TED日本語 - ニール・ハービソン: 僕は色を聴いている

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アーティストのニール・ハービソンは完全な色盲として生まれました。しかし、頭に装着したデバイスが、色を音に変換してくれます。ハービソンの目に映る世界はグレイスケールですが、彼の耳は常に色彩に溢れたシンフォニーを聴いています。人の顔や絵画も、彼は耳で聴いているのです。

Script

僕は珍しい視覚障害を持って生まれました 色覚異常と呼ばれるもので色が全く認識できません 色を見たことがないのです 色がどんなものか知りません モノクロの世界に生きているからです 僕が見る空はいつもグレーです どの花もグレーです テレビもまだ白黒です

でも21歳から 色を見るのではなく僕は色を聴いています 2003年にコンピューター科学者のアダム・モンタンドンとプロジェクトを立ち上げ さらに スロベニアのペーター・ケッシェと バルセロナのマティアス・リザナの 力を借りて この電子アイを作りました これはカラーセンサーです 色の周波数を認識します (周波数音) この周波数は頭の後ろにある チップに送られ 僕は骨を通して 骨伝導で色を聴きます 例えば 目の前にこんなのがあったら… これは紫の音ですね 例えば…これは草の音 これはTEDと同じ赤 これは汚れた靴下の音だ 黄色ですね

このように 僕は8年間常に色を聴いています 2004年からですから 色を聴くのはもう当たり前のことになりました でも最初は 色の名前を暗記しなければなりませんでした それぞれの色の名前と音を暗記したのです でも しばらくするとそういった情報も すぐに認識できるようになりました いちいち考えなくなったのです そして この認識はひとつの感覚になりました 好きな色ができました 色のある夢を見るようになりました

色のある夢を見るようになると このソフトウェアと僕の脳がひとつになった気がしました 夢の中では ソフトではなく僕の脳が 電子音を作り出しているのですから その時 自分がサイボーグになったような気がしました 人工知能デバイスが ただのデバイスではないような気がし始めたのです 体の一部になっていました 自分の五感のひとつになっていました その後 このデバイスは 正式に僕の体の一部として認められました

これは2004年の僕のパスポートです イギリスではパスポートに電子機器と一緒に写った写真は使えないのですが 僕は旅券局に粘り強く説明しました これは僕の体の一部であり僕の脳の延長であると そして 最終的にはそれが認められて このパスポート写真になったわけです

「色を聴く」ようになって僕の人生は劇的に変わりました どんな場所にも色があるからです 一番大きな変化は 例えば ー 美術館に行くと 僕はピカソを聴くことができます まるで コンサートホールに行ったみたいです 絵画を聴くことができるんですから スーパーマーケットも衝撃的でした スーパーの中を歩くのは本当に楽しいんです クラブの中を歩いているようです いろんなメロディに溢れています(笑) 特に洗剤の通路はすごいですよ 本当に素晴らしいんです (笑)

着る服も変わりました 前は 格好が良い服を着ていました 今は 音が良い服を着ています (笑)

(拍手)

今日の服装はCメジャーです かなり明るいコードですね (笑) でも お葬式に行くときは Bマイナーの服を着ます ターコイズと紫とオレンジです (笑)

食べ物に対する考え方も変わりました お皿の盛りつけ方次第で自分の好きな曲が食べられるんですから 盛りつけ方次第で 作曲できたり 音楽が聴けたりするわけです 例えば オードブルにレディ・ガガのサラダを 食べられるレストランはどうですか? ティーンエージャーも野菜を食べるようになるかもしれませんね メインディッシュに ラフマニノフのピアノコンチェルトはどうでしょう デザートはビョークかマドンナがいいですね わくわくするようなレストランになります 音楽を食べることができるんですから

美に対する考えも変わりました 人を見ると その人の顔が聞こえるからです 見た目がすごく美しくても音が最悪な人もいます その逆の場合もあります それで 音の肖像画を作ることを考えました すごく楽しい作業です 顔の形を描いたりするわけではなりません 電子アイを相手の顔に向けて 聞こえてくる音を書き留めて音の肖像画を作ります こういった音です

(コード音)

ニコール・キッドマンはいい音ですね (笑)

全く関係がないような人々の音が似ている場合もあります チャールズ王子の音はニコール・キッドマンに似ています 目の音が似ているんです

全く関係ない人達にも共通点があるんです 観客の顔を見ながら コンサートをすることもできます 電子アイを装着して観客の顔を演奏するんです これの良い点は コンサートが失敗でも観客が悪いということになる 僕が悪いんじゃありません (笑)

それと 思いがけないことが起きました これには別の効果もあったんです 普通の音も色に感じるようになりました 電話が鳴ったときに緑を感じたのです 呼び出し音は 緑と同じ音でした BBCの時報はターコイズです モーツァルトを聴くと黄色を感じます

