TED日本語 - スティーブン・シュバイツバーグ: 外科医のための万能翻訳機

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

腹腔鏡手術は切開を出来るだけ小さくする 低侵襲医療の一例です。患者さんの痛みが小さく、回復も早いのが特徴です。しかし、これらの技術を世界に広めるためには問題が2つあります。言語と距離です。ビデオ会議と多言語翻訳機を組み合わせて使い、スティーブン・シュバイツバーグ氏はこの問題にテクノロジーをもって立ち向かいます。(TEDxBeacon Street にて収録)

Script

今日は二つの事について お話しします 一つ目は 手術の知識や技術を教える事は とても難しいということ そして二つ目は 言葉の違いが いかに世界の人々の 壁となっているかという事です 私の専門とする領域では この2つの問題が関わり合っているのです この関わり合いを説明します

さて 手術を好む人なんていません 手術を受けた事がある方はいらっしゃいますか? 望んで受けましたか? 望んで受けた方は手を挙げたままにして下さい_ いませんね 特にいやなのは 体に大きな穴をあけてこんな道具を使う手術です 激痛を伴い 長期 欠勤や欠席を余儀なくされ 大きな傷が残ります どうしても手術を避けれない状況なら 傷を最小限に抑えた低侵襲手術 がいいですよね 今晩お話し したいのは この種の手術を行い その技法を教える過程で 多言語翻訳機を 探す事に至った経緯です

低侵襲手術とは難しいものです 最初に患者さんを眠らせます そしてお腹に炭酸ガスを入れ 風船のように膨らませます 先が尖った道具を お腹の中に挿入します このように 危ない物です この先に付いたカメラでモニタリング出来るようにします このようになります これは胆のうの手術です この手術はアメリカだけでも年間に100万件ほど行われます これは実映像です血は出ていませんね 手術をするチームの緊張した様子 どれだけ集中力を要するものか 表情からも伺えます 教えるのはとても難しいし習うのも簡単ではありません おそらくアメリカ国内で500万件 世界中では おそらく2000万回ぐらい行われています

こういう事を聞いた事はありますよね 「彼は生まれつきの外科医だ」 ですが外科医は産み落とされるものではありません 造られたわけでもありません 外科医を培養するこんなタンクなんて ないんです 外科医は少しずつ訓練されるのものです まずは基盤 つまり基礎技術を学ぶ所から始まります そして手術室にまで連れて行けるようにします そこで まず助手として使い 外科手術を見せながら教えます そして 5年間程 このように訓練されると 待ちに待った 免許が与えられるのです 手術を受けるなら きちんと免許を持つ 外科医にやってもらいたいですよね 免許を持つと 自分で手術が行えるようになり うまく行けば 難しい手術もこなせるようになるのです

基盤はとても大事です そこで 我々は 米国最大の外科学会であるSAGESの医師達で 1990年に訓練プログラムをスタートしました 低侵襲手術を行うすべての外科医が しっかりした基礎知識と技術を身につけ 現場で手術ができるようにするものです このプロプログラムの効果は科学的に立証され 米国医学会は外科専門医の免許を取るために このプログラムの履修を義務付けました 講義や 単なる講座だけではなく それらプラス 資格試験です 難しいものです 昨年のことですが パートナーの米国外科学会と共同で 低侵襲手術を行う外科医は全員 FLS (基礎腹腔鏡手術) の資格を収得すべきであると 声明を発表しました

アメリカとカナダだけではなく 世界中の外科医「全員」が対象です この教育とトレーニングを世界レベルで引き上げるのは とても大変なことです 世界様々な国を訪れとても素晴らしい事だと実感しています SAGESは世界中で手術を行い外科医の教育をしています しかし ここで問題になるのがまずその一つが 「距離」です どこにでも行けるわけではありませんので 世界を縮める必要があります そのためのツールを開発できると思います 私が特に気に入っているツールはビデオです

その可能性を見せてくれたのが トロントに住む友人のアラン・オクライネックです 彼が証明したのは リアルタイムビデオを使って 手術を教える事ができるという事です これがアランです 英語を話すアフリカの外科医に 低侵襲手術を行うための 基礎技術を教えています 素晴らしいですね しかし この非常に難しい資格試験を行うには 一つ問題があります 英語を一応話せるという生徒でも 合格率は14%です 彼らにとっては 手術の知識ではなく 英語のテストなのですから

身近な場所でも 問題があります 私の勤務するケンブリッジ病院は ハーバード大医学部の付属病院ですが 63ヶ国語に対応できる様100人の通訳と提携しています こんな規模の病院ですら 膨大な費用がかかります とても人手のかかる仕事です 世界レベルで考えれば 患者さんと話すだけ-- 外科医の教育抜きでただ患者さんと話すだけでも 通訳が何人いても足りません この需要を満たすためには技術の力が必要になります 私たちの病院にはハーバードの教授から 先週 この国に来たばかりの人まで様々な患者が訪れます 言葉が通じない人と話し治療をするのは 予想以上に大変なんです 通訳の都合がつかない場合もあります

ですから 何かツールが必要です 多言語翻訳機が必要です ここで お話している事は 「こうあるべきだ」という一方的な意見ではありません これから「何ができるか」皆さんで考えて欲しいのです まだまだ学ぶ事が沢山あります アメリカでは患者一人当たりの医療費が他国に比べ高いわりに 医療効果が優るとは限りません 他の国のやり方から学ぶ事もありそうです

