TED日本語 - アンソニー・アタラ: 臓器の培養

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アンソニー・アタラの最先端技術を駆使した研究所では筋肉、血管、膀胱を始め様々な人間の臓器が培養されています。TEDMEDでアタラ医師は生体工学の研究者たちと取り組んでいる様子を紹介します。摂氏37度に予熱されるオーブンのようなバイオリアクタ―や人間の組織をプリントする機械など、どれもSF小説の中から飛び出して来たような発明ばかりです。

Script

これはハーバード大学医学部の 図書館に飾ってある絵画です 初めての臓器移植の様子が描かれています ジョー・ミュレーの様子が伺えます そして 後ろの部屋には ハーバードの泌尿器科科長である ハートウェル・ハリソンが腎臓を 摘出している様子が描かれています 実に腎臓こそが人間に移植された 最初の臓器なのです

それは1954年のことでした 55年も前の話です 我々は何十年も経った今も 同じ難題に挑戦しています もちろん たくさんの医学的進歩があり たくさんの命が救われました しかし 私たちは重大な臓器の不足に直面しています 臓器移植の順番を待つ患者は ここ十年で2倍に増えています その一方で臓器移植の 手術数はほとんど増えていません これは高齢化が関っているためで 寿命が延びているからです 医学の進歩によって 私たちは長生きできているのです しかし 私たちが年を重ねるとともに 私たちの臓器は衰えてゆくのです

これは私たちに課せられた難題です 臓器だけではなく組織も衰えて行きます 膵臓の移植や パーキンソン病を和らげるための神経の移植に挑戦しています これらには重大な問題が伴います 驚くべき統計データがあるのですが 30秒に1人の割合で 体の一部を再生させたり 移植をすれば助かる患者が亡くなっているのです では私たちに何ができるのでしょうか? 今晩は幹細胞についてお話しています それこそ私たちが取るべき手段なのです しかし 幹細胞治療を臨床応用するには 長い道のりがあります

私たちの体を再生させられたら素晴らしいと思いませんか? もし 私たち自身の体の力を活用して 回復させることが実際にできたら素晴らしいと思いませんか? これは日常からかけ離れた概念なのではなく 実は地球上で日々起こっていることなのです これはサンショウウオの写真です サンショウウオはこのように驚くべき再生能力を持っています ビデオでご覧になっているのは 損傷したサンショウウオの足です 実際に サンショウウオの足が 数日のうちに再生する様子を 時間を追って撮影した写真です 瘢痕ができているのが見えますね 瘢痕の部分から 新たな足が伸びてきます

サンショウウオにはこのような事が出来るのです なぜ人間は再生機能がないのかと思うでしょうが 我々も再生する力をもっています 皆さんの体にはたくさん臓器があり それぞれの臓器には 傷ついたときに働きだす 細胞群が備わっており 休みなく働いています 皆さんが年をとるにつれて 皆さんの骨は10年ごとに再生されています 皆さんの皮膚も2週間ごとに再生されています 皆さんの体は常に再生され続けているのです 体が傷ついたとき その再生の挑戦が始まるのです 怪我をしたり 病気になると まず体は傷や病気が ほかの部分に広がらないように封じ込めようとします 体の他の部分へ感染が広がらないよう 封じ込めようとします それは臓器であれ皮膚であれ 最初の反応は外部と遮断するために 瘢痕組織がつくられます ではこの傷を封じ込めようとする力を

利用する方法はあるのでしょうか? 現に 高性能な生体材料を用いて 実用化されているのがその一つです どのように役立つのか見てみましょう 左の写真は損傷した尿道です これが膀胱から体の外につながる管です このように傷ついています まず その高性能な生体材料を 橋(ブリッジ)のように利用できることを発見しました ブリッジをつくり 外部の環境から封じ込めることができれば 体内で再生させた細胞に ブリッジを渡らせて 尿道をたどらせることが できるのです

これがその様子です これが 私たちが実際にこの患者の治療に用いた 高性能の生体材料です 左に見えるのは損傷した尿道です 中央に示している生体材料を用いました そして 6ヶ月後・・・右に見えるのが 再生された尿道です 短い間隔に限ってだけですが 私たちの体は再生できるのです 1cmまでしか 再生できないと言われています 高性能生体材料でも 1cmまでしか カバーできないのです

