TED日本語 - トゥラシラジ・ラヴィラ: 世界水準の眼科治療をローコストで実現する方法

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

インドの革新的なアラビンド・アイケア・システムは、何百万人もの眼病患者の視力を回復しました。コスト削減と同時に医療の質を向上させるための独創的なアプローチと、このシステムが全ての人的サービスを再考するきっかけとなる理由について、地域眼科医療研究所(LAICO)責任者のトゥラシラジ・ラヴィラ氏が語ります。

Script

こんにちは 今日皆さんと共有したいのは 人類の苦難を取り除く方法についてです ベンカタスワミー医師の物語をお話ししましょう 彼の使命と理念はアラビンド・アイケア・システムに関するものです まずは盲目が何を意味するかを理解することから始めましょう

(音楽)

女性:仕事を探しましたが 全て断られました 私達盲目の女性は一体何の役に立つと言うのでしょう? 針に糸も通せないし 頭に付いたシラミも見えない ご飯に蟻が入っても見えません

失明によって人は視力を失うだけでなく 生計を立てる手段や 人間としての威厳 そして? 自立した生活や 家族内での地位までも奪われてしまうのです 彼女は 何百万人のほんの一例にすぎません さらに皮肉なことに その多くは本来回避できるものなのです

シンプルで先進的な眼科手術によって 何百万人もの患者の視力を取り戻すことができます 眼鏡のような一層シンプルな手段でも さらに何百万もの視力が回復します 私を含めて皆さんの中には 眼鏡のおかげで より生産的な生活ができている人は沢山居るでしょう それと同じように インドでは5人のうち1人が眼科治療を必要としており 総数は2億人にのぼります その中で治療を受けた患者は 未だ10%にも達していません

この現実こそが アラビンド・システムが生まれた背景なのです 30年程前 ベンカタスワミー医師(通称ドクター・V)は退職後 無資金で新プロジェクトを立ち上げました 彼は資金調達のために老後の貯えを抵当に入れ 融資を受けなければなりませんでした それは時を経て タミル・ナードゥとポンディシェリーの2つの州にまたがる 5つの病院から成るネットワークとなりました それに加えて ビジョン・センターと呼ばれる施設をいくつか設置し ハブ・アンド・スポークモデルを作りました 直近では 我々はさらにいくつかの病院を 他の州にも設置し また国外にも同様に 設置を始めています

過去30年の間に 我々は 約350万人の眼科手術を執刀しました その大多数は 貧困層の人々です 現在では 毎年30万件の手術を行っています アラビンドでは通常 一日におよそ1,000件の手術を行い 6,000人の患者を診察をする他 医療チームを農村に送り 治療が必要な患者を病院に搬送し 遠隔診察も行います また 研修医と眼科助手のトレーニングも行っています 彼らは将来アラビンドの人材となるのです

トレーニングは毎日何度も繰り返すので 成果を上げるために モチベーションを保てるよう配慮します このシステムが実現したのは ドクター・Vが導入した基本構造のお陰 すなわち? 価値体系や 効率的な医療提供のプロセス そして 革新的な組織文化のお陰なのです

(音楽)

農村出身の私は 村人と向かい合って座っていました ある日突然 彼の内面と対話するようになり 彼と一体化したように感じたのです 彼の心は純粋に 私を信頼している “先生 私はあなたが言うことを全て受け入れます” “絶対的な信頼を寄せています” “ですから 先生はそれに応えてください” 私を信頼している人の為にも 最善を尽くさねばなりません 人は 精神的な意識の中で成長する時 自分が世界の一部であることに気付く ゆえに 搾取は存在しないのです 我々が助けるのは 自分自身であり 我々が癒すのも 自分自身である

(拍手)

極めて倫理的で患者中心の組織と それを支えるシステムは この彼の言葉によって支えられています しかし現実においては サービスは効率化されなければなりません そして奇妙に思われるかもしれませんが 彼はマクドナルドから発想を得たのです

マクドナルドのコンセプトは単純です 世界中の人々を 世界中のあらゆる場所で 宗教や 文化や その他の違いに関係なく一様に訓練し 同じ方法で製品を生産し 世界中どこでも同じ方法で提供することができると 考えているのです

彼はマクドナルドの話ばかりしていたんだ 何を言っているのか 我々にはさっぱりわからなかったよ 彼が実現したかったのは 効率的な眼科治療のメカニズムを備えたフランチャイズだったんだ マクドナルドのようにね

もし同じ方法で同質の治療を提供できる 眼科治療のプロセスを作り出し 人々が世界中のあらゆる場所で治療を受けられるようになれば 失明は根絶できるのです

眼球を例に挙げましょう 眼球は人類みな同じです アメリカ人も アフリカ人も 病気の症状は同じで 治療法も同じです しかし サービスや治療の質に大きな差があるのは何故でしょう これは 我々が医療提供システムをデザインする際の 根本的な問いです そして勿論 大きな問題もあります 我々は何百万人もの患者を治療したいのですが その為の財源は非常に少ない その上 物流や適正価格に関する問題もあります

我々はたえず革新しなければなりませんでした 初期の革新で 現在でも続けているのは 問題に立ち向かうコミュニティの中に 所有意識を創出することです そしてパートナーとして 協力し合うのです 一例を挙げましょう これは組織されたばかりのコミュニティー・キャンプです コミュニティの人々によって組織されました まずは場所を決め ボランティアを組織して 我々が診察します そして医師が診察で問題を見つけると さらにどのような検査が必要かを判断します これらの検査は 視力や緑内障の検査を行う 専門家が担当します

そして 全ての検査結果をふまえて医師が最終診断を下し 治療方針を示します 患者に眼鏡が必要な場合には その場で処方されます ?たいていは木の下で 眼鏡のフレームは自分で選ぶことができます これは非常に重要な点です なぜなら 眼鏡は 視力を助けるだけではなく ファッションの一部でもあるので 彼らはお金を出すのです 眼鏡は20分ほどで手に入ります また 手術を望む患者は相談を受けた後 待っているバスに乗り込んで 病院へと直行します

このような戦略とサポートがなければ このような人達が眼科のサービスを受ける機会はないでしょう 緊急時にはなおさらです 翌日 患者は手術を受けます 1-2日を病院で過ごした後 またバスに乗り込み 家族が待つ村へと 送り届けられます

(拍手)

これは 毎年何千回も実現しているケースです とても効果的なプロセスで多くの患者を診察してきたことは 感動的に思われるかも知れません しかしよく考えてみると 我々は 問題を解決できているのでしょうか? 我々は研究し 科学に基づいて実践しましたが 大変驚いたことに 実際には 目標の7%にしか達していなかったのです 我々はより大きな問題を適切に扱うことができていませんでした

新しい何かが必要でした そこで 初期眼科センター ビジョン・センターと呼ばれる施設を立ち上げました オフィスは完全にペーパーレス化していて カルテ等も全て電子化されています 患者はここで 総合的な眼科診療を受けることができます シンプルなデジタルカメラを網膜カメラに改造して どの患者も 医師の遠隔診療が受けられるようにしました

これらの効果はというと 初めの1年以内に 市場の40%まで浸透したのです 人数にして5万人を超えます 2年目には75%に上昇しました 我々は プロセスをつくる過程で 市場に切り込み 治療を必要とするすべての人に手が届くようにしたのです そしてテクノロジーを使ったプロセスの中で ほとんどの人が 病院に来る必要はないことも明らかになりました

では 彼らはどれだけの費用を支払うのでしょう? 治療費は 次回の病院までのバス代を考慮して 金額を固定しています 彼らが支払うのは20ルピー(約35円)だけです

(拍手)

もう一つの挑戦は どうしたら患者に ハイテクで先進的な治療やケアを提供できるか ということです 我々がデザインしたバンに衛星通信システムを搭載し 患者の画像を病院に送れるようにしました 病院で診断が下され 村で待っている患者に 結果が送られます 出力された診断書は患者の手に渡り 今後の処置について相談することができます 医師の診察を6か月も待つ必要はありません テクノロジーの力が 患者と医療をつないだのです

