TED日本語 - ジョン・ニュエン: 自宅から行ける太陽系ツアー

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

手の届かない高額な宇宙探査機を買わずに太陽系を探検したいと思いませんか?ジョン・ニューエンが、NASAジェット推進研究所より「Eyes on the Solar System(太陽系観察)」を披露します。この無料のソフトウェアを使えば、惑星から衛星、小惑星、更に太陽の周りをリアルタイムで飛行している宇宙船まで全て無料で楽しむことができます。(撮影場所: TEDxSanDiego)

Script

子供時代 私は宇宙や空を飛ぶものが大好きでした PBS局のNovaという科学番組はかかさず見ましたし 小学校も子供向け科学番組をよく流していました 小学生の頃 隣の隣人が 誕生日に本をくれたんです 天文学の本でした 時間も忘れて穴があく程にこの本を読みました このような色々のものがきっかけとなって 宇宙探査という夢を志すようになりました 太陽系内を飛び回って惑星や月 宇宙船を 訪れてみたいと ずっと夢見ていました

時が経ちカリフォルニア大学ロサンゼルス校を卒業し NASAに入った私は ジェット推進研究所に配属されました そこで チームのみんなと太陽系の 3Dモデル作成に取り組むことになりました 今日は今までの成果をお見せしようと思います

実はここでお見せするものは 皆さんの自宅でも自由に楽しめるように 開発されているものなんです

これは地球です アメリカにカリフォルニア サンディエゴも見えますね マウスとキーボードを使って 3Dモデルを回転させることができます

これ自体目新しいものではなくGoogle Earth で同じようなものを 見た人も多いはずですが開発チーム内では Google Earthとは逆をやっているとよく言ったりしています Google Earthは地球に向かって近づいていきますが 私たちのものは地球から離れていくんです もちろん 地球は素晴らしいのですがここでお見せしたいのは 人工衛星や探査機なんです インターフェースをズームアウトすると 地球の周りを回る人工衛星が見えてきます これらは全て科学衛星で 軍事用 気象予報用 通信用 偵察用のものは含めていません こういった衛星は無数に飛んでいて 含めると ぐちゃぐちゃになってしまうんですね こんな機能もついています人工衛星や探査機の中には 3Dモデルを作成したものもあるのでダブルクリック一つで 訪れることができます

それでは国際宇宙ステーションを見てみましょう ダブルクリックするだけでその場にひとっ飛びです 現在 国際宇宙ステーションの 真横を飛行している状態です

もう一つ素晴らしい機能があって カメラだけでなく時間を動かすことができます ここのジョグダイアルをスライドすると 時間を早送りすることができます 宇宙ステーションから眺める日没を見ることが出来ます あそこでは90分毎に日が沈むわけですが (笑)

それでは他の機能を紹介しましょう ホームボタンを押すと 内部太陽系へと移動します 次は外部の太陽系を見てみましょうか 土星や木星が見えますね ここでちょっとお見せしたいものがあります 結構いろんなものが飛んでいます

これはマーズ・サイエンス・ラボラトリーです 先週 火星に向けて打ち上げられたばかりです

こちらは木星に向かうジュノーです 次にベスタ探査用のドーン こちらはニュー・ホライズンズで 冥王星に向かっています

これをお見せてしているのは 「宇宙に行くスペースシャトルはもうない」とか 「NASAは死んだ」というような おかしな認識が広まっているからです

実は ロボットによる探査がNASAの活動の中心になっており NASAの探査機もたくさん飛んでいます もちろん 現在はNASAの宇宙船に 人を乗せて送り出すことはありませんが NASAはいたって健在です このようなプログラムを作った理由の一つは NASAの色々な活動を 皆さんに知ってもらうためです

さて太陽系に戻りましょうか どこか訪れたいところがあれば ただダブルクリックするだけです ベスタをダブルクリックしてみましょう ベスタをの周りを回っているドーンが見えますね 現在 本当にあそこを飛んでいるんですよ 天王星をダブルクリックしてみましょうか すると 横に傾いて回転する天王星と周りの衛星が見えます 89度傾いていることがわかりますね

