TED日本語 - トーマス・スウォレズ: 12歳のiPhoneアプリ開発者

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

12歳の子の多くはビデオゲームで遊ぶのが好きですが、トーマス・スウォレズの場合はゲームの作り方を学びました。モグラたたきゲーム「バスティン・ジーバー」のようなiPhoneアプリを作ったあと、彼はそのスキルを生かして他の子どもたちが開発者になる手助けをしています。(TEDxManhattanBeachより)

Script

僕は昔からコンピュータやテクノロジーに惹かれていて iPhoneや iPadのための アプリを作りました 今日はそのことをお話しします 最初のアプリは「地球占い」という変わった占いゲームです 運の善し悪しによって 違った色の地球が表示されます 僕のお気に入りで 一番成功したアプリは 「バスティン・ジーバー」です (笑) ジャスティン・ビーバーを使ったモグラたたきゲームです

このゲームを作ったのは ジャスティン・ビーバーのことを あんまり好きじゃない人が学校にたくさんいたので いいかもと思ったからです それでプログラミングに取りかかり 2010年のクリスマス前に公開しました

「どうやって作ったの?」といろんな人から聞かれました 聞いた人の多くは自分でもアプリを 作りたいと思っていました 最近の子どもの多くはゲームで遊ぶだけでなく 自分でもゲームを作りたいと思っています でも それが難しいのは どこへ行けばプログラムの作り方が分かるのか 知らないからです サッカーを学びたければサッカーチームに入ればいいし バイオリンを学びたければレッスンを受ければいいですが アプリの作り方を学びたい人はどうすればいいのか? 親は サッカーやバイオリンなら 若い頃にしたことがあるかもしれませんが アプリを作ったことのある親なんてあんまりいないでしょう (笑)

アプリの作り方は どこへ行けば分かるのでしょう? 僕の場合は こんな風にしました まずいろんなプログラミング言語で プログラミングをして基礎を覚えました Pythonや Cや Javaなんかをやりました それからAppleがiPhoneを発売して それには iPhoneソフトウェア開発キットがありました ソフトウェア開発キットというのは iPhoneアプリを作るためのツール集です これは僕にまったく新しい可能性を開いてくれました ソフトウェア開発キットでいろいろ試した後 いくつか実験的にアプリを作りました その1つが「地球占い」で App Storeに登録する準備ができたので App Storeにアプリを登録するために必要な 99ドルを出してくれるよう親を説得しました 賛成してもらえたので 自分のアプリをApp Storeに登録することができました

いろんな人が励ましてくれました 両親 友達 先生 それにアップルストアの人たちまで すごく助けられました スティーブ・ジョブズには ものすごく刺激を受けました 学校でアプリクラブを作って ある先生が顧問を引き受けてくれました うちの学校の生徒なら誰でもクラブに来て アプリのデザイン方法を学ぶことができます こうして僕は自分の経験を他の人に伝えられるようになりました

iPadパイロット・プログラムというのを 所々でやっているんですが 幸運にも 僕はこれに参加できました 難しいのが何かというと iPadはどのように使われるのか どんなアプリをiPadに入れるべきかということです それでどんなアプリがほしいか 先生たちに意見を聞きました 作ったアプリは 地元の人は無料で買え 他の地域の人が買った収益は全て地元の教育基金に 入ることになっています 近頃は 技術に関しては 先生よりも生徒の方が詳しいんです (笑) なんというか・・・(笑) 気に入らないかもしれませんけど・・・(笑) でも これは先生にとって良いリソースなんです 教育者は このリソースを認めて 有効に使うべきです

今後やりたいことを話して終わりにしようと思います まず もっといろんなアプリやゲームを作りたいです 今は ある会社といっしょにアプリを作っています アンドロイドのプログラミングもやりたいと思っています そしてアプリクラブを続けて 生徒が知識を共有できる方法を もっと見つけたいと思いますありがとうございました (拍手)

I've always had a fascination for computers and technology, and I made a few apps for the iPhone, iPod Touch, and iPad. I'd like to share a couple with you today. My first app was a unique fortune teller called Earth Fortune that would display different colors of earth depending on what your fortune was. My favorite and most successful app is Bustin Jieber, which is a (Laughter) a which is a Justin Bieber Whac-A-Mole.

