TED日本語 - 坂 茂: 紙で出来た避難所

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

サステナビリティが盛んにささやかれるようになるずっと前から、建築家の坂 茂 は紙管や紙などの環境に優しい建材を使う実験を始めていました。彼の手による見事な建造物の多くは仮設住宅として、ハイチやルワンダ、そして日本などの被災地で全てを失った人々を救うために建てられました。しかし、こうした建造物が現地に溶け込み、当初の目的を果たした後も引き続き愛されているということがしばしば起きています。(TEDxTokyoにて収録)

Script

こんにちは私は建築家です ただし 世界でただ一人の 紙で建物をつくる建築家ですこんなボール紙の筒を使います この展覧会の会場設計が私が紙管を使った 最初の仕事でした 1986年です人々がエコロジーとか 環境問題について騒ぎ始めるよりも随分と前に 私は紙管を建物の構造体として使えるように 試験を始めていました 新しい材料を建築に取り入れる試験は非常に複雑なものですが 紙管は当初思っていたよりもはるかに強く 防水加工もとても簡単です さらに 産業資材ですから 耐火処理を施すのも可能です

そして 1990年には仮設建造物を建てました こちらが 最初の紙の仮設建物です 直径 55 センチの紙管330本とわずか12本の 直径120センチ つまり4フィートの紙管でできています この写真にあるように中にはトイレがあります もしトイレットペーパーが切れていたら 内壁をはがすことも出来ますから(笑) とても便利なわけです

2000年には ドイツで大きな万国博覧会がありました ここの建物の設計を依頼されました 万博のテーマが環境問題だったからです パビリオンを紙管で建築するために選ばれました リサイクルできる紙管です 私の設計のゴールは建物が完成した時ではありません 私のゴールは建物が解体された時です というのも 各国がパビリオンを作ればすごい数になって 半年後には それが大量の産業廃棄物となるわけですから 私の建物は 再利用かリサイクルが可能でなければなりません 閉会後に建物はリサイクルされました 私の設計のゴールは達成されたのです

その後 とても幸運なことにフランスのメスに ポンピドゥー・センターの分館を建てるという― コンペに勝ちました 当時 とても貧しくて パリに事務所を借りたかったのですが 手が届かなかったので パリに学生を連れて行き自分達で ポンピドゥー・センターの屋根の上に事務所を 建てることにしました 私たちは紙管と木の継手を持ち込んで 35メートルの細長い事務所を完成させました 1円も家賃を払うことなく6年間そこにいました

(笑)(拍手)

ありがとうただ1つ大きな問題がありました 事務所は展示の一環でしたから 訪ねて来る友人でさえも入場券を買わされていました 困ったもんでした

そうして完成させたポンビドゥー・センター・メスは 今では 高い人気を誇る美術館です 私は政府のために大きなモニュメントを造ったのです

しかし その時 建築家という職業に私はひどく失望しました 建築家は人助けもしなければ社会の役にも立っていないのに 特権階級の人たちやお金持ちや 政府や開発業者の為に働いているからです 彼らはお金と権力を持っていますが どちらも目に見えないので それを示すためにモニュメントのような建造物を 我々建築家に作らせるのです 建築家とはそういう職業で歴史的に見ても 現代においても同じ様な仕組みです 多くの人々が自然災害によって 家を失っているというのに建築家は社会の役に立っていない― そのことにとても失望していました 実際のところもはや「自然」災害ではないのです たとえば地震そのもので人は亡くなりません 建物が倒壊するから亡くなるのです これは建築家の責任です 仮設住宅が必要とされる場に 建築家の姿はありません 特権階級の為に働くことで忙し過ぎるからです そこで私は考えました「建築家と言えども 仮設住宅の建設に関わればいいじゃないか 私たちは現状を改善できる」 こんな理由から あちこちの被災地で働くようになりました

1994年にアフリカのルワンダで大きな災難がありました フツとツチの2つの種族が武力衝突し 二百万人以上が難民になりました 私は国連が設営管理していた難民キャンプを見て 非常に驚きました すごく気の毒な状況でした雨期で 難民たちは 毛布に包まって凍えていました 国連の避難所で支給されたのは プラスチックシートだけだったので 難民はこのように木を切らなければなりませんでした 二百万人以上が木を切ったため 甚大な森林破壊となり 環境問題が起きました このため国連はアルミパイプとバラックを支給しましたが アルミは高価なので難民はパイプを売ってしまい また木が切られました 私は この事態を改善する為にリサイクル紙管を使うことを 提案しました 紙管は非常に安価で強度があるからです 予算は1軒あたりわずか50米ドルでした 私たちはモニター試験用に50軒の小屋を建て 耐久性や防水性能シロアリ耐性などを調べました

そして翌年の1995年には日本の神戸で 大きな地震が起こりました 7千人近い方が亡くなり 長田区をはじめ 街全体が 地震の後の火災によって焼け野原になりました やがて私は被災した大勢のベトナム難民が カトリック教会に集まっていることを知りました 教会の建物は全壊していました

私は現場へ行って神父に こう提案しました 「紙管で教会を再建しませんか?」

すると こう言われました「アホか!火事の後なのに 何を考えてるんだ」

彼は全く信じてくれませんでしたが私は諦めませんでした 神戸に通うようになり ベトナム人コミュニティの人々と出会いました 非常に粗末なプラスチックシートのテントを建て 公園で暮らしていました 再建を提案して資金集めを行いました 彼らのために紙管で住居を作りました 学生でも簡単に組み立てられまた解体も簡単に できるようにしました 基礎にはビールケースを使いました キリンビールに提供を求めました というのも当時アサヒビールのケースは 赤色だったものですから 紙管の色とうまく合いませんでした カラーコーディネートは重要ですよね 忘れられないのはそのビールケースが ビール入りで来ると期待していたのに カラで届いたことです(笑) とてもがっかりしたのを覚えています こうして学生と一緒にその夏のうちに 50軒の仮設住宅を建てました

とうとう神父の信頼も得られ教会再建について 「そちらで資金も人手も用意するなら いいですよ」と言ってもらいました

5週間で教会を再建しました 教会は3年間だけ使われる予定でしたが 人々に愛され 実際には10年間使われました その後 台湾で大きな地震があった際に この教会を寄付してほしいと申し出がありました 教会を解体して台湾へ送り ボランティアに建ててもらいました 今でも恒久的な教会として台湾に残っています この建物は恒久的な建物になりました

