TED日本語 - ポール・デベヴェック: メイキング・オブ・デジタルエミリー

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TEDxUSCでコンピュータグラフィックスの第一人者であるポール・デベヴェックが、デジタルエミリーの背後にある観客の目を奪うような技術について解説します。何度の撮り直しにも応えられるコンピュータで作り出されたリアルな人の顔をご覧ください。

Script

コンピュータグラフィックスにおける最大の難問の1 つは 本物のように見える人の顔を デジタル合成することでした これが難しい理由は エイリアンや恐竜とは違って 私達が人の顔を毎日見ているからです 私達がコミュニケーションを取る上で 顔は重要な役割を果たしているので レンダリングされた顔が 微細な部分まで再現していないと 本物らしく見えないのです

これからの5 分間で 写実的な顔を合成しようと 私達が試みたプロセスを 辿っていこうと思います これには私達がImage Metrics 社と開発した CG の技術を使っています 対象としたのは ここに出ている エミリー オブライエンという女優の顔です これは実際にレンダリングで生成された彼女の顔です 動いているところを後でお見せします

出発点となるのはエミリー本人です 彼女はマリーナデルレイにある私達のラボまで来て このLight Stage 5 での撮影を快く引き受けてくれました この球面は顔をスキャンする装置で 156 個のLED が取り付けられており 照明の状況を自由にコントロールしながら 撮影ができるようになっています 私達が最近使う照明の種類はこのようなものです この全部を3 秒ほどで撮れます

これで基本的に十分な情報を得られます 彼女の顔の等高線を描き出すビデオプロジェクタのパターンと Light Stage による様々な方向からの光で 彼女の顔を粗いスケールと 微細なスケールで把握します この写真を拡大してみましょう 彼女を捉えたとても良い写真です あらゆる方向から同時に照らされていて 顔のテクスチャがよく現れています

私達はすべての照明に偏向フィルタを付けています 偏向サングラスが 路面のぎらつきを押えるように 偏光フィルタは肌のてかりを押えます これにより正反射なしにテクスチャマップが得られます 偏光フィルタを少し回すと 肌の正反射が 再び現れ 光って脂ぎって見えます この2 つの画像の差分を取ると 球面全体に照らされた肌の 反射だけを取り出すことができます

私達がここでやったような写真は 今まで撮られたことはないと思います これは捉えるべき非常に重要な光です 顔の一番表面で反射された光で 肌の透明な層を通った ぼやけた光は除かれています そのため 私達みんなが持っていて 本物の人らしく見せている 肌のキメや 細かい皺の とても良い情報が得られます

この正反射から得られた情報を使うと 従来の顔のスキャンによる 顔の全体的な輪郭や基本的な形状に 肌のキメや細かい皺の 情報を付け加えることができます ここで重要なのは この測光プロセスには3 秒しかかからないということです 私達はエミリーのたくさんの 顔の表情の写真を ある日の午後だけで撮影することができました

彼女が目や口を動かしている写真が並んでいます これらを使って写実的なキャラクタを作り出します このエミリーのスキャン画像を見ていると 人の顔というのが 驚くほど多彩な表情を作れるのがわかります ここでは顔の形状の変化だけではなく あらゆる肌の屈曲や皺のパターン 肌のキメの変化を見ることができます 引き延ばされたところから 通常の肌のテクスチャまで 眉の畝とその微細構造の変化 筋肉に引っ張られて眉毛が下がり しかめ面のときは額の肉が盛り上がります

このような高解像度の形状に加え カメラが捉えた 顔に使えるすばらしいテクスチャマップがあります 赤、緑、青という照明の 異なる色の成分は 拡散の仕方が違い それを考慮して肌のシェーディングを行います そうすると 石膏で出来たマネキンみたいだったのが 生きた人間の肉体に見えるようになります

これはImage Metrics 社が デジタル版のエミリーの 作成に使ったもので 粗いスケールの形状による 彼女のデジタル操り人形です これらの糸を引くと 私達が撮ったスキャン画像に 合った形で動きます 粗いスケールの形状に加え ディスプレイスメントマップを使って 微細な部分を作ります これは動かすこともできます これがディスプレイスメントマップ 彼女の動きに応じて 違った皺が現れています

