TED日本語 - マット・ミルズ: 画像認識技術を利用したAR(拡張現実)の世界

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

マット・ミルズとタマラ・ルーカーツが新しいAR(拡張現実)ツール「オーラズマ」のデモを行います。「オーラズマ」を使えばスマートフォンを通して見る世界に生命を吹き込むことができます。従来のAR技術の枠を越えて、彼らの「オーラ」は肖像画に喋らせたり、新聞紙上でライブ中継を見たりすることができます。

Script

もしもスマートフォンが我々の目のように ものを見ることができたなら素晴らしいと思いませんか? 歩いている時に スマートフォンを向ければ その画像や物体を人の脳のように認識し そして無限と言っていいような知識・経験 そしてアイデアのストックから 情報を引き出すことが出来たなら?

かつてなら そんなのSFの世界ですが 今やそれが 現実に可能となったんです

実際にご覧いただくのが一番でしょう こちらのタマラがスマートフォンを 手にしています では始めましょう ここに一枚の絵を用意しました 偉大な詩人ロバート・バーンズの ごく普通の肖像画です 上のスクリーンにスマートフォンの画面を映します 我々の技術を通してスマートフォンの画面上で 彼女が見ている映像をご覧下さい スマートフォンを肖像画に向けると 不思議なことが起こります

(笑い)(バグパイプの演奏) (笑い)(バグパイプの演奏) (バグパイプの演奏) (バーンズの詩の朗読)

この技術のすごいところなんですが 何かトリックを使ったわけではありません この絵自体には何も仕掛けをしていません この技術がすごいのは まるで人間の脳が ものを見て理解するように スマートフォンが ものを見て理解することを可能にするのです それだけではなく私が絵を動かしても その動きを追って途切れなくコンテンツを重ね合わせます 繰り返しますがこの技術のすごいところは スマートフォンをここまで進化させるという点です これを可能にする全ての仕掛けは スマートフォン本体にあります

この技術はあらゆるものに応用できます 例えば今ご覧いただいたような美術館の芸術品 あるいは広告や印刷された記事などにも使えます

新聞の情報は 印刷されたその時から古くなります これは今朝の新聞ですが ウィンブルドンの記事が載っていますね この新聞の第一面にスマートフォンのカメラを向けると その場で続報が得られます

(音声:....柔軟に対応しなければいけません) (音声:そしてほんの一瞬の間に) (音声:方向を変える必要もあります) (音声:彼女はそれらを全てやって勝利しました)

このデジタル・コンテンツと実在物との紐付けを 我々は「オーラ」と呼んでいますがこの「オーラ」という言葉は このプレゼンの中で何度となく出てきます

現実世界でただ単に速くそして便利に 情報を得られるというだけでなく この方法を使うことで これまで不可能だったやり方で 情報を提示することが可能になるのです

ここにワイヤレスルーターを用意しました 皆さんに解っていただくためにアメリカ人の同僚が これは「ラウター」と呼べと言うので・・・(笑い) ともかく これがその装置です この技術があれば私はわざわざインターネットで 説明書を探さなくてもただカメラを向ければ 装置を認識して・・・

(音声:まずグレーのADSLケーブルを接続して下さい) (音声:そして電源に繋ぎ 最後に 黄色の イーサネット・ケーブルを接続して下さい) (音声:セットアップ完了です)

(笑い)素晴らしい ありがとう

(拍手)

こうしたことを可能にする驚くべき技術は ここイギリスで 我々の会社で働く ケンブリッジの科学者が作ったのですが 彼らの写真を持ってきました 皆をこのステージに連れてはこれなかったので 彼らの「オーラ」を持ってきましたよ あまり元気そうではありませんが・・(笑い) これでも4回撮り直したそうです(笑い)

さて ケンブリッジの次は 技術的な素晴らしさについてお話しましょう この技術をスマートフォンに実装できるようになってから 12ヶ月も経っていないわけですが スマートフォンの処理速度は 本当に目を見張る速さで進歩しています そのおかげで映画のような立体映像を撮影し 私たちの周りの世界に重ねる合わせられるようになりました それではご覧にいれましょう タマラ やってくれるかい?