私たちは短い間隔であれば再生することができるのです より大きな臓器が損傷した場合 どうすれば良いのでしょうか 組織の損傷が 1cm以上の場合 どうすれば良いのでしょうか? このような時には細胞の出番です ここで取る戦略は次のようなものです 患者が臓器に問題を抱えて来院します その患者の臓器から一部を採取します 切手の半分以下の大きさです そして組織を細かく切って 基本的な成分を観察し 患者の細胞を 取り出して 患者の体外で培養させます そしてここで 臓器の骨組みとなる物質を用いるのです

裸眼では洋服の切れ端のように見えますが 実はこの物質は きわめて複雑で 体内に入ると分解されてしまいます 数カ月後には分解されてしまいます つまり 細胞を適切な場所に行き渡らせるためのみ働くのです 体内に細胞を運んで 新しい組織を再生できるようにします そして組織が再生されると骨組みは消えてしまいます

筋肉に施した方法をお見せします これは筋組織の一部と その構造のつくり方を示しています 細胞を取り出し増やした後に 細胞を骨組みに乗せ その骨組みを患者の体に戻します しかし その骨組みを患者の体に戻す前に できたての筋肉に運動をさせるのです 筋組織が患者の体内で 本来の動きができるように 運動させておくのです その運動がこれです 筋肉バイオリアクターが 筋肉を前後に運動させている様子をご覧いただいています

この平らな組織が 筋肉です それでは他の組織ではどうでしょうか? これは再生医療によってつくられた人工血管です 尿道をつくる工程と似ていますが もう少し複雑です まず骨組みを準備します 骨組みはまるで一枚の紙のようです それを筒状にして 血管も同じ方法でつくります 血管は2種類の細胞で構成されています 筋肉の細胞を取り出し 年輪のように重なるケーキを焼くように 筒の外側に筋細胞を

貼りつけていきます 内側には血管内皮細胞を配置します 細胞が植え付けられた骨組みを オーブンのような装置に入れます 人間の体内環境と同じで 摂氏37度 酸素95%にしてあります 先ほどのビデオのように 血管を動かします

右にみえるのは人工頸動脈です 頸動脈は首から脳につながる動脈です このレントゲン写真では きちんと機能している血管が見えます 血管や尿道などは もっと複雑な組織です なぜなら2種の異なる細胞を 導入することになるからです しかし 実際にこれらは導管としての役割を果たしています 液体か空気が 一定の状態で流れるようになっているのです 管状の組織は 空洞の臓器ほど複雑ではありません 空洞の臓器は状況に応じて機能するからです

膀胱もそのような臓器のひとつです 同様に膀胱から切手の半分以下の 大きさを切り取り その組織を分けて 筋肉と膀胱に特化した 二つの細胞成分に分類します 体外で細胞を大量に増やします 臓器から取り出した細胞は約4週間で培養できます そして骨組みを膀胱のような形に整えます 膀胱の内面を内側用の細胞で覆います そして外側を筋肉の細胞で覆います そしてオーブンのような装置へ戻します 組織の一部を採取してから6~8週間後に 臓器を患者の体に戻す事ができます

これは実際に骨組みを表したものです この物質は細胞で覆ってあります 臨床実験を最初に行った時は 各患者に合わせた骨組みを作りました 手術の6~8週間前に 患者に来てもらい レントゲン撮影の後 患者の骨盤腔の大きさにあった 骨組みを特別につくりました そして臨床試験の第2期には 小 中 大 特大サイズで骨組みをつくりました (聴衆より笑い) 本当です 皆さんは特大がいいんでしょう? (聴衆より笑い)

膀胱は明らかに他の組織よりも 少々複雑なのです さらに複雑な空洞の臓器もあります これは私たちが再生医療でつくった人工心臓弁です 心臓弁の作り方は同様の方法です 骨組みに細胞をのせます ご覧のとおり 弁が開いたり閉じたりしています 同じ方法を用いて移植の前に これらの臓器に運動をさせます

