TED日本語 - ベン・ゴールドエイカー: 医者も知らない薬の秘密

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

新薬の治験の際には結果は医学界の皆のために公開されるべきです。しかし否定的だったり結論が出ないという結果はわずかな例外を除いて報告されずじまいとなり、医師や研究者は闇に取りのこされます。この情熱的なトークでベン・ゴールドエイカーは、これらの否定的なデータが公開されなかった例が、いかに危険で判断を誤らせるものかを説明します。

Script

さてこの男は 自分には 未来のことがわかると考えていました ノストラダムスです サン紙では ショーン・コネリーのように見えますね (笑)

大半の人と同じく 私も未来のことがわかるとは思いません 予知は信じません ときおり 誰かが 未来を予知していたという話もありますが それはまぐれ当たりでしょう まぐれとか極端な話だけが話題になり 失敗した場合については話題にならないのです 予言のようなどうでもいい話は そんなものでしょうしかし困ったことに 全く同じ問題が学術や医学の世界にも はびこっており 時として命にも関わる問題になっているのです

最初に 予言の話だけを考えてみます つい昨年 ダリル・ベンという研究者が 学生達に予知能力があると証明する研究をまとめ 査読付きの学術論文として掲載されたことがわかりました 読者の大半の反応です 「なるほど でもまぐれか例外だろう 学生達に予知能力があるという 証拠が得られなかったという研究だったら 論文誌に載らないことは明らかなんだから」 そして まさにそのとおりだと判っています 別の複数のグループが この予知の実験結果を再現しようと試みて 同じ学術誌に投稿したときに その雑誌からは「反復実験に興味はありません ネガティブデータに興味はございません」と言われたのです この例は 学術誌において 我々が目にする姿と実際に行われた科学的研究の全体像とが ずれていることの証拠です

心理学という生死に関わらない学術分野だけの問題ではありません 例えば癌の研究でも同じ問題が起きます ほんの一ヶ月前の2012年3月に ネイチャー誌に出た報告です 癌の治療ターゲット候補に関する53件の基礎研究の 再現を試みた研究ですが 53件のうち 再現できたのは わずか6件でした 53件中47件は再現できなかったのです おそらく 特異的な結果が論文にされるので こうなるのだろうと論じられています よってたかってたくさんの研究をして うまくいった研究は公表され 失敗すると公表されません この問題に対処するため こんな提案がされています これは問題であり行き止まりの袋小路に至る問題だからです この問題を回避するために 科学的に失敗した結果の公表を簡単にすることに加え 科学者にネガティブデータの公表を奨励するような インセンティブを与えるべきだと提案されています

さらに この問題は癌の基礎研究という 治験前の基礎研究のみならず さらに生々しく肉と血を相手にする医療の学術分野でも 起きる問題です1980年に ロルカイニドと呼ばれる抗不整脈剤の 研究が行われました 心拍の異常を抑える薬です 心臓発作のあとに 不整脈が現われることが多いので 抗不整脈剤を投与すれば 生存率が向上するだろうという考えです 開発初期に極めて小規模の治験を行い 100人の患者を対象にしました 50人にロルカイニドを投与し 10人が死亡しました 残りの50人には薬効成分を含まない砂糖でできた 偽薬を投与し 死亡したのは一人でした 研究者たちは この薬は駄目だと直ちに判断し 新薬開発は中止されました 新薬開発は中止されたので治験の結果は公表されませんでした

不幸にして その後五年 十年のうちに 他の会社も同じように 心臓発作の後に投与する 抗不整脈剤のことを考えついたのです これらの薬は上市され 何しろ心臓発作は多いだけに たくさん処方されました これらの上市された薬もまた死亡率を高めてしまうことが 判明するまでには長い時間がかかったので その赤信号に気付くまでに アメリカでは死ななくてよかったはずの人が 10万人以上も亡くなりました 抗不整脈剤を処方されたための死者です

さて1993年になると 1980年に初期の研究をした研究チームは 科学界への告解文というべき論文でこう述べています 「1980年に我々の研究を行ったときに ロルカイニドを投与した群における 死亡率上昇は偶然のものと考えていた ロルカイニドの開発は事業判断により中止され結果は公にならなかった」 これは「公表バイアス」のわかりやすい例です この専門用語は 嬉しくないデータが失われたり 公表も 対応もされずに放置される現象を示します 論文には「後から生じた問題は 早期に警告できるはずだった」と書かれています

ここまでの話は20?30年前の 基礎科学におけるエピソードでした 今では学術出版の環境もすっかり変わりました オープンアクセスの「トライアル」のような学術誌は 結果のいかんを問わず人間を対象とした治験を 掲載しようという方針です それでも否定的な結果が失われがちという問題は やはり広く見られるものであり 「根拠に基づいた医療」の中核にかかわる問題です これはレボキセチンという薬で 私も処方したことがある抗うつ剤です オタク気味の医者なので この薬に関して 読みうる全ての論文を読みましたレボキセチンは 偽薬よりも良いと示す論文を1本 そして 別の3つの論文ではレボキセチンは 他の抗うつ剤と同等の効果を認められていました 私の患者には他の薬は効かなかったので レボキセチンが同等というなら試すべきだと考えました それは誤った判断とわかりました実際は 砂糖で作った偽薬とレボキセチンとの 治験は7つ行われそのうち1つの治験では 効果が認められ論文となりました 他の6つの治験では否定的な結果となり公開されないまま終わったのです レボキセチンと他の抗うつ剤を比較した? 3つの治験が公開され 同等の効果が 認められていますが その3倍もの患者数を調べ レボキセチンは他の抗うつ剤よりも劣るとわかったのに これらの処置や治験については論文になりませんでした 私は誤った判断に導かれたようです

極端に例外的なケースと 思われるかもしれません 今 問題にしている人たちのように都合のいいデータを 選ぶようなことを 私はしたくありません 結局 公表バイアスという現象は これまで大いに研究されてきたものです たとえばこんなふうに調べます 古典的モデルですが 実施されて 完了した治験を集めて これがどこかの学術雑誌に 出版されているかどうかを調べますさてここに示すのは この15年間に FDA が承認した 抗うつ薬の治験の全てです 承認手続きの一環としてFDAに提出された治験を集めたのです 実際にどれだけの治験が行われたかを知ることはできないので 全てが網羅されているとは限りませんが 製品を承認させるために行われた治験なのです さてこれらの治験について査読付学術誌での出版状況を 調べたところこんなことがわかりました 治験の成績は五分五分で治験の半分は成功 半分は否定的な結果というのが実状でしたが これらの治験についての査読付き論文を探してみると 違う描像が浮かび上がってきます 否定的な治験で論文公開されているのはわずか3報です 肯定的な治験は1件を除いて全て論文公開されています この2つの結果をよく見比べると 驚愕すべき違いがわかります 医師や患者や 健康保険の理事や学会の人々が 査読付き論文誌を通して知る姿と現実との間のギャップです 我々は誤った判断に導かれます これは医学の根本にあるシステム的な欠陥です

実際 公開バイアスに関してはこれまでに100件以上の 研究が行われてきましたが さらにその体系的なレビューが2010年に出版されました 公開バイアスに関してのあらゆる研究を 取扱ったものです 公開バイアスは医学のあらゆる領域に影響しています 平均すると 全ての治験のうち半分がやりっぱなしで失われ 肯定的な結果が論文になる割合は 否定的な結果の2倍となるとわかりました