(音楽) (恐竜の咆哮)(笑い) 逃げましょうか (音楽)(恐竜の咆哮) (拍手)

お楽しみの次は感動的な側面もお見せしましょう というのもこの技術は効果的に 他の誰かが見た世界を見ることを可能にします 本人にとっても ある瞬間を この世界に実在するモノに 紐付けすることが できるようになります そして何よりこのツール自体は無料です 使いたい人には誰にでも使っていただけます 学校の先生達も実際に授業で使っています 教科書に何かをタグ付けしたり 教室の中のものにタグ付けしたり とあるイギリスの学校の例を紹介しましょう ビデオから切り取った写真がありますちょっと見てみましょう

(教師:さぁ何が起こるかな?)

(子供:テレビだ)

(子供:わぁ!すごい!)

(教師:ちょっと動かしてみよう何が起こるかな?) (教師:一度画面から外して また戻してごらん)

(子供:ワオ!これスゴい!)

(教師:戻ってきたかな?)

(子供:すごいよ!一体どうやってるの?)

(子供:魔法みたいだ!)

(笑い)魔法じゃないんです 誰にでもできますよ どれくらい簡単か 実際にやってご覧にいれましょう

これは「ウェーブ」と呼ぶそうですが それではこちら側から始めましょう 3つ数えてこちらから反対側へ行きます タマラ 録画してください 皆さん準備はいいですか? 1・2・3・スタート!

(聴衆:歓声)

皆さんは中々ノリがいいですね(笑い)

ではアプリに戻りましょう タマラが今撮影したビデオを 私の持っている名札にタグ付けします 私が今日のことをずっと覚えていられるように

さて・・・こうしたことは多くの人がすでにやっています 教育的な側面について少しお話ししました また思い出を共有したりするために 家族に送る絵はがきやクリスマスカードに 「オーラ」でメッセージを付ける人もいます 他にも例えば 古い車のエンジンの写真に 様々なエンジンの部品をタグ付けして 故障してしまった時に調べるための 解説書代わりに使う人もいます

私たちにとってインターネットはとても身近なものです これまでの20年間で私たちの生き方や 働き方 ものの見方に 大きな変化をもたらしました この技術はインターネットの次のパラダイムシフトになるでしょう というのも私たちが共有し発見し 楽しんでいるコンテンツを文字通り 私たちが生きている世界の一部にできるからです このアプリケーションは完全に無料です WiFiや3Gの良好な接続さえあれば このような処理は短時間で行えます

先程の映像を保存して 撮った写真を変換するために ちょっとした処理を行っています デジタルフィンガープリントのようなものに加工します さらにすごいことにプロフェッショナル版は このデモで新聞を使って行ったようなことが なんら遜色なくできます色々な内容やリンクを 付け足すことが可能です さてできたかな?

(タマラ:できました)

準備ができたようです カメラを名札に当てて・・・皆さんの登場です

(音声:1・2・3・スタート!)

素晴らしいオーラズマでした ありがとう

(拍手)

So wouldn't it be amazing if our phones could see the world in the same way that we do, as we're walking around being able to point a phone at anything, and then have it actually recognize images and objects like the human brain, and then be able to pull in information from an almost infinite library of knowledge and experiences and ideas.

Well, traditionally that was seen as science fiction, but now we've moved to a world where actually this has become possible.

So the best way of explaining it is to just show it. What you can see over here is Tamara, who is holding my phone that's now plugged in. So let me start with this. What we have here is a painting of the great poet Rabbie Burns, and it's just a normal image, but if we now switch inputs over to the phone, running our technology, you can see effectively what Tamara's seeing on the screen, and when she points at this image, something magical happens.

(Laughter) (Bagpipes) (Bagpipes) (Applause) (Bagpipes) Voice: Now simmer blinks on flowery braes ...

Matt Mills: Now, what's great about this is, there's no trickery here. There's nothing done to this image. And what's great about this is the technology's actually allowing the phone to start to see and understand much like how the human brain does. Not only that, but as I move the object around, it's going to track it and overlay that content seamlessly. Again, the thing that's incredible about this is this is how advanced these devices have become. All the processing to do that was actually done on the device itself.

Now, this has applications everywhere, whether in things like art in museums, like you just saw, or in the world of, say, advertising, or print journalism.

