TED日本語 - シーザー・クリヤマ: 一日一秒

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

人生は、美しく、楽しく、悲しい瞬間でいっぱいです。そんな瞬間をどうやって全部覚えておきますか? ディレクターのシーザー・クリヤマは、毎日、一秒だけビデオを撮るプロジェクトを進めています。人生の特別な一瞬を全て集めるのです。

Script

私はアーティストで ニューヨーク在住で広告業界で働いています 学校を卒業してから ずっとで もう 7、8年になります ばててしまいました 深夜まで働き休む暇もなく働き続けました 気づけば自分がやりたかったことに 時間なんて使っていませんでした

そんなときあるTEDトークに出会いました ステファン・サグマイスター氏の "長期充電休暇のちから" です 7年ごとに1年間の休暇をとり 独創的なプロジェクトに取り組むのです 私は それを見た瞬間 触発されて こう言っていました「これだ 1年間休暇をとろう 旅行のための時間を作って家族と一緒に時間を過ごして 独創的なアイデアに取り組もう」

まず最初のプロジェクトは 「一日一秒」をやることにしました 基本的には毎日1秒 自分の生活を録画するだけ 残りの人生ずっとです 年代順に 私の人生の一秒一秒のひとコマをつなぎ合わせて 一本のビデオにします もう 録画できなくなるまで続けます

このプロジェクトの目的は ただ一つ 過去の出来事を忘れてしまいたくない 私の人生で起こった出来事なのに 全然覚えていなくて人に言われて やっと思い出すことがあります 「ああ こんなことあったっけなあ」と これを始めてすぐ 気がついたのは 面白いことをするようにしないと ビデオを録画するのを忘れてしまうこと だから その日...初めて忘れてしまった日は ショックでした 自分が本当にやりたかったことなのに 30歳になった瞬間から このプロジェクトを一生続けていきたいと思っていました その1秒を忘れてしまった時に そのことが 頭の中に焼き付いて もう忘れなくなりました

80歳になったとしたら ビデオは5時間にもなっていて 50年もの人生を要約している 40歳になったらビデオは1時間になっていて 30代のころの自分が記録されている こう考えると 日々励みになり朝 目が覚めると その一日を使って何か面白いことをするようになりました

さて 前からずっと気になっていたことがあります 一日 一週間 一ヶ月が過ぎるうちに 月日は色あせ ごちゃまぜになってしまいます 残念ながら でも 映像化することで記憶を呼び覚ます糸口にできます このプロジェクトで色あせた記憶から 実際にやったことへと橋を架け私は全てを思い出せるのです その一秒がその日一日に 私がした全てのことを 思い出させてくれます どの一秒にするか決めるのは難しい時もあります 調子がいい日は 3秒も4秒も 候補がありますが 一秒におさめなければなりません たとえ 一秒に絞ったとしても 割愛した3秒を思い出させてくれます

それから このプロジェクトは 現代人が直面する文化への抗議の意味もあります コンサート会場で携帯を取り出して 録音している人たち本当に邪魔です 楽しんでさえいません 携帯のフィルターを通してコンサートを観ている ああいう風にはなりたくないけど過去を振り返ると 自分自身も少しそうだったと認めざるを得ません 自分にとって最善の方法は結局 人生を映像化して残すことなのです でも 決してあんな風にはならない 記憶を呼び起こすための1秒だけを録画しよう 「あのコンサートは最高に良かったすごく楽しめた」 そんな風に1秒で記憶がよみがえります