私は基礎腹腔鏡手術 (FLS) の技術を世界に広めたいと強く思っています 昨年は南米と中国を訪れ FLSの基礎を紹介しました 行く先々で 壁を感じました 「学びたいが 母国語でないと難しい」ということです こうなれば良いと思いませんか? 出席者それぞれの母国語を使って 様々な言語で同時に講義ができたら良いですね アジアや南米 アフリカやヨーロッパ様々な地域に住む人々に 技術の力を借りてスムーズで 正確に コスト効率よく 話をしたいのものです もちろん相手の話も理解できなければいけません 何か教えてもらえることがあるはずです

壮大な計画です すでに多言語翻訳機が存在するか探してみました 現在 ウェブページや携帯ですら翻訳機能が使えますから でも手術を教えるのに使えるものはありませんでした レキシコンが必要だからです つまり専門用語集のようなもの 医療関係の専門用語集が必要です 更に 外科関係の専門用語集も必要です でもそんなもの ありませんこれは作る必要があります

それでは我々が今行っている事をお見せしましょう まだ研究段階で 普及してはいませんが IBM研究所と共同で いくつかのテクノロジーを組み合わせ多言語翻訳機を制作しています まずは枠組みです 外科医が講義を行っているとき 画面に字幕を付けられるフレームワークを使います そこにビデオ会議技術を付け足すわけです まだ字幕が出ていないので3番目の技術を加えます これで字幕が付きます ここに翻訳の機能をかぶせます 枠の中に字幕が出たら 魔法のように言語を変えるのです これが4つ目の技術です 現在11言語が使えます 世界をさらに縮めるためにもっと言語を増やしていきます 試作品をお見せしましょう 普段バラバラになっているこれらの技術を集結させ 素晴らしいものが出来ました

腹腔鏡手術の基礎 第5章: 手術手技の練習 言語を選んで母国語で字幕を見ることができます

南米の学習者は 「スペイン語で見る」のボタンをクリックします するとリアルタイムでスペイン語の字幕が見られます もし北京で授業を受けていたら この技術を使えば 同じように 中国語で字幕を見ることが出来ますロシア語でも何でも 人を介せずに同時通訳が可能になります でもそれは講義だけ

冒頭で FLS(基礎腹腔鏡手術)についてお話しましたが この手術には知識と技術が必要です 手術において 成功するかしないかの違いは 手先の動作のほんのわずかな違いです ですのでもう一歩踏み込みました アランに再び登場してもらいます

今日は縫合の練習をします このように針を持ってください 針の先を持つのです 手がブレないように 黒い点をめがけて ループをこちらに向けて では切ってください オスカー よく出来ましたそれでは また来週

多言語翻訳機の開発過程を お見せしました 情報の往復交換が出来るようにしたいのです 教えるのと同時に学べるものが必要です このツールにはたくさんの使い方があるでしょう 様々な技術の統合の良い例が カメラ付きの携帯の普及です これは様々な分野で活用できます 医療や看護 エンジニアリング、法律、会議、ビデオの翻訳など どこでも使えるツールです

壁をなくすために 誰とも意思の疎通ができるように 通訳の技術の開発を進めなければいけません いろいろな所で必要になります より世界を近づけるために ありがとうございました

(拍手)

So I want to talk to you about two things tonight. Number one: Teaching surgery and doing surgery is really hard. And second, that language is one of the most profound things that separate us all over the world. And in my little corner of the world, these two things are actually related, and I want to tell you how tonight.

Now, nobody wants an operation. Who here has had surgery? Did you want it? Keep your hands up if you wanted an operation. Nobody wants an operation. In particular, nobody wants an operation with tools like these through large incisions that cause a lot of pain, that cause a lot of time out of work or out of school, that leave a big scar. But if you have to have an operation, what you really want is a minimally invasive operation. That's what I want to talk to you about tonight -- how doing and teaching this type of surgery led us on a search for a better universal translator.

Now, this type of surgery is hard, and it starts by putting people to sleep, putting carbon dioxide in their abdomen, blowing them up like a balloon, sticking one of these sharp pointy things into their abdomen -- it's dangerous stuff -- and taking instruments and watching it on a TV screen. So let's see what it looks like. So this is gallbladder surgery. We perform a million of these a year in the United States alone. This is the real thing. There's no blood. And you can see how focused the surgeons are, how much concentration it takes. You can see it in their faces. It's hard to teach, and it's not all that easy to learn. We do about five million of these in the United States and maybe 20 million of these worldwide.

All right, you've all heard the term: "He's a born surgeon." Let me tell you, surgeons are not born. Surgeons are not made either. There are no little tanks where we're making surgeons. Surgeons are trained one step at a time. It starts with a foundation, basic skills. We build on that and we take people, hopefully, to the operating room where they learn to be an assistant. Then we teach them to be a surgeon in training. And when they do all of that for about five years, they get the coveted board certification. If you need surgery, you want to be operated on by a board-certified surgeon. You get your board certificate, and you can go out into practice. And eventually, if you're lucky, you achieve mastery.