次にアニメーションを付けます データの元として エミリー本人が演じた映像を使いました そのビデオをコンピュータビジョンのテクニックを使って解析し コンピュータが生成した動きを持った 顔を作り出しました この後見ていただくのは 完成したデジタルの顔です ボリュームを少し上げましょう

Image Metrics はマーカーなしパフォーマンス駆動アニメーションの会社です テレビゲームや映画のためのハイクオリティな 顔のアニメーションを専門としています Image Metrics はマーカーなしパフォーマンス駆動アニメーションの会社です テレビゲームや映画のためのハイクオリティな 顔のアニメーションを専門としています

レイヤに分解してみましょう これは光の拡散の部分です これは正反射部分のアニメーション 皺が現れているのがわかります これは下にあるワイヤフレームのメッシュ そしてエミリー本人

今後どうするかですが Light Stage 5 を一歩先へ進めたLight Stage 6 を作りました このテクノロジーを 人の体全体に適用しています 彼は研究メンバーのブルース ローメンで 走っているところをキャプチャするモデルになってくれました コンピュータで生成した彼が 新たな環境の中で走っているのをご覧ください どうもありがとうございました (拍手)

One of the biggest challenges in computer graphics has been being able to create a photo-real, digital human face. And one of the reasons it is so difficult is that, unlike aliens and dinosaurs, we look at human faces every day. They are very important to how we communicate with each other. As a result, we're tuned in to the subtlest things that could possibly be wrong with a computer rendering, in order to believe whether these things are realistic.

And what I'm going to do in the next five minutes is take you through a process where we tried to create a reasonably photo-realistic computer-generated face, using some computer graphics technology we've developed, and also some collaborators at a company called Image Metrics. And we're going to try to do a photo-real face of an actress named Emily O'Brien, who is right there. And that's actually a completely computer-generated rendering of her face. By the end of the talk, we're going to see it move.

The way that we did this is we tried to start with Emily herself, who was gracious enough to come to our laboratory in Marina Del Rey, and sit for a session in Light Stage 5. This is a face-scanning sphere, with 156 white LEDs all around that allow us to photograph her in a series of very controlled illumination conditions. And the lighting that we use these days looks something like this. We shoot all of these photographs in about three seconds.

And we basically capture enough information with video projector patterns that drape over the contours of her face, and different principle directions of light from the light stage, to figure out both the coarse-scale and the fine-scale detail of her face. If we zoom in on this photograph right here, we can see it's a really nice photograph to have of her, because she is lit from absolutely everywhere at the same time to get a nice image of her facial texture.

And in addition, we've actually used polarizers on all the lights -- just like polarized sunglasses can block the glare off of the road, polarizers can block the shine off of the skin, so we don't get all those specular reflections to take this map. Now, if we turn the polarizers around just a little bit, we can actually bring that specular reflection of the skin back in, and you can see she looks kind of shiny and oily at this point. If you take the difference between these two images here, you can get an image lit from the entire sphere of light of just the shine off of Emily's skin.

I don't think any photograph like this had ever been taken before we had done this. And this is very important light to capture, because this is the light that reflects off the first surface of the skin. It doesn't get underneath the translucent layers of the skin and blur out. And, as a result, it's a very good cue to the detailed shape of the skin-pore structure and all of the fine wrinkles that all of us have, the things that actually make us look like real humans.

So, if we use information that comes off of this specular reflection, we can go from a traditional face scan that might have the gross contours of the face and the basic shape, and augment it with information that puts in all of that skin pore structure and fine wrinkles. And, even more importantly, since this is a photometric process that only takes three seconds to capture, we can shoot Emily in just part of an afternoon, in many different facial poses and facial expressions.

So, here you can see her moving her eyes around, moving her mouth around. And these we're actually going to use to create a photo-real digital character. If you take a look at these scans that we have of Emily, you can see that the human face does an enormous amount of amazing things as it goes into different facial expressions. You can see things. Not only the face shape changes, but all sorts of different skin buckling and skin wrinkling occurs. You can see that the skin pore structure changes enormously from stretched skin pores to the regular skin texture. You can see the furrows in the brow and how the microstructure changes there. You can see muscles pulling down at flesh to bring her eyebrows down. Her muscles bulging in her forehead when she winces like that.

