TED日本語 - タル・ゴールズウォーシー: いかにして自分の心臓を修理したか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

タル・ゴールズウォーシーは、導管・配管をよく知るボイラー技士です。彼は手術が必要な大動脈に命に関わる問題を見つけた時に、医師と彼自身のエンジニアとしてのスキルを合わせて、よりよい「修理方法」を設計しました。

Script

私はプロセスエンジニアです ボイラーや焼却炉 繊維性フィルターやサイクロン等についての知識があり マルファン症候群患者でもあります これは遺伝病です 1992年に 遺伝学の研究会に参加し 私はゾッとしましたスライドにあるように 上行大動脈の付け根の直径が下の緑色の線を超えて 異常な状態にあったのです ここにいる皆さんの場合は3.2cmから3.6cmです 私は既に4.4cmほどの値でした そしてご覧のように 私の大動脈は徐々に広がり 手術が必要になる値まで どんどん拡張して行きました

可能であった手術は身の毛がよだつようなものでした 麻酔をかけ 胸部を開き 人工心肺装置をつけて 体温を18度ほどまで下げ 心臓を止めて 大動脈を切り出し プラスチックの弁と動脈とに取り換えます そして最も大事なことに 一生涯 抗凝固療法を続けなければなりません 通常ワルファリンを飲みます 手術をするという考えは魅力的ではありませんでした ワルファリンを飲むという考えは 全くゾっとするものでした

自分に言い聞かせました私は技術者だ 研究開発部にいる これはただの配管の問題だ 私はできる 私は変えられるんだ と そして私は 大動脈拡張症の治療全体を 変える決心をしました プロジェクトの狙いはシンプルなものです マルファン症候群患者の 上行大動脈の事実上の問題は 抗張力が足りないことです なので可能な方法として 単純に管を外から包んでしまう事が考えられます そして状態は安定し順調に機能するというわけです もし高圧ホースや 高圧の油圧パイプが少し膨れたら その外側をテープで巻きます コンセプト上は本当にシンプルです しかし実行するのは簡単ではありません 外側から補修することの私にとっての大きな利点は 私の身体の断片の全て つまり 内皮や弁の全てを温存する事ができ さらに抗凝固療法が全く必要ない事でした

さて どこから始めましょうか これは私の矢状断面です 中央に見える ある装置 小さな構造体が血液を絞り出しています 今 左心室が 大動脈弁を通して 血液を上に送っているところで 大動脈弁の2つの弁尖が 上行大動脈へ向けて動いています そしてその部分が上行大動脈で 拡張して行き最後は破裂します もちろん 命に関わります 私たちは準備として画像収集から始めました MRIから CTスキャンから 患者の大動脈の モデルを作るために

これが私の大動脈のモデルです ポケットに実物を入れてきました みなさん 触ってみたいならどうぞ ご覧のように かなり複雑な構造です 底に三つ葉状の形をしている部分があり ここに大動脈弁があります 丸い形になって 細長く伸び 曲線を描きます 製造するには かなり難しい構造です これは私のCADモデルだと言いました 後から作ったCADモデルの1つです 私たちは反復プロセスを通して より良いモデルを作っていきました このモデルを作ったときは こんな風に 固形プラスチックで 型を作りました ラピッドプロトタイピング(高速試作)技術という エンジニアリング技法を使ったのです そしてその型を使って 完全にオーダーメイドの 多孔性で布地のメッシュを製作するのです 型の形に沿っているので 大動脈に完全にピッタリとハマります これは究極のオーダーメイド医療とも言えます 私たちが手がける全ての患者は この完全にオーダーメイドのインプラントを持っています

一度作ってしまえば取り付けはかなり簡単です 心胸外科医であるジョン・ペッパー氏は こんな手術は人生初でしたが 最初のインプラントでは上手くいかず 取り出して 二つ目を試して うまくいきました 4時間半の手術ですべて終わりました 実際 手術でインプラントを入れる部分が最も簡単なところでした

私たちの手法と既存の手法 いわゆる「大動脈基部置換術」を比べると このような驚きの比較になります 結果は明らかですね 私たちのインプラントだと2時間 既存の手法だと 6時間もの時間がかかります 先ほど申し上げたように既存の手法は 心臓と肺のバイパス装置 さらに体温を下げる事が必要です 我々の手法はそのどれも要りません動いている心臓を扱い 胸を開け 心臓を拍動させたまま大動脈の処置を行ないます すべて正常な体温のまま行われます 循環器官内に手を加える必要はありません 本当に素晴らしいものです

しかし私にとって一番嬉しい点は 抗凝固療法が全く必要ない事です 私にはどんな薬も必要ありません たまに娯楽として飲むことはあってもね (笑) 長期間ワルファリンを服用している人と話してみると 非常に不便な生活を強いられていることがわかります さらに悪い事に いや応なく 寿命を縮めてしまうのです 同じように 人工弁を選択しても 煩わしい事に 他の治療があるときは 常に 抗生物質治療を余儀なくされます 歯医者へ行く時ですら体内で弁が 感染症にかかった時のために抗生物質が必要です 私にはそれも必要ありません完全に自由です 私の大動脈は修繕されもう心配する必要はありません まるで生まれ変わったかのようです

今回のテーマに戻りましょう 多くの専門分野にわたる研究において 一体どうやってボイラーを扱っていたプロセスエンジニアが 自分の人生を変えるような 医療機器が作れるのでしょうか? 答えは専門分野を超えた研究チームにあります これは核となっているチームメンバーのリストです ご覧のように 医療と工学という技術的な分野が 2つだけあるのではなく それぞれの分野から 様々な専門家がいます ここのジョン・ペッパーは 心臓外科医で 私の手術を実際に担当しましたが ほかの皆も お互いに協力し合う必要がありました 放射線科医であるラード・モヒアディン 彼は CADモデルを作るために必要な 高画質の画像を撮るのに貢献しました 現在も私たちのCADモデル全てを手がけている ウォーレン・ソーントンは オーダーメイドのCADモデルを製造するための 非常に難しい入力データセットを基にして CADコードを書いてくれました

璧はありました問題が幾つかあったのです 専門用語は大きな問題でした おそらくこの部屋にいる誰も 最初の項目にある4つの専門用語を理解できないと思います エンジニアが ここにいれば ラピッドプロトタイピングやCADは分かりますね 医療関係者なら最初の2つが分かるでしょう しかし この4つ全ての用語を理解する人は いないと思います 特定の表現が使われたときに チーム全員がその意味を 確実に理解できるようにするため 専門用語を解決する事は非常に重要でした

専門領域間のやり取りも面白いものでした 私を薄く輪切りした画像をたくさん撮り そのスライスを実際に作ってCADモデルを構築しました 最初のCADモデルを作ったとき 外科医がプラスチックモデルを見ても 何か不可解なところがありました 後にそれは 実際の大動脈の 鏡映しの画像であった事がわかりました 鏡映しの画像であった理由は 人は通常 植物や家、道、地図などを 上から見下ろしますが 医療の世界では 画像は下から見上げるものなのです なので水平に撮った画像はすべて反転していました ですから 専門領域の慣習には気をつけないといけません 何が想定されていて何が想定されていないのか 全員が理解しなくてはなりません

組織的な障壁は プロジェクト内でのもう一つの頭痛の種でした ブロンプトン病院がインペリアル大学の 医学部に 吸収合併されたときは 二つの機関の間の関係に 重大な問題がありました 私はどちらとも仕事をしていて 幾つかの 深刻な問題を 抱えてしまいました

倫理委員会 -もし手術で新しい事をする場合 その地域の倫理委員会から許可をもらう必要があります ポーランドでも同じかと思います 新しい種類の手術を申請する フォームがあります 私たちはお役所的な問題を抱えていただけではなく 専門家のねたみもありました 倫理委員会の中には ジョン・ペッパー氏がこれ以上また成功をおさめるのを よく思わない人々がいました 彼らによって余分な問題が増えたのです