となると 何が恒久的で何が仮設なのか疑問がわきます 紙で出来た建物であっても 人々に愛されれば恒久的なものに なり得ますが コンクリート造でも金儲けの為につくると 一時的なものになるのです

1999年にトルコで大地震が起きました 現地へ行き 地元の材料を使って仮設住宅をつくりました 2001年には西インドでも仮設住宅をつくりました 2004年にはスリランカでスマトラ地震と津波の被害に遭った― イスラム系の漁村の復興建設を行いました

2008年には中国四川省の成都で 7万人近くが亡くなり 特に多くの学校が倒壊しました 汚職がらみの手抜き工事が原因です 仮設の校舎を建ててくれと頼まれました 日本から学生を連れて行き中国の学生と一緒に作業をさせて 1カ月後には教室が9つ完成し面積全体が 500平米を超えました 最近また中国で地震がありましたが校舎は今も使われています

2009年にはイタリアのラクイラでも大きな地震がありました これは興味深い写真ですが ベルルスコーニ前首相と 日本の前の前の前の そのまた前の麻生首相です ほら 日本では毎年首相を変えないといけませんからね お二人はとても寛大で私の模型を持ってくれました 壮大な復興建築を提案しました仮設の音楽ホールです ラクイラは音楽でとても有名な街なのですが 音楽ホールが全て壊れて 音楽家たちが街を離れ始めていたからです

そこで市長に― 仮設の音楽堂の建設を提案しました 「資金が出せるならどうぞ」という返事でした そして幸運なことに ベルルスコーニ首相が現地でG8を開催し 日本の首相も来ていましたが 彼らが資金調達を助けてくれました 日本政府からはこの仮設音楽堂の建設に 50万ユーロを出してもらいました

2010年にはハイチで大地震がありましたが 現地へ直接飛べなかったので お隣の国の都市サント・ドミンゴへ行き そこの学生を連れて 車で6時間かけてハイチに入り 地元の紙管を利用して50軒の仮設住宅を建てました

これは2年前の日本の東北の様子です 地震と津波の後 人々は体育館のような広い所での避難生活を余儀なくされました プライバシーがないですよね これでは心身ともに参ってしまいます 私たちは 現地へ行き学生ボランティアと一緒に 紙管で間仕切りを作りました 紙管の枠にカーテンを掛けただけの実に簡素な住まいでした しかし 避難所を管理する側には 嫌がる人もいました理由は― 「避難者の管理が難しくなる」だそうです でも 本当に作る必要がありました

そして 現地には政府が従来使うこんな形の 平屋の仮設住宅を建てるほどの平地はありませんでした 見てください政府主導といっても 仮設住宅はこのように粗末なもので隣との距離もなく― 収納が全然ないため散らかってしまい雨漏りもしていました 「多層の住宅を作らなければ」と思いました 土地は足りないし住環境も良くなかったからです

そこで 間仕切りを作っている間に提案しました 宮城県女川町でとても良い町長に出会い 最終的に 野球場に3階建の住宅を建てるよう依頼されました 海上輸送用のコンテナを使いました また 学生たちの協力を得て 家具も全部作り快適に 暮らせるようにしました 政府の予算内に収めただけでなく 従来の基準と同じ広さで随分と住みやすいものができました 多くの人が 今後もずっとここに住みたがっています それを聞いた時大変うれしかったです

今は ニュージーランドのクライストチャーチで仕事をしています 日本の地震が起こる20日前ここでも― 大地震が起きました 多くの日本人学生も亡くなりました そして街のシンボルでもあった― 街で最も重要な大聖堂が全壊しました 現地に来て仮設の大聖堂を建ててほしいと頼まれました

現在 大聖堂は建設中です 私は人々に愛されるモニュメントを 今後も建て続けたいと思います

どうもありがとうございます

(拍手)

ありがとうございます(拍手)

どうもありがとうございます(拍手)

Hi. I am an architect. I am the only architect in the world making buildings out of paper like this cardboard tube, and this exhibition is the first one I did using paper tubes. 1986, much, much longer before people started talking about ecological issues and environmental issues, I just started testing the paper tube in order to use this as a building structure. It's very complicated to test the new material for the building, but this is much stronger than I expected, and also it's very easy to waterproof, and also, because it's industrial material, it's also possible to fireproof.

Then I built the temporary structure,1990. This is the first temporary building made out of paper. There are 330 tubes, diameter 55 [ centimeters ], there are only 12 tubes with a diameter of 120 centimeters, or four feet, wide. As you see it in the photo, inside is the toilet. In case you're finished with toilet paper, you can tear off the inside of the wall. (Laughter) So it's very useful.

Year 2000, there was a big expo in Germany. I was asked to design the building, because the theme of the expo was environmental issues. So I was chosen to build the pavilion out of paper tubes, recyclable paper. My goal of the design is not when it's completed. My goal was when the building was demolished, because each country makes a lot of pavilions but after half a year, we create a lot of industrial waste, so my building has to be reused or recycled. After, the building was recycled. So that was the goal of my design.

Then I was very lucky to win the competition to build the second Pompidou Center in France in the city of Metz. Because I was so poor, I wanted to rent an office in Paris, but I couldn't afford it, so I decided to bring my students to Paris to build our office on top of the Pompidou Center in Paris by ourselves. So we brought the paper tubes and the wooden joints to complete the 35-meter-long office. We stayed there for six years without paying any rent.

(Laughter) (Applause)

Thank you. I had one big problem. Because we were part of the exhibition, even if my friend wanted to see me, they had to buy a ticket to see me. That was the problem.

Then I completed the Pompidou Center in Metz. It's a very popular museum now, and I created a big monument for the government.

But then I was very disappointed at my profession as an architect, because we are not helping, we are not working for society, but we are working for privileged people, rich people, government, developers. They have money and power. Those are invisible. So they hire us to visualize their power and money by making monumental architecture. That is our profession, even historically it's the same, even now we are doing the same. So I was very disappointed that we are not working for society, even though there are so many people who lost their houses by natural disasters. But I must say they are no longer natural disasters. For example, earthquakes never kill people, but collapse of the buildings kill people. That's the responsibility of architects. Then people need some temporary housing, but there are no architects working there because we are too busy working for privileged people. So I thought, even as architects, we can be involved in the reconstruction of temporary housing. We can make it better. So that is why I started working in disaster areas.

