TED日本語 - スーザン・ソロモン: 幹細胞研究の将来

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

スーザン・ソロモンは幹細胞を「私たちの体の修理道具」と呼び、研究室で育てた幹細胞を用いた研究を提唱します。彼女のチームは多能性幹細胞株(iPS細胞株)を育てることで、疾患治療に関する研究を促進し得る試験環境を作り上げました。これは将来的には特定の疾患でなく特定の人を対象としたオーダーメード医療につながります。

Script

胚幹細胞は 実に驚くべき細胞です 私たちの体の修理セットであり 分化能を持ちます ? つまり 体のどんな細胞にも変身できるのです じきに幹細胞を使って 損傷したり病気になった細胞を交換できるようになるでしょう

でも今日は別の話をします 現在幹細胞の応用研究が進行中で それにより様々なことが変わります 例えば 病気を捉えてモデル化する方法も変われば 病気になる理由を理解できるようにもなるでしょう 創薬プロセスも大きく変わるでしょう 幹細胞の研究により 私たちの子供が大人になる頃には アルツハイマーや糖尿病などの病気も ポリオのように予防可能になると信じています

そんなわけでこの分野は 人類にとって大きな希望なのです しかし 35年以上 時を遡りルイーズが健康に生まれてくるまでの 体外受精を鑑みると分かるように この分野は政治的・財政的に包囲網に囲まれています 重要な研究が 支援されるどころか問題視されているので この研究に干渉されない 民間の研究所を設立することが 不可欠だと考えました そこで2005年に ニューヨーク幹細胞財団研究所を設立し 小さな組織ではありますが この研究を進めたり 支援したりできるようにしました

間もなくして気付きましたが 医学だけでなく薬学や治療の世界は みなさんの想像通り大きな組織に支配されていますが 新しい分野では大きな組織は 自分たちの方法から抜け出すのに苦労し 時には適切な質問さえできなくなるのです そのためアカデミックな研究と 薬や治療を提供する役目を負った 製薬企業やバイオテクノロジー企業の間には 大きなギャップが生じています そこで医学療法の発展を促進するために 我々はこの問題を 2つのものにより解決する必要があります 新しい技術 そして新しい研究モデルです そのギャップを埋めることができなければ 進歩はありえません これこそが私がお伝えしたいことです これこそが私がお伝えしたいことです 我々はここ数年この問題について考え するべきことのリストを作りました また新しい技術の開発も行いましたソフトウェアとハードウェアなんですが また新しい技術の開発も行いましたソフトウェアとハードウェアなんですが 遺伝子的に多様な何千何万もの 幹細胞株群を生成します 本質的には我々の分身たちなのです こんな考えから この技術を開発しました この技術はヒトゲノム解読の 持てる力を引き出して活用し 幹細胞株群を生成することで ヒトの細胞を用いてシャーレで臨床試験を行えるようになります 動物の細胞ではなくです そうすることで 創薬と医療はより効率的に より安全に より迅速に そしてより低コストになります

これを理解するための 背景をご説明しましょう この分野は非常に新しい分野です 1998年 ヒト胚幹細胞が初めて発見され そのわずか9年後には 日本の科学者グループが 抽出した皮膚の細胞を 非常に強力なウィルスを用いて再プログラム化することに成功しました その結果できあがったのが 胚幹細胞の一種である 人工多能性幹細胞 通称iPS細胞です これは非常に大きな進歩でした なぜなら これらの細胞は 現在も標準的に用いられる ヒト胚幹細胞ではないにもかかわらず 疾患のモデル化 そして将来的には創薬に有用だからです

その数ヶ月後 2008年に我々の科学者の一人が その研究を発展させました彼は皮膚の細胞生検試料を取り出しました 今度はALSと呼ばれる 運動神経細胞の病気の患者からです その試料から先ほどお話しした iPS細胞を作りました その試料から先ほどお話しした iPS細胞を作りました そのiPS細胞から作った運動神経は病気で死んでいきました そのiPS細胞から作った運動神経は病気で死んでいきました つまり彼がしたのは健康な細胞を 病気にかかった細胞に変え シャーレの中で何度も繰り返し発病させたのです これは驚くべきことです 生きた患者の細胞から疾患モデルを得るのは これが初めてだったんですから 病気が進行するのを観察するにつれ ALSでは運動神経が それまで考えられていたのとは違う形で 死んでいくことを発見しました 毒素を送り出している細胞が別に存在し 運動神経の死を引き起こしていたのです ヒトのモデルが無ければわからなかったことです ヒトのモデルが無ければわからなかったことです

ここで言えるのは 病気の原因を突き止めようとする研究者が ヒト幹細胞モデルを使うことができないのは 飛行機事故の調査委員が 事故の原因究明に ブラックボックス つまりフライトレコーダーを使うことができないようなものです どこがおかしかったのか仮説を立てるでしょうが 実際に何が悲惨な事故を招いたのかを 知る術はありません 幹細胞は病気に対する一連の記録を与えてくれます まるで前例のない窓です これは大変素晴らしいことで シャーレ上で実に多くの病気を再現することができ 対話的に細胞内で何がおかしくなるのか分かります 患者に病気の兆しが 見られる前にです これにより きっと近い将来には ヒト細胞を薬の治験に使うことが 一般的になるでしょう

現行の薬の治験法は問題だらけです 薬が市場に出回るまでに平均で 13年かかります ? 1つの薬に対してです また40億ドルもの埋没費用も発生します 開発に着手した薬のうち たった1パーセントしか 市場にはたどり着きません 他の分野でこんな数字が出されたら だれも手を付けようとしないでしょう だれも手を付けようとしないでしょう これはひどいビジネスモデルですが それ以上に社会モデルとしても 皆に多大な 負担を強いるものとなっています 現在のところ創薬は効きそうな化合物を試すことで進められます ヒト細胞を用いた疾患モデルはありませんでした ヒト細胞を用いた疾患モデルはありませんでした だからマウスなどの生物の細胞や 改変した細胞でテストしていました しかしそれらの細胞は必ずしも治療対象とする 病気の特性を持っているわけではありません 我々はマウスではありませんので 生きた患者から 脳細胞や心臓の細胞を取り出して あれこれ試していくことも 単なる候補薬ではできません しかしヒト幹細胞があれば 分身をつくったり細胞をつくったりできます 生きた運動神経であろうと 拍動する心細胞や肝細胞であろうと 他のどんな細胞であろうと 薬 つまり効き目のありそうな化合物を 実際にターゲットとする細胞でテストできるのです これは実に素晴らしいことで 薬効試験や治験の 極めて早い段階で 実は効かないとか毒性があるとか 分かってしまうのです 薬が市場に出回るまでの 13年もの期間を待つ必要はありません

