TED日本語 - アリス・ドレジャー: 性差は解剖学的宿命か?

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アリス・ドレジャーは結合双生児や半陰陽者など身体に問題を抱える人たちに関わる仕事をしています。体にまつわる区別の中でも、男と女の区別はあいまいなものが多いと彼女は言います。そこから生じるのは、なぜ我々は解剖学的な特徴を宿命としてしまうのか、という大きな問題です。

Script

二組のカップルが 1979年の中頃 まったく同じ日 同じ瞬間に 赤ちゃんを授かったとします 二組共 赤ちゃんができたのです 受胎した過程は あまり考えないでください 考えすぎると うわの空になりますから 想像を少しだけしてください 一組のカップルでは Y染色体をもつ精子が 卵子のX染色体と 出会うとします もう1つのカップルでは X染色体をもつ精子が 卵子のX染色体と出会います どちらも生存可能としましょう この話は また後ほど

わたしは二つの事柄に 携わっています 一つは 解剖学の歴史です 専門は歴史なので この場合は 今までの人間や動物の体の扱われ方を 研究しています 体液の扱い方や 体という概念 体に対する考え方などです もう一つは 患者の代弁をする 活動をしています 医者にかかる患者のために 尽力しています 今まで活動してきたのは 社会において逸脱するような 体型をもつ方々の活動です 例えば 結合双生児 二人の体が結合している人たちや 小人症の人たち つまり 極めて身長の低い人たちです 少数派の性別をもつ人たちの 取り組みをしてきました 標準的な男性 もしくは 女性の体型をもたない人たちです 半陰陽と呼ばれているもので

様々な状態があります 標準的な男性や 女性ではない例を いくつかあげてみましょう 例えば XY染色体をもつ人のY染色体上にある SRY遺伝子は 胎児のときに 性腺から 精巣をつくる指示を出します 精巣から男性ホルモンが分泌されますが この個人の場合は 男性ホルモン受容体が欠けているため 体が男性ホルモンを感知せず 反応しません これはアンドロゲン不応症と呼ばれています 男性ホルモンがどんどん出ても まったく感知しません その結果 体は女性の体のように 発達します 出生時は女児のようなので 女の子として育てられます 多くの場合 思春期になり 発育して 胸が大きくなっても 初潮がないために 何かがおかしいと気づきます 検査をすると 卵巣や子宮の代わりに 精巣があって Y染色体をもっていることがわかります

ここで重要なのは この人は本来男性だと思うかもしれませんが そうではないのです 女性も男性も 副腎という器官が 体の後ろ側にあります 副腎はアンドロゲン つまり 男性ホルモンを分泌します わたしの染色体構造は 標準的だと思いますが わたしを含むほとんどの女性は アンドロゲンの影響を受けています アンドロゲンを分泌し 反応する結果 わたしたちのような女性の脳は アンドロゲン不応症で 精巣をもって生まれた女性よりも より多くのアンドロゲンに さらされることになります 性別とは非常に複雑なので 半陰陽の人たちは性別の中間にいると 位置づけることはできません

他の事例です 数年前 19歳の男性から電話がありました 男児として生まれ 育てられ 彼女がいて その女の子と性交渉もあり 男性として生きてきたのに 卵巣と子宮があることがわかったのです 先天性副腎過形成と呼ばれるもので 彼は その極度のケースでした 彼はXX染色体をもち 子宮にいる間 彼の副腎はあまりに活発だったので 男性ホルモン環境をつくりあげてしまいました その結果 男性器が形成され 脳は より典型的な 男性ホルモン要素に反応していたのです 出生時はまるで男児で 誰も疑いはしませんでした それが19歳になったとき 医学的問題を抱え始めたのです 体内で月経がはじまり 内面的には女性だと医師がつきとめました

では 手短に 半陰陽の別の例を出します XX染色体をもつ人に 卵精巣が発達する人がいます 卵巣組織が精巣組織で 覆われているのです 理由は完全にはわからないものの

性別とは 多様なものになり得るのです このような体をもつ子どもたちが 小人症であっても 結合双生児であっても 半陰陽者であっても しばしば 外科的な 整形手術を行う理由は 健康が向上するからでは ありません 彼らは 極めて健康であることが多いのです 様々な手術をすることが多い理由は 社会的分類があることや 体の特徴で アイデンティティが決まるという 概念に基づいているためです 女性であるには 女性の特性がなくてはならない 黒人であるには 家系がアフリカ人の体でなければならない 我々は そんな概念をもっています その概念があまりにも単純すぎるため きわめて差異のある体を見ると そのような分類ができなくなり 戸惑ってしまうのです

アメリカは個人主義という 理想主義的な 概念のもとに築かれています 体ひとつで 二人の子どもが生まれた場合 どれだけ戸惑うのか 想像できるでしょう 最近の論争では去年 南アフリカのランナー キャスター・セメンヤが世界陸上で 性別を疑われました わたしはジャーナリストから電話で質問されました “キャスター・セメンヤの性別を 判別する検査は どの検査ですか?” そんな検査はないと答えました

性別とは複雑であると わかっている今 自然界は男女の区別や 男 半陰陽 女の区別をしないことを 我々は認めなくてはいけません 線を引いているのは私たちです 私たちには 科学が進歩すればするほど 認めなくてはいけないものがあります アイデンティティの分類として 位置づけられたものは 体の構造を分類する揺るぎないものだと 思われていたのに 予想以上に曖昧だったのです 性別だけではなく 人種に関しても 用語が意図する以上に ずっと複雑です

やっかいな問題は多々あります 例えば 人間とチンパンジーは DNAの少なくとも95%が 同じです 少ししか変わりがないという事実から 何を考えればいいのでしょうか 科学が より発達すればするほど より困惑する域へと近づき 単純な分類が あまりにも単純であることを 認めなくてはいけなくなります

これは あらゆる場面で見られます 例えば 我が国アメリカでは 命の始まりと終わりに関する 論争がおきています 胎児とは別の権利があるという点から どの時点で人が人間になるのかを決めるのか 難しい対話がなされています また 人はいつ死亡するのかという問題も 医学界ほど広がりは見せていませんが 難しい問題です 人がいつ死亡したのかという問題は 昔はこれほどまで難しくはありませんでした 鼻の下を羽根で触ったとき ぴくっと動けば 埋葬せず 動きが止まれば 埋葬したものですが 今は 生命をつかさどる器官を 取り出して 他者へと 移植するようになりました その結果 人の死にまつわる論争が 繰り広げられるのです これは 昔のような単純な分類では通用しない 非常に難しい状況をつくりあげます

細かく分類することで わたしのような人間が 喜ぶと思うかもしれません わたしたちは特異な体を持つ人々のために活動をしていますが このようなことは心配の種です このような分類が想像以上に 不安定であることが 民主主義の立場から見て 気がかりです 気がかりになることを説明しましょう わたしは アメリカ合衆国建国の父たちの大ファンです 彼らは人種差別や性差別をしました けれども 立派な人たちだったのです 彼らは とても勇敢で 行動も革新的でした わたしは彼らが題材のミュージカル「1776年」をよく見ています 音楽が好きなのではありません 建国の父たちがもたらした 1776年の出来事があるからです

建国の父たちは 体に対する 最初の活動家だと思います その理由に 彼らは体の構造の概念を捨て その後200年にわたって続いた 革新的なものに代えました ご存知のとおり 建国の父たちは君主制を受け付けませんでした 君主制は非常に単純な 体の概念に基づいていました 旧世界の君主たちに DNAの概念はありませんでしたが 生得権の概念はもっていました 貴族の血統です 彼らの考え方は 先祖から子孫へと 血統によって 政治の権力を 受け継ぐべき というものでした 建国の父たちは その概念を拒否し 体の概念と取り代えたのです それは 人間は皆 平等だというものでした 彼らが定めたものは 重要なのは 体の共通性であって 違いではないというものでした それは非常に革新的でした

当時は啓蒙時代だったことも 影響していました 啓蒙時代には民主主義と 科学の二つが 同時に発展していました 建国の父たちを見ると明らかですが 多くは科学に関心をもっており 自然主義的な世界の概念に 関心を寄せていました 彼らは超自然的解釈から遠のき 権力という超自然的な概念を拒絶しました 生得権という 曖昧な概念のために伝わっていた権力です

彼らは自然主義の概念に移行していきました アメリカ独立宣言では 自然法と 自然の神の法に触れています 神や神の自然ではありません 我々が誰なのか 自然の力を使って説明しています その中で 彼らは体の共通性に関する 概念をもたらしました そうすることで見事に 後の公民権活動を 確立していました その意図はなくても 結果的にそうなったのです

その後 どうなったかと言うと 選挙権を得ようとしていた 女性たちは 建国の父たちが掲げた 体の共通性は違いよりも重要だという 概念を用いて 言いました “子宮や卵巣があるという差は 選挙権や公民権や不動産の獲得を 妨げるには 十分な理由にはならない” 女性たちの抗議は 見事な成果を出しました 次に公民権活動に成果が出ました “わたしは女ではないのか?” と語った ソジャーナ・トゥルースなどが代表的です 公民権活動のデモ行進では “わたしは男だ”と言った 男性がいたり 体の違いではなく共通性を 訴えて 成果を出した 有色人種の人たちがいました 同じことが障害者権利の活動にも見られます

もちろん 問題があります 共通性に目を向け始めながら なぜ ある一定の区分を保つのか 問い始めなくてはいけません 解剖学的に区別が必要なものも 中にはあります 例えば 魚には 人間と同様の権利は与えたくありません 解剖学的見地を捨て去れと言っているのではありません 5歳の子どもが性交渉や 結婚を許可されるべきではないと思います 解剖学的な区別も 納得できるものは維持すべきでしょう でも それを選別し その理由と意味を 割り出すことが難しいのです

先ほどの 同時期に宿った 二人の話に戻りましょう 1979年中頃の 同じ日に宿った二人がいます その一人のメアリーは 予定日より3か月早く 1980年1月1日に生まれました もう一人のヘンリーは 1980年4月1日に生まれました 予定日よりも 3か月早く生まれたため メアリーは あらゆる権利を ヘンリーよりも3か月早く手に入れます 性交渉や選挙や 飲酒できる権利です ヘンリーは生物学的に 年齢は変わりありませんが 生まれた時期のために 待たなくてはいけません