1994, there was a big disaster in Rwanda, Africa. Two tribes, Hutu and Tutsi, fought each other. Over two million people became refugees. But I was so surprised to see the shelter, refugee camp organized by the U.N. They're so poor, and they are freezing with blankets during the rainy season, In the shelters built by the U.N., they were just providing a plastic sheet, and the refugees had to cut the trees, and just like this. But over two million people cut trees. It just became big, heavy deforestation and an environmental problem. That is why they started providing aluminum pipes, aluminum barracks. Very expensive, they throw them out for money, then cutting trees again. So I proposed my idea to improve the situation using these recycled paper tubes because this is so cheap and also so strong, but my budget is only 50 U.S. dollars per unit. We built 50 units to do that as a monitoring test for the durability and moisture and termites, so on.

And then, year afterward,1995, in Kobe, Japan, we had a big earthquake. Nearly 7,000 people were killed, and the city like this Nagata district, all the city was burned in a fire after the earthquake. And also I found out there's many Vietnamese refugees suffering and gathering at a Catholic church -- all the building was totally destroyed.

So I went there and also I proposed to the priests, "Why don't we rebuild the church out of paper tubes?"

And he said, "Oh God, are you crazy? After a fire, what are you proposing?"

So he never trusted me, but I didn't give up. I started commuting to Kobe, and I met the society of Vietnamese people. They were living like this with very poor plastic sheets in the park. So I proposed to rebuild. I raised -- did fundraising. I made a paper tube shelter for them, and in order to make it easy to be built by students and also easy to demolish, I used beer crates as a foundation. I asked the Kirin beer company to propose, because at that time, the Asahi beer company made their plastic beer crates red, which doesn't go with the color of the paper tubes. The color coordination is very important. And also I still remember, we were expecting to have a beer inside the plastic beer crate, but it came empty. (Laughter) So I remember it was so disappointing. So during the summer with my students, we built over 50 units of the shelters.

Finally the priest, finally he trusted me to rebuild. He said, "As long as you collect money by yourself, bring your students to build, you can do it."

So we spent five weeks rebuilding the church. It was meant to stay there for three years, but actually it stayed there 10 years because people loved it. Then, in Taiwan, they had a big earthquake, and we proposed to donate this church, so we dismantled them, we sent them over to be built by volunteer people. It stayed there in Taiwan as a permanent church even now. So this building became a permanent building.

Then I wonder, what is a permanent and what is a temporary building? Even a building made in paper can be permanent as long as people love it. Even a concrete building can be very temporary if that is made to make money.

In 1999, in Turkey, the big earthquake, I went there to use the local material to build a shelter. 2001, in West India, I built also a shelter. In 2004, in Sri Lanka, after the Sumatra earthquake and tsunami, I rebuilt Islamic fishermen's villages.

And in 2008, in Chengdu, Sichuan area in China, nearly 70,000 people were killed, and also especially many of the schools were destroyed because of the corruption between the authority and the contractor. I was asked to rebuild the temporary church. I brought my Japanese students to work with the Chinese students. In one month, we completed nine classrooms, over 500 square meters. It's still used, even after the current earthquake in China.

In 2009, in Italy, L'Aquila, also they had a big earthquake. And this is a very interesting photo: former Prime Minister Berlusconi and Japanese former former former former Prime Minister Mr. Aso -- you know, because we have to change the prime minister ever year. And they are very kind, affording my model. I proposed a big rebuilding, a temporary music hall, because L'Aquila is very famous for music and all the concert halls were destroyed, so musicians were moving out.

So I proposed to the mayor, I'd like to rebuild the temporary auditorium. He said, "As long as you bring your money, you can do it." And I was very lucky. Mr. Berlusconi brought G8 summit, and our former prime minister came, so they helped us to collect money, and I got half a million euros from the Japanese government to rebuild this temporary auditorium.

Year 2010 in Haiti, there was a big earthquake, but it's impossible to fly over, so I went to Santo Domingo, next-door country, to drive six hours to get to Haiti with the local students in Santo Domingo to build 50 units of shelter out of local paper tubes.

This is what happened in Japan two years ago, in northern Japan. After the earthquake and tsunami, people had to be evacuated in a big room like a gymnasium. But look at this. There's no privacy. People suffer mentally and physically. So we went there to build partitions with all the student volunteers with paper tubes, just a very simple shelter out of the tube frame and the curtain. However, some of the facility authority doesn't want us to do it, because, they said, simply, it's become more difficult to control them. But it's really necessary to do it.

They don't have enough flat area to build standard government single-story housing like this one. Look at this. Even civil government is doing such poor construction of the temporary housing, so dense and so messy because there is no storage, nothing, water is leaking, so I thought, we have to make multi-story building because there's no land and also it's not very comfortable.

So I proposed to the mayor while I was making partitions. Finally I met a very nice mayor in Onagawa village in Miyagi. He asked me to build three-story housing on baseball [ fields ] . I used the shipping container and also the students helped us to make all the building furniture to make them comfortable, within the budget of the government but also the area of the house is exactly the same, but much more comfortable. Many of the people want to stay here forever. I was very happy to hear that.

Now I am working in New Zealand, Christchurch. About 20 days before the Japanese earthquake happened, also they had a big earthquake, and many Japanese students were also killed, and the most important cathedral of the city, the symbol of Christchurch, was totally destroyed. And I was asked to come to rebuild the temporary cathedral.

So this is under construction. And I'd like to keep building monuments that are beloved by people.

Thank you very much.

(Applause)

Thank you. (Applause)

Thank you very much. (Applause)

Hi.// I am an architect.//

こんにちは私は建築家です

I am the only architect/ in the world/ making buildings/ out of paper/ like this cardboard tube,/ and this exhibition is the first one/ I did using/ paper tubes.//

ただし 世界でただ一人の 紙で建物をつくる建築家ですこんなボール紙の筒を使います この展覧会の会場設計が私が紙管を使った 最初の仕事でした

1986,/ much,/ much longer/ before people started talking/ about ecological issues and environmental issues,/ I just started testing/ the paper tube/ in order to use this/ as a building structure.//

1986年です人々がエコロジーとか 環境問題について騒ぎ始めるよりも随分と前に 私は紙管を建物の構造体として使えるように 試験を始めていました

It's very complicated/ to test the new material/ for the building,/ but this is much stronger/ than I expected,/ and also/ it's very easy/ to waterproof,/ and also,/ because it's industrial material,/ it's also possible/ to fireproof.//

新しい材料を建築に取り入れる試験は非常に複雑なものですが 紙管は当初思っていたよりもはるかに強く 防水加工もとても簡単です さらに 産業資材ですから 耐火処理を施すのも可能です