この衝撃は 市場成長の本質でもあります なぜなら 非顧客層に注目して 彼らを顧客化することで 著しい市場成長を成し得たのです

また 眼科医が不足する状況下で いかに効率を上げるかがポイントです このビデオは手術の様子です ご覧のとおり 向こう側に 次の患者が待機しています そして 一人目の手術が終わったら 顕微鏡を動かすだけでいいように 手術台の位置は調整されています このような工夫をすることで 手術の執刀数は4倍以上に増やすことができるのです

そして 手術をサポートする 確かな労働力も必要です 農村の少女達を雇います 組織の背骨となる人材です 彼女達はルーティンワークのほとんどを行います 各々に担当を持たせると 非常によい仕事をします その結果 非常に高い生産性を実現しました しかも高品質で かつ大変ローコストです 一連の工夫によって 我々のスタッフの生産性は ほかのどの病院よりも著しく高くなったのです

(拍手)

見づらい表ですが この表でお伝えしたいのは 治療の質について 確かな品質保証システムを導入している点です その結果 術後の合併症発症件数は イギリスで報告された件数をはるかに下回っています この数値は稀にみる低さです

(拍手)

難問の最終章は どのように財政的に自立させるか ということです 特に 患者が費用を払えない場合に 我々の病院では 多くの患者を無償で治療を施し 払える人には地域毎のレートで支払ってもらいます 大体は通常よりだいぶ安いです 我々は 市場の非能率性に助けられています 今でも救世主です もちろん 余剰資金を寄付したいと申し出てくれる人も います

その結果 数年の間に 支出が大きく増えました また収入も大幅に増え 病院経営に健全なマージンを与える一方で 大勢の患者を無料で治療できています 絶対値で考えると 昨年 我々は2千万ドル以上を稼ぎ 千三百万ドルを消費しました EBITA収益率は40%超です

(拍手)

しかし 本当に世界から失明を根絶したいのならば 我々がこれまで行ってきた以上のことが 要求されます 我々がしたことは 実に直感に反したことです 我々は自身のために競争を作り出し ローコストな消費をつくることで 眼科治療を可能にしました 我々は率先して 組織的に インドの多数の病院やその他の国で このようなやり方を促進しました その影響はというと 我々がコンサルティングを行った病院では その翌年 2倍の生産性を実現しました 同時に 経営財政も再建しました

また別の問題として挙げられたのは 技術面のコスト増加にどのように対処するか という点です かつて 手術で使う眼内レンズの 価格交渉が決裂したことがありました そこで我々は独自のレンズ製造ユニットを立ち上げ 大幅なコストカットを実現しました 始めた際の2%の価格にまで下げたのです 今日 このレンズは世界市場の7%のシェアを占め 120以上の国々で使われています

結論として 我々の取り組みは世界的に通用することなのか? それとも インドや途上国に限られるのでしょうか これを説明するために イギリスとアラビンドを比較しました ご覧の通り 我々はイギリスが年間に行う手術の 50万件の約6割にあたる数の 手術を行っています およそ30万件です また 我々は年間50名の眼科医を教育します イギリスでは70名です 教育や患者ケアの質は同等です お分かりの通り 我々は本当に同じ土俵に居るのです では コストはどうでしょうか (笑い)

(拍手)

理由は簡単です イギリスは インドではないからです 他にも理由はあるとは思いますが 他の側面も見なくてはなりません おそらく 高コストの解決策は 多産性や 仕事の能率 臨床プロセス レンズや消耗品にどれだけお金をかけているか 規則や防衛訓練―こういったものの中にあります これを解読することで 先進国に答えがもたらされるでしょう そうすればアメリカでは オバマの支持率が上がるかも知れません

(笑い)

他の視点では?これは皆さんに託しますが 問題が非常に大きかったり すべての経済層をまたいでいたり 良い解決策を持っている場合 私がお話したプロセス― 生産性 品質 患者中心のケア―の3つが 答えをくれるでしょう この方法論が応用できるものは沢山あります 歯科 補聴器 産科など 実際に活用されている事例は沢山あります しかし おそらく最も難しいのは ソフト面です

どうしたら「思いやり」をつくれますか? どうしたら 問題を自分のことのように感じ それに対して行動してもらえるでしょう? 難しい問題です しかし聴衆のみなさんは 解決策を見つけられるはずです

それでは 私の話はこの言葉で締めくくることにします

“人は精神的な意識の中で成長する時” “自分が世界の一部であることに気づく” “ゆえに 搾取は存在しないのです” “我々が助けるのは自分自身であり” “我々が癒すのも 自分自身である”

有難うございました

(拍手)

Good morning. I've come here to share with you an experiment of how to get rid of one form of human suffering. It really is a story of Dr. Venkataswamy. His mission and his message is about the Aravind Eye Care System. I think first it's important for us to recognize what it is to be blind.

(Music)

Woman: Everywhere I went looking for work, they said no, what use do we have for a blind woman? I couldn't thread a needle or see the lice in my hair. If an ant fell into my rice, I couldn't see that either.

Thulasiraj Ravilla: Becoming blind is a big part of it, but I think it also deprives the person of their livelihood, their dignity, their independence, and their status in the family. So she is just one amongst the millions who are blind. And the irony is that they don't need to be.

A simple, well-proven surgery can restore sight to millions, and something even simpler, a pair of glasses, can make millions more see. If we add to that the many of us here now who are more productive because they have a pair of glasses, then almost one in five Indians will require eye care, a staggering 200 million people. Today, we're reaching not even 10 percent of them.

So this is the context in which Aravind came into existence about 30 years back as a post-retirement project of Dr. V. He started this with no money. He had to mortgage all his life savings to make a bank loan. And over time, we have grown into a network of five hospitals, predominately in the state of Tamil Nadu and Puducherry, and then we added several, what we call Vision Centers as a hub-and-spoke model. And then more recently we started managing hospitals in other parts of the country and also setting up hospitals in other parts of the world as well.

The last three decades, we have done about three-and-a-half million surgeries, a vast majority of them for the poor people. Now, each year we perform about 300,000 surgeries. A typical day at Aravind, we would do about a thousand surgeries, maybe see about 6,000 patients, send out teams into the villages to examine, bring back patients, lots of telemedicine consultations, and, on top of that, do a lot of training, both for doctors and technicians who will become the future staff of Aravind.

And then doing this day-in and day-out, and doing it well, requires a lot of inspiration and a lot of hard work. And I think this was possible thanks to the building blocks put in place by Dr. V., a value system, an efficient delivery process, and fostering the culture of innovation.

(Music)

Dr. V: I used to sit with the ordinary village man because I am from a village, and suddenly you turn around and seem to be in contact with his inner being, you seem to be one with him. Here is a soul which has got all the simplicity of confidence. Doctor, whatever you say, I accept it. An implicit faith in you and then you respond to it. Here is an old lady who has got so much faith in me, I must do my best for her. When we grow in spiritual consciousness, we identify ourselves with all that is in the world, so there is no exploitation. It is ourselves we are helping. It is ourselves we are healing.

(Applause)

This helped us build a very ethical and very highly patient-centric organization and systems that support it. But on a practical level, you also have to deliver services efficiently, and, odd as it may seem, the inspiration came from McDonald's.

Dr. V: See, McDonald's' concept is simple. They feel they can train people all over the world, irrespective of different religions, cultures, all those things, to produce a product in the same way and deliver it in the same manner in hundreds of places.

Larry Brilliant: He kept talking about McDonalds and hamburgers, and none of it made any sense to us. He wanted to create a franchise, a mechanism of delivery of eye care with the efficiency of McDonald's.

Dr. V: Supposing I'm able to produce eye care, techniques, methods, all in the same way, and make it available in every corner of the world. The problem of blindness is gone.

TR: If you think about it, I think the eyeball is the same, as American or African, the problem is the same, the treatment is the same. And yet, why should there be so much variation in quality and in service, and that was the fundamental principle that we followed when we designed the delivery systems. And, of course, the challenge was that it's a huge problem, we are talking of millions of people, very little resource to deal with it, and then lots of logistics and affordability issues.

And then so,one had to constantly innovate. And one of the early innovations, which still continues, is to create ownership in the community to the problem, and then engage with them as a partner, and here is one such event. Here a community camp just organized by the community themselves, where they find a place, organize volunteers, and then we'll do our part. You know, check their vision, and then you have doctors who you find out what the problem is and then determine what further testing should be done, and then those tests are done by technicians who check for glasses, or check for glaucoma.