そして最も複雑なのは固形臓器です 固形臓器がより複雑なのは 1cmあたりに必要な細胞が数段に多いからです 例えば 耳です 軟骨細胞をのせているところです 細胞で覆った後は オーブンのような装置に 入れます そして数週間後 軟骨の骨組みを取り外す事ができます

指をつくっているところです これは一層 一層 積み重ねられています 最初に骨 そして隙間を軟骨でふさぎ 筋肉を上にのせて 固形組織の層を積み重ねます 繰り返しますが かなり複雑な臓器です しかし 他とは比べ物にならない複雑な固形臓器は 血管が多い臓器です 血管が多いのは 心臓 肝臓 そして腎臓などの 臓器です 固形臓器をつくる方法はいくつかありますが これはその一例です

私たちはプリンターを使います インクを使うのではなく 細胞を使います これは普通のプリンターです これは実は心臓の二つの小室を 一層ずつプリントしているのです ご覧になっているのは心臓で 約40分で印刷が終了し 4時間から6時間後には 筋肉が収縮し始めます (拍手) 私達の研究所にいたタオ・ジュ氏が開発した技術です この技術は 試験的なもので まだ患者に使用できる段階ではありません

また 脱細胞化した臓器も 使用しました ドナー提供された臓器を用いて 刺激の少ない洗浄剤で すべての細胞成分を これらの臓器から取り出します 左手のパネルと 上のパネルは肝臓です ドナー提供された肝臓を 洗浄します 刺激の少ない洗浄剤で すべての細胞を 肝臓から取り出すのです

2週間後にはこの臓器を持ち上げる事ができます 見た目も感触も 本物の肝臓のようですが 細胞はありません 肝臓を取り除くと コラーゲン製の骨組みが残ります コラーゲンは拒絶反応を 起こすことがありません これは何人もの患者に使用できます そしてこの血管組織を取り出し 血管の供給の維持を証明できます

これはフローラスコピーです ご覧になっているのは 造影剤を脱細胞化した肝臓に 注入しているところです 無傷のままの血管樹が見えます そこで 木のように枝分かれした血管に 患者自身の細胞を行き渡らせます 肝臓の外側に 患者自身の肝臓の細胞を 一面に散布します 肝臓を機能させるようにします ご覧になっているのが それです まだ試験段階ですが肝臓機能の再生を 成功させています

腎臓に話を移します 講演の最初にお見せした絵でも 腎臓移植をしていましたが 臓器移植が必要な患者の90%は 腎臓移植が必要な方たちです 私たちが試みているもう一つの方法は ウェハーをつくり それをアコーディオンのように積み重ねる方法です 腎臓の細胞を使ってウェハーを重ねます これは私たちがつくった小さな腎臓です これらは実は尿をつくり出しているのです 小さな組織をどうやって大きくするかという難題に 今 私達の研究所で 取り組んでいます 皆さんにお話ししたかった事のひとつは 再生医療が取ろうとしている戦略です

もし可能ならば 既製の高性能な生体材料を使って 患者の臓器を 再生させたいと思っています 再生できる幅は限られていますが 目標は その大きさを広げていくことです 高性能な生体材料の使用がだめなら 自分の細胞を使うことです

拒絶反応を起こさないからです 皆さんから細胞を取り出し組織をつくり出す そして それをそのまま皆さんに返すそうすれば拒絶反応は起きません もし可能なら 特定の臓器の細胞が好ましいのです 気管に問題がある場合は 気管の細胞を取り出します 膵臓に問題がある場合は 膵臓の細胞を取り出すわけです

理由は 採取する細胞は 自らが何の細胞なのか わかっているからです 気管の細胞は自身が気管の細胞だとわかっているので どんな細胞になるのか教える必要がありません よって特定の臓器の細胞がいいのです 今では 大半の臓器から細胞を得ることができますが 心臓 肝臓 神経 膵臓などがその例外で それらには依然として 幹細胞が必要です もし患者自身の幹細胞を使えない場合は ドナーの幹細胞を使います 拒絶反応を起こさず 腫瘍を形成しない細胞を選びます