In addition to this kind of high-resolution geometry, since it's all captured with cameras, we've got a great texture map to use for the face. And by looking at how the different color channels of the illumination, the red and the green and the blue, diffuse the light differently, we can come up with a way of shading the skin on the computer. Then, instead of looking like a plaster mannequin, it actually looks like it's made out of living human flesh.

And this is what we used to give to the company Image Metrics to create a rigged, digital version of Emily. We're just seeing the coarse-scale geometry here. But they basically created a digital puppet of her, where you can pull on these various strings, and it actually moves her face in ways that are completely consistent with the scans that we took. And, in addition to the coarse-scale geometry, they also used all of that detail to create a set of what are called "displacement maps" that animate as well. These are the displacement maps here. And you can see those different wrinkles actually show up as she animates.

So the next process was then to animate her. We actually used one of her own performances to provide the source data. So, by analyzing this video with computer vision techniques, they were able to drive the facial rig with the computer-generated performance. So what you're going to see now, after this, is a completely photo-real digital face. We can turn the volume up a little bit if that's available.

Emily: Image Metrics is a markerless, performance-driven animation company. We specialize in high-quality facial animation for video games and films. Image Metrics is a markerless, performance-driven animation company. We specialize in high quality facial animation for video games and films.

Paul Debevec: So, if we break that down into layers, here's that diffuse component we saw in the first slide. Here is the specular component animating. You can see all the wrinkles happening there. And there is the underlying wireframe mesh. And that is Emily herself.

Now, where are we going with this here? We've gone a little bit beyond Light Stage 5. This is Light Stage 6, and we're looking at taking this technology and applying it to whole human bodies. This is Bruce Lawmen,one of our researchers in the group, who graciously agreed to get captured running in the Light Stage. And let's take a look at a computer-generated version of Bruce, running in a new environment. And thank you very much. (Applause)

One of the biggest challenges/ in computer graphics has been being able to create a photo-real, digital human face.//

コンピュータグラフィックスにおける最大の難問の1 つは 本物のように見える人の顔を デジタル合成することでした

And one of the reasons/ it is so difficult is/ that,/ unlike aliens and dinosaurs,/ we look at human faces/ every day.//

これが難しい理由は エイリアンや恐竜とは違って 私達が人の顔を毎日見ているからです

They are very important/ to/ how we communicate with each other.//

私達がコミュニケーションを取る上で

As a result,/ we're tuned in to the subtlest things/ that could possibly be wrong/ with a computer/ rendering,/ in order to believe/ whether these things are realistic.//

顔は重要な役割を果たしているので レンダリングされた顔が 微細な部分まで再現していないと 本物らしく見えないのです

And what I'm going to do/ in the next five minutes is take you/ through a process/ where we tried to create/ a reasonably photo-realistic computer-generated face,/ using some computer graphics technology/ we've developed,/ and also/ some collaborators/ at a company called Image Metrics.//

これからの5 分間で 写実的な顔を合成しようと 私達が試みたプロセスを 辿っていこうと思います これには私達がImage Metrics 社と開発した CG の技術を使っています

And we're going to try to do/ a photo-real face of an actress named Emily O'Brien,/ who is right there.//

対象としたのは ここに出ている エミリー オブライエンという女優の顔です

And that's actually/ a completely computer-generated rendering of her face.//

これは実際にレンダリングで生成された彼女の顔です

By the end of the talk,/ we're going to see/ it move.//

動いているところを後でお見せします

The way that/ we did/ this is we tried to start/ with Emily/ herself,/ who was gracious enough/ to come to our laboratory/ in Marina Del Rey,/ and sit/ for a session/ in Light Stage 5.//

出発点となるのはエミリー本人です 彼女はマリーナデルレイにある私達のラボまで来て このLight Stage 5 での撮影を快く引き受けてくれました

This is a face-scanning sphere,/ with 156 white LEDs/ all/ around that allow us/ to photograph her/ in a series of very controlled illumination conditions.//