お役所的な問題 - 新しい治療法があると 最終的に その国の全ての病院に向けての ガイドノートを書かなくてはなりません イギリスでは国立臨床評価機構NICEがあります ポーランドにも同じようなものがあるでしょう このNICEのプログラムに合格しなくてはなりませんでした 今は臨床ガイドラインをネットで読む事ができます なので興味のある病院は NICEレポートを読んで私たちと連絡を取り合い 自分たちで手術が出来るのです

資金の問題 - これもまた大きな問題で 別領域の視点を理解することは非常に大きな問題です こういうプロジェクトの資金をサポートする イギリスで最も大きな団体の一つに打診した時に 彼らが見ていたのは本質的には 工学的な提案書で いわば神のような医者たちでさえ理解はできず これはデタラメに違いないと却下しました 私は諦め 民間の投資家の元へ行きました 研究開発機関がポーランド科学アカデミーから または工学・物理研究委員会などから 組織的な資金援助を依頼するときには このような人々を乗り越える必要があります

専門領域を超えて仕事をするとき専門用語は 大きな問題です 工学の世界では 誰でも CADやR.P.の意味が分かりますが 医療の世界ではそうではありません 官僚的な人々には もし無理なお願いでなければ ともにきちんと行動してお互いに話し合い もう少し想像力を使ってもらいたいものです まぁ 無理でしょうね

私は「妨害的な保守主義」という言葉を作りました 医療の世界にいるあまりにも多くの人々が変化を嫌がる 成り上がりのエンジニアが正解をもって現れたときには特にです 彼らは変化を嫌う ただそれまでと同じようにしたいのです 実際 イギリスの多くの外科医が 「ほらそれは良くないと言っただろう」 と言えるような症例が 私たちの患者の中に出ればいいと思っています 30人もの患者を手がけてきました 私から始めて7年半が経ち 術後年数は合計で90年になりますが 一つも問題は起きていません でも未だに イギリスには居るのです 「あぁ、あの外部大動脈基部ねいやーあれはダメだよ」

これは本当に 本当に問題です この部屋にいる皆さんはどこかで医療関係者 医師 外科医の 傲慢さを乗り越えて来ておられるかと思います 中央の項目は 単純に医者の保身のための方法です 「そう、もちろんだよ私は自分の患者の心配をしているんだ」 私はそれは良い事とは思えませんあくまで私の見解ですが

エゴ これはまた大きな問題です 分野横断的なチームで仕事をする場合 お互いに疑ってはいけません 協力体制を示さなければなりません 心臓外科医であるトム・トレジャーは 本当に素晴らしい人で きっと誰でも彼を尊敬すると思います 彼が私を尊敬する事はどうでしょう?少し勝手が違いますね 難しい事はこのくらいです 良いことは 「度肝を抜くほど(stonkingly)」多くの利点がある点です 翻訳できますかね?できないと思いますが

(笑)

異なる専門的なトレーニング 異なる専門的な経験を持つ人々がグループで行動する場合 異なる知識的基盤を持つだけでなく 様々な異なる視点を持つことが出来ます もしそのような人々を集めて お互いに話し合い理解し合う事ができたなら その成果は壮大なものになるでしょう いままでにない奇抜な解決策を見つける事ができます 今まで一度も見られなかったようなものが 非常に簡単に 迅速に 拡張された知識的基盤を使って 手っ取り早く解決することが出来ます 結果的に 自分が持つ技術と知識の 全く異なった使い方が出来るのです

これら全ての結果として わずかな資金で 非常に早い発展を 遂げる事ができます いくらかは言えませんが自分のアイディアで インプラントを埋め込むまでにかかった金額が あまりにも安くて驚きました なぜなら おそらく米国などに 完全に標準化された外科療法があり おそらく患者一人にかかる金額は 私たちが自分たちの夢を 実現するためにかかった金額よりも 高いのではないかと 思うからです

言いたいことはこれで全部ですあと3分余ってますね ヘザーさんに喜んでもらえそうです もし何か質問があれば後で私の所にきて話しかけてください お話できて光栄ですありがとうございました

I'm a process engineer. I know all about boilers and incinerators and fabric filters and cyclones and things like that, but I also have Marfan syndrome. This is an inherited disorder. And in 1992 I participated in a genetic study and found to my horror, as you can see from the slide, that my ascending aorta was not in the normal range, the green line at the bottom. Everyone in here will be between 3.2 and 3.6 cm. I was already up at 4.4. And as you can see, my aorta dilated progressively, and I got closer and closer to the point where surgery was going to be necessary.

The surgery on offer was pretty gruesome -- anesthetize you, open your chest, put you on an artificial heart and lung machine, drop your body temperature to about 18 centigrade, stop your heart, cut the aorta out, replace it with a plastic valve and a plastic aorta, and, most importantly, commit you to a lifetime of anticoagulation therapy, normally warfarin. The thought of the surgery was not attractive. The thought of the warfarin was really quite frightening.

So I said to myself, I'm an engineer, I'm in R and D, this is just a plumbing problem. I can do this. I can change this. So I set out to change the entire treatment for aortic dilation. The project aim is really quite simple. The only real problem with the ascending aorta in people with Marfan syndrome is it lacks some tensile strength. So the possibility exists to simply externally wrap the pipe. And it would remain stable and operate quite happily. If your high-pressure hose pipe, or your high-pressure hydraulic line, bulges a little, you just wrap some tape around the outside of it. It really is that simple in concept, though not in execution. The great advantage of an external support for me was that I could retain all of my own bits, all of my own endothelium and valves, and not need any anticoagulation therapy.

So where do we start? Well this is a sagittal slice through me. You could see in the middle that device, that little structure, squeezing out. Now that's a left ventricle pushing blood up through the aortic valve -- you can see two of the leaflets of the aortic valve working there -- up into the ascending aorta. And it's that part, the ascending aorta, which dilates and ultimately bursts, which, of course, is fatal. We started by organizing image acquisition from magnetic resonance imaging machines and CT imaging machines from which to make a model of the patient's aorta.

This is a model of my aorta. I've got a real one in my pocket, if anyone would like to look at it and play with it. You can see, it's quite a complex structure. It has a funny trilobal shape at the bottom, which contains the aortic valve. It then comes back into a round form and then tapers and curves off. So it's quite a difficult structure to produce. This, like I say, is a CAD model of me, and this is one of the later CAD models. We went through an iterative process of producing better and better models. When we produced that model we turn it into a solid plastic model, as you can see, using a rapid prototyping technique, another engineering technique. We then use that former to manufacture a perfectly bespoke porous textile mesh, which takes the shape of the former and perfectly fits the aorta. So this is absolutely personalized medicine at its best really. Every patient we do has an absolutely bespoke implant.

Once you've made it, the installation's quite easy. John Pepper, bless his heart, professor of cardiothoracic surgery -- never done it before in his life -- he put the first one in, didn't like it, took it out, put the second one in. Happy, away I went. Four and a half hours on the table and everything was done. So the surgical implantation actually was the easiest part.

If you compare our new treatment to the existing alternative, the so-called composite aortic root graft, there are one of two startling comparisons, which I'm sure will be clear to all of you. Two hours to install one of our devices compared to six hours for the existing treatment. The existing treatment requires, as I've said, the heart and lung bypass machine and it requires a total body cooling. We don't need any of that; we work on a beating heart. He opens you up, he accesses the aorta while your heart is beating, all at the right temperature. No breaking into your circulatory system. So it really is great.

But for me, absolutely the best point is there is no anticoagulation therapy required. I don't take any drugs at all other than recreational ones that I would choose to take. (Laughter) And in fact, if you speak to people who are on long-term warfarin, it is a serious compromise to your quality of life. And even worse, it inevitably foreshortens your life. Likewise, if you have the artificial valve option, you're committed to antibiotic therapy whenever you have any intrusive medical treatment at all. Even trips to the dentist require that you take antibiotics, in case you get an internal infection on the valve. Again, I don't have any of that, so I'm entirely free. My aorta is fixed, I haven't got to worry about it, which is a rebirth for me.