他にも権利に関するおかしなことがあります 男であると推測されたヘンリーは XY染色体をもっていますが 男であると推測されるために 兵役に服することになります メアリーはその心配は要りません 一方で メアリーは ヘンリーが すべての州で得られる 結婚する権利が得られません ヘンリーは どの州でも女性と結婚できますが メアリーは幾つかの州でしか 女性と結婚できません

このように 体の構造による分類が さまざまな面で 問題を引き起こしています 問題は 体を観察する上で 科学が発展する中 体に基づいた民主主義が 崩れ始めるかもしれないと 認めざるを得ないとき どうするのか という点です 科学を手放しはしたくありませんが 科学の支えを失うような気が 時々するのです さて どうなるでしょうか 我々の文化では 実用的な姿勢が見られます “どこかで線引きをしなくてはいけないから 線引きをしているのだ” と でも おかしな状況に陥る人も多いのです

テキサスではあるとき 男と結婚する人は Y染色体がないことを意味し 女と結婚する人は Y染色体があることを意味すると決定づけました 実際に染色体を調べることはしませんが これも非常に変な話です なぜなら最初に紹介した話は アンドロゲン不応症についてだからです

近代民主主義の父の一人である マーティン・ルーサー・キングが スピーチの中で解決法を示しています 肌の色で人を判断せずに 体という枠を超えて 人格で判断するべきだ と 良い考えだと言いたいですが 実際には どうやるのでしょうか どのように 人格を基に判断できるのでしょうか また それが人間の権利を 与えるべき方法なのでしょうか なぜなら ある人間よりも社会福祉を受けるに値する犬を わたしは何匹か知っていると 認めざるを得ないからです また わたしが知っている ある40歳の人よりも 性交渉に関して知識があり 賢くて 慎重な判断ができる犬がいるだろうと言いたいです

さあ どうやって人格の問題を 操作できるでしょうか これは非常に難しいのですが わたしは こう思う事があります もしも未来に 人格がfMRI計測できると わかったら どうでしょう? そんなことを望むでしょうか? わたしにはわかりませんが

重要だと感じるのは 民主主義の問題を考えるとき アメリカが 先導するという考えです アメリカは民主主義の取り組みに成果をあげ 今後も貢献できると思います 私たちにイランが抱える状況はありません そこでは同性愛者の男性は 殺害される危険性がありますが 性転換をするならば 命は助かります

アメリカでは そのようなことはありません 数年前に話をした外科医がいた状況が アメリカにはなくて嬉しく思います 切断手術をするために結合双生児を連れて来た外科医は 自分を売り込むことが目的でもありました その医師と電話で話したときに リスクの高い手術だったので なぜ 手術をするのか尋ねました その国では その子どもが辛い目にあうので 手術をしなくてはいけない ということだったため 切断手術の代わりに 政治亡命を 検討したことはあるかと尋ねました 人々がありのままでいられるように アメリカは多大な可能性を 提供してきました 我々が先頭に立たなくてはいけません

最後に 提案をしたいと思います 建国の父たちの話題ばかりでしたが 母たちがもっと関与していた場合 民主主義はどのようなものだったのか 可能性を考えたいのです フェミニストの立場から 少し急進的なことを言うと 異なる体から生まれる 異なる洞察が あるかもしれません 特にグループで考える場合です 半陰陽に興味をもって何年も経ちますが 性別の違いの研究にも興味があります 興味あるものの一つに 考え方や影響の及ぼし方における 男女の違いがあります 異文化研究からわかっているのは 女性は皆ではありませんが 平均的に 複雑な社会関係に 注意を払い その中でも弱い立場の人たちの 面倒をみる傾向があります その点を考慮すると 手中に興味深い状況があるのです

何年も前 大学院にいた頃 フェミニズムに関心をよせる私に ある先生が 変な質問をしてきました “フェミニズムのどこが 女性的なのか 教えてくれないか” 馬鹿げた質問だと思いました フェミニズムとは性別に関する固定観念を打ち消していくことであり 女性的なものなど 一切ありません でも より考えていくうちに 女性的なものがあるかもしれないと 思いました 平均して女性の脳が男性の脳と違う点が あるかもしれません 複雑な社会関係や 弱い立場にいる人たちに より多くの気を使う何かです

建国の父たちが国から人々を守る方法を 模索するのに気を使ったことを見ると この概念に より多くの女性を送り込めば 人々を守る方法だけではなく お互いに世話をすることが 可能になるでしょう それが将来に必要なものかもしれません 体を超えた民主主義を考えるというのは アイデンティティの点では 個人の体は それほど重視せずに 関係性を重視するということです より完璧な国をつくろうとしながら お互いのためを考えるのです

ありがとう

(拍手)

I want you to imagine two couples in the middle of 1979 on the exact same day, at the exact same moment, each conceiving a baby -- okay? So two couples each conceiving one baby. Now I don't want you to spend too much time imagining the conception, because if you spend all that time imagining that conception, you're not going to listen to me. So just imagine that for a moment. And in this scenario, I want to imagine that, in one case, the sperm is carrying a Y chromosome, meeting that X chromosome of the egg. And in the other case, the sperm is carrying an X chromosome, meeting the X chromosome of the egg. Both are viable; both take off. We'll come back to these people later.

So I wear two hats in most of what I do. As the one hat, I do history of anatomy. I'm a historian by training, and what I study in that case is the way that people have dealt with anatomy -- meaning human bodies, animal bodies -- how they dealt with bodily fluids, concepts of bodies; how have they thought about bodies. The other hat that I've worn in my work is as an activist, as a patient advocate -- or, as I sometimes say, as an impatient advocate -- for people who are patients of doctors. In that case, what I've worked with is people who have body types that challenge social norms. So some of what I've worked on, for example, is people who are conjoined twins -- two people within one body. Some of what I've worked on is people who have dwarfism -- so people who are much shorter than typical. And a lot of what I've worked on is people who have atypical sex -- so people who don't have the standard male or the standard female body types. And as a general term, we can use the term intersex for this.

Intersex comes in a lot of different forms. I'll just give you a few examples of the types of ways you can have sex that isn't standard for male or female. So in one instance, you can have somebody who has an XY chromosomal basis, and that SRY gene on the Y chromosome tells the proto-gonads, which we all have in the fetal life, to become testes. And so in the fetal life the testes are pumping out testosterone. But because this individual lacks receptors to hear that testosterone, the body doesn't react to the testosterone. And this is a syndrome called androgen insensitivity syndrome. So lots of levels of testosterone, but no reaction to it. As a consequence, the body develops more along the female typical path. When the child is born, she looks like a girl. She is a girl. She is raised as a girl. And it's often not until she hits puberty and she's growing and developing breasts, but she's not getting her period, that somebody figures out something's up here. And they do some tests and figure out that, instead of having ovaries inside and a uterus, she actually has testes inside, and she has a Y chromosome.

Now what's important to understand is you may think of this person as really being male, but they're really not. Females, like males, have in our bodies something called the adrenal glands. They're in the back of our body. And the adrenal glands make androgens, which are a masculinizing hormone. Most females like me -- I believe myself to be a typical female -- I don't actually know my chromosomal make-up but I think I'm probably typical -- most females like me are actually androgen-sensitive. We're making androgen, and we're responding to androgens. The consequence is that somebody like me has actually had a brain exposed to more androgens than the woman born with testes who has androgen insensitivity syndrome. So sex is really complicated; it's not just that intersex people are in the middle of all the sex spectrum -- in some ways, they can be all over the place.

Another example: a few years ago I got a call from a man who was 19 years old, who was born a boy, raised a boy, had a girlfriend, had sex with his girlfriend, had a life as a guy and had just found out that he had ovaries and a uterus inside. What he had was an extreme form of a condition called congenital adrenal hyperplasia. He had XX chromosomes, and in the womb, his adrenal glands were in such high gear that it created, essentially, a masculine hormonal environment. And as a consequence, his genitals were masculinzed, his brain was subject to the more typical masculine component of hormones. And he was born looking like a boy -- nobody suspected anything. And it was only when he had reached the age of 19 that he began to have enough medical problems actually from menstruating internally, that doctors figured out that, in fact, he was female internally.

Okay, so just one more quick example of a way you can have intersex. Some people who have XX chromosomes develop what are called ovotestis, which is when you have ovarian tissue with testicular tissue wrapped around it. And we're not exactly sure why that happens.

So sex can come in lots of different varieties. The reason that children with these kinds of bodies -- whether it's dwarfism, or it's conjoined twinning, or it's an intersex type -- are often normalized by surgeons is not because it actually leaves them better off in terms of physical health. In many cases, people are actually perfectly healthy. The reason they're often subject to various kinds of surgeries is because they threaten our social categories. Or system has been based typically on the idea that a particular kind of anatomy comes with a particular identity. So we have the concept that what it means to be a woman is to have a female identity; what it means to be a black person is, allegedly, is to have an African anatomy in terms of your history. And so we have this terribly simplistic idea. And when we're faced with a body that actually presents us something quite different, it startles us in terms of those categorizations.

So we have a lot of very romantic ideas in our culture about individualism. And our nation's really founded on a very romantic concept of individualism. Well you can imagine how startling then it is when you have children that are born who are two people inside of one body. Where I ran into the most heat from this most recently was last year the South African runner, Caster Semenya, had her sex called into question at the International Games in Berlin. I had a lot of journalists calling me, asking me, "Which is the test they're going to run that will tell us whether or not Caster Semenya is male or female?" And I had to explain to the journalists there isn't such a test.

In fact, we now know that sex is complicated enough that we have to admit nature doesn't draw the line for us between male and female, or between male and intersex and female and intersex; we actually draw that line on nature. So what we have is a sort of situation where the farther our science goes, the more we have to admit to ourselves that these categories that we thought of as stable anatomical categories that mapped very simply to stable identity categories are a lot more fuzzy than we thought. And it's not just in terms of sex. It's also in terms of race, which turns out to be vastly more complicated than our terminology has allowed.