1950年から2050年までのデータを使用しており 色々な場所へ 色々な時間の設定で行くことができます もちろん入手困難なものもありますので データは完全ではありません 異なる時間設定で色々なところに行けるので いくらでも探検を楽しむことができます 本当に限りがないんですが 中でも一つお見せしたいものがあります 目的地のタブを開くと 外惑星探査用のボイジャー1号がでてきます タイタンへの接近通過を見てみましょう 時間をさかのぼり 1980年11月11日の日付の ボイジャー1号の隣へやってきました

すると奇妙な光景が見えてきます 全く動いていないではないですか プログラムが一時停止したように見えますが 実は本来のスピードで変化しています 秒単位まで正確なスピードで動いています ここのボイジャー1号はタイタンのすぐ横を たしか時速6万1千kmで飛行しています 何も動いてないように見えるのは ここの土星からは112万kmも距離があるし タイタンからも7千km程は離れているからです 宇宙の壮大さのために動きが見えなくなってしまったんです

もっと面白くするために 時間を早送りして ボイジャー1号に タイタンに接近し通過してもらいましょう タイタンは ぼんやりとした土星の衛星で 分厚い大気で覆われています 土星をカメラの中央に戻して ズームアウトしてお見せしたいのは 土星に接近飛通過をするボイジャー1号です

ここで重要なことがあります このような3Dモデルがあれば単なる衛星の 動き以外のことが見えてくるんです もっと色々説明できます 更にインタラクティブなアプリケーションなので 好みの形で見ることができます 一時停止 早送りもできますし カメラのアングルを変えるのも皆さん次第です ボイジャー1号は単に土星に接近し 通過しただけではない事をお見せすることができるんです 実は土星の下を飛んでいくんです 土星の下を通過する過程で 土星の重力に捕らえられ上方に太陽系外に向かって 加速されます このまま放っておけば こんな風に飛んでいってしまいます それでは内部太陽系に戻りましょうか 今日の日付 今現在に戻って ボイジャー1号がどこにいるかお見せします ここですよ 内部太陽系を大きく脱出して こんなに上まで来てしまっているんです

どうやってここに到達したかわかりましたね これこそがこのプログラムの目的なんです 時間や場所を操作して 自由に飛び回り自由に学ぶことができるんです

今日のテーマは「世界を手の中に」です これは太陽系を皆さんの手の中にお渡しするプログラムです これを使って 皆さんに宇宙探索の歴史や 将来の宇宙開発について学んで頂けると思います 私の個人的な夢は 子供たちにこのアプリケーションで 宇宙を探検してもらい 神秘を感じてもらって 私が子供の時のように 科学・技術・工学・数学を好きになってもらい 宇宙探査の夢を追いかけてもらうことです

ありがとうございました (拍手)

As a kid, I was fascinated with all things air and space. I would watch Nova on PBS. Our school would show Bill Nye the Science Guy. When I was in elementary school, my next door neighbor, he gave me a book for my birthday. It was an astronomy book, and I poured over that thing for hours on end, and it was a combination of all these things that inspired me to pursue space exploration as my own personal dream, and part of that dream was, I always wanted to just fly around the solar system and visit different planets and visit moons and spacecraft.

Well, a number of years later, I graduated from UCLA and I found myself at NASA, working for the jet propulsion laboratory, and there our team was challenged to create a 3D visualization of the solar system, and today I want to show you what we've done so far.

Now, the kicker is, everything I'm about to do here you can do at home, because we built this for the public for you guys to use.

So what you're looking at right now is the Earth. You can see the United States and California and San Diego, and you can use the mouse or the keyboard to spin things around.

Now, this isn't new. Anyone who's used Google Earth has seen this before, but one thing we like to say in our group is, we do the opposite of Google Earth. Google Earth goes from this view down to your backyard. We go from this view out to the stars. So the Earth is cool, but what we really want to show are the spacecraft, so I'm going to bring the interface back up, and now you're looking at a number of satellites orbiting the Earth. These are a number of our science space Earth orbiters. We haven't included military satellites and weather satellites and communication satellites and reconnaissance satellites. If we did, it would be a complete mess, because there's a lot of stuff out there. And the cool thing is, we actually created 3D models for a number of these spacecraft, so if you want to visit any of these, all you need to do is double-click on them.

So I'm going to find the International Space Station, double-click, and it will take us all the way down to the ISS. And now you're riding along with the ISS where it is right now.