So a newspaper becomes out of date as soon as it's printed. And here is this morning's newspaper, and we have some Wimbledon news, which is great. Now what we can do is point at the front of the newspaper and immediately get the bulletin.

Voice: ... To the grass, and it's very important that you adapt and you, you have to be flexible, you have to be willing to change direction at a split second, and she does all that. She's won this title.

MM: And that linking of the digital content to something that's physical is what we call an aura, and I'll be using that term a little bit as we go through the talk.

So, what's great about this is it isn't just a faster, more convenient way to get information in the real world, but there are times when actually using this medium allows you to be able to display information in a way that was never before possible.

So what I have here is a wireless router. My American colleagues have told me I've got to call it a router, so that everyone here understands -- (Laughter) -- but nonetheless, here is the device. So now what I can do is, rather than getting the instructions for the device online, I can simply point at it, the device is recognized, and then --

Voice: Begin by plugging in the grey ADSL cable. Then connect the power. Finally, the yellow ethernet cable. Congratulations. You have now completed setup.

(Laughter) MM: Awesome. Thank you.

(Applause)

The incredible work that made that possible was done here in the U.K. by scientists at Cambridge, and they work in our offices, and I've got a lovely picture of them here. They couldn't all be on stage, but we're going to bring their aura to the stage, so here they are. They're not very animated. (Laughter) This was the fourth take, I'm told. (Laughter)

Okay. So, as we're talking about Cambridge, let's now move on to technical advancements, because since we started putting this technology on mobile phones less than 12 months ago, the speed and the processing in these devices has grown at a really phenomenal rate, and that means that I can now take cinema-quality 3D models and place them in the world around me, so I have one over here. Tamara, would you like to jump in?

(Music) (Dinosaur roaring) (Laughter) MM: I should leap in. (Music) (Dinosaur roaring) (Applause)

So then, after the fun, comes the more emotional side of what we do, because effectively, this technology allows you to see the world through someone's eyes, and for that person to be able to take a moment in time and effectively store it and tag it to something physical that exists in the real world. What's great about this is, the tools to do this are free. They're open, they're available to everyone within our application, and educators have really got on board with the classrooms. So we have teachers who've tagged up textbooks, teachers who've tagged up school classrooms, and a great example of this is a school in the U.K. I have a picture here from a video, and we're now going to play it.

Teacher: See what happens. (Children talking) Keep going.

Child: TV. (Children react)

Child: Oh my God.

Teacher: Now move it either side. See what happens. Move away from it and come back to it.

Child: Oh, that is so cool.

Teacher: And then, have you got it again?

Child: Oh my God! How did you do that?

Second child: It's magic.

(Laughter) MM: (Laughs) So, it's not magic. It's available for everyone to do, and actually I'm going to show you how easy it is to do by doing one right now.

So, as sort of -- I'm told it's called a stadium wave, so we're going to start from this side of the room on the count of three, and go over to here. Tamara, are you recording? Okay, so are you all ready? One,two,three. Go!

Audience: Whooooooo!

MM: Fellows are really good at that. (Laughs) (Laughter)

Okay. Now we're going to switch back into the Aurasma application, and what Tamara's going to do is tag that video that we just took onto my badge, so that I can remember it forever.

Now, we have lots of people who are doing this already, and we've talked a little bit about the educational side. On the emotional side, we have people who've done things like send postcards and Christmas cards back to their family with little messages on them. We have people who have, for example, taken the inside of the engine bay of an old car and tagged up different components within an engine, so that if you're stuck and you want to find out more, you can point and discover the information.

We're all very, very familiar with the Internet. In the last 20 years, it's really changed the way that we live and work, and the way that we see the world, and what's great is, we sort of think this is the next paradigm shift, because now we can literally take the content that we share, we discover, and that we enjoy and make it a part of the world around us. It's completely free to download this application. If you have a good Wi-Fi connection or 3G, this process is very, very quick.

Oh, there we are. We can save it now. It's just going to do a tiny bit of processing to convert that image that we just took into a sort of digital fingerprint, and the great thing is, if you're a professional user, -- so, a newspaper -- the tools are pretty much identical to what we've just used to create this demonstration. The only difference is that you've got the ability to add in links and slightly more content. Are you now ready?