And then, with all these results, the doctor makes a final diagnosis, and then prescribes a line of treatment, and if they need a pair of glasses, they are available right there at the camp site, usually under a tree. But they get glasses in the frames of their choice, and that's very important because I think glasses, in addition to helping people see, is also a fashion statement, and they're willing to pay for it. So they get it in about 20 minutes and those who require surgery, are counseled, and then there are buses waiting, which will transport them to the base hospital.

And if it was not for this kind of logistics and support, many people like this would probably never get services, and certainly not when they most need it. They receive surgery the following day, and then they will stay for a day or two, and then they are put back on the buses to be taken back to where they came from, and where their families will be waiting to take them back home.

(Applause)

And this happens several thousand times each year. It may sound impressive that we're seeing lots of patients, very efficient process, but we looked at, are we solving the problem? We did a study, a scientifically designed process, and then, to our dismay, we found this was only reaching seven percent of those in need, and we're not adequately addressing more, bigger problems.

So we had to do something different, so we set up what we call primary eye care centers, vision centers. These are truly paperless offices with completely electronic medical records and so on. They receive comprehensive eye exams. We kind of changed the simple digital camera into a retinal camera, and then every patient gets their teleconsultation with a doctor.

The effect of this has been that, within the first year, we really had a 40 percent penetration in the market that it served, which is over 50,000 people. And the second year went up to 75 percent. So I think we have a process by which we can really penetrate into the market and reach everyone who needs it, and in this process of using technology, make sure that most don't need to come to the base hospital.

And how much will they pay for this? We fixed the pricing, taking into account what they would save in bus fare in coming to a city, so they pay about 20 rupees, and that's good for three consultations.

(Applause)

The other challenge was, how do you give high-tech or more advanced treatment and care? We designed a van with a VSAT, which sends out images of patients to the base hospital where it is diagnosed, and then as the patient is waiting, the report goes back to the patient, it gets printed out, the patient gets it, and then gets a consultation about what they should be doing -- I mean, go see a doctor or come back after six months, and then this happens as a way of bridging the technology competence.

So the impact of all this has been essentially one of growing the market, because it focused on the non-customer, and then by reaching the unreached, we're able to significantly grow the market.

The other aspect is how do you deal with this efficiently when you have very few ophthalmologists? So what is in this video is a surgeon operating, and then you see on the other side, another patient is getting ready. So, as they finish the surgery, they just swing the microscope over, the tables are placed so that their distance is just right, and then we need to do this, because, by doing this kind of process, we're able to more than quadruple the productivity of the surgeon.

And then to support the surgeon, we require a certain workforce. And then we focused on village girls that we recruited, and then they really are the backbone of the organization. They do almost all of the skill-based routine tasks. They do one thing at a time. They do it extremely well. With the result we have very high productivity, very high quality at very, very low cost. So, putting all this together, what really happened was the productivity of our staff was significantly higher than anyone else.

(Applause)

This is a very busy table, but what this really is conveying is that, when it comes to quality, we have put in very good quality-assurance systems. As a result, our complications are significantly lower than what has been reported in the United Kingdom, and you don't see those kind of numbers very often.

(Applause)

So the final part of the puzzle is, how do you make all this work financially, especially when the people can't pay for it? So what we did was, we gave away a lot of it for free, and then those who pay, I mean, they paid local market rates, nothing more, and often much less. And we were helped by the market inefficiency. I think that has been a big savior, even now. And, of course,one needs the mindset to be wanting to give away what you have as a surplus.

The result has been, over the years, the expenditure has increased with volumes. The revenues increase at a higher level, giving us a healthy margin while you're treating a large number of people for free. I think in absolute terms, last year we earned about 20-odd million dollars, spent about 13 million, with over a 40 percent EBITA.

(Applause)

But this really requires going beyond what we do, or what we have done, if you really want to achieve solving this problem of blindness. And what we did was a couple of very counter-intuitive things. We created competition for ourselves, and then we made eye care affordable by making low-cost consumables. We proactively and systematically promoted these practices to many hospitals in India, many in our own backyards and then in other parts of the world as well. The impact of this has been that these hospitals, in the second year after our consultation, are double their output and then achieve financial recovery as well.

The other part was how do you address this increase in cost of technology? There was a time when we failed to negotiate the [ intra-ocular lens ] prices to be at affordable levels, so we set up a manufacturing unit. And then, over time, we were able to bring down the cost significantly to about two percent of what it used to be when we started out. Today, we believe we have about seven percent of the global market, and they're used in about 120-odd countries.

To conclude, I mean, what we do, does it have a broader relevance, or is it just India or developing countries? So to address this, we studied UK versus Aravind. What it shows is that we do roughly about 60 percent of the volume of what the UK does, near a half-million surgeries as a whole country. And we do about 300,000. And then we train about 50 ophthalmologists against the 70 trained by them, comparable quality, both in training and in patient care. So we're really comparing apples to apples. We looked at cost. (Laughter)

(Applause)

So, I think it is simple to say just because the U.K. isn't India the difference is happening. I think there is more to it. I mean, I think one has to look at other aspects as well. Maybe there is -- the solution to the cost could be in productivity, maybe in efficiency, in the clinical process, or in how much they pay for the lenses or consumables, or regulations, their defensive practice. So, I think decoding this can probably bring answers to most developed countries including the U.S., and maybe Obama's ratings can go up again.

(Laughter)

Another insight, which, again, I want to leave with you, in conditions where the problem is very large, which cuts across all economic strata, where we have a good solution, I think the process I described, you know, productivity, quality, patient-centered care, can give an answer, and there are many which fit this paradigm. You take dentistry, hearing aid, maternity and so on. There are many where this paradigm can now play, but I think probably one of the most challenging things is on the softer side.

Now, how do you create compassion? Now, how do you make people own the problem, want to do something about it? There are a bit harder issues. And I'm sure people in this crowd can probably find the solutions to these.

So I want to end my talk leaving this thought and challenge to you.

Dr. V: When you grow in spiritual consciousness, we identify with all that is in the world so there is no exploitation. It is ourselves we are helping. It is ourselves we are healing.

TR: Thank you very much.

(Applause)

こんにちは

I've come here/ to share with you/ an experiment of how to get rid of one form of human suffering.//

今日皆さんと共有したいのは 人類の苦難を取り除く方法についてです

It really is a story of Dr.// Venkataswamy.//

ベンカタスワミー医師の物語をお話ししましょう

His mission/ and his message is about the Aravind Eye Care System.//

彼の使命と理念はアラビンド・アイケア・システムに関するものです

I think first/ it's important/ for us/ to recognize/ what it is to be blind.//

まずは盲目が何を意味するかを理解することから始めましょう

(Music)//

(音楽)

Woman:/ Everywhere/ I went looking/ for work,/ they said no,/ what use do we have for a blind woman?//

女性:仕事を探しましたが 全て断られました 私達盲目の女性は一体何の役に立つと言うのでしょう?

I couldn't thread a needle/ or see the lice/ in my hair.//

針に糸も通せないし 頭に付いたシラミも見えない

If an ant fell into my rice,/ I couldn't see/ that either.//

ご飯に蟻が入っても見えません

Thulasiraj Ravilla:/ Becoming blind is a big part of it,/ but I think it also deprives the person of their livelihood,/ their dignity,/ their independence,/ and their status/ in the family.//

失明によって人は視力を失うだけでなく 生計を立てる手段や 人間としての威厳 そして? 自立した生活や 家族内での地位までも奪われてしまうのです

So she is just one/ amongst the millions/ who are blind.//

彼女は 何百万人のほんの一例にすぎません

And the irony is/ that they don't need to be.//

さらに皮肉なことに その多くは本来回避できるものなのです

A simple, well-proven surgery can restore sight/ to millions,/ and something even simpler,/ a pair of glasses,/ can make millions more see.//

シンプルで先進的な眼科手術によって 何百万人もの患者の視力を取り戻すことができます 眼鏡のような一層シンプルな手段でも さらに何百万もの視力が回復します

If we add to/ that the many of us here now/ who are more productive/ because they have a pair of glasses,/ then/ almost one in five Indians will require eye care,/ a staggering 200 million people.//

私を含めて皆さんの中には 眼鏡のおかげで より生産的な生活ができている人は沢山居るでしょう それと同じように インドでは5人のうち1人が眼科治療を必要としており 総数は2億人にのぼります