それで 音楽や人の声も絵にするようになりました 人の声にも 色と同じ周波数があるんです

音楽を色で表現したものをお見せします 例えば これはモーツァルトの「夜の女王のアリア」です 黄色が多くて とてもカラフルです いろんな周波数が混在しているからです (音楽) これは全く違うタイプの音楽です ジャスティン・ビーバーの「ベイビー」です(笑) (音楽) ピンクと黄色が多いですね

人の声も色に置き換えることができます 例えば この2つは非常に有名な演説を絵にしたものです マーティン・ルーサー・キングの「私には夢がある」と ヒットラーの演説です ラベルを付けずに展示ホールにこの2つの絵を並べ 鑑賞する人にどちらの絵が好きか ー 訊ねるのが好きなんです ほとんどの人が考えを変えますよ 左側がヒットラーだと教えると 右側がマーチン・ルーサー・キングです

そうしているうちに 僕は360色を認識できるようになりました 人間の視覚と同じです カラーホイールの全て角度を識別できるようになったんです でも 人間の視覚だけでは 満足できなくなりました 僕たちの周りには もっと色があります 人間が認識できないだけです 電子アイは認識できます そこで 色彩認識の幅を広げようと思い このデバイスが音にできるスケールに 赤外線と紫外線を加えました 人間の目が認識できない色です

赤外線が認識できると便利です 部屋に赤外線装置があれば分かります リモコンを向けられると音が聞こえます 紫外線が認識できれば 日光浴に適した日と そうでない日が分かります 紫外線は危険ですからね 紫外線で死ぬことだってあるんですから 認識できないものが認識できれば便利です

それで2年前 サイボーグ基金を設立しました 人がサイボーグになるのを助けたり テクノロジーによる感覚の拡張を勧める団体です テクノロジーによる感覚の拡張を勧める団体です

知識は感覚から育まれます 感覚を拡張できれば 知識を拡大することができるのです 携帯電話のアプリなど開発しないで 自分達の体のためのアプリを開発したら 人生はもっとエキサイティングになると思います 今世紀には このような 大きな変化が起きると思います

ですから 皆さんも 自分のどの感覚を 拡張したいか考えて下さい サイボーグになることをお勧めします みんなで やりましょうありがとうございました

(拍手)

Well, I was born with a rare visual condition called achromatopsia, which is total color blindness, so I've never seen color, and I don't know what color looks like, because I come from a grayscale world. To me, the sky is always gray, flowers are always gray, and television is still in black and white.

But, since the age of 21, instead of seeing color, I can hear color. In 2003, I started a project with computer scientist Adam Montandon, and the result, with further collaborations with Peter Kese from Slovenia and Matias Lizana from Barcelona, is this electronic eye. It's a color sensor that detects the color frequency in front of me - (Frequency sounds) - and sends this frequency to a chip installed at the back of my head, and I hear the color in front of me through the bone, through bone conduction. (Frequency sounds) So, for example, if I have, like - This is the sound of purple. (Frequency sounds) For example, this is the sound of grass. (Frequency sounds) This is red, like TED. (Frequency sounds) This is the sound of a dirty sock. (Laughter) Which is like yellow, this one.

So I've been hearing color all the time for eight years, since 2004, so I find it completely normal now to hear color all the time. At the start, though, I had to memorize the names you give for each color, so I had to memorize the notes, but after some time, all this information became a perception. I didn't have to think about the notes. And after some time, this perception became a feeling. I started to have favorite colors, and I started to dream in colors.

So, when I started to dream in color is when I felt that the software and my brain had united, because in my dreams, it was my brain creating electronic sounds. It wasn't the software, so that's when I started to feel like a cyborg. It's when I started to feel that the cybernetic device was no longer a device. It had become a part of my body, an extension of my senses, and after some time, it even became a part of my official image.

This is my passport from 2004. You're not allowed to appear on U.K. passports with electronic equipment, but I insisted to the passport office that what they were seeing was actually a new part of my body, an extension of my brain, and they finally accepted me to appear with the passport photo.

So, life has changed dramatically since I hear color, because color is almost everywhere, so the biggest change for example is going to an art gallery, I can listen to a Picasso, for example. So it's like I'm going to a concert hall, because I can listen to the paintings. And supermarkets, I find this is very shocking, it's very, very attractive to walk along a supermarket. It's like going to a nightclub. It's full of different melodies. (Laughter) Yeah. Especially the aisle with cleaning products. It's just fabulous. (Laughter)

Also, the way I dress has changed. Before, I used to dress in a way that it looked good. Now I dress in a way that it sounds good. (Laughter)

(Applause)

So today I'm dressed in C major, so it's quite a happy chord. (Laughter) If I had to go to a funeral, though, I would dress in B minor, which would be turquoise, purple and orange. (Laughter)

Also, food, the way I look at food has changed, because now I can display the food on a plate, so I can eat my favorite song. (Laughter) So depending on how I display it, I can hear and I can compose music with food. So imagine a restaurant where we can have, like, Lady Gaga salads as starters. (Laughter) I mean, this would get teenagers to eat their vegetables, probably. And also, some Rachmaninov piano concertos as main dishes, and some Bjork or Madonna desserts, that would be a very exciting restaurant where you can actually eat songs.

