blind has many uses, way beyond what I imagined. It can help drivers listen to their emails or it can help you listen to a recipe while cooking.

Today, I am more independent, but it is still not enough. For example, when I approached the stage just now, I needed assistance. My goal is to come up here independently. And not just here. My goal is to be able to travel and do things that are simple to you.

OK, now let me show you the latest technologies. This is a smartphone app that we are working on.

(Video) Electronic voice: 51 feet to the door, and keep straight.

EV: Take the two doors to go out. The door is on your right.

EV: Nick is approaching. Looks so happy. Chieko Asakawa: Hi, Nick!

(Laughter) CA: Where are you going? You look so happy.

Nick: Oh -- well, my paper just got accepted. CA: That's great! Congratulations.

Nick: Thanks. Wait -- how'd you know it was me, and that I look happy? (Chieko and Nick laugh)

Man: Hi. (Laughter) CA: Oh ... hi.

EV: He is not talking to you, but on his phone.

EV: Potato chips.

EV: Dark chocolate with almonds.

EV: You gained 5 pounds since yesterday; take apple instead of chocolate.

(Laughter)

EV: Approaching.

EV: You arrived.

CA: Now ...

(Applause)

Thank you.

So now the app navigates me by analyzing beacon signals and smartphone sensors and permits me to move around indoor and outdoor environments all by myself. But the computer vision part that showed who is approaching, in which mood -- we are still working on that part. And recognizing facial expressions is very important for me to be social.

So now the fusions of technologies are ready to help me see the real world. We call this cognitive assistance. It understands our surrounding world and whispers to me in voice or sends a vibration to my fingers. Cognitive assistance will augment missing or weakened abilities -- in other words, our five senses. This technology is only in an early stage, but eventually, I'll be able to find a classroom on campus, enjoy window shopping or find a nice restaurant while walking along a street. It will be amazing if I can find you on the street before you notice me. It will become my best buddy, and yours.

So, this really is a great challenge. It is a challenge that needs collaboration, which is why we are creating an open community to accelerate research activities. Just this morning, we announced the open-source fundamental technologies you just saw in the video.

The frontier is the real world. The blind community is exploring this technical frontier and the pathfinder. I hope to work with you to explore the new era, and the next time that I'm on this stage, through technology and innovation, I will be able to walk up here all by myself.

Thank you so much.

(Applause)

You might think/ there are many things/ that I can't do/ because I can not see.//

目の見えない私には できないことが沢山あると 思われるかもしれません

That's largely true.//

大体のところは その通りで

Actually,/ I just needed to have/ a bit of help/ to come up/ to the stage.//

このステージに 上がって来るときも ちょっと手を貸してもらう 必要がありました

But there is also a lot/ that I can do.//

でも できることだって 沢山あります

This is me/ rock/ climbing for the first time.//

これは私が 初めてのロッククライミングに挑戦しているところです

Actually,/ I love sports/ and I can play many sports,/ like swimming,/ skiing,/ skating,/ scuba diving,/ running/ and so on.//

スポーツは大好きだし いろんなスポーツができます 水泳、スキー、スケート、スキューバダイビング、ジョギングなどなど

But there is one limitation:/ somebody needs to help/ me.//

でも1つ制限があります 誰かの手助けが 必要なことです

I want to be independent.//

私は1人で できるようになりたいです

I lost my sight/ at the age of 14/ in a swimming pool accident.//

私は14歳の時 プールでの事故で 視力を失いました

I was an active, independent teenager,/ and suddenly/ I became blind.//

行動的で自立した子供でしたが 突然 盲目になったんです

The hardest thing/ for me was losing my independence.//

私にとって 一番つらかったのは 自立性を失ったことです

Things/ that until then seemed/ simple became almost impossible/ to do alone.//

それまで簡単だったことが 自力では ほとんど不可能になりました

For example,/one of my challenges was textbooks.//

困難だったことの1つに 教科書があります

Back then,/ there were no personal computers,/ no Internet,/ no smartphones.//

当時は パソコンも インターネットも スマートフォンもありません

So I had to ask/ one of my two brothers/ to read me textbooks,/ and I had to create/ my own books/ in Braille.//

それで2人いる兄弟のどちらかに 教科書を読み上げてもらい 点字で自分用の本を 作る必要がありました

Can you imagine?//

想像できますか?