Tamara Roukaerts: We're ready to go.

MM: Okay. So, I'm told we're ready, which means we can now point at the image, and there you all are.

MM on video: One,two,three. Go!

MM: Well done. We've been Aurasma. Thank you.

(Applause)

So wouldn't it be amazing/ if our phones could see the world/ in the same way that/ we do,/ as we're walking/ around being able to point a phone/ at anything,/ and then have it actually recognize images and objects/ like the human brain,/ and then be able to pull in information/ from an almost infinite library of knowledge and experiences and ideas.//

もしもスマートフォンが我々の目のように ものを見ることができたなら素晴らしいと思いませんか? 歩いている時に スマートフォンを向ければ その画像や物体を人の脳のように認識し そして無限と言っていいような知識・経験 そしてアイデアのストックから 情報を引き出すことが出来たなら?

Well,/ traditionally/ that was seen as science fiction,/ but now/ we've moved to a world/ where actually/ this has become possible.//

かつてなら そんなのSFの世界ですが 今やそれが 現実に可能となったんです

So the best way of explaining it is to just show it.//

実際にご覧いただくのが一番でしょう

What you can see over here is Tamara,/ who is holding my phone/ that's now plugged in.//

こちらのタマラがスマートフォンを 手にしています

So let me start with this.//

では始めましょう

What we have/ here is a painting of the great poet Rabbie Burns,/ and it's just/ a normal image,/ but/ if we now switch inputs/ over/ to the phone,/ running our technology,/ you can see effectively/ what Tamara's seeing/ on the screen,/ and when she points at this image,/ something magical happens.//

ここに一枚の絵を用意しました 偉大な詩人ロバート・バーンズの ごく普通の肖像画です 上のスクリーンにスマートフォンの画面を映します 我々の技術を通してスマートフォンの画面上で 彼女が見ている映像をご覧下さい スマートフォンを肖像画に向けると 不思議なことが起こります

(Laughter) (Bagpipes) (Bagpipes) (Applause) (Bagpipes)/ Voice:/ Now simmer blinks/ on flowery braes ...//

(笑い)(バグパイプの演奏) (笑い)(バグパイプの演奏) (バグパイプの演奏) (バーンズの詩の朗読)

Matt Mills:/ Now,/ what's great/ about this is,/ there's no trickery here.//

この技術のすごいところなんですが 何かトリックを使ったわけではありません

There's nothing done/ to this image.//

この絵自体には何も仕掛けをしていません

And what's great/ about this is the technology's actually/ allowing the phone/ to start to see and understand much/ like how the human brain does.//

この技術がすごいのは まるで人間の脳が ものを見て理解するように スマートフォンが ものを見て理解することを可能にするのです

Not only/ that,/ but/ as I move the object around,/ it's going to track/ it/ and overlay/ that content seamlessly.//

それだけではなく私が絵を動かしても その動きを追って途切れなくコンテンツを重ね合わせます

Again,/ the thing/ that's incredible/ about this is this is how advanced/ these devices have become.//

繰り返しますがこの技術のすごいところは スマートフォンをここまで進化させるという点です

All the processing to do that was actually done on the device itself.//

これを可能にする全ての仕掛けは スマートフォン本体にあります

Now,/ this has applications everywhere,/ whether in things/ like art/ in museums,/ like you just saw,/ or in the world of,/ say,/ advertising,/ or print journalism.//

この技術はあらゆるものに応用できます 例えば今ご覧いただいたような美術館の芸術品 あるいは広告や印刷された記事などにも使えます

So a newspaper becomes out of date as soon/ as it's printed.//

新聞の情報は 印刷されたその時から古くなります

And here is this morning's newspaper,/ and we have some Wimbledon news,/ which is great.//

これは今朝の新聞ですが ウィンブルドンの記事が載っていますね

Now/ what we can do/ is point/ at the front of the newspaper/ and immediately get the bulletin.//

この新聞の第一面にスマートフォンのカメラを向けると その場で続報が得られます

Voice: ...// To the grass,/ and it's very important/ that you adapt and you,/ you have to be flexible,/ you have to be willing/ to change direction/ at a split second,/ and she does all that.// She's won this title.//