これは根拠に基づく医学の根本におけるガンです 私がコインを100回投げてそれから その結果の半分を隠すことをしたら いつも表の出るコインを持っていると思わせることができますが 実際は違っています 私はペテン師で いんちきを許す皆さんがアホなのです(笑) でもこれが根拠に基づく医療において 見過ごされていることです 私見ですが 不適切な研究とも言えます 一つの研究として行った中で データの半分を 隠してしまったら 間違いなく不正な研究として非難されます しかしながら 理由はともあれ10件の研究を行い 自分の望む結果の得られた5件だけを論文にする人がいても これを不正な研究とは呼ばないのです さらに その責任は 研究者全体のネットワークや学会や 支援する企業や 学術誌の編集者までにわたって希薄に広がり 許容されがちです しかし 患者に及ぼされた影響こそが逃れようもない証拠です

影響は今まさに生じていることなのです この薬はタミフルです 世界中の政府が何十億ドルもかけて タミフルを備蓄してきました パニックに陥ったように競って備蓄してきました この薬がインフルエンザ合併症の割合を低減するだろうと信じたのです 合併症というのは医学的な婉曲表現で肺炎と 死亡のことです(笑) さてコクランの体系的レビュアーが タミフルが合併症を抑えるかどうかという 治験の全てのデータを収集しようとしたとき いくつかの治験の結果が公表されていないことがわかりました レビュアーは結果を入手できないのです 別の様々なルートを通じて詳細記録を集め始めましたが 情報公開法に基づいたり いくつもの組織に嫌がられながら集めたデータは整合しませんでした そして臨床研究の報告書を入手しようとしたとき その文書は1万ページにもわたって この研究についての最良の記述をしているのに これは渡せないと言われました このやりとりの全てと 製薬会社による弁解と説明にご興味があれば 全ては今週の PLOS メディスンに 掲載されています

この中で私を何よりも愕然とさせたのは このことが問題だったことに留まらず これが問題だとわかってなお 偽りの対策でごまかされていることです この問題は解決済みだというふりをする人がいるのです 最初に 治験を申請するときには口を揃えて 治験参加者全員に登録させ実施要綱も公開させると言います 申請時に言っていたとおりであれば 実施して完了した全ての治験が 出版されたかどうかは後から誰でも確認できますが 実際にはきちんと登録されていなかったのです ここで国際医学雑誌編集者委員会(ICMJE)が登場し 我々が方針を定めよう 開始前に登録されなかった治験や論文誌には 出版させないことにしようと言いました でもその方針は守られませんでした2008年に行われた研究によれば ICMJE 会員が編集する学術誌に掲載された 治験の半分は 登録が不適切で 4分の1はそもそも登録されていなかったことがわかりました そしてようやく FDA 改正法が成立しました 数年前のことです治験を行うものは誰でも その治験の結果を1年以内に投稿せよと規定しています BMJ の2012年1月号には この規定が守られているかどうかの調査が掲載され ルールに従っていたのは5件に1件に過ぎないことが 明らかになりました

ひどい状況です 全ての情報にアクセスできないようでは 処方する薬の効果について本当のところを 知ることができません

この問題を解決するのは難しいことではありません ヒトを対象とした全ての治験について 古いものも含めて公表させる必要があります FDA 改正法は 2008年以降の治験に対してのみ公開を求めています 医療を実践するのに 過去2年の治験のみを参照することなどありえません ヒトに対する治験全てを遡って 現在使用されている全ての薬を対象にして公開する必要があります この問題のこと それが未解決であることを どうか広く伝えて下さい ありがとうございます(拍手) (拍手)

Hi. So, this chap here, he thinks he can tell you the future. His name is Nostradamus, although here the Sun have made him look a little bit like Sean Connery. (Laughter)

And like most of you, I suspect, I don't really believe that people can see into the future. I don't believe in precognition, and every now and then, you hear that somebody has been able to predict something that happened in the future, and that's probably because it was a fluke, and we only hear about the flukes and about the freaks. We don't hear about all the times that people got stuff wrong. Now we expect that to happen with silly stories about precognition, but the problem is, we have exactly the same problem in academia and in medicine, and in this environment, it costs lives.

So firstly, thinking just about precognition, as it turns out, just last year a researcher called Daryl Bem conducted a piece of research where he found evidence of precognitive powers in undergraduate students, and this was published in a peer-reviewed academic journal and most of the people who read this just said, "Okay, well, fair enough, but I think that's a fluke, that's a freak, because I know that if I did a study where I found no evidence that undergraduate students had precognitive powers, it probably wouldn't get published in a journal. And in fact, we know that that's true, because several different groups of research scientists tried to replicate the findings of this precognition study, and when they submitted it to the exact same journal, the journal said, "No, we're not interested in publishing replication. We're not interested in your negative data." So this is already evidence of how, in the academic literature, we will see a biased sample of the true picture of all of the scientific studies that have been conducted.

But it doesn't just happen in the dry academic field of psychology. It also happens in, for example, cancer research. So in March,2012, just one month ago, some researchers reported in the journal Nature how they had tried to replicate 53 different basic science studies looking at potential treatment targets in cancer, and out of those 53 studies, they were only able to successfully replicate six. Forty-seven out of those 53 were unreplicable. And they say in their discussion that this is very likely because freaks get published. People will do lots and lots and lots of different studies, and the occasions when it works they will publish, and the ones where it doesn't work they won't. And their first recommendation of how to fix this problem, because it is a problem, because it sends us all down blind alleys, their first recommendation of how to fix this problem is to make it easier to publish negative results in science, and to change the incentives so that scientists are encouraged to post more of their negative results in public.

But it doesn't just happen in the very dry world of preclinical basic science cancer research. It also happens in the very real, flesh and blood of academic medicine. So in 1980, some researchers did a study on a drug called lorcainide, and this was an anti-arrhythmic drug, a drug that suppresses abnormal heart rhythms, and the idea was, after people have had a heart attack, they're quite likely to have abnormal heart rhythms, so if we give them a drug that suppresses abnormal heart rhythms, this will increase the chances of them surviving. Early on its development, they did a very small trial, just under a hundred patients. Fifty patients got lorcainide, and of those patients,10 died. Another 50 patients got a dummy placebo sugar pill with no active ingredient, and only one of them died. So they rightly regarded this drug as a failure, and its commercial development was stopped, and because its commercial development was stopped, this trial was never published.

Unfortunately, over the course of the next five,10 years, other companies had the same idea about drugs that would prevent arrhythmias in people who have had heart attacks. These drugs were brought to market. They were prescribed very widely because heart attacks are a very common thing, and it took so long for us to find out that these drugs also caused an increased rate of death that before we detected that safety signal, over 100,000 people died unnecessarily in America from the prescription of anti-arrhythmic drugs.

Now actually, in 1993, the researchers who did that 1980 study, that early study, published a mea culpa, an apology to the scientific community, in which they said, "When we carried out our study in 1980, we thought that the increased death rate that occurred in the lorcainide group was an effect of chance." The development of lorcainide was abandoned for commercial reasons, and this study was never published; it's now a good example of publication bias. That's the technical term for the phenomenon where unflattering data gets lost, gets unpublished, is left missing in action, and they say the results described here "might have provided an early warning of trouble ahead."