Now that foundation is so important that a number of us from the largest general surgery society in the United States, SAGES, started in the late 1990s a training program that would assure that every surgeon who practices minimally invasive surgery would have a strong foundation of knowledge and skills necessary to go on and do procedures. Now the science behind this is so potent that it became required by the American Board of Surgery in order for a young surgeon to become board certified. It's not a lecture, it's not a course, it's all of that plus a high-stakes assessment. It's hard. Now just this past year,one of our partners, the American College of Surgeons, teamed up with us to make an announcement that all surgeons should be FLS (Fundamentals of Laparoscopic Surgery) -certified before they do minimally invasive surgery.

And are we talking about just people here in the U.S. and Canada? No, we just said all surgeons. So to lift this education and training worldwide is a very large task, something I'm very personally excited about as we travel around the world. SAGES does surgery all over the world, teaching and educating surgeons. So we have a problem, and one of the problems is distance. We can't travel everywhere. We need to make the world a smaller place. And I think that we can develop some tools to do so. And one of the tools I like personally is using video.

So I was inspired by a friend. This is Allan Okrainec from Toronto. And he proved that you could actually teach people to do surgery using video conferencing. So here's Allan teaching an English-speaking surgeon in Africa these basic fundamental skills necessary to do minimally invasive surgery. Very inspiring. But for this examination, which is really hard, we have a problem. Even people who say they speak English, only 14 percent pass. Because for them it's not a surgery test, it's an English test.

Let me bring it to you locally. I work at the Cambridge Hospital. It's the primary Harvard Medical School teaching facility. We have more than 100 translators covering 63 languages, and we spend millions of dollars just in our little hospital. It's a big labor-intensive effort. If you think about the worldwide burden of trying to talk to your patients -- not just teaching surgeons, just trying to talk to your patients -- there aren't enough translators in the world. We need to employ technology to assist us in this quest. At our hospital we see everybody from Harvard professors to people who just got here last week. And you have no idea how hard it is to talk to somebody or take care of somebody you can't talk to. And there isn't always a translator available.

So we need tools. We need a universal translator. One of the things that I want to leave you with as you think about this talk is that this talk is not just about us preaching to the world. It's really about setting up a dialogue. We have a lot to learn. Here in the United States we spend more money per person for outcomes that are not better than many countries in the world. Maybe we have something to learn as well.

So I'm passionate about teaching these FLS skills all over the world. This past year I've been in Latin America, I've been in China, talking about the fundamentals of laparoscopic surgery. And everywhere I go the barrier is: "We want this, but we need it in our language." So here's what we think we want to do: Imagine giving a lecture and being able to talk to people in their own native language simultaneously. I want to talk to the people in Asia, Latin America, Africa, Europe seamlessly, accurately and in a cost-effective fashion using technology. And it has to be bi-directional. They have to be able to teach us something as well.

It's a big task. So we looked for a universal translator; I thought there would be one out there. Your webpage has translation, your cellphone has translation, but nothing that's good enough to teach surgery. Because we need a lexicon. What is a lexicon? A lexicon is a body of words that describes a domain. I need to have a health care lexicon. And in that I need a surgery lexicon. That's a tall order. We have to work at it.

So let me show you what we're doing. This is research -- can't buy it. We're working with the folks at IBM Research from the Accessibility Center to string together technologies to work towards the universal translator. It starts with a framework system where when the surgeon delivers the lecture using a framework of captioning technology, we then add another technology to do video conferencing. But we don't have the words yet, so we add a third technology. And now we've got the words, and we can apply the special sauce: the translation. We get the words up in a window and then apply the magic. We work with a fourth technology. And we currently have access to eleven language pairs. More to come as we think about trying to make the world a smaller place. And I'd like to show you our prototype of stringing all of these technologies that don't necessarily always talk to each other to become something useful.

Narrator: Fundamentals of Laparoscopic Surgery. Module five: manual skills practice. Students may display captions in their native language.

Steven Schwaitzberg: If you're in Latin America, you click the "I want it in Spanish" button and out it comes in real time in Spanish. But if you happen to be sitting in Beijing at the same time, by using technology in a constructive fashion, you could get it in Mandarin or you could get it in Russian -- on and on and on, simultaneously without the use of human translators. But that's the lectures.

If you remember what I told you about FLS at the beginning, it's knowledge and skills. The difference in an operation between doing something successfully and not may be moving your hand this much. So we're going to take it one step further; we've brought my friend Allan back.

Allan Okrainec: Today we're going to practice suturing. This is how you hold the needle. Grab the needle at the tip. It's important to be accurate. Aim for the black dots. Orient your loop this way. Now go ahead and cut. Very good Oscar. I'll see you next week.

SS: So that's what we're working on in our quest for the universal translator. We want it to be bi-directional. We have a need to learn as well as to teach. I can think of a million uses for a tool like this. As we think about intersecting technologies -- everybody has a cell phone with a camera -- we could use this everywhere, whether it be health care, patient care, engineering, law, conferencing, translating videos. This is a ubiquitous tool.

In order to break down our barriers, we have to learn to talk to people, to demand that people work on translation. We need it for our everyday life, in order to make the world a smaller place. Thank you very much.