(音声:....柔軟に対応しなければいけません) (音声:そしてほんの一瞬の間に) (音声:方向を変える必要もあります) (音声:彼女はそれらを全てやって勝利しました)

MM:/ And that linking of the digital content/ to something/ that's physical is/ what we call an aura,/ and I'll be using that term/ a little bit/ as we go through the talk.//

このデジタル・コンテンツと実在物との紐付けを 我々は「オーラ」と呼んでいますがこの「オーラ」という言葉は このプレゼンの中で何度となく出てきます

So,/ what's great/ about this is it isn't just a faster, more convenient way to get information/ in the real world,/ but there are times/ when actually/ using this medium allows you/ to be able to display information/ in a way/ that was never before possible.//

現実世界でただ単に速くそして便利に 情報を得られるというだけでなく この方法を使うことで これまで不可能だったやり方で 情報を提示することが可能になるのです

So/ what I have/ here is a wireless router.//

ここにワイヤレスルーターを用意しました

My American colleagues have told me/ I've got to call/ it/ a router,/ so that everyone here understands --/ (Laughter) --/ but nonetheless,/ here is the device.//

皆さんに解っていただくためにアメリカ人の同僚が これは「ラウター」と呼べと言うので・・・(笑い) ともかく これがその装置です

So now/ what I can do/ is,/ rather than getting the instructions/ for the device online,/ I can simply point at it,/ the device is recognized,/ and then --//

この技術があれば私はわざわざインターネットで 説明書を探さなくてもただカメラを向ければ 装置を認識して・・・

Voice:/ Begin/ by plugging in the grey ADSL cable.//

(音声:まずグレーのADSLケーブルを接続して下さい)

Then connect the power.// Finally,/ the yellow ethernet cable.//

(音声:そして電源に繋ぎ 最後に 黄色の イーサネット・ケーブルを接続して下さい)

(音声:セットアップ完了です)

(Laughter)/ MM:/ Awesome.// Thank you.//

(笑い)素晴らしい ありがとう

(拍手)

The incredible work/ that made/ that possible was done here/ in the U.K./ by scientists/ at Cambridge,/ and they work in our offices,/ and I've got a lovely picture of them here.//

こうしたことを可能にする驚くべき技術は ここイギリスで 我々の会社で働く ケンブリッジの科学者が作ったのですが 彼らの写真を持ってきました

They couldn't all be on stage,/ but we're going to bring/ their aura/ to the stage,/ so here/ they are.//

皆をこのステージに連れてはこれなかったので 彼らの「オーラ」を持ってきましたよ

They're not very animated.// (Laughter)/ This was the fourth take,/ I'm told.// (Laughter)//

あまり元気そうではありませんが・・(笑い) これでも4回撮り直したそうです(笑い)

Okay.// So,/ as we're talking/ about Cambridge,/ let's now move on/ to technical advancements,/ because/ since we started putting/ this technology/ on mobile phones/ less than 12 months ago,/ the speed/ and the processing/ in these devices has grown at a really phenomenal rate,/ and that means/ that I can now take cinema-quality 3D models/ and place them/ in the world/ around me,/ so I have one/ over here.//

さて ケンブリッジの次は 技術的な素晴らしさについてお話しましょう この技術をスマートフォンに実装できるようになってから 12ヶ月も経っていないわけですが スマートフォンの処理速度は 本当に目を見張る速さで進歩しています そのおかげで映画のような立体映像を撮影し 私たちの周りの世界に重ねる合わせられるようになりました それではご覧にいれましょう

Tamara,/ would you like to jump in?//

タマラ やってくれるかい?