And the other cool thing is, not only can we move the camera around, we can also control time, so I can slide this jog dial here to shuttle time forward, and now we can see what a sunset on the ISS would look like, and they get one every 90 minutes. (Laughter)

All right, so what about the rest of it? Well, I can click on this home button over here, and that will take us up to the inner solar system, and now we're looking at the rest of the solar system. You can see, there's Saturn, there's Jupiter, and while we're here, I want to point out something. It's actually pretty busy.

Here we have the Mars Science Laboratory on its way to Mars, just launched last weekend.

Here we have Juno on its cruise to Jupiter, there. We have Dawn orbiting Vesta, and we have over here New Horizons on a straight shot to Pluto.

And I mention this because there's this strange public perception that NASA's dead, that the space shuttles stopped flying and all of the sudden there's no more spacecraft out there.

Well, a lot of what NASA does is robotic exploration, and we have a lot of spacecraft out there. Granted, we're not sending humans up at the moment, well at least with our own launch vehicles, but NASA is far from dead, and one of the reasons why we write a program like this is so that people realize that there's so many other things that we're doing.

Anyway, while we're here, again, if you want to visit anything, all you need to do is double-click. So I'm just going to double-click on Vesta, and here we have Dawn orbiting Vesta, and this is happening right now. I'm going to double-click on Uranus, and we can see Uranus rotating on its side along with its moons. You can see how it's tilted at about 89 degrees.

And just being able to visit different places and go through different times, we have data from 1950 to 2050. Granted, we don't have everything in between, because some of the data is hard to get. Just being able to visit places in different times, you can explore this for hours, literally hours on end, but I want to show you one thing in particular, so I'm going to open up the destination tab, spacecraft outer planet missions, Voyager 1, and I'm going to bring up the Titan flyby. So now we've gone back in time. We're now riding along with Voyager 1. The date here is November 11,1980.

Now, there's a funny thing going on here. It doesn't look like anything's going on. It looks like I've paused the program. It's actually running at real rate right now,one second per second, and in fact, Voyager 1 here is flying by Titan at I think it's 38,000 miles per hour. It only looks like nothing's moving because, well, Saturn here is 700,000 miles away, and Titan here is 4,000 to 5,000 miles away. It's just the vastness of space makes it look like nothing's happening.

But to make it more interesting, I'm going to speed up time, and we can watch as Voyager 1 flies by Titan, which is a hazy moon of Saturn. It actually has a very thick atmosphere. And I'm going to recenter the camera on Saturn, here. I'm going to pull out, and I want to show you Voyager 1 as it flies by Saturn.

There's a point to be made here. With a 3D visualization like this, we can not only just say Voyager 1 flew by Saturn. There's a whole story to tell here. And even better, because it's an interactive application, you can tell the story for yourself. If you want to pause it, you can pause it. If you want to keep going, if you want to change the camera angle, you can do that, and because of that, I can show you that Voyager 1 doesn't just fly by Saturn. It actually flies underneath Saturn. Now, what happens is, as it flies underneath Saturn, Saturn grabs it gravitationally and flings it up and out of the solar system, so if I just keep letting this go, you can see Voyager 1 fly up like that. And, in fact, I'm going to go back to the solar system. I'm going to go back to today, now, and I want to show you where Voyager 1 is. Right there, above, way above the solar system, way beyond our solar system.

And here's the thing. Now you know how it got there. Now you know why, and to me, that's the point of this program. You can manipulate it yourself. You can fly around yourself and you can learn for yourself.

You know, the theme today is "The World In Your Grasp." Well, we're trying to give you the solar system in your grasp - (Laughter)- and we hope once it's there, you'll be able to learn for yourself what we've done out there, and what we're about to do. And my personal dream is for kids to take this and explore and see the wonders out there and be inspired, as I was as a kid, to pursue STEM education and to pursue a dream in space exploration.