As we look, we get into all sorts of uncomfortable areas. We look, for example, about the fact that we share at least 95 percent of our DNA with chimpanzees. What are we to make of the fact that we differ from them only really by a few nucleotides? And as we get farther and farther with our science, we get more and more into a discomforted zone where we have to acknowledge that the simplistic categories we've had are probably overly simplistic.

So we're seeing this in all sorts of places in human life. One of the places we're seeing it, for example, in our culture today, in the United States today, is battles over the beginning of life and the end of life. We have difficult conversations about at what point we decide a body becomes a human, such that it has a different right than a fetal life. We have very difficult conversations nowadays -- probably not out in the open as much as within medicine -- about the question of when somebody's dead. In the past, our ancestors never had to struggle so much with this question of when somebody was dead. At most, they'd stick a feather on somebody's nose, and if it twitched, they didn't bury them yet. If it stopped twitching, you bury them. But today, we have a situation where we want to take vital organs out of beings and give them to other beings. And as a consequence, we're stuck with having to struggle with this really difficult question about who's dead, and this leads us to a really difficult situation where we don't have such simple categories as we've had before.

Now you might think that all this breaking-down of categories would make somebody like me really happy. I'm a political progressive, I defend people with unusual bodies, but I have to admit to you that it makes me nervous. Understanding that these categories are really much more unstable than we thought makes me tense. And it makes me tense from the point of view of thinking about democracy. So in order to tell you about that tension, I have to first admit to you that I'm a huge fan of the Founding Fathers. I know they were racists, I know they were sexist, but they were great. I mean, they were so brave and so bold and so radical in what they did that I find myself watching that cheesy musical "1776" every few years, and it's not because of the music, which is totally forgettable. It's because of what happened in 1776 with the Founding Fathers.

The Founding Fathers were, for my point of view, the original anatomical activists, and this is why. What they rejected was an anatomical concept and replaced it with another one that was radical and beautiful and held us for 200 years. So as you all recall, what our Founding Fathers were rejecting was a concept of monarchy, and the monarchy was basically based on a very simplistic concept of anatomy. The monarchs of the old world didn't have a concept of DNA, but they did have a concept of birthright. They had a concept of blue blood. They had the idea that the people who would be in political power should be in political power because of the blood being passed down from grandfather to father to son and so forth. The Founding Fathers rejected that idea, and they replaced it with a new anatomical concept, and that concept was all men are created equal. They leveled that playing field and decided the anatomy that mattered was the commonality of anatomy, not the difference in anatomy, and that was a really radical thing to do.

Now they were doing it in part because they were part of an Enlightenment system where two things were growing up together. And that was democracy growing up, but it was also science growing up at the same time. And it's really clear, if you look at the history of the Founding Fathers, a lot of them were very interested in science, and they were interested in a concept of a naturalistic world. They were moving away from supernatural explanations, and they were rejecting things like a supernatural concept of power, where it transmitted because of a very vague concept of birthright.

They were moving towards a naturalistic concept. And if you look, for example, in the Declaration of Independence, they talk about nature and nature's God. They don't talk about God and God's nature. They're talking about the power of nature to tell us who we are. So as part of that, they were coming to us with a concept that was about anatomical commonality. And in doing so, they were really setting up in a beautiful way the Civil Rights movement of the future. They didn't think of it that way, but they did it for us, and it was great.

So what happened years afterward? What happened was women, for example, who wanted the right to vote, took the Founding Fathers' concept of anatomical commonality being more important than anatomical difference and said, "The fact that we have a uterus and ovaries is not significant enough in terms of a difference to mean that we shouldn't have the right to vote, the right to full citizenship, the right to own property, etc., etc." And women successfully argued that. Next came the successful Civil Rights movement, where we found people like Sojourner Truth talking about, "Ain't I a woman?" We find men on the marching lines of the Civil Rights movement saying, "I am a man." Again, people of color appealing to a commonality of anatomy over a difference of anatomy, again, successfully. We see the same thing with the disability rights movement.

The problem is, of course, that, as we begin to look at all that commonality, we have to begin to question why we maintain certain divisions. Now mind you, I want to maintain some divisions, anatomically, in our culture. For example, I don't want to give a fish the same rights as a human. I don't want to say we give up entirely on anatomy. I don't want to say five-year-olds should be allowed to consent to sex or consent to marry. So there are some anatomical divisions that make sense to me and that I think we should retain. But the challenge is trying to figure out which ones they are and why do we retain them and do they have meaning.

So let's go back to those two beings conceived at the beginning of this talk. We have two beings, both conceived in the middle of 1979 on the exact same day. Let's imagine one of them, Mary, is born three months prematurely, so she's born on June 1,1980. Henry, by contrast, is born at term, so he's born on March 1,1980. Simply by virtue of the fact that Mary was born prematurely three months, she comes into all sorts of rights three months earlier than Henry does -- the right to consent to sex, the right to vote, the right to drink. Henry has to wait for all of that, not because he's actually any different in age, biologically, except in terms of when he was born.

We find other kinds of weirdness in terms of what their rights are. Henry, by virtue of being assumed to be male -- although I haven't told you that he's the XY one -- by virtue of being assumed to be male is now liable to be drafted, which Mary does not need to worry about. Mary, meanwhile, can not in all the states have the same right that Henry has in all the states, namely, the right to marry. Henry can marry in every state a woman, but Mary can only marry today in a few states a woman.

So we have these anatomical categories that persist that are in many ways problematic and questionable. And the question to me becomes: What do we do, as our science gets to be so good in looking at anatomy, that we reach the point where we have to admit that a democracy that's been based on anatomy might start falling apart? I don't want to give up the science, but at the same time it kind of feels sometimes like the science is coming out from under us. So where do we go? It seems like what happens in our culture is a sort of pragmatic attitude: "Well, we have to draw the line somewhere, so we will draw the line somewhere." But a lot of people get stuck in a very strange position.

So for example, Texas has at one point decided that what it means to marry a man is to mean that you don't have a Y chromosome, and what it means to marry a woman means you do have a Y chromosome. Now in practice they don't actually test people for their chromosomes. But this is also very bizarre, because of the story I told you at the beginning about androgen insensitivity syndrome.

If we look at one of the founding fathers of modern democracy, Dr. Martin Luther King, he offers us something of a solution in his "I have a dream" speech. He says we should judge people "based not on the color of their skin, but on the content of their character," moving beyond anatomy. And I want to say, "Yeah, that sounds like a really good idea." But in practice, how do you do it? How do you judge people based on the content of character? I also want to point out that I'm not sure that is how we should distribute rights in terms of humans, because, I have to admit, that there are some golden retrievers I know that are probably more deserving of social services than some humans I know. I also want to say there are probably also some yellow Labradors that I know that are more capable of informed, intelligent, mature decisions about sexual relations than some 40-year-olds that I know.

So how do we operationalize the question of content of character? It turns out to be really difficult. And part of me also wonders, what if content of character turns out to be something that's scannable in the future -- able to be seen with an fMRI? Do we really want to go there? I'm not sure where we go.

What I do know is that it seems to be really important to think about the idea of the United States being in the lead of thinking about this issue of democracy. We've done a really good job struggling with democracy, and I think we would do a good job in the future. We don't have a situation that Iran has, for example, where a man who's sexually attracted to other men is liable to be murdered, unless he's willing to submit to a sex change, in which case he's allowed to live.

We don't have that kind of situation. I'm glad to say we don't have the kind of situation with -- a surgeon I talked to a few years ago who had brought over a set of conjoined twins in order to separate them, partly to make a name for himself. But when I was on the phone with him, asking why he was going to do this surgery -- this was a very high-risk surgery -- his answer was that, in this other nation, these children were going to be treated very badly, and so he had to do this. My response to him was, "Well, have you considered political asylum instead of a separation surgery?" The United States has offered tremendous possibility for allowing people to be the way they are, without having them have to be changed for the sake of the state. So I think we have to be in the lead.

Well, just to close, I want to suggest to you that I've been talking a lot about the fathers. And I want to think about the possibilities of what democracy might look like, or might have looked like, if we had more involved the mothers. And I want to say something a little bit radical for a feminist, and that is that I think that there may be different kinds of insights that can come from different kinds of anatomies, particularly when we have people thinking in groups. Now for years, because I've been interested in intersex, I've also been interested in sex difference research. And one of the things that I've been really interested in is looking at the differences between males and females in terms of the way they think and operate in the world. And what we know from cross-cultural studies is that females, on average -- not everyone, but on average -- are more inclined to be very attentive to complex social relations and to taking care of people who are basically vulnerable within the group. And so if we think about that, we have an interesting situation on our hands.

Years ago, when I was in graduate school,one of my graduate advisers who knew I was interested in feminism -- I considered myself a feminist, as I still do -- asked a really strange question. He said, "Tell me what's feminine about feminism." And I thought, "Well that's the dumbest question I've ever heard. Feminism is all about undoing stereotypes about gender, so there's nothing feminine about feminism." But the more I thought about his question, the more I thought there might be something feminine about feminism. That is to say, there might be something, on average, different about female brains from male brains that makes us more attentive to deeply complex social relationships and more attentive to taking care of the vulnerable.

So whereas the fathers were extremely attentive to figuring out how to protect individuals from the state, it's possible that if we injected more mothers into this concept, what we would have is more of a concept of, not just how to protect, but how to care for each other. And maybe that's where we need to go in the future, when we take democracy beyond anatomy, is to think less about the individual body, in terms of the identity, and think more about those relationships. So that as we the people try to create a more perfect union, we're thinking about what we do for each other.

Thank you.