Then/ I built the temporary structure,/1990.//

そして 1990年には仮設建造物を建てました

This is the first temporary building made out of paper.//

こちらが 最初の紙の仮設建物です

There are 330 tubes,/ diameter 55 [ centimeters ],/ there are only 12 tubes/ with a diameter of 120 centimeters,/ or four feet,/ wide.//

直径 55 センチの紙管330本とわずか12本の 直径120センチ つまり4フィートの紙管でできています

As you see it/ in the photo,/ inside is the toilet.//

この写真にあるように中にはトイレがあります

In case you're finished with toilet paper,/ you can tear off/ the inside of the wall.// (Laughter)/ So it's very useful.//

もしトイレットペーパーが切れていたら 内壁をはがすことも出来ますから(笑) とても便利なわけです

Year 2000,/ there was a big expo/ in Germany.//

2000年には ドイツで大きな万国博覧会がありました

I was asked to design/ the building,/ because the theme of the expo was environmental issues.//

ここの建物の設計を依頼されました 万博のテーマが環境問題だったからです

So/ I was chosen to build/ the pavilion/ out of paper tubes,/ recyclable paper.//

パビリオンを紙管で建築するために選ばれました リサイクルできる紙管です

My goal of the design is not/ when it's completed.//

私の設計のゴールは建物が完成した時ではありません

My goal was/ when the building was demolished,/ because each country makes a lot of pavilions/ but/ after half a year,/ we create a lot of industrial waste,/ so/ my building has to be reused or recycled.//

私のゴールは建物が解体された時です というのも 各国がパビリオンを作ればすごい数になって 半年後には それが大量の産業廃棄物となるわけですから 私の建物は 再利用かリサイクルが可能でなければなりません

After,/ the building was recycled.//

閉会後に建物はリサイクルされました

So/ that was the goal of my design.//

私の設計のゴールは達成されたのです

Then/ I was very lucky/ to win the competition/ to build the second Pompidou Center/ in France/ in the city of Metz.//

その後 とても幸運なことにフランスのメスに ポンピドゥー・センターの分館を建てるという― コンペに勝ちました

Because I was so poor,/ I wanted to rent/ an office/ in Paris,/ but I couldn't afford it,/ so I decided to bring/ my students/ to Paris/ to build our office/ on top of the Pompidou Center/ in Paris/ by ourselves.//

当時 とても貧しくて パリに事務所を借りたかったのですが 手が届かなかったので パリに学生を連れて行き自分達で ポンピドゥー・センターの屋根の上に事務所を 建てることにしました

So we brought the paper tubes/ and the wooden joints/ to complete the 35-meter-long office.//

私たちは紙管と木の継手を持ち込んで 35メートルの細長い事務所を完成させました

We stayed there/ for six years/ without paying any rent.//

1円も家賃を払うことなく6年間そこにいました

(笑)(拍手)

Thank you.// I had one big problem.//

ありがとうただ1つ大きな問題がありました

Because we were part of the exhibition,/ even if my friend wanted to see/ me,/ they had to buy/ a ticket/ to see me.//

事務所は展示の一環でしたから 訪ねて来る友人でさえも入場券を買わされていました

That was the problem.//

困ったもんでした

Then/ I completed the Pompidou Center/ in Metz.//

そうして完成させたポンビドゥー・センター・メスは

It's a very popular museum now,/ and I created a big monument/ for the government.//

今では 高い人気を誇る美術館です 私は政府のために大きなモニュメントを造ったのです

But then/ I was very disappointed/ at my profession/ as an architect,/ because we are not helping,/ we are not working for society,/ but we are working for privileged people,/ rich people,/ government,/ developers.//

しかし その時 建築家という職業に私はひどく失望しました 建築家は人助けもしなければ社会の役にも立っていないのに 特権階級の人たちやお金持ちや 政府や開発業者の為に働いているからです

They have money and power.//

彼らはお金と権力を持っていますが

Those are invisible.//

どちらも目に見えないので

So they hire us/ to visualize their power and money/ by making monumental architecture.//

それを示すためにモニュメントのような建造物を 我々建築家に作らせるのです

That is our profession,/ even historically/ it's the same,/ even now/ we are doing the same.//

建築家とはそういう職業で歴史的に見ても 現代においても同じ様な仕組みです

So/ I was very disappointed/ that we are not working for society,/ even though there are so many people/ who lost their houses/ by natural disasters.//

多くの人々が自然災害によって 家を失っているというのに建築家は社会の役に立っていない― そのことにとても失望していました

But I must say/ they are no longer natural disasters.//

実際のところもはや「自然」災害ではないのです

For example,/ earthquakes never kill people,/ but collapse of the buildings kill people.//

たとえば地震そのもので人は亡くなりません 建物が倒壊するから亡くなるのです

That's the responsibility of architects.//

これは建築家の責任です

Then/ people need some temporary housing,/ but there are no architects/ working there/ because we are too busy/ working for privileged people.//

仮設住宅が必要とされる場に 建築家の姿はありません 特権階級の為に働くことで忙し過ぎるからです

So I thought,/ even as architects,/ we can be involved in the reconstruction of temporary housing.//

そこで私は考えました「建築家と言えども 仮設住宅の建設に関わればいいじゃないか

We can make/ it better.//

私たちは現状を改善できる」

So/ that is/ why I started working/ in disaster areas.//

こんな理由から あちこちの被災地で働くようになりました

1994,/ there was a big disaster/ in Rwanda,/ Africa.//

1994年にアフリカのルワンダで大きな災難がありました

Two tribes,/ Hutu and Tutsi,/ fought each other.//

フツとツチの2つの種族が武力衝突し

Over two million people became refugees.//

二百万人以上が難民になりました

But I was so surprised/ to see the shelter,/ refugee camp organized by the U.N.//

私は国連が設営管理していた難民キャンプを見て 非常に驚きました

They're so poor,/ and they are freezing with blankets/ during the rainy season,/ In the shelters built by the U.N.//,/ they were just providing a plastic sheet,/ and the refugees had to cut/ the trees,/ and just/ like this.//

すごく気の毒な状況でした雨期で 難民たちは 毛布に包まって凍えていました 国連の避難所で支給されたのは プラスチックシートだけだったので 難民はこのように木を切らなければなりませんでした

But over two million people cut trees.//

二百万人以上が木を切ったため

It just became big, heavy deforestation and an environmental problem.//

甚大な森林破壊となり 環境問題が起きました

That is/ why they started providing/ aluminum pipes,/ aluminum barracks.//

このため国連はアルミパイプとバラックを支給しましたが

Very expensive,/ they throw them out/ for money,/ then/ cutting trees again.//

アルミは高価なので難民はパイプを売ってしまい また木が切られました

So I proposed my idea/ to improve the situation/ using these recycled paper tubes/ because this is so cheap/ and also so strong,/ but my budget is only 50 U.S. dollars/ per unit.//