Also, the way I perceive beauty has changed, because when I look at someone, I hear their face, so someone might look very beautiful but sound terrible. (Laughter) And it might happen the opposite, the other way around. So I really enjoy creating, like, sound portraits of people. Instead of drawing someone's face, like drawing the shape, I point at them with the eye and I write down the different notes I hear, and then I create sound portraits. Here's some faces.

(Musical chords)

Yeah, Nicole Kidman sounds good. (Laughter)

Some people, I would never relate, but they sound similar. Prince Charles has some similarities with Nicole Kidman. They have similar sound of eyes.

So you relate people that you wouldn't relate, and you can actually also create concerts by looking at the audience faces. So I connect the eye, and then I play the audience's faces. The good thing about this is, if the concert doesn't sound good, it's their fault. It's not my fault, because - (Laughter)

And so another thing that happens is that I started having this secondary effect that normal sounds started to become color. I heard a telephone tone, and it felt green because it sounded just like the color green. The BBC beeps, they sound turquoise, and listening to Mozart became a yellow experience,

so I started to paint music and paint people's voices, because people's voices have frequencies that I relate to color.

And here's some music translated into color. For example, Mozart, "Queen of the Night," looks like this. (Music) Very yellow and very colorful, because there's many different frequencies. (Music) And this is a completely different song. (Music) It's Justin Bieber's "Baby." (Laughter) (Music) It is very pink and very yellow.

So, also voices, I can transform speeches into color, for example, these are two very well-known speeches. One of them is Martin Luther King's "I Have A Dream," and the other one is Hitler. And I like to exhibit these paintings in the exhibition halls without labels, and then I ask people, "Which one do you prefer?" And most people change their preference when I tell them that the one on the left is Hitler and the one on the right is Martin Luther King.

So I got to a point when I was able to perceive 360 colors, just like human vision. I was able to differentiate all the degrees of the color wheel. But then, I just thought that this human vision wasn't good enough. There's many, many more colors around us that we can not perceive, but that electronic eyes can perceive. So I decided to continue extending my color senses, and I added infrared and I added ultraviolet to the color-to-sound scale, so now I can hear colors that the human eye can not perceive.

For example, perceiving infrared is good because you can actually detect if there's movement detectors in a room. I can hear if someone points at me with a remote control. And the good thing about perceiving ultraviolet is that you can hear if it's a good day or a bad day to sunbathe, because ultraviolet is a dangerous color, a color that can actually kill us, so I think we should all have this wish to perceive things that we can not perceive.

That's why,two years ago, I created the Cyborg Foundation, which is a foundation that tries to help people become a cyborg, tries to encourage people to extend their senses by using technology as part of the body.

We should all think that knowledge comes from our senses, so if we extend our senses, we will consequently extend our knowledge. I think life will be much more exciting when we stop creating applications for mobile phones and we start creating applications for our own body. I think this will be a big, big change that we will see during this century.

So I do encourage you all to think about which senses you'd like to extend. I would encourage you to become a cyborg. You won't be alone. Thank you. (Applause)

(Applause)

Well,/ I was born with a rare visual condition called achromatopsia,/ which is total color blindness,/ so I've never seen color,/ and I don't know/ what color looks like,/ because I come from a grayscale world.//

僕は珍しい視覚障害を持って生まれました 色覚異常と呼ばれるもので色が全く認識できません 色を見たことがないのです 色がどんなものか知りません モノクロの世界に生きているからです

To me,/ the sky is always gray,/ flowers are always gray,/ and television is still in black and white.//

僕が見る空はいつもグレーです どの花もグレーです テレビもまだ白黒です

But,/ since the age of 21,/ instead of seeing color,/ I can hear color.//

でも21歳から 色を見るのではなく僕は色を聴いています

In 2003,/ I started a project/ with computer scientist Adam Montandon,/ and the result,/ with further collaborations/ with Peter Kese/ from Slovenia and Matias Lizana/ from Barcelona,/ is this electronic eye.//

2003年にコンピューター科学者のアダム・モンタンドンとプロジェクトを立ち上げ さらに スロベニアのペーター・ケッシェと バルセロナのマティアス・リザナの 力を借りて この電子アイを作りました

It's a color sensor/ that detects the color frequency/ in front of me/ - (Frequency sounds) -/ and sends this frequency/ to a chip installed at the back of my head,/ and I hear the color/ in front of me/ through the bone,/ through bone conduction.//

これはカラーセンサーです 色の周波数を認識します (周波数音) この周波数は頭の後ろにある チップに送られ 僕は骨を通して 骨伝導で色を聴きます

(Frequency sounds) So,/ for example,/ if I have,/ like -/ This is the sound of purple.// (Frequency sounds)/ For example,/ this is the sound of grass.// (Frequency sounds)/ This is red,/ like TED.// (Frequency sounds)/ This is the sound of a dirty sock.// (Laughter)/ Which is like yellow,/ this one.//