Back to the theme of the presentation: In multidisciplinary research, how on earth does a process engineer used to working with boilers end up producing a medical device which transforms his own life? Well the answer to that is a multidisciplinary team. This is a list of the core team. And as you can see, there are not only two principal technical disciplines there, medicine and engineering, but also there are various specialists from within those two disciplines. John Pepper there was the cardiac surgeon who did the actual work on me, but everyone else there had to contribute one way or another. Raad Mohiaddin, medical radiologist: We had to get good quality images from which to make the CAD model. Warren Thornton, who still does all our CAD models for us, had to write a bespoke piece of CAD code to produce this model from this really rather difficult input data set.

There are some barriers to this though. There are some problems with it. Jargon is a big one. I would think no one in this room understands those four first jargon points there. The engineers amongst you will recognize rapid prototyping and CAD. The medics amongst you, if there are any, will recognize the first two. But there will be nobody else in this room that understands all of those four words. Taking the jargon out was very important to ensure that everyone in the team understood exactly what was meant when a particular phrase was used.

Our disciplinary conventions were funny as well. We took a lot of horizontal slice images through me, produced those slices and then used those to build a CAD model. And the very first CAD model we made, the surgeons were playing with the plastic model, couldn't quite figure it out. And then we realized that it was actually a mirror image of the real aorta. And it was a mirror image because in the real world we always look down on plans, plans of houses or streets or maps. In the medical world they look up at plans. So the horizontal images were all an inversion. So one needs to be careful with disciplinary conventions. Everyone needs to understand what is assumed and what is not assumed.

Institutional barriers were another serious headache in the project. The Brompton Hospital was taken over by Imperial College's School of Medicine, and there are some seriously bad relationship problems between the two organizations. I was working with Imperial and the Brompton, and this generated some serious problems with the project, really problems that shouldn't exist.

Research and ethics committee: If you want to do anything new in surgery, you have to get a license from your local research and ethics. I'm sure it's the same in Poland. There will be some form of equivalent, which licenses new types of surgery. We didn't only have the bureaucratic problems associated with that, was also had professional jealousies. There were people on the research and ethics committee who really didn't want to see John Pepper succeed again, because he's so successful. And they made extra problems for us.

Bureaucratic problems: Ultimately when you have a new treatment you have to have a guidance note going out for all of the hospitals in the country. In the U.K. we have the National Institute for Clinical Excellence, NICE. You'll have an equivalent in Poland, no doubt. We had to get past the NICE problem. We now have a great clinical guidance out on the Net. So any of the hospitals interested can come along, read the NICE report get in touch with us and then get doing it themselves.

Funding barriers: Another big area to be concerned with. A big problem with understanding one of those perspectives: When we first approached one of the big U.K. charitable organizations that funds this kind of stuff, what they were looking at was essentially an engineering proposal. They didn't understand it; they were doctors, they were next to God. It must be rubbish. They binned it. So in the end I went to private investors and I just gave up on it. But most R and D is going to be institutionally funded, by the Polish Academy of Sciences or the Engineering and Physical Sciences Research Council or whatever, and you need to get past those people.

Jargon is a huge problem when you're trying to work across disciplines, because in an engineering world, we all understand CAD and R.P. -- not in the medical world. I suppose ultimately the funding bureaucrats have really got to get their act together. They've really got to start talking to each other, and they've got to exercise a bit of imagination, if that's not too much to ask -- which it probably is.

I've coined a phrase "obstructive conservatism." So many people in the medical world don't want to change, particularly not when some jumped-up engineer has come along with the answer. They don't want to change. They simply want to do whatever they've done before. And in fact, there are many surgeons in the U.K. still waiting for one of our patients to have some sort of episode, so that they can say, "Ah, I told you that was no good." We've actually got 30 patients. I'm at seven and a half years. We've got 90 post-op patient years between us, and we haven't had a single problem. And still, there are people in the U.K. saying, "Yeah, that external aortic root, yeah, it'll never work, you know."

It really is a problem. It really is a problem. I'm sure everyone in this room has come across arrogance amongst medics, doctors, surgeons at some point. The middle point is simply the way that the doctors protect themselves. "Yeah, well of course, I'm looking after my patient." I think it's not good, but there you are, that's my view.

Egos, of course, again, a huge problem If you're working in a multidisciplinary team, you've got to give your guys the benefit of the doubt. You've got to express support for them. Tom Treasure, professor of cardiothoracic surgery: incredible guy. Dead easy to give him respect. Him giving me respect? Slightly different. That's all the bad news. The good news is the benefits are stonkingly huge. Translate that one. I bet they can't.

(Laughter)

When you have a group of people who have had a different professional training, a different professional experience, they not only have a different knowledge base, but they have a different perspective on everything. And if you can bring those guys together and you can get them talking and understanding each other, the results can be spectacular. You can find novel solutions, really novel solutions, that have never been looked at before very, very quickly and easily. You can shortcut huge amounts of work simply by using the extended knowledge base you have. And as a result, it's an entirely different use of the technology and the knowledge around you.

The result of all this is that you can get incredibly quick progress on incredibly small budgets. I'm so embarrassed at how cheap it was to get from my idea to me being implanted that I'm not prepared to tell you what it cost. Because I suspect there are absolutely standard surgical treatments probably in the USA which cost more for a one-off patient than the cost of us getting from my dream to my reality.

That's all I want to say, and I've got three minutes left. So Heather's going to like me. If you have any questions, please come up and talk to me later on. It would be a pleasure to speak with you. Many thanks.

私はプロセスエンジニアです

I know all/ about boilers and incinerators and fabric filters and cyclones and things/ like that,/ but I also have Marfan syndrome.//

ボイラーや焼却炉 繊維性フィルターやサイクロン等についての知識があり マルファン症候群患者でもあります

This is an inherited disorder.//

これは遺伝病です

And in 1992/ I participated in a genetic study/ and found to my horror,/ as you can see from the slide,/ that my ascending aorta was not in the normal range,/ the green line/ at the bottom.//

1992年に 遺伝学の研究会に参加し 私はゾッとしましたスライドにあるように 上行大動脈の付け根の直径が下の緑色の線を超えて 異常な状態にあったのです

Everyone/ in here will be between 3.2 and 3.6 cm.//

ここにいる皆さんの場合は3.2cmから3.6cmです

I was already up/ at 4.4.//

私は既に4.4cmほどの値でした

And/ as you can see,/ my aorta dilated progressively,/ and I got closer and closer/ to the point/ where surgery was going to be necessary.//

そしてご覧のように 私の大動脈は徐々に広がり 手術が必要になる値まで どんどん拡張して行きました

The surgery/ on offer was pretty gruesome --/ anesthetize you,/ open your chest,/ put you/ on an artificial heart and lung machine,/ drop your body temperature/ to about 18 centigrade,/ stop your heart,/ cut the aorta out,/ replace it/ with a plastic valve and a plastic aorta,/ and,/ most importantly,/ commit you/ to a lifetime of anticoagulation therapy,/ normally warfarin.//

可能であった手術は身の毛がよだつようなものでした 麻酔をかけ 胸部を開き 人工心肺装置をつけて 体温を18度ほどまで下げ 心臓を止めて 大動脈を切り出し プラスチックの弁と動脈とに取り換えます そして最も大事なことに 一生涯 抗凝固療法を続けなければなりません 通常ワルファリンを飲みます

The thought of the surgery was not attractive.//

手術をするという考えは魅力的ではありませんでした

The thought of the warfarin was really quite frightening.//

ワルファリンを飲むという考えは 全くゾっとするものでした

So I said to myself,/ I'm an engineer,/ I'm in R and D,/ this is just a plumbing problem.//