しかしごく少数の人の細胞を見るだけでは 十分ではありません 一歩離れて見てみましょう 十分ではありません 一歩離れて見てみましょう 大きな枠組みで見なければなりません この部屋を見回してみてください私たちはみんな違っています 病気に関してもそうです もし私がアルツハイマー病やパーキンソン病にかかったら みなさんがその病気にかかったときとは異なる影響が出るでしょう みなさんがその病気にかかったときとは異なる影響が出るでしょう 二人がパーキンソン病にかかって 同じ薬を投与したとしても 遺伝子の構成が違っているので 異なる結果が出るでしょう 私に対しては驚くほど効果を発揮した薬が あなたには効かないということも十分あり得ます 同様にあなたに対しては有害だった薬が 私にとっては安全ということも考えられます明白なことだと思われるでしょうが 残念なことに製薬業界が新薬を開発する際には そのことは考慮されてきませんでした 今まではそのための道具が無かったのですから

従来のフリーサイズ一辺倒のモデルから 離れる必要があります これまでの創薬プロセスは本質的には こうでした ダンスやハイキングに行くというのに 靴屋がサイズを訊かないのです 「足にはこの靴をどうぞ」と言うだけです 靴を買うのにそんなことではいけませんし ましてや 我々の体は単なる足の何倍も複雑にできているので 現状を変える必要があります

過去10年の間に悲しい事例がありました 素晴らしく効き目のある種の薬がありました そのうちの1つがVioxxです 関節炎に苦しむ人々にとっては 確かにVioxxは救世主でしたが 残念なことに別の集団に対しては 心臓に深刻な副作用をもたらしました さらに一部の人に対しては副作用の影響の方があまりにも大きく 心細胞に致命的な影響を及ぼしました しかし別のシナリオを考えてみてください 遺伝子的に多様な心細胞のアレイを手に入れ 実際にVioxxを シャーレ上でテストすることができたらどうでしょう この遺伝子型をもつ人は心臓への副作用が出ると分かります またこのような遺伝子型の2万5千人には ?靴のサイズのようなものですね? 全く問題ないことが あらかじめ分かるのです Vioxxで救われる人たちは安心してのみ続けられたでしょう Vioxxで救われる人たちは安心してのみ続けられたでしょう 逆にVioxxが致命的な事態を引き起こす人たちは Vioxxを投与されることもなく Vioxx を回収しなければならなかった製薬会社の 迎える結末も違ったことでしょう

この事件は痛ましく この問題を解決しようとする中で 改めて考えると 遺伝子のことも 人体実験のことも考えなければなりませんがもっと根本的な問題も存在します 人体実験のことも考えなければなりませんがもっと根本的な問題も存在します 現在のところ幹細胞株は 非常に素晴らしいものですが 株は細胞の集団であるため 一度に一株ずつ手作業で作らねばならず その作業に数ヶ月かかってしまいます これでは大量生産が不可能です手作業で幹細胞株をつくるときには 最高の設備を備えた研究所でさえも 手技にばらつきがあります 例えば薬を作っているのなら 月曜日に瓶から取り出したアスピリンは 水曜日に取り出すアスピリンと 同じものと分かっている必要があります こうして考えていくと 職人技は服飾や パンや工芸に関しては素晴らしいのですが 幹細胞に関しては 向いていません そこでこの問題を解決しなければなりません

それができたとしても また別の大きなハードルが存在し ヒトゲノムのマッピングから 始めなければなりません 我々はみな異なっているからです ヒトゲノム配列解読により 我々の遺伝子を構成する全ての ACGT は示されていますが しかしコードだけの DNA は 1と0からなるコンピューターコードを 解読用コンピュータ無しで読んでいるようなものです スマートフォンを持ってないのにアプリだけ持っているようなもの そこで生物学が登場して 有用なデータへ変える必要があります その方法は 生物の代役を用意し 遺伝情報を全て詰め込み 解読可能なように アレイに並べ 分身を作ってみることです あらゆる亜型からつくった幹細胞で 私たちがどのようなものかを表現することが必要となります

これが私たちのつくったものです 自動化ロボット技術です 何千何万もの幹細胞株を生産することができ それらの株は遺伝情報に応じてアレイ状に並べられます 並列処理能力も優れており 創薬プロセスを変えることが期待されます そのうち起こるだろうと私が思うことは このようなアレイ上で薬を 再スクリーニングすることです 今存在する全ての薬をです 将来の薬や治療法は 事前に副作用を精査されていることでしょう 関連のある細胞全てで 脳細胞や心細胞 肝細胞でもです

この技術によりオーダーメード医療は 目の前まで近づいています 私の家族に関して言えば 息子がI型糖尿病にかかっており 現在も完治は不可能です 両親も心臓病とガンで亡くしました どこかで聞いた話のようだと思われるかもしれません 皆さんも似たような経験をお持ちでしょうから 人生のどこかで誰もが 自分や愛する人たちが 病気の患者となります だからこそ幹細胞研究は 我々全員にとってとても重要です ありがとうございました (拍手)

So, embryonic stem cells are really incredible cells. They are our body's own repair kits, and they're pluripotent, which means they can morph into all of the cells in our bodies. Soon, we actually will be able to use stem cells to replace cells that are damaged or diseased.

But that's not what I want to talk to you about, because right now there are some really extraordinary things that we are doing with stem cells that are completely changing the way we look and model disease, our ability to understand why we get sick, and even develop drugs. I truly believe that stem cell research is going to allow our children to look at Alzheimer's and diabetes and other major diseases the way we view polio today, which is as a preventable disease.

So here we have this incredible field, which has enormous hope for humanity, but much like IVF over 35 years ago, until the birth of a healthy baby, Louise, this field has been under siege politically and financially. Critical research is being challenged instead of supported, and we saw that it was really essential to have private safe haven laboratories where this work could be advanced without interference. And so, in 2005, we started the New York Stem Cell Foundation Laboratory so that we would have a small organization that could do this work and support it.

What we saw very quickly is the world of both medical research, but also developing drugs and treatments, is dominated by, as you would expect, large organizations, but in a new field, sometimes large organizations really have trouble getting out of their own way, and sometimes they can't ask the right questions, and there is an enormous gap that's just gotten larger between academic research on the one hand and pharmaceutical companies and biotechs that are responsible for delivering all of our drugs and many of our treatments, and so we knew that to really accelerate cures and therapies, we were going to have to address this with two things: new technologies and also a new research model. Because if you don't close that gap, you really are exactly where we are today. And that's what I want to focus on. We've spent the last couple of years pondering this, making a list of the different things that we had to do, and so we developed a new technology, It's software and hardware, that actually can generate thousands and thousands of genetically diverse stem cell lines to create a global array, essentially avatars of ourselves. And we did this because we think that it's actually going to allow us to realize the potential, the promise, of all of the sequencing of the human genome, but it's going to allow us, in doing that, to actually do clinical trials in a dish with human cells, not animal cells, to generate drugs and treatments that are much more effective, much safer, much faster, and at a much lower cost.