Now these are stories from basic science. These are stories from 20,30 years ago. The academic publishing environment is very different now. There are academic journals like "Trials," the open access journal, which will publish any trial conducted in humans regardless of whether it has a positive or a negative result. But this problem of negative results that go missing in action is still very prevalent. In fact it's so prevalent that it cuts to the core of evidence-based medicine. So this is a drug called reboxetine, and this is a drug that I myself have prescribed. It's an antidepressant. And I'm a very nerdy doctor, so I read all of the studies that I could on this drug. I read the one study that was published that showed that reboxetine was better than placebo, and I read the other three studies that were published that showed that reboxetine was just as good as any other antidepressant, and because this patient hadn't done well on those other antidepressants, I thought, well, reboxetine is just as good. It's one to try. But it turned out that I was misled. In fact,seven trials were conducted comparing reboxetine against a dummy placebo sugar pill. One of them was positive and that was published, but six of them were negative and they were left unpublished. Three trials were published comparing reboxetine against other antidepressants in which reboxetine was just as good, and they were published, but three times as many patients' worth of data was collected which showed that reboxetine was worse than those other treatments, and those trials were not published. I felt misled.

Now you might say, well, that's an extremely unusual example, and I wouldn't want to be guilty of the same kind of cherry-picking and selective referencing that I'm accusing other people of. But it turns out that this phenomenon of publication bias has actually been very, very well studied. So here is one example of how you approach it. The classic model is, you get a bunch of studies where you know that they've been conducted and completed, and then you go and see if they've been published anywhere in the academic literature. So this took all of the trials that had ever been conducted on antidepressants that were approved over a 15-year period by the FDA. They took all of the trials which were submitted to the FDA as part of the approval package. So that's not all of the trials that were ever conducted on these drugs, because we can never know if we have those, but it is the ones that were conducted in order to get the marketing authorization. And then they went to see if these trials had been published in the peer-reviewed academic literature. And this is what they found. It was pretty much a 50-50 split. Half of these trials were positive, half of them were negative, in reality. But when they went to look for these trials in the peer-reviewed academic literature, what they found was a very different picture. Only three of the negative trials were published, but all but one of the positive trials were published. Now if we just flick back and forth between those two, you can see what a staggering difference there was between reality and what doctors, patients, commissioners of health services, and academics were able to see in the peer-reviewed academic literature. We were misled, and this is a systematic flaw in the core of medicine.

In fact, there have been so many studies conducted on publication bias now, over a hundred, that they've been collected in a systematic review, published in 2010, that took every single study on publication bias that they could find. Publication bias affects every field of medicine. About half of all trials, on average, go missing in action, and we know that positive findings are around twice as likely to be published as negative findings.

This is a cancer at the core of evidence-based medicine. If I flipped a coin 100 times but then withheld the results from you from half of those tosses, I could make it look as if I had a coin that always came up heads. But that wouldn't mean that I had a two-headed coin. That would mean that I was a chancer and you were an idiot for letting me get away with it. (Laughter) But this is exactly what we blindly tolerate in the whole of evidence-based medicine. And to me, this is research misconduct. If I conducted one study and I withheld half of the data points from that one study, you would rightly accuse me, essentially, of research fraud. And yet, for some reason, if somebody conducts 10 studies but only publishes the five that give the result that they want, we don't consider that to be research misconduct. And when that responsibility is diffused between a whole network of researchers, academics, industry sponsors, journal editors, for some reason we find it more acceptable, but the effect on patients is damning.

And this is happening right now, today. This is a drug called Tamiflu. Tamiflu is a drug which governments around the world have spent billions and billions of dollars on stockpiling, and we've stockpiled Tamiflu in panic, in the belief that it will reduce the rate of complications of influenza. Complications is a medical euphemism for pneumonia and death. (Laughter) Now when the Cochrane systematic reviewers were trying to collect together all of the data from all of the trials that had ever been conducted on whether Tamiflu actually did this or not, they found that several of those trials were unpublished. The results were unavailable to them. And when they started obtaining the writeups of those trials through various different means, through Freedom of Information Act requests, through harassing various different organizations, what they found was inconsistent. And when they tried to get a hold of the clinical study reports, the 10, 000-page long documents that have the best possible rendition of the information, they were told they weren't allowed to have them. And if you want to read the full correspondence and the excuses and the explanations given by the drug company, you can see that written up in this week's edition of PLOS Medicine.

And the most staggering thing of all of this, to me, is that not only is this a problem, not only do we recognize that this is a problem, but we've had to suffer fake fixes. We've had people pretend that this is a problem that's been fixed. First of all, we had trials registers, and everybody said, oh, it's okay. We'll get everyone to register their trials, they'll post the protocol, they'll say what they're going to do before they do it, and then afterwards we'll be able to check and see if all the trials which have been conducted and completed have been published. But people didn't bother to use those registers. And so then the International Committee of Medical Journal Editors came along, and they said, oh, well, we will hold the line. We won't publish any journals, we won't publish any trials, unless they've been registered before they began. But they didn't hold the line. In 2008, a study was conducted which showed that half of all of trials published by journals edited by members of the ICMJE weren't properly registered, and a quarter of them weren't registered at all. And then finally, the FDA Amendment Act was passed a couple of years ago saying that everybody who conducts a trial must post the results of that trial within one year. And in the BMJ, in the first edition of January,2012, you can see a study which looks to see if people kept to that ruling, and it turns out that only one in five have done so.

This is a disaster. We can not know the true effects of the medicines that we prescribe if we do not have access to all of the information.

And this is not a difficult problem to fix. We need to force people to publish all trials conducted in humans, including the older trials, because the FDA Amendment Act only asks that you publish the trials conducted after 2008, and I don't know what world it is in which we're only practicing medicine on the basis of trials that completed in the past two years. We need to publish all trials in humans, including the older trials, for all drugs in current use, and you need to tell everyone you know that this is a problem and that it has not been fixed. Thank you very much. (Applause) (Applause)

Hi.// So,/ this chap here,/ he thinks/ he can tell you/ the future.//

さてこの男は 自分には 未来のことがわかると考えていました

His name is Nostradamus,/ although here/ the Sun have made him/ look a little bit/ like Sean Connery.// (Laughter)//

ノストラダムスです サン紙では ショーン・コネリーのように見えますね (笑)

And like most of you,/ I suspect,/ I don't really believe/ that people can see into the future.//

大半の人と同じく 私も未来のことがわかるとは思いません

I don't believe in precognition,/ and every now and then,/ you hear/ that somebody has been able to predict something/ that happened in the future,/ and that's probably/ because it was a fluke,/ and we only hear about the flukes/ and/ about the freaks.//

予知は信じません ときおり 誰かが 未来を予知していたという話もありますが それはまぐれ当たりでしょう まぐれとか極端な話だけが話題になり

We don't hear about all the times/ that people got stuff wrong.//

失敗した場合については話題にならないのです

Now/ we expect that to happen with silly stories/ about precognition,/ but the problem is,/ we have exactly the same problem/ in academia/ and/ in medicine,/ and in this environment,/ it costs lives.//

予言のようなどうでもいい話は そんなものでしょうしかし困ったことに 全く同じ問題が学術や医学の世界にも はびこっており 時として命にも関わる問題になっているのです

So firstly,/ thinking just about precognition,/ as it turns out,/ just last year/ a researcher called/ Daryl Bem conducted a piece of research/ where he found evidence of precognitive powers/ in undergraduate students,/ and this was published in a peer-reviewed academic journal/ and most of the people/ who read this just said,/ "Okay,/ well,/ fair enough,/ but I think/ that's a fluke,/ that's a freak,/ because I know/ that if I did a study/ where I found no evidence/ that undergraduate students had precognitive powers,/ it probably wouldn't get published in a journal.//