Today,/ we're reaching not even 10 percent of them.//

その中で治療を受けた患者は 未だ10%にも達していません

So this is the context/ in which Aravind came into existence about 30 years back/ as a post-retirement project of Dr.// V.//

この現実こそが アラビンド・システムが生まれた背景なのです 30年程前 ベンカタスワミー医師(通称ドクター・V)は退職後

He started this/ with no money.//

無資金で新プロジェクトを立ち上げました

He had to mortgage/ all his life savings/ to make a bank loan.//

彼は資金調達のために老後の貯えを抵当に入れ 融資を受けなければなりませんでした

And/ over time,/ we have grown into a network of five hospitals,/ predominately/ in the state of Tamil Nadu and Puducherry,/ and then/ we added several,/ what we call Vision Centers/ as a hub-and-spoke model.//

それは時を経て タミル・ナードゥとポンディシェリーの2つの州にまたがる 5つの病院から成るネットワークとなりました それに加えて ビジョン・センターと呼ばれる施設をいくつか設置し ハブ・アンド・スポークモデルを作りました

And then more recently/ we started managing/ hospitals/ in other parts of the country/ and also/ setting up/ hospitals/ in other parts of the world/ as well.//

直近では 我々はさらにいくつかの病院を 他の州にも設置し また国外にも同様に 設置を始めています

The last three decades,/ we have done about three-and-a-half million surgeries,/ a vast majority of them/ for the poor people.//

過去30年の間に 我々は 約350万人の眼科手術を執刀しました その大多数は 貧困層の人々です

Now,/ each year/ we perform about 300,000 surgeries.//

現在では 毎年30万件の手術を行っています

A typical day/ at Aravind,/ we would do about a thousand surgeries,/ maybe see about 6,000 patients,/ send out/ teams/ into the villages/ to examine, bring back/ patients,/ lots of telemedicine consultations,/ and,/ on top of that,/ do a lot of training,/ both/ for doctors and technicians/ who will become the future staff of Aravind.//

アラビンドでは通常 一日におよそ1,000件の手術を行い 6,000人の患者を診察をする他 医療チームを農村に送り 治療が必要な患者を病院に搬送し 遠隔診察も行います また 研修医と眼科助手のトレーニングも行っています 彼らは将来アラビンドの人材となるのです

And then/ doing this day-in and day-out,/ and doing it well,/ requires a lot of inspiration and a lot of hard work.//

トレーニングは毎日何度も繰り返すので 成果を上げるために モチベーションを保てるよう配慮します

And I think/ this was possible thanks/ to the building blocks put in place/ by Dr.// V.//,/ a value system,/ an efficient delivery process,/ and fostering the culture of innovation.//

このシステムが実現したのは ドクター・Vが導入した基本構造のお陰 すなわち? 価値体系や 効率的な医療提供のプロセス そして 革新的な組織文化のお陰なのです

(Music)//

(音楽)

Dr.// V:/ I used to sit/ with the ordinary village man/ because I am from a village,/ and suddenly/ you turn around/ and seem to be in contact/ with his inner/ being,/ you seem to be one/ with him.//

農村出身の私は 村人と向かい合って座っていました ある日突然 彼の内面と対話するようになり 彼と一体化したように感じたのです

Here is a soul/ which has got all the simplicity of confidence.//

彼の心は純粋に 私を信頼している

Doctor,/ whatever you say,/ I accept it.//

“先生 私はあなたが言うことを全て受け入れます”

An implicit faith/ in you/ and then/ you respond to it.//

“絶対的な信頼を寄せています” “ですから 先生はそれに応えてください”

Here is an old lady/ who has got so much faith/ in me,/ I must do my best/ for her.//

私を信頼している人の為にも 最善を尽くさねばなりません

When we grow in spiritual consciousness,/ we identify ourselves/ with all that is in the world,/ so there is no exploitation.//

人は 精神的な意識の中で成長する時 自分が世界の一部であることに気付く ゆえに 搾取は存在しないのです

It is ourselves/ we are helping.//

我々が助けるのは 自分自身であり

It is ourselves/ we are healing.//

我々が癒すのも 自分自身である

(拍手)

This helped us/ build a very ethical and very highly patient-centric organization and systems/ that support it.//

極めて倫理的で患者中心の組織と それを支えるシステムは この彼の言葉によって支えられています

But on a practical level,/ you also have to deliver/ services efficiently,/ and,/ odd/ as it may seem,/ the inspiration came from McDonald's.//

しかし現実においては サービスは効率化されなければなりません そして奇妙に思われるかもしれませんが 彼はマクドナルドから発想を得たのです

Dr.// V:/ See,/ McDonald's'/ concept is simple.//

マクドナルドのコンセプトは単純です

They feel/ they can train people all/ over the world,/ irrespective of different religions,/ cultures,/ all those things,/ to produce a product/ in the same way/ and deliver it/ in the same manner/ in hundreds of places.//

世界中の人々を 世界中のあらゆる場所で 宗教や 文化や その他の違いに関係なく一様に訓練し 同じ方法で製品を生産し 世界中どこでも同じ方法で提供することができると 考えているのです

Larry Brilliant:/ He kept talking/ about McDonalds and hamburgers,/ and none of it made any sense/ to us.//

彼はマクドナルドの話ばかりしていたんだ 何を言っているのか 我々にはさっぱりわからなかったよ

He wanted to create/ a franchise,/ a mechanism of delivery of eye care/ with the efficiency of McDonald's.//

彼が実現したかったのは 効率的な眼科治療のメカニズムを備えたフランチャイズだったんだ マクドナルドのようにね

Dr.// V:/ Supposing I'm able/ to produce eye care,/ techniques,/ methods,/ all/ in the same way,/ and make it available/ in every corner of the world.//

もし同じ方法で同質の治療を提供できる 眼科治療のプロセスを作り出し 人々が世界中のあらゆる場所で治療を受けられるようになれば

The problem of blindness is gone.//

失明は根絶できるのです

TR:/ If you think about it,/ I think/ the eyeball is the same,/ as American or African,/ the problem is the same,/ the treatment is the same.//

眼球を例に挙げましょう 眼球は人類みな同じです アメリカ人も アフリカ人も 病気の症状は同じで 治療法も同じです

And yet,/ why should there be so much variation/ in quality/ and/ in service,/ and that was the fundamental principle/ that we followed/ when we designed the delivery systems.//

しかし サービスや治療の質に大きな差があるのは何故でしょう これは 我々が医療提供システムをデザインする際の 根本的な問いです

And,/ of course,/ the challenge was/ that it's a huge problem,/ we are talking of millions of people,/ very little resource to deal with it,/ and then/ lots of logistics and affordability issues.//

そして勿論 大きな問題もあります 我々は何百万人もの患者を治療したいのですが その為の財源は非常に少ない その上 物流や適正価格に関する問題もあります

And then so,/one had to constantly innovate.//

我々はたえず革新しなければなりませんでした

And one of the early innovations,/ which still continues,/ is to create ownership/ in the community/ to the problem,/ and then engage with them/ as a partner,/ and here is one such event.//

初期の革新で 現在でも続けているのは 問題に立ち向かうコミュニティの中に 所有意識を創出することです そしてパートナーとして 協力し合うのです 一例を挙げましょう

Here/ a community camp just organized by the community/ themselves,/ where they find a place,/ organize volunteers,/ and then/ we'll do our part.// You know,/ check their vision,/ and then/ you have doctors/ who you find out/ what the problem is/ and then determine/ what further testing should be done,/ and then/ those tests are done by technicians/ who check for glasses,/ or check/ for glaucoma.//

これは組織されたばかりのコミュニティー・キャンプです コミュニティの人々によって組織されました まずは場所を決め ボランティアを組織して 我々が診察します そして医師が診察で問題を見つけると さらにどのような検査が必要かを判断します これらの検査は 視力や緑内障の検査を行う 専門家が担当します

And then,/ with all these results,/ the doctor makes a final diagnosis,/ and then prescribes a line of treatment,/ and/ if they need a pair of glasses,/ they are available right there/ at the camp site,/ usually/ under a tree.//