自分に言い聞かせました私は技術者だ 研究開発部にいる これはただの配管の問題だ

I can do this.// I can change this.//

私はできる 私は変えられるんだ と

So I set out/ to change the entire treatment/ for aortic dilation.//

そして私は 大動脈拡張症の治療全体を 変える決心をしました

The project aim is really quite simple.//

プロジェクトの狙いはシンプルなものです

The only real problem/ with the ascending aorta/ in people/ with Marfan syndrome is it lacks some tensile strength.//

マルファン症候群患者の 上行大動脈の事実上の問題は 抗張力が足りないことです

So the possibility exists to simply externally wrap the pipe.//

なので可能な方法として 単純に管を外から包んでしまう事が考えられます

And it would remain stable/ and operate quite happily.//

そして状態は安定し順調に機能するというわけです

If your high-pressure hose pipe,/ or your high-pressure hydraulic line,/ bulges a little,/ you just wrap some tape/ around the outside of it.//

もし高圧ホースや 高圧の油圧パイプが少し膨れたら その外側をテープで巻きます

It really is/ that simple/ in concept,/ though not in execution.//

コンセプト上は本当にシンプルです しかし実行するのは簡単ではありません

The great advantage of an external support/ for me was/ that I could retain all of my own bits,/ all of my own endothelium and valves,/ and not need any anticoagulation therapy.//

外側から補修することの私にとっての大きな利点は 私の身体の断片の全て つまり 内皮や弁の全てを温存する事ができ さらに抗凝固療法が全く必要ない事でした

So/ where do we start?//

さて どこから始めましょうか

Well/ this is a sagittal slice/ through me.//

これは私の矢状断面です

You could see in the middle/ that device,/ that little structure,/ squeezing out.//

中央に見える ある装置 小さな構造体が血液を絞り出しています

Now/ that's a left ventricle/ pushing blood up/ through the aortic valve --/ you can see two of the leaflets of the aortic valve/ working there --/ up/ into the ascending aorta.//

今 左心室が 大動脈弁を通して 血液を上に送っているところで 大動脈弁の2つの弁尖が 上行大動脈へ向けて動いています

And it's/ that part,/ the ascending aorta,/ which dilates and ultimately bursts,/ which,/ of course,/ is fatal.//

そしてその部分が上行大動脈で 拡張して行き最後は破裂します もちろん 命に関わります

We started by organizing image acquisition/ from magnetic resonance imaging machines/ and CT imaging machines/ from which to make a model of the patient's aorta.//

私たちは準備として画像収集から始めました MRIから CTスキャンから 患者の大動脈の モデルを作るために

This is a model of my aorta.//

これが私の大動脈のモデルです

I've got a real one/ in my pocket,/ if anyone would like to look/ at it/ and play with it.//

ポケットに実物を入れてきました みなさん 触ってみたいならどうぞ

You can see,/ it's quite a complex structure.//

ご覧のように かなり複雑な構造です

It has a funny trilobal shape/ at the bottom,/ which contains the aortic valve.//

底に三つ葉状の形をしている部分があり ここに大動脈弁があります

It then comes back/ into a round form/ and then/ tapers and curves off.//

丸い形になって 細長く伸び 曲線を描きます

製造するには かなり難しい構造です

This,/ like I say,/ is a CAD model of me,/ and this is one of the later CAD models.//

これは私のCADモデルだと言いました 後から作ったCADモデルの1つです

We went through an iterative process of producing better and better models.//

私たちは反復プロセスを通して より良いモデルを作っていきました

When we produced/ that model/ we turn it/ into a solid plastic model,/ as you can see,/ using a rapid prototyping technique,/ another engineering technique.//

このモデルを作ったときは こんな風に 固形プラスチックで 型を作りました ラピッドプロトタイピング(高速試作)技術という エンジニアリング技法を使ったのです

We then use/ that former/ to manufacture a perfectly bespoke porous textile mesh,/ which takes the shape of the former/ and perfectly fits the aorta.//

そしてその型を使って 完全にオーダーメイドの 多孔性で布地のメッシュを製作するのです 型の形に沿っているので 大動脈に完全にピッタリとハマります

So this is absolutely personalized medicine/ at its best really.//

これは究極のオーダーメイド医療とも言えます

Every patient/ we do/ has an absolutely bespoke implant.//

私たちが手がける全ての患者は この完全にオーダーメイドのインプラントを持っています

Once/ you've made it,/ the installation's quite easy.//

一度作ってしまえば取り付けはかなり簡単です

John Pepper,/ bless his heart,/ professor of cardiothoracic surgery --/ never done it before/ in his life --/ he put the first one in,/ didn't like it,/ took it out,/ put the second one in.//

心胸外科医であるジョン・ペッパー氏は こんな手術は人生初でしたが 最初のインプラントでは上手くいかず 取り出して 二つ目を試して

Happy,/ away/ I went.//

うまくいきました

Four and a half hours/ on the table and everything was done.//

4時間半の手術ですべて終わりました

So the surgical implantation actually was the easiest part.//

実際 手術でインプラントを入れる部分が最も簡単なところでした

If you compare our new treatment/ to the existing alternative,/ the so-called composite aortic root graft,/ there are one of two startling comparisons,/ which I'm/ sure will be clear/ to all of you.//

私たちの手法と既存の手法 いわゆる「大動脈基部置換術」を比べると このような驚きの比較になります 結果は明らかですね

Two hours to install one of our devices compared to six hours/ for the existing treatment.//

私たちのインプラントだと2時間 既存の手法だと 6時間もの時間がかかります

The existing treatment requires,/ as I've said,/ the heart and lung bypass machine/ and it requires a total body/ cooling.//

先ほど申し上げたように既存の手法は 心臓と肺のバイパス装置 さらに体温を下げる事が必要です

We don't need any of that;/ we work on a beating heart.//

我々の手法はそのどれも要りません動いている心臓を扱い

He opens you up,/ he accesses the aorta/ while your heart is beating,/ all/ at the right temperature.//

胸を開け 心臓を拍動させたまま大動脈の処置を行ないます すべて正常な体温のまま行われます

No breaking/ into your circulatory system.//

循環器官内に手を加える必要はありません

So it really is great.//

本当に素晴らしいものです

But for me,/ absolutely/ the best point is there is no anticoagulation therapy required.//

しかし私にとって一番嬉しい点は 抗凝固療法が全く必要ない事です

I don't take any drugs/ at all other/ than recreational ones/ that I would choose to take.//

私にはどんな薬も必要ありません たまに娯楽として飲むことはあってもね

(Laughter) And in fact,/ if you speak to people/ who are on long-term warfarin,/ it is a serious compromise/ to your quality of life.//

(笑) 長期間ワルファリンを服用している人と話してみると 非常に不便な生活を強いられていることがわかります

And even worse,/ it inevitably foreshortens your life.//

さらに悪い事に いや応なく 寿命を縮めてしまうのです

Likewise,/ if you have the artificial valve option,/ you're committed/ to antibiotic therapy/ whenever you have any intrusive medical treatment/ at all.//

同じように 人工弁を選択しても 煩わしい事に 他の治療があるときは 常に 抗生物質治療を余儀なくされます

Even trips/ to the dentist require/ that you take antibiotics,/ in case you get an internal infection/ on the valve.//

歯医者へ行く時ですら体内で弁が 感染症にかかった時のために抗生物質が必要です

Again,/ I don't have any of that,/ so I'm entirely free.//

私にはそれも必要ありません完全に自由です

My aorta is fixed,/ I haven't got to worry/ about it,/ which is a rebirth/ for me.//

私の大動脈は修繕されもう心配する必要はありません まるで生まれ変わったかのようです

Back/ to the theme of the presentation:/ In multidisciplinary research,/ how on earth does a process engineer used to working with boilers end up/ producing a medical device/ which transforms his own life?//

今回のテーマに戻りましょう 多くの専門分野にわたる研究において 一体どうやってボイラーを扱っていたプロセスエンジニアが 自分の人生を変えるような 医療機器が作れるのでしょうか?