(Music) (Dinosaur/ roaring) (Laughter)/ MM:/ I should leap in.//

(音楽) (恐竜の咆哮)(笑い) 逃げましょうか

(Music) (Dinosaur/ roaring) (Applause)//

(音楽)(恐竜の咆哮) (拍手)

So then,/ after the fun,/ comes the more emotional side of what we do,/ because effectively,/ this technology allows you/ to see the world/ through someone's eyes,/ and for that person to be able to take a moment/ in time/ and effectively store it/ and tag it/ to something physical/ that exists in the real world.//

お楽しみの次は感動的な側面もお見せしましょう というのもこの技術は効果的に 他の誰かが見た世界を見ることを可能にします 本人にとっても ある瞬間を この世界に実在するモノに 紐付けすることが できるようになります

What's great/ about this is,/ the tools to do this are free.//

そして何よりこのツール自体は無料です

They're open,/ they're available/ to everyone/ within our application,/ and educators have really got on board/ with the classrooms.//

使いたい人には誰にでも使っていただけます 学校の先生達も実際に授業で使っています

So/ we have teachers/ who've tagged up/ textbooks,/ teachers/ who've tagged up/ school classrooms,/ and a great example of this is a school/ in the U.K.//

教科書に何かをタグ付けしたり 教室の中のものにタグ付けしたり とあるイギリスの学校の例を紹介しましょう

I have a picture here/ from a video,/ and we're now going to play/ it.//

ビデオから切り取った写真がありますちょっと見てみましょう

Teacher:/ See/ what happens.// (Children/ talking)/ Keep going.//

(教師:さぁ何が起こるかな?)

Child:/ TV.// (Children react)//

(子供:テレビだ)

Child:/ Oh/ my God.//

(子供:わぁ!すごい!)

Teacher:/ Now move/ it either side.// See/ what happens.//

(教師:ちょっと動かしてみよう何が起こるかな?)

Move away/ from it/ and come back/ to it.//

(教師:一度画面から外して また戻してごらん)

Child:/ Oh,/ that is so cool.//

(子供:ワオ!これスゴい!)

Teacher:/ And then,/ have you got it again?//

(教師:戻ってきたかな?)

Child:/ Oh my God!// How did you do that?//

(子供:すごいよ!一体どうやってるの?)

Second child:/ It's magic.//

(子供:魔法みたいだ!)

(Laughter)/ MM:/ (Laughs) So,/ it's not magic.//

(笑い)魔法じゃないんです

It's available/ for everyone/ to do,/ and actually/ I'm going to show/ you how easy/ it is to do by doing one right now.//

誰にでもできますよ どれくらい簡単か 実際にやってご覧にいれましょう

So,/ as sort of --/ I'm told/ it's called a stadium wave,/ so we're going to start/ from this side of the room/ on the count of three,/ and go over to here.//

これは「ウェーブ」と呼ぶそうですが それではこちら側から始めましょう 3つ数えてこちらから反対側へ行きます

Tamara,/ are you recording?//

タマラ 録画してください

Okay,/ so are you all ready?//

皆さん準備はいいですか?

One,two,three.// Go!//

1・2・3・スタート!

Audience:/ Whooooooo!//

(聴衆:歓声)

MM:/ Fellows are really good/ at that.// (Laughs) (Laughter)//

皆さんは中々ノリがいいですね(笑い)

Okay.// Now/ we're going to switch back/ into the Aurasma application,/ and what Tamara's going to do is tag/ that video/ that we just took onto my badge,/ so that I can remember it forever.//

ではアプリに戻りましょう タマラが今撮影したビデオを 私の持っている名札にタグ付けします 私が今日のことをずっと覚えていられるように

Now,/ we have lots of people/ who are doing this already,/ and we've talked a little bit/ about the educational side.//

さて・・・こうしたことは多くの人がすでにやっています 教育的な側面について少しお話ししました

On the emotional side,/ we have people/ who've done things/ like send postcards/ and Christmas cards back/ to their family/ with little messages/ on them.//

また思い出を共有したりするために 家族に送る絵はがきやクリスマスカードに 「オーラ」でメッセージを付ける人もいます

We have people/ who have,/ for example,/ taken the inside of the engine bay of an old car/ and tagged up/ different components/ within an engine,/ so that/ if you're stuck/ and you want to find out/ more,/ you can point and discover the information.//

他にも例えば 古い車のエンジンの写真に 様々なエンジンの部品をタグ付けして 故障してしまった時に調べるための 解説書代わりに使う人もいます

We're all very, very familiar/ with the Internet.//

私たちにとってインターネットはとても身近なものです

In the last 20 years,/ it's really changed the way that/ we live/ and work,/ and the way that/ we see the world,/ and what's great is,/ we/ sort of think/ this is the next paradigm shift,/ because now/ we can literally take the content/ that we share,/ we discover,/ and/ that we enjoy and make it/ a part of the world/ around us.//