そして 全ての検査結果をふまえて医師が最終診断を下し 治療方針を示します 患者に眼鏡が必要な場合には その場で処方されます ?たいていは木の下で

But they get glasses/ in the frames of their choice,/ and that's very important/ because I think glasses,/ in addition/ to helping people see,/ is also a fashion statement,/ and they're willing/ to pay for it.//

眼鏡のフレームは自分で選ぶことができます これは非常に重要な点です なぜなら 眼鏡は 視力を助けるだけではなく ファッションの一部でもあるので 彼らはお金を出すのです

So/ they get it/ in about 20 minutes/ and those/ who require surgery,/ are counseled,/ and then/ there are buses/ waiting,/ which will transport them/ to the base hospital.//

眼鏡は20分ほどで手に入ります また 手術を望む患者は相談を受けた後 待っているバスに乗り込んで 病院へと直行します

And/ if it was not for this kind of logistics and support,/ many people/ like this would probably never get services,/ and certainly not/ when they/ most need it.//

このような戦略とサポートがなければ このような人達が眼科のサービスを受ける機会はないでしょう 緊急時にはなおさらです

They receive surgery/ the following day,/ and then/ they will stay for a day or two,/ and then/ they are put back/ on the buses/ to be taken back/ to/ where they came from,/ and where their families will be waiting to take/ them back/ home.//

翌日 患者は手術を受けます 1-2日を病院で過ごした後 またバスに乗り込み 家族が待つ村へと 送り届けられます

(拍手)

And this happens several thousand times/ each year.//

これは 毎年何千回も実現しているケースです

It may sound impressive/ that we're seeing/ lots of patients,/ very efficient process,/ but we looked at,/ are we solving the problem?//

とても効果的なプロセスで多くの患者を診察してきたことは 感動的に思われるかも知れません しかしよく考えてみると 我々は 問題を解決できているのでしょうか?

We did a study,/ a scientifically designed process,/ and then,/ to our dismay,/ we found/ this was only reaching seven percent of those/ in need,/ and we're not adequately addressing/ more, bigger problems.//

我々は研究し 科学に基づいて実践しましたが 大変驚いたことに 実際には 目標の7%にしか達していなかったのです 我々はより大きな問題を適切に扱うことができていませんでした

So we had to do/ something different,/ so we set up/ what we call primary eye care centers,/ vision centers.//

新しい何かが必要でした そこで 初期眼科センター ビジョン・センターと呼ばれる施設を立ち上げました

These are truly paperless offices/ with completely electronic medical records/ and so on.//

オフィスは完全にペーパーレス化していて カルテ等も全て電子化されています

患者はここで 総合的な眼科診療を受けることができます

We kind of changed the simple digital camera/ into a retinal camera,/ and then/ every patient gets their teleconsultation/ with a doctor.//

シンプルなデジタルカメラを網膜カメラに改造して どの患者も 医師の遠隔診療が受けられるようにしました

The effect of this has been/ that,/ within the first year,/ we really had a 40 percent penetration/ in the market/ that it served,/ which is over 50,000 people.//

これらの効果はというと 初めの1年以内に 市場の40%まで浸透したのです 人数にして5万人を超えます

And the second year went up to 75 percent.//

2年目には75%に上昇しました

So I think/ we have a process/ by which we can really penetrate into the market/ and reach everyone/ who needs it,/ and in this process of using technology,/ make sure/ that most don't need to come/ to the base hospital.//

我々は プロセスをつくる過程で 市場に切り込み 治療を必要とするすべての人に手が届くようにしたのです そしてテクノロジーを使ったプロセスの中で ほとんどの人が 病院に来る必要はないことも明らかになりました

And how much will they pay for this?//

では 彼らはどれだけの費用を支払うのでしょう?

We fixed the pricing,/ taking into account/ what they would save in bus fare/ in coming to a city,/ so they pay about 20 rupees,/ and that's good/ for three consultations.//

治療費は 次回の病院までのバス代を考慮して 金額を固定しています 彼らが支払うのは20ルピー(約35円)だけです

(拍手)

The other challenge was,/ how do you give high-tech or more advanced treatment and care?//

もう一つの挑戦は どうしたら患者に ハイテクで先進的な治療やケアを提供できるか ということです

We designed a van/ with a VSAT,/ which sends out/ images of patients/ to the base hospital/ where it is diagnosed,/ and then/ as the patient is waiting,/ the report goes back/ to the patient,/ it gets printed out,/ the patient gets it,/ and then gets a consultation/ about what they should be doing --/ I mean,/ go/ see a doctor/ or come back/ after six months,/ and then/ this happens as a way of bridging the technology competence.//

我々がデザインしたバンに衛星通信システムを搭載し 患者の画像を病院に送れるようにしました 病院で診断が下され 村で待っている患者に 結果が送られます 出力された診断書は患者の手に渡り 今後の処置について相談することができます 医師の診察を6か月も待つ必要はありません テクノロジーの力が 患者と医療をつないだのです

So the impact of all this has been essentially one of growing the market,/ because it focused on the non-customer,/ and then/ by reaching the unreached,/ we're able/ to significantly grow the market.//

この衝撃は 市場成長の本質でもあります なぜなら 非顧客層に注目して 彼らを顧客化することで 著しい市場成長を成し得たのです

The other aspect is/ how do you deal with this efficiently/ when you have very few ophthalmologists?//

また 眼科医が不足する状況下で いかに効率を上げるかがポイントです

So/ what is in this video is a surgeon operating,/ and then/ you see on the other side,/ another patient is getting ready.//

このビデオは手術の様子です ご覧のとおり 向こう側に 次の患者が待機しています

So,/ as they finish the surgery,/ they just swing the microscope over,/ the tables are placed/ so that their distance is just right,/ and then/ we need to do/ this,/ because,/ by doing this kind of process,/ we're able/ to more/ than quadruple the productivity of the surgeon.//

そして 一人目の手術が終わったら 顕微鏡を動かすだけでいいように 手術台の位置は調整されています このような工夫をすることで 手術の執刀数は4倍以上に増やすことができるのです

And then to support the surgeon,/ we require a certain workforce.//

そして 手術をサポートする 確かな労働力も必要です

And then/ we focused on village girls/ that we recruited,/ and then/ they really are the backbone of the organization.//

農村の少女達を雇います 組織の背骨となる人材です

They do almost all of the skill-based routine tasks.//

彼女達はルーティンワークのほとんどを行います

They do one thing/ at a time.// They do it extremely well.//

各々に担当を持たせると 非常によい仕事をします

With the result/ we have very high productivity,/ very high quality/ at very, very low cost.//

その結果 非常に高い生産性を実現しました しかも高品質で かつ大変ローコストです

So,/ putting all this together,/ what really happened/ was the productivity of our staff was significantly higher/ than anyone else.//

一連の工夫によって 我々のスタッフの生産性は ほかのどの病院よりも著しく高くなったのです

(拍手)

This is a very busy table,/ but what this really is conveying is/ that,/ when it comes to quality,/ we have put in/ very good quality-assurance systems.//

見づらい表ですが この表でお伝えしたいのは 治療の質について 確かな品質保証システムを導入している点です

As a result,/ our complications are significantly lower/ than what has been reported in the United Kingdom,/ and you don't see those kind of numbers very often.//

その結果 術後の合併症発症件数は イギリスで報告された件数をはるかに下回っています この数値は稀にみる低さです

(拍手)

So the final part of the puzzle is,/ how do you make all this work financially,/ especially/ when the people can't pay for it?//

難問の最終章は どのように財政的に自立させるか ということです 特に 患者が費用を払えない場合に

So/ what we did/ was,/ we gave away/ a lot of it/ for free,/ and then/ those/ who pay,/ I mean,/ they paid local market rates,/ nothing more,/ and often much less.//

我々の病院では 多くの患者を無償で治療を施し 払える人には地域毎のレートで支払ってもらいます 大体は通常よりだいぶ安いです

And we were helped by the market inefficiency.//

我々は 市場の非能率性に助けられています

I think/ that has been a big savior,/ even now.//

今でも救世主です

And,/ of course,/one needs the mindset/ to be wanting to give away/ what you have as a surplus.//

もちろん 余剰資金を寄付したいと申し出てくれる人も います

The result has been,/ over the years,/ the expenditure has increased with volumes.//