この夏 3ヶ月間 車で旅をしました ずっと 夢に描いていたことです ただ アメリカとカナダをドライブするだけ 気の向くままに 素晴らしいものでした ただ お金を使いすぎてしまいました 1年間休暇を取るために貯めていたお金もです だから シアトルに行き 友人と素晴らしい企画に取りかかりました 1年間お休みしようと思った理由の一つは 家族との時間を大切にするためです 不幸なことに義理の妹が 突然 腸閉塞になり 救急搬送しましたが 重症でした 何度か死にそうになり 兄とつきっきりで見守りました そのお陰でもっと大切なものに気づかされました 不運な日に1秒録画することは 非常に難しい 最高の時を過ごしているときにカメラを取り出したり パーティーで「写真撮ろうよ」というのとは違います 不運な日に ビデオを撮る人は あまりいないと思いますが 最悪のことが起きている時でさえ 一秒を録画することは意義があると思いました 不調な時を録画することで順調にいっている時を感謝することができます 人生は山あり谷ありなので 順調な時と同様 不調な時も忘れないようにすることが大事です

気をつけている点が一つあります フィルターは使用しないで できる限り肉眼で見たままを録画するということです つまり 一人称の視点から撮ることにしました 最初の2~3本は自らも被写体になっています でも やり方が間違ってるかもって気がつきました 記憶を呼び起こすのに一番よいのは 実際に見たままを記録することだと

このプロジェクトに関して今考えていることは 二つ 大勢の人がこのプロジェクトに参加したら面白そう ―先週31歳になりました このシーンでした― そして 皆のプロジェクトを 見るのも面白そう 人によって解釈も様々でしょう 誰もが 一日一秒により人生がプラスになります 私は 忘れてしまうことにうんざりしていますが これは 簡単なのでそういう心配はありません この会場にいるほとんどの人がHD 映像の撮れる― ビデオカメラを持ち歩いているでしょう これまで生きてきた日々を 忘れたくない その思いがこのような形となり 録画しておいた記録を見るのも楽しいです ウェブサイトに こう入力すれば 「2018年6月18日」 その日の世界中の人々の一コマを 次から次へと観ることができます

このプロジェクトはたくさんの可能性を秘めていると思います 毎日をちょっとずつ録画することを提案したいその日― あなたが生きたことを忘れないように

ありがとう

(拍手)

So, I'm an artist. I live in New York, and I've been working in advertising for -- ever since I left school, so about seven,eight years now, and it was draining. I worked a lot of late nights. I worked a lot of weekends, and I found myself never having time for all the projects that I wanted to work on on my own.

And one day I was at work and I saw a talk by Stefan Sagmeister on TED, and it was called "The power of time off," and he spoke about how every seven years, he takes a year off from work so he could do his own creative projects, and I was instantly inspired, and I just said, "I have to do that. I have to take a year off. I need to take time to travel and spend time with my family and start my own creative ideas."

So the first of those projects ended up being something I called "One Second Every Day." Basically I'm recording one second of every day of my life for the rest of my life, chronologically compiling these one-second tiny slices of my life into one single continuous video until, you know, I can't record them anymore.

The purpose of this project is,one: I hate not remembering things that I've done in the past. There's all these things that I've done with my life that I have no recollection of unless someone brings it up, and sometimes I think, "Oh yeah, that's something that I did." And something that I realized early on in the project was that if I wasn't doing anything interesting, I would probably forget to record the video. So the day -- the first time that I forgot, it really hurt me, because it's something that I really wanted to -- from the moment that I turned 30, I wanted to keep this project going until forever, and having missed that one second, I realized, it just kind of created this thing in my head where I never forgot ever again.

So if I live to see 80 years of age, I'm going to have a five-hour video that encapsulates 50 years of my life. When I turn 40, I'll have a one-hour video that includes just my 30s. This has really invigorated me day-to-day, when I wake up, to try and do something interesting with my day.

Now,one of the things that I have issues with is that, as the days and weeks and months go by, time just seems to start blurring and blending into each other and, you know, I hated that, and visualization is the way to trigger memory. You know, this project for me is a way for me to bridge that gap and remember everything that I've done. Even just this one second allows me to remember everything else I did that one day. It's difficult, sometimes, to pick that one second. On a good day, I'll have maybe three or four seconds that I really want to choose, but I'll just have to narrow it down to one, but even narrowing it down to that one allows me to remember the other three anyway.