これまでの20年間で私たちの生き方や 働き方 ものの見方に 大きな変化をもたらしました この技術はインターネットの次のパラダイムシフトになるでしょう というのも私たちが共有し発見し 楽しんでいるコンテンツを文字通り 私たちが生きている世界の一部にできるからです

It's completely free/ to download this application.//

このアプリケーションは完全に無料です

If you have a good Wi-Fi connection or 3G,/ this process is very,/ very quick.//

WiFiや3Gの良好な接続さえあれば このような処理は短時間で行えます

Oh,/ there/ we are.// We can save it now.//

先程の映像を保存して

It's just going to do/ a tiny bit of processing to convert/ that image/ that we just took into a sort of digital fingerprint,/ and the great thing is,/ if you're a professional user, --/ so,/ a newspaper --/ the tools are pretty much identical/ to/ what we've just used to create this demonstration.//

撮った写真を変換するために ちょっとした処理を行っています デジタルフィンガープリントのようなものに加工します さらにすごいことにプロフェッショナル版は このデモで新聞を使って行ったようなことが なんら遜色なくできます色々な内容やリンクを

The only difference is/ that you've got the ability/ to add in links and slightly more content.// Are you now ready?//

付け足すことが可能です さてできたかな?

Tamara Roukaerts:/ We're ready/ to go.//

(タマラ:できました)

MM:/ Okay.// So,/ I'm told/ we're ready,/ which means/ we can now point at the image,/ and there/ you/ all are.//

準備ができたようです カメラを名札に当てて・・・皆さんの登場です

MM/ on video:/ One,two,three.// Go!//

(音声:1・2・3・スタート!)

MM:/ Well done.// We've been Aurasma.// Thank you.//

素晴らしいオーラズマでした ありがとう

(拍手)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

infinite

(空間・数・量・程度などについて)『無限の』,限りがない

ばく大な,非常に大きい(very great)

《the I-》神(God)

《the ~》無限なもの,無限の空間(時間)

(数学で)無限

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

traditionally

伝説的に;伝統的に,しきたり通りに

science fiction

空想科学小説(《略》『SF,sf』)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

poet

『詩人』,歌人

詩的才能のある人

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

laughter

『笑い』,笑い声

bagpipe

バグパイプ(Scotlandの高地人などの用いる皮袋で作った吹奏楽器)

applause

『拍手かっさい』;称賛

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

flowery

花の多い;花におおわれた

花のような,花を思わせる

(文体・言葉などが)華やかな,華麗な

brae

《スコットランド》丘の側面,山腹

mill

『製粉所』

『製粉機』;(手動の)ひき器

製造所,工場

〈穀物・コーヒーなど〉‘を'ひいて粉にする,製粉する

〈金属・鋼鉄〉‘を'圧延機(断裁機,打出機など)にかける

〈貨幣など〉‘の'へりにぎざぎざをつける

〈家畜・人の群れが〉目的もなくうろうろする;ぞろぞろ歩く《+『about(around)』》

trickery

ごまかし,いんちき:by trickery ごまかして

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

overlie

〈覆い・地層などが〉‥‘の'上に横たわる(重なる)

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

museum

『博物館』;美術館

advertising

《集合的に》広告;広告業

広告の

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

journalism

『ジャーナリズム』(新聞雑誌・テレビなど報道業;その世界)

《集合的に》新聞雑誌

(大学の)新聞学科,ジャーナリズム科

新聞雑誌[向き]の文[章]

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

bulletin

『公報』;速報

(学会の)『会報』,紀要

grass

〈U〉《集合的に》『草』;牧草;イネ科の植物

〈U〉『草地』;牧草地,芝生

〈U〉《俗》マリファナ(marijuana)

〈C〉《英俗》密告者

〈人が〉仕事を離れて休養する

〈人〉を休ませる,に暇を出す

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

flexible

曲げられる;『曲げやすい』;しなやかな

(人・計画などが)柔軟な,融通のきく

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

split second

《a ~》一瞬間

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

aura

(人・物がかもし出す)独持の雰囲気

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

convenient

(物事が)『便利な』,使いやすい

《補語にのみ用いて》(場所が)(…に)近い,近くて便利な《+『to』(『for』)+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

wireless

〈U〉『無線』,無線電信

〈U〉《the wireless》《英》ラジオ[放送,番組];〈C〉『ラジオ』[受信機]