この球面は顔をスキャンする装置で 156 個のLED が取り付けられており 照明の状況を自由にコントロールしながら 撮影ができるようになっています

And the lighting/ that we use/ these days looks something/ like this.//

私達が最近使う照明の種類はこのようなものです

We shoot all of these photographs/ in about three seconds.//

この全部を3 秒ほどで撮れます

And we basically capture enough information/ with video projector patterns/ that drape over the contours of her face,/ and different principle directions of light/ from the light stage,/ to figure out both the coarse-scale and the fine-scale detail of her face.//

これで基本的に十分な情報を得られます 彼女の顔の等高線を描き出すビデオプロジェクタのパターンと Light Stage による様々な方向からの光で 彼女の顔を粗いスケールと 微細なスケールで把握します

If we zoom in/ on this photograph right here,/ we can see/ it's a really nice photograph/ to have of her,/ because she is lit from absolutely everywhere/ at the same time/ to get a nice image of her facial texture.//

この写真を拡大してみましょう 彼女を捉えたとても良い写真です あらゆる方向から同時に照らされていて 顔のテクスチャがよく現れています

And in addition,/ we've actually used polarizers/ on all the lights --/ just/ like polarized sunglasses can block the glare/ off of the road,/ polarizers can block the shine/ off of the skin,/ so we don't get all those specular reflections/ to take this map.//

私達はすべての照明に偏向フィルタを付けています 偏向サングラスが 路面のぎらつきを押えるように 偏光フィルタは肌のてかりを押えます これにより正反射なしにテクスチャマップが得られます

Now,/ if we turn the polarizers around/ just a little bit,/ we can actually bring that/ specular reflection of the skin back in,/ and you can see/ she looks kind of shiny/ and oily/ at this point.//

偏光フィルタを少し回すと 肌の正反射が 再び現れ 光って脂ぎって見えます

If you take the difference/ between these two images here,/ you can get an image lit/ from the entire sphere of light of just the shine off of Emily's skin.//

この2 つの画像の差分を取ると 球面全体に照らされた肌の 反射だけを取り出すことができます

I don't think any photograph/ like this had ever been taken/ before we had done this.//

私達がここでやったような写真は 今まで撮られたことはないと思います

And this is very important light/ to capture,/ because this is the light/ that reflects off the first surface of the skin.//

これは捉えるべき非常に重要な光です 顔の一番表面で反射された光で

It doesn't get underneath the translucent layers of the skin and blur out.//

肌の透明な層を通った ぼやけた光は除かれています

And,/ as a result,/ it's a very good cue/ to the detailed shape of the skin-pore structure/ and all of the fine wrinkles/ that all of us have,/ the things/ that actually make us/ look like real humans.//

そのため 私達みんなが持っていて 本物の人らしく見せている 肌のキメや 細かい皺の とても良い情報が得られます

So,/ if we use information/ that comes off/ of this specular reflection,/ we can go from a traditional face scan/ that might have the gross contours of the face and the basic shape,/ and augment it/ with information/ that puts in all of that skin pore structure and fine wrinkles.//

この正反射から得られた情報を使うと 従来の顔のスキャンによる 顔の全体的な輪郭や基本的な形状に 肌のキメや細かい皺の 情報を付け加えることができます

And,/ even more importantly,/ since this is a photometric process/ that only takes three seconds/ to capture,/ we can shoot Emily/ in just part of an afternoon,/ in many different facial poses and facial expressions.//

ここで重要なのは この測光プロセスには3 秒しかかからないということです 私達はエミリーのたくさんの 顔の表情の写真を ある日の午後だけで撮影することができました

So,/ here/ you can see her/ moving her eyes around,/ moving her mouth around.//

彼女が目や口を動かしている写真が並んでいます

And these we're actually going to use/ to create a photo-real digital character.//

これらを使って写実的なキャラクタを作り出します

If you take a look/ at these scans/ that we have of Emily,/ you can see/ that the human face does an enormous amount of amazing things/ as it goes into different facial expressions.//