(Applause)

So I want to talk/ to you about two things tonight.//

今日は二つの事について お話しします

Number one:/ Teaching surgery/ and doing surgery is really hard.//

一つ目は 手術の知識や技術を教える事は とても難しいということ

And second,/ that language is one of the most profound things/ that separate us all/ over the world.//

そして二つ目は 言葉の違いが いかに世界の人々の 壁となっているかという事です

And/ in my little corner of the world,/ these two things are actually related,/ and I want to tell/ you/ how tonight.//

私の専門とする領域では この2つの問題が関わり合っているのです この関わり合いを説明します

Now,/ nobody wants an operation.//

さて 手術を好む人なんていません

Who here has had surgery?//

手術を受けた事がある方はいらっしゃいますか?

Did/ you want it?//

望んで受けましたか?

Keep/ your hands up/ if you wanted an operation.//

望んで受けた方は手を挙げたままにして下さい_ いませんね

Nobody wants an operation.//

In particular,/ nobody wants an operation/ with tools/ like these/ through large incisions/ that cause a lot of pain,/ that cause a lot of time/ out of work/ or/ out of school,/ that leave a big scar.//

特にいやなのは 体に大きな穴をあけてこんな道具を使う手術です 激痛を伴い 長期 欠勤や欠席を余儀なくされ 大きな傷が残ります

But/ if you have to have/ an operation,/ what you really want/ is a minimally invasive operation.//

どうしても手術を避けれない状況なら 傷を最小限に抑えた低侵襲手術 がいいですよね

That's/ what I want to talk/ to you/ about/ tonight --/ how doing and teaching this type of surgery led us/ on a search/ for a better universal translator.//

今晩お話し したいのは この種の手術を行い その技法を教える過程で 多言語翻訳機を 探す事に至った経緯です

Now,/ this type of surgery is hard,/ and it starts by putting people/ to sleep,/ putting carbon dioxide/ in their abdomen,/ blowing them up/ like a balloon,/ sticking one of these sharp pointy things/ into their abdomen --/ it's dangerous stuff --/ and taking instruments/ and watching it/ on a TV screen.//

低侵襲手術とは難しいものです 最初に患者さんを眠らせます そしてお腹に炭酸ガスを入れ 風船のように膨らませます 先が尖った道具を お腹の中に挿入します このように 危ない物です この先に付いたカメラでモニタリング出来るようにします

So let's see/ what it looks like.//

このようになります

So this is gallbladder surgery.//

これは胆のうの手術です

We perform a million of these a year/ in the United States/ alone.//

この手術はアメリカだけでも年間に100万件ほど行われます

This is the real thing.// There's no blood.//

これは実映像です血は出ていませんね

And you can see/ how focused the surgeons are,/ how much concentration it takes.//

手術をするチームの緊張した様子 どれだけ集中力を要するものか

You can see it/ in their faces.//

表情からも伺えます

It's hard/ to teach,/ and it's not all that easy/ to learn.//

教えるのはとても難しいし習うのも簡単ではありません

We do about five million of these/ in the United States/ and maybe/ 20 million of these worldwide.//

おそらくアメリカ国内で500万件 世界中では おそらく2000万回ぐらい行われています

All right,/ you've all heard the term:/ "He's a born surgeon."//

こういう事を聞いた事はありますよね 「彼は生まれつきの外科医だ」

Let me/ tell you,/ surgeons are not born.//

ですが外科医は産み落とされるものではありません

Surgeons are not made either.//

造られたわけでもありません

There are no little tanks/ where we're making/ surgeons.//

外科医を培養するこんなタンクなんて ないんです

Surgeons are trained one step/ at a time.//

外科医は少しずつ訓練されるのものです

It starts with a foundation,/ basic skills.//

まずは基盤 つまり基礎技術を学ぶ所から始まります

We build on that/ and we take people,/ hopefully,/ to the operating room/ where they learn to be an assistant.//

そして手術室にまで連れて行けるようにします そこで まず助手として使い

Then/ we teach them/ to be a surgeon/ in training.//

外科手術を見せながら教えます

And when they do all of that/ for about five years,/ they get the coveted board certification.//

そして 5年間程 このように訓練されると 待ちに待った 免許が与えられるのです

If you need surgery,/ you want to be operated on/ by a board-certified surgeon.//

手術を受けるなら きちんと免許を持つ 外科医にやってもらいたいですよね

You get your board certificate,/ and you can go out/ into practice.//

免許を持つと 自分で手術が行えるようになり

And eventually,/ if you're lucky,/ you achieve mastery.//

うまく行けば 難しい手術もこなせるようになるのです

Now/ that foundation is so important/ that a number of us/ from the largest general surgery society/ in the United States,/ SAGES,/ started in the late 1990s/ a training program/ that would assure/ that every surgeon/ who practices minimally invasive surgery would have a strong foundation of knowledge/ and skills necessary/ to go on/ and do procedures.//

基盤はとても大事です そこで 我々は 米国最大の外科学会であるSAGESの医師達で 1990年に訓練プログラムをスタートしました 低侵襲手術を行うすべての外科医が しっかりした基礎知識と技術を身につけ 現場で手術ができるようにするものです

Now/ the science/ behind this is so potent/ that it became required by the American Board of Surgery/ in order/ for a young surgeon/ to become board certified.//