Thank you. (Applause)

As a kid,/ I was fascinated with all things air and space.//

子供時代 私は宇宙や空を飛ぶものが大好きでした

I would watch Nova/ on PBS.//

PBS局のNovaという科学番組はかかさず見ましたし

Our school would show Bill Nye/ the Science Guy.//

小学校も子供向け科学番組をよく流していました

When I was in elementary school,/ my next door neighbor,/ he gave me/ a book/ for my birthday.//

小学生の頃 隣の隣人が 誕生日に本をくれたんです

It was an astronomy book,/ and I poured over that thing/ for hours/ on end,/ and it was a combination of all these things/ that inspired me/ to pursue space exploration/ as my own personal dream,/ and part of that dream was,/ I always wanted to just fly around the solar system and visit different planets and visit moons and spacecraft.//

天文学の本でした 時間も忘れて穴があく程にこの本を読みました このような色々のものがきっかけとなって 宇宙探査という夢を志すようになりました 太陽系内を飛び回って惑星や月 宇宙船を 訪れてみたいと ずっと夢見ていました

Well,/ a number of years later,/ I graduated from UCLA/ and I found myself/ at NASA,/ working for the jet propulsion laboratory,/ and there/ our team was challenged to create a 3D visualization of the solar system,/ and today/ I want to show/ you/ what we've done so far.//

時が経ちカリフォルニア大学ロサンゼルス校を卒業し NASAに入った私は ジェット推進研究所に配属されました そこで チームのみんなと太陽系の 3Dモデル作成に取り組むことになりました 今日は今までの成果をお見せしようと思います

Now,/ the kicker is,/ everything/ I'm/ about to do here/ you can do at home,/ because we built this/ for the public/ for you guys to use.//

実はここでお見せするものは 皆さんの自宅でも自由に楽しめるように 開発されているものなんです

So/ what you're looking/ at right now is the Earth.//

これは地球です アメリカにカリフォルニア サンディエゴも見えますね

You can see the United States and California and San Diego,/ and you can use the mouse/ or the keyboard/ to spin things around.//

マウスとキーボードを使って 3Dモデルを回転させることができます

Now,/ this isn't new.// Anyone/ who's used/ Google Earth has seen this before,/ but one thing/ we like to say/ in our group is,/ we do the opposite of Google Earth.//

これ自体目新しいものではなくGoogle Earth で同じようなものを 見た人も多いはずですが開発チーム内では Google Earthとは逆をやっているとよく言ったりしています

Google Earth goes from this view down/ to your backyard.//

Google Earthは地球に向かって近づいていきますが

We go from this view/ out/ to the stars.//

私たちのものは地球から離れていくんです

So the Earth is cool,/ but what we really want to show/ are the spacecraft,/ so I'm going to bring/ the interface back up,/ and now/ you're looking/ at a number of satellites/ orbiting the Earth.//

もちろん 地球は素晴らしいのですがここでお見せしたいのは 人工衛星や探査機なんです インターフェースをズームアウトすると 地球の周りを回る人工衛星が見えてきます

These are a number of our science space Earth orbiters.//

これらは全て科学衛星で

軍事用 気象予報用 通信用 偵察用のものは含めていません

If we did,/ it would be a complete mess,/ because there's a lot of stuff out there.//

こういった衛星は無数に飛んでいて 含めると ぐちゃぐちゃになってしまうんですね

And the cool thing is,/ we actually created 3D models/ for a number of these spacecraft,/ so/ if you want to visit/ any of these,/ all you need to do/ is double-click/ on them.//

こんな機能もついています人工衛星や探査機の中には 3Dモデルを作成したものもあるのでダブルクリック一つで 訪れることができます

So I'm going to find/ the International Space Station,/ double-click,/ and it will take us/ all the way/ down/ to the ISS.//

それでは国際宇宙ステーションを見てみましょう ダブルクリックするだけでその場にひとっ飛びです

And now/ you're riding/ along/ with the ISS/ where it is right now.//

現在 国際宇宙ステーションの 真横を飛行している状態です

And the other cool thing is,/ not only can/ we move the camera around,/ we can also control time,/ so I can slide this jog dial here/ to shuttle time forward,/ and now/ we can see/ what a sunset/ on the ISS would look like,/ and they get one/ every 90 minutes.// (Laughter)//

もう一つ素晴らしい機能があって カメラだけでなく時間を動かすことができます ここのジョグダイアルをスライドすると 時間を早送りすることができます 宇宙ステーションから眺める日没を見ることが出来ます あそこでは90分毎に日が沈むわけですが (笑)