私は この事態を改善する為にリサイクル紙管を使うことを 提案しました 紙管は非常に安価で強度があるからです 予算は1軒あたりわずか50米ドルでした

We built 50 units/ to do that/ as a monitoring test/ for the durability and moisture and termites,/ so on.//

私たちはモニター試験用に50軒の小屋を建て 耐久性や防水性能シロアリ耐性などを調べました

And then,/ year afterward,/1995,/ in Kobe,/ Japan,/ we had a big earthquake.//

そして翌年の1995年には日本の神戸で 大きな地震が起こりました

Nearly 7,000 people were killed,/ and the city/ like this Nagata district,/ all the city was burned in a fire/ after the earthquake.//

7千人近い方が亡くなり 長田区をはじめ 街全体が 地震の後の火災によって焼け野原になりました

And also/ I found out there's many Vietnamese refugees/ suffering and gathering/ at a Catholic church --/ all the building was totally destroyed.//

やがて私は被災した大勢のベトナム難民が カトリック教会に集まっていることを知りました 教会の建物は全壊していました

So I went there/ and also/ I proposed to the priests,/ "Why don't we rebuild the church/ out of paper tubes?"//

私は現場へ行って神父に こう提案しました 「紙管で教会を再建しませんか?」

And he said,/ "Oh God,/ are you crazy?//

すると こう言われました「アホか!火事の後なのに

After a fire,/ what are you proposing?"//

何を考えてるんだ」

So he never trusted me,/ but I didn't give up.//

彼は全く信じてくれませんでしたが私は諦めませんでした

I started commuting/ to Kobe,/ and I met the society of Vietnamese people.//

神戸に通うようになり ベトナム人コミュニティの人々と出会いました

They were living like this/ with very poor plastic sheets/ in the park.//

非常に粗末なプラスチックシートのテントを建て 公園で暮らしていました

So I proposed to rebuild.// I raised --/ did fundraising.//

再建を提案して資金集めを行いました

I made a paper tube shelter/ for them,/ and/ in order to make it easy to be built by students/ and also easy to demolish,/ I used beer crates/ as a foundation.//

彼らのために紙管で住居を作りました 学生でも簡単に組み立てられまた解体も簡単に できるようにしました 基礎にはビールケースを使いました

I asked the Kirin beer company/ to propose,/ because at that time,/ the Asahi beer company made their plastic beer crates red,/ which doesn't go with the color of the paper tubes.//

キリンビールに提供を求めました というのも当時アサヒビールのケースは 赤色だったものですから 紙管の色とうまく合いませんでした

The color coordination is very important.//

カラーコーディネートは重要ですよね

And also/ I still remember,/ we were expecting to have/ a beer/ inside the plastic beer crate,/ but it came empty.// (Laughter)/ So I remember/ it was so disappointing.//

忘れられないのはそのビールケースが ビール入りで来ると期待していたのに カラで届いたことです(笑) とてもがっかりしたのを覚えています

So/ during the summer/ with my students,/ we built over 50 units of the shelters.//

こうして学生と一緒にその夏のうちに 50軒の仮設住宅を建てました

Finally/ the priest,/ finally/ he trusted me/ to rebuild.//

とうとう神父の信頼も得られ教会再建について

He said,/ "As long/ as you collect money/ by yourself,/ bring your students/ to build,/ you can do it."//

「そちらで資金も人手も用意するなら いいですよ」と言ってもらいました

So we spent five weeks/ rebuilding the church.//

5週間で教会を再建しました

It was meant to stay there/ for three years,/ but actually/ it stayed there/ 10 years/ because people loved it.//

教会は3年間だけ使われる予定でしたが 人々に愛され 実際には10年間使われました

Then,/ in Taiwan,/ they had a big earthquake,/ and we proposed to donate/ this church,/ so we dismantled them,/ we sent them over/ to be built by volunteer people.//

その後 台湾で大きな地震があった際に この教会を寄付してほしいと申し出がありました 教会を解体して台湾へ送り ボランティアに建ててもらいました

It stayed there/ in Taiwan/ as a permanent church even now.//

今でも恒久的な教会として台湾に残っています

So this building became a permanent building.//

この建物は恒久的な建物になりました

Then/ I wonder,/ what is a permanent/ and what is a temporary building?//

となると 何が恒久的で何が仮設なのか疑問がわきます

Even a building made in paper can be permanent as long/ as people love it.//

紙で出来た建物であっても 人々に愛されれば恒久的なものに なり得ますが

Even a concrete building can be very temporary/ if that is made to make money.//

コンクリート造でも金儲けの為につくると 一時的なものになるのです

In 1999,/ in Turkey,/ the big earthquake,/ I went there/ to use the local material/ to build a shelter.//

1999年にトルコで大地震が起きました 現地へ行き 地元の材料を使って仮設住宅をつくりました

2001,/ in West India,/ I built also/ a shelter.//

2001年には西インドでも仮設住宅をつくりました

In 2004,/ in Sri Lanka,/ after the Sumatra earthquake and tsunami,/ I rebuilt Islamic fishermen's villages.//

2004年にはスリランカでスマトラ地震と津波の被害に遭った― イスラム系の漁村の復興建設を行いました

And in 2008,/ in Chengdu,/ Sichuan area/ in China,/ nearly 70,000 people were killed,/ and also especially/ many of the schools were destroyed because of the corruption/ between the authority and the contractor.//

2008年には中国四川省の成都で 7万人近くが亡くなり 特に多くの学校が倒壊しました 汚職がらみの手抜き工事が原因です

I was asked to rebuild/ the temporary church.//

仮設の校舎を建ててくれと頼まれました

I brought my Japanese students/ to work with the Chinese students.//

日本から学生を連れて行き中国の学生と一緒に作業をさせて

In one month,/ we completed nine classrooms,/ over 500 square meters.//

1カ月後には教室が9つ完成し面積全体が 500平米を超えました

It's still used,/ even/ after the current earthquake/ in China.//

最近また中国で地震がありましたが校舎は今も使われています

In 2009,/ in Italy,/ L'Aquila,/ also/ they had a big earthquake.//

2009年にはイタリアのラクイラでも大きな地震がありました

And this is a very interesting photo:/ former Prime Minister Berlusconi and Japanese former former former former Prime Minister Mr.// Aso --/ you know,/ because we have to change/ the prime minister ever year.//