It's also kind of a protest, a personal protest, against the culture we have now where people just are at concerts with their cell phones out recording the whole concert, and they're disturbing you. They're not even enjoying the show. They're watching the concert through their cell phone. I hate that. I admittedly used to be that guy a little bit, back in the day, and I've decided that the best way for me to still capture and keep a visual memory of my life and not be that person, is to just record that one second that will allow me to trigger that memory of, "Yeah, that concert was amazing. I really loved that concert." And it just takes a quick, quick second.

I was on a three-month road trip this summer. It was something that I've been dreaming about doing my whole life, just driving around the U.S. and Canada and just figuring out where to go the next day, and it was kind of outstanding. I actually ran out, I spent too much money on my road trip for the savings that I had to take my year off, so I had to, I went to Seattle and I spent some time with friends working on a really neat project. One of the reasons that I took my year off was to spend more time with my family, and this really tragic thing happened where my sister-in-law, her intestine suddenly strangled one day, and we took her to the emergency room, and she was, she was in really bad shape. We almost lost her a couple of times, and I was there with my brother every day. It helped me realize something else during this project, is that recording that one second on a really bad day is extremely difficult. It's not -- we tend to take our cameras out when we're doing awesome things. Or we're, "Oh, yeah, this party, let me take a picture." But we rarely do that when we're having a bad day, and something horrible is happening. And I found that it's actually been very, very important to record even just that one second of a really bad moment. It really helps you appreciate the good times. It's not always a good day, so when you have a bad one, I think it's important to remember it, just as much as it is important to remember the [ good ] days.

Now one of the things that I do is I don't use any filters, I don't use anything to -- I try to capture the moment as much as possible as the way that I saw it with my own eyes. I started a rule of first person perspective. Early on, I think I had a couple of videos where you would see me in it, but I realized that wasn't the way to go. The way to really remember what I saw was to record it as I actually saw it.

Now a couple of things that I have in my head about this project are, wouldn't it be interesting if thousands of people were doing this? I turned 31 last week, which is there. I think it would be interesting to see what everyone did with a project like this. I think everyone would have a different interpretation of it. I think everyone would benefit from just having that one second to remember every day. Personally, I'm tired of forgetting, and this is a really easy thing to do. I mean, we all have HD-capable cameras in our pockets right now -- most people in this room, I bet -- and it's something that's -- I never want to forget another day that I've ever lived, and this is my way of doing that, and it'd be really interesting also to see, if you could just type in on a website, "June 18,2018," and you would just see a stream of people's lives on that particular day from all over the world.

And I don't know, I think this project has a lot of possibilities, and I encourage you all to record just a small snippet of your life every day, so you can never forget that that day, you lived.

Thank you.

(Applause)

So,/ I'm an artist.//

私はアーティストで

I live in New York,/ and I've been working in advertising for --/ ever since I left school,/ so about seven,eight years/ now,/ and it was draining.//

ニューヨーク在住で広告業界で働いています 学校を卒業してから ずっとで もう 7、8年になります ばててしまいました

I worked a lot of late nights.// I worked a lot of weekends,/ and I found myself never/ having time/ for all the projects/ that I wanted to work on/ on my own.//

深夜まで働き休む暇もなく働き続けました 気づけば自分がやりたかったことに 時間なんて使っていませんでした

And one day/ I was at work/ and I saw a talk/ by Stefan Sagmeister/ on TED,/ and it was called "The power of time off,/"/ and he spoke about how every seven years,/ he takes a year off/ from work so/ he could do his own creative projects,/ and I was instantly inspired,/ and I just said,/ "I have to do that.// I have to take/ a year off.//