Well/ the answer/ to that is a multidisciplinary team.//

答えは専門分野を超えた研究チームにあります

This is a list of the core team.//

これは核となっているチームメンバーのリストです

And/ as you can see,/ there are not only/ two principal technical disciplines there,/ medicine and engineering,/ but also/ there are various specialists/ from within those two disciplines.//

ご覧のように 医療と工学という技術的な分野が 2つだけあるのではなく それぞれの分野から 様々な専門家がいます

John Pepper/ there was the cardiac surgeon/ who did the actual work/ on me,/ but everyone else/ there had to contribute/ one way or another.//

ここのジョン・ペッパーは 心臓外科医で 私の手術を実際に担当しましたが ほかの皆も お互いに協力し合う必要がありました

Raad Mohiaddin,/ medical radiologist:/ We had to get/ good quality images/ from which to make the CAD model.//

放射線科医であるラード・モヒアディン 彼は CADモデルを作るために必要な 高画質の画像を撮るのに貢献しました

Warren Thornton,/ who still does all our CAD models/ for us,/ had to write/ a bespoke piece of CAD code/ to produce this model/ from this really rather difficult input data set.//

現在も私たちのCADモデル全てを手がけている ウォーレン・ソーントンは オーダーメイドのCADモデルを製造するための 非常に難しい入力データセットを基にして CADコードを書いてくれました

There are some barriers/ to this though.// There are some problems/ with it.//

璧はありました問題が幾つかあったのです

Jargon is a big one.//

専門用語は大きな問題でした

I would think no one/ in this room understands those four first jargon points there.//

おそらくこの部屋にいる誰も 最初の項目にある4つの専門用語を理解できないと思います

The engineers/ amongst you will recognize rapid prototyping and CAD.//

エンジニアが ここにいれば ラピッドプロトタイピングやCADは分かりますね

The medics/ amongst you,/ if there are any,/ will recognize the first two.//

医療関係者なら最初の2つが分かるでしょう

But there will be nobody else/ in this room/ that understands all of those four words.//

しかし この4つ全ての用語を理解する人は いないと思います

Taking the jargon out was/ very important to ensure that everyone in the team understood exactly what was meant/ when a particular phrase was used.//

特定の表現が使われたときに チーム全員がその意味を 確実に理解できるようにするため 専門用語を解決する事は非常に重要でした

Our disciplinary conventions were funny/ as well.//

専門領域間のやり取りも面白いものでした

We took a lot of horizontal slice images/ through me,/ produced those slices/ and then used those to build a CAD model.//

私を薄く輪切りした画像をたくさん撮り そのスライスを実際に作ってCADモデルを構築しました

And the very first CAD model/ we made,/ the surgeons were playing with the plastic model,/ couldn't quite figure/ it out.//

最初のCADモデルを作ったとき 外科医がプラスチックモデルを見ても 何か不可解なところがありました

And then/ we realized/ that it was actually a mirror image of the real aorta.//

後にそれは 実際の大動脈の 鏡映しの画像であった事がわかりました

And it was a mirror image/ because in the real world/ we always look down/ on plans,/ plans of houses or streets or maps.//

鏡映しの画像であった理由は 人は通常 植物や家、道、地図などを 上から見下ろしますが

In the medical world/ they look up/ at plans.//

医療の世界では 画像は下から見上げるものなのです

So the horizontal images were all an inversion.//

なので水平に撮った画像はすべて反転していました

So one needs to be careful/ with disciplinary conventions.//

ですから 専門領域の慣習には気をつけないといけません

Everyone needs to understand/ what is assumed/ and what is not assumed.//

何が想定されていて何が想定されていないのか 全員が理解しなくてはなりません

組織的な障壁は プロジェクト内でのもう一つの頭痛の種でした

The Brompton Hospital was taken over/ by Imperial College's School of Medicine,/ and there are some seriously bad relationship problems/ between the two organizations.//

ブロンプトン病院がインペリアル大学の 医学部に 吸収合併されたときは 二つの機関の間の関係に 重大な問題がありました

I was working with Imperial and the Brompton,/ and this generated some serious problems/ with the project,/ really problems/ that shouldn't exist.//

私はどちらとも仕事をしていて 幾つかの 深刻な問題を 抱えてしまいました

Research and ethics committee:/ If you want to do/ anything new/ in surgery,/ you have to get/ a license/ from your local research and ethics.//

倫理委員会 -もし手術で新しい事をする場合 その地域の倫理委員会から許可をもらう必要があります

I'm sure/ it's the same/ in Poland.//

ポーランドでも同じかと思います

There will be some form of equivalent,/ which licenses new types of surgery.//

新しい種類の手術を申請する フォームがあります

We didn't only have/ the bureaucratic problems associated with that,/ was also had professional jealousies.//

私たちはお役所的な問題を抱えていただけではなく 専門家のねたみもありました

There were/ people on the research and ethics committee/ who really didn't want to see/ John Pepper succeed again,/ because he's so successful.//

倫理委員会の中には ジョン・ペッパー氏がこれ以上また成功をおさめるのを よく思わない人々がいました

And they made extra problems/ for us.//

彼らによって余分な問題が増えたのです

Bureaucratic problems:/ Ultimately/ when you have a new treatment/ you have to have/ a guidance note/ going out/ for all of the hospitals/ in the country.//

お役所的な問題 - 新しい治療法があると 最終的に その国の全ての病院に向けての ガイドノートを書かなくてはなりません

In the U.K./ we have the National Institute/ for Clinical Excellence,/ NICE.//

イギリスでは国立臨床評価機構NICEがあります

You'll have an equivalent/ in Poland,/ no doubt.//

ポーランドにも同じようなものがあるでしょう

We had to get/ past the NICE problem.//

このNICEのプログラムに合格しなくてはなりませんでした

We now have a great clinical guidance out/ on the Net.//

今は臨床ガイドラインをネットで読む事ができます

So/ any of the hospitals interested/ can come along,/ read the NICE report get/ in touch/ with us/ and then get doing/ it/ themselves.//

なので興味のある病院は NICEレポートを読んで私たちと連絡を取り合い 自分たちで手術が出来るのです

Funding barriers:/ Another big area to be concerned with.//

資金の問題 - これもまた大きな問題で

A big problem/ with understanding one of those perspectives:/ When we first approached one of the big U.K. charitable organizations/ that funds this kind of stuff,/ what they were looking at was essentially an engineering proposal.//

別領域の視点を理解することは非常に大きな問題です こういうプロジェクトの資金をサポートする イギリスで最も大きな団体の一つに打診した時に 彼らが見ていたのは本質的には 工学的な提案書で

They didn't understand it;/ they were doctors,/ they were next/ to God.//

いわば神のような医者たちでさえ理解はできず

It must be rubbish.// They binned it.//

これはデタラメに違いないと却下しました

So/ in the end/ I went to private investors/ and I just gave up/ on it.//

私は諦め 民間の投資家の元へ行きました

But most R and D is going to be institutionally funded,/ by the Polish Academy of Sciences or the Engineering and Physical Sciences Research Council or whatever,/ and you need to get/ past those people.//

研究開発機関がポーランド科学アカデミーから または工学・物理研究委員会などから 組織的な資金援助を依頼するときには このような人々を乗り越える必要があります

Jargon is a huge problem/ when you're trying to work/ across disciplines,/ because in an engineering world,/ we/ all understand CAD and R.P.// --/ not in the medical world.//

専門領域を超えて仕事をするとき専門用語は 大きな問題です 工学の世界では 誰でも CADやR.P.の意味が分かりますが 医療の世界ではそうではありません

I suppose ultimately/ the funding bureaucrats have really got to get/ their act together.//

官僚的な人々には

They've really got to start talking/ to each other,/ and they've got to exercise/ a bit of imagination,/ if that's not too much/ to ask --/ which it probably/ is.//