このプロプログラムの効果は科学的に立証され 米国医学会は外科専門医の免許を取るために このプログラムの履修を義務付けました

It's not a lecture,/ it's not a course,/ it's all of that plus a high-stakes assessment.//

講義や 単なる講座だけではなく それらプラス 資格試験です

It's hard.//

難しいものです

Now/ just this past year,/one of our partners,/ the American College of Surgeons,/ teamed up/ with us/ to make an announcement/ that all surgeons should be FLS (Fundamentals of Laparoscopic Surgery) -certified/ before they do minimally invasive surgery.//

昨年のことですが パートナーの米国外科学会と共同で 低侵襲手術を行う外科医は全員 FLS (基礎腹腔鏡手術) の資格を収得すべきであると 声明を発表しました

And are we talking about just people here/ in the U.S. and Canada?//

アメリカとカナダだけではなく

No, we just said all surgeons.//

世界中の外科医「全員」が対象です

So to lift this education and training worldwide is a very large task,/ something/ I'm/ very personally excited about/ as we travel around the world.//

この教育とトレーニングを世界レベルで引き上げるのは とても大変なことです 世界様々な国を訪れとても素晴らしい事だと実感しています

SAGES does surgery all/ over the world,/ teaching/ and educating surgeons.//

SAGESは世界中で手術を行い外科医の教育をしています

So/ we have a problem,/ and one of the problems is distance.//

しかし ここで問題になるのがまずその一つが 「距離」です

どこにでも行けるわけではありませんので

We need to make/ the world/ a smaller place.//

世界を縮める必要があります

And I think/ that we can develop some tools/ to do so.//

そのためのツールを開発できると思います

And one of the tools/ I like/ personally is using video.//

私が特に気に入っているツールはビデオです

So I was inspired by a friend.//

その可能性を見せてくれたのが

This is Allan Okrainec/ from Toronto.//

トロントに住む友人のアラン・オクライネックです

And he proved/ that you could actually teach people/ to do surgery/ using video conferencing.//

彼が証明したのは リアルタイムビデオを使って 手術を教える事ができるという事です

So here's Allan/ teaching an English-speaking surgeon/ in Africa/ these basic fundamental skills necessary to do minimally invasive surgery.//

これがアランです 英語を話すアフリカの外科医に 低侵襲手術を行うための 基礎技術を教えています

Very inspiring.//

素晴らしいですね

But/ for this examination,/ which is really hard,/ we have a problem.//

しかし この非常に難しい資格試験を行うには 一つ問題があります

Even people/ who say/ they speak English,/ only 14 percent pass.//

英語を一応話せるという生徒でも 合格率は14%です

Because for them/ it's not a surgery test,/ it's an English test.//

彼らにとっては 手術の知識ではなく 英語のテストなのですから

Let me/ bring it/ to you locally.//

身近な場所でも 問題があります

I work at the Cambridge Hospital.//

私の勤務するケンブリッジ病院は

ハーバード大医学部の付属病院ですが

We have more than 100 translators/ covering 63 languages,/ and we spend millions of dollars just/ in our little hospital.//

63ヶ国語に対応できる様100人の通訳と提携しています こんな規模の病院ですら 膨大な費用がかかります

It's a big labor-intensive effort.//

とても人手のかかる仕事です

If you think about the worldwide burden of trying to talk/ to your patients --/ not just teaching/ surgeons,/ just trying to talk/ to your patients --/ there aren't enough translators/ in the world.//

世界レベルで考えれば 患者さんと話すだけ-- 外科医の教育抜きでただ患者さんと話すだけでも 通訳が何人いても足りません

We need to employ/ technology/ to assist us/ in this quest.//

この需要を満たすためには技術の力が必要になります

At our hospital/ we see everybody/ from Harvard professors/ to people/ who just got here/ last week.//

私たちの病院にはハーバードの教授から 先週 この国に来たばかりの人まで様々な患者が訪れます

And you have no idea how hard/ it is to talk to somebody/ or take care of somebody/ you can't talk to.//

言葉が通じない人と話し治療をするのは 予想以上に大変なんです

And there isn't always/ a translator available.//

通訳の都合がつかない場合もあります

So we need tools.//

ですから 何かツールが必要です

多言語翻訳機が必要です

One of the things/ that I want to leave/ you/ with as you think about this talk is/ that this talk is not just/ about us/ preaching to the world.//

ここで お話している事は 「こうあるべきだ」という一方的な意見ではありません

It's really/ about setting up/ a dialogue.//

これから「何ができるか」皆さんで考えて欲しいのです

We have a lot/ to learn.//

まだまだ学ぶ事が沢山あります

Here/ in the United States/ we spend more money/ per person/ for outcomes/ that are not better/ than many countries/ in the world.//

アメリカでは患者一人当たりの医療費が他国に比べ高いわりに 医療効果が優るとは限りません

Maybe/ we have something/ to learn as well.//

他の国のやり方から学ぶ事もありそうです

So I'm passionate/ about teaching these FLS skills all over the world.//

私は基礎腹腔鏡手術 (FLS) の技術を世界に広めたいと強く思っています

This past year/ I've been in Latin America,/ I've been in China,/ talking about the fundamentals of laparoscopic surgery.//

昨年は南米と中国を訪れ FLSの基礎を紹介しました

And everywhere/ I go/ the barrier is:/ "We want this,/ but we need it/ in our language."//