このエミリーのスキャン画像を見ていると 人の顔というのが 驚くほど多彩な表情を作れるのがわかります

You can see things.// Not/ only the face shape changes,/ but all sorts of different skin buckling and skin wrinkling occurs.//

ここでは顔の形状の変化だけではなく あらゆる肌の屈曲や皺のパターン

You can see/ that the skin pore structure changes enormously/ from stretched skin pores/ to the regular skin texture.//

肌のキメの変化を見ることができます 引き延ばされたところから 通常の肌のテクスチャまで

You can see the furrows/ in the brow/ and how the microstructure changes there.//

眉の畝とその微細構造の変化

You can see muscles/ pulling down/ at flesh/ to bring her eyebrows down.//

筋肉に引っ張られて眉毛が下がり

Her muscles/ bulging in her forehead/ when she winces like that.//

しかめ面のときは額の肉が盛り上がります

In addition/ to this kind of high-resolution geometry,/ since it's all captured with cameras,/ we've got a great texture map/ to use for the face.//

このような高解像度の形状に加え カメラが捉えた 顔に使えるすばらしいテクスチャマップがあります

And by looking at how the different color channels of the illumination,/ the red and the green and the blue, diffuse/ the light differently,/ we can come up/ with a way of shading the skin/ on the computer.//

赤、緑、青という照明の 異なる色の成分は 拡散の仕方が違い それを考慮して肌のシェーディングを行います

Then,/ instead of looking like a plaster mannequin,/ it actually looks/ like it's made out of living human flesh.//

そうすると 石膏で出来たマネキンみたいだったのが 生きた人間の肉体に見えるようになります

And this is/ what we used to give/ to the company Image Metrics/ to create a rigged, digital version of Emily.//

これはImage Metrics 社が デジタル版のエミリーの 作成に使ったもので

We're just seeing/ the coarse-scale geometry here.//

粗いスケールの形状による

But they basically created a digital puppet of her,/ where you can pull on these various strings,/ and it actually moves her face/ in ways/ that are completely consistent/ with the scans/ that we took.//

彼女のデジタル操り人形です これらの糸を引くと 私達が撮ったスキャン画像に 合った形で動きます

And,/ in addition/ to the coarse-scale geometry,/ they also used all of that detail/ to create a set of what are called "displacement maps"/ that animate/ as well.//

粗いスケールの形状に加え ディスプレイスメントマップを使って 微細な部分を作ります これは動かすこともできます

These are the displacement maps here.//

これがディスプレイスメントマップ

And you can see those different wrinkles actually show up/ as she/ animates.//

彼女の動きに応じて 違った皺が現れています

So the next process was then to animate her.//

次にアニメーションを付けます

We actually used one of her own performances/ to provide the source data.//

データの元として エミリー本人が演じた映像を使いました

So,/ by analyzing this video/ with computer vision techniques,/ they were able to drive the facial rig/ with the computer-generated performance.//

そのビデオをコンピュータビジョンのテクニックを使って解析し コンピュータが生成した動きを持った 顔を作り出しました

So/ what you're going to see now,/ after this,/ is a completely photo-real digital face.//

この後見ていただくのは 完成したデジタルの顔です

We can turn the volume up/ a little bit/ if that's available.//

ボリュームを少し上げましょう

Emily:/ Image Metrics is a markerless, performance-driven animation company.//

Image Metrics はマーカーなしパフォーマンス駆動アニメーションの会社です

We specialize in high-quality facial animation/ for video games and films.//

テレビゲームや映画のためのハイクオリティな 顔のアニメーションを専門としています

Image Metrics is a markerless, performance-driven animation company.//

Image Metrics はマーカーなしパフォーマンス駆動アニメーションの会社です

We specialize in high quality facial animation/ for video games and films.//

テレビゲームや映画のためのハイクオリティな 顔のアニメーションを専門としています

Paul Debevec:/ So,/ if we break that down/ into layers,/ here's/ that diffuse component/ we saw in the first slide.//