そんなときあるTEDトークに出会いました ステファン・サグマイスター氏の "長期充電休暇のちから" です 7年ごとに1年間の休暇をとり 独創的なプロジェクトに取り組むのです 私は それを見た瞬間 触発されて こう言っていました「これだ 1年間休暇をとろう

I need to take/ time/ to travel and spend time/ with my family/ and start my own creative ideas."//

旅行のための時間を作って家族と一緒に時間を過ごして 独創的なアイデアに取り組もう」

So the first of those projects ended up/ being something/ I called "One Second Every Day."//

まず最初のプロジェクトは 「一日一秒」をやることにしました

Basically/ I'm recording/ one second of every day of my life/ for the rest of my life,/ chronologically compiling/ these one-second tiny slices of my life/ into one single continuous video/ until,/ you know,/ I can't record them anymore.//

基本的には毎日1秒 自分の生活を録画するだけ 残りの人生ずっとです 年代順に 私の人生の一秒一秒のひとコマをつなぎ合わせて 一本のビデオにします もう 録画できなくなるまで続けます

The purpose of this project is,/one:/ I hate not remembering/ things/ that I've done in the past.//

このプロジェクトの目的は ただ一つ 過去の出来事を忘れてしまいたくない

There's all these things/ that I've done with my life/ that I have no recollection of unless someone brings it up,/ and sometimes/ I think,/ "Oh yeah,/ that's something/ that I did."//

私の人生で起こった出来事なのに 全然覚えていなくて人に言われて やっと思い出すことがあります 「ああ こんなことあったっけなあ」と

And something/ that I realized early/ on in the project was/ that if I wasn't doing anything interesting,/ I would probably forget to record/ the video.//

これを始めてすぐ 気がついたのは 面白いことをするようにしないと ビデオを録画するのを忘れてしまうこと

So the day --/ the first time that/ I forgot,/ it really hurt me,/ because it's something/ that I really wanted to --/ from the moment/ that I turned 30,/ I wanted to keep/ this project/ going until forever,/ and having missed/ that one second,/ I realized,/ it/ just kind of created this thing/ in my head/ where I never forgot ever again.//

だから その日...初めて忘れてしまった日は ショックでした 自分が本当にやりたかったことなのに 30歳になった瞬間から このプロジェクトを一生続けていきたいと思っていました その1秒を忘れてしまった時に そのことが 頭の中に焼き付いて もう忘れなくなりました

So/ if I live to see/ 80 years of age,/ I'm going to have/ a five-hour video/ that encapsulates 50 years of my life.//

80歳になったとしたら ビデオは5時間にもなっていて 50年もの人生を要約している

When I turn 40,/ I'll have a one-hour video/ that includes just my 30s.//

40歳になったらビデオは1時間になっていて 30代のころの自分が記録されている

This has really invigorated me day-to-day,/ when I wake up,/ to try and do something interesting/ with my day.//

こう考えると 日々励みになり朝 目が覚めると その一日を使って何か面白いことをするようになりました

Now,/one of the things/ that I have issues/ with is/ that,/ as the days and weeks and months go by,/ time just seems to start blurring and blending/ into each other and,/ you know,/ I hated/ that,/ and visualization is the way/ to trigger memory.//

さて 前からずっと気になっていたことがあります 一日 一週間 一ヶ月が過ぎるうちに 月日は色あせ ごちゃまぜになってしまいます 残念ながら でも 映像化することで記憶を呼び覚ます糸口にできます

You know,/ this project/ for me is a way/ for me/ to bridge that gap and remember everything/ that I've done.//

このプロジェクトで色あせた記憶から 実際にやったことへと橋を架け私は全てを思い出せるのです

Even just this one second allows me/ to remember everything else/ I did/ that one day.//

その一秒がその日一日に 私がした全てのことを 思い出させてくれます

It's difficult,/ sometimes,/ to pick/ that one second.//

どの一秒にするか決めるのは難しい時もあります

On a good day,/ I'll have maybe/ three or four seconds/ that I really want to choose,/ but I'll just have to narrow/ it down/ to one,/ but even/ narrowing it down/ to that one allows me/ to remember the other three anyway.//