その結果 数年の間に 支出が大きく増えました

The revenues increase at a higher level,/ giving us/ a healthy margin/ while you're treating/ a large number of people/ for free.//

また収入も大幅に増え 病院経営に健全なマージンを与える一方で 大勢の患者を無料で治療できています

I think in absolute terms,/ last year/ we earned about 20-odd million dollars,/ spent about 13 million,/ with over a 40 percent EBITA.//

絶対値で考えると 昨年 我々は2千万ドル以上を稼ぎ 千三百万ドルを消費しました EBITA収益率は40%超です

(拍手)

But this really requires going/ beyond what we do,/ or what we have done,/ if you really want to achieve solving/ this problem of blindness.//

しかし 本当に世界から失明を根絶したいのならば 我々がこれまで行ってきた以上のことが 要求されます

And what we did/ was a couple of very counter-intuitive things.//

我々がしたことは 実に直感に反したことです

We created competition/ for ourselves,/ and then/ we made eye care affordable/ by making low-cost consumables.//

我々は自身のために競争を作り出し ローコストな消費をつくることで 眼科治療を可能にしました

We proactively and systematically promoted these practices/ to many hospitals/ in India,/ many/ in our own backyards/ and then/ in other parts of the world/ as well.//

我々は率先して 組織的に インドの多数の病院やその他の国で このようなやり方を促進しました

The impact of this has been/ that these hospitals,/ in the second year/ after our consultation,/ are double their output/ and then achieve financial recovery/ as well.//

その影響はというと 我々がコンサルティングを行った病院では その翌年 2倍の生産性を実現しました 同時に 経営財政も再建しました

The other part was/ how do you address this increase/ in cost of technology?//

また別の問題として挙げられたのは 技術面のコスト増加にどのように対処するか という点です

There was a time/ when we failed to negotiate/ the [ intra-ocular lens ] prices/ to be at affordable levels,/ so we set up/ a manufacturing unit.//

かつて 手術で使う眼内レンズの 価格交渉が決裂したことがありました そこで我々は独自のレンズ製造ユニットを立ち上げ

And then,/ over time,/ we were able to bring down/ the cost significantly/ to about two percent of what it used to be/ when we started out.//

大幅なコストカットを実現しました 始めた際の2%の価格にまで下げたのです

Today,/ we believe/ we have about seven percent of the global market,/ and they're used in about 120-odd countries.//

今日 このレンズは世界市場の7%のシェアを占め 120以上の国々で使われています

To conclude,/ I mean,/ what we do,/ does it have a broader relevance,/ or is it just India or developing countries?//

結論として 我々の取り組みは世界的に通用することなのか? それとも インドや途上国に限られるのでしょうか

So to address this,/ we studied UK/ versus Aravind.//

これを説明するために イギリスとアラビンドを比較しました

What it shows/ is/ that we do roughly about 60 percent of the volume of what the UK does,/ near a half-million surgeries/ as a whole country.//

ご覧の通り 我々はイギリスが年間に行う手術の 50万件の約6割にあたる数の 手術を行っています

And we do about 300,000.//

およそ30万件です

And then/ we train about 50 ophthalmologists/ against the 70 trained by them,/ comparable quality,/ both in training/ and/ in patient care.//

また 我々は年間50名の眼科医を教育します イギリスでは70名です 教育や患者ケアの質は同等です

So we're really comparing/ apples/ to apples.//

お分かりの通り 我々は本当に同じ土俵に居るのです

We looked at cost.//

では コストはどうでしょうか

(笑い)

(拍手)

So,/ I think/ it is simple/ to say just/ because the U.K. isn't India/ the difference is happening.//

理由は簡単です イギリスは インドではないからです

I think/ there is more/ to it.//

他にも理由はあるとは思いますが

I mean,/ I think/ one has to look/ at other aspects/ as well.//

他の側面も見なくてはなりません

Maybe/ there is --/ the solution/ to the cost could be in productivity,/ maybe/ in efficiency,/ in the clinical process,/ or in how much/ they pay for the lenses or consumables,/ or regulations,/ their defensive practice.//

おそらく 高コストの解決策は 多産性や 仕事の能率 臨床プロセス レンズや消耗品にどれだけお金をかけているか 規則や防衛訓練―こういったものの中にあります

So,/ I think decoding/ this can probably bring answers/ to most developed countries/ including/ the U.S.//,/ and maybe/ Obama's ratings can go up/ again.//

これを解読することで 先進国に答えがもたらされるでしょう そうすればアメリカでは オバマの支持率が上がるかも知れません

(笑い)

Another insight,/ which,/ again,/ I want to leave/ with you,/ in conditions/ where the problem is very large,/ which cuts across all economic strata,/ where we have a good solution,/ I think the process/ I described,/ you know,/ productivity,/ quality,/ patient-centered care,/ can give an answer,/ and there are many/ which fit this paradigm.//

他の視点では?これは皆さんに託しますが 問題が非常に大きかったり すべての経済層をまたいでいたり 良い解決策を持っている場合 私がお話したプロセス― 生産性 品質 患者中心のケア―の3つが 答えをくれるでしょう この方法論が応用できるものは沢山あります

You take dentistry,/ hearing aid,/ maternity/ and so on.//

歯科 補聴器 産科など

There are many/ where this paradigm can now play,/ but I think probably/ one of the most challenging things is on the softer side.//

実際に活用されている事例は沢山あります しかし おそらく最も難しいのは ソフト面です

Now,/ how do you create compassion?//

どうしたら「思いやり」をつくれますか?

Now,/ how do you make/ people own the problem,/ want to do something about it?//

どうしたら 問題を自分のことのように感じ それに対して行動してもらえるでしょう?

There are a bit harder/ issues.//

難しい問題です

And I'm sure/ people/ in this crowd can probably find the solutions/ to these.//

しかし聴衆のみなさんは 解決策を見つけられるはずです

So I want to end/ my talk/ leaving this thought and challenge/ to you.//

それでは 私の話はこの言葉で締めくくることにします

Dr.// V:/ When you grow in spiritual consciousness,/ we identify with all that is in the world/ so there is no exploitation.//

“人は精神的な意識の中で成長する時” “自分が世界の一部であることに気づく” “ゆえに 搾取は存在しないのです”

It is ourselves/ we are helping.//

“我々が助けるのは自分自身であり”

It is ourselves/ we are healing.//

“我々が癒すのも 自分自身である”

TR:/ Thank you very much.//

有難うございました

(拍手)

good morning

『おはよう』,こんにちは

《古》さようなら(午前中に別れるとき)

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

rid

《『rid』+『名』〈場所・人〉+『of』+『名』》(やっかいなものを)〈場所・人〉‘から'『取り除く』

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

suffering

〈U〉(肉体的・精神的)『苦痛』

〈C〉《しばしば複数形で》苦悩している状態,苦難

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

thread

〈U〉〈C〉(縫ったり,織ったりするための)『糸』

〈C〉(…の)糸状の物,細長い物《+of+名》

〈C〉(話などの)『筋道』,脈絡《+of+名》

ねじ筋,ねじ山

<針など>‘に'『糸を通す』

<真珠など>‘を'糸でつなぐ

…‘を'縫うように進む

…‘に'ねじ山をつける

縫うように進む

(煮詰まったシロップが)糸を引く,細い糸状になる

needle

『針』,縫い針;(編物用の)かぎ針,編み棒

(レコードプレーヤーの)針;(磁石・らしん盤など各種計器の)針

外科用の針(縫合針など);注射針

針状のもの;小尖塔(しょうせんとう);とがった山頂

(マツ・モミなどの)針葉

…‘を'針で縫う(編む);…‘に'針を通す

(…のことで)〈人〉‘をいじめる,脳ます《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》;〈人〉‘を'いじめて(…)させる《『名』+『into』do『ing』》

縫い物(編物)をする

lice

louseの複数形

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

ant

『アリ』

rice

『米』(欧米ではプディングやケーキの原料にも用いる)

イネ(稲)

〈ゆでたジャガイモ・カボチャなど〉‘を'ライサー(ricer)で米粒ほどの太さのそうめん状にする

becoming

(服装などが)似合った

《補語にのみ用いて》(行為などが)(…に)ふさわして,適当な《+『to』(『for, in』)+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

deprive

(所有しているものを)〈人〉‘から'『奪う』《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

livelihood

『生計』,暮らしの費用

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

independence

(…からの)『独立』,自立,独立心《+『of』(『from』)+『名』》

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

amongst

=among

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

irony

〈U〉『皮肉』,『風刺』;反語[法]