So let me put that in perspective for you and give you some context. This is an extremely new field. In 1998, human embryonic stem cells were first identified, and just nine years later, a group of scientists in Japan were able to take skin cells and reprogram them with very powerful viruses to create a kind of pluripotent stem cell called an induced pluripotent stem cell, or what we refer to as an IPS cell. This was really an extraordinary advance, because although these cells are not human embryonic stem cells, which still remain the gold standard, they are terrific to use for modeling disease and potentially for drug discovery.

So a few months later, in 2008,one of our scientists built on that research. He took skin biopsies, this time from people who had a disease, ALS, or as you call it in the U.K., motor neuron disease. He turned them into the IPS cells that I've just told you about, and then he turned those IPS cells into the motor neurons that actually were dying in the disease. So basically what he did was to take a healthy cell and turn it into a sick cell, and he recapitulated the disease over and over again in the dish, and this was extraordinary, because it was the first time that we had a model of a disease from a living patient in living human cells. And as he watched the disease unfold, he was able to discover that actually the motor neurons were dying in the disease in a different way than the field had previously thought. There was another kind of cell that actually was sending out a toxin and contributing to the death of these motor neurons, and you simply couldn't see it until you had the human model.

So you could really say that researchers trying to understand the cause of disease without being able to have human stem cell models were much like investigators trying to figure out what had gone terribly wrong in a plane crash without having a black box, or a flight recorder. They could hypothesize about what had gone wrong, but they really had no way of knowing what led to the terrible events. And stem cells really have given us the black box for diseases, and it's an unprecedented window. It really is extraordinary, because you can recapitulate many, many diseases in a dish, you can see what begins to go wrong in the cellular conversation well before you would ever see symptoms appear in a patient. And this opens up the ability, which hopefully will become something that is routine in the near term, of using human cells to test for drugs.

Right now, the way we test for drugs is pretty problematic. To bring a successful drug to market, it takes, on average,13 years- that's one drug - with a sunk cost of 4 billion dollars, and only one percent of the drugs that start down that road are actually going to get there. You can't imagine other businesses that you would think of going into that have these kind of numbers. It's a terrible business model. But it is really a worse social model because of what's involved and the cost to all of us. So the way we develop drugs now is by testing promising compounds on -- We didn't have disease modeling with human cells, so we'd been testing them on cells of mice or other creatures or cells that we engineer, but they don't have the characteristics of the diseases that we're actually trying to cure. You know, we're not mice, and you can't go into a living person with an illness and just pull out a few brain cells or cardiac cells and then start fooling around in a lab to test for, you know, a promising drug. But what you can do with human stem cells, now, is actually create avatars, and you can create the cells, whether it's the live motor neurons or the beating cardiac cells or liver cells or other kinds of cells, and you can test for drugs, promising compounds, on the actual cells that you're trying to affect, and this is now, and it's absolutely extraordinary, and you're going to know at the beginning, the very early stages of doing your assay development and your testing, you're not going to have to wait 13 years until you've brought a drug to market, only to find out that actually it doesn't work, or even worse, harms people.

But it isn't really enough just to look at the cells from a few people or a small group of people, because we have to step back. We've got to look at the big picture. Look around this room. We are all different, and a disease that I might have, if I had Alzheimer's disease or Parkinson's disease, it probably would affect me differently than if one of you had that disease, and if we both had Parkinson's disease, and we took the same medication, but we had different genetic makeup, we probably would have a different result, and it could well be that a drug that worked wonderfully for me was actually ineffective for you, and similarly, it could be that a drug that is harmful for you is safe for me, and, you know, this seems totally obvious, but unfortunately it is not the way that the pharmaceutical industry has been developing drugs because, until now, it hasn't had the tools.

And so we need to move away from this one-size-fits-all model. The way we've been developing drugs is essentially like going into a shoe store, no one asks you what size you are, or if you're going dancing or hiking. They just say, "Well, you have feet, here are your shoes." It doesn't work with shoes, and our bodies are many times more complicated than just our feet. So we really have to change this.

There was a very sad example of this in the last decade. There's a wonderful drug, and a class of drugs actually, but the particular drug was Vioxx, and for people who were suffering from severe arthritis pain, the drug was an absolute lifesaver, but unfortunately, for another subset of those people, they suffered pretty severe heart side effects, and for a subset of those people, the side effects were so severe, the cardiac side effects, that they were fatal. But imagine a different scenario, where we could have had an array, a genetically diverse array, of cardiac cells, and we could have actually tested that drug, Vioxx, in petri dishes, and figured out, well, okay, people with this genetic type are going to have cardiac side effects, people with these genetic subgroups or genetic shoes sizes, about 25,000 of them, are not going to have any problems. The people for whom it was a lifesaver could have still taken their medicine. The people for whom it was a disaster, or fatal, would never have been given it, and you can imagine a very different outcome for the company, who had to withdraw the drug.

So that is terrific, and we thought, all right, as we're trying to solve this problem, clearly we have to think about genetics, we have to think about human testing, but there's a fundamental problem, because right now, stem cell lines, as extraordinary as they are, and lines are just groups of cells, they are made by hand,one at a time, and it takes a couple of months. This is not scalable, and also when you do things by hand, even in the best laboratories, you have variations in techniques, and you need to know, if you're making a drug, that the Aspirin you're going to take out of the bottle on Monday is the same as the Aspirin that's going to come out of the bottle on Wednesday. So we looked at this, and we thought, okay, artisanal is wonderful in, you know, your clothing and your bread and crafts, but artisanal really isn't going to work in stem cells, so we have to deal with this.

But even with that, there still was another big hurdle, and that actually brings us back to the mapping of the human genome, because we're all different. We know from the sequencing of the human genome that it's shown us all of the A's, C's, G's and T's that make up our genetic code, but that code, by itself, our DNA, is like looking at the ones and zeroes of the computer code without having a computer that can read it. It's like having an app without having a smartphone. We needed to have a way of bringing the biology to that incredible data, and the way to do that was to find a stand-in, a biological stand-in, that could contain all of the genetic information, but have it be arrayed in such a way as it could be read together and actually create this incredible avatar. We need to have stem cells from all the genetic sub-types that represent who we are.

So this is what we've built. It's an automated robotic technology. It has the capacity to produce thousands and thousands of stem cell lines. It's genetically arrayed. It has massively parallel processing capability, and it's going to change the way drugs are discovered, we hope, and I think eventually what's going to happen is that we're going to want to re-screen drugs, on arrays like this, that already exist, all of the drugs that currently exist, and in the future, you're going to be taking drugs and treatments that have been tested for side effects on all of the relevant cells, on brain cells and heart cells and liver cells.