Of course,/ my brothers were not happy/ about it,/ and later,/ I noticed/ they were not there/ whenever I needed them.//

私の兄弟にしても そんなの 面白いわけもなく 頼みたい時にはいつも いなくなっていることに気が付きました

(笑)

I think/ they tried to stay away/ from me.//

私のことを避けていたんだと 思いますが

I don't blame them.//

そのことで2人を責めるつもりは ありません

I really wanted to be freed from relying on someone.//

ただ私は 誰かに頼らずに済むように なりたいと強く思っていて

That became my strong desire/ to ignite innovation.//

それがイノベーションを起こしたい という想いに繋がりました

Jump ahead/ to the mid-1980s.//

時が過ぎ 1980年代の中頃

I got to know/ cutting-edge technologies/ and I thought to myself,/ how come there is no computer technology to create books/ in Braille?//

最新技術に触れる ようになった私は 疑問を持ちました なんで点字の本を コンピューターで作る技術が ないんだろう?

These amazing technologies must be able to also help people/ with limitations/ like myself.//

この素晴らしい技術を使えば 私のようなハンデのある人間を 救うことだってできるはずだ

That's the moment/ my innovation journey began.//

そうして 私のイノベーションへの旅が始まりました

I started developing/ digital book technologies,/ such as a digital Braille editor,/ digital Braille dictionary and a digital Braille library network.//

私はデジタルブック技術の開発に 取り組み始めました デジタル点字エディタ デジタル点字辞書 デジタル点字図書館ネットワーク

Today,/ every student/ who is visually impaired can read textbooks,/ by using personal computers and mobile devices,/ in Braille/ or/ in voice.//

現在では 目の不自由な学生でも パソコンやモバイル端末を使い 点字や音声を通して 教科書を読むことができます

This may not surprise you,/ since everyone now has digital books/ in their tablets/ in 2015.//

これは驚くことでは ないでしょう 2015年の今では みんなタブレットに 電子書籍を持っています

But Braille went digital many years/ before digital books,/ already/ in the late 1980s,/ almost 30 years/ ago.//

でも点字の本は 普通の本よりずっと前にデジタルになっていたんです 1980年代後半 今から30年近くも前の話です

Strong and specific needs of the blind people made this opportunity/ to create digital books way back then.//

視覚障害者の 具体的で強いニーズが そんな昔に電子書籍が作られる機会を 生み出したのです

And this is actually not the first time/ this happened,/ because history shows us/ accessibility ignites innovation.//

そういったことは 何もこれが初めてではありません アクセシビリティがイノベーションを刺激することを 歴史は示しています

The telephone was invented/ while developing a communication tool/ for hearing impaired people.//

電話機は 耳が不自由な人のための コミュニケーションの手段を 作り出そうとする中で生まれました

Some keyboards were also invented to help/ people/ with disabilities.//

ある種のキーボードもまた 元々は障害者のために作られたものでした

Now/ I'm going to give/ you/ another example/ from my own life.//

私が関わったもう1つの例を ご紹介しましょう

In the '90s,/ people/ around me started talking/ about the Internet and web browsing.//

90年代に 周りの人たちが インターネットやウェブのことを 話題にするようになりました

I remember the first time/ I went on the web.//

最初にウェブに触れた時のことを よく覚えています

I was astonished.//

驚きました

I could access newspapers/ at any time and every day.//

新聞を毎日いつでも 読むことができ

I could even search for any information/ by myself.//

自分でどんな情報でも 検索することができました

I desperately wanted to help/ the blind people have access/ to the Internet,/ and I found ways/ to render the web/ into synthesized voice,/ which dramatically simplified the user interface.//

目の不自由な人たちが インターネットを使えるようにしたいと強く思いました そしてウェブページを 合成音声に変える方法を見つけました それによりユーザーインタフェースを 劇的にシンプルにすることができました

This led me/ to develop the Home Page Reader/ in 1997,/ first/ in Japanese and later,/ translated into 11 languages.//

それが1997年の 「ホームページリーダー」の開発に繋がりました 最初に日本語用ができ その後 11カ国語に翻訳されました

When I developed the Home Page Reader,/ I got many comments/ from users.//

ホームページリーダーを作ったとき 多くの人から メッセージをもらいました

One/ that I strongly remember said,/ "For me,/ the Internet is a small window/ to the world."//

特に心に残っているのがあります 「私にとって インターネットは 世界に繋がる小さな窓です」

It was a revolutionary moment/ for the blind.//

これは視覚障害者にとって 革命的な瞬間でした

The cyber world became accessible,/ and this technology/ that we created for the blind has many uses,/ way/ beyond what I imagined.//