調子がいい日は 3秒も4秒も 候補がありますが 一秒におさめなければなりません たとえ 一秒に絞ったとしても 割愛した3秒を思い出させてくれます

It's also/ kind of a protest,/ a personal protest,/ against the culture/ we have now/ where people just are at concerts/ with their cell phones out/ recording the whole concert,/ and they're disturbing/ you.//

それから このプロジェクトは 現代人が直面する文化への抗議の意味もあります コンサート会場で携帯を取り出して 録音している人たち本当に邪魔です

They're not even enjoying/ the show.//

楽しんでさえいません

They're watching/ the concert/ through their cell phone.//

携帯のフィルターを通してコンサートを観ている

I hate that.// I admittedly used to be/ that guy a little bit,/ back/ in the day,/ and I've decided/ that the best way/ for me/ to still capture and keep a visual memory of my life/ and not be that person,/ is to just record/ that one second/ that will allow me/ to trigger that memory of,/ "Yeah,/ that concert was amazing.// I really loved/ that concert."//

ああいう風にはなりたくないけど過去を振り返ると 自分自身も少しそうだったと認めざるを得ません 自分にとって最善の方法は結局 人生を映像化して残すことなのです でも 決してあんな風にはならない 記憶を呼び起こすための1秒だけを録画しよう 「あのコンサートは最高に良かったすごく楽しめた」

And it just takes a quick, quick second.//

そんな風に1秒で記憶がよみがえります

I was on a three-month road trip/ this summer.//

この夏 3ヶ月間 車で旅をしました

It was something/ that I've been dreaming about doing my whole life,/ just/ driving around the U.S./ and Canada/ and just figuring out/ where to go the next day,/ and it was kind of outstanding.//

ずっと 夢に描いていたことです ただ アメリカとカナダをドライブするだけ 気の向くままに 素晴らしいものでした

I actually ran out,/ I spent too much money/ on my road trip/ for the savings/ that I had to take/ my year off,/ so I had to,/ I went to Seattle/ and I spent some time/ with friends/ working on a really neat project.//

ただ お金を使いすぎてしまいました 1年間休暇を取るために貯めていたお金もです だから シアトルに行き 友人と素晴らしい企画に取りかかりました

One of the reasons/ that I took my year off was to spend/ more time/ with my family,/ and this really tragic thing happened/ where my sister-in-law,/ her intestine suddenly strangled one day,/ and we took her/ to the emergency room,/ and she was,/ she was in really bad shape.//

1年間お休みしようと思った理由の一つは 家族との時間を大切にするためです 不幸なことに義理の妹が 突然 腸閉塞になり 救急搬送しましたが 重症でした

We almost lost her/ a couple of times,/ and I was there with my brother/ every day.//

何度か死にそうになり 兄とつきっきりで見守りました

It helped me/ realize something else/ during this project,/ is/ that recording/ that one second/ on a really bad day is extremely difficult.//

そのお陰でもっと大切なものに気づかされました 不運な日に1秒録画することは 非常に難しい

It's not --/ we tend to take/ our cameras out/ when we're doing/ awesome things.//

最高の時を過ごしているときにカメラを取り出したり

Or we're,/ "Oh,/ yeah,/ this party,/ let me/ take a picture."//

パーティーで「写真撮ろうよ」というのとは違います

But we rarely do that/ when we're having/ a bad day,/ and something horrible is happening.//

不運な日に ビデオを撮る人は あまりいないと思いますが

And I found/ that it's actually been very, very important to record even just/ that one second of a really bad moment.//

最悪のことが起きている時でさえ 一秒を録画することは意義があると思いました

It really helps/ you appreciate the good times.//

不調な時を録画することで順調にいっている時を感謝することができます

It's not always/ a good day,/ so/ when you have a bad one,/ I think/ it's important/ to remember it,/ just as much/ as it is important/ to remember the [ good ] days.//