行く先々で 壁を感じました 「学びたいが 母国語でないと難しい」ということです

So here's/ what we think we want to do:/ Imagine/ giving a lecture/ and being able to talk to people/ in their own native language simultaneously.//

こうなれば良いと思いませんか? 出席者それぞれの母国語を使って 様々な言語で同時に講義ができたら良いですね

I want to talk/ to the people/ in Asia,/ Latin America,/ Africa,/ Europe seamlessly,/ accurately/ and in a cost-effective fashion/ using technology.//

アジアや南米 アフリカやヨーロッパ様々な地域に住む人々に 技術の力を借りてスムーズで 正確に コスト効率よく 話をしたいのものです

And it has to be bi-directional.//

もちろん相手の話も理解できなければいけません

They have to be able to teach us/ something/ as well.//

何か教えてもらえることがあるはずです

It's a big task.//

壮大な計画です

So we looked for a universal translator;/ I thought/ there would be one out there.//

すでに多言語翻訳機が存在するか探してみました

Your webpage has translation,/ your cellphone has translation,/ but nothing/ that's good enough/ to teach surgery.//

現在 ウェブページや携帯ですら翻訳機能が使えますから でも手術を教えるのに使えるものはありませんでした

Because we need a lexicon.// What is a lexicon?//

レキシコンが必要だからです

A lexicon is a body of words/ that describes a domain.//

つまり専門用語集のようなもの

I need to have/ a health care lexicon.//

医療関係の専門用語集が必要です

And in that I need a surgery lexicon.//

更に 外科関係の専門用語集も必要です

That's a tall order.// We have to work/ at it.//

でもそんなもの ありませんこれは作る必要があります

So let me/ show you/ what we're doing.//

それでは我々が今行っている事をお見せしましょう

This is research --/ can't buy it.//

まだ研究段階で 普及してはいませんが

We're working/ with the folks/ at IBM Research/ from the Accessibility Center/ to string together/ technologies/ to work towards the universal translator.//

IBM研究所と共同で いくつかのテクノロジーを組み合わせ多言語翻訳機を制作しています

It starts with a framework system/ where/ when the surgeon delivers the lecture/ using a framework of captioning technology,/ we then add another technology/ to do video conferencing.//

まずは枠組みです 外科医が講義を行っているとき 画面に字幕を付けられるフレームワークを使います そこにビデオ会議技術を付け足すわけです

But we don't have the words yet,/ so we add a third technology.//

まだ字幕が出ていないので3番目の技術を加えます

And now/ we've got the words,/ and we can apply the special sauce:/ the translation.//

これで字幕が付きます ここに翻訳の機能をかぶせます

We get the words up/ in a window/ and then apply the magic.//

枠の中に字幕が出たら 魔法のように言語を変えるのです

We work with a fourth technology.//

これが4つ目の技術です

現在11言語が使えます

More to come/ as we think about trying to make/ the world/ a smaller place.//

世界をさらに縮めるためにもっと言語を増やしていきます

And I'd like to show/ you/ our prototype of stringing all of these technologies/ that don't necessarily always talk to each other/ to become something useful.//

試作品をお見せしましょう 普段バラバラになっているこれらの技術を集結させ 素晴らしいものが出来ました

Narrator:/ Fundamentals of Laparoscopic Surgery.//

腹腔鏡手術の基礎

第5章: 手術手技の練習

Students may display captions/ in their native language.//

言語を選んで母国語で字幕を見ることができます

Steven Schwaitzberg:/ If you're in Latin America,/ you click the "I want it/ in Spanish"/ button/ and out/ it comes in real time/ in Spanish.//

南米の学習者は 「スペイン語で見る」のボタンをクリックします するとリアルタイムでスペイン語の字幕が見られます

But/ if you happen to be sitting in Beijing/ at the same time,/ by using technology/ in a constructive fashion,/ you could get it/ in Mandarin/ or you could get it/ in Russian --/ on and on and on,/ simultaneously/ without the use of human translators.//

もし北京で授業を受けていたら この技術を使えば 同じように 中国語で字幕を見ることが出来ますロシア語でも何でも 人を介せずに同時通訳が可能になります

But that's the lectures.//

でもそれは講義だけ

If you remember/ what I told you/ about FLS/ at the beginning,/ it's knowledge/ and skills.//

冒頭で FLS(基礎腹腔鏡手術)についてお話しましたが この手術には知識と技術が必要です

The difference/ in an operation/ between doing something successfully/ and not may be moving your hand/ this much.//

手術において 成功するかしないかの違いは 手先の動作のほんのわずかな違いです

So we're going to take/ it/ one step further;/ we've brought my friend Allan back.//

ですのでもう一歩踏み込みました アランに再び登場してもらいます

Allan Okrainec:/ Today/ we're going to practice/ suturing.//

今日は縫合の練習をします

This is/ how you hold the needle.//

このように針を持ってください

Grab/ the needle/ at the tip.//

針の先を持つのです

It's important/ to be accurate.//

手がブレないように

Aim/ for the black dots.//

黒い点をめがけて

Orient/ your loop/ this way.//

ループをこちらに向けて

Now go ahead/ and cut.//

では切ってください

Very good Oscar.// I'll see you/ next week.//

オスカー よく出来ましたそれでは また来週

SS:/ So that's/ what we're working/ on in our quest/ for the universal translator.//