(Applause)

I want you/ to imagine two couples/ in the middle of 1979/ on the exact same day,/ at the exact same moment,/ each conceiving a baby --/ okay?//

二組のカップルが 1979年の中頃 まったく同じ日 同じ瞬間に 赤ちゃんを授かったとします

So two couples/ each conceiving one baby.//

二組共 赤ちゃんができたのです

Now/ I don't want you/ to spend too much time/ imagining the conception,/ because/ if you spend all that time/ imagining that conception,/ you're not going to listen to me.//

受胎した過程は あまり考えないでください 考えすぎると うわの空になりますから

So just imagine/ that for a moment.//

想像を少しだけしてください

And/ in this scenario,/ I want to imagine/ that,/ in one case,/ the sperm is carrying a Y chromosome,/ meeting/ that X chromosome of the egg.//

一組のカップルでは Y染色体をもつ精子が 卵子のX染色体と 出会うとします

And/ in the other case,/ the sperm is carrying an X chromosome,/ meeting the X chromosome of the egg.//

もう1つのカップルでは X染色体をもつ精子が 卵子のX染色体と出会います

Both are viable;/ both take off.//

どちらも生存可能としましょう

We'll come back/ to these people later.//

この話は また後ほど

So I wear two hats/ in most of what I do.//

わたしは二つの事柄に 携わっています

As the one hat,/ I do history of anatomy.//

一つは 解剖学の歴史です

I'm a historian/ by training,/ and what I study in that case is the way/ that people have dealt with anatomy --/ meaning human bodies,/ animal bodies --/ how they dealt with bodily fluids,/ concepts of bodies;/ how have they thought about bodies.//

専門は歴史なので この場合は 今までの人間や動物の体の扱われ方を 研究しています 体液の扱い方や 体という概念 体に対する考え方などです

The other hat/ that I've worn in my work is as an activist,/ as a patient advocate --/ or,/ as I sometimes say,/ as an impatient advocate --/ for people/ who are patients of doctors.//

もう一つは 患者の代弁をする 活動をしています 医者にかかる患者のために 尽力しています

In that case,/ what I've worked/ with is people/ who have body types/ that challenge social norms.//

今まで活動してきたのは 社会において逸脱するような 体型をもつ方々の活動です

So some of what I've worked on,/ for example,/ is people/ who are conjoined twins --/ two people/ within one body.//

例えば 結合双生児 二人の体が結合している人たちや

Some of what I've worked/ on is people/ who have dwarfism --/ so people/ who are much shorter/ than typical.//

小人症の人たち つまり 極めて身長の低い人たちです

And a lot of what I've worked/ on is people/ who have atypical sex --/ so people/ who don't have the standard male or the standard female body types.//

少数派の性別をもつ人たちの 取り組みをしてきました 標準的な男性 もしくは 女性の体型をもたない人たちです

And/ as a general term,/ we can use the term intersex/ for this.//

半陰陽と呼ばれているもので

Intersex comes in a lot of different forms.//

様々な状態があります

I'll just give you/ a few examples of the types of ways/ you can have sex/ that isn't standard/ for male or female.//

標準的な男性や 女性ではない例を いくつかあげてみましょう

So/ in one instance,/ you can have somebody/ who has an XY chromosomal basis,/ and/ that SRY gene/ on the Y chromosome tells the proto-gonads,/ which we/ all have in the fetal life,/ to become testes.//

例えば XY染色体をもつ人のY染色体上にある SRY遺伝子は 胎児のときに 性腺から 精巣をつくる指示を出します

And so/ in the fetal life/ the testes are pumping out/ testosterone.//

精巣から男性ホルモンが分泌されますが

But/ because this individual lacks receptors/ to hear that testosterone,/ the body doesn't react to the testosterone.//

この個人の場合は 男性ホルモン受容体が欠けているため 体が男性ホルモンを感知せず 反応しません

And this is a syndrome called androgen insensitivity syndrome.//

これはアンドロゲン不応症と呼ばれています

So lots of levels of testosterone,/ but no reaction to it.//

男性ホルモンがどんどん出ても まったく感知しません

その結果 体は女性の体のように 発達します

When the child is born,/ she looks like a girl.//

出生時は女児のようなので

She is a girl.// She is raised as a girl.//

女の子として育てられます

And it's often not/ until she hits puberty/ and she's growing and developing/ breasts,/ but she's not getting/ her period,/ that somebody figures out/ something's up here.//

多くの場合 思春期になり 発育して 胸が大きくなっても 初潮がないために 何かがおかしいと気づきます

And they do some tests/ and figure out/ that,/ instead of having ovaries inside and a uterus,/ she actually has testes inside,/ and she has a Y chromosome.//

検査をすると 卵巣や子宮の代わりに 精巣があって Y染色体をもっていることがわかります

Now/ what's important to understand is you may think of this person/ as really/ being male,/ but they're really/ not.//

ここで重要なのは この人は本来男性だと思うかもしれませんが そうではないのです

Females,/ like males,/ have in our bodies something called the adrenal glands.//

女性も男性も 副腎という器官が

They're in the back of our body.//

体の後ろ側にあります

And the adrenal glands make androgens,/ which are a masculinizing hormone.//

副腎はアンドロゲン つまり 男性ホルモンを分泌します

Most females/ like me --/ I believe myself/ to be a typical female --/ I don't actually know my chromosomal make-up/ but I think I'm probably typical --/ most females/ like me are actually androgen-sensitive.//

わたしの染色体構造は 標準的だと思いますが わたしを含むほとんどの女性は アンドロゲンの影響を受けています

We're making/ androgen,/ and we're responding to androgens.//

アンドロゲンを分泌し 反応する結果

The consequence is that somebody like me/ has actually had a brain exposed to more androgens/ than the woman born with testes/ who has androgen insensitivity syndrome.//

わたしたちのような女性の脳は アンドロゲン不応症で 精巣をもって生まれた女性よりも より多くのアンドロゲンに さらされることになります

So sex is really complicated;/ it's not just/ that intersex people are in the middle of all the sex spectrum --/ in some ways,/ they can be all over the place.//

性別とは非常に複雑なので 半陰陽の人たちは性別の中間にいると 位置づけることはできません

Another example:/ a few years ago/ I got a call/ from a man/ who was 19 years old,/ who was born a boy,/ raised a boy,/ had a girlfriend,/ had sex/ with his girlfriend,/ had a life/ as a guy/ and had just found out/ that he had ovaries and a uterus inside.//

他の事例です 数年前 19歳の男性から電話がありました 男児として生まれ 育てられ 彼女がいて その女の子と性交渉もあり 男性として生きてきたのに 卵巣と子宮があることがわかったのです

What he had was an extreme form of a condition called congenital adrenal hyperplasia.//

先天性副腎過形成と呼ばれるもので 彼は その極度のケースでした

He had XX chromosomes,/ and in the womb,/ his adrenal glands were in such high gear/ that it created,/ essentially,/ a masculine hormonal environment.//

彼はXX染色体をもち 子宮にいる間 彼の副腎はあまりに活発だったので 男性ホルモン環境をつくりあげてしまいました

And/ as a consequence,/ his genitals were masculinzed,/ his brain was subject/ to the more typical masculine component of hormones.//

その結果 男性器が形成され 脳は より典型的な 男性ホルモン要素に反応していたのです

And he was born looking like a boy --/ nobody suspected anything.//

出生時はまるで男児で 誰も疑いはしませんでした

And it was only/ when he had reached the age of 19/ that he began to have/ enough medical problems actually/ from menstruating internally,/ that doctors figured out/ that,/ in fact,/ he was female internally.//

それが19歳になったとき 医学的問題を抱え始めたのです 体内で月経がはじまり 内面的には女性だと医師がつきとめました

Okay,/ so/ just one more quick example of a way/ you can have intersex.//

では 手短に 半陰陽の別の例を出します

Some people/ who have/ XX chromosomes develop/ what are called ovotestis,/ which is/ when you have ovarian tissue/ with testicular tissue wrapped around it.//

XX染色体をもつ人に 卵精巣が発達する人がいます 卵巣組織が精巣組織で 覆われているのです

And we're not exactly sure/ why that happens.//

理由は完全にはわからないものの

So sex can come in lots of different varieties.//

性別とは 多様なものになり得るのです

The reason/ that children/ with these kinds of bodies --/ whether it's dwarfism,/ or it's conjoined twinning,/ or it's an intersex type --/ are often normalized by surgeons is not/ because it actually leaves them better off/ in terms of physical health.//

このような体をもつ子どもたちが 小人症であっても 結合双生児であっても 半陰陽者であっても しばしば 外科的な 整形手術を行う理由は 健康が向上するからでは ありません

In many cases,/ people are actually perfectly healthy.//

彼らは 極めて健康であることが多いのです

The reason/ they're often subject/ to various kinds of surgeries is/ because they threaten our social categories.//

様々な手術をすることが多い理由は 社会的分類があることや

Or system has been based typically/ on the idea/ that a particular kind of anatomy comes with a particular identity.//

体の特徴で アイデンティティが決まるという 概念に基づいているためです

So/ we have the concept/ that/ what it means to be a woman is to have a female identity;/ what it means to be a black person is,/ allegedly,/ is to have an African anatomy/ in terms of your history.//

女性であるには 女性の特性がなくてはならない 黒人であるには 家系がアフリカ人の体でなければならない 我々は そんな概念をもっています

And so/ we have this terribly simplistic idea.//

その概念があまりにも単純すぎるため

And when we're faced with a body/ that actually presents us/ something quite different,/ it startles us/ in terms of those categorizations.//

きわめて差異のある体を見ると そのような分類ができなくなり 戸惑ってしまうのです

So we have a lot of very romantic ideas/ in our culture/ about individualism.//

アメリカは個人主義という 理想主義的な

And our nation's really founded/ on a very romantic concept of individualism.//

概念のもとに築かれています

Well/ you can imagine/ how startling then/ it is/ when you have children/ that are born/ who are two people/ inside of one body.//

体ひとつで 二人の子どもが生まれた場合 どれだけ戸惑うのか 想像できるでしょう

Where I ran into the most heat/ from this most recently was last year/ the South African runner,/ Caster Semenya,/ had her sex called into question/ at the International Games/ in Berlin.//

最近の論争では去年 南アフリカのランナー キャスター・セメンヤが世界陸上で 性別を疑われました

I had a lot of journalists/ calling me,/ asking me,/ "Which is the test they're going to run/ that will tell us/ whether or not Caster Semenya is male or female?"//

わたしはジャーナリストから電話で質問されました “キャスター・セメンヤの性別を 判別する検査は どの検査ですか?”