人生は山あり谷ありなので 順調な時と同様 不調な時も忘れないようにすることが大事です

Now/ one of the things/ that I do/ is I don't use any filters,/ I don't use anything/ to --/ I try to capture/ the moment as much/ as possible/ as the way that/ I saw it/ with my own eyes.//

気をつけている点が一つあります フィルターは使用しないで できる限り肉眼で見たままを録画するということです

I started a rule of first person perspective.//

つまり 一人称の視点から撮ることにしました

Early on,/ I think/ I had a couple of videos/ where you would see me/ in it,/ but I realized/ that wasn't the way/ to go.//

最初の2~3本は自らも被写体になっています でも やり方が間違ってるかもって気がつきました

The way to really remember/ what I saw/ was to record it/ as I actually saw it.//

記憶を呼び起こすのに一番よいのは 実際に見たままを記録することだと

Now/ a couple of things/ that I have in my head/ about this project are,/ wouldn't it be interesting/ if thousands of people were doing this?//

このプロジェクトに関して今考えていることは 二つ 大勢の人がこのプロジェクトに参加したら面白そう

I turned 31/ last week,/ which is there.//

―先週31歳になりました このシーンでした―

I think/ it would be interesting/ to see/ what everyone did with a project/ like this.//

そして 皆のプロジェクトを 見るのも面白そう

I think/ everyone would have a different interpretation of it.//

人によって解釈も様々でしょう

I think/ everyone would benefit from just having/ that one second/ to remember every day.//

誰もが 一日一秒により人生がプラスになります

Personally,/ I'm tired of forgetting,/ and this is a really easy thing/ to do.//

私は 忘れてしまうことにうんざりしていますが これは 簡単なのでそういう心配はありません

I mean,/ we/ all have HD-capable cameras/ in our pockets right now --/ most people/ in this room,/ I bet --/ and it's something/ that's --/ I never want to forget/ another day/ that I've ever lived,/ and this is my way of doing/ that,/ and it'd be really interesting also/ to see,/ if you could just type in/ on a website,/ "June 18,2018,/"/ and you would just see a stream of people's lives/ on that particular day/ from all/ over the world.//

この会場にいるほとんどの人がHD 映像の撮れる― ビデオカメラを持ち歩いているでしょう これまで生きてきた日々を 忘れたくない その思いがこのような形となり 録画しておいた記録を見るのも楽しいです ウェブサイトに こう入力すれば 「2018年6月18日」 その日の世界中の人々の一コマを 次から次へと観ることができます

And I don't know,/ I think/ this project has a lot of possibilities,/ and I encourage you all/ to record just a small snippet of your life/ every day,/ so you can never forget/ that that day,/ you lived.//

このプロジェクトはたくさんの可能性を秘めていると思います 毎日をちょっとずつ録画することを提案したいその日― あなたが生きたことを忘れないように

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

advertising

《集合的に》広告;広告業

広告の

nights

夜な夜な,毎晩

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

creative

『創造力のある』

『独創的な』

instantly

『ただちに』

…するやいなや(as soon as, directly)

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

basically

基本的に,根本的に;元来は

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

compile

〈資料など〉'を'まとめる

〈辞書など〉'を'編集する

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

slice

(…の)(薄く切った平らな)『一枚』,一切れ《+『of』+『名』》・(…の)分け前(share),一部(part)《+『of』+『名』》・スライス(野球・ゴルフなどで,打球が打者のきき手の方向に飛ぶこと,またその打球) ・料理用へら,フライ返し

〈パンなど〉‘を'『薄く切る』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・…‘を'薄く切り取る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・〈水など〉‘を'切って進む・(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'スライスさせて打つ,きき手の方向に打つ・(水なとを)切って進む《+『through』+『名』》