ネットの世界が 障害者の手に届くものとなり 私たちが視覚障害者のために 開発したこの技術は 想像をはるかに越えて 様々な使われ方をするようになりました

It can help/ drivers listen to their emails/ or it can help you listen to a recipe/ while cooking.//

車の運転中に メールを耳で確認したり レシピを聞きながら 料理を作ったり

Today,/ I am more independent,/ but it is still not enough.//

今では 昔より多くのことを 1人でできるようになりましたが まだ十分ではありません

For example,/ when I approached the stage just now,/ I needed assistance.//

たとえば さっきステージに上がったときも 手助けが必要でした

My goal is to come up/ here independently.//

私の目標は1人でここに 来られるようになることです

And not just here.//

ここだけじゃなく

My goal is to be able to travel and do things/ that are simple/ to you.//

旅行をしたり 皆さんには何でもないことが できるようになることです

OK,/ now let me/ show you/ the latest technologies.//

では最新の技術をお見せしましょう

This is a smartphone app/ that we are working on.//

これは私たちが取り組んでいる スマートフォン・アプリです

(Video)/ Electronic voice:/ 51 feet/ to the door,/ and keep straight.//

(電子音声) 扉まで15メートルです まっすぐ進んでください

EV:/ Take the two doors/ to go out.// The door is on your right.//

(電子音声) 外へ出るには扉を2つ通ります 扉は右側にあります

EV:/ Nick is approaching.// Looks/ so happy.//

(電子音声) ニックがやって来ます 嬉しそうです

Chieko Asakawa:/ Hi,/ Nick!//

(智恵子) こんにちは ニック!

(笑)

CA:/ Where are you going?// You look so happy.//

(智恵子) どこに行くの?なんか嬉しそうじゃない?

Nick:/ Oh --/ well,/ my paper just got accepted.//

(ニック) 論文が受理されたんだ

CA:/ That's great!// Congratulations.//

(智恵子) 本当?よかったじゃない!

Nick:/ Thanks.// Wait --/ how'd/ you know/ it was me,/ and/ that I look happy?//

(ニック) ありがとう だけど何で僕だって分かったの?それに嬉しそうだとか?

(Chieko and Nick laugh)/

(2人が笑う)

Man:/ Hi.//

(男) やあ

(笑)

CA:/ Oh ...// hi.//

(智恵子) あ・・・どうも

EV:/ He is not talking to you,/ but on his phone.//

(電子音声) あなたにではなく 電話相手に話しています

(電子音声) ポテトチップです

EV:/ Dark chocolate/ with almonds.//

(電子音声) アーモンド入り ダーク・チョコレートです

EV:/ You gained 5 pounds/ since yesterday;/ take apple/ instead of/ chocolate.//

(電子音声) 昨日から体重が2キロ増えています チョコレートでなくリンゴにしましょう

(笑)

EV:/ Approaching.//

(電子音声) もうすぐ着きます

EV:/ You arrived.//

(電子音声) 到着しました

CA:/ Now ...//

この ―

(拍手)

Thank you.//

ありがとうございます

So now/ the app navigates me/ by analyzing beacon signals/ and smartphone sensors/ and permits me/ to move around indoor and outdoor environments/ all/ by myself.//

このアプリは 無線標識信号とスマートフォンの センサーを使って道案内をし 屋内でも屋外でも 1人で歩き回れるように してくれます

But the computer vision part/ that showed/ who is approaching,/ in which mood --/ we are still working on that part.//

コンピューター・ビジョンを使って 誰がどんな様子でやってくるのか教えてくれる という部分は まだ開発中です

And recognizing facial expressions is very important/ for me/ to be social.//

表情を認識する機能は 視覚障害者が社交的になるためにとても重要です

So now/ the fusions of technologies are ready/ to help me see the real world.//

様々な技術の融合によって 視覚障害者が 世界を見られるようになります

We call this cognitive assistance.//

私たちはこれを 「認知アシスタンス」と呼んでいます

It understands our surrounding world and whispers/ to me/ in voice/ or sends a vibration/ to my fingers.//

周りの世界を把握して 耳に囁いたり 指への振動で伝えてくれます

Cognitive assistance will augment missing or weakened abilities --/ in other words,/ our five senses.//

欠けている ないしは 弱った五感能力を 「認知アシスタンス」は 補ってくれます

This technology is only in an early stage,/ but eventually,/ I'll be able to find a classroom/ on campus,/ enjoy window shopping/ or find a nice restaurant/ while walking along a street.//

この技術は まだ初期段階ですが やがて私は これのお陰で キャンパスで教室を見つけたり ウィンドウショッピングしたり 通りを歩きながら 素敵なレストランを 見つけられるようになるでしょう

It will be amazing/ if I can find you/ on the street/ before you notice me.//

通りで会ったとき あなたより先に私が 気付くとしたら すごいと思いませんか?