多言語翻訳機の開発過程を お見せしました

We want it/ to be bi-directional.//

情報の往復交換が出来るようにしたいのです

We have a need/ to learn as well as/ to teach.//

教えるのと同時に学べるものが必要です

I can think of a million uses/ for a tool/ like this.//

このツールにはたくさんの使い方があるでしょう

As we think about intersecting technologies --/ everybody has a cell phone/ with a camera --/ we could use this everywhere,/ whether it be health care,/ patient care,/ engineering,/ law,/ conferencing,/ translating videos.//

様々な技術の統合の良い例が カメラ付きの携帯の普及です これは様々な分野で活用できます 医療や看護 エンジニアリング、法律、会議、ビデオの翻訳など

This is a ubiquitous tool.//

どこでも使えるツールです

In order to break down/ our barriers,/ we have to learn to talk/ to people,/ to demand/ that people work on translation.//

壁をなくすために 誰とも意思の疎通ができるように 通訳の技術の開発を進めなければいけません

We need it/ for our everyday life,/ in order to make the world/ a smaller place.//

いろいろな所で必要になります より世界を近づけるために

Thank/ you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

incision

〈U〉切り込むこと,刻み込むこと

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

invasive

(戦争などが)侵略的な

(言葉などが)立ち入った,出過ぎた

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

translator

(特に専門の)翻訳者,翻訳家

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

carbon dioxide

二酸化炭素,炭酸ガス

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

balloon

『気球』,軽気球

(おもちゃの)風船

(気球のように)ふくれる《+『out』(『up』)》

(気球のように)ふくれた

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

sharp

(刃・先端が)『鋭い』,よく切れる,よく突きささる

(頂上などが)先がとがっている

(道路などが)『急な』,急カーブの,急こう配の

(言葉などが)『厳しい』,辛らつな

(痛みが)『鋭い』,激しい;(寒さなどが)激しい,身を切るような

(食物が)ぴりっとする,辛い

(音が)鋭い,高い

(輪郭などが)はっきりした,くっきりした

(感覚・頭が)鋭い

抜け目のない,すばしこい

油断のない,用心深い

(動作が)速い,機敏な,きびきびした

(身なりの)いきな,スマートな

《名詞の後にのみ用いて》(音が)シャープの,嬰(えい)音の;調[記]号がシャープ(#)の

《名詞の後にのみ用いて》(時間を)きっかり,正碓に

鋭く;急に;油断なく

(音楽で)半音高く

シャープ,嬰音

シャープ記号(#)

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

instrument

(主として精密な)『器具』,器械,計器・(また『musical instrument』)『楽器』)

手段,方便(means);(人の)手先

法律文書(証書・遺書・協定書・約束手形など)

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

gallbladder

胆のう

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

surgeon

『外科医』

軍医

concentration

〈U〉(…への)(光線・注意などの)集中;(仕事などへの)専念,専心《+『on』+『名』》

〈C〉(人口などの)集中

〈U〉濃縮;〈液体の〉濃度

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

assistant

『助手』,補佐役;店員

補助の,副…,助…

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

certification

〈U〉証明,保証,認可,検定;証明書の交付

〈C〉証明書(certificate)

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

certificate

『証明書』,証書,証券

『免証状』,認許状,(学位を伴わない)修業証書

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

mastery

(…に対する)支配,統御《+『of(over)』+『名』》

(…に)熟達していること,精進していること《+『of』+『名』(do『ing』)》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

sage

(通例経験に富んだ年輩の)賢人

思慮深い,賢明な

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

assure

〈人・自分〉‘に'『確信させる』,『保証する』,分からせて安心させる

〈事柄・地位など〉'を'『確実にする』(ensure)

《英》…に保険をかける(insure)

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

procedure

〈U〉(行動・事情などの)『進行』,進展

〈C〉(進行上の)『手順』,方法;(法律上の)『手続き』

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

potent

《文》(特に政治的に)有力な,強力な

(薬・酒などが)効きめのある

(議論などが)説得力のある,力強い

(男性が)性交可能な

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

certified

(牛・ミルクが)保証された,証明された《英》attested)

公認の

lecture

(…についての)『講義』,講演(speech)《+『on』+『名』》

(…についての)(長い)『説教』,訓戒《+『on』(『for』)+『名』(do『ing』)》

(…に対して…の)『講義をする』,講演をする《+『on』+『名』+『to』+『名』》

(…について)…‘に'講義する,講演する《+『名』+『on』+『名』》

(…について)‘を'訓械する,しかる《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

assessment

〈U〉評価,査定;(環境などの)状況判定

〈C〉評価額,課税額

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

announcement

『発表』,公表;披露(ひろう);布告,告示

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

teaching

〈U〉『教えること』,教授,授業

〈C〉〈U〉《おもに複数形で》教え,教訓(instruction)

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

ca

circa

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

Toronto

トロント(カナダのオンタリオ州の州都)

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

English-speaking

英語を話す

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

inspiring

人を鼓舞する

examination

〈C〉(…の)『試験』《+『in』(『on』)+『名』ofを用いない》

〈U〉〈C〉(…の)『調査』,検討《+『into』(『of』)+『名』》

〈C〉〈U〉『診察』,診断

〈C〉詩験問題[用紙];詩験答案[用紙]