無線[電信,電話,電報]の

《英》ラジオの

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

nonetheless

『それでもなお』

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

instruction

〈U〉(…の)『教育』,教授(teaching)《+『in』+『名』》

《複数形で》『命令』,指図(orders, directions);(…せよとの)命令《+『to』 do》

〈U〉(教えられた)知識,教訓

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

grey

=gray

cable

〈C〉〈U〉

(麻・針金をより合わせた)『太綱』

〈C〉〈U〉

(電信などの)『ケーブル線』,被覆電線

(またcablegram)〈C〉『海底電信』,外国電報

…'を'太綱でつなぐ

…‘に'を敷く

〈通信〉'を'『海外電報で送る』

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

congratulation

《複数形で》(また『congrats』)(…に対する)『祝いの言葉』,祝辞《+『on』+『名』》

〈U〉『祝い』,祝賀

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

setup

組織,機構

《しばしば複数形で》《米》(グラス・ソーダ水・氷など)酒を飲むときに必要なもの一そろい

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

Cambridge

ケンブリッジ(England 東部の都市;ケンブリッジ大学の所在地) ケンブリッジ(米国マサチューセッツ州東部の都市;Harvard大学の所在地) ケンブリッジ大学(Oxford大学とともに有名)

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

lovely

『美しい』,ほれぼれするような,かわいらしい

《話》『すばらしい』,愉快な

美人,かわいい娘(こ)

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

animated

生き生きとした,活発な

生きているように動く(作られた)

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

told

tell の過去・過去分詞

okay

=OK,O.K.

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

advancement

〈U〉〈C〉進歩,発達(advance)

〈U〉(…の)促進,振興《+『of』+『名』》

〈U〉(…への)昇進,進級《+『to』+『名』》

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

phenomenal

自然現象の(に関する)

並みはずれた,驚異的な

知覚できる

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

dinosaur

恐竜(中生代の巨大な爬虫類(はちゅうるい)動物の総称)

roar

〈猛獣などが〉『ほえる』,うなる;〈人が〉『わめく』,どなる

〈人が〉大笑いする

〈雷・大砲・波・風などが〉とどろく,鳴り響く,ゴーゴーいう

〈機械・乗物などが〉ごう音をたてる,ごう音をたてて動く

…‘を'どなって言う,どなるように歌う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(猛獣などの)『ほえ声』,うなり声;(人の)『わめき声』,怒号;大笑い《+『of』+『名』》

(雷・大砲・風・機械などの)『とどろき』,うなり,ゴーゴーいう音《+『of』+『名』》

leap

《しばしば副詞[句]を伴って》『ぴょんと飛ぶ』,はねる,躍る

《副詞[句]を伴って》(飛ぶように)『急に』(『す早く』)『動く』,ぴょんと動く

〈人・動物などが〉…‘を'『飛び越える』

(…を)〈動物など〉‘に'飛び越えさせる《+『名』+『over』(『across』)+『名』》

跳ぶこと,跳躍;《比喩(ひゆ)的に》飛躍,急変

ひと跳びの距離

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

educator

教育者,教師

教育学者

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

classroom

『クラスルーム』,教室

textbook

『教科書』

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

stadium

『競技場』,スタジアム,球場

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

badge

『記章』,バッジ

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

postcard

『郵便はがき』

(また《文》picture postcard)絵はがき

Christmas card

クリスマスカード

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

bay

『湾』,『入り江』

component

構成している,成分の

構成要素,成分

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

paradigm

範例,規範

語形変化表

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

completely

『完全に』,全く,十分に

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

fingerprint

指紋

…指紋おとる

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

identical

《the identical》『同一の』,全く同じの

『等しい』,同様な

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

demonstration

〈U〉〈C〉『論証』,立証;(…であることの)実証《+『that節』》

(の)実物説明,実演;(観察者の前で行う)実地授業,公開授業《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情の)『表示』,表明《+『of』+『名』》

『示威運動』,デモ

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

関連動画