All right,/ so/ what about the rest of it?//

それでは他の機能を紹介しましょう

Well,/ I can click on this home button/ over here,/ and that will take us/ up/ to the inner solar system,/ and now/ we're looking/ at the rest of the solar system.//

ホームボタンを押すと 内部太陽系へと移動します 次は外部の太陽系を見てみましょうか

You can see,/ there's Saturn,/ there's Jupiter,/ and/ while we're here,/ I want to point out/ something.//

土星や木星が見えますね ここでちょっとお見せしたいものがあります

It's actually pretty busy.//

結構いろんなものが飛んでいます

Here/ we have the Mars Science Laboratory/ on its way/ to Mars,/ just launched/ last weekend.//

これはマーズ・サイエンス・ラボラトリーです 先週 火星に向けて打ち上げられたばかりです

Here/ we have Juno/ on its cruise/ to Jupiter,/ there.//

こちらは木星に向かうジュノーです

We have Dawn orbiting/ Vesta,/ and we have over here/ New Horizons/ on a straight shot/ to Pluto.//

次にベスタ探査用のドーン こちらはニュー・ホライズンズで 冥王星に向かっています

And I mention this/ because there's this strange public perception/ that NASA's dead,/ that the space shuttles stopped flying/ and all of the sudden/ there's no more spacecraft/ out there.//

これをお見せてしているのは 「宇宙に行くスペースシャトルはもうない」とか 「NASAは死んだ」というような おかしな認識が広まっているからです

Well,/ a lot of what NASA does/ is robotic exploration,/ and we have a lot of spacecraft out there.//

実は ロボットによる探査がNASAの活動の中心になっており NASAの探査機もたくさん飛んでいます

Granted,/ we're not sending/ humans up/ at the moment,/ well at least/ with our own launch vehicles,/ but NASA is far from dead,/ and one of the reasons/ why we write a program/ like this is/ so that people realize/ that there's so many other things/ that we're doing.//

もちろん 現在はNASAの宇宙船に 人を乗せて送り出すことはありませんが NASAはいたって健在です このようなプログラムを作った理由の一つは NASAの色々な活動を 皆さんに知ってもらうためです

Anyway,/ while we're here,/ again,/ if you want to visit/ anything,/ all you need to do/ is double-click.//

さて太陽系に戻りましょうか どこか訪れたいところがあれば ただダブルクリックするだけです

So I'm just going to double-click/ on Vesta,/ and here/ we have Dawn orbiting/ Vesta,/ and this is happening right now.//

ベスタをダブルクリックしてみましょう ベスタをの周りを回っているドーンが見えますね 現在 本当にあそこを飛んでいるんですよ

I'm going to double-click/ on Uranus,/ and we can see Uranus/ rotating on its side/ along with its moons.//

天王星をダブルクリックしてみましょうか すると 横に傾いて回転する天王星と周りの衛星が見えます

You can see/ how it's tilted at about 89 degrees.//

89度傾いていることがわかりますね

And just/ being able to visit different places/ and go through different times,/ we have data/ from 1950/ to 2050.//

1950年から2050年までのデータを使用しており 色々な場所へ 色々な時間の設定で行くことができます

Granted,/ we don't have everything/ in between,/ because some of the data is hard/ to get.//

もちろん入手困難なものもありますので データは完全ではありません

Just/ being able to visit places/ in different times,/ you can explore this/ for hours,/ literally/ hours/ on end,/ but I want to show/ you/ one thing/ in particular,/ so I'm going to open up/ the destination tab,/ spacecraft outer planet missions,/ Voyager 1,/ and I'm going to bring up/ the Titan flyby.//

異なる時間設定で色々なところに行けるので いくらでも探検を楽しむことができます 本当に限りがないんですが 中でも一つお見せしたいものがあります 目的地のタブを開くと 外惑星探査用のボイジャー1号がでてきます タイタンへの接近通過を見てみましょう

So now/ we've gone back/ in time.//

時間をさかのぼり

We're now riding/ along/ with Voyager 1.//

1980年11月11日の日付の

The date here is November 11,1980.//

ボイジャー1号の隣へやってきました

Now,/ there's a funny thing/ going on here.//

すると奇妙な光景が見えてきます

It doesn't look like anything's going on.//

全く動いていないではないですか

It looks/ like I've paused the program.//

プログラムが一時停止したように見えますが

It's actually running/ at real rate right now,/one second/ per second,/ and in fact,/ Voyager 1 here is flying by Titan at I think it's 38,000 miles/ per hour.//