And I had to explain/ to the journalists/ there isn't such a test.//

そんな検査はないと答えました

In fact,/ we now know/ that sex is complicated enough/ that we have to admit/ nature doesn't draw the line/ for us/ between male and female,/ or between male and intersex and female and intersex;/ we actually draw/ that line/ on nature.//

性別とは複雑であると わかっている今 自然界は男女の区別や 男 半陰陽 女の区別をしないことを 我々は認めなくてはいけません 線を引いているのは私たちです

So/ what we have/ is a sort of situation/ where the farther our science goes,/ the more/ we have to admit/ to ourselves/ that these categories/ that we thought of as stable anatomical categories/ that mapped very simply/ to stable identity categories are a lot more fuzzy/ than we thought.//

私たちには 科学が進歩すればするほど 認めなくてはいけないものがあります アイデンティティの分類として 位置づけられたものは 体の構造を分類する揺るぎないものだと 思われていたのに 予想以上に曖昧だったのです

And it's not just/ in terms of sex.//

性別だけではなく

It's also/ in terms of race,/ which turns out/ to be vastly more complicated/ than our terminology has allowed.//

人種に関しても 用語が意図する以上に ずっと複雑です

As we look,/ we get into all sorts of uncomfortable areas.//

やっかいな問題は多々あります

We look,/ for example,/ about the fact/ that we share at least 95 percent of our DNA/ with chimpanzees.//

例えば 人間とチンパンジーは DNAの少なくとも95%が 同じです

What are we to make of the fact/ that we differ from them only really/ by a few nucleotides?//

少ししか変わりがないという事実から 何を考えればいいのでしょうか

And/ as we get farther and farther/ with our science,/ we get more and more/ into a discomforted zone/ where we have to acknowledge/ that the simplistic categories/ we've had are probably overly simplistic.//

科学が より発達すればするほど より困惑する域へと近づき 単純な分類が あまりにも単純であることを 認めなくてはいけなくなります

So we're seeing/ this/ in all sorts of places/ in human life.//

これは あらゆる場面で見られます

One of the places/ we're seeing/ it,/ for example,/ in our culture/ today,/ in the United States/ today,/ is battles/ over the beginning of life and the end of life.//

例えば 我が国アメリカでは 命の始まりと終わりに関する 論争がおきています

We have difficult conversations/ about at what point/ we decide a body becomes a human,/ such/ that it has a different right/ than a fetal life.//

胎児とは別の権利があるという点から どの時点で人が人間になるのかを決めるのか 難しい対話がなされています

We have very difficult conversations nowadays --/ probably not out/ in the open as much/ as within medicine --/ about the question of when somebody's dead.//

また 人はいつ死亡するのかという問題も 医学界ほど広がりは見せていませんが 難しい問題です

In the past,/ our ancestors never had to struggle/ so much/ with this question of when somebody was dead.//

人がいつ死亡したのかという問題は 昔はこれほどまで難しくはありませんでした

At most,/ they'd stick a feather/ on somebody's nose,/ and/ if it twitched,/ they didn't bury them yet.//

鼻の下を羽根で触ったとき ぴくっと動けば 埋葬せず

If it stopped twitching,/ you bury them.//

動きが止まれば 埋葬したものですが

But today,/ we have a situation/ where we want to take/ vital organs/ out of beings/ and give them/ to other beings.//

今は 生命をつかさどる器官を 取り出して 他者へと 移植するようになりました

And/ as a consequence,/ we're stuck with having to struggle/ with this really difficult question/ about who's dead,/ and this leads us/ to a really difficult situation/ where we don't have such simple categories/ as we've had before.//

その結果 人の死にまつわる論争が 繰り広げられるのです これは 昔のような単純な分類では通用しない 非常に難しい状況をつくりあげます

Now/ you might think/ that all this breaking-down of categories would make somebody/ like me really happy.//

細かく分類することで わたしのような人間が 喜ぶと思うかもしれません

I'm a political progressive,/ I defend people/ with unusual bodies,/ but I have to admit/ to you/ that it makes me nervous.//

わたしたちは特異な体を持つ人々のために活動をしていますが このようなことは心配の種です

Understanding/ that these categories are/ really much more unstable/ than we thought makes me tense.//

このような分類が想像以上に 不安定であることが

And it makes me/ tense from the point of view of thinking about democracy.//

民主主義の立場から見て 気がかりです

So/ in order to tell you/ about that tension,/ I have to first admit/ to you/ that I'm a huge fan of the Founding Fathers.//

気がかりになることを説明しましょう わたしは アメリカ合衆国建国の父たちの大ファンです

I know/ they were racists,/ I know/ they were sexist,/ but they were great.//

彼らは人種差別や性差別をしました けれども 立派な人たちだったのです

I mean,/ they were so brave/ and so bold/ and so radical/ in what they did/ that I find myself/ watching/ that cheesy musical "1776"/ every few years,/ and it's not because of the music,/ which is totally forgettable.//

彼らは とても勇敢で 行動も革新的でした わたしは彼らが題材のミュージカル「1776年」をよく見ています 音楽が好きなのではありません

It's because of what happened in 1776/ with the Founding Fathers.//

建国の父たちがもたらした 1776年の出来事があるからです

The Founding Fathers were,/ for my point of view,/ the original anatomical activists,/ and this is/ why.//

建国の父たちは 体に対する 最初の活動家だと思います その理由に

What they rejected/ was an anatomical concept/ and replaced it/ with another one/ that was radical and beautiful/ and held us/ for 200 years.//

彼らは体の構造の概念を捨て その後200年にわたって続いた 革新的なものに代えました

So/ as you/ all recall,/ what our Founding Fathers were rejecting was a concept of monarchy,/ and the monarchy was basically based on a very simplistic concept of anatomy.//

ご存知のとおり 建国の父たちは君主制を受け付けませんでした 君主制は非常に単純な 体の概念に基づいていました

The monarchs of the old world didn't have a concept of DNA,/ but they did have a concept of birthright.//

旧世界の君主たちに DNAの概念はありませんでしたが 生得権の概念はもっていました

They had a concept of blue blood.//

貴族の血統です

They had the idea/ that the people/ who would be in political power should be in political power/ because of the blood/ being passed down/ from grandfather/ to father to son/ and so forth.//

彼らの考え方は 先祖から子孫へと 血統によって 政治の権力を 受け継ぐべき というものでした

The Founding Fathers rejected/ that idea,/ and they replaced it/ with a new anatomical concept,/ and/ that concept was all men are created equal.//

建国の父たちは その概念を拒否し 体の概念と取り代えたのです それは 人間は皆 平等だというものでした

They leveled/ that playing field/ and decided the anatomy/ that mattered was the commonality of anatomy, not the difference/ in anatomy,/ and that was a really radical thing/ to do.//

彼らが定めたものは 重要なのは 体の共通性であって 違いではないというものでした それは非常に革新的でした

Now/ they were doing it/ in part/ because they were part of an Enlightenment system/ where two things were growing up/ together.//

当時は啓蒙時代だったことも 影響していました 啓蒙時代には民主主義と

And that was democracy/ growing up,/ but it was also science/ growing up/ at the same time.//

科学の二つが 同時に発展していました

And it's really clear,/ if you look at the history of the Founding Fathers,/ a lot of them were very interested/ in science,/ and they were interested/ in a concept of a naturalistic world.//

建国の父たちを見ると明らかですが 多くは科学に関心をもっており 自然主義的な世界の概念に 関心を寄せていました

They were moving away/ from supernatural explanations,/ and they were rejecting things/ like a supernatural concept of power,/ where it transmitted because of a very vague concept of birthright.//

彼らは超自然的解釈から遠のき 権力という超自然的な概念を拒絶しました 生得権という 曖昧な概念のために伝わっていた権力です

They were moving towards a naturalistic concept.//

彼らは自然主義の概念に移行していきました

And/ if you look,/ for example,/ in the Declaration of Independence,/ they talk about nature and nature's God.//

アメリカ独立宣言では 自然法と 自然の神の法に触れています

They don't talk about God and God's nature.//

神や神の自然ではありません

They're talking/ about the power of nature/ to tell us/ who we are.//

我々が誰なのか 自然の力を使って説明しています

So/ as part of that,/ they were coming to us/ with a concept/ that was about anatomical commonality.//

その中で 彼らは体の共通性に関する 概念をもたらしました

And in doing so,/ they were really setting up/ in a beautiful way/ the Civil Rights movement of the future.//

そうすることで見事に 後の公民権活動を 確立していました

They didn't think of it/ that way,/ but they did it/ for us,/ and it was great.//

その意図はなくても 結果的にそうなったのです

So/ what happened years afterward?//

その後 どうなったかと言うと

What happened/ was women,/ for example,/ who wanted the right/ to vote,/ took the Founding Fathers/' concept of anatomical commonality/ being more important/ than anatomical difference/ and said,/ "The fact/ that we have/ a uterus and ovaries is not significant enough/ in terms of a difference/ to mean/ that we shouldn't have the right/ to vote,/ the right/ to full citizenship,/ the right/ to own property, etc.//, etc."//

選挙権を得ようとしていた 女性たちは 建国の父たちが掲げた 体の共通性は違いよりも重要だという 概念を用いて 言いました “子宮や卵巣があるという差は 選挙権や公民権や不動産の獲得を 妨げるには 十分な理由にはならない” 女性たちの抗議は

見事な成果を出しました

Next came the successful Civil Rights movement,/ where we found people/ like Sojourner Truth/ talking about,/ "Ain't I/ a woman?"//

次に公民権活動に成果が出ました “わたしは女ではないのか?” と語った ソジャーナ・トゥルースなどが代表的です

We find men/ on the marching lines of the Civil Rights movement/ saying,/ "I am a man."//

公民権活動のデモ行進では “わたしは男だ”と言った 男性がいたり

Again,/ people of color/ appealing to a commonality of anatomy/ over a difference of anatomy,/ again,/ successfully.//

体の違いではなく共通性を 訴えて 成果を出した 有色人種の人たちがいました

We see the same thing/ with the disability rights movement.//

同じことが障害者権利の活動にも見られます

The problem is,/ of course,/ that,/ as we begin to look/ at all that commonality,/ we have to begin to question/ why we maintain certain divisions.//