It really has brought us to the threshold of personalized medicine. It's here now, and in our family, my son has type 1 diabetes, which is still an incurable disease, and I lost my parents to heart disease and cancer, but I think that my story probably sounds familiar to you, because probably a version of it is your story. At some point in our lives, all of us, or people we care about, become patients, and that's why I think that stem cell research is incredibly important for all of us. Thank you. (Applause) (Applause)

胚幹細胞は 実に驚くべき細胞です

They are our body's own repair kits,/ and they're pluripotent,/ which means/ they can morph into all of the cells/ in our bodies.//

私たちの体の修理セットであり 分化能を持ちます ? つまり 体のどんな細胞にも変身できるのです

Soon,/ we actually will be able to use stem cells/ to replace cells/ that are damaged or diseased.//

じきに幹細胞を使って 損傷したり病気になった細胞を交換できるようになるでしょう

But that's not/ what I want to talk/ to you about,/ because right now/ there are some really extraordinary things/ that we are doing with stem cells/ that are completely changing the way/ we look and model disease,/ our ability to understand/ why we get sick,/ and even develop drugs.//

でも今日は別の話をします 現在幹細胞の応用研究が進行中で それにより様々なことが変わります 例えば 病気を捉えてモデル化する方法も変われば 病気になる理由を理解できるようにもなるでしょう 創薬プロセスも大きく変わるでしょう

I truly believe/ that stem cell research is going to allow/ our children/ to look at Alzheimer's/ and diabetes/ and other major diseases/ the way/ we view polio/ today,/ which is as a preventable disease.//

幹細胞の研究により 私たちの子供が大人になる頃には アルツハイマーや糖尿病などの病気も ポリオのように予防可能になると信じています

So here/ we have this incredible field,/ which has enormous hope/ for humanity,/ but much/ like IVF/ over 35 years ago,/ until the birth of a healthy baby,/ Louise,/ this field has been under siege/ politically and financially.//

そんなわけでこの分野は 人類にとって大きな希望なのです しかし 35年以上 時を遡りルイーズが健康に生まれてくるまでの 体外受精を鑑みると分かるように この分野は政治的・財政的に包囲網に囲まれています

Critical research is being challenged instead of supported,/ and we saw/ that it was really essential/ to have private safe haven laboratories/ where this work could be advanced without interference.//

重要な研究が 支援されるどころか問題視されているので この研究に干渉されない 民間の研究所を設立することが 不可欠だと考えました

And so,/ in 2005,/ we started the New York Stem Cell Foundation Laboratory/ so that we would have a small organization/ that could do this work and support it.//

そこで2005年に ニューヨーク幹細胞財団研究所を設立し 小さな組織ではありますが この研究を進めたり 支援したりできるようにしました

What we saw/ very quickly is the world of both medical research,/ but also/ developing drugs and treatments,/ is dominated by,/ as you would expect,/ large organizations,/ but in a new field,/ sometimes/ large organizations really have trouble/ getting out of their own way,/ and sometimes/ they can't ask the right questions,/ and there is an enormous gap/ that's just gotten larger/ between academic research/ on the one hand and pharmaceutical companies and biotechs/ that are responsible/ for delivering all of our drugs and many of our treatments,/ and/ so we knew/ that to really accelerate cures and therapies,/ we were going to have to address/ this/ with two things:/ new technologies/ and also/ a new research model.//

間もなくして気付きましたが 医学だけでなく薬学や治療の世界は みなさんの想像通り大きな組織に支配されていますが 新しい分野では大きな組織は 自分たちの方法から抜け出すのに苦労し 時には適切な質問さえできなくなるのです そのためアカデミックな研究と 薬や治療を提供する役目を負った 製薬企業やバイオテクノロジー企業の間には 大きなギャップが生じています そこで医学療法の発展を促進するために 我々はこの問題を 2つのものにより解決する必要があります 新しい技術 そして新しい研究モデルです

Because/ if you don't close that gap,/ you really are exactly/ where we are today.//

そのギャップを埋めることができなければ 進歩はありえません これこそが私がお伝えしたいことです

And that's/ what I want to focus on.//

これこそが私がお伝えしたいことです

We've spent the last couple of years/ pondering this,/ making a list of the different things/ that we had to do,/ and/ so we developed a new technology,/ It's software and hardware,/ that actually can generate thousands and thousands of genetically diverse stem cell lines/ to create a global array,/ essentially/ avatars of ourselves.//

我々はここ数年この問題について考え するべきことのリストを作りました また新しい技術の開発も行いましたソフトウェアとハードウェアなんですが また新しい技術の開発も行いましたソフトウェアとハードウェアなんですが 遺伝子的に多様な何千何万もの 幹細胞株群を生成します 本質的には我々の分身たちなのです

And we did this/ because we think/ that it's actually going to allow/ us/ to realize the potential,/ the promise,/ of all of the sequencing of the human genome,/ but it's going to allow/ us,/ in doing/ that,/ to actually do clinical trials/ in a dish/ with human cells, not animal cells,/ to generate drugs and treatments/ that are much more effective,/ much safer, much faster,/ and at a much lower cost.//

こんな考えから この技術を開発しました この技術はヒトゲノム解読の 持てる力を引き出して活用し 幹細胞株群を生成することで ヒトの細胞を用いてシャーレで臨床試験を行えるようになります 動物の細胞ではなくです そうすることで 創薬と医療はより効率的に より安全に より迅速に そしてより低コストになります

So let me/ put that/ in perspective/ for you/ and give you/ some context.//

これを理解するための 背景をご説明しましょう

This is an extremely new field.//

この分野は非常に新しい分野です

In 1998,/ human embryonic stem cells were first identified,/ and just nine years later,/ a group of scientists/ in Japan were able to take skin cells/ and reprogram them/ with very powerful viruses/ to create a kind of pluripotent stem cell called an induced pluripotent stem cell,/ or what we refer to/ as an IPS cell.//

1998年 ヒト胚幹細胞が初めて発見され そのわずか9年後には 日本の科学者グループが 抽出した皮膚の細胞を 非常に強力なウィルスを用いて再プログラム化することに成功しました その結果できあがったのが 胚幹細胞の一種である 人工多能性幹細胞 通称iPS細胞です

This was really an extraordinary advance,/ because/ although these cells are not human embryonic stem cells,/ which still remain the gold standard,/ they are terrific/ to use for modeling disease/ and potentially/ for drug discovery.//

これは非常に大きな進歩でした なぜなら これらの細胞は 現在も標準的に用いられる ヒト胚幹細胞ではないにもかかわらず 疾患のモデル化 そして将来的には創薬に有用だからです

So a few months later,/ in 2008,one of our scientists built on that research.// He took skin biopsies,/ this time/ from people/ who had a disease,/ ALS,/ or/ as you call it/ in the U.K.//,/ motor neuron disease.//