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

locally

地方的に,局部的に;近くに

Cambridge

ケンブリッジ(England 東部の都市;ケンブリッジ大学の所在地) ケンブリッジ(米国マサチューセッツ州東部の都市;Harvard大学の所在地) ケンブリッジ大学(Oxford大学とともに有名)

hospital

『病院』

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

facility

〈U〉『容易さ』,便利さ

〈C〉〈U〉(…の)能力,(…する)才能《+『in』(『for』)+『名』(do『ing』),『with』+『名』》

〈C〉便,便宜;《複数形で》(…のための)施設,設備《+for+名》

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

burden

〈C〉『荷物』,『積荷』

〈U〉荷物の運搬

〈C〉(…にとっての)(心を)『重荷』,苦しみ,悩み《+『to』(『on』)+『名』》

(荷を)…‘に'『負わせる』,積む《+『名』~『with』+『名』〈荷〉》

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

employ

《しばしば受動態で》(…として)〈人〉‘を'『雇う』(hire)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…として)〈物・能力など〉‘を'『使う』(use)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…に)〈時間・精力など〉‘を'『費やす』,〈自分〉‘の'身をささげる《+『名』+『in』(『for, on』)+『名』(do『ing』)》

(…の)雇用《+『of』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

assist

〈人〉'を'『手伝う』,助力する,助ける

(…を)『手伝う』,助ける《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

(…に)出席する,立ち会う《+『at』+『名』》

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

preach

(特に宗教的なことについて,人に)『説教する』,説く《+『to』(『at』)+『名』〈人〉+『about』(『on』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'『説教する』,伝道する;…‘を'説く

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

Latin America

ラテンアメリカ(中南米諸国;ラテン系言語を話していることから)

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

simultaneously

同時に

Asia

『アジア』

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

accurately

正確に,精密に,綿密に

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

lexicon

辞書(特にギリシア語・ヘブライ語・ラテン語などの古典語辞典) (特定分野の)語彙用語集 語彙目録

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

domain

(国の)領地,領土;(個人の)所有地

(関心・活動などの)範囲,分野

(個人・一族の)所有地

(数学で)変域(関数の独立変数がとる値の集合)

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

accessibility

近づきやすいこと,手に入りやすいこと

影響されやすいこと

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

towards

toward

framework

(建物などの)骨組み;(…の)枠組《+『of』+『名』》

(…の)構成;組織《+『of』+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

caption

題目,見出し;(写真・挿絵の)説明・映画の)字幕,タイトル・…‘に'見出し(欄)をつける

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

sauce

〈U〉〈C〉『ソース』

〈U〉果物の砂糖煮

《話》=sass

…‘を'ソースで味つけする;…‘に'ソースをかける

《話》=sass

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

currently

現在は;広く,一般に

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

eleven

〈C〉(数の)『11』;11を表す記号(11,XIなど)

〈U〉11時;11歳

〈U〉《複数扱い》11人,11個

〈U〉《単数扱い》(フットボールのチームなどの)11人(11個)一組

『11の』,11人の,11個の

《補語にのみ用いて》11歳の

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

prototype

(…の)原型;典型,模範《+『of』+『名』》

necessarily

『必ず』,必然的に

module

(建築・機械工作などの)測定基準;基準単位(寸法)

モジュール(宇宙船の一部を成し,母船から独立して行動できるもの)

manual

手でする,手細工の

便覧,手引き,案内書

(オルガンの)けん盤

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

Spanish

《the ~》《集合的に》『スペイン人』

『スペイン語』

『スペイン』[人]『の』;スペイン語の

button

(衣服の)『ボタン』

記章,バッジ

(ベルなどの)『押しボタン』

〈衣服など〉‘に'ボタンをかける《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈衣服が〉ボタンで留まる,ボタンがかかる

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

constructive

建設的な

構成の,構造上の

mandarin

〈V〉(中国清朝時代の)官吏

〈U〉《M-》北京(ペキン)官話(中国の標準語として使われる)

(また『mandarin orange』)〈C〉マンダリンミカン(日本のミカンはこれに属する)

Russian

『ロシアの』,『ロシア人』(語)『の』

(個々の)『ロシア人』,《the Russians》ロシア人[全体];〈U〉ロシア語

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

needle

『針』,縫い針;(編物用の)かぎ針,編み棒

(レコードプレーヤーの)針;(磁石・らしん盤など各種計器の)針

外科用の針(縫合針など);注射針

針状のもの;小尖塔(しょうせんとう);とがった山頂

(マツ・モミなどの)針葉

…‘を'針で縫う(編む);…‘に'針を通す

(…のことで)〈人〉‘をいじめる,脳ます《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》;〈人〉‘を'いじめて(…)させる《『名』+『into』do『ing』》

縫い物(編物)をする

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

accurate

『正確な』,的確な,精密な

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

Orient

『東洋』(the East)

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

Oscar

オスカー賞(アメリカで,映画のアカデミー賞で与えられる小型の立像)

intersect

…‘を'横切る,交差する

〈線などが〉交わる

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

engineering

『工学』

土木工事

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

ubiquitous

《文》同時にいたる所に存在する,偏在する

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画