これは興味深い写真ですが ベルルスコーニ前首相と 日本の前の前の前の そのまた前の麻生首相です ほら 日本では毎年首相を変えないといけませんからね

And they are very kind,/ affording my model.//

お二人はとても寛大で私の模型を持ってくれました

I proposed a big rebuilding,/ a temporary music hall,/ because L'Aquila is very famous/ for music/ and all the concert halls were destroyed,/ so musicians were moving out.//

壮大な復興建築を提案しました仮設の音楽ホールです ラクイラは音楽でとても有名な街なのですが 音楽ホールが全て壊れて 音楽家たちが街を離れ始めていたからです

So I proposed to the mayor,/ I'd like to rebuild/ the temporary auditorium.//

そこで市長に― 仮設の音楽堂の建設を提案しました

He said,/ "As long/ as you bring your money,/ you can do it."//

「資金が出せるならどうぞ」という返事でした

And I was very lucky.//

そして幸運なことに

Mr.// Berlusconi brought G8 summit,/ and our former prime minister came,/ so they helped us/ to collect money,/ and I got half a million euros/ from the Japanese government/ to rebuild this temporary auditorium.//

ベルルスコーニ首相が現地でG8を開催し 日本の首相も来ていましたが 彼らが資金調達を助けてくれました 日本政府からはこの仮設音楽堂の建設に 50万ユーロを出してもらいました

Year 2010/ in Haiti,/ there was a big earthquake,/ but it's impossible/ to fly over,/ so I went to Santo Domingo,/ next-door country,/ to drive six hours to get to Haiti/ with the local students/ in Santo Domingo to build 50 units of shelter/ out of local paper tubes.//

2010年にはハイチで大地震がありましたが 現地へ直接飛べなかったので お隣の国の都市サント・ドミンゴへ行き そこの学生を連れて 車で6時間かけてハイチに入り 地元の紙管を利用して50軒の仮設住宅を建てました

This is/ what happened in Japan/ two years ago,/ in northern Japan.//

これは2年前の日本の東北の様子です

After the earthquake and tsunami,/ people had to be evacuated in a big room/ like a gymnasium.//

地震と津波の後 人々は体育館のような広い所での避難生活を余儀なくされました

But look/ at this.// There's no privacy.//

プライバシーがないですよね

これでは心身ともに参ってしまいます

So/ we went there/ to build partitions/ with all the student volunteers/ with paper tubes,/ just a very simple shelter/ out of the tube frame and the curtain.//

私たちは 現地へ行き学生ボランティアと一緒に 紙管で間仕切りを作りました 紙管の枠にカーテンを掛けただけの実に簡素な住まいでした

However,/ some of the facility authority doesn't want us/ to do it,/ because,/ they said,/ simply,/ it's become more difficult/ to control them.//

しかし 避難所を管理する側には 嫌がる人もいました理由は― 「避難者の管理が難しくなる」だそうです

But it's really necessary/ to do it.//

でも 本当に作る必要がありました

They don't have enough flat area/ to build standard government single-story housing/ like this one.//

そして 現地には政府が従来使うこんな形の 平屋の仮設住宅を建てるほどの平地はありませんでした

Look/ at this.// Even civil government is doing such poor construction of the temporary housing,/ so dense/ and so messy/ because there is no storage,/ nothing,/ water is leaking,/ so I thought,/ we have to make/ multi-story building/ because there's no land/ and also/ it's not very comfortable.//

見てください政府主導といっても 仮設住宅はこのように粗末なもので隣との距離もなく― 収納が全然ないため散らかってしまい雨漏りもしていました 「多層の住宅を作らなければ」と思いました 土地は足りないし住環境も良くなかったからです

So I proposed to the mayor/ while I was making partitions.//

そこで 間仕切りを作っている間に提案しました

Finally/ I met a very nice mayor/ in Onagawa village/ in Miyagi.//

宮城県女川町でとても良い町長に出会い 最終的に

He asked me/ to build three-story housing/ on baseball [ fields ] .//

野球場に3階建の住宅を建てるよう依頼されました

I used the shipping container/ and also/ the students helped us/ to make all the building furniture/ to make them comfortable,/ within the budget of the government/ but also/ the area of the house is exactly the same,/ but much more comfortable.//

海上輸送用のコンテナを使いました また 学生たちの協力を得て 家具も全部作り快適に 暮らせるようにしました 政府の予算内に収めただけでなく 従来の基準と同じ広さで随分と住みやすいものができました

Many of the people want to stay here forever.//

多くの人が 今後もずっとここに住みたがっています

I was very happy/ to hear/ that.//

それを聞いた時大変うれしかったです

Now/ I am working in New Zealand,/ Christchurch.//

今は ニュージーランドのクライストチャーチで仕事をしています

About 20 days/ before the Japanese earthquake happened,/ also/ they had a big earthquake,/ and many Japanese students were also killed,/ and the most important cathedral of the city,/ the symbol of Christchurch,/ was totally destroyed.//

日本の地震が起こる20日前ここでも― 大地震が起きました 多くの日本人学生も亡くなりました そして街のシンボルでもあった― 街で最も重要な大聖堂が全壊しました

And I was asked to come/ to rebuild the temporary cathedral.//

現地に来て仮設の大聖堂を建ててほしいと頼まれました

So this is under construction.//

現在 大聖堂は建設中です

And I'd like to keep/ building monuments/ that are beloved by people.//

私は人々に愛されるモニュメントを 今後も建て続けたいと思います

Thank you very much.//

どうもありがとうございます

(拍手)

Thank you.// (Applause)//

ありがとうございます(拍手)

Thank you very much.// (Applause)//

どうもありがとうございます(拍手)

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

cardboard

厚紙,ボール紙

tube

(金属・ガラス・ゴムなどの)管,筒

(絵の具・歯みがきなどの)チューブ

《米》(列車・地下鉄の)トンネル

《英》地下鉄(《米》subway)

(ラジオ・テレビなどの)真空管(vacuum tube)

(動植物の)管状器官

exhibition

〈U〉《an~》(感情などを)『表すこと』,示すこと,(能力などの)『発揮』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『展覧会』,展示会《+『of』+『名』》

〈C〉《英》奨学金

ecological

生態学の

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

environmental

環境の;自然環境の

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

complicate

…'を'複雑にする

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

waterproof

防水の,水を通さない

〈U〉防水布

〈C〉《英》レーンコート

…‘を'防水する

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

fireproof

防火の,耐火性の,不燃性の

…‘を'耐火性にする

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

temporary

『一時の』,はかない,仮の

diameter

『直径』

(レンズなどの)倍率

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

photo

『写真』[photographの短縮形]