実は本来のスピードで変化しています 秒単位まで正確なスピードで動いています ここのボイジャー1号はタイタンのすぐ横を たしか時速6万1千kmで飛行しています

It only looks like nothing's moving/ because,/ well,/ Saturn here is 700,000 miles away,/ and Titan here is 4,000/ to 5,000 miles away.//

何も動いてないように見えるのは ここの土星からは112万kmも距離があるし タイタンからも7千km程は離れているからです

It's just/ the vastness of space makes it look like nothing's happening.//

宇宙の壮大さのために動きが見えなくなってしまったんです

But to make it more interesting,/ I'm going to speed up/ time,/ and we can watch as Voyager 1 flies/ by Titan,/ which is a hazy moon of Saturn.//

もっと面白くするために 時間を早送りして ボイジャー1号に タイタンに接近し通過してもらいましょう タイタンは ぼんやりとした土星の衛星で

It actually has a very thick atmosphere.//

分厚い大気で覆われています

And I'm going to recenter/ the camera/ on Saturn,/ here.//

土星をカメラの中央に戻して

I'm going to pull out,/ and I want to show/ you/ Voyager 1/ as it flies by Saturn.//

ズームアウトしてお見せしたいのは 土星に接近飛通過をするボイジャー1号です

There's a point/ to be made here.//

ここで重要なことがあります

With a 3D visualization/ like this,/ we can not only just say Voyager 1 flew/ by Saturn.//

このような3Dモデルがあれば単なる衛星の 動き以外のことが見えてくるんです

There's a whole story/ to tell here.//

もっと色々説明できます

And even better,/ because it's an interactive application,/ you can tell the story/ for yourself.//

更にインタラクティブなアプリケーションなので 好みの形で見ることができます

If you want to pause/ it,/ you can pause it.//

一時停止 早送りもできますし

If you want to keep going,/ if you want to change/ the camera angle,/ you can do that,/ and because of that,/ I can show you/ that Voyager 1 doesn't just fly by Saturn.//

カメラのアングルを変えるのも皆さん次第です ボイジャー1号は単に土星に接近し 通過しただけではない事をお見せすることができるんです

実は土星の下を飛んでいくんです

Now,/ what happens/ is,/ as it flies underneath Saturn,/ Saturn grabs it gravitationally/ and flings it/ up and/ out of the solar system,/ so/ if I just keep letting/ this go,/ you can see Voyager 1 fly up/ like that.//

土星の下を通過する過程で 土星の重力に捕らえられ上方に太陽系外に向かって 加速されます このまま放っておけば こんな風に飛んでいってしまいます

And,/ in fact,/ I'm going to go back/ to the solar system.//

それでは内部太陽系に戻りましょうか

I'm going to go back/ to today,/ now,/ and I want to show/ you/ where Voyager 1 is.//

今日の日付 今現在に戻って ボイジャー1号がどこにいるかお見せします

Right there,/ above,/ way/ above the solar system,/ way/ beyond our solar system.//

ここですよ 内部太陽系を大きく脱出して こんなに上まで来てしまっているんです

And here's the thing.// Now/ you know/ how it got there.//

どうやってここに到達したかわかりましたね

Now/ you know/ why,/ and/ to me,/ that's the point of this program.//

これこそがこのプログラムの目的なんです

You can manipulate/ it yourself.//

時間や場所を操作して

You can fly around yourself and you can learn for yourself.//

自由に飛び回り自由に学ぶことができるんです

You know,/ the theme/ today is "The World/ In Your Grasp."//

今日のテーマは「世界を手の中に」です

Well,/ we're trying to give/ you/ the solar system/ in your grasp - (Laughter)-/ and we hope/ once it's there,/ you'll be able to learn for yourself/ what we've done out/ there,/ and what we're/ about to do.//

これは太陽系を皆さんの手の中にお渡しするプログラムです これを使って 皆さんに宇宙探索の歴史や 将来の宇宙開発について学んで頂けると思います

And my personal dream is/ for kids/ to take this/ and explore and see the wonders out there/ and be inspired,/ as I was as a kid,/ to pursue STEM education/ and to pursue a dream/ in space exploration.//