例えば 目の前にこんなのがあったら… これは紫の音ですね 例えば…これは草の音 これはTEDと同じ赤 これは汚れた靴下の音だ 黄色ですね

So I've been hearing color/ all the time/ for eight years,/ since 2004,/ so I find it completely normal now/ to hear color/ all the time.//

このように 僕は8年間常に色を聴いています 2004年からですから 色を聴くのはもう当たり前のことになりました

At the start,/ though,/ I had to memorize/ the names/ you give for each color,/ so I had to memorize/ the notes,/ but after some time,/ all this information became a perception.//

でも最初は 色の名前を暗記しなければなりませんでした それぞれの色の名前と音を暗記したのです でも しばらくするとそういった情報も すぐに認識できるようになりました

I didn't have to think/ about the notes.//

いちいち考えなくなったのです

And/ after some time,/ this perception became a feeling.//

そして この認識はひとつの感覚になりました

I started to have/ favorite colors,/ and I started to dream/ in colors.//

好きな色ができました 色のある夢を見るようになりました

So,/ when I started to dream/ in color is/ when I felt/ that the software/ and my brain had united,/ because in my dreams,/ it was my brain/ creating electronic sounds.// It wasn't the software,/ so that's/ when I started to feel/ like a cyborg.//

色のある夢を見るようになると このソフトウェアと僕の脳がひとつになった気がしました 夢の中では ソフトではなく僕の脳が 電子音を作り出しているのですから その時 自分がサイボーグになったような気がしました

It's/ when I started to feel/ that the cybernetic device was no longer/ a device.//

人工知能デバイスが ただのデバイスではないような気がし始めたのです

It had become a part of my body,/ an extension of my senses, and/ after some time,/ it even became a part of my official image.//

体の一部になっていました 自分の五感のひとつになっていました その後 このデバイスは 正式に僕の体の一部として認められました

This is my passport/ from 2004.//

これは2004年の僕のパスポートです

You're not allowed to appear/ on U.K. passports/ with electronic equipment,/ but I insisted to the passport office/ that/ what they were seeing was actually a new part of my body,/ an extension of my brain,/ and they finally accepted me/ to appear with the passport photo.//

イギリスではパスポートに電子機器と一緒に写った写真は使えないのですが 僕は旅券局に粘り強く説明しました これは僕の体の一部であり僕の脳の延長であると そして 最終的にはそれが認められて このパスポート写真になったわけです

So,/ life has changed dramatically/ since I hear color,/ because color is almost everywhere,/ so the biggest change/ for example is going to an art gallery,/ I can listen to a Picasso,/ for example.// So it's like I'm going/ to a concert hall,/ because I can listen to the paintings.//

「色を聴く」ようになって僕の人生は劇的に変わりました どんな場所にも色があるからです 一番大きな変化は 例えば ー 美術館に行くと 僕はピカソを聴くことができます まるで コンサートホールに行ったみたいです 絵画を聴くことができるんですから

And supermarkets,/ I find/ this is very shocking,/ it's very, very attractive to walk along a supermarket.//

スーパーマーケットも衝撃的でした スーパーの中を歩くのは本当に楽しいんです

It's like going to a nightclub.//

クラブの中を歩いているようです

It's full of different melodies.// (Laughter)/ Yeah.//

いろんなメロディに溢れています(笑)

Especially/ the aisle/ with cleaning products.//

特に洗剤の通路はすごいですよ

It's just fabulous.// (Laughter)//

本当に素晴らしいんです (笑)

Also,/ the way/ I dress has changed.//

着る服も変わりました

Before,/ I used to dress/ in a way/ that it looked good.//

前は 格好が良い服を着ていました

Now/ I dress in a way/ that it sounds good.// (Laughter)//

今は 音が良い服を着ています (笑)

(拍手)

So today/ I'm dressed in C major,/ so it's quite a happy chord.// (Laughter)/ If I had to go/ to a funeral,/ though,/ I would dress in B minor,/ which would be turquoise,/ purple and orange.// (Laughter)//

今日の服装はCメジャーです かなり明るいコードですね (笑) でも お葬式に行くときは Bマイナーの服を着ます ターコイズと紫とオレンジです (笑)

Also,/ food,/ the way/ I look at food has changed,/ because now/ I can display the food/ on a plate,/ so I can eat my favorite song.// (Laughter) So depending/ on how I display it,/ I can hear/ and I can compose music/ with food.//

食べ物に対する考え方も変わりました お皿の盛りつけ方次第で自分の好きな曲が食べられるんですから 盛りつけ方次第で 作曲できたり 音楽が聴けたりするわけです

So imagine/ a restaurant/ where we can have, like,/ Lady Gaga salads/ as starters.// (Laughter)/ I mean,/ this would get teenagers/ to eat their vegetables,/ probably.//

例えば オードブルにレディ・ガガのサラダを 食べられるレストランはどうですか? ティーンエージャーも野菜を食べるようになるかもしれませんね

And also,/ some Rachmaninov piano concertos/ as main dishes,/ and some Bjork or Madonna desserts,/ that would be a very exciting restaurant/ where you can actually eat songs.//