最初に 予言の話だけを考えてみます つい昨年 ダリル・ベンという研究者が 学生達に予知能力があると証明する研究をまとめ 査読付きの学術論文として掲載されたことがわかりました 読者の大半の反応です 「なるほど でもまぐれか例外だろう 学生達に予知能力があるという 証拠が得られなかったという研究だったら 論文誌に載らないことは明らかなんだから」

And in fact,/ we know/ that that's true,/ because several different groups of research scientists tried to replicate/ the findings of this precognition study,/ and when they submitted it/ to the exact same journal,/ the journal said,/ "No, we're not interested/ in publishing replication.// We're not interested/ in your negative data."//

そして まさにそのとおりだと判っています 別の複数のグループが この予知の実験結果を再現しようと試みて 同じ学術誌に投稿したときに その雑誌からは「反復実験に興味はありません ネガティブデータに興味はございません」と言われたのです

So this is already evidence of how,/ in the academic literature,/ we will see a biased sample of the true picture of all of the scientific studies/ that have been conducted.//

この例は 学術誌において 我々が目にする姿と実際に行われた科学的研究の全体像とが ずれていることの証拠です

But it doesn't just happen in the dry academic field of psychology.//

心理学という生死に関わらない学術分野だけの問題ではありません

It also happens in,/ for example,/ cancer research.//

例えば癌の研究でも同じ問題が起きます

So/ in March,/2012,/ just one month ago,/ some researchers reported in the journal Nature/ how they had tried to replicate/ 53 different basic science studies/ looking at potential treatment targets/ in cancer,/ and out of those 53 studies,/ they were only able/ to successfully replicate six.//

ほんの一ヶ月前の2012年3月に ネイチャー誌に出た報告です 癌の治療ターゲット候補に関する53件の基礎研究の 再現を試みた研究ですが 53件のうち 再現できたのは わずか6件でした

Forty-seven/ out of those 53 were unreplicable.//

53件中47件は再現できなかったのです

And they say in their discussion/ that this is very likely/ because freaks get published.//

おそらく 特異的な結果が論文にされるので こうなるのだろうと論じられています

People will do lots and lots and lots of different studies,/ and the occasions/ when it works/ they will publish,/ and the ones/ where it doesn't work/ they won't.//

よってたかってたくさんの研究をして うまくいった研究は公表され 失敗すると公表されません

And their first recommendation of how to fix this problem,/ because it is a problem,/ because it sends us all down/ blind alleys,/ their first recommendation of how to fix this problem is to make it easier/ to publish negative results/ in science,/ and to change the incentives/ so that scientists are encouraged to post/ more of their negative results/ in public.//

この問題に対処するため こんな提案がされています これは問題であり行き止まりの袋小路に至る問題だからです この問題を回避するために 科学的に失敗した結果の公表を簡単にすることに加え 科学者にネガティブデータの公表を奨励するような インセンティブを与えるべきだと提案されています

But it doesn't just happen in the very dry world of preclinical basic science cancer research.//

さらに この問題は癌の基礎研究という 治験前の基礎研究のみならず

It also happens in the very real, flesh and blood of academic medicine.// So/ in 1980,/ some researchers did a study/ on a drug called lorcainide,/ and this was an anti-arrhythmic drug,/ a drug/ that suppresses abnormal heart rhythms,/ and the idea was,/ after people have had a heart attack,/ they're quite likely/ to have abnormal heart rhythms,/ so/ if we give them/ a drug/ that suppresses abnormal heart rhythms,/ this will increase the chances of them surviving.//

さらに生々しく肉と血を相手にする医療の学術分野でも 起きる問題です1980年に ロルカイニドと呼ばれる抗不整脈剤の 研究が行われました 心拍の異常を抑える薬です 心臓発作のあとに 不整脈が現われることが多いので 抗不整脈剤を投与すれば 生存率が向上するだろうという考えです

Early/ on its development,/ they did a very small trial,/ just/ under a hundred patients.//

開発初期に極めて小規模の治験を行い 100人の患者を対象にしました

Fifty patients got lorcainide,/ and of those patients,/10 died.//

50人にロルカイニドを投与し 10人が死亡しました

Another 50 patients got a dummy placebo sugar pill/ with no active ingredient,/ and only one of them died.//

残りの50人には薬効成分を含まない砂糖でできた 偽薬を投与し 死亡したのは一人でした

So they rightly regarded this drug/ as a failure,/ and its commercial development was stopped,/ and/ because its commercial development was stopped,/ this trial was never published.//

研究者たちは この薬は駄目だと直ちに判断し 新薬開発は中止されました 新薬開発は中止されたので治験の結果は公表されませんでした

Unfortunately,/ over the course of the next five,10 years,/ other companies had the same idea/ about drugs/ that would prevent arrhythmias/ in people/ who have had heart attacks.//

不幸にして その後五年 十年のうちに 他の会社も同じように 心臓発作の後に投与する 抗不整脈剤のことを考えついたのです

These drugs were brought to market.// They were prescribed very widely/ because heart attacks are a very common thing,/ and it took so long/ for us/ to find out/ that these drugs also caused an increased rate of death/ that before we detected/ that safety signal,/ over 100,000 people died unnecessarily/ in America/ from the prescription of anti-arrhythmic drugs.//

これらの薬は上市され 何しろ心臓発作は多いだけに たくさん処方されました これらの上市された薬もまた死亡率を高めてしまうことが 判明するまでには長い時間がかかったので その赤信号に気付くまでに アメリカでは死ななくてよかったはずの人が 10万人以上も亡くなりました 抗不整脈剤を処方されたための死者です

Now actually,/ in 1993,/ the researchers/ who did/ that 1980 study,/ that early study,/ published a mea culpa,/ an apology/ to the scientific community,/ in which they said,/ "When we carried out/ our study/ in 1980,/ we thought/ that the increased death rate/ that occurred in the lorcainide group was an effect of chance."//

さて1993年になると 1980年に初期の研究をした研究チームは 科学界への告解文というべき論文でこう述べています 「1980年に我々の研究を行ったときに ロルカイニドを投与した群における 死亡率上昇は偶然のものと考えていた

The development of lorcainide was abandoned for commercial reasons,/ and this study was never published;/ it's now/ a good example of publication bias.//

ロルカイニドの開発は事業判断により中止され結果は公にならなかった」 これは「公表バイアス」のわかりやすい例です

That's the technical term/ for the phenomenon/ where unflattering data gets lost,/ gets unpublished,/ is left missing/ in action,/ and they say/ the results described here "might have provided an early warning of trouble ahead."//

この専門用語は 嬉しくないデータが失われたり 公表も 対応もされずに放置される現象を示します 論文には「後から生じた問題は 早期に警告できるはずだった」と書かれています

Now/ these are stories/ from basic science.//

ここまでの話は20?30年前の

These are stories/ from 20,30 years/ ago.//

基礎科学におけるエピソードでした

The academic publishing environment is very different now.//

今では学術出版の環境もすっかり変わりました

There are academic journals/ like "Trials,/"/ the open access journal,/ which will publish/ any trial conducted in humans regardless of whether it has a positive or a negative result.//

オープンアクセスの「トライアル」のような学術誌は 結果のいかんを問わず人間を対象とした治験を 掲載しようという方針です

But this problem of negative results/ that go missing/ in action is still very prevalent.// In fact/ it's so prevalent/ that it cuts to the core of evidence-based medicine.//