私の個人的な夢は 子供たちにこのアプリケーションで 宇宙を探検してもらい 神秘を感じてもらって 私が子供の時のように 科学・技術・工学・数学を好きになってもらい 宇宙探査の夢を追いかけてもらうことです

Thank you.// (Applause)//

ありがとうございました (拍手)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

nova

新星(突然明るくなり,また元に戻る星)

show bill

広告ビラ,ポスター

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

elementary school

小学校

astronomy

『天文学』,星学

pour

《副詞[句]を伴って》〈液体〉‘を'『注ぐ』,『つぐ』,流す

(…に)…‘を'『注ぎかける』,溶びせる,〈努力など〉‘を'注ぐ《+『out』(forth』)+『名,』+『名』+out』(『forth』)》

《副詞[句]を伴って》〈水・煙などが〉『流れる』;《比喩(ひゆ)的に》〈人・物が〉『流れ出る』

〈雨が〉『激しく降る』《+『down』》

《話》(レセプションなどで)〈婦人が〉お茶(コーヒーなど)をつぐ,接待役をする

どしゃ降り

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

exploration

(未知・未調査の場所の)『探検』,『実地調査』《+『of』+『名』》

(問題の)探索,調査《+『of』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

solar system

太陽系

planet

『惑星』,遊星

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

spacecraft

宇宙船

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

jet propulsion

ジェット推進

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

kicker

ける人;(ボールの)けり手,キッカー;ける癖のある馬

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

San Diego

サンディエゴ(米国California州南部の港市)

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

keyboard

(ピアノ・タイプライターなどの)鍵盤(けんばん)

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたいて〈情報〉‘を'入れる

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたく

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

backyard

裏庭

家の後ろの

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

orbit

(天体・人工衛星の)『軌道』;軌道の1周

(活動・影響・知識の)範囲

(軌道に沿って)…‘の'周りを回る

〈人工衛星〉‘を'軌道に乗せる

軌道に沿って回る,軌道に乗る

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

communication satellite

通信衛星(《星》comsat)

reconnaissance

調査.(特に軍事的な)偵察

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

International

インターナショナル(19‐20世紀に結成された国際的な社会主義的労働者組織)

space station

宇宙ステーション 宇宙基地

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

jog

…‘を'軽く揺り動かす;…‘を'ちょっと押す(突く)

〈記憶など〉‘を'呼び起こす,刺激する

(特に健康法として)ゆっくり走る

とぼとぼと歩き続ける《+『on』(『along』)》

軽い揺さぶり(つつき,刺激)

てくてく(ことこと)歩き;(馬の)緩歩(jog trot)

dial

(時計の)『文字盤』;(各種計器類の)目盛り盤,指針盤

(ラジオ・テレビの)『ダイヤル』

(電話の)ダイヤル

日時計(sundial)

〈ラジオ・テレビ〉‘の'ダイヤルを回す;〈番組・波長〉‘に'ダイヤルを合わせる

〈電話・番号〉‘の'ダイヤルを回す;〈人〉‘に'電話をかける

(電話の)ダイヤルを回す

shuttle

(織機の)杼(ひ)(縦糸の間を走り横糸を通す器具)

(ミシンの)シャトル(下糸を入れる器具)

(特に短距離の)定期往復列車(バス,飛行機)便

…‘を'前後(左右)に動かす,往復させる

行ったり来たりする,左右に動く

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

sunset

『日没』,日の入り

日没の時刻,

laughter

『笑い』,笑い声

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

button

(衣服の)『ボタン』

記章,バッジ

(ベルなどの)『押しボタン』

〈衣服など〉‘に'ボタンをかける《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈衣服が〉ボタンで留まる,ボタンがかかる

inner

『内側の』,『内部の』,奥の

『精神の』,心の

親密な;内密の

Saturn

サトゥルヌス(ローマ神話の農業の神;ギリシア神話のCronus(クロノス)にあたる)

〈U〉土星

Jupiter

(また『Jove』)(ローマ神話の)ジュピター(天地を支配する神々の王;ギリシア神話のZeusに当たる)