メインディッシュに ラフマニノフのピアノコンチェルトはどうでしょう デザートはビョークかマドンナがいいですね わくわくするようなレストランになります 音楽を食べることができるんですから

Also,/ the way/ I perceive/ beauty has changed,/ because/ when I look at someone,/ I hear their face,/ so someone might look very/ beautiful but sound terrible.//

美に対する考えも変わりました 人を見ると その人の顔が聞こえるからです 見た目がすごく美しくても音が最悪な人もいます

(Laughter)/ And it might happen the opposite,/ the other way around.// So I really enjoy creating,/ like,/ sound portraits of people.//

その逆の場合もあります それで 音の肖像画を作ることを考えました すごく楽しい作業です

Instead of drawing someone's face,/ like drawing the shape,/ I point at them/ with the eye/ and I write down/ the different notes/ I hear,/ and then/ I create sound portraits.//

顔の形を描いたりするわけではなりません 電子アイを相手の顔に向けて 聞こえてくる音を書き留めて音の肖像画を作ります

Here's some faces.//

こういった音です

(コード音)

Yeah,/ Nicole Kidman sounds good.// (Laughter)//

ニコール・キッドマンはいい音ですね (笑)

Some people,/ I would never relate,/ but they sound similar.//

全く関係がないような人々の音が似ている場合もあります

Prince Charles has some similarities/ with Nicole Kidman.//

チャールズ王子の音はニコール・キッドマンに似ています

They have similar sound of eyes.//

目の音が似ているんです

So you relate people/ that you wouldn't relate,/ and you can actually also create concerts/ by looking at the audience faces.//

全く関係ない人達にも共通点があるんです 観客の顔を見ながら コンサートをすることもできます

So I connect the eye,/ and then/ I play the audience's faces.//

電子アイを装着して観客の顔を演奏するんです

The good thing/ about this is,/ if the concert doesn't sound good,/ it's their fault.//

これの良い点は コンサートが失敗でも観客が悪いということになる

It's not my fault,/ because - (Laughter)//

僕が悪いんじゃありません (笑)

And so another thing/ that happens/ is/ that I started having/ this secondary effect/ that normal sounds started to become/ color.//

それと 思いがけないことが起きました これには別の効果もあったんです 普通の音も色に感じるようになりました

I heard a telephone tone,/ and it felt green/ because it sounded just/ like the color green.//

電話が鳴ったときに緑を感じたのです 呼び出し音は 緑と同じ音でした

The BBC beeps,/ they sound turquoise,/ and listening to/ Mozart became a yellow experience,//

BBCの時報はターコイズです モーツァルトを聴くと黄色を感じます

so I started to paint/ music and paint people's voices,/ because people's voices have frequencies/ that I relate to color.//

それで 音楽や人の声も絵にするようになりました 人の声にも 色と同じ周波数があるんです

And here's some music translated into color.//

音楽を色で表現したものをお見せします

For example,/ Mozart,/ "Queen of the Night,/"/ looks like this.//

例えば これはモーツァルトの「夜の女王のアリア」です

(Music)/ Very yellow and very colorful,/ because there's many different frequencies.//

黄色が多くて とてもカラフルです いろんな周波数が混在しているからです

(Music)/ And this is a completely different song.//

(音楽) これは全く違うタイプの音楽です

(Music)/ It's Justin Bieber's "Baby."// (Laughter) (Music)/ It is very pink/ and very yellow.//

ジャスティン・ビーバーの「ベイビー」です(笑) (音楽) ピンクと黄色が多いですね

So,/ also/ voices,/ I can transform speeches/ into color,/ for example,/ these are two very well-known speeches.//

人の声も色に置き換えることができます 例えば この2つは非常に有名な演説を絵にしたものです

One of them is Martin Luther King's "I Have A Dream,/"/ and the other one is Hitler.//

マーティン・ルーサー・キングの「私には夢がある」と ヒットラーの演説です

And I like to exhibit/ these paintings/ in the exhibition halls without labels,/ and then/ I ask people,/ "Which one do you prefer?"//

ラベルを付けずに展示ホールにこの2つの絵を並べ 鑑賞する人にどちらの絵が好きか ー 訊ねるのが好きなんです

And most people change their preference/ when I tell them/ that the one/ on the left is Hitler/ and the one/ on the right is Martin Luther King.//

ほとんどの人が考えを変えますよ 左側がヒットラーだと教えると 右側がマーチン・ルーサー・キングです

So I got to a point/ when I was able to perceive 360 colors,/ just like human vision.//

そうしているうちに 僕は360色を認識できるようになりました 人間の視覚と同じです

I was able to differentiate all the degrees of the color/ wheel.//

カラーホイールの全て角度を識別できるようになったんです

But then,/ I just thought/ that this human vision wasn't good enough.//

でも 人間の視覚だけでは 満足できなくなりました

There's many, many more colors/ around us/ that we can not perceive,/ but/ that electronic eyes can perceive.//