レイヤに分解してみましょう これは光の拡散の部分です

Here is the specular component animating.//

これは正反射部分のアニメーション

You can see all the wrinkles/ happening there.//

皺が現れているのがわかります

And there is the underlying wireframe mesh.//

これは下にあるワイヤフレームのメッシュ

And that is Emily herself.//

そしてエミリー本人

Now,/ where are we going with this here?//

今後どうするかですが

We've gone a little bit/ beyond Light Stage 5.// This is Light Stage 6,/ and we're looking/ at taking this technology/ and applying it/ to whole human bodies.//

Light Stage 5 を一歩先へ進めたLight Stage 6 を作りました このテクノロジーを 人の体全体に適用しています

This is Bruce Lawmen,/one of our researchers/ in the group,/ who graciously agreed to get captured running/ in the Light Stage.//

彼は研究メンバーのブルース ローメンで 走っているところをキャプチャするモデルになってくれました

And let's take a look/ at a computer-generated version of Bruce,/ running in a new environment.//

コンピュータで生成した彼が 新たな環境の中で走っているのをご覧ください

And thank you very much.//

どうもありがとうございました

(拍手)

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

computer

『計算機』;『電子計算機』

graphic

(描写が)絵を見るような,生き生きとした(vivid)

グラフで表した,図表を用いた

文字の;書画(彫刻)の

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

alien

『外国の』,異国の;外国人の,在留外国人の

《補語にのみ用いて》(…と)性質の異なる《+『from』(『to』)+『名』》

《補語にのみ用いて》(…と)相いれない,(…に)反する《+『to』+『名』》

異常な

(ある国に在住する)外国人,在留外国人;(citizenと区別して帰化してない)外国人

dinosaur

恐竜(中生代の巨大な爬虫類(はちゅうるい)動物の総称)

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

tune

(音楽の)『曲』,節(ふし),メロディー(melody)

〈楽器〉‘の'調子を合わせる,‘を'調律する《+up+名,+名+up》

〈エンジンなど〉‘を'調整する《+up+名,+名+up》

(…に)〈受信機〉‘を'同調させる,‘の'波長を合わせる《+名+to+名》

subtle

(知覚しにくいほど)『かすかな』,ほのかな,微妙な

(頭脳・感覚などが)鋭い

ずるい,こうかつな

難解な

巧みな,精巧な

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

render

《『render』+『名』〈目〉+『形』〈補〉》…‘を'(…の状態に)『する』)make)

…‘を'行う,果たす

(…に対して)…‘を'返す《+『名』+『for』+『名』》

'‘を'公式に宣言する,言い渡す

(…に)〈計算書など〉‘を'提出する,送付する《+『名』+『to』+『名』》

(文章や絵画で)…‘を'表現する

(…に)…‘を'翻訳する(translate)《+『名』+『into』+『名』》

‘を'演奏する,演ずる(perform)

〈脂肪など〉‘を'溶かす,溶かして精製する《+『名』+『down,』+『down』+『名』》

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

reasonably

理性的に;道理にかなって

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

collaborator

(特に芸術・学問での)協力者;合作者,共同研究者

(敵国・占領軍などへの)内通者

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

metric

メートル法の

=metrical

actress

〈C〉女優

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

completely

『完全に』,全く,十分に

rendering

(劇・楽曲の)演技表現,演出,演奏

翻訳,翻訳文

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

herself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼女自身』,彼女自ら

《再帰用法》

《動詞・前置詞の目的語として》『彼女自身を(に)』,自分を(に)

gracious

(人・行為が)『思いやりのある』,好意に満ちた

(暮らしなどが)優雅な

《文》(神・国王が)『慈悲深い』,情け深い

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

marina

マリーナ(モーターボート・ヨットなど小船舶用の港)

session

〈C〉(議会・裁判所などの)『会議』;〈U〉(議会・法廷などの)開会,開廷

〈C〉『会期』,開廷期

〈C〉《おもに米》(大学の)受業時間;学期

〈C〉《米》(一般にある目的・活動のための)集まり,活動期間

《複数形で》《英》裁判所の定期会議

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

sphere

『球』,球体,球面

(惑星・星などの)『天体』;天球;《詞》天,空

(知識・活動・影響などの)『範囲』,領域《+『of』+『名』》

(社会的)地位,階級

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

LED

light-emitting diode

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

illumination

〈U〉照明

〈U〉照度

〈C〉《複数形で》《おもに英》電飾,イルミネーション

〈C〉《複数形で》(写本などの)彩飾

〈U〉解明,啓示

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

lighting

照明,点火

照明方法(装置)