その数ヶ月後 2008年に我々の科学者の一人が その研究を発展させました彼は皮膚の細胞生検試料を取り出しました 今度はALSと呼ばれる 運動神経細胞の病気の患者からです

He turned them/ into the IPS cells/ that I've just told you about,/ and then/ he turned those IPS cells/ into the motor neurons/ that actually were dying in the disease.//

その試料から先ほどお話しした iPS細胞を作りました その試料から先ほどお話しした iPS細胞を作りました そのiPS細胞から作った運動神経は病気で死んでいきました そのiPS細胞から作った運動神経は病気で死んでいきました

So basically/ what he did/ was to take a healthy cell/ and turn it/ into a sick cell,/ and he recapitulated the disease/ over and over again/ in the dish,/ and this was extraordinary,/ because it was the first time that/ we had a model of a disease/ from a living patient/ in living human cells.//

つまり彼がしたのは健康な細胞を 病気にかかった細胞に変え シャーレの中で何度も繰り返し発病させたのです これは驚くべきことです 生きた患者の細胞から疾患モデルを得るのは これが初めてだったんですから

And/ as he watched the disease unfold,/ he was able to discover/ that actually/ the motor neurons were dying in the disease/ in a different way/ than the field had previously thought.// There was another kind of cell/ that actually was sending out/ a toxin/ and contributing to the death of these motor neurons,/ and you simply couldn't see it/ until you had the human model.//

病気が進行するのを観察するにつれ ALSでは運動神経が それまで考えられていたのとは違う形で 死んでいくことを発見しました 毒素を送り出している細胞が別に存在し 運動神経の死を引き起こしていたのです ヒトのモデルが無ければわからなかったことです ヒトのモデルが無ければわからなかったことです

So you could really say/ that researchers/ trying to understand/ the cause of disease/ without being able to have human stem cell models were much/ like investigators/ trying to figure out/ what had gone terribly wrong/ in a plane crash/ without having a black box,/ or a flight recorder.//

ここで言えるのは 病気の原因を突き止めようとする研究者が ヒト幹細胞モデルを使うことができないのは 飛行機事故の調査委員が 事故の原因究明に ブラックボックス つまりフライトレコーダーを使うことができないようなものです

They could hypothesize about what had gone wrong,/ but they really had no way of knowing/ what led to the terrible events.//

どこがおかしかったのか仮説を立てるでしょうが 実際に何が悲惨な事故を招いたのかを 知る術はありません

And stem cells really have given us/ the black box/ for diseases,/ and it's an unprecedented window.//

幹細胞は病気に対する一連の記録を与えてくれます まるで前例のない窓です

It really is extraordinary,/ because you can recapitulate many, many diseases/ in a dish,/ you can see/ what begins to go/ wrong/ in the cellular conversation well/ before you would ever see symptoms appear in a patient.//

これは大変素晴らしいことで シャーレ上で実に多くの病気を再現することができ 対話的に細胞内で何がおかしくなるのか分かります 患者に病気の兆しが 見られる前にです

And this opens up/ the ability,/ which hopefully will become something/ that is routine/ in the near term,/ of using human cells to test for drugs.//

これにより きっと近い将来には ヒト細胞を薬の治験に使うことが 一般的になるでしょう

Right now,/ the way/ we test for drugs is pretty problematic.//

現行の薬の治験法は問題だらけです

To bring a successful drug/ to market,/ it takes,/ on average,/13 years-/ that's one drug -/ with a sunk cost of 4 billion dollars,/ and only one percent of the drugs/ that start down/ that road are actually going to get there.//

薬が市場に出回るまでに平均で 13年かかります ? 1つの薬に対してです また40億ドルもの埋没費用も発生します 開発に着手した薬のうち たった1パーセントしか 市場にはたどり着きません

You can't imagine other businesses/ that you would think of going into that have these kind of numbers.//

他の分野でこんな数字が出されたら だれも手を付けようとしないでしょう だれも手を付けようとしないでしょう

これはひどいビジネスモデルですが

But it is really a worse social model/ because of what's involved and the cost/ to all of us.//

それ以上に社会モデルとしても 皆に多大な 負担を強いるものとなっています

So the way/ we develop drugs now is by testing promising compounds on --/ We didn't have disease modeling/ with human cells,/ so we'd been testing them/ on cells of mice/ or other creatures or cells/ that we engineer,/ but they don't have the characteristics of the diseases/ that we're actually trying to cure.//

現在のところ創薬は効きそうな化合物を試すことで進められます ヒト細胞を用いた疾患モデルはありませんでした ヒト細胞を用いた疾患モデルはありませんでした だからマウスなどの生物の細胞や 改変した細胞でテストしていました しかしそれらの細胞は必ずしも治療対象とする 病気の特性を持っているわけではありません

You know,/ we're not mice,/ and you can't go into a living person/ with an illness/ and just pull out/ a few brain cells/ or cardiac cells/ and then start fooling/ around/ in a lab/ to test for,/ you know,/ a promising drug.//

我々はマウスではありませんので 生きた患者から 脳細胞や心臓の細胞を取り出して あれこれ試していくことも 単なる候補薬ではできません

But what you can do with human stem cells,/ now,/ is actually create avatars,/ and you can create the cells,/ whether it's the live motor neurons or the beating cardiac cells or liver cells or other kinds of cells,/ and you can test for drugs,/ promising compounds,/ on the actual cells/ that you're trying to affect,/ and this is now,/ and it's absolutely extraordinary,/ and you're going to know/ at the beginning,/ the very early stages of doing your assay development and your testing,/ you're not going to have to wait/ 13 years/ until you've brought a drug/ to market,/ only to find out/ that actually/ it doesn't work,/ or even worse, harms people.//

しかしヒト幹細胞があれば 分身をつくったり細胞をつくったりできます 生きた運動神経であろうと 拍動する心細胞や肝細胞であろうと 他のどんな細胞であろうと 薬 つまり効き目のありそうな化合物を 実際にターゲットとする細胞でテストできるのです これは実に素晴らしいことで 薬効試験や治験の 極めて早い段階で 実は効かないとか毒性があるとか 分かってしまうのです 薬が市場に出回るまでの 13年もの期間を待つ必要はありません

But it isn't really enough just/ to look at the cells/ from a few people or a small group of people,/ because we have to step back.//

しかしごく少数の人の細胞を見るだけでは 十分ではありません 一歩離れて見てみましょう 十分ではありません 一歩離れて見てみましょう

We've got to look/ at the big picture.//

大きな枠組みで見なければなりません

Look/ around this room.// We are all different,/ and a disease/ that I might have,/ if I had Alzheimer's disease or Parkinson's disease,/ it probably would affect me differently/ than/ if one of you had/ that disease,/ and/ if we/ both had Parkinson's disease,/ and we took the same medication,/ but we had different genetic makeup,/ we probably would have a different result,/ and it could well be/ that a drug/ that worked wonderfully/ for me was actually ineffective/ for you,/ and similarly,/ it could be/ that a drug/ that is harmful/ for you is safe/ for me,/ and,/ you know,/ this seems totally obvious,/ but unfortunately/ it is not the way that/ the pharmaceutical industry has been developing drugs/ because,/ until now,/ it hasn't had the tools.//