I created it because a lot of people at school disliked Justin Bieber a little bit, so I decided to make the app. So I went to work programming it, and I released it just before the holidays in 2010.

A lot of people ask me, how did I make these? A lot of times it's because the person who asked the question wants to make an app also. A lot of kids these days like to play games, but now they want to make them, and it's difficult, because not many kids know where to go to find out how to make a program. I mean, for soccer, you could go to a soccer team. For violin, you could get lessons for a violin. But what if you want to make an app? And their parents, the kid's parents might have done some of these things when they were young, but not many parents have written apps. (Laughter)

Where do you go to find out how to make an app? Well, this is how I approached it. This is what I did. First of all, I've been programming in multiple other programming languages to get the basics down, such as Python, C, Java, etc. And then Apple released the iPhone, and with it, the iPhone software development kit, and the software development kit is a suite of tools for creating and programming an iPhone app. This opened up a whole new world of possibilities for me, and after playing with the software development kit a little bit, I made a couple apps, I made some test apps. One of them happened to be Earth Fortune, and I was ready to put Earth Fortune on the App Store, and so I persuaded my parents to pay the 99 dollar fee to be able to put my apps on the App Store. They agreed, and now I have apps on the App Store.

I've gotten a lot of interest and encouragement from my family, friends, teachers and even people at the Apple Store, and that's been a huge help to me. I've gotten a lot of inspiration from Steve Jobs, and I've started an app club at school, and a teacher at my school is kindly sponsoring my app club. Any student at my school can come and learn how to design an app. This is so I can share my experiences with others.

There's these programs called the iPad Pilot Program, and some districts have them. I'm fortunate enough to be part of one. A big challenge is, how should the iPads be used, and what apps should we put on the iPads? So we're getting feedback from teachers at the school to see what kind of apps they'd like. When we design the app and we sell it, it will be free to local districts and other districts that we sell to, all the money from that will go into the local ed foundations. These days, students usually know a little bit more than teachers with the technology. (Laughter) So -- (Laughter) -- sorry -- (Laughter) -- so this is a resource to teachers, and educators should recognize this resource and make good use of it.

I'd like to finish up by saying what I'd like to do in the future. First of all, I'd like to create more apps, more games. I'm working with a third party company to make an app. I'd like to get into Android programming and development, and I'd like to continue my app club, and find other ways for students to share knowledge with others. Thank you. (Applause)

I've always had a fascination/ for computers and technology,/ and I made a few apps/ for the iPhone,/ iPod Touch,/ and iPad.//

僕は昔からコンピュータやテクノロジーに惹かれていて iPhoneや iPadのための アプリを作りました

I'd like to share/ a couple/ with you today.//

今日はそのことをお話しします

My first app was a unique fortune teller called Earth Fortune/ that would display different colors of earth/ depending/ on what your fortune was.//

最初のアプリは「地球占い」という変わった占いゲームです 運の善し悪しによって 違った色の地球が表示されます

My favorite and most successful app is Bustin Jieber,/ which is a (Laughter)/ a which is a Justin Bieber Whac-A-Mole.//

僕のお気に入りで 一番成功したアプリは 「バスティン・ジーバー」です (笑) ジャスティン・ビーバーを使ったモグラたたきゲームです

I created it/ because a lot of people/ at school disliked Justin Bieber/ a little bit,/ so I decided to make/ the app.//

このゲームを作ったのは ジャスティン・ビーバーのことを あんまり好きじゃない人が学校にたくさんいたので いいかもと思ったからです

So I went to work programming/ it,/ and I released it just/ before the holidays/ in 2010.//

それでプログラミングに取りかかり 2010年のクリスマス前に公開しました

A lot of people ask me,/ how did I make these?//

「どうやって作ったの?」といろんな人から聞かれました

A lot of times/ it's/ because the person/ who asked the question wants to make/ an app also.//

聞いた人の多くは自分でもアプリを 作りたいと思っていました

A lot of kids/ these days like to play/ games,/ but now/ they want to make/ them,/ and it's difficult,/ because not many kids know/ where to go to find out/ how to make a program.//

最近の子どもの多くはゲームで遊ぶだけでなく 自分でもゲームを作りたいと思っています でも それが難しいのは どこへ行けばプログラムの作り方が分かるのか 知らないからです

I mean,/ for soccer,/ you could go to a soccer team.//

サッカーを学びたければサッカーチームに入ればいいし

For violin,/ you could get lessons/ for a violin.//

バイオリンを学びたければレッスンを受ければいいですが

But what if you want to make/ an app?//

アプリの作り方を学びたい人はどうすればいいのか?