それでも否定的な結果が失われがちという問題は やはり広く見られるものであり 「根拠に基づいた医療」の中核にかかわる問題です

So this is a drug called reboxetine,/ and this is a drug/ that I/ myself have prescribed.// It's an antidepressant.//

これはレボキセチンという薬で 私も処方したことがある抗うつ剤です

And I'm a very nerdy doctor,/ so I read all of the studies/ that I could on this drug.// I read the one study/ that was published/ that showed/ that reboxetine was better/ than placebo,/ and I read the other three studies/ that were published/ that showed/ that reboxetine was just as good/ as any other antidepressant,/ and/ because this patient hadn't done well/ on those other antidepressants,/ I thought,/ well,/ reboxetine is just/ as good.// It's one/ to try.//

オタク気味の医者なので この薬に関して 読みうる全ての論文を読みましたレボキセチンは 偽薬よりも良いと示す論文を1本 そして 別の3つの論文ではレボキセチンは 他の抗うつ剤と同等の効果を認められていました 私の患者には他の薬は効かなかったので レボキセチンが同等というなら試すべきだと考えました

But it turned out/ that I was misled.// In fact,/seven trials were conducted comparing reboxetine/ against a dummy placebo sugar pill.// One of them was positive/ and that was published,/ but six of them were negative/ and they were left unpublished.//

それは誤った判断とわかりました実際は 砂糖で作った偽薬とレボキセチンとの 治験は7つ行われそのうち1つの治験では 効果が認められ論文となりました 他の6つの治験では否定的な結果となり公開されないまま終わったのです

Three trials were published comparing reboxetine/ against other antidepressants/ in which reboxetine was just as good,/ and they were published,/ but three times as many patients/' worth of data was collected/ which showed/ that reboxetine was worse/ than those other treatments,/ and those trials were not published.//

レボキセチンと他の抗うつ剤を比較した? 3つの治験が公開され 同等の効果が 認められていますが その3倍もの患者数を調べ レボキセチンは他の抗うつ剤よりも劣るとわかったのに これらの処置や治験については論文になりませんでした

私は誤った判断に導かれたようです

Now/ you might say,/ well,/ that's an extremely unusual example,/ and I wouldn't want to be guilty of the same kind of cherry-picking and selective referencing/ that I'm accusing/ other people of.//

極端に例外的なケースと 思われるかもしれません 今 問題にしている人たちのように都合のいいデータを 選ぶようなことを 私はしたくありません

But it turns out/ that this phenomenon of publication bias has actually been very,/ very well studied.//

結局 公表バイアスという現象は これまで大いに研究されてきたものです

So here is one example of how you approach it.//

たとえばこんなふうに調べます

The classic model is,/ you get a bunch of studies/ where you know/ that they've been conducted and completed,/ and then/ you go/ and see/ if they've been published anywhere/ in the academic literature.// So this took all of the trials/ that had ever been conducted on antidepressants/ that were approved over a 15-year period/ by the FDA.//

古典的モデルですが 実施されて 完了した治験を集めて これがどこかの学術雑誌に 出版されているかどうかを調べますさてここに示すのは この15年間に FDA が承認した 抗うつ薬の治験の全てです

They took all of the trials/ which were submitted to the FDA/ as part of the approval package.//

承認手続きの一環としてFDAに提出された治験を集めたのです

So/ that's not all of the trials/ that were ever conducted on these drugs,/ because we can never know/ if we have those,/ but it is the ones/ that were conducted/ in order to get the marketing authorization.//

実際にどれだけの治験が行われたかを知ることはできないので 全てが網羅されているとは限りませんが 製品を承認させるために行われた治験なのです

And then/ they went to see/ if these trials had been published in the peer-reviewed academic literature.// And this is/ what they found.//

さてこれらの治験について査読付学術誌での出版状況を 調べたところこんなことがわかりました

It was pretty much/ a 50-50 split.// Half of these trials were positive, half of them were negative,/ in reality.//

治験の成績は五分五分で治験の半分は成功 半分は否定的な結果というのが実状でしたが

But when they went to look/ for these trials/ in the peer-reviewed academic literature,/ what they found/ was a very different picture.//

これらの治験についての査読付き論文を探してみると 違う描像が浮かび上がってきます

Only three of the negative trials were published,/ but all/ but one of the positive trials were published.//

否定的な治験で論文公開されているのはわずか3報です 肯定的な治験は1件を除いて全て論文公開されています

Now/ if we just flick back and forth/ between those two,/ you can see/ what a staggering difference/ there was between reality and what doctors,/ patients,/ commissioners of health services,/ and academics were able to see in the peer-reviewed academic literature.//

この2つの結果をよく見比べると 驚愕すべき違いがわかります 医師や患者や 健康保険の理事や学会の人々が 査読付き論文誌を通して知る姿と現実との間のギャップです

We were misled,/ and this is a systematic flaw/ in the core of medicine.//

我々は誤った判断に導かれます これは医学の根本にあるシステム的な欠陥です

In fact,/ there have been/ so many studies conducted on publication bias now,/ over a hundred,/ that they've been collected in a systematic review,/ published in 2010,/ that took every single study/ on publication bias/ that they could find.//

実際 公開バイアスに関してはこれまでに100件以上の 研究が行われてきましたが さらにその体系的なレビューが2010年に出版されました 公開バイアスに関してのあらゆる研究を 取扱ったものです

公開バイアスは医学のあらゆる領域に影響しています

About half of all trials,/ on average,/ go missing/ in action,/ and we know/ that positive findings are around twice as likely/ to be published as negative findings.//

平均すると 全ての治験のうち半分がやりっぱなしで失われ 肯定的な結果が論文になる割合は 否定的な結果の2倍となるとわかりました

This is a cancer/ at the core of evidence-based medicine.//

これは根拠に基づく医学の根本におけるガンです

If I flipped a coin/ 100 times/ but then withheld the results/ from you/ from half of those tosses,/ I could make/ it look/ as if I had a coin/ that always came up/ heads.//

私がコインを100回投げてそれから その結果の半分を隠すことをしたら いつも表の出るコインを持っていると思わせることができますが

But that wouldn't mean/ that I had a two-headed coin.//

実際は違っています

That would mean/ that I was a chancer/ and you were an idiot/ for letting me get away/ with it.// (Laughter)/ But this is exactly/ what we blindly tolerate in the whole of evidence-based medicine.//

私はペテン師で いんちきを許す皆さんがアホなのです(笑) でもこれが根拠に基づく医療において 見過ごされていることです

And/ to me,/ this is research misconduct.//

私見ですが 不適切な研究とも言えます

If I conducted one study/ and I withheld half of the data points/ from that one study,/ you would rightly accuse me,/ essentially,/ of research fraud.//

一つの研究として行った中で データの半分を 隠してしまったら 間違いなく不正な研究として非難されます

And yet,/ for some reason,/ if somebody conducts 10 studies/ but only publishes the five/ that give the result/ that they want,/ we don't consider that to be research misconduct.//

しかしながら 理由はともあれ10件の研究を行い 自分の望む結果の得られた5件だけを論文にする人がいても これを不正な研究とは呼ばないのです

And when that responsibility is diffused between a whole network of researchers,/ academics,/ industry sponsors,/ journal editors,/ for some reason/ we find it more acceptable,/ but the effect/ on patients is damning.//

さらに その責任は 研究者全体のネットワークや学会や 支援する企業や 学術誌の編集者までにわたって希薄に広がり 許容されがちです しかし 患者に及ぼされた影響こそが逃れようもない証拠です