It will become my best buddy,/ and yours.//

これは私にとって そして皆さんにとって 最高の相棒になるでしょう

So,/ this really is a great challenge.//

だから これは やり甲斐のある挑戦なんです

It is a challenge/ that needs collaboration,/ which is/ why we are creating an open community/ to accelerate research activities.//

そしてこの挑戦には 協力が必要です そのため 私たちは 研究活動を加速する オープンなコミュニティを 作ろうとしています

Just/ this morning,/ we announced the open-source fundamental technologies/ you just saw in the video.//

ちょうど今朝のことですが ご覧いただいたビデオの中の基本技術を オープンソースにすると発表しました

The frontier is the real world.//

フロンティアは現実の世界です

視覚障害者コミュニティが 開拓者となって この技術のフロンティアを 探索しています

I hope to work/ with you/ to explore the new era,/ and the next time that/ I'm on this stage,/ through technology and innovation,/ I will be able to walk up/ here/ all/ by myself.//

新しい時代を皆さんと一緒に 切り開いていきたいです 次回 このステージに上がるときは 技術とイノベーションの力で 私はきっと 1人で歩いていることでしょう

Thank/ you so much.//

ありがとうございました

(拍手)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

swimming

〈U〉『水泳』

〈C〉めまい

skiing

(スポーツとしての)『スキー』;スキー術

scuba

スキューバ(潜水呼吸用器具)

スキューバの

diving

潜水

ダイビング

limitation

〈U〉〈C〉『制限するもの』,制約;《複数形で》(能力などの)限界

〈U〉制限すること(されること)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

sight

〈U〉『視力』,視覚(vision)・〈U〉《時にa ~》(…を)『見ること』《+『of』+『名』》・〈U〉見える範囲,視野,視界・〈C〉『景色』,『光景』,眺め・《the sights》『名所』・〈U〉見解・〈C〉《しばしば複数形で》(望遠鏡などの)照準器,照尺,照星・〈C〉《a ~》《話》ひどいもの・《a ~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》;《副詞的に用いて》うんと,ずっと:a sight of money多額の金・…‘を'見つける,認める・

(照準器で)…‘を'ねらう, ‘に'照準を合わせる

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

swimming pool

『水泳プール』

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

suddenly

『突然に』,だしぬけに

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

independence

(…からの)『独立』,自立,独立心《+『of』(『from』)+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

textbook

『教科書』

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

computer

『計算機』;『電子計算機』

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

laughter

『笑い』,笑い声

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

rely

『あてにする』,たよる

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

ignite

…‘に'火をつける,点火する,‘を'燃やす

火がつく,燃え始める

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

began

beginの過去形

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

dictionary

『辞書』,辞典,字引き

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

impair

〈健康・視力など〉‘を'損なう,〈判断力など〉‘を'弱める

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

tablet

(銘文などを彫り込む,金属・石の)銘板

(昔文字を記した粘土などの)書字板

《まれ》(はぎ取り式の)メモ帳,便せん帳(pad)

錠剤,(チョコレート・石けんなどの)板状小片

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

opportunity

『機会』,好機

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

accessibility

近づきやすいこと,手に入りやすいこと

影響されやすいこと

telephone

〈C〉『電話機』

〈U〉『電話』(《話》phone)

〈人〉‘に'『電話をかける』

〈場所〉‘に'電話をかける

電話をかける

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

keyboard

(ピアノ・タイプライターなどの)鍵盤(けんばん)

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたいて〈情報〉‘を'入れる

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたく

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

render

《『render』+『名』〈目〉+『形』〈補〉》…‘を'(…の状態に)『する』)make)

…‘を'行う,果たす

(…に対して)…‘を'返す《+『名』+『for』+『名』》

'‘を'公式に宣言する,言い渡す

(…に)〈計算書など〉‘を'提出する,送付する《+『名』+『to』+『名』》

(文章や絵画で)…‘を'表現する

(…に)…‘を'翻訳する(translate)《+『名』+『into』+『名』》

‘を'演奏する,演ずる(perform)