〈C〉(運命の)皮肉,(具体的な事例としての)皮肉な成り行き

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

restore

(元の状態に)…‘を'復活させる,回復させる,復帰させる《+『名』+『to』+『名』》

(元の形に)〈美術品・建物など〉‘を'『修復する』,復元する《+『名』+『to』+『名』》

〈盗品など〉‘を'『返す』,返却する

sight

〈U〉『視力』,視覚(vision)・〈U〉《時にa ~》(…を)『見ること』《+『of』+『名』》・〈U〉見える範囲,視野,視界・〈C〉『景色』,『光景』,眺め・《the sights》『名所』・〈U〉見解・〈C〉《しばしば複数形で》(望遠鏡などの)照準器,照尺,照星・〈C〉《a ~》《話》ひどいもの・《a ~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》;《副詞的に用いて》うんと,ずっと:a sight of money多額の金・…‘を'見つける,認める・

(照準器で)…‘を'ねらう, ‘に'照準を合わせる

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

Indian

インドの,インド人の

アメリカインディアンの

〈C〉インド人

(また『American Indian』)〈C〉『アメリカンインディアン』

〈U〉アメリカインディアンの言語

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

staggering

よろめく

驚くほどの

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

existence

〈U〉(…の)『存在』,実在《+『of』+『名』》

〈U〉『生存』

〈C〉『生活』,暮らし(life)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

mortgage

『抵当』,担保;抵当権

抵当証書

…‘を'抵当に入れる

(あるものを得ようとして)〈命など〉‘を'投げ出してかかる,賭ける

saving

《名試の前にのみ用いて》欠点を補う,埋め合わせとなる

節約する,倹約する,つましい

《複数形で》貯金,(特に,銀行への)預金

〈U〉〈C〉節約したもの,節約量

〈U〉《時にa~》(…の)節約,倹約《+『of』+『名』》

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

loan

〈U〉(…の)『貸し付け』《+『of』+『名』》

〈C〉貸し付け金,貸与物

《『loan』+『名』〈間〉+『名』〈直〉=『loan』+『名』+『to』+『名』》《米》…‘に'…‘を'『貸す』(《英》lend)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

hospital

『病院』

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

Tamil

〈C〉(南インドとセイロン島の)タミル人

〈U〉タミル語

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

decade

『10年間』

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

examine

…‘を'『調べる』,検討する

〈人・身体〉‘を'『診察する』

〈人〉‘に'(…の)『試験をする』《+『名』〈人〉+『in』(『on, upon』)+『名』》

〈証人・被告など〉‘を'尋問する,審問する

consultation

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》;専門家との相談・〈C〉協議会,(専門家の)会議

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

technician

(科学・職業上の)専門家,専門技術者

(音楽・美術などの)技巧派

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

staff

『つえ』,棒,さお;旗ざお

(職能・権威などを示す)つえ,権標・指揮棒

(…の)支え[となるもの],頼り[となるもの]

《集合的に》『職員』,社員,局員,スタッフ;幹部

《集合的に》幕僚

(音譜などを記す)譜表,五線(stave)

〈職場など〉‘に'(…の)職員(部員など)を置く《+『名』+『with』+『名』》

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

building block

建築用ブロック

(おもちゃの)積み木

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

foster

〈里子など〉‘を'『養育する』,〈病人など〉‘の'世話をする

〈親善関係・理解など〉‘を'促進する,〈才能・興味など〉‘を'助長する(promote)

…‘を'心に抱く(cherish)

育ての,里親の

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

suddenly

『突然に』,だしぬけに

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

inner

『内側の』,『内部の』,奥の

『精神の』,心の

親密な;内密の

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

simplicity

『簡単』,平易;(…の)容易《+『of』+『名』》

『飾り気のなさ』,簡素,地味,質素

実直,誠実

confidence

〈U〉《修飾語を伴って》『信頼』,信用,信任;(…を)信頼(信用)すること《+『in』+『名』》

〈U〉(自分の思想・能力・行動などに対する)『確信』,自信

〈C〉打ち明け話,秘密(secret)

=confidence game(trick)

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

implicit

(同意・反対などが)暗に示された,暗黙の

無条件の,絶対の

faith

〈U〉『信頼』,信用;確信,信念

〈U〉(…への)『信仰』,(…に対する)信心(belief)《+『in』+『名』》

〈C〉教義,信条(doctrine)

〈U〉信義,誠実(sincerity)

〈U〉誓約,約束

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

old lady

うちの女房,家内

うちのおふくろ

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

consciousness

意識,知覚

(個人や集団の)意識,精神,意見

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

exploitation

(鉱山・資源などの)開発;活用《+『of』+『名』》

(…の)利己的な利用,(労働などの)搾取《+『of』+『名』》

helping

〈U〉助力,手助け

〈C〉(食べ物の)ひと盛り,1杯

applause

『拍手かっさい』;称賛

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

irrespective

《be irrespective of+名》(に)かかわりない

religion

〈U〉『宗教』;『信仰』;信仰生活

〈C〉『宗旨』,宗派,…教

〈C〉信条,主義

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

manner

《単数形で》〈文〉『方法』,仕方

《単数形で》(他人に対する)『態度』,様子,挙動

《複数形で》『行儀』,『作法』

《複数形で》(国民・時代などの)『風習』,慣習

《単数形で》(文学・美術上の)『流儀』,様式,…ふう,手法

《文》《単数形で》(…の)種類《+『of』+『名』》

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

hamburger

《米》〈U〉牛のひき肉(ground beef)

(また『Hamburg steak』)〈C〉ハンバーグステーキ(牛のひき肉を焼いたもの)

〈C〉(また《米話》『burger』)ハンバーガー(ハンバーグステーキをはさんだサンドイッチ)

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

franchise

〈C〉《おもに米》(政府・メーカーが事業を行う個人・団体に与える)(…の)免許,一手販売権《+『of』+『名』》;(する)免許《+『to』do》

〈U〉《the~》公民権;(特)に参政権,選挙権

〈U〉フランチャイズ[制](プロ野球の球団がある都市に根拠をおいて特別な興行権をもつこと)

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

efficiency

『能率』,(仕事をする)『能力』

(機械の)『効率』

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

blindness

盲目

無知,盲信

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

eyeball

眼球,目玉

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

variation

{U}『変化(変動)すること』

{C}(個々の)変化;変化の量(程度)

{C}変形,変わり種;(生物の)変種

{C}(…の)変奏曲《+on+名》

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

innovate

〈新しいもの〉‘を'取り入れる

(…を)革新する,刷新する《+『in』(『on』)+『名』》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

ownership

所有者であること,所有;所有権

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

camp

〈C〉(軍隊・登山隊・探検隊などの)『野営地』

〈C〉〈U〉野営のテント,仮設小屋

〈U〉野営,キャンプ[生活];軍隊生活

〈C〉夏季キャンプ場,サマーキャンプ

《集合的に》野営する人たち,キャンプする人たち

〈C〉(主義・信条などを同じくする)同志たち,同じ陣営;同じ立場

『野営する』,キャンプ生活を送る《+『out』》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

glaucoma

あおそこひ,緑内障(視力が減退する眼病)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

diagnosis

診断[書]

(問題の原因などの)判断,分析

(問題の)解決;結論

prescribe

〈守るべき規則・方針など〉‘を'『規定する』,『勧める』,指示する

《『prescribe』+『名』〈人〉+『名』〈薬〉=『prescribe』+『名』+『for』+『名』》〈人〉‘に'〈薬〉‘を'処方する

規定する,資示する

(病人・病気に対して)処方を書く

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

counsel

〈U〉『協議』,『相談』,評議

〈U〉〈C〉『助言』,忠告,勧告(advice)

《集合的に》弁護士団

〈人〉‘に'『助言する』,忠告する,勧める

transport

(ある場所からある場所へ)…‘を'『輸送する』,運搬する《+名+from+名+to+名》

《文》《受動態で》(…で)…‘を'夢中にする,有頂天にする《+名+with+名》

〈罪人〉‘を'流刑にする

〈U〉輸送,運送,輸送(交通)機関(transportation)