木星

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

Mars

マルス(ローマ神話の戦争の神;ギリシア神話のAresにあたる)

火星

mar

…‘を'汚す,傷つける

《文》…‘を'損なう(spoil)

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

Juno

(ローマ神話の)ジューノー,ユーノー(Jupiterの妻;結婚の女神;ギリシア神話のHeraに当たる)

cruise

(特定の目的地を決めずに)〈船・飛行機が〉巡航(遊航)する;〈タクシーが〉流す

〈車・飛行機などが〉巡航(経済的な)速度で進む

〈ある地域〉'を'巡航(巡回)する

〈飛行機・車など〉'を'巡航(経済的な)速度で進ませる

(レジャーを目的とした)巡洋航海

dawn

〈U〉〈C〉『夜明け』,暁(daybreak)

《the ~》(物事の)『始まり』,端緒《+『of』+『名』》

『夜が明ける』,明るくなる

〈物事が〉はっきりして来る,現れ始める

Vesta

ベスタ(ローマ神話の火と炉の女神;ギリシア神話のHestiaに当たる)

horizon

『地平線』,水平線

(知識・関心・経験などの)限界,範囲,視野《+『of』+『名』》

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

shot

shootの過去・過去分詞

Pluto

プルート(ギリシア・ローマ神話の冥界(めいかい)の王)

冥王(めいおう)星

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

space shuttle

宇宙バス(地球と宇宙ステーションの間を往復する有人宇宙船)

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

Grant

グラント(『Ulysses Simpson Grant』;1822‐85;南北戦争当時の北軍の総司令官,のち第18代大統領となった)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

launch vehicle

宇宙船(ミサイル)の推進用ロケット

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

anyway

=anyhow

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

Uranus

ウラノス(ギリシア神話の天の神で世界の支配者)

天王星

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

tilt

…‘を'傾ける

(馬上槍試合で)〈槍〉‘を'突き出す,〈相手〉‘を'槍で突く

傾く

馬上槍試合をする

(相手を)槍で突く《+at+名》

(文章・言葉で)(…を)攻撃する《+at+名》

傾き,傾斜(slope)

(中世騎士の)馬上槍試合

(一般に)対決,試合

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

datum

dataの単数形

既知の事実

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

destination

(旅行・航海などの)『目的地』,行き先;(物の)『送付先』,到着地

tab

(開けるたれの)つまみ;(持つ・つるすための)ひもの輪;(区別するための)付け札,ラベル

(衣服につける装飾用の)ひも,輪,垂れ飾り;(靴の)舌革など

《話》(食事などの)勘定;つけ

outer

外に,外側の,外部の

中心から遠い

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

voyager

航海者,航行者;旅行者

Titan

タイタン(ギリシア神話で,オリンポスの神々以前に世界を支配していた巨人の一族の一人)

《ti・tan》巨人;大物

flyby

儀礼飛行,低空飛行

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

November

11月(《略》Nov.)

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

moving

動く,動いている

動きを起こす

感動させる

運搬用の

vastness

〈U〉 広大さ,ばく大

〈C〉《複数形》広大な広がり

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

hazy

もやのかかった,かすんだ

(考えなどが)もうろうとした,はっきりしない

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

flew

flyの過去形

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

fling

《副詞[句]を伴って》…‘を'『投げる』,ほうり出す

《副詞[句]を伴って》〈頭・腕・身体など〉‘を'投げかける,投げるように動かす

(ほうり出すように)急に(荒々しく)動く

(…を)『振って投げること』;振り動かすこと《+『of』+『名』》

(定期間の)したいほうだい,かって気まま

身ぶりの活発なスコットランドのダンス

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

manipulate

〈道具類〉‘を'巧みに扱う(動かす),〈言葉〉‘を'うまく使う

〈人・世論など〉‘を'巧みに操る,〈問題など〉‘を'うまく処理する(maneuver)

(自分の利益のために)…‘を'ごまかす,小細工する

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

grasp

…‘を'『しっかり握る』,『ぎゅっとつかむ』

…‘を'『理解する』,把握する

(…を)捕まえ(捕らえ)ようとする《+『at』(『for』)+『名』》

《通例a~》(手などでしっかり)『捕まえること』,『つかむこと』

『理解』[『力』],知的把握[力]

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画