僕たちの周りには もっと色があります 人間が認識できないだけです 電子アイは認識できます

So I decided to continue extending/ my color senses,/ and I added infrared/ and I added ultraviolet/ to the color-to-sound scale,/ so now/ I can hear colors/ that the human eye can not perceive.//

そこで 色彩認識の幅を広げようと思い このデバイスが音にできるスケールに 赤外線と紫外線を加えました 人間の目が認識できない色です

For example,/ perceiving infrared is good/ because you can actually detect/ if there's movement detectors/ in a room.//

赤外線が認識できると便利です 部屋に赤外線装置があれば分かります

I can hear/ if someone points/ at me/ with a remote control.//

リモコンを向けられると音が聞こえます

And the good thing/ about perceiving ultraviolet is/ that you can hear/ if it's a good day/ or a bad day/ to sunbathe,/ because ultraviolet is a dangerous color,/ a color/ that can actually kill us,/ so I think/ we should all have this wish/ to perceive things/ that we can not perceive.//

紫外線が認識できれば 日光浴に適した日と そうでない日が分かります 紫外線は危険ですからね 紫外線で死ぬことだってあるんですから 認識できないものが認識できれば便利です

That's/ why,/two years ago,/ I created the Cyborg Foundation,/ which is/ a foundation/ that tries to help/ people become a cyborg,/ tries to encourage/ people/ to extend their senses/ by using technology/ as part of the body.//

それで2年前 サイボーグ基金を設立しました 人がサイボーグになるのを助けたり テクノロジーによる感覚の拡張を勧める団体です テクノロジーによる感覚の拡張を勧める団体です

We should all think/ that knowledge comes from our senses,/ so/ if we extend our senses,/ we will consequently extend our knowledge.//

知識は感覚から育まれます 感覚を拡張できれば 知識を拡大することができるのです

I think/ life will be much more exciting/ when we stop creating/ applications/ for mobile phones/ and we start creating/ applications/ for our own body.//

携帯電話のアプリなど開発しないで 自分達の体のためのアプリを開発したら 人生はもっとエキサイティングになると思います

I think/ this will be a big, big change/ that we will see during this century.//

今世紀には このような 大きな変化が起きると思います

So I do encourage you all/ to think about which senses/ you'd like to extend.//

ですから 皆さんも 自分のどの感覚を 拡張したいか考えて下さい

I would encourage you/ to become a cyborg.//

サイボーグになることをお勧めします

You won't be alone.// Thank you.// (Applause)//

みんなで やりましょうありがとうございました

(拍手)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

blindness

盲目

無知,盲信

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

black and white

〈U〉書き物,印刷

〈C〉白黒写真;ペン画

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

instead

『その代りとして』,それよりも

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

computer

『計算機』;『電子計算機』

Adam

アダム(聖書によれば,神が天地を創造したとき,最初Adamをつくり,そのろっ骨の1本から最初の女Eveを造ったという)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

Peter

ペテロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;聖ペテロ(キリストの12使徒のひとり))

(新約聖書の)ペテロの手紙

Barcelona

バルセロナ(スペイン北東部の地中海の港市)

electronic

『電子の』,エレクトロンの

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

frequency

〈U〉しばしば起こること,頻繁

〈C〉頻度数,(発生・生現などの)回数

〈C〉振動数;周波数

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

chip

『木の切れ端』,削りくず;(石・陶器などの)『破片』,かけら

欠けあと,ひび

《複数形で》《英》=French fry

(食物の)薄切り

干からびたもの;無味乾燥なもの

(ポーカーなどのゲームにお金の代りに使われる)チップ,点棒

…'を'『欠く』,削る,そぐ《+『off』+『名,』+『名』+『off』》;(…から)…'を'欠く,そぐ《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

欠ける,割れる《+『off』》;(…を)欠く,削る《+『at』+『名』》

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

conduction

(熱・電気の)伝導;(液体を)管などで導くこと

purple

〈U〉『紫色』

〈U〉(特に,昔の王家や高位の人がつけた)紫布,紫衣

《the ~》王位,高位

『紫色の』

grass

〈U〉《集合的に》『草』;牧草;イネ科の植物

〈U〉『草地』;牧草地,芝生

〈U〉《俗》マリファナ(marijuana)

〈C〉《英俗》密告者

〈人が〉仕事を離れて休養する

〈人〉を休ませる,に暇を出す

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

dirty

『汚い』,汚れた,不潔な;泥だらけの,泥んこの

『不正な』,卑劣な,下劣な

『下品な』,卑わいな,わいせつな

《話》(天気が)荒れ模様の(stormy)

(原子兵器が)汚れた,放射性降下物の多い,放射能の多い

…‘を'『汚す』;〈名誉・名声など〉‘を'汚す,傷つける

汚れる

sock

『短い靴下』,ソックス

laughter

『笑い』,笑い声

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

completely

『完全に』,全く,十分に

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

unite

…‘を'『結合させる』,一つにする

(結婚によって)…‘を'結びつける《+名+in+名》

〈性質・才能などを〉兼ね備える,あわせ持つ

結合する

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

extension

〈U〉〈C〉(…を)『拡大』(延長)『すること』,(…が)拡大(延長)されること《+『of』+『名』》

〈C〉拡大(延長)された部分(物)