〈C〉(軍隊や軍需品を運ぶ)輸送船,輸送機

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

probably

『たぶん』,『おそらく』

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

impressive

『印象的な』,強い印象(感銘)を与える

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

scientifically

科学的に,学術的に

dismay

〈恐怖・危機・心配などが〉…‘を'『うろたえさせる』,‘を'意気消沈させる

『ろうばい』,意気消沈

adequately

適切に,十分に

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

completely

『完全に』,全く,十分に

electronic

『電子の』,エレクトロンの

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

comprehensive

理解力のある,分かりのいい

包括的な,範囲の広い

exam

試験

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

penetration

貫通;貫通力,突き刺す力;(…の)浸透,(…が)入り込むこと《+『of』+『名』》

洞察(どうさつ)力,見抜く力,眼力

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

penetrate

…‘に'『入り込む』,‘を'『貫き通す』

〈液体・においなどが〉…に『しみ込む』,しみ通る

〈思想などが〉…に浸透する

〈真理・真相など〉‘を'見抜く,理解する

(…に)『入り込む』,『しみ込む』,浸透する《+『through(into, to)』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

fare

〈C〉(乗り物の)『料金』,運賃

〈C〉(料金を払って乗る乗客)

〈U〉食物,料理

〈人が〉やっていく

《古・文》《itを主語にして》〈事が〉運ぶ,成り行く

rupee

ルピー(インド・パキスタンなどの貨幣単位)

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

van

有蓋トラック,ほろつきトラック(家具・商品・家畜などの運搬用に使われる)

《英》=boxcar

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

diagnose

〈病気〉‘を'診断する

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

competence

〈U〉能力,適性・〈U〉(法律上の)権限・力量・《まれ》《a~》相当の資産

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

significantly

意味ありげに,意味深長に

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

ophthalmologist

眼科医

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

surgeon

『外科医』

軍医

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

swing

(一定の動きで)…‘を'『振る』,揺り動かす

(一点を軸にして)…‘を'『回転させる』,ぐるりと回す

〈棒など〉‘を'『振り回す』

…‘を'向きを変える

〈物〉‘を'『つるす』,掛ける

《米話》〈取引きなど〉‘を'うまく処理する,思いどおりに操る

(…から別の意見・立場などに)…‘を'変える《+from+名+to+名》

《副詞[句]を伴って》(一定の動きで)『揺れる』,揺れ動く;ぶらんこに乗る

(一点を軸にして)『回転する』,ぐるりと回る

(大きく弧を描くように)(…を)打つ《+at+名》

(…の方に)向きを変える《+on(onto,to,into)+名》

のびのびと調子よく歩く,活動的になる

《話》(…のことで)絞首刑になる《+for+名》

(別の意見・立場などに)変わる《+to(toward)+名(doing)》

《話》〈音楽が〉スイング風である(に演奏する)

〈C〉〈U〉(一定の動きを伴う)揺れ,振動;(ある方向への)揺れ動き《+toward+名》

〈C〉振幅

〈C〉『ぶらんこ』;ぶらんこ遊び

〈U〉《しばしば a~》リズミカルな動き(歩き方)

〈C〉(…を)大きく振ること,打つこと《+of+名》

〈U〉活動の自由

〈U〉スイング(1930‐40年代のジャズのリズム)

〈C〉各国・各大陸を飛び歩く

microscope

『顕微鏡』

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

quadruple

4倍の;4重の;4部(4人)から成る

4倍,4倍の数(量)

4倍になる

…‘を'4倍にする

productivity

生産力,生産性

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

workforce

労働人口,全労働力

recruit

(軍隊・団体などに)〈新兵・新会員など〉‘を'入れる,募る《+『名』+『for』+『名』》

《古》〈健康・元気など〉‘を'回復する

新兵(新会員)を募集する

新兵

新会員,新社員

backbone

〈C〉《the~》《話》背骨(=spine)

〈C〉《the》(…の)最も強力な(重要な)部分,主力《+『of』+『名』》

〈U〉気骨,精神力

routine

『いつもの手順』,『決まりきった仕事』

(喜劇・踊りの)型どおりの演技

(することや,やり方に)変化がないこと,単調

『いつもの』,型どおりの

独創性のない

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

extremely

『極端に』,非常に過度に

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

convey

(…に)…'を'『運ぶ』,運搬する《+『名』+『to』+『名』》

〈思想・意味など〉'を'伝達する

(…に)〈財産など〉'を'正式に譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

complication

〈U〉〈C〉複雑[な状態],粉糾[状態]

〈U〉(…を)複雑にすること《+『of』+『名』》

〈C〉複雑な(やっかいな)事を引き起こすもの・〈C〉併発症, 併発,合併症

United Kingdom

『イギリス連合王国』(英本国のこと;大ブリテンと北アイルランドとの連国王国;公式名は the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland;《略》UK)

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

puzzle

《単数形で》(頭を)『悩ませる物』(『事』,『人』),難問,難物

《しばしば複合語で用いて》(遊び用の)『パズル』,判じ物,なぞ

〈難問が〉〈人〉‘の'頭を悩ませる;(…について)〈頭〉をひねって考える《+『名』+『about』(『over』)+『名』》

(…に)頭を悩ませる,(…を)頭をひねって考える《+『about』(『as to, over』)+『名』》

especially

『特に』,特別に;きわだって

ca

circa

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

inefficiency

むだ,無能

surplus

余り,余剰

剰余金

余った,過剰の

expenditure

〈U〉(…に対する時・金・労力などの)『消費』,『支出』《+『of』+『名』+『on』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に)消費(支出)されたもり,(…の)『費用』,経費《+『on』(『for』)+『名』》

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

revenue

〈U〉(国の)『歳入』

《複数形で》(財産・投資などからの)収入,所得

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

margin

『へり』,『縁』,端(edge)

(ページの)『余白』,欄外

(可能の)限界,限度

(空間・時間・経費・活動などの)余裕,余地

利ざや,マージン,販売利益

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

consumable

消費できる,消耗しうる

systematically

系統的に,体系的に,組織的に

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

backyard

裏庭

家の後ろの

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

output

生産高

(コンピューターなどの)アウトプット,出力

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

recovery

〈U〉(…を)『取り戻すこと』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…からの…の)『回復』《+『of』+『名』+『from』+『名』》

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

negotiate

(人と)〈物事〉‘を'『取り決める』,『協定する』《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

〈小切手・手形・証券など〉‘を'売却する,換金する

《話》〈障害・因難〉‘を'うまく乗り越える,切り抜ける

(人と物事について)取り決める,協定する《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

relevance

適切

(…に対する)関連性《+『to』+『名』》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

comparable

比較できる,類以点がある;(…と)比較できる《+『with』(『to』)+『名』》

匹敵する,肩を並べられる;(…に)匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

apple

『リンゴ』;リンゴの木

laughter

『笑い』,笑い声

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

regulation

〈C〉『規則』,『規定』;法規,条例

〈U〉(…の)『規制』,『調整』《+『of』+『名』》

正規の,規定どおりの

defensive

防御の,守備の

弁護の

防御,守勢

decode

…‘の'暗号(code)を解く

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

rating

〈C〉〈U〉(品質・技量などによる)格づけ,評価

〈C〉(個人・会社の経済的な)信用度

〈C〉(トン・馬力による)(船舶・車)の等級

〈C〉(テレビ・ラジオの)視聴率

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

economic

『経済の』

『経済学の』

strata

stratumの複数形

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

paradigm

範例,規範

語形変化表

dentistry

歯科学,歯学

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

maternity

母であること;母性;母らしさ

産婦の[ための],出産の

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

soft

(押されて形を変えるほど)『柔らかい』

(木材・金属などが,同種の中で比較的)『柔らかい』

(斤ざわりの)なめらかな,すべすべした

(声・音が)穏やかな,低い,静かな

(見た目に)どぎつくない,落ち着いた

(天候・気候が)穏やかな,温和な

(心・言動が)優しい,もの柔らかな

(体または精神などが)軟弱な,虚弱な

(市況・相場が)弱気の,下がり気味の

(水が)軟性の

(水音が)軟音の

アルコール分を含まない

柔らかに

静かに

compassion

(…に対する)あわれみ,深い同情(sympathy)《+『on』(『for』)+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

関連動画