And this is happening right now,/ today.//

影響は今まさに生じていることなのです

This is a drug called Tamiflu.// Tamiflu is a drug/ which governments/ around the world have spent billions and billions of dollars/ on stockpiling,/ and we've stockpiled Tamiflu/ in panic,/ in the belief/ that it will reduce the rate of complications of influenza.//

この薬はタミフルです 世界中の政府が何十億ドルもかけて タミフルを備蓄してきました パニックに陥ったように競って備蓄してきました この薬がインフルエンザ合併症の割合を低減するだろうと信じたのです

Complications is a medical euphemism/ for pneumonia and death.// (Laughter) Now/ when the Cochrane systematic reviewers were trying to collect together/ all of the data/ from all of the trials/ that had ever been conducted on whether Tamiflu actually did this or not,/ they found/ that several of those trials were unpublished.//

合併症というのは医学的な婉曲表現で肺炎と 死亡のことです(笑) さてコクランの体系的レビュアーが タミフルが合併症を抑えるかどうかという 治験の全てのデータを収集しようとしたとき いくつかの治験の結果が公表されていないことがわかりました

The results were unavailable/ to them.//

レビュアーは結果を入手できないのです

And when they started obtaining/ the writeups of those trials/ through various different means,/ through Freedom of Information Act requests,/ through harassing various different organizations,/ what they found/ was inconsistent.//

別の様々なルートを通じて詳細記録を集め始めましたが 情報公開法に基づいたり いくつもの組織に嫌がられながら集めたデータは整合しませんでした

And when they tried to get/ a hold of the clinical study reports,/ the 10,/ 000-page long documents/ that have the best possible rendition of the information,/ they were told they weren't allowed to have/ them.//

そして臨床研究の報告書を入手しようとしたとき その文書は1万ページにもわたって この研究についての最良の記述をしているのに これは渡せないと言われました

And/ if you want to read/ the full correspondence/ and the excuses/ and the explanations given by the drug company,/ you can see/ that written up/ in this week's edition of PLOS Medicine.//

このやりとりの全てと 製薬会社による弁解と説明にご興味があれば 全ては今週の PLOS メディスンに 掲載されています

And the most staggering thing of all of this,/ to me,/ is/ that not only is this a problem,/ not only do we recognize/ that this is a problem,/ but we've had to suffer/ fake fixes.//

この中で私を何よりも愕然とさせたのは このことが問題だったことに留まらず これが問題だとわかってなお 偽りの対策でごまかされていることです

We've had/ people pretend/ that this is a problem/ that's been fixed.//

この問題は解決済みだというふりをする人がいるのです

First of all,/ we had trials registers,/ and everybody said,/ oh,/ it's okay.// We'll get everyone/ to register their trials,/ they'll post the protocol,/ they'll say/ what they're going to do/ before they do it,/ and then afterwards/ we'll be able to check/ and see/ if all the trials/ which have been conducted and completed have been published.//

最初に 治験を申請するときには口を揃えて 治験参加者全員に登録させ実施要綱も公開させると言います 申請時に言っていたとおりであれば 実施して完了した全ての治験が 出版されたかどうかは後から誰でも確認できますが

But people didn't bother to use/ those registers.//

実際にはきちんと登録されていなかったのです

And so then/ the International Committee of Medical Journal Editors came along,/ and they said,/ oh,/ well,/ we will hold the line.//

ここで国際医学雑誌編集者委員会(ICMJE)が登場し 我々が方針を定めよう

We won't publish any journals,/ we won't publish any trials,/ unless they've been registered/ before they began.//

開始前に登録されなかった治験や論文誌には 出版させないことにしようと言いました

But they didn't hold the line.// In 2008,/ a study was conducted/ which showed/ that half of all of trials published by journals edited by members of the ICMJE weren't properly registered,/ and a quarter of them weren't registered at all.//

でもその方針は守られませんでした2008年に行われた研究によれば ICMJE 会員が編集する学術誌に掲載された 治験の半分は 登録が不適切で 4分の1はそもそも登録されていなかったことがわかりました

And then finally,/ the FDA Amendment Act was passed/ a couple of years ago saying/ that everybody/ who conducts a trial must post the results of that trial/ within one year.//

そしてようやく FDA 改正法が成立しました 数年前のことです治験を行うものは誰でも その治験の結果を1年以内に投稿せよと規定しています

And/ in the BMJ,/ in the first edition of January,/2012,/ you can see a study/ which looks to see/ if people kept to that ruling,/ and it turns out/ that only one in five have done so.//

BMJ の2012年1月号には この規定が守られているかどうかの調査が掲載され ルールに従っていたのは5件に1件に過ぎないことが 明らかになりました

This is a disaster.//

ひどい状況です

We can not know the true effects of the medicines/ that we prescribe/ if we do not have access/ to all of the information.//

全ての情報にアクセスできないようでは 処方する薬の効果について本当のところを 知ることができません

And this is not a difficult problem/ to fix.//

この問題を解決するのは難しいことではありません

We need to force/ people/ to publish all trials conducted in humans,/ including/ the older trials,/ because the FDA Amendment Act only asks/ that you publish the trials conducted after 2008,/ and I don't know/ what world/ it is in which we're only practicing/ medicine/ on the basis of trials/ that completed in the past two years.//

ヒトを対象とした全ての治験について 古いものも含めて公表させる必要があります FDA 改正法は 2008年以降の治験に対してのみ公開を求めています 医療を実践するのに 過去2年の治験のみを参照することなどありえません

We need to publish/ all trials/ in humans,/ including/ the older trials,/ for all drugs/ in current use,/ and you need to tell/ everyone/ you know/ that this is a problem/ and/ that it has not been fixed.//

ヒトに対する治験全てを遡って 現在使用されている全ての薬を対象にして公開する必要があります この問題のこと それが未解決であることを どうか広く伝えて下さい

Thank you very much.// (Applause) (Applause)//

ありがとうございます(拍手) (拍手)

chap

『やつ』(fellow)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

laughter

『笑い』,笑い声

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

precognition

[超感覚的]予知

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

probably

『たぶん』,『おそらく』

fluke

いかりづめ,いかりかぎ(いかり(anchor)の腕の両端にある三角形の部分で水底に引っ掛けるためのもの)

(もり・やり・矢などの先端の)かかり,かぎ

鯨の尾の二つに分かれた三角形の一方

freak

気まぐれ,移り気

奇形,変態

《話》奇人,変人;熱狂的ファン

奇形の,異常な

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

academia

=academe

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

lives

lifeの複数形

firstly

(事柄を列挙して)第一に,まず第一に

researcher

研究者,調査員

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

undergraduate

大学生,学部在学生

学部学生の

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

okay

=OK,O.K.