〈脂肪など〉‘を'溶かす,溶かして精製する《+『名』+『down,』+『down』+『名』》

dramatically

劇的に,非常に効果的に

simplify

…‘を'簡単にする,平易にする,単純にする

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

reader

『読者』;読書家

(学校用の)読本,リーダー

(特に英国の大学の)講師

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

strongly

『強く』,激しく

熱心に

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

revolutionary

《名詞の前にのみ用いて》革命の;革命的な

全く新しい

《『R-』》アメリカ独立戦争の

革命家

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

recipe

(食物・飲物などの)作り方,処方《+『for』+『名』》

(…の)秘けつ,妙法《+『for』+『名』》

cooking

料理;料理法

料理用の

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

assistance

『手伝い』,『助力』(help)

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

independently

独立して,自主的に

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

electronic

『電子の』,エレクトロンの

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

nick

刻み目(notch)

表面だけの切り傷,かすり傷

…‘に'刻み目(傷)をつける・「in the nick of time」で「きわどい時に, ちょうどよく」

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

accepted

一般に認められた,受け入れられた

congratulation

《複数形で》(また『congrats』)(…に対する)『祝いの言葉』,祝辞《+『on』+『名』》

〈U〉『祝い』,祝賀

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

potato chip

ポテトチップ(《英》crisp, potato crisp)

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

chocolate

〈U〉〈C〉『チョコレート』;《複数形で》『チョコレート菓子』

〈U〉チョコレート飲料

〈U〉チョコレート色

チョコレート製の,チョコレト入りの

チョコレート色の

almond

アーモンドの木(実)(その果実の核の中に仁(じん)は食用される)

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

apple

『リンゴ』;リンゴの木

instead

『その代りとして』,それよりも

applause

『拍手かっさい』;称賛

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

beacon

(合図の)かがり火,のろし

標識塔;信号塔,灯台

航空無線標識(radio beacon)

《英》=Belisha beacon

指導(警告)するもの(人)

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

permit

〈人が〉…‘を'『許可する』

〈物事が〉…‘の'機会を与える,‘を'可能にする

〈事が〉許す

許可証(書)

indoor

『室内の』,『屋内の』

outdoor

『戸外の』,野外の

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

mood

(ある時の,一時的な)『気分』,機嫌

(会合・作品などの)『雰囲気』,ムード,(時代・国民などの)風潮,一般的な傾向《+『of』+『名』》

《複数形で》むら気,ふきげん

facial

顔の;顔用の

(マッサージや化粧品による)顔の手入れ

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

fusion

〈U〉(金属などが)溶けること,融解,融合《+『of』+『名』》

〈C〉融合物

〈C〉(政党・党派などの)連合,合同;(民族などの)融合《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉核融合(nuclear fusion)

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

cognitive

認識の(に関する,を要する)

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

whisper

『ささやく』,ひそひそ話す《+about+名》

〈風・流れ・木の葉などが〉サラサラ音を立てる

…‘を'『ささやく』,ひそひそと言う

《しばしば受動態で》〈秘密など〉‘を'言いふらす《+about+名》

『ささやき』,ささやかれた言葉

《単数形で》(風・流れなどの)サラサラいう音

うわさ,ひそひそ話

vibration

〈U〉震え,振動

〈C〉〈U〉(物理学で)振動

〈C〉《複数形で》(またvibes)《話》(人・状況などから受ける)感じ,直感

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

augment

…'を'増す,増大(増加)させる

〈物・事が〉増す,増大(増加)する

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

weaken

;‘を'『弱くする』

;‘を'薄くする

弱くなる

<人・人の態度が>軟化する,ぐらつく

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

classroom

『クラスルーム』,教室

campus

(大学などの)『構内』,キャンパス;学園

《米》(大学の)分校

shopping

『買物』・買物の,買物のための

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

buddy

《話》兄貴;仲間,相棒

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

frontier

『国境』,国境地方

辺境(米国の西部開拓時代の開拓地と未開拓地の境界地方)

《しばしば複数形で》(学問・知識などの)最前線,未研究の分野

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

pathfinder

(未開地の)道路発見者,先導者

(物事の)草分け,開拓者

(他の飛行機に爆弾投下地を明示する)照明弾投下飛行機;その操縦者

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

関連動画