もちろん 問題があります 共通性に目を向け始めながら なぜ ある一定の区分を保つのか 問い始めなくてはいけません

Now mind you,/ I want to maintain/ some divisions,/ anatomically,/ in our culture.//

解剖学的に区別が必要なものも 中にはあります

For example,/ I don't want to give/ a fish/ the same rights/ as a human.//

例えば 魚には 人間と同様の権利は与えたくありません

I don't want to say/ we give up/ entirely/ on anatomy.//

解剖学的見地を捨て去れと言っているのではありません

I don't want to say/ five-year-olds should be allowed to consent/ to sex or consent/ to marry.//

5歳の子どもが性交渉や 結婚を許可されるべきではないと思います

So there are some anatomical divisions/ that make sense/ to me/ and/ that I think we should retain.//

解剖学的な区別も 納得できるものは維持すべきでしょう

But the challenge is trying to figure out/ which ones/ they are/ and why do we retain them/ and do they have meaning.//

でも それを選別し その理由と意味を 割り出すことが難しいのです

So let's go back/ to those two beings conceived at the beginning of this talk.//

先ほどの 同時期に宿った 二人の話に戻りましょう

We have two beings,/ both conceived in the middle of 1979/ on the exact same day.//

1979年中頃の 同じ日に宿った二人がいます

Let's imagine one of them,/ Mary,/ is born/ three months prematurely,/ so she's born on June 1,1980.//

その一人のメアリーは 予定日より3か月早く 1980年1月1日に生まれました

Henry,/ by contrast,/ is born at term,/ so he's born on March 1,1980.//

もう一人のヘンリーは 1980年4月1日に生まれました

Simply/ by virtue of the fact/ that Mary was born prematurely three months,/ she comes into all sorts of rights/ three months earlier/ than Henry does --/ the right/ to consent/ to sex,/ the right to vote,/ the right to drink.//

予定日よりも 3か月早く生まれたため メアリーは あらゆる権利を ヘンリーよりも3か月早く手に入れます 性交渉や選挙や 飲酒できる権利です

Henry has to wait/ for all of that,/ not/ because he's actually any different/ in age,/ biologically,/ except in terms of when he was born.//

ヘンリーは生物学的に 年齢は変わりありませんが 生まれた時期のために 待たなくてはいけません

We find other kinds of weirdness/ in terms of what their rights are.//

他にも権利に関するおかしなことがあります

Henry,/ by virtue of being assumed to be male --/ although I haven't told you/ that he's the XY one --/ by virtue of being assumed to be male is now liable/ to be drafted,/ which Mary does not need to worry/ about.//

男であると推測されたヘンリーは XY染色体をもっていますが 男であると推測されるために 兵役に服することになります メアリーはその心配は要りません

Mary,/ meanwhile,/ can not in all the states have the same right/ that Henry has in all the states,/ namely,/ the right to marry.//

一方で メアリーは ヘンリーが すべての州で得られる 結婚する権利が得られません

Henry can marry in every state/ a woman,/ but Mary can only marry today/ in a few states/ a woman.//

ヘンリーは どの州でも女性と結婚できますが メアリーは幾つかの州でしか 女性と結婚できません

So we have these anatomical categories/ that persist/ that are in many ways problematic and questionable.//

このように 体の構造による分類が さまざまな面で 問題を引き起こしています

And the question/ to me becomes:/ What do we do,/ as our science gets to be so good/ in looking at anatomy,/ that we reach the point/ where we have to admit/ that a democracy/ that's been based on anatomy might start falling/ apart?//

問題は 体を観察する上で 科学が発展する中 体に基づいた民主主義が 崩れ始めるかもしれないと 認めざるを得ないとき どうするのか という点です

I don't want to give up/ the science,/ but at the same time/ it/ kind of feels sometimes/ like the science is coming out/ from under us.//

科学を手放しはしたくありませんが 科学の支えを失うような気が 時々するのです

So/ where do we go?//

さて どうなるでしょうか

It seems like what happens in our culture is a sort of pragmatic attitude:/ "Well,/ we have to draw/ the line somewhere,/ so we will draw the line somewhere."//

我々の文化では 実用的な姿勢が見られます “どこかで線引きをしなくてはいけないから 線引きをしているのだ” と

But a lot of people get stuck in a very strange position.//

でも おかしな状況に陥る人も多いのです

So/ for example,/ Texas has at one point decided/ that/ what it means to marry/ a man is to mean/ that you don't have a Y chromosome,/ and what it means to marry/ a woman means you do have a Y chromosome.//

テキサスではあるとき 男と結婚する人は Y染色体がないことを意味し 女と結婚する人は Y染色体があることを意味すると決定づけました

Now/ in practice/ they don't actually test people/ for their chromosomes.//

実際に染色体を調べることはしませんが

But this is also very bizarre,/ because of the story/ I told you/ at the beginning/ about androgen insensitivity syndrome.//

これも非常に変な話です なぜなら最初に紹介した話は アンドロゲン不応症についてだからです

If we look at one of the founding fathers of modern democracy,/ Dr.// Martin Luther King,/ he offers us/ something of a solution/ in his "I have a dream"/ speech.//

近代民主主義の父の一人である マーティン・ルーサー・キングが スピーチの中で解決法を示しています

He says/ we should judge people "based not on the color of their skin,/ but on the content of their character,/"/ moving beyond anatomy.//

肌の色で人を判断せずに 体という枠を超えて 人格で判断するべきだ と

And I want to say,/ "Yeah,/ that sounds like a really good idea."//

良い考えだと言いたいですが

But in practice,/ how do you do it?//

実際には どうやるのでしょうか

How do you judge people based on the content of character?//

どのように 人格を基に判断できるのでしょうか

I also want to point out/ that I'm not sure/ that is/ how we should distribute rights/ in terms of humans,/ because,/ I have to admit,/ that there are some golden retrievers/ I know/ that are probably more deserving of social services/ than some humans/ I know.//

また それが人間の権利を 与えるべき方法なのでしょうか なぜなら ある人間よりも社会福祉を受けるに値する犬を わたしは何匹か知っていると 認めざるを得ないからです

I also want to say/ there are probably also/ some yellow Labradors/ that I know/ that are more capable of informed, intelligent, mature decisions/ about sexual relations/ than some 40-year-olds/ that I know.//

また わたしが知っている ある40歳の人よりも 性交渉に関して知識があり 賢くて 慎重な判断ができる犬がいるだろうと言いたいです

So/ how do we operationalize the question of content of character?//

さあ どうやって人格の問題を 操作できるでしょうか

It turns out/ to be really difficult.//

これは非常に難しいのですが

And part of me also/ wonders,/ what if content of character turns out/ to be something/ that's scannable/ in the future --/ able to be seen with an fMRI?//

わたしは こう思う事があります もしも未来に 人格がfMRI計測できると わかったら どうでしょう?

Do we really want to go there?//

そんなことを望むでしょうか?

I'm not sure/ where we go.//

わたしにはわかりませんが

What I do know/ is/ that it seems to be really important/ to think about the idea of the United States/ being in the lead of thinking about this issue of democracy.//

重要だと感じるのは 民主主義の問題を考えるとき アメリカが 先導するという考えです

We've done a really good job/ struggling with democracy,/ and I think/ we would do a good job/ in the future.//

アメリカは民主主義の取り組みに成果をあげ 今後も貢献できると思います

We don't have a situation/ that Iran has,/ for example,/ where a man/ who's sexually attracted to other men is liable/ to be murdered,/ unless he's willing/ to submit to a sex change,/ in which case/ he's allowed to live.//

私たちにイランが抱える状況はありません そこでは同性愛者の男性は 殺害される危険性がありますが 性転換をするならば 命は助かります

We don't have that kind of situation.//

アメリカでは そのようなことはありません

I'm glad/ to say we don't have the kind of situation with --/ a surgeon/ I talked to a few years ago/ who had brought over/ a set of conjoined twins/ in order to separate them,/ partly to make a name/ for himself.//

数年前に話をした外科医がいた状況が アメリカにはなくて嬉しく思います 切断手術をするために結合双生児を連れて来た外科医は 自分を売り込むことが目的でもありました

But when I was on the phone/ with him,/ asking/ why he was going to do/ this surgery --/ this was a very high-risk surgery --/ his answer was/ that,/ in this other nation,/ these children were going to be treated very badly,/ and so/ he had to do this.//

その医師と電話で話したときに リスクの高い手術だったので なぜ 手術をするのか尋ねました その国では その子どもが辛い目にあうので 手術をしなくてはいけない ということだったため

My response/ to him was,/ "Well,/ have you considered political asylum/ instead of/ a separation surgery?"//

切断手術の代わりに 政治亡命を 検討したことはあるかと尋ねました

The United States has offered tremendous possibility/ for allowing people/ to be the way/ they are,/ without having them have to be changed for the sake of the state.//

人々がありのままでいられるように アメリカは多大な可能性を 提供してきました

So/ I think/ we have to be in the lead.//

我々が先頭に立たなくてはいけません

Well,/ just to close,/ I want to suggest/ to you/ that I've been talking a lot/ about the fathers.//

最後に 提案をしたいと思います 建国の父たちの話題ばかりでしたが

And I want to think/ about the possibilities of what democracy might look like,/ or might have looked like,/ if we had more involved the mothers.//

母たちがもっと関与していた場合 民主主義はどのようなものだったのか 可能性を考えたいのです

And I want to say/ something/ a little bit radical/ for a feminist,/ and that is/ that I think/ that there may be different kinds of insights/ that can come from different kinds of anatomies,/ particularly/ when we have people/ thinking in groups.//

フェミニストの立場から 少し急進的なことを言うと 異なる体から生まれる 異なる洞察が あるかもしれません 特にグループで考える場合です

Now/ for years,/ because I've been interested in intersex,/ I've also been interested in sex difference research.//

半陰陽に興味をもって何年も経ちますが 性別の違いの研究にも興味があります

And one of the things/ that I've been really interested/ in is looking at the differences/ between males and females/ in terms of the way/ they think and operate in the world.//