もし無理なお願いでなければ ともにきちんと行動してお互いに話し合い もう少し想像力を使ってもらいたいものです まぁ 無理でしょうね

私は「妨害的な保守主義」という言葉を作りました

So many people/ in the medical world don't want to change,/ particularly not/ when some jumped-up engineer has come along/ with the answer.//

医療の世界にいるあまりにも多くの人々が変化を嫌がる 成り上がりのエンジニアが正解をもって現れたときには特にです

They don't want to change.//

彼らは変化を嫌う

They simply want to do/ whatever they've done before.//

ただそれまでと同じようにしたいのです

And in fact,/ there are many surgeons/ in the U.K. still/ waiting for one of our patients/ to have some sort of episode,/ so that they can say,/ "Ah,/ I told you/ that was no good."//

実際 イギリスの多くの外科医が 「ほらそれは良くないと言っただろう」 と言えるような症例が 私たちの患者の中に出ればいいと思っています

We've actually got 30 patients.//

30人もの患者を手がけてきました

I'm at seven and a half years.//

私から始めて7年半が経ち

We've got 90 post-op patient years/ between us,/ and we haven't had a single problem.//

術後年数は合計で90年になりますが 一つも問題は起きていません

And still,/ there are people/ in the U.K./ saying,/ "Yeah,/ that external aortic root,/ yeah,/ it'll never work,/ you know."//

でも未だに イギリスには居るのです 「あぁ、あの外部大動脈基部ねいやーあれはダメだよ」

It really is a problem.// It really is a problem.//

これは本当に 本当に問題です

I'm sure/ everyone/ in this room has come across arrogance/ amongst medics,/ doctors,/ surgeons/ at some point.//

この部屋にいる皆さんはどこかで医療関係者 医師 外科医の 傲慢さを乗り越えて来ておられるかと思います

The middle point is simply the way/ that the doctors protect themselves.//

中央の項目は 単純に医者の保身のための方法です

"Yeah,/ well of course,/ I'm looking/ after my patient."//

「そう、もちろんだよ私は自分の患者の心配をしているんだ」

I think/ it's not good,/ but there/ you are,/ that's my view.//

私はそれは良い事とは思えませんあくまで私の見解ですが

Egos,/ of course,/ again,/ a huge problem/ If you're working/ in a multidisciplinary team,/ you've got to give/ your guys/ the benefit of the doubt.//

エゴ これはまた大きな問題です 分野横断的なチームで仕事をする場合 お互いに疑ってはいけません

You've got to express/ support/ for them.//

協力体制を示さなければなりません

Tom Treasure,/ professor of cardiothoracic surgery:/ incredible guy.//

心臓外科医であるトム・トレジャーは 本当に素晴らしい人で

Dead easy to give him respect.//

きっと誰でも彼を尊敬すると思います

Him/ giving me respect?// Slightly different.//

彼が私を尊敬する事はどうでしょう?少し勝手が違いますね

That's all the bad news.//

難しい事はこのくらいです

The good news is the benefits are stonkingly huge.//

良いことは 「度肝を抜くほど(stonkingly)」多くの利点がある点です

Translate/ that one.// I bet/ they can't.//

翻訳できますかね?できないと思いますが

(笑)

When you have a group of people/ who have had a different professional training,/ a different professional experience,/ they not only have a different knowledge base,/ but they have a different perspective/ on everything.//

異なる専門的なトレーニング 異なる専門的な経験を持つ人々がグループで行動する場合 異なる知識的基盤を持つだけでなく 様々な異なる視点を持つことが出来ます

And/ if you can bring those guys together/ and you can get them/ talking and understanding/ each other,/ the results can be spectacular.//

もしそのような人々を集めて お互いに話し合い理解し合う事ができたなら その成果は壮大なものになるでしょう

You can find novel solutions,/ really novel solutions,/ that have never been looked at before very,/ very quickly and easily.//

いままでにない奇抜な解決策を見つける事ができます 今まで一度も見られなかったようなものが 非常に簡単に 迅速に

You can shortcut huge amounts of work simply/ by using the extended knowledge base/ you have.//

拡張された知識的基盤を使って 手っ取り早く解決することが出来ます

And as a result,/ it's an entirely different use of the technology and the knowledge/ around you.//

結果的に 自分が持つ技術と知識の 全く異なった使い方が出来るのです

The result of all this is/ that you can get incredibly quick progress/ on incredibly small budgets.//

これら全ての結果として わずかな資金で 非常に早い発展を 遂げる事ができます

I'm so embarrassed/ at how cheap/ it was to get from my idea/ to me/ being implanted/ that I'm not prepared to tell/ you/ what it cost.//

いくらかは言えませんが自分のアイディアで インプラントを埋め込むまでにかかった金額が あまりにも安くて驚きました

Because I suspect/ there are absolutely standard surgical treatments probably/ in the USA/ which cost more/ for a one-off patient/ than the cost of us/ getting from my dream/ to my reality.//

なぜなら おそらく米国などに 完全に標準化された外科療法があり おそらく患者一人にかかる金額は 私たちが自分たちの夢を 実現するためにかかった金額よりも 高いのではないかと 思うからです

That's all I want to say,/ and I've got/ three minutes left.//

言いたいことはこれで全部ですあと3分余ってますね

So Heather's going to like me.//

ヘザーさんに喜んでもらえそうです

If you have any questions,/ please come up/ and talk to me later on.//

もし何か質問があれば後で私の所にきて話しかけてください

It would be a pleasure/ to speak with you.// Many thanks.//

お話できて光栄ですありがとうございました

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

boiler

ボイラー汽罐(きかん)

煮沸器(なべ,かまなど)

煮沸作業員

incinerator

焼却炉

fabric

〈C〉〈U〉『織物』,編物

〈U〉織り方;織地

〈U〉構造,組織

〈U〉構造物,建造物

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

cyclone

熱帯(温帯)性低気圧

大たつまき

syndrome

(疾患の徴候となる一群の)症徴候,症候群

(事件・社会的状態などのパターンを示す)徴候形態

inherit

(…から)〈財産・権利・称号など〉‘を'『相続する』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈体質・性質など〉‘を'『受け継ぐ』《+『名』+『from』+『名』》

(前任者・前代から)…‘を'受け継ぐ,継承ぐ,継承する《+『名』+『from』+『名』》

財産を相続する

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

horror

〈U〉『恐怖』,身の毛のよだつ思い

《a~》(…の)『嫌悪』(けんお),毛ぎらい《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)恐ろしさ《+『of』+『名』》

〈C〉ぞっとさセルもの,いやな人

〈C〉《話》実にひどいもの

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

ascend

『登る』,『上る』,上昇する

〈地位・声の調子などが〉高くなる,上がる

…‘に'『登る』,'を'『上る』

〈王位など〉‘に'つく,'を'継ぐ

aorta

大動脈

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

dilate

…‘を'広げる,膨張させる

広がる;膨張する

《文》(…を)詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

gruesome

恐ろしい,ぞっとする

chest

(ふた付きのじょうぶな)『大箱』,ひつ

《米》たんす(=chest of drawers)

(…の)たんすいっぱい《+『of』+『名』》

『胸[部]』,肺

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

lung

《しばしば複数形で》『肺』,肺臓

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

centigrade

100分度の,100度目盛りの

摂氏の(Celsius)(《略》C.)