(野球・ゴルフなどで)〈打者が〉ボールをスライスさせて打つ;〈ボールが〉スライスして飛ぶ

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

continuous

(時間的・空間的に)『切り目なく続く』;続けざまの,途切れない

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

recollection

〈U〉(…を)『思い出すこと』,(…の)記憶《+『of』+『名』》

〈C〉(個々の)思い出

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

probably

『たぶん』,『おそらく』

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

encapsulate

…‘を'カプセルに入れる

〈事実など〉‘を'矮(わい)小化する

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

invigorate

…‘を'元気づける;…‘を'励ます

day-to-day

毎日の,毎日起こる(なされる)

その日限りの

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

blur

にじみ;しみ,汚れ

不鮮明;かすみ,曇り

(…で)…'を'汚す《+『名』+『with』+『名』》

…'を'ぼんやりさせる,曇らす

blend

(分離できないほどに)…'を'『混ぜ合わせる』;(…に)…'を'混ぜる《+『名』+『with』+『名』》

『混じる』;溶け合う

(…と)『調和する』《+『with』+『名』》(harmonize)

『混合』,調合;〈C〉『混合物』

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

good day

『こんにちは』(昼間の改まったあいさつ)

《古》さようなら

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

anyway

=anyhow

protest

(…に対する)『抗議』,異議の申し立て;(少し軽い意味で,…への)反対,不満《+『against』+『名』》

(…に対して,…について)『抗議をする』,異議を申し立てる《+『about』(『against』)+『名』(do『ing』)+『at』(『to』)+『名』》

(不信に対して,また不満・反対があって)…‘を'『主張する』,『断言する』

《米》…‘に'坑議する(protest against)

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

concert

〈C〉(公開の)『演奏会』,音楽会

〈U〉協調,協力

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

disturb

…‘を'『かき乱す』,騒がしくする

〈人〉‘を'『不安にする』,心配させる

〈人・行動・安眠など〉‘を'『邪魔をする』,妨害する(bother)

admittedly

明らかに,疑いなく

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

outstanding

『目立つ』,顕著な,傑出して

残っている,未決の,未払いの

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

saving

《名試の前にのみ用いて》欠点を補う,埋め合わせとなる

節約する,倹約する,つましい

《複数形で》貯金,(特に,銀行への)預金

〈U〉〈C〉節約したもの,節約量

〈U〉《時にa~》(…の)節約,倹約《+『of』+『名』》

Seattle

シアトル(米国Washington州の港市)

neat

(見た目に)『きちんと整った』,小ぎれいな

(人などが)きれい好きな;(服装などが)さっぱりした

(やり方・話し方などが)手ぎわのよい

《米話;現在はまれ》すばらしい,すてきな

《話》(酒などが)水で割らない,ストレートの

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

tragic

悲劇の

悲劇的な,悲惨

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

sister-in-law

義理の姉(妹),兄(弟)の妻

intestine

suddenly

『突然に』,だしぬけに

strangle

…‘を'窒息させる,絞殺する

(カラーなどが)〈首〉‘を'絞める

〈笑い・あくびなど〉‘を'おさえる,抑圧する

息が詰まる

窒息死する

emergency

『非常の場合』,緊急の場合

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

extremely

『極端に』,非常に過度に

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

times

…掛ける

days

たいてい昼間は

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

first person

第一人称(英語ではIとwe;話し手が自分を指していう語)

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

interpretation

(…の)意味を明らかにすること,解明,説明《+『of』+『名』》

(芸術作品・夢などの)解釈《+『of』+『名』》

(音楽作品や劇の役割に一つの解釈を示す)演奏,演技《+『of』+『名』》

通訳

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

tired

『疲れた』

《補語にのみ用いて》『飽きた』,うんざりした;(…に)飽きた《+of+名(doing)》

(文句などが)陳腐な

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

snippet

切れ端;断片,小片

《複数形で》わずかな情報(ニュース)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画