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

toilet

〈C〉(水洗式の)『便器』

〈C〉(水洗式便器のある)洗面所,化粧室,浴室;トイレ,便所(アメリカでは「restroom」とか「bathroom」と言い換えた呼び方が普通)〈U〉〈C〉化粧,身じたく

〈U〉〈C〉《文》服装,衣装

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

toilet paper

トイレットペーパー

tear

…‘を'『裂く』,破る,引き裂く

〈穴など〉‘を'『破って作る』

(…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》

《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》

裂ける,破れる

《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

laughter

『笑い』,笑い声

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

pavilion

パビリオン(公園・博覧会などの展示・休憩・娯楽などに用いる装飾的な謙物)

(1と同じ目的の)大型テント

《英》(競技場などの)選手席,観客席・(病院の)病棟;別館

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

demolish

〈古い建物など〉‘を'取り壊す,破壊する

〈計画・制度など〉‘を'くつがえす

《話》〈食べ物〉‘を'ぺろりと平らげる

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

reuse

…‘を'再使用する,再生する

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

rent

(…の)ほころび;裂け目;嶺れ目,割れ目《+『in』+『名』》

(…の)分裂,不和《+『in』+『名』》

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

wooden

『木製の』,木造の

(行動などが)不自然な,ぎごちない

(表情などが)生気のない,無表情な

joint

『関節』

『継ぎ目』,接合箇所,合わせ目

継ぎ目と継ぎ目の間の部分,節

(二つの部分を継いだり支えたりするのに用いる)継ぎ手,ジョイント

(枝や葉の)つけ根,節

(骨付きの)肉の大切り身

《俗》安酒場,とばく宿,アヘン窟(くつ)

『共同の』,共有の;連帯の,連合の

両院合同の;二院制議会の両院の

…‘を'継ぎ合わせる;…‘を'継ぎ目(関節)でつなぐ

…‘を'継ぎ目で分ける;〈鳥・肉など〉‘を'関節で切り分ける

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

applause

『拍手かっさい』;称賛

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

museum

『博物館』;美術館

monument

(人物・事件などの)『記念碑』,記念像,記念婿造物《+『to』+『名』》

(故人への)墓碑(tombstone);(地所を示す)標識

遺物,遺跡;景勝地

(…の)後世に残る偉業,金字塔《+『of』+『名』》

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

disappointed

当ての外れた

失望した,落胆した

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

privileged

特権(特典)のある

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

developer

〈C〉開発者,啓発者;宅地開発(造成)業者

〈U〉(写真の)現像液

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

monumental

《名詞の前にのみ用いて》記念碑の[ような]

歴史に洗る;不朽の,不滅の

(大きさ・程度が)とてつもない,途方もない

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

historically

歴史的に,歴史上

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

earthquake

『地震』

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

housing

住宅供給;家に収容すること

《集合的に》家,住宅(houses)

避難所

(機械の)架構(支え台・枠・囲い,また部品収容箱など)

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

reconstruction

〈U〉再建,改造,復興,復元

〈C〉再建(改造,復元)された物

《the R-》《米》南部諸州の再統合期,再建時代(南北戦争後,法律・諸制度を改正した1865年から1877年までの期間)

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

Rwanda

ルワンダ(アフリカ中東部の共和国;首都Kigali)

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

tribe

《集合的に》《単数・複数扱い》『部族』

《しばしば軽べつして》(…の)仲間,集団,連中《+of+名》

(動植物の)族(family(科)と genus(属)の間の分類単位)

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

refugee

(特に祖国からの)亡命者,逃亡者,難民

surprised

驚いた,びっくりした

shelter

〈U〉(雨・風,攻撃などからの)『保護』,避難

〈C〉(…からの)『避難所』,隠れ場所《+『from』+『名』》

(…から)…‘を'『おおい隠す』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'保護する,かばう《+『名』+『from』+『名』》

(…から)『避難する』,避ける,隠れる《+『from』+『名』》

camp

〈C〉(軍隊・登山隊・探検隊などの)『野営地』

〈C〉〈U〉野営のテント,仮設小屋

〈U〉野営,キャンプ[生活];軍隊生活

〈C〉夏季キャンプ場,サマーキャンプ

《集合的に》野営する人たち,キャンプする人たち

〈C〉(主義・信条などを同じくする)同志たち,同じ陣営;同じ立場

『野営する』,キャンプ生活を送る《+『out』》

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

blanket

『毛布』

(毛布にように)一面に広がっておおう物

…'を'毛布でおおう,(毛布でおおうように)…'を'一面におおう

包括的な,総括的な

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

heavy

『重い』,重量のある

(分量・程度・規模・強さなどが)『激しい』,大きい,

『厳しい』,耐えがたい,つらい

悲しい,陰気な

(動作が)のろい,ぎこちない

ものうい,だるい

(空が)曇った,うっとうしい,(海が)荒れた

(食物が)消化の悪い

敵役,悪役

deforestation

森林伐採,森林開拓

aluminum

《米》アルミニウム(金属元素の一つ;化学記号は『Al』;《英》alminium)

pipe

『管』,パイプ,筒(つつ)

(刻み用の)『パイプ』

笛;(1本の管から成る)管楽器(フルート・クラリネット・オーボエなど);(パイプオルガンの)音管

《複数形で》複数の管から成る楽器;パッグパイプ(bagpipe),パンの笛(Panpipe)

(船で)甲板長の号笛(呼び子);その笛の音

(鳥の)鳴き声;(人の)かん高い声

(人間・動物の)管状器官;(特に)気管

《しばしば受動態で》(…に)〈水・ガスなど〉‘を'管で送る《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈家・部屋など〉‘に'(…の)配管をする《+『名』+『for』+『名』》

〈曲〉‘を'笛で吹く

…‘を'かん高い声で言う(歌う)