そのような特性をもっているのは 2年前に発表した幹細胞です その幹細胞とは 羊水や胎盤から採取でき 私たちはその研究に取り組んでいます いくつかの難題についてお話したいと思います 紹介した技術は順調に見えますが 現実の答えはノーなのです それほど簡単ではありません 今日 紹介した内容の一部は 我々の研究所で700人以上の研究者が 20年の年月を経て 成し遂げたものです

とても難しい技術であって 正しい方式を見出すまで 道のりは長いのです ぜひこの漫画を見てください 暴走した馬車の阻止の仕方です 馬車の御者が上の絵では 馬の背をたどって 先頭の馬まで進んでいき 最後に暴走した馬車を阻止します 科学者なら そうするでしょう 下にいるのは通常 外科医です (聴衆より笑い) 外科医の私には面白くありません (聴衆より笑い)

しかし 実は上の方法が正しい取り組み方なのです それが意味するのは このような技術を 病院で患者に着手する時は どんな時でも絶対に研究室でやれる事の すべてをやってからにするよう 徹底しています また これらの技術を患者に施す前に 自らにとても難しい問いかけをするように徹底しています 自分の大切な人に この臓器移植をしても差し支えないかを問い その答えがイエスなら事を進めます なぜなら第一の目標は 危害を与えないことだからです

では とても短いのですが 培養した臓器の移植を受けた患者の ビデオをお見せします このような組織の移植は 14年以上前に始めました ですからこのような人工臓器を抱えて 10年以上元気に歩きまわっている患者がいるというわけです これからお見せする若い女性患者は 脊髄異常が原因の二分脊髄症で苦しんでいました 彼女の膀胱は正常ではなかった これはCNNニュースからのひとコマです 5秒間だけお時間頂きます これはサンジェイ・グプタが実際に携わったひとコマです

幸せです 私はいつも事故か何かで どうかなることを恐れていました でも 今は友達と 外へ繰り出し やりたい事ができるのです

結局のところ 再生医療の将来性が 唯一の希望なのです 本当にとても簡単ですが それだけで患者に勇気を与える事ができるのです ご清聴ありがとうございました (拍手)

This is actually a painting that hangs at the Countway Library at Harvard Medical School. And it shows the first time an organ was ever transplanted. In the front, you see, actually, Joe Murray getting the patient ready for the transplant, while in the back room you see Hartwell Harrison, the Chief of Urology at Harvard, actually harvesting the kidney. The kidney was indeed the first organ ever to be transplanted to the human.

That was back in 1954,55 years ago. Yet we're still dealing with a lot of the same challenges as many decades ago. Certainly many advances, many lives saved. But we have a major shortage of organs. In the last decade the number of patients waiting for a transplant has doubled. While, at the same time, the actual number of transplants has remained almost entirely flat. That really has to do with our aging population. We're just getting older. Medicine is doing a better job of keeping us alive. But as we age, our organs tend to fail more.

So, that's a challenge, not just for organs but also for tissues. Trying to replace pancreas, trying to replace nerves that can help us with Parkinson's. These are major issues. This is actually a very stunning statistic. Every 30 seconds a patient dies from diseases that could be treated with tissue regeneration or replacement. So, what can we do about it? We've talked about stem cells tonight. That's a way to do it. But still ways to go to get stem cells into patients, in terms of actual therapies for organs.

Wouldn't it be great if our bodies could regenerate? Wouldn't it be great if we could actually harness the power of our bodies, to actually heal ourselves? It's not really that foreign of a concept, actually; it happens on the Earth every day. This is actually a picture of a salamander. Salamanders have this amazing capacity to regenerate. You see here a little video. This is actually a limb injury in this salamander. And this is actually real photography, timed photography, showing how that limb regenerates in a period of days. You see the scar form. And that scar actually grows out a new limb.