この部屋を見回してみてください私たちはみんな違っています 病気に関してもそうです もし私がアルツハイマー病やパーキンソン病にかかったら みなさんがその病気にかかったときとは異なる影響が出るでしょう みなさんがその病気にかかったときとは異なる影響が出るでしょう 二人がパーキンソン病にかかって 同じ薬を投与したとしても 遺伝子の構成が違っているので 異なる結果が出るでしょう 私に対しては驚くほど効果を発揮した薬が あなたには効かないということも十分あり得ます 同様にあなたに対しては有害だった薬が 私にとっては安全ということも考えられます明白なことだと思われるでしょうが 残念なことに製薬業界が新薬を開発する際には そのことは考慮されてきませんでした 今まではそのための道具が無かったのですから

And so/ we need to move away/ from this one-size-fits-all model.//

従来のフリーサイズ一辺倒のモデルから 離れる必要があります

The way/ we've been developing drugs is essentially like going into a shoe store,/ no one asks you/ what size you are,/ or/ if you're going/ dancing/ or hiking.//

これまでの創薬プロセスは本質的には こうでした ダンスやハイキングに行くというのに 靴屋がサイズを訊かないのです

They just say,/ "Well,/ you have feet,/ here are your shoes."//

「足にはこの靴をどうぞ」と言うだけです

It doesn't work with shoes,/ and our bodies are many times more complicated/ than just our feet.//

靴を買うのにそんなことではいけませんし ましてや 我々の体は単なる足の何倍も複雑にできているので

So we really have to change/ this.//

現状を変える必要があります

There was a very sad example of this/ in the last decade.//

過去10年の間に悲しい事例がありました

There's a wonderful drug,/ and a class of drugs actually,/ but the particular drug was Vioxx,/ and for people/ who were suffering from severe arthritis pain,/ the drug was an absolute lifesaver,/ but unfortunately,/ for another subset of those people,/ they suffered pretty severe heart side effects,/ and for a subset of those people,/ the side effects were so severe,/ the cardiac side effects,/ that they were fatal.//

素晴らしく効き目のある種の薬がありました そのうちの1つがVioxxです 関節炎に苦しむ人々にとっては 確かにVioxxは救世主でしたが 残念なことに別の集団に対しては 心臓に深刻な副作用をもたらしました さらに一部の人に対しては副作用の影響の方があまりにも大きく 心細胞に致命的な影響を及ぼしました

But imagine a different scenario,/ where we could have had an array,/ a genetically diverse array,/ of cardiac cells,/ and we could have actually tested/ that drug,/ Vioxx,/ in petri dishes,/ and figured out,/ well,/ okay,/ people/ with this genetic type are going to have/ cardiac side effects,/ people/ with these genetic subgroups/ or genetic shoes sizes,/ about 25,000 of them,/ are not going to have/ any problems.//

しかし別のシナリオを考えてみてください 遺伝子的に多様な心細胞のアレイを手に入れ 実際にVioxxを シャーレ上でテストすることができたらどうでしょう この遺伝子型をもつ人は心臓への副作用が出ると分かります またこのような遺伝子型の2万5千人には ?靴のサイズのようなものですね? 全く問題ないことが あらかじめ分かるのです

The people/ for whom it was a lifesaver could have still taken their medicine.//

Vioxxで救われる人たちは安心してのみ続けられたでしょう Vioxxで救われる人たちは安心してのみ続けられたでしょう

The people/ for whom it was a disaster,/ or fatal,/ would never have been given it,/ and you can imagine a very different outcome/ for the company,/ who had to withdraw/ the drug.//

逆にVioxxが致命的な事態を引き起こす人たちは Vioxxを投与されることもなく Vioxx を回収しなければならなかった製薬会社の 迎える結末も違ったことでしょう

So that is terrific,/ and we thought,/ all right,/ as we're trying to solve/ this problem,/ clearly/ we have to think/ about genetics,/ we have to think/ about human testing,/ but there's a fundamental problem,/ because right now,/ stem cell lines,/ as extraordinary/ as they are,/ and lines are just groups of cells,/ they are made by hand,/one/ at a time,/ and it takes a couple of months.//

この事件は痛ましく この問題を解決しようとする中で 改めて考えると 遺伝子のことも 人体実験のことも考えなければなりませんがもっと根本的な問題も存在します 人体実験のことも考えなければなりませんがもっと根本的な問題も存在します 現在のところ幹細胞株は 非常に素晴らしいものですが 株は細胞の集団であるため 一度に一株ずつ手作業で作らねばならず その作業に数ヶ月かかってしまいます

This is not scalable,/ and also/ when you do things/ by hand,/ even/ in the best laboratories,/ you have variations/ in techniques,/ and you need to know,/ if you're making/ a drug,/ that the Aspirin/ you're going to take out/ of the bottle/ on Monday is the same/ as the Aspirin/ that's going to come/ out of the bottle/ on Wednesday.//

これでは大量生産が不可能です手作業で幹細胞株をつくるときには 最高の設備を備えた研究所でさえも 手技にばらつきがあります 例えば薬を作っているのなら 月曜日に瓶から取り出したアスピリンは 水曜日に取り出すアスピリンと 同じものと分かっている必要があります

So/ we looked at this,/ and we thought,/ okay,/ artisanal is wonderful in,/ you know,/ your clothing and your bread and crafts,/ but artisanal really isn't going to work/ in stem cells,/ so we have to deal/ with this.//

こうして考えていくと 職人技は服飾や パンや工芸に関しては素晴らしいのですが 幹細胞に関しては 向いていません そこでこの問題を解決しなければなりません

But even/ with that,/ there still was another big hurdle,/ and/ that actually brings us back/ to the mapping of the human genome,/ because we're all/ different.//

それができたとしても また別の大きなハードルが存在し ヒトゲノムのマッピングから 始めなければなりません 我々はみな異なっているからです

We know from the sequencing of the human genome/ that it's shown us/ all of the A's,/ C's,/ G's/ and T's/ that make up/ our genetic code,/ but that code,/ by itself,/ our DNA,/ is like looking at the ones and zeroes of the computer code/ without having a computer/ that can read it.//

ヒトゲノム配列解読により 我々の遺伝子を構成する全ての ACGT は示されていますが しかしコードだけの DNA は 1と0からなるコンピューターコードを 解読用コンピュータ無しで読んでいるようなものです