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

finding

〈U〉〈C〉発見すること・〈C〉発見物;《しばしば複数形で》拾得物・〈C〉(裁判官による)判決,(陪審の)評決・《複数形で》・(調査・研究などの)結果,結論

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

replication

写し,複写,複製

《文》(被告の訴答に対する)原告の訴答

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

data

『資料』,事実;情報

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

occasion

〈C〉(事が起こる,特定の)『時』,場合

〈C〉『でき事』;(しばしば)意義深いでき事

〈U〉〈C〉『機会』,好機

〈U〉〈C〉『理由』,根拠;必要

…‘を'引き起こす,生じさせる

recommendation

〈U〉(…を)『推薦すること』《+『of』+『名』》

〈C〉推薦状,推薦の言葉

〈C〉長所,とりえ

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

blind alley

袋小路

(物事の)見込みのないこと,行きづまり

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

incentive

刺激,動機,誘因

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

flesh

(人間・動物の)『肉』

(魚,時には鳥を除く)食肉(meat)

肉付き,太りぐあい

(くだもの)果肉;(野菜の)葉肉

《the~》(精神・魂に対して)『肉体』,身体

《the~》肉欲

肉色(ピンクがかった肌色)

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

suppress

〈反乱など〉‘を'『鎮圧する』…,‘の'活動を押える

〈感情・欲望など〉‘を'『抑制する』,抑える

…‘の'発表を禁止する,伏せる

abnormal

『異常な』,普通でない,規準をはずれた

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

rhythm

〈U〉『律動,リズム』;韻律

〈C〉(特定の)リズム

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

heart attack

心臓発作,心臓まひ

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

fifty

〈C〉(数の)『50』;50記号(50,Lなど)

〈U〉50分;50歳

〈U〉《複数扱い》50人,50個

《the fifties》(世紀の)50年代;(年齢の)50代

『50の』,50個の,50人の

《補語にのみ用いて》50歳の(で)

dummy

(洋服屋などの)人台(じんだい),ボディー,マネキン人形;(射撃練習の)標的人形

模造品,型見本

(他人の)手先,ロボット

《おもに米俗》ばか者

《英》=pacifier

placebo

(心理的効果だけの)気休め薬;(ある薬の薬効を実験するために服用させる)偽薬

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

pill

『丸薬』;《the pill》《話》ピル(経口避妊薬)

(耐えなければならない)不快なこと,苦しいこと

《通例単数形で》《俗》いやなやつ

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

rightly

『正確に』,間違いなく

『適切に』,ふさわしく,正当に

(道徳的に)『正しく』,正直に,公正に

regard

《『regard』+『名』+『as』+『名』(『形』[『句』])》(…と)〈人・物事など〉‘を'『みなす』,考える(consider)

《文》《副詞[句]を伴って》(ある感情・態度で)…‘を'見る,注視する

…‘を'『尊重する』

《副詞[句]を伴って》…‘を'評価する

《文》《通例否定文で》〈意見・希望など〉‘を'『考慮にいれる』,‘に'注意を払う

〈物事が〉…‘に'関係する,関連する

〈U〉(…に対する)『考慮』,注意,関心《+『for』)『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『敬意』,尊敬,好意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉《おもに文》注視,凝視

〈U〉(ある特別な)点,関係,関連

《複数形で》(敬意・愛情を表す)あいさつ(greetings),よろしくとの伝言(best wishes)

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

arrhythmia

不整脈

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

prescribe

〈守るべき規則・方針など〉‘を'『規定する』,『勧める』,指示する

《『prescribe』+『名』〈人〉+『名』〈薬〉=『prescribe』+『名』+『for』+『名』》〈人〉‘に'〈薬〉‘を'処方する

規定する,資示する

(病人・病気に対して)処方を書く

widely

[幅が]『広く』;広範囲に

(程度において)『大いに』,はなはだしく

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

so long

さようなら

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

unnecessarily

不必要に,無用に,よけいに

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

prescription

〈U〉指示(規定)すること

〈C〉規定,指示

〈C〉(薬などの)処方;処方せん;処方薬

〈U〉時効;長期間の使用による権利,貫行

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

apology

〈C〉(…に対する)『わび』,謝罪;言い訳,弁解《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(口頭・文書による)(…の)弁護,弁明(defense)《+『for』+『名』》

〈C〉《話》(…とは)申し訳ばかりのもの,(…の)お粗末な代用品《+『for』+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

death rate

死亡率

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

abandon

〈車・船・家など〉'を'『捨て去る』,見捨てて去る(leave behind)

〈希望・計画など〉'を'『断念する』;〈習慣など〉'を'『やめる』

勝手気まま,放縦

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

publication

〈U〉(書籍・雑誌などの)『出版』,発行《+『of』+『名』》

〈C〉出版物(書籍,雑誌,新聞など)

〈U〉(…の)『公表』,発表《+『of』+『名』》

bias

〈C〉(布地の裁断や縫い目の)斜線,バイアス

〈C〉〈U〉(…に対する)心理的傾向,性癖;先入観;偏見《+『toward』(『against』,『for』)+『名』》

斜めの;斜めに裁った

(…に対して)〈人〉‘に'偏見を抱かせる,〈人の意見・心〉'を'一方に片寄らせる

《+『名』+『against』(『towards, in favor of』)+『名』》

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

datum

dataの単数形

既知の事実

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

warning

〈U〉〈C〉『警告』,戒め

〈C〉(…への)警告となるもの《+to+名》;(…について)注意を俗すもの《OF+名》

〈U〉《古》(雇用契約を解除する)予告,通告

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

publishing

出版業

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

regardless

『むとんじゃくな』,不注意な;(…に)むとんじゃくな《+『of』+『名』》

とにかく(anyway)

(…に)かかわらず《+『of』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

prevalent

『いたる所ににある』,流行している

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

prescribed

定められた

処方された

antidepressant

抗抑鬱(うつ)剤(鬱病の治療薬)

misled

misleadの過去・過去分詞

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

extremely

『極端に』,非常に過度に

unusual

『普通でない』,異常な;まれな,珍しい(rare)

独特の,特有の

guilty

『罪を犯した』

『有罪の宣告を受けた』

やましい,身に覚えのある

selective

選択の,染択する

注意して選ばれた

淘汰(とうた)の

(無線が)選択度の高い

accuse

(…の罪で)〈人〉'を'『告発する』,告訴する《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

(…であると)〈人〉'を'『非難する』,責める《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

studied

熟慮した

わざとらしい,故意の

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

classic

(一つの分野の中で)『規範となる』,典型的な;第1級の

伝統的な,由緒のある(traditional)

(型・様式などについて)単純で洗練された

古典の;古典的な(classical)

〈C〉(一つの分野の中で)『規範』(『模範』)『となる作品』,代表作

〈C〉代表的芸術家,古典的作家

《the classics》《しばしばC-》古典文学

〈C〉伝統的な(由緒ある)行事

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

approve

〈事〉'を'『よいと認める』,‘に'賛成する

(正式に)…'を'認可する,承認する

《『approve of』+『名』(do『ing』)》(…を)承認する,賛成する

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

FDA

Food and Drug Administration(米国)食品医薬品局

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

approval

(…に対する)『賛成』,是認《+『to』+『名』》

package

(あまり大きくない)『包み』,梱包(こんぽう);詰め合わせ品

(箱・ケースなど,荷作り用の)容器

…‘を'荷作りする,包む;…‘を'箱に入れる

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

marketing

市場での売買[取引き]

マーケディング(宣伝・販売・技術などを研究する経営学の分野)

authorization

権限を与えること,委任;許可すること

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

flick

軽い一打ち;(指先での)一はじき;(手首などの)す早い一振り

ピシッ(パチッ)という音

《the flicks》《俗》映画

(むちなどで)…‘を'ピシッ(パチッ)と打つ《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'はじいて動かす

…‘を'ぱっと(さっと)払いのける《+『away』(『off』)+『名,』+『名』+『away』(『off』)》;(…から)…‘を'ぱっと払う《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

staggering

よろめく

驚くほどの

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

commissioner

(政付が任命する)『委員』,理事

(中央官庁・地方自治体の)『長官』,局長;弁務官

《米》(プロスポーツの)コミッショナー(運営の最高責任者で制裁権を持つ)