So, salamanders can do it. Why can't we? Why can't humans regenerate? Actually, we can regenerate. Your body has many organs and every single organ in your body has a cell population that's ready to take over at the time of injury. It happens every day. As you age, as you get older. Your bones regenerate every 10 years. Your skin regenerates every two weeks. So, your body is constantly regenerating. The challenge occurs when there is an injury. At the time of injury or disease, the body's first reaction is to seal itself off from the rest of the body. It basically wants to fight off infection, and seal itself, whether it's organs inside your body, or your skin, the first reaction is for scar tissue to move in, to seal itself off from the outside.

So, how can we harness that power? One of the ways that we do that is actually by using smart biomaterials. How does this work? Well, on the left side here you see a urethra which was injured. This is the channel that connects the bladder to the outside of the body. And you see that it is injured. We basically found out that you can use these smart biomaterials that you can actually use as a bridge. If you build that bridge, and you close off from the outside environment, then you can create that bridge, and cells that regenerate in your body, can then cross that bridge, and take that path.

That's exactly what you see here. It's actually a smart biomaterial that we used, to actually treat this patient. This was an injured urethra on the left side. We used that biomaterial in the middle. And then,six months later on the right-hand side you see this reengineered urethra. Turns out your body can regenerate, but only for small distances. The maximum efficient distance for regeneration is only about one centimeter. So, we can use these smart biomaterials but only for about one centimeter to bridge those gaps.

So, we do regenerate, but for limited distances. What do we do now, if you have injury for larger organs? What do we do when we have injuries for structures which are much larger than one centimeter? Then we can start to use cells. The strategy here, is if a patient comes in to us with a diseased or injured organ, you can take a very small piece of tissue from that organ, less than half the size of a postage stamp, you can then tease that tissue apart, and look at its basic components, the patient's own cells, you take those cells out, grow and expand those cells outside the body in large quantities, and then we then use scaffold materials.

To the naked eye they look like a piece of your blouse, or your shirt, but actually these materials are fairly complex and they are designed to degrade once inside the body. It disintegrates a few months later. It's acting only as a cell delivery vehicle. It's bringing the cells into the body. It's allowing the cells to regenerate new tissue, and once the tissue is regenerated the scaffold goes away.

And that's what we did for this piece of muscle. This is actually showing a piece of muscle and how we go through the structures to actually engineer the muscle. We take the cells, we expand them, we place the cells on the scaffold, and we then place the scaffold back into the patient. But actually, before placing the scaffold into the patient, we actually exercise it. We want to make sure that we condition this muscle, so that it knows what to do once we put it into the patient. That's what you're seeing here. You're seeing this muscle bio-reactor actually exercising the muscle back and forth.

Okay. These are flat structures that we see here, the muscle. What about other structures? This is actually an engineered blood vessel. Very similar to what we just did, but a little bit more complex. Here we take a scaffold, and we basically -- scaffold can be like a piece of paper here. And we can then tubularize this scaffold. And what we do is we, to make a blood vessel, same strategy. A blood vessel is made up of two different cell types. We take muscle cells, we paste, or coat the outside with these muscle cells, very much like baking a layer cake, if you will.

You place the muscle cells on the outside. You place the vascular blood vessel lining cells on the inside. You now have your fully seeded scaffold. You're going to place this in an oven-like device. It has the same conditions as a human body,37 degrees centigrade,95 percent oxygen. You then exercise it, as what you saw on that tape.

And on the right you actually see a carotid artery that was engineered. This is actually the artery that goes from your neck to your brain. And this is an X-ray showing you the patent, functional blood vessel. More complex structures such as blood vessels, urethras, which I showed you, they're definitely more complex because you're introducing two different cell types. But they are really acting mostly as conduits. You're allowing fluid or air to go through at steady states. They are not nearly as complex as hollow organs. Hollow organs have a much higher degree of complexity, because you're asking these organs to act on demand.

So, the bladder is one such organ. Same strategy, we take a very small piece of the bladder, less than half the size of a postage stamp. We then tease the tissue apart into its two individual cell components, muscle, and these bladder specialized cells. We grow the cells outside the body in large quantities. It takes about four weeks to grow these cells from the organ. We then take a scaffold that we shape like a bladder. We coat the inside with these bladder lining cells. We coat the outside with these muscle cells. We place it back into this oven-like device. From the time you take that piece of tissue,six to eight weeks later you can put the organ right back into the patient.