It's like having an app/ without having a smartphone.//

スマートフォンを持ってないのにアプリだけ持っているようなもの

We needed to have/ a way of bringing the biology/ to that incredible data,/ and the way to do that was to find a stand-in,/ a biological stand-in,/ that could contain all of the genetic information,/ but have it be arrayed in such a way/ as it could be read together/ and actually create this incredible avatar.//

そこで生物学が登場して 有用なデータへ変える必要があります その方法は 生物の代役を用意し 遺伝情報を全て詰め込み 解読可能なように アレイに並べ 分身を作ってみることです

We need to have/ stem cells/ from all the genetic sub-types/ that represent/ who we are.//

あらゆる亜型からつくった幹細胞で 私たちがどのようなものかを表現することが必要となります

So this is/ what we've built.//

これが私たちのつくったものです

It's an automated robotic technology.//

自動化ロボット技術です

It has the capacity/ to produce thousands and thousands of stem cell lines.// It's genetically arrayed.//

何千何万もの幹細胞株を生産することができ それらの株は遺伝情報に応じてアレイ状に並べられます

It has massively parallel processing capability,/ and it's going to change/ the way/ drugs are discovered,/ we hope,/ and I think eventually/ what's going to happen/ is/ that we're going to want/ to re-screen drugs,/ on arrays/ like this,/ that already exist,/ all of the drugs/ that currently exist,/ and in the future,/ you're going to be taking drugs and treatments/ that have been tested for side effects/ on all of the relevant cells,/ on brain cells and heart cells and liver cells.//

並列処理能力も優れており 創薬プロセスを変えることが期待されます そのうち起こるだろうと私が思うことは このようなアレイ上で薬を 再スクリーニングすることです 今存在する全ての薬をです 将来の薬や治療法は 事前に副作用を精査されていることでしょう 関連のある細胞全てで 脳細胞や心細胞 肝細胞でもです

It really has brought us/ to the threshold of personalized medicine.//

この技術によりオーダーメード医療は 目の前まで近づいています

It's here now,/ and in our family,/ my son has type 1 diabetes,/ which is still an incurable disease,/ and I lost my parents/ to heart disease and cancer,/ but I think/ that my story probably sounds familiar/ to you,/ because probably/ a version of it is your story.//

私の家族に関して言えば 息子がI型糖尿病にかかっており 現在も完治は不可能です 両親も心臓病とガンで亡くしました どこかで聞いた話のようだと思われるかもしれません 皆さんも似たような経験をお持ちでしょうから

At some point/ in our lives,/ all of us,/ or people/ we care about,/ become patients,/ and that's/ why I think/ that stem cell research is incredibly important/ for all of us.//

人生のどこかで誰もが 自分や愛する人たちが 病気の患者となります だからこそ幹細胞研究は 我々全員にとってとても重要です

Thank you.// (Applause) (Applause)//

ありがとうございました (拍手)

embryonic

=embryo

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

repair

…‘を'『修繕する』,修理する

…‘を'『償う』;…‘を'訂正する』

…‘を'回復する

修繕(修理)できる

『修繕』,『修理』,修繕作業

〈U〉手入れ(修理)の状態

kit

〈C〉(特定の目的のための)用具(器具など)一式

〈C〉一式の用具を入れる箱(袋など)

〈U〉《おもに英》(旅行者・水夫・兵士などの衣類など)身の回り品一式

〈C〉(全体を構成する)部品(材料)の一そろい

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

diseased

病気にかかった

病的な,不健全な(morbid)

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

completely

『完全に』,全く,十分に

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

diabetes

糖尿病(尿に糖が異常に出る病気)

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

polio

小児麻痺(まひ),ポリオ[poliomyelitisの短縮形]

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

enormous

『巨大な』,ばく大な

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

siege

〈C〉〈U〉(町・要さいなどに対する)『包囲』,包囲攻撃

〈C〉《米》(病気などの)長く苦しい期間

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

instead

『その代りとして』,それよりも

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

haven

安全な所,避難場所

《まれ》港

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

interference

〈U〉(…への)干渉,口出し,妨害《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(ラジオ・テレビの)混信;(光波・音波などの)干渉

〈U〉(一般のスポーツで)妨害行為

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

dominate

…‘を'『支配する』,‘に'君臨する

…‘で'優位を占める,幅を利かす

…‘を'見下ろす位置にある;…‘の'上にそびえ立つ

(…を)支配する,威圧する《+『over』+『名』》

《副詞[句]を伴って》優勢である

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

ca

circa

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

ponder

…‘を'『じっくり考える』,『熟考する』

(…を)じっくり考える,沈思する《+『on(over)』+『名』(do『ing』)》

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

hardware

《集合的に》金物類,鉄器類

ハードウエア(電子計算機の機械部分)

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

diverse

(…とは)別種の,違った《+『from』+『名』》

いろいろの,多様の

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

array

〈軍隊など〉'を'整列させる,配置する

《文》〈人〉‘に'衣類を着せる,(特に)〈人〉'を'盛装させる

〈U〉整列,陳列

(…の)整列(配置)した物(人),勢ぞろい《+『of』+『名』(複数)》

〈U〉衣装,(特に)美しい装い

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

avatar

(インドの神話に出てくる)神の化身(けしん),権化(ごんげ)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

sequencing

配列,接続;(特に時間の)調整

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

dish

〈C〉(全員分の料理を盛る)『大皿』,盛り皿,深皿

《しばしばthe ~》《複数形で集合的に》(食事に用いる,おもに陶器製の)皿類,食器類(plates,bowls,saucers,cups,knives,forksなどの総称)

〈C〉(皿に盛られた)『料理』,食品

〈C〉(…の)皿1杯の分量,一皿分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》可愛い女の子

〈食物〉‘を'皿に盛る;〈人〉‘に'盛りつけて出す《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

extremely

『極端に』,非常に過度に

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

virus

ビールス,ろ過性病原体

induce

〈人〉‘に'『勧めて』(…)『させる』

…‘を'『引き起こす』,もたらす(cause)

〈電気〉‘を'誘導する

…‘を'帰納する

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

gold standard

金本位制

terrific

(大きさ・程度が)ものすごい

恐ろしい

《話》とびきり良い,すばらしい(excellent)

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

basically

基本的に,根本的に;元来は

recapitulate

…‘の'要点を繰り返す,‘を'要約する(summarize)

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

unfold

〈折りたたまれたもの〉‘を'『広げる』,開く

〈計画など〉‘を'しだいに明らかにする(知らせていく)

〈花びらなどが〉『広がる』,開く

〈物事が〉(しだいに)はっきりしてくる,分かってくる;展開する

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

previously

『以前に』,先に;前もって

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

toxin

(特にバクテリアの)毒素

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

researcher

研究者,調査員

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

investigator

調査者,研究者

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

terribly

『恐ちしく』,ものすごく

(比較変化なし)《話》『ひどく』,非常に(very)