And their parents,/ the kid's parents might have done some of these things/ when they were young,/ but not many parents have written apps.// (Laughter)//

親は サッカーやバイオリンなら 若い頃にしたことがあるかもしれませんが アプリを作ったことのある親なんてあんまりいないでしょう (笑)

Where do you go to find out/ how to make an app?//

アプリの作り方は どこへ行けば分かるのでしょう?

Well,/ this is/ how I approached it.// This is/ what I did.//

僕の場合は こんな風にしました

First of all,/ I've been programming in multiple other programming languages/ to get the basics down,/ such as Python,/ C,/ Java, etc.//

まずいろんなプログラミング言語で プログラミングをして基礎を覚えました Pythonや Cや Javaなんかをやりました

And then/ Apple released the iPhone,/ and with it,/ the iPhone software development kit,/ and the software development kit is a suite of tools/ for creating and programming/ an iPhone app.//

それからAppleがiPhoneを発売して それには iPhoneソフトウェア開発キットがありました ソフトウェア開発キットというのは iPhoneアプリを作るためのツール集です

This opened up/ a whole new world of possibilities/ for me,/ and after playing with the software development kit/ a little bit,/ I made a couple apps,/ I made some test apps.//

これは僕にまったく新しい可能性を開いてくれました ソフトウェア開発キットでいろいろ試した後 いくつか実験的にアプリを作りました

One of them happened to be Earth Fortune,/ and I was ready/ to put Earth Fortune/ on the App Store,/ and so I persuaded my parents/ to pay the 99 dollar fee/ to be able to put my apps/ on the App Store.//

その1つが「地球占い」で App Storeに登録する準備ができたので App Storeにアプリを登録するために必要な 99ドルを出してくれるよう親を説得しました

They agreed,/ and now/ I have apps/ on the App Store.//

賛成してもらえたので 自分のアプリをApp Storeに登録することができました

I've gotten a lot of interest and encouragement/ from my family,/ friends,/ teachers/ and even/ people/ at the Apple Store,/ and that's been a huge help/ to me.//

いろんな人が励ましてくれました 両親 友達 先生 それにアップルストアの人たちまで すごく助けられました

I've gotten a lot of inspiration/ from Steve Jobs,/ and I've started an app club/ at school,/ and a teacher/ at my school is kindly sponsoring my app club.//

スティーブ・ジョブズには ものすごく刺激を受けました 学校でアプリクラブを作って ある先生が顧問を引き受けてくれました

Any student/ at my school can come and learn/ how to design an app.//

うちの学校の生徒なら誰でもクラブに来て アプリのデザイン方法を学ぶことができます

This is/ so I can share my experiences/ with others.//

こうして僕は自分の経験を他の人に伝えられるようになりました

There's these programs called the iPad Pilot Program,/ and some districts have them.//

iPadパイロット・プログラムというのを 所々でやっているんですが

I'm fortunate enough/ to be part of one.//

幸運にも 僕はこれに参加できました

A big challenge is,/ how should/ the iPads be used,/ and what apps should we put on the iPads?//

難しいのが何かというと iPadはどのように使われるのか どんなアプリをiPadに入れるべきかということです

So we're getting/ feedback/ from teachers/ at the school/ to see/ what kind of apps/ they'd like.//

それでどんなアプリがほしいか 先生たちに意見を聞きました

When we design the app/ and we sell it,/ it will be free/ to local districts/ and other districts/ that we sell to,/ all the money/ from that will go into the local ed foundations.//

作ったアプリは 地元の人は無料で買え 他の地域の人が買った収益は全て地元の教育基金に 入ることになっています

These days,/ students usually know a little bit more/ than teachers/ with the technology.// (Laughter) So --/ (Laughter) --/ sorry --/ (Laughter) --/ so this is a resource/ to teachers,/ and educators should recognize this resource/ and make good use of it.//