This actually shows the scaffold. The material is actually being coated with the cells. When we did the first clinical trial for these patients we actually created the scaffold specifically for each patient. We brought patients in,six to eight weeks prior to their scheduled surgery, did X-rays, and we then composed a scaffold specifically for that patient's size pelvic cavity. For the second phase of the trials we just had different sizes, small, medium, large and extra-large. (Laughter) It's true. And I'm sure everyone here wanted an extra-large. Right? (Laughter)

So, bladders are definitely a little bit more complex than the other structures. But there are other hollow organs that have added complexity to it. This is actually a heart valve, which we engineered. And the way you engineer this heart valve is the same strategy. We take the scaffold, we seed it with cells, and you can now see here, the valve leaflets opening and closing. We exercise these prior to implantation. Same strategy.

And then the most complex are the solid organs. For solid organs, they're more complex because you're using a lot more cells per centimeter. This is actually a simple solid organ like the ear. It's now being seeded with cartilage. That's the oven-like device; once it's coated it gets placed there. And then a few weeks later we can take out the cartilage scaffold.

This is actually digits that we're engineering. These are being layered,one layer at a time, first the bone, we fill in the gaps with cartilage. We then start adding the muscle on top. And you start layering these solid structures. Again, fairly more complex organs, but by far, the most complex solid organs are actually the vascularized, highly vascularized, a lot of blood vessel supply, organs such as the heart, the liver, the kidneys. This is actually an example -- several strategies to engineer solid organs.

This is actually one of the strategies. We use a printer. And instead of using ink, we use -- you just saw an inkjet cartridge -- we just use cells. This is actually your typical desktop printer. It's actually printing this two chamber heart,one layer at a time. You see the heart coming out there. It takes about 40 minutes to print, and about four to six hours later you see the muscle cells contract. (Applause) This technology was developed by Tao Ju, who worked at our institute. And this is actually still, of course, experimental, not for use in patients.

Another strategy that we have followed is actually to use decellularized organs. We actually take donor organs, organs that are discarded, and we then can use very mild detergents to take all the cell elements out of these organs. So, for example on the left panel, top panel, you see a liver. We actually take the donor liver, we use very mild detergents, and we, by using these mild detergents, we take all the cells out of the liver.

Two weeks later, we basically can lift this organ up, it feels like a liver, we can hold it like a liver, it looks like a liver, but it has no cells. All we are left with is the skeleton, if you will, of the liver, all made up of collagen, a material that's in our bodies, that will not reject. We can use it from one patient to the next. We then take this vascular structure and we can prove that we retain the blood vessel supply.

You can see, actually that's a fluoroscopy. We're actually injecting contrast into the organ. Now you can see it start. We're injecting the contrast into the organ into this decellularized liver. And you can see the vascular tree that remains intact. We then take the cells, the vascular cells, blood vessel cells, we perfuse the vascular tree with the patient's own cells. We perfuse the outside of the liver with the patient's own liver cells. And we can then create functional livers. And that's actually what you're seeing. This is still experimental. But we are able to actually reproduce the functionality of the liver structure, experimentally.

For the kidney, as I talked to you about the first painting that you saw, the first slide I showed you,90 percent of the patients on the transplant wait list are waiting for a kidney,90 percent. So, another strategy we're following is actually to create wafers that we stack together, like an accordion, if you will. So, we stack these wafers together, using the kidney cells. And then you can see these miniature kidneys that we've engineered. They are actually making urine. Again, small structures, our challenge is how to make them larger, and that is something we're working on right now at the institute. One of the things that I wanted to summarize for you then is what is a strategy that we're going for in regenerative medicine.

If at all possible, we really would like to use smart biomaterials that we can just take off the shelf and regenerate your organs. We are limited with distances right now, but our goal is actually to increase those distances over time. If we can not use smart biomaterials, then we'd rather use your very own cells.

Why? Because they will not reject. We can take cells from you, create the structure, put it right back into you, they will not reject. And if possible, we'd rather use the cells from your very specific organ. If you present with a diseased wind pipe we'd like to take cells from your windpipe. If you present with a diseased pancreas we'd like to take cells from that organ.