興味あるものの一つに 考え方や影響の及ぼし方における 男女の違いがあります

And what we know from cross-cultural studies is/ that females,/ on average --/ not everyone,/ but on average --/ are more inclined/ to be very attentive/ to complex social relations/ and/ to taking care of people/ who are basically vulnerable/ within the group.//

異文化研究からわかっているのは 女性は皆ではありませんが 平均的に 複雑な社会関係に 注意を払い その中でも弱い立場の人たちの 面倒をみる傾向があります

And so/ if we think about that,/ we have an interesting situation/ on our hands.//

その点を考慮すると 手中に興味深い状況があるのです

Years ago,/ when I was in graduate school,/one of my graduate advisers/ who knew/ I was interested/ in feminism --/ I considered myself/ a feminist,/ as I still do --/ asked a really strange question.//

何年も前 大学院にいた頃 フェミニズムに関心をよせる私に ある先生が 変な質問をしてきました “フェミニズムのどこが

He said,/ "Tell me/ what's feminine/ about feminism."//

女性的なのか 教えてくれないか”

And I thought,/ "Well/ that's the dumbest question/ I've ever heard.//

馬鹿げた質問だと思いました

Feminism is all about undoing stereotypes/ about gender,/ so there's nothing feminine/ about feminism."//

フェミニズムとは性別に関する固定観念を打ち消していくことであり 女性的なものなど 一切ありません

But the more/ I thought about his question,/ the more/ I thought/ there might be something feminine/ about feminism.//

でも より考えていくうちに 女性的なものがあるかもしれないと 思いました

That is to say,/ there might be something,/ on average, different/ about female brains/ from male brains/ that makes us more attentive/ to deeply complex social relationships/ and more attentive/ to taking care of the vulnerable.//

平均して女性の脳が男性の脳と違う点が あるかもしれません 複雑な社会関係や 弱い立場にいる人たちに より多くの気を使う何かです

So/ whereas the fathers were extremely attentive/ to figuring out/ how to protect individuals/ from the state,/ it's possible/ that if we injected more mothers/ into this concept,/ what we would have/ is more of a concept of,/ not just/ how to protect,/ but how to care for each other.//

建国の父たちが国から人々を守る方法を 模索するのに気を使ったことを見ると この概念に より多くの女性を送り込めば 人々を守る方法だけではなく お互いに世話をすることが 可能になるでしょう

And maybe/ that's/ where we need to go/ in the future,/ when we take democracy/ beyond anatomy,/ is to think less/ about the individual body,/ in terms of the identity,/ and think more/ about those relationships.//

それが将来に必要なものかもしれません 体を超えた民主主義を考えるというのは アイデンティティの点では 個人の体は それほど重視せずに 関係性を重視するということです

So/ that as we/ the people try to create/ a more perfect union,/ we're thinking/ about what we do for each other.//

より完璧な国をつくろうとしながら お互いのためを考えるのです

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

conceive

〈考え,目的など〉'を'『心に抱く』,思う,〈計画など〉'を'思いつく

《文》〈子〉'を'はらむ

《『conceive of』+『名』(do『ing』)》(…を)想像する

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

okay

=OK,O.K.

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

conception

〈U〉『概念』,観念,考え(idea)

〈C〉着想,思いつき,案

〈U〉妊娠,受胎

scenario

(映画の)シナリオ,台本

(小説・戯曲の)筋書き

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

sperm

〈C〉精子

〈U〉精液

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

chromosome

染色体

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

egg

『卵』,卵細胞

鳥の卵;(特に)鶏卵

《英話》《形容詞を伴って》(…な)やつ

《俗》爆弾,手投げ弾

viable

生存できる,生活できる,生育できる

実行できる

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

anatomy

〈U〉解剖学,解剖論

〈U〉〈C〉(動植物の)解剖

〈C〉(動植物の)構造,組織;人体

historian

歴史家,歴史学者

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

bodily

『身体上の』,肉体上の

みずから,自身で(in person)

体ごとそっくり

fluid

『流体』,流動体

『流動性の』,流動する

流体の,流動体から成る

変わりやすい,固定していない,浮動する

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

activist

(特に政治信条の)積極行動主義者,実践主義者

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

advocate

〈考え・主義・政策など〉'を'弁護(擁護)して言う,主唱する

擁護者,主唱者

弁護士

impatient

『我慢しきれない』,もどがしそうな,性急な

《補語にのみ用いて》『待ちかねて』,切望して

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

conjoin

…'を'結合(連合)させる

結合する

twin

『双生児の一人』;《複数形で》双生児,ふたご

よく似た人(物)の片方;《複数形で》対

ふたごの;対の

〈ある都市〉‘を'(…と)姉妹関係にする《+名+with+名》

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

atypical

型にはまらない,異常な

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

gene

遺伝子

testes

testis の複数形

testis

=testicle

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

receptor

=sense organ

受信装置

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

syndrome

(疾患の徴候となる一群の)症徴候,症候群

(事件・社会的状態などのパターンを示す)徴候形態

androgen

アンドロゲン(男性ホルモン)

insensitivity

無感覚,鈍感

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

puberty

(受胎能力が生じる)思春期,年ごろ

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

breast

『胸』,『胸部』;(服の)胸部

『乳房』,乳

《文》胸中,心紳

…'を'胸に受ける,胸に受けて進む

…‘に'雄々しく立ち向かう

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

instead

『その代りとして』,それよりも

ovary

卵巣

(花の)子房

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

uterus

子宮(womb)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

adrenal gland

副腎

hormone

ホルモン

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

probably

『たぶん』,『おそらく』

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

complicate

…'を'複雑にする

spectrum

スペクトル(光がプリズムを通過するとき生じる色の帯)

(電磁波・音波などの)範囲,スペクトル

(多様だが関連あるものの)連続[範囲]《+『of』+『名』》

girlfriend

女友だち,ガールフレンド,(女の)恋人

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

congenital

(病気・身体的欠陥など)生まれつきの,先天的な

adrenal

副腎(じん)の

womb

子宮

《比喩的に》物の発生(成長)するところ

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

high gear

(自動車の)高速ギア,トップギア

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

masculine

『男らしい』,男性的な

『男の』,男子の

(女が)男まさりの

(文法用語で,語が)男性の

男性形の単語;〈U〉男性形

hormonal

ホルモンの,ホルモンの影響を受けた

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

genital

生殖の,生殖器の

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

component

構成している,成分の

構成要素,成分

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

menstruate

月経がある

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

ovarian

卵巣の

子房(しぼう)の

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

surgeon

『外科医』

軍医

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

allegedly

申し立てによれば,伝えられるところでは

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

terribly

『恐ちしく』,ものすごく

(比較変化なし)《話》『ひどく』,非常に(very)

simplistic

簡単に割り切った,安易な

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

startle

…‘を'『飛び上がらせる』,ぎょっとさせる

(…に)ぎょっとする,はっとする《+『at』+『名』》

突然の驚き,はっとすること

romantic

『ロマンチックな』,伝奇(冒険,空想,英雄,恋愛)物語的な,小説にありそうな

(人,人の気持ちなどが)『空想的な』(考え・計画などが)非現実的な

《通例R-》(文学・芸術が)ロマン主義の,ロマン派の

空想的な人,ロマンチックな人

《しばしばR-》ロマン主義(派)の作家(詩人,芸術家)

《複数形で》空想的(非現実的)な考え,夢想的な感情(話,行動)

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

individualism

個人主義;利己主義

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

heat

〈U〉『熱さ』,『暑さ』,熱い状態

〈U〉熱度,温度

〈U〉(家などの)暖房装置

〈U〉熱心,熱烈;(物事の)最高潮《+『of』+『名』》

〈U〉(エネルギーとしての)熱

〈C〉(競技の)1回,1ラウンド

…‘を'『熱する』,暖める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'興奮させる,怒らせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

熱くなる,暖まる《+『up』》

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

South African

南アフリカの

南アフリカ共和国の

南アフリカ人

runner

『走る人』,競桑者;(野球の)走者

(昔の)使者,飛脚;使い走りする人;集金人

(スケート・そりの)滑走部,すべり

(廊下・階段などに敷く)細長いじゅうたん

(細長い)テーブルセンター

(イチゴなどの)匍匐(ほふく)枝,つる

caster

(物を)投げる人)物)鋳造師

International

インターナショナル(19‐20世紀に結成された国際的な社会主義的労働者組織)

Berlin

ベルリン(もとドイツの首都で,現在は東西ドイツ領に分かれる)

journalist

ジャーナリスト

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

fuzzy

毛羽立った

薄毛のような

はっきりしない,ぼやけた

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

vastly

広々と,広範囲に

大いに,非常に

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

terminology

術語,専門用語

(特定の分野の)用語法

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

chimpanzee

黒ショウジョウ,チンパンジー

differ

『違う』,『異なる』

『意見を異にする』

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

acknowledge

〈人が〉…'を'『認める』,承認する

〈手紙・贈物など〉'を'受け取ったことを知らせる

〈親切など〉‘に'礼を言う,感謝する

overly

過度に,あまりに

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

feather

(1枚の)『羽』,羽毛

羽毛のように軽い(弱い,小さい,つまらない)もの

…‘に'羽毛を付ける;…‘に'羽飾りを付ける

(ボートをこぐとき)〈オール〉‘を'水平に返す

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

twitch

(無意識に)ぴくんと動く

(…を)急にぐいと引く《+at+名》

〈体〉一部>‘を'ぴくっと動かす

…‘を'急にぐいと引く(引っ張る)

(無意識に)ぴくぴく動くこと,(筋肉の)けいれん

(…を)ぐいと引くこと《+at+名》

bury

〈死体〉'を'『埋葬する』,土葬する,水葬する

(見えないように)…'を'『おおい隠す』

…'を'深く突っ込む

(…に)〈人〉'を'没頭させる《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

being

〈U〉存在,実在(existence);生命(life)

〈U〉本質,本性(nature)

〈C〉生き物

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

progressive

(行列などが)『前進する』,進んで行く

(事態が)進展する,進行する

『進歩的な』,革新的な

(病気・暴力などが)次第に悪くなる(広がる)

(課税が)累進的な

(文法で)進行[形]の

進歩的な人,革新主義者

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

unusual

『普通でない』,異常な;まれな,珍しい(rare)