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

valve

(液体・ガスなどの流れを調節する)『バルブ』,弁

(血液の流れを調節する)弁,弁膜

(管楽器の)バルブ

(2枚貝の)から,貝がら

《英》真空管

importantly

重要性をもって;もったいぶって

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

warfarin

ワルファリン(無色の有毒な粉末でねずみ取りの薬剤)

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

attractive

『魅力のある』,興味をそそる

引力のある

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

frightening

ぎょっとさせる,恐ろしい

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

plumb

(測量・釣りなどの)おもり,鉛錘,(水深を測る)測鉛

垂直の(vertical)

《話》すっかり

垂直に(vertically)

《話》全く

(下げ振り糸で)…‘を'垂直かどうか調べる;…‘を'垂直に調整する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈…の垂直・深さ〉‘を'おもり(測鉛)で測る;《比喩(ひゆ)的に》…‘を'測り知る

…‘を'垂直にする

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

dilation

拡大,膨張

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

tensile

《名詞の前にのみ用いて》張力の

引き伸ばせる

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

pipe

『管』,パイプ,筒(つつ)

(刻み用の)『パイプ』

笛;(1本の管から成る)管楽器(フルート・クラリネット・オーボエなど);(パイプオルガンの)音管

《複数形で》複数の管から成る楽器;パッグパイプ(bagpipe),パンの笛(Panpipe)

(船で)甲板長の号笛(呼び子);その笛の音

(鳥の)鳴き声;(人の)かん高い声

(人間・動物の)管状器官;(特に)気管

《しばしば受動態で》(…に)〈水・ガスなど〉‘を'管で送る《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈家・部屋など〉‘に'(…の)配管をする《+『名』+『for』+『名』》

〈曲〉‘を'笛で吹く

…‘を'かん高い声で言う(歌う)

(甲板長が)〈船員〉‘を'号笛を吹いて召集する

〈衣服〉など〉‘に'玉縁飾りをつける,〈ケーキなど〉‘に'砂糖のひも状飾りをする

笛を吹く

かん高い声で言う(歌う)

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

happily

『幸福に』;愉快に,楽しく

幸いにも,幸運にも(luckily)

high-pressure

高圧の,高圧に耐える

高気圧の

《話》高圧的な,無理強いの

…‘を'強引にさせる,買わせる

hose

〈U〉《集合的に》《複数扱い》靴下類(ソックスおよびストッキングを含む;商売に用いられる語)

〈U〉《複数抜い》(昔男性がはいた)半ズボン,長ズボン,タイツ

〈C〉〈U〉(水まきなどに使う)ホース,注水管

…‘に'ホースで水をかける《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

hydraulic

水(油)力の,水(油)圧の

bulge

ふくらんだ部分,ふくらみ

(…で)ふくらむ,張り出す《+『out』 『with』+『名』》

'を'ふくらませる《+『of』+『名,』+『名』+『名』+『out』》

tape

〈U〉(細長い紙・布などの荷造り用)『テープ』,ひも

〈C〉(決勝線用の)テープ

=tape measure

〈C〉〈U〉録音用テープ

=tape recording

=tape measure

…‘を'テープをくくる,テープをくっつける

=tape-record

…‘を'巻き尺で測る

《しばしば受動態で》《米》…‘に'包帯をする(《英》strap)

=tape-record

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

execution

〈U〉(命令・任務などの)『実行』,遂行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉死刑執行,処刑

〈U〉(芸術品の)制作,できばえ;演奏[ぶり];演技

〈U〉(遺言などの)執行《+『of』+『名』》

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

external

『外側の』,外部の

(作用・動作などが)『外側からの』,外部からの

表面上の,見せかけの

体外の;体外用の

外国の(foreign)

(…の)外観,外形《+『of』+『名』》

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

retain

…‘を'『持ち続ける』,保持する

…‘を'記憶にとどめる,覚えている

(報酬を払って)〈弁護士など〉‘を'抱えておく

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

slice

(…の)(薄く切った平らな)『一枚』,一切れ《+『of』+『名』》・(…の)分け前(share),一部(part)《+『of』+『名』》・スライス(野球・ゴルフなどで,打球が打者のきき手の方向に飛ぶこと,またその打球) ・料理用へら,フライ返し

〈パンなど〉‘を'『薄く切る』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・…‘を'薄く切り取る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・〈水など〉‘を'切って進む・(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'スライスさせて打つ,きき手の方向に打つ・(水なとを)切って進む《+『through』+『名』》

(野球・ゴルフなどで)〈打者が〉ボールをスライスさせて打つ;〈ボールが〉スライスして飛ぶ

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

squeeze

…‘を'『絞る』,圧搾する,押しつぶす

(…から)〈果汁・汁・水分など〉‘を'『絞り取る』,絞り出す《+『from』(『out of』)+『名』》

〈手など〉‘を'強く握る;〈人など〉‘を'きつく抱く

(…に)…‘を'押し込む,詰め込む《+『名』+『into』(『in, into』)+『名』》;(…を)押し分けて…‘を'進める《+『名』+『through』+『名』》

(…から)…‘を'むりに取りたてる,搾取する,強制する《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(特に手で)圧力を加える,絞る

絞れる

《副詞[句]を伴って》(人ごみなどを)押し分けて進む,(狭い場所などを)むりに通る;割り込む

〈C〉『絞ること』,圧搾

〈C〉少量の絞り汁

〈C〉『強く握ること』,きつく抱きしめること

〈U〉《しばしばa~》《話》雑踏,押し合い

〈U〉《米話》搾取;強要,ゆすり

〈U〉《しばしばa~》苦境,窮地

ventricle

(脳髄・喉頭などの)室,空洞,(心臓の)心室

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

leaflet

(広告などの)ちらし,びら

(とじてない)パンフレット,小冊子

小さい(若)葉;(植物の複葉を構成する)小葉

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

ultimately

最後に,ついに

burst

『破裂する』,爆発する

〈つぼみが〉ほころびる

《通例進行形で》(…で)はちきれそうにいっぱいである《+『with』+『名』》

『急に(…)する』

…'を'破裂させる,爆発させる,破る

(…の)『破裂』,爆発《+『of』+『名』》

(…の)『突発』《+『of』+『名』》

fatal

『運命の』,宿命的な,避けられない(inevitable)

『致命的な』,命にかかわる

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

acquisition

〈U〉(…を)取得(習得)すること《+『of』+『名』》

〈C〉取得したもの;(…に)加わったもの(人)《+『to』+『名』》

magnetic

磁石の;磁気の(による,を帯びた)

人を引き付ける,魅力のある

resonance

音(声)が鳴り響くこと,音(声)の豊かさ

(物理学で)共鳴;共振

(音・声の)共鳴

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

taper

小さい先細のろうそく

しだいに先細になること

…‘に'先細にする;…‘を'次第に少なくする《+off+名,+名+off》

だんだん細くなる,だんだん少なくなる《+off》

curve

『曲線』

『曲がり』,曲がったもの,湾曲部

(野球で投球の)『カーブ』

(…の方へ)『曲がる』,湾曲する《+『to』+『名』》

…'を'曲げる;'を'湾曲させる

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

cad

きたないやつ

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

rapid

『速い』,『すばやい』,敏速な

(坂などが)急な,険しい

急流,早瀬

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

engineering

『工学』

土木工事

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

bespoke

bespeakの過去・過去分詞

(服装について)注文で作る

porous

多孔性の,穴の多い

透過性の

textile

織物の

織物;織物材料(綿糸・ナイロンなど)

mesh

〈C〉《単数形で》(網・ふるいなどの)目,網目

〈C〉〈U〉網,網細工

〈C〉〈U〉網目状の織物(編物),メッシュ

〈C〉《複数形で》網の目をかがった糸

〈C〉わな

〈歯車・歯などが〉(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

《性質・考え方などが》ぴったり合う

〈魚など〉‘を'網で捕らえる

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

implant

(心・人に)〈思想・感情など〉‘を'刻み込む,植え付ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(思想