〈C〉(電話の)内線

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

passport

『旅券』,パスポート

《単数形で》(…への)手段,便法《+『to』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

equipment

《集合的に》『備品』;『装備』,したく

(…を)『装備すること』(している状態)《+『with』+『名』》

(仕事などに)必要な知識(能力)《+『for』+『名』(do『ing』)》

insist

…‘と'『強く要求する』

…‘と'『主張する』

強く要求する《+『on』(『upon』)+『名』(a person['s]do『ing』)》

(…を)『主張する』《+『on』(『upon』)+『名』》

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

photo

『写真』[photographの短縮形]

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

dramatically

劇的に,非常に効果的に

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

Picasso

ピカソ(『Pablo』 ~;1881‐1973;スペイン生まれのフランスの画家・彫刻家)

concert

〈C〉(公開の)『演奏会』,音楽会

〈U〉協調,協力

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

shocking

びっくりさせる,ぞっとする

全くひどい(very bad),不愉快な(offensive)

attractive

『魅力のある』,興味をそそる

引力のある

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

nightclub

ナイトクラブ

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

yeah

=yes

especially

『特に』,特別に;きわだって

aisle

(教会・劇場・列車・旅客機などの)座席間の通路

側廊(教会堂で本堂(nave)の両側にある通路)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

dress

…‘に'『服を着せる』,‘を'装う

…‘を'飾る,飾り付ける

〈髪〉‘を'整える,手入れする;〈動物の毛〉‘を'すく

(市場用・食卓用に)〈肉・鳥〉‘を'整える,下ごしらえする(prepare)

(ドレッシングなどをかけて)〈サラダ〉‘を'仕上げる

〈傷口など〉‘の'手当をする

〈土地〉‘の'手入れをする

〈織物・石材など〉‘に'仕上げをする

〈兵隊などの列〉‘を'まっすぐにする

『服を着る』,服を着ている

正装する,晴れ着を着る

(兵隊などが)整列する

〈U〉『衣服』,着物,服装

〈U〉《複合語を作って》礼服

〈C〉(ワンピースの)『婦人服』,『子供服』

〈U〉装い,外観(appearance)

婦人服(用)の

(衣服が)正式の,礼服の

applause

『拍手かっさい』;称賛

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

chord

(楽器の)弦

感情,情緒

和音,コード

=cord4

弦(数学で,円周上の2点を結ぶ直線)

funeral

『葬式』,葬儀,告別式

(死者を送る)葬列

葬式の,葬儀の

minor

『小さいほうの,少ない』

(階級・地位・重要性などが)『劣ったほうの』,重要でない

重大ではない

未成年の

(音楽で)短調の

未成年者

(大学の科目・課程の)副専攻科目

(音楽で)短調

《the minors》《米》=minor league

turquoise

〈C〉〈U〉トルコ石(青緑色の準宝石)

〈U〉青緑色

青緑色の

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

compose

…'を'『構成する』

〈詩など〉'を'『作る』,書く;〈曲〉'を'作る;〈絵の構図〉'を'作る

〈自分,自分の気持〉'を'『静める』

〈活字〉'を'組む;…'を'活字に組む

〈争いなど〉'を'解決する,調停する

詩を作る;作曲する

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

gaga

(年とって)気が弱くなった,ぼけた

salad

〈U〉UC〉『サラダ』

〈U〉(レタスなどの)サラダ菜

starter

出発合図係,スターター

(出発線の)競走馬,競走者

《修飾語を伴って》始める人

《話》皮切り,手始め

(機械の)始動機

vegetable

{C}《複数形で》『野菜』,青物;野菜の食用になる部分

{U}植物

{C}植物人間(脳の機能が冒され,呼吸・消化・排出機能などだけが健全に人間)

植物の,植物性の

野菜の

植物のような,単調な,活気のない

probably

『たぶん』,『おそらく』

piano

『ピアノ』

concerto

協奏曲・コンチェルト

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

dish

〈C〉(全員分の料理を盛る)『大皿』,盛り皿,深皿

《しばしばthe ~》《複数形で集合的に》(食事に用いる,おもに陶器製の)皿類,食器類(plates,bowls,saucers,cups,knives,forksなどの総称)

〈C〉(皿に盛られた)『料理』,食品

〈C〉(…の)皿1杯の分量,一皿分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》可愛い女の子

〈食物〉‘を'皿に盛る;〈人〉‘に'盛りつけて出す《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

Madonna

《the ~》聖母マリア

〈C〉聖母マリア像

dessert

『デザート』(食事の最後のコースとして出るくだもの・菓子・ナッツなど,アメリカではパイやプディングやアイスクリームをよく出す)

exciting

(物事が)『興奮させる』

perceive

(五感,特に目で)…‘に'『気がつく』

…‘を'『理解する』,『悟る』

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

portrait

(…の)『肖像画』,肖像(人物)写真《+『of』+『名』》

(人物などの)言葉による描写《+『of』+『名』》

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

musical

《名詞の前にのみ用いて》『音楽の』;音楽を伴う,音楽に合わせた

(声などが)『音調の美しい』音楽的な

(人が)『音楽好きの』;音楽の才のある

=musical comedy

=musical film

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

prince

『王子』,親王;王家(皇族)の男子

(英国以外の)公爵,…公(《英》duke)