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

seconds

(食事の)お代わり(second helping)・欠陥のある格安の衣料

basically

基本的に,根本的に;元来は

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

projector

計画者,発案者

投光機,投影機;映写機

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

drape

…‘を'掛け布でおおう;(垂れ布などで)…‘を'飾る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

…‘を'ぞんざいに置く,だらりと下げる

〈布・服など〉‘に'ゆるい優美なひだをつける

〈掛け布などが〉優美なひだになって垂れ下がる

〈C〉《通例複数形で》掛け布,垂れ布;《米》特に左右に開閉する1対の長いカーテン

〈U〉《またa~》(布などの)たれぐあい

contour

〈C〉《しばしば複数形で》《単数扱い》(図形・体・物体などの)輪郭,外形;(言葉の)抑揚を表す線

=contour line

(土地の流失を防ぐため)等高線に沿って耕作する

(体・物などの)輪郭にぴったりするように作られた

〈道路〉'を'等高線に沿って建設する

〈ある地域〉‘の'等高線を地図に記入する

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

facial

顔の;顔用の

(マッサージや化粧品による)顔の手入れ

texture

織り方,織り目,織り地

(皮膚・木・石などの)きめ,手触り

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

glare

〈太陽などが〉『ぎらぎら光る』,まぶしく輝く

(…を)『にらみつける』《+『at(on, upon)』+『名』》

〈敵意など〉‘を'にらみつけて表す

『ぎらぎらする光』,まぶしい光

『にらみつけ』

非常に目立つこと,けばけばしさ,どぎつさ

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

reflection

〈U〉(光・熱などの)『反射』,(音の)反響;反射光(熱),反響音《+『of』+『名』》

〈C〉(鏡・水面などに映った)『映像』;(親などの)生き写し《+『of』+『名』》

〈C〉(気持ち・性格などの)表れ,反映《+『of』+『名』》

〈U〉(…についての)『熟考』,沈思《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(熟考して得られた)(…についての)意見,考え《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(…に対する)非難,小言;(…にとって)不名誉となるもの《+『on』(『upon』)+『名』》

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

shiny

光る,輝く,光沢のある

(服が)着古して光る

oily

油の;油のような

油をひいた,油っぽい,油まみれの

(話し方・態度などが)いやに巧みな,おじょうずな

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

lit

lightの過去・過去分詞

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

translucent

半透明の

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

blur

にじみ;しみ,汚れ

不鮮明;かすみ,曇り

(…で)…'を'汚す《+『名』+『with』+『名』》

…'を'ぼんやりさせる,曇らす

cue

きっかけ(俳優の登場またはせりふの合図),(せりふの)渡し文句

(行動の)きっかけ,合図

…‘に'きっかけ(指示)を与える

detailed

詳細にわたる

細部にまで注意した

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

wrinkle

(布地・皮膚の)『しわ』

…‘に'『しわを寄せる』

『しわが寄る』

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

gross

『全体の,総計の』(entire)

(人が)太りすぎた,でぶの

粗野な,下品な(vulgar)

(食物が)粗悪な

(誤り・誤解などが)はなはだしい,全くひどい(very bad)

(植物が)はびこった,伸びほうだいの…(霧などが)濃い,密な

グロス(12ダース,144個)

《the~》《文》全体;大部分

…の総利益をあげる

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

augment

…'を'増す,増大(増加)させる

〈物・事が〉増す,増大(増加)する

pore

《pore over+名》(…を)熟読する,注意深く考える・没頭する, 熟考[熟視,熟読]する

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

importantly

重要性をもって;もったいぶって

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

enormous

『巨大な』,ばく大な

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

furrow

(うねの間の)溝

(車輪の)わだち

(額などの)深いしわ

(すきで)…‘に'うねを立てる

〈顔・額など〉‘に'しわを寄せる

brow

《複数形》『まゆ』,『まゆ毛』

『額』(forehead)