独特の,特有の

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

unstable

(物が)不安定な,ぐらぐらする

情緒不安定な,落ち着のない

(気候・経済などが)安定性のない,不安定な

(化合物が)分解しやすい

tense

(文法で)『時制』

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

tension

〈U〉『ぴんと張ること』,伸長;ぴんと張った状態,張り

〈U〉(精神的・感情的)『緊張』

〈C〉《複数形で》(一般に)『緊張状態(関係)』

〈U〉張力,引っ張る力

〈U〉起電力;電圧(voltage)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

founding father

創立者,設立者(founder)

racist

民族主義者;人種差別主義者

民族主義の;人種差別主義の

sexist

男女差別主義者

brave

『勇敢な,勇ましい』

《文》はなやかな…みごとな

勇士

北市インディアンの戦士

〈困難など〉‘に'勇敢に立ち向かう,〈危険〉'を'ものともしない

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

cheesy

チーズの[ような]

《米俗》安っぽい,低級な

musical

《名詞の前にのみ用いて》『音楽の』;音楽を伴う,音楽に合わせた

(声などが)『音調の美しい』音楽的な

(人が)『音楽好きの』;音楽の才のある

=musical comedy

=musical film

totally

全く,完全に

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

recall

…‘を'『思い出す』,…‘が'思い出される

(…から…へ)〈人〉‘を'『呼び戻す』,召還する;〈物〉‘を'回収する《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈命令・決定など〉‘を'『取り消す』,徹回する

《米》…‘を'任期満了前に解雇する

〈U〉(人・物事を)『思い出すこと』,(…の)回想《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa ~》(人の)召還;(物の)回収

〈U〉取り消し,徹回

〈U〉〈C〉リコール(有権者による公職者の罷免)

monarchy

〈U〉君主政体(政治)

〈C〉君主国

basically

基本的に,根本的に;元来は

monarch

『君主』,帝王

オオカバマダラ(北米産の赤茶色と黒のまだらの大きなチョウ)

birthright

生まれながら持っている権利,生得権

長子の相続権

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

grandfather

『祖父』

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

enlightenment

〈U〉啓発,啓蒙,教化;文明開化

《the Enlightenment》啓蒙主義(17‐18世紀のヨーロッパの思想運動)

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

naturalistic

(文学・芸術・哲学などの)自然主義的な,写実的な

supernatural

超自然の

幽霊(よう精)の

超自然的な現象,神秘

explanation

〈U〉〈C〉(…の)『説明』,解説,弁明《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)説明(弁明)となる事(物)《+『of』(『for』)+『名』》

transmit

〈手紙・品物など〉‘を'送る,(ある人・場所・物から他へ)…‘を'伝える,移す

(相続・遺伝などによって子孫に)〈財産・性質など〉‘を'伝える《+名+to+名》

(媒介によって)〈光・熱・音・力など〉‘を'伝える,伝導する;〈ラジオ・テレビなどの内容〉‘を'放送する,〈信号など〉‘を'送信する

vague

(言葉・意味などが)『はっきりしない』,あいまいな

(考え・感じなどが)『ばく然としている』,ぼんやりした

(形・姿などが)『ぼやけた』,はっきりしない

《名詞の前にのみ用いて》《通例最上級で》《話》ほんのわずかの,かすかな

towards

toward

Declaration of Independence

(米国の)独立宣言(1776年7月4日)

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

citizenship

市民権,公民権

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

property

動産

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

civil rights

市民権,公民権(選挙権,言論の自由,法のもとでの平等など諸権利の総称)

sojourner

逗留(とうりゅう)者,滞在者

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

march

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

(歩調をそろえて)『行進する』,行軍する

〈人が〉堂々と(ゆうゆうと)歩く

〈事件などが〉進展する,進む

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

…‘を'行進(行軍)させる

〈人〉‘を'急いで連れて行く,追い立てる

〈U〉『行進』,進軍;〈C〉行進距離;行軍行程

〈U〉《the march》(事件などの)『進展』,進行

〈U〉(兵隊の)行進歩調

〈C〉『マーチ』,『行進曲』

appeal

『訴える』,呼びかける

(上級裁判機関に)『控訴する』,上告する《+『to』+『名』》

〈物事が〉(人の)気持に訴える《+『to』+『名』》

(ゲームで)(審判に)規則の裁定を求める《+『to』+『名』》

(助力などの)『訴え』;哀願《+『for』+『名』》

(権威などへの)訴え《+『to』+『名』》

控訴,上告

(…に)訴える魅力《+『to』+『名』》

disability

〈U〉無力,無能

〈C〉不具,欠陥

〈U〉(法律で)無能力,無資格

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

division

〈U〉分けること,『分割』,分離;『分配』

〈C〉(分割された)部分

〈U〉(意見・感情の相違による)分裂,不一致,不和

〈U〉割り算

〈C〉仕切り;境界線

〈C〉(官庁・会社の)『部門』;(大学の)学部

〈C〉《集合的に》(陸軍で)師団;(海軍で)分艦隊

〈C〉(英議会の)票決,採決

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

retain

…‘を'『持ち続ける』,保持する

…‘を'記憶にとどめる,覚えている

(報酬を払って)〈弁護士など〉‘を'抱えておく

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

Mary

聖母マリア(また『Virgin Mary, Saint Mary』)

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

Henry

ヘンリー(1世から8世にいたる英国王の名の一つ)

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

virtue

{U}『美徳』,徳;高潔

{U}(特に婦人の)節操,貞操

{C}(特定の)道徳,美徳

{U}{C}(物・事・人などの)(…という)『長所』,美点《+of+名(doing)》

{U}{C}(…するという)効力,ききめ《+of doing》

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

liable

(法律的に)責任(義務)のある

《『be liable to』+『名』》(病気などに)『かかりやすい』

《『be liable to』 do》(性質・習慣などにより)…しがちである,しやすい;《話》…しそうな,たぶん…する

meanwhile

=meantime

namely

『すなわち』,つまり(that is to say)

persist

(困難・障害に屈せず)『あくまでも続ける』(『やり抜く』),がん張る,固執する

『存続する』,生き残る

questionable

人に疑問を抱かせる,疑わしい,不審な

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

pragmatic

実際的な実用的な

実用主義の

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

Texas

テキサス州(米国西南部の州;州都は Austin;{略}Tex.,TX)

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

bizarre

一風変わった,変な(odd);奇怪な,異様な(grotesque)

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

martin

イワツバメ

Luther

ルーテル,ルター(『Martin~』;1483‐1546;ドイツの宗教改革者)

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

yeah

=yes

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

golden

『金の』,金製の

『金色の』,黄金色の

(金のように)貴重な,すばらしい

retriever

射止めた獲物を持って来るように訓練した猟犬

deserving

(…に)値する《+『of』+『名』》

援助(奨学金など)を受ける資格のある

social service

社会福祉事業

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

Labrador

ラブラドル半島(カナダ北東部)

ラブラドル地方

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

informed

情報に通じた

知識のある

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

mature

『成熟した』,十分に成長した,熟成した

おとなを思わせる,円熟した

熟慮した,吟味した

(請求書・手形などが)支払い期日が来た

成熟する;〈果実・ワインなどが〉熟す

〈手形などが〉支払い期日が来る

…‘を'償させる;…‘を'円熟させる

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

sexual

性の,男女(雌雄)の

有性生殖の

relation

(またrelationship)〈U〉『関係』,関連

〈U〉血縁関係,親族関係

〈C〉親類,親戚

《複数形で》(個人・組織・国などの,相互の)利害関係《+『between』(『with』)+『名』》

《文》〈U〉話すこと;〈C〉話,物語

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

murder

〈U〉『殺人』謀殺,殺害

〈C〉殺人行為,殺人事件

〈U〉《話》危険なこと,命取りになること

(殺意をもって)〈人〉‘を'『殺す』,殺害する

(力不足のために)〈作品など〉‘を'だめにする,ぶちこわす

殺人を犯す

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

sex change

性転換

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

badly

『悪く』,まずく,へたに

『大いに』,『ひどく』,非常に

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

political asylum

(政治亡命者に与えられる)政府保護

separation

〈C〉〈U〉『分離』,分割,別離・〈C〉(…の分離(分割)した箇所《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(合意・判決に基づく)夫婦の別居

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

sake

『ため』;利益;理由,目的

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

feminist

博女同権主義者,女性解放論者

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

cross-cultural

異種文化間に共通の,通文化的

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

inclined

《補語にのみ用いて》傾向がある,心が向く

傾いた,斜めの

attentive

『注意深い』

『手厚い』,いんぎんな

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

feminism

男女同権主義(論)

男女同権運動

feminine

『女性の』,女の

『女らしい』,女性特有の(womanly)

(男が)めめしい(womanish)

(文法で)女性の

dumb

『物の言えない』,口をきくことができない

口をつぐんでいる,黙っている(silent)

《名詞的にthe~》口のきけない人々

《話》頭の悪い,ばかな

undoing

(一度したことを)元どおりにすること,取り消し

破滅,没落

破滅の原因

stereotype

ステロ版,鉛版;ステロ版作製(印刷)

定型;決まり文句,常套手段;型にはまったイメージ

…‘を'ステロ版で印刷する

…‘を'固定させる,型にはめる

gender

(名詞・代名詞の)性

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

extremely

『極端に』,非常に過度に

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

inject

(…に)〈液体など〉‘を'注射する,注入する《+『名』+『into』+『名』》;(…を)…‘に'注射する《+『名』+『with』+『名』》

(話などに)…‘を'動入する,さしはさむ《+『名』+『into』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

union

〈U〉(…の,の間の)『結合』,合同,合併;調和,一致《+of(between)+名》

〈C〉『結合したもの』,結合体,統一組識

《the U-》アメリカ合衆国;(南北戦争時に)連邦政府側についた北部諸州

《the U-》英連合王国(1706年イングランドとスコットランドが合併)

〈C〉『労働組合』同盟,ユニオン

〈C〉〈U〉結婚[生活]

〈C〉連合旗章(米国国旗の白星;英国国旗の3本十字の三国連合旗章など)

〈C〉(機械の部品をくなぐ)接合管

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画