(封建時代の)諸侯,大名

(小国の)王,君主

《文》(…の)王者,大家,第一人者《+『of』(『among』)+『名』》

similarity

〈U〉類似,相似(resemblance)

〈C〉類似点

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

fault

〈C〉『欠点』,短所(defect)

〈C〉『誤り』,落ち度

〈U〉(過失の)『責任』,罪

〈C〉断層(地層の食い違い)

〈C〉フォールト(テニスなどでサーブの失敗)

…‘の'あら捜しをする

あやまちを犯す

断層を生じる

secondary

『第2の』,2番目の;(…の)次の《+『to』+『名』》

派生的な,二次的な,あまり重要でない

中等学校[教育]の

二次電流の

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

telephone

〈C〉『電話機』

〈U〉『電話』(《話》phone)

〈人〉‘に'『電話をかける』

〈場所〉‘に'電話をかける

電話をかける

tone

〈C〉(高さ・音色・長さ・音量の点から見た)『音』

〈C〉〈U〉音質

〈C〉楽音;全音程

〈C〉《しばしば複数形で》『言い方,書き方』,口調,語調

〈C〉支配的な(一般的な)風潮(傾向)

〈U〉(筋肉などの緊張の)『正常な状態』

〈C〉『色調』,色合い,濃淡,明暗

(音・色などで)…‘に'『ある調子(口調,色合い)をつける』

…‘の'色を変える,色を補正する

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

BBC

British Broadcasting Corporation 英国放送協会

beep

(車の警笛,ラジオの時報;無線の発信音などの)ビーという音

〈車などが〉警笛を鳴らす;〈無線受信器が〉ビーという発信音を出す

〈警笛〉を鳴らす《+『out』+『名』+『out』》

Mozart

モーツアルト(『Wolfgang Amadeus』~;1756‐91;オーストリアの作曲家)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

pink

〈U〉『桃色,ピング』

〈C〉ナデシコ属の植物(ナデシコ・セキチク・カーネーションなど)

《the pink》《話》最上のもの,極致,粋

〈C〉《しばしばPink》《話》左翼的な人,赤がかった人

桃色の,ピンクの

《しばしばPink》左翼的な,赤がかった

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

well-known

『有名な』,周知の

martin

イワツバメ

Luther

ルーテル,ルター(『Martin~』;1483‐1546;ドイツの宗教改革者)

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

Hitler

ヒトラー(『Adolf Hitler』;1889‐1945;ドイツ国家社会党(the Nazis)の党首)

exhibit

〈感情・性質など〉‘を'『表す』,『示す』

…‘を'『出品する』,陳列する

出品物,陳列品

《米》展覧会,展示会(exhibition)

(法律上の)証拠書類(物件)

exhibition

〈U〉《an~》(感情などを)『表すこと』,示すこと,(能力などの)『発揮』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『展覧会』,展示会《+『of』+『名』》

〈C〉《英》奨学金

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

prefer

『むしろ』…『のほうを好む』(『選ぶ』)

(法廷なでに)…‘を'提出する,申し出る

《文》(特に教会などで)〈人〉‘を'(…に)昇進させる《+『名』+『to』+『名』》

preference

〈U〉〈C〉『好み』

〈U〉〈C〉好みの物を選ぶ権利;優先権

〈C〉『好みのもの』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

differentiate

(…から)…‘を'『区別する』,識別する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'微分する

(…を)区別をつける,(…を)識別する《+『between』+『名』》

別のものとなる

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

wheel

『車輪』

《the ~》(自動車の)『ハンドル』,(船の)『舵輪』(steering wheel)

(製陶用の)ろくろ(potter's wheel);紡ぎ車(spinning wheel)

《複数形で》(…の)推進力,原動力;機関,機構《of+『名』》

回転[運動],旋回[運動]

《複数形で》《俗》足,自動車,車

《場所を表す副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'車で運ぶ

〈車〉‘を'動かす

車(車輪)で進む

くるりと回る,向きを変える《+around(about)》

〈鳥が〉輪を描く

《英》〈隊列が〉旋回する

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

ultraviolet

紫外[線]の

《名詞の前にのみ用いて》紫外線を生じる(用いる)

紫外線

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

detector

発見者,探知者

探知器,検出器

検波器

remote control

遠隔操作,リモコン(リモートコントロール)

リモコンの

good day

『こんにちは』(昼間の改まったあいさつ)

《古》さようなら

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

sunbathe

日光浴をする

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

consequently

『その結果として』,従って

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

関連動画