(甲板長が)〈船員〉‘を'号笛を吹いて召集する

〈衣服〉など〉‘に'玉縁飾りをつける,〈ケーキなど〉‘に'砂糖のひも状飾りをする

笛を吹く

かん高い声で言う(歌う)

barrack

『兵営』,営舎

バラック,仮小屋

expensive

『費用のかかる』,高価な

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

recycle

〈廃物など〉‘を'再利用する

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

durability

永続性,耐久性

moisture

『湿りけ』,湿気

(空気中,または物の表面の)蒸気,水分

termite

シロアリ

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

Vietnamese

ベトナムの;ベトナムの;ベトナム語の

ベトナム人;〈U〉ベトナム語

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

Catholic

[『ローマ』]『カトリック教会の』,旧教の

(東西教会分裂以前の)全キリスト教会の

《c-》《文》全般的な,普遍的な;(趣味・関心などが)片寄っていない

『旧教徒』,)特に)[ローマ]カトリック教徒

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

totally

全く,完全に

priest

(一般に)『聖職者』,僧,神官

(カトリック教会・英国国教会の)司祭

rebuild

…‘を'再建する,改築する,作り直す・たてなおす;〈社会など〉‘を'改革する

再建させる

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

commute

《文》(別のものに)…'を'振り替える,切り替える《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

〈刑罰・責務など〉'を'(軽いものに)代える《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈電流〉'を'整流する

(…間を)定期(回数)券で通勤する《+『between』+『名』》,(…から…まで)定期で通勤する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(定期券による)通勤

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

beer

〈U〉『ビール』;〈C〉コップ1派(びん1本)のビール

〈C〉発酵性飲料(アルコール分の有無に関係ない)

crate

(果物・ガラス器具・家具などの運送・荷造りに用いる)わく箱,竹かご

…'を'わく箱(竹かご)に詰める

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

coordination

同等[にすること]

(筋肉運動の)整合,釣り合い

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

disappointing

失望させるような,意外につまらない

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

Taiwan

台湾

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

dismantle

…‘の'装備(設備)を撤巨する;(装備を)…‘から'取り除く《+『名』+『of』+『名』》

…‘を'取り壊す,解体する

permanent

『永久の』不変の

常設の,常置の

=permanent wave

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

Turkey

『トルコ』(小アジアからヨーロッパ南東部にわたる共和国;首都は Ankara)

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

Sri Lanka

スリランカ(インド洋にある島国の共和国;Ceylonの正式国名;首都Colombo)

Sumatra

スマトラ(マレー群島第2の大島)

Islamic

イスラム教[徒]の

fisherman

『漁夫』,漁師

(楽しみとして)釣りをする人;釣り人(びと)

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

especially

『特に』,特別に;きわだって

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

corruption

(官吏などの)不正行為,汚職

堕落

(物の)腐敗

(原文の)改悪;(言語の)なまり

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

contractor

契約人,請負人;建設業者

収縮する物;(特に)収縮筋

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

classroom

『クラスルーム』,教室

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

Italy

『イタリア』(地中海に臨む共和国;首都はRome)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

prime minister

『首相』,『総理大臣』({略}P.M.)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

music hall

音楽会場

《英》(歌・舞踊・曲芸などの)演芸館,寄席(よせ)

concert

〈C〉(公開の)『演奏会』,音楽会

〈U〉協調,協力

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

mayor

『市長』;町長

auditorium

(教会・劇場などの)聴衆席,観客席

(学校などの)講堂;(演劇などのための)公会堂

summit

=something

Haiti

ハイチ(西インド諸島中にある共和国)

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

Santo Domingo

サントドミンゴ(ドミニカ共和国の首都)

next-door

隣の家(建物)に;*名詞の後に置いて形容詞的に》隣の

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

evacuate

…‘を'明け渡す,‘から'撤退する

(危険な所から安全な所へ)…‘を'移動させる,疎開させる《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

《文》…‘を'からにする

《文》(…から)〈排出物〉‘を'出す,排出する,《+『名』+『from』+『名』》

gymnasium

(また《話》『gym』)『体育館』,屋内体操場

《G-》(ドイツの)9年制高等学校

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

mentally

精神的に,知能に関して

頭の中で,頭を使って

physically

物質的に;身体上;物理的に

partition

〈U〉(‥の)分割,区分《+『of』麥『名』》

〈C〉(分割された)部分

〈C〉仕切り壁

(…に)…‘を'分割する,分配する《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'仕切る,区切る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

curtain

『カーテン』,窓掛け

(劇場の)『幕』,どんちょう

『幕状のもの』;仕切りの壁

…‘に'幕(カーテン)を張る;…'を'幕(カーテン)でおおう

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

facility

〈U〉『容易さ』,便利さ

〈C〉〈U〉(…の)能力,(…する)才能《+『in』(『for』)+『名』(do『ing』),『with』+『名』》

〈C〉便,便宜;《複数形で》(…のための)施設,設備《+for+名》

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

flat

平『平らな』,平たんな

《補語にのみ用いて》べったりと広がった(横になった)

薄っぺらな(shallow)

《名詞の前にのみ用いて》露骨な,あからさまな;(positive)

(料金・価格などが)均一(一律)の(uniform)

たいくつな,おもしろくない,気の抜けた

(発泡飲料が)気の抜けた

空気のはいっていない,しぼんだ

(絵画で色調が)変化に乏しい,光沢を消した

(音楽で)変音の,半音下がった

『きっぱりと』

正確に,きっかり

本来の音程より下げて

『平面』,平たい部分

平地,低地;《複数形で》湿地,沼地,浅瀬

枠張り物(舞台背景用のベニヤ・布などを張った枠組み)

《おもに米》空気の抜けたタイヤ;パンク

半音低い音,変音;変音記号

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

messy

(場所・部屋などが)乱雑な,取り散らかした;(物が)汚れた,きたない

やっかいな,面倒な

storage

(倉庫などに)貯蔵すること,保管

貯蔵所,倉庫

保管料

leak

〈U〉〈C〉(水・空気・ガス・光などが)漏れること

〈C〉『漏れ口』,漏れ穴

〈C〉(秘密などの)漏えい《+『of』+『名』》

〈船・屋根・容器などが〉漏る

(…から,…の中へ)〈水・空気・ガス・光など〉漏れる《+『from』(『into』)+『名』》

〈秘密などが〉漏えいする《+『out』》

〈水・空気・ガス・光など〉‘を'漏らす

(…に)〈秘密など〉‘を'漏らす《+『名』+『to』+『名』》

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

furniture

(特にテーブル・いす・ベッドなどの動かせる)『家具』・(集合的) 家具 (a piece of ~ 家具一点); 備品; 調度.

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

New Zealand

『ニュージーランド』(オーストラリア南東方の英国自治領;南北両島から成る;首都Wellington;《略》『N.Z.』)

cathedral

(bishopが統轄する)『大寺院』,大聖堂,大伽藍(がらん)

(一般の)大教会

symbol

(…の)『象徴』,シンボル《+of+名》

(化学・数学・音楽などに用いられる)(…を表す)『記号』,符号《+for+名》

関連動画