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

mislead

〈人〉‘を'誤って道案内する

〈人〉‘を'誤らせる,誤解させる

flaw

(ガラス・陶器などの)割れ目,ひび,傷

(…の)欠点,欠陥《+『in』+『名』》

…‘に'傷をつける

傷ができる

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

coin

(1枚の)『硬貨』(金貨・銀貨・銅貨・ニッケル貨など);〈U〉《集合的に》貨幣,硬貨

〈貨幣〉'を'鋳造する

〈金属〉'を'(貨幣に)鋳造する《+『名』+『into』+『名』》

〈新語など〉'を'作り出す;〈理由など〉'を'でっちあげる

withhold

(…に)〈承認・真相など〉‘を'『与えないでおく』,差し控える《+名+from+名》

(…から)…‘を'抑える,制する《+名+from+名(doing)》

toss

…‘を'『軽く投げ上げる』,ほうる

…‘を'上下に揺さぶる《+名+about,+about+名》

〈体の一部〉‘を'ひょいと上げる(動かす)

(…と,…に)…‘を'軽く混ぜ合わせる《+名+with(in)+名》

(表・裏で物事を決めるため)〈コイン〉‘を'はじき上げる《+名+up,+up+名》;(…を)〈人〉‘と'トス(コイン投げ)で決める《+名〈人〉+for+名》

『寝返りを打つ』,(特に,睡民中に)ころげ回る《+about》

前後に揺れる,振り回される《+about》

(…を)コインを投げて決める《+[《英》up]for+名》

〈C〉軽く投げること,ほうり上げること,トス

〈U〉《時にa ~》一投げ,一投げの距離

〈U〉《the ~》コインを投げて表か裏かで物事を決めること

idiot

(3‐4歳以下の知能しかない)白痴

《話》ばか(fool)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

blindly

盲目的に,向こうみずに

tolerate

…‘に'『寛大な態度をとる』,‘を'黙認する

…‘を'『がまんする』,耐える

〈薬品・毒物など〉‘に'耐性がある

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

misconduct

非行,不品行,(特に)不義

…‘を'やり損なう,‘の'処置を誤る

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

fraud

〈T〉詐欺,ごまかし,

〈C〉詐欺行為,不正手段,

〈C〉にせ物,まやかし物

〈C〉ぺてん師,くわせ者

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

diffuse

〈光・熱・液体など〉‘を'散らす,放散する,拡散させる

〈学問・知識など〉‘を'広める,普及させる

散る,放散する,拡散する

広まる,普及する

広く散った,広がった

〈文体などが〉締まりのない,散漫な

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

sponsor

(…の)『保証人』《+『for』+『名』》

(提案などの)主唱者,発起人;支持者,後援者

教父,教母,(洗礼のとしの)名付け親

(商業放送の)スポンサー,番組提供者,広告主

…‘を'保証する;…‘を'支持する,後援する

〈商業放送〉‘の'スポンサーになる

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

acceptable

受け入れられる,認められる;人に喜ばれる

damning

罪を免れない,(証拠などが)のっぴきならない

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

stockpile

(非常時に備えて原料・弾薬・武器などの)備蓄,貯蔵

(非常時に備えて)〈物資・兵器など〉‘を'備蓄する,貯蔵する

備蓄する,貯蔵する

panic

〈C〉〈U〉『あわてふためき,恐慌』,ろうばい

〈C〉経済恐慌,パニック

《単数形で》《米俗》とてもおかしなもの,珍無類なもの

あわてふためく,恐慌に陥る

…‘を'あわてさせる

《米俗》〈観客〉‘を'沸きたたせる

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

complication

〈U〉〈C〉複雑[な状態],粉糾[状態]

〈U〉(…を)複雑にすること《+『of』+『名』》

〈C〉複雑な(やっかいな)事を引き起こすもの・〈C〉併発症, 併発,合併症

influenza

インフルエンザ,流行性感冒

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

euphemism

〈U〉婉曲(えんきょく)語法,遠回しに言うこと

〈C〉婉曲語句,遠回しの言い方

pneumonia

肺炎

reviewer

(新刊書・演劇などの)批評家,評論家

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

request

〈物事〉‘を'『頼む』,要請する;〈人〉‘に'『頼む』,要請する

〈U〉〈C〉『頼むこと』,『要請』,依頼

〈C〉頼んだもの(こと)

〈U〉需要

harass

〈人〉‘を'悩ませる,苦しめる,困らせる(worry)

〈敵〉‘を'しつように攻撃する

inconsistent

食い違っている,矛盾する

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

rendition

(…の)演出,演奏,解釈《+『of』+『名』》

(…の)翻訳《+『of』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

correspondence

(…の間の)『一致』,調和類似《+『between』+『名』》;(…との)一致《+『with』(『to』)+『名』》

(…との)『文通』,通信《+『with』+『名』》

《集合的に》(書かレタ・取り交わされた)手紙,書簡

explanation

〈U〉〈C〉(…の)『説明』,解説,弁明《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)説明(弁明)となる事(物)《+『of』(『for』)+『名』》

edition

(刊行物の)『版』;(同じ版で同時に刷った)全発行部数;(同じ版の)1冊(部)

《修飾語[句]を伴って》(装丁などから見た)…版,体裁

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

pretend

…‘の'『ふりをする』,‘に'見せかける

《話》《『pretend』『to』do》…すると言い張る,主張する

(遊びで)…‘の'まねごとをする

『見せかける』,『取り繕う』,まねごとをする

(知識・才能などがあると)自負する,自任する《+『to』+『名』》

(王位などの権利があると)主張する《+『to』+『名』》

おもちゃの,空想上の

fixed

『固定した』,据え付けの

(視線などが)動かない

確定した,変動しない

八百長の

register

(氏名・出生などの)『登録』,届;記録

『登記簿』,『名簿』

自動登録機,レジスター

(暖房器などの)空調装置

音域,声域;(オルガンの)ストップ・…‘を'『記録する』

…‘を'『登録する』,名簿に入れる

〈郵便物〉‘を'書留にする

〈機械・器具が〉…‘を'示す

〈表情などが〉‘を'表す

(…に)『記録する』,記名する《+『with』(『at, in』)+『名』》

(…に)『登録する』;(…の)選挙人名簿に登録する;(…に)入学する《+『for』+『名』》

〈物事が〉心に残る,感銘を与える

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

protocol

〈U〉外交儀礼

〈C〉条約の原案,議定書

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

bother

〈人など〉'を'『悩ます』,迷惑をかける

(…について)『悩む』,心配する《『about』+『名』》

《『bother to』do》わざわざ…する

〈C〉〈U〉『やっかい』,めんどう

《a~》(…にとって)やかっいなこと(人)《+『to』+『名』》

International

インターナショナル(19‐20世紀に結成された国際的な社会主義的労働者組織)

committee

『委員会』;《集合的に》委員[全体]

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

began

beginの過去形

edit

…‘を'編集する

〈原稿など〉‘を'校訂する,〈本など〉‘を'監修する

(…から)〈文章など〉‘を'削除する《+『名』+『out of』+『名』》

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

properly

『適切に』,妥当に

基準にかなって,正式に

厳密に,正確に

《英話》完全に,ひどく

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

amendment

修正,改正;改心;〈C〉修正案

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

ruling

支配する,統治する

支配的な,優勢な,有力な

(法による)判決,決定

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画