がけ(山)の端,斜面の上端

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

flesh

(人間・動物の)『肉』

(魚,時には鳥を除く)食肉(meat)

肉付き,太りぐあい

(くだもの)果肉;(野菜の)葉肉

《the~》(精神・魂に対して)『肉体』,身体

《the~》肉欲

肉色(ピンクがかった肌色)

eyebrow

眉弓(びきゅう)(目の上の弓状突起部)

『まゆ』,まゆ毛

bulge

ふくらんだ部分,ふくらみ

(…で)ふくらむ,張り出す《+『out』 『with』+『名』》

'を'ふくらませる《+『of』+『名,』+『名』+『名』+『out』》

forehead

『額』(ひたい),前額部

wince

(恐怖・空痛などに)ひるむ,たじろぐ,すくむ《+at+名》

ひるみ,たじろぎ

geometry

〈U〉『幾何学』

〈C〉幾何学書

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

diffuse

〈光・熱・液体など〉‘を'散らす,放散する,拡散させる

〈学問・知識など〉‘を'広める,普及させる

散る,放散する,拡散する

広まる,普及する

広く散った,広がった

〈文体などが〉締まりのない,散漫な

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

shade

〈U〉(光がさえぎられてできる)『陰』;《the ~》日陰

《複数形で》《文》夕やみ,夜陰

〈C〉『光をさえぎる(和らげる)もの』;日よけ,ブラインド;(電灯などの)かさ

〈C〉色の明暗の度合い,(濃淡の)色合い

〈U〉(絵画などの)暗部,陰影

《a ~》ほんの少し,ごくわずか(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉(意味などの)微妙な差,ニュアンス《+『of』+『名』》

〈C〉《文》亡霊,幽霊

《the shades》《文》死の世界,よみの国

《複数形で》《話》サングラス

(光・熱などから)…‘を'陰にする,‘に'陰を作る

〈絵〉‘に'明暗(濃淡)をつける

〈色などが〉徐々に(…に)変わる→+『away』(off)『into』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

plaster

〈U〉『しっくい』,プラスター〈C〉こう薬

〈壁・天井など〉‘に'しっくいを塗る

(…を)…‘に'べたべた塗る(はる)《+『名』+『with』(『on』)+『名』》;(…に)…‘を'べたべた塗る(はる)《+『名』+『on』+『名』》

〈体など〉‘に'こう薬をはる

《話》…‘を'完敗させる

mannequin

《ややまれ》マネキン,ファッションモデル

マネキン人形,モデル人形

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

puppet

操り人形

(他人の)意のままに動く人(集団),傀儡(かいらい),手先《+『of』(『under』)+『名』》

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

displacement

とって代わること,置き換え

解職,罷免

排水量

animate

…‘に'生命を吹き込む,生命を与える

…'を'活気づける,生き生きさせる

…'を'励ます;…‘に'駆りたてる

生きた,生命のある(living)

生気に満ちた,活気のある(vigorous)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

data

『資料』,事実;情報

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

rig

〈船〉‘を'艤装(ぎそう)する

(マストなどを)〈船〉‘に'つける《+『名』+『with』+『名』》;(マストに)〈帆〉‘を'つける《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'装備をつける;…‘を'装備する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

船の装備(帆装),艤装(ぎそう)

(特定の目的のための)道具,用具

《英話》衣服,服装(clothing)

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

Paul

聖パウロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;キリストの使徒で新約聖書の書簡の著者)

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

component

構成している,成分の

構成要素,成分

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

underlie

…‘の'下に横たわる,下にある

〈行動・理論など〉‘の'基礎となる,根拠となる

mesh

〈C〉《単数形で》(網・ふるいなどの)目,網目

〈C〉〈U〉網,網細工

〈C〉〈U〉網目状の織物(編物),メッシュ

〈C〉《複数形で》網の目をかがった糸

〈C〉わな

〈歯車・歯などが〉(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

《性質・考え方などが》ぴったり合う

〈魚など〉‘を'網で捕らえる

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

researcher

研究者,調査員

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画