・感情などを)〈心・人〉‘に'刻み込む,植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

(体に)〈組織・器具など〉‘を'はめ込む,移植する《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

installation

〈U〉(装置などの)取り付け,据え付け

〈U〉(人の)任命,就任

〈C〉(取り付けた)装置,設備

〈C〉軍事施設

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

pepper

〈U〉『こしょう』

〈C〉コショウ科の植物

〈C〉こしょうの実

…‘に'こしょうをかける

(繰り返し…を)…‘に'振りかける《+『名』+『with』+『名』》

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

surgical

外科の;手術用の

《名詞の前にのみ用いて》(衣服などが)整形用の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

so-called

いわゆる,名ばかりの

composite

合成の,複合の

キク科の

合成物,複合物

キク科植物

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

graft

(つぎ木の)つぎ穂;つぎ木

(皮被・内臓・骨などの)移植片

(木に)〈つぎ穂〉‘を'つぐ,(体に)〈移植片〉‘を'移植する《+『名』+『on』(『upon』,『in』,『into』)+『名』》

…‘を'結合させる《+『名』+『together』》

(…に)つぎ木する,移植する《+『on』(『upon』,『in』,『into』)+『名』》

startling

驚くべき,びっくりさせる(surprising)

comparison

(…と…との)『比較』《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》;(…間の)比較《+『between』+『名』》

(…を…に)たえること《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》

(形容詞・副詞の)比較変化

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

install

〈装置など〉‘を'『取り付ける』,設備する

〈人〉‘を'『就任させる』,‘の'就任式を行う

《場所を表す副詞[句]を伴って》…‘を'落ち着かせる,席につける

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

circulatory system

循環系(血液やリンパ液を全体に運ぶ組織網)

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

recreational

レクリエーションの,気晴らしの,娯楽の

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

laughter

『笑い』,笑い声

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

long-term

長期の,長い目で見ての

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

inevitably

避けられないで,必然的に

foreshorten

〈物・風景〉‘を'遠近法で描く

〈物体・風景〉‘を'縮小する

likewise

『同様に』(in the same way)

…もまた(also);さらに(moreover)

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

antibiotic

抗生物質(ペニシリン,ストレプトマイシンなど)

抗生[物質]の

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

intrusive

侵入して来る,立入った;(人が)出しゃばりな

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

dentist

『歯科医』,歯医者

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

internal

『内側の』,内部にある

『国内の』(domestic)

内からとる,内用の

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

rebirth

新しく生まれ変わること,再生

(…の)復活,復興《『of』+『名』》

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

principal

(重要性・地位・価値などが)『第1の』;おもな,主要な

『長』,かしら;重要人物,主役

《しばしばP-》(小・中学校,高校の)『校長』;(特に《英》でcollegeの)学長,(時に)学寮長

《単数形で》(interest(利子),revenue(運用収益)と区別して)『元金』,基本財産

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

discipline

〈U〉(組織的な)『訓練』,鍛錬,修養,しつけ(training)

〈U〉(訓練による)規律正しさ,統制,自制;(組織・グループなどの)規律,風紀

〈U〉訓戒,懲罰,懲戒(punishment)

〈C〉訓練方法,学習方法

〈C〉学科,学問[分野]

…‘を'訓練する,しつける

…‘を'罰する,懲らしめる(punish)

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

specialist

専門家

専門医

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

cardiac

心臓の

surgeon

『外科医』

軍医

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

radiologist

放射線学者(技師)・(特に)放射線医学者(技師)

warren

(ウサギなどの)飼育場

ごみごみした地区(建物)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

datum

dataの単数形

既知の事実

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

jargon

〈U〉〈C〉(特定の職業やグループで用いる)特殊用語,専門語,通語

〈U〉訳の分からない言葉(文章),たわごと

〈C〉混合語(pidgin Englishのように二つ以上の言語が混じってできたもの)

no one

『だれも』…『ない』

amongst

=among

medic

医学生,インターン

医学関係者;《特に米》衛生兵,看護兵

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

used

『使い古しの』,使用した

disciplinary

訓練の,規律の

懲戒の

convention

〈C〉(宗教上や政治上など特別の目的の)『会議』,協議会;《米》党大会(大統領候補者の指名・綱領決定などをする)

〈C〉〈U〉『因習』,慣例,しきたり

〈C〉(国家間などの)協定,申し合わせ

horizontal

『水平線の』,地平線の;水平の,水平面の

水平の位置;水平線(面)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

mirror image

(鏡に映した左右逆に見える)(…の)鏡象《+『of』+『名』》

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

inversion

反対,転倒

(文法で)倒置[法]

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

assumed

当然のこととした,仮定した

装った,偽りの

institutional

制度の,制度上の

学会の,協会の;公共団体の

headache

『頭痛』

《話》悩みの種

hospital

『病院』

imperial

『帝国の』

『皇帝の』,帝位の,至上権の

威厳のある,堂々とした

皇帝ひげ(下唇のすぐ下に生やしたひげ)

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

ethic

倫理,道徳律

=ethical

committee

『委員会』;《集合的に》委員[全体]

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

ethics

《単数扱い》『倫理学』

《複数扱い》『倫理』,道徳[律],規範

Poland

ポーランド(ヨーロッパ中部の共和国;首都はWarsaw)

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

bureaucratic

《軽べつして》官僚の;官僚的な;官僚制の

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

guidance

『指導』;『案内』;指揮

(児童・生徒の)指導,ガイダンス

(宇宙船・ミサイルなどの)誘導[装置]

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

excellence

(…における)優秀さ,卓越《+『in』(『at』)+『名』》,(…として)優れていること《+『as』+『名』》

no doubt

確かに,きっと,恐らく

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

charitable

慈悲深い,情け深い;(…に対して)慈悲深い《+『to』+『名』》

慈善の,慈善のための

寛大な,寛容な

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

proposal

〈U〉『提案すること』;〈C〉『提案されたこと』

〈C〉結婚の申し込み,プロポーズ

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

rubbish

『くず』,がらくた,廃物

くだらない考え,ばかげたこと(nonsense)

bin

(穀物・石炭などを入れる)ふたつきの大箱

(れんがなどで仕切った)貯蔵所

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

investor

投資者

Polish

ポーランド(Poland)の;ポーランド人(Pole)の,ポーランド語の

ポーランド語

academy

『学士院』,芸術院

《米》私立中等(高等)学校

(特殊教育の)専門学校

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

physical science

物理的科学(物理学・化学など無生物現象を扱う学問) 自然科学(生物学は除く)

council

諮問会,『協議会』,評議会・『会議』,協議

地方自治体の議会(州・市・町議会など)

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

bureaucrat

官僚・吏吏

官僚的な人

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

probably

『たぶん』,『おそらく』

coin

(1枚の)『硬貨』(金貨・銀貨・銅貨・ニッケル貨など);〈U〉《集合的に》貨幣,硬貨

〈貨幣〉'を'鋳造する

〈金属〉'を'(貨幣に)鋳造する《+『名』+『into』+『名』》

〈新語など〉'を'作り出す;〈理由など〉'を'でっちあげる

obstructive

妨害する,じゃまする;(…を)妨害する《+『of』+『名』》

conservatism

保守的傾向;保守主義

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

jumped-up

新興の,成り上がりの,うぬぼれた

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

episode

挿話的なでき事(人生の特殊な経験など)

(小説・劇などの中の本筋と直接関係のない)挿話的な事件

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

arrogance

傲慢(ごうまん),おうへい,尊大

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

ego

〈U〉〈C〉自我;《しばしばE・go》主観

〈U〉《話》うぬぼれ,自尊心(conceit)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

doubt

『疑い』,疑惑;疑わしさ,疑問

‘を'『疑う』,疑問に思う

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

tom

(動物の)雄;(特に)雄猫

treasure

〈U〉(金・銀・宝石などの)『宝物』,財宝

〈C〉貴重品

〈C〉《話》貴重な人(存在);最愛の人

〈他〉…‘を'たいせつにする

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

spectacular

見せ物的な,壮観の,めざましい

(テレビ・映画などの)超大作,特別ショー

novel

『新奇な』,ざん新な

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

shortcut

近道

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

incredibly

信じられないほど

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

heather

(Scotlandの荒野に自生する)ヒース属の植物

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

関連動画