近頃は 技術に関しては 先生よりも生徒の方が詳しいんです (笑) なんというか・・・(笑) 気に入らないかもしれませんけど・・・(笑) でも これは先生にとって良いリソースなんです 教育者は このリソースを認めて 有効に使うべきです

I'd like to finish up/ by saying/ what I'd like to do/ in the future.//

今後やりたいことを話して終わりにしようと思います

First of all,/ I'd like to create/ more apps,/ more games.//

まず もっといろんなアプリやゲームを作りたいです

I'm working/ with a third party company/ to make an app.//

今は ある会社といっしょにアプリを作っています

I'd like to get/ into Android programming and development,/ and I'd like to continue/ my app club,/ and find other ways/ for students/ to share knowledge/ with others.// Thank you.// (Applause)//

アンドロイドのプログラミングもやりたいと思っています そしてアプリクラブを続けて 生徒が知識を共有できる方法を もっと見つけたいと思いますありがとうございました (拍手)

fascination

〈U〉魅惑[すること],うっとりした状態

〈C〉引き付ける力

computer

『計算機』;『電子計算機』

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

fortune

〈U〉『運』,『運勢』,運命

〈U〉〈C〉幸運;《F-》運命の女神

〈U〉『富』(とみ),財産(riches, wealth);〈C〉大金,巨万の富

teller

話し手,語り手

《おもに米》(銀行の)現金出納係

(議会の)投票集計係

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

laughter

『笑い』,笑い声

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

dislike

…‘を'『嫌う』(進行形にできない)

(…を)『嫌いなこと』,いや気,嫌悪《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

holiday

休日,休業日,祝祭日,公休日

《しばしば複数形で》《英》『長い休暇』

(宗教上の)聖日

休暇をとる,休暇を過ごす(《米》vacation)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

violin

『バイオリン』

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

python

ニシキヘビ(アフリカ・アジア・オーストラリア産の無毒の大蛇)

Java

ジャワ島(インドネシア共和国の主島)

《java》《米話》(一般に)コーヒー

apple

『リンゴ』;リンゴの木

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

kit

〈C〉(特定の目的のための)用具(器具など)一式

〈C〉一式の用具を入れる箱(袋など)

〈U〉《おもに英》(旅行者・水夫・兵士などの衣類など)身の回り品一式

〈C〉(全体を構成する)部品(材料)の一そろい

suite

(ホテルなどで寝室・居間・客間などの)一続きの豪華な部屋

(家具などの)一そろい,一組

(いっしょに使われるものの)一続き,一組,一そろい

(楽曲の一形式である)組曲

《集合的に》《まれ》随行員,従者の一行

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

encouragement

〈U〉激励,奨励

〈C〉励みになるもの,刺激

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

kindly

『親切な』,思いやりのある

《文》(気候などが)快い,気持ちのよい;温和な

《文》(土地が農作物などに)適した(favorable)

『親切に』,『優しく』

心から(heartily)

『どうぞ』

sponsor

(…の)『保証人』《+『for』+『名』》

(提案などの)主唱者,発起人;支持者,後援者

教父,教母,(洗礼のとしの)名付け親

(商業放送の)スポンサー,番組提供者,広告主

…‘を'保証する;…‘を'支持する,後援する

〈商業放送〉‘の'スポンサーになる

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

pilot

『水先案内人』舵手(たしゅ)

(飛行機の)『パイロット』,操縦士

案内人,先導者(leader)

=pilot light

試験的な,実験的な,予備的な

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈船〉‘の'『水先案内をする』

〈飛行機〉‘を'操縦する;〈船〉‘の'かじを取る

《方向を表す副詞[句]を伴って》(|に向けて)〈人〉‘を'案内する,導く

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

fortunate

『幸運な』,幸せな

さい先よい;幸運をもたらす

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

feedback

フィードバック(電子工学で,ある回路の出力側のエネルギーの一部を入力側へ戻し,出力の制御,修正をすること;社会学・心理学・生物などで,結果によって原因を自動的に調整する動作)

《話》(…についての)反応《+『about』+『名』》

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

educator

教育者,教師

教育学者

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

third party

(事件などに偶然巻き込まれた)第三者

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

android

人造人間

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画