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

crash

『ガラガラ』,『ドシン』(物が倒れたり砕けたりするときの音)

(飛行機の)『墜落』;(車の)『衝突』

(事業・相場などの)崩壊,破産

『ガチャン』(『ドシン』,『ガラガラ』)『と大きな音をたてる』

(…に)ガチャン(ドシン)と衝突する《+『into』(『against』)+『名』》

大きな音をたてて動く

〈飛行機が〉墜落する

〈事業などが〉つぶれる

(…にぶつけて)…'を'『ガチャン』(ドシン),『ガラガラ』)『と壊す』《+『名』+『against』(『into, to』)+『名』》

〈飛行機・車など〉'を'衝突させる

《話》(またgatecrash)(招待状・切符なしで)…‘に'押し掛ける・もぐり込む

応急の

black box

ブラックボックス(機能は決められているが内部構成は決められていない電子回路の一部)

flight

〈U〉『飛ぶこと』;〈C〉飛行;飛行距離

〈C〉(飛行機の)定期便,(定期旅客機の)便名(flight number)

〈C〉《a ~》(鳥・昆虫・飛行機などの)『一団となって飛ぶ群れ』;(矢・弾などの)斉射《+『of』+『名』》

〈U〉(時間などが)飛ぶように過ぎること《+『of』+『名』》

〈C〉《a ... of stairs》(階と階,または踊り場と踊り場の間の)『一続きの階段』

〈C〉(思想・気持ちなどの)飛躍,高揚《+『of』+『名』》

recorder

記録係,記録者

録音機;記録計

レコーダー(フルートに似た縦笛)

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

unprecedented

先例のない,みぞうの

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

symptom

(病気の)徴候,症状《+of+名》

(一般)に(…の)徴候,きざし,印《+of+名》

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

routine

『いつもの手順』,『決まりきった仕事』

(喜劇・踊りの)型どおりの演技

(することや,やり方に)変化がないこと,単調

『いつもの』,型どおりの

独創性のない

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

sunk

sink の過去分詞

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

promising

『前途有望な』,見込みのある,期待できる

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

illness

(心身の)『病気』,不健康

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

cardiac

心臓の

fool

〈C〉『ばか者』

〈C〉(昔,王候貴族に仕えた)道化師(jester)

〈U〉〈C〉フール(煮てつぶした果物にクリームをかけた食品)

〈人〉‘を'だます,かつぐ

〈人が〉ばかなまねをする,ふざける,冗談をいう

愚かな

lab

実験室(laboratory)

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

liver

(ある態度で)生活する人;居住者

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

assay

(金属の品質・鉱石の金属含有量・薬品の)分析,試金

試金物,分析物

…'を'試金する,分析する

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

harm

『害』,『損害』;危害

(精神的な)害,災い;不幸;不都合

…‘を'『害する』,‘に'損害を与える,危害を加える

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

probably

『たぶん』,『おそらく』

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

medication

〈C〉〈U〉薬剤,医薬品

〈U〉薬剤を添加(投入)すること;薬物治療

makeup

〈U〉〈C〉化粧;(俳優などの)メーキャップ,(かつら・つけひげなどの)ふん装

〈C〉《単数形で》《…の》構造,構成,(出版物の)割付け《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》体資;性資

〈C〉作り話,八百長

(また『make-up test』)〈C〉《米》再(追)試験

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

wonderfully

『驚くほど』,すばらしく,非同に

ineffective

効果のない,むだな

役に立たない,無能の,無力の

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

harmful

『有害な』,害になる

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

totally

全く,完全に

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

no one

『だれも』…『ない』

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

hiking

ハイキング

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

feet

footの複数形

decade

『10年間』

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

severe

(人・法律などが)『厳しい』,厳格な

(態度・表情が)厳粛な,いかめしい

(病気などが)『重い』,危険な

(様式・趣味などが)簡素な,じみな,飾りのない

(人の体に)厳しくこたえる,激しい

(試験などが)難しい,厳しい

arthritis

関節炎

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

lifesaver

(特に,水難の)人命救助者

《話》危機から救ってくれる物(人)

輪形救命具

subset

(一組・一団などの一部を成す)小さな一組

(数学の集合論で)部分集合

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

side effect

(薬などの)副作用

fatal

『運命の』,宿命的な,避けられない(inevitable)

『致命的な』,命にかかわる

scenario

(映画の)シナリオ,台本

(小説・戯曲の)筋書き

okay

=OK,O.K.

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

withdraw

(…から)…‘を'『引っ込める』《+名+from+名》

(…から)…‘の'身を引かせる,‘を'退かせる《+名+from+名》

(…から)…‘を'引き出す,回収する《+名+from+名》

〈申し出・約束など〉‘を'取り消す,撤回する

『引き下がる』;(…から,…へ)退く《+from(into)+名》

(…から)身を引く《+from+名(doing)》

よける,身をかわす

取り消す,撤回する

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

variation

{U}『変化(変動)すること』

{C}(個々の)変化;変化の量(程度)

{C}変形,変わり種;(生物の)変種

{C}(…の)変奏曲《+on+名》

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

aspirin

〈U〉アスピリン(鎮痛・解熱剤)

〈C〉アスピリン錠

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

clothing

『衣類』,衣料品

bread

『パン』,食パン

(生名の糧(かて)として必要な)食物一般…生計・金・銭

craft

〈U〉『技能』,技巧

〈C〉手先の技術を要する仕事;工芸

〈C〉《集合的に》同業者;同業組合

〈U〉(悪い意味で)巧妙さ,悪だくみ

《集合的に》船,飛行機,宇宙船

…'を'手作りで作る,手作りのように丹念に作る

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

hurdle

〈C〉(競技用)ハードル,障害物

《複数形で;単数扱い》ハードル競走

〈C〉困難,障害物

〈C〉(臨時に家畜の囲いなどに用いる移動式の)編み垣

(競技で)〈ハードルなど〉‘を'跳び越す

〈困難・障害など〉‘を'克服する,‘に'打ち勝つ(overcome)

mapping

(数学で)関数

地図製作

(時間の)割当て

genetic code

遺伝子配列

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

computer

『計算機』;『電子計算機』

biology

『生物学』

datum

dataの単数形

既知の事実

stand-in

(映画・テレビの)代役,スタンドイン(本番前のテストや危険場面などでスターの代役をする人)

身代り

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

built

buildの過去・過去分詞

「(体が)…にできている,…造りの」の意を表す

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

massively

どっしりと,重々しく,重苦しく

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

currently

現在は;広く,一般に

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

threshold

『敷居』

《単数形で》(…の)『始め』,出発点,発端《+of+名》

閾(心理学で刺激に対して反応を示し始める点)

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

incurable

(病気などが)不治の,治らない;(人が)直しようがない

不治の病人

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

heart disease

心臓病

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

incredibly

信じられないほど

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画