Why? Because we'd rather take those cells which already know that those are the cell types you want. A windpipe cell already knows it's a windpipe cell. We don't need to teach it to become another cell type. So, we prefer organ-specific cells. And today we can obtain cells from most every organ in your body, except for several which we still need stem cells for, like heart, liver, nerve and pancreas. And for those we still need stem cells. If we can not use stem cells from your body then we'd like to use donor stem cells. And we prefer cells that will not reject and will not form tumors.

And we're working a lot with the stem cells that we published on two years ago, stem cells from the amniotic fluid, and the placenta, which have those properties. So, at this point, I do want to tell you that some of the major challenges we have. You know, I just showed you this presentation, everything looks so good, everything works. Actually no, these technologies really are not that easy. Some of the work you saw today was performed by over 700 researchers at our institute across a 20-year time span.

So, these are very tough technologies. Once you get the formula right you can replicate it. But it takes a lot to get there. So, I always like to show this cartoon. This is how to stop a runaway stage. And there you see the stagecoach driver, and he goes, on the top panel, He goes A, B, C, D, E, F. He finally stops the runaway stage. And those are usually the basic scientists, The bottom is usually the surgeons. (Laughter) I'm a surgeon so that's not that funny. (Laughter)

But actually method A is the correct approach. And what I mean by that is that anytime we've launched one of these technologies to the clinic, we've made absolutely sure that we do everything we can in the laboratory before we ever launch these technologies to patients. And when we launch these technologies to patients we want to make sure that we ask ourselves a very tough question. Are you ready to place this in your own loved one, your own child, your own family member, and then we proceed. Because our main goal, of course, is first, to do no harm.

I'm going to show you now, a very short clip, It's a five second clip of a patient who received one of the engineered organs. We started implanting some of these structures over 14 years ago. So, we have patients now walking around with organs, engineered organs, for over 10 years, as well. I'm going to show a clip of one young lady. She had a spina bifida defect, a spinal cord abnormality. She did not have a normal bladder. This is a segment from CNN. We are just taking five seconds. This is a segment that Sanjay Gupta actually took care of.

Video: Kaitlyn M: I'm happy. I was always afraid that I was going to have like, an accident or something. And now I can just go and go out with my friends, go do whatever I want.

Anthony Atala: See, at the end of the day, the promise of regenerative medicine is a single promise. And that is really very simple, to make our patients better. Thank you for your attention. (Applause)

This is actually a painting/ that hangs at the Countway Library/ at Harvard Medical School.//

これはハーバード大学医学部の 図書館に飾ってある絵画です

And it shows the first time/ an organ was ever transplanted.//

初めての臓器移植の様子が描かれています

In the front,/ you see,/ actually,/ Joe Murray/ getting the patient ready/ for the transplant,/ while in the back room/ you see Hartwell Harrison,/ the Chief of Urology/ at Harvard,/ actually/ harvesting the kidney.//

ジョー・ミュレーの様子が伺えます そして 後ろの部屋には ハーバードの泌尿器科科長である ハートウェル・ハリソンが腎臓を 摘出している様子が描かれています

The kidney was indeed the first organ ever/ to be transplanted to the human.//

実に腎臓こそが人間に移植された 最初の臓器なのです

That was back in 1954,55 years ago.//

それは1954年のことでした 55年も前の話です

Yet we're still dealing/ with a lot of the same challenges/ as many decades ago.//

我々は何十年も経った今も 同じ難題に挑戦しています

Certainly/ many advances,/ many lives saved.//

もちろん たくさんの医学的進歩があり たくさんの命が救われました

But we have a major shortage of organs.//

しかし 私たちは重大な臓器の不足に直面しています

In the last decade/ the number of patients/ waiting for a transplant has doubled.//

臓器移植の順番を待つ患者は ここ十年で2倍に増えています

While,/ at the same time,/ the actual number of transplants has remained/ almost entirely flat.//

その一方で臓器移植の 手術数はほとんど増えていません

That really has to do/ with our aging population.//

これは高齢化が関っているためで

We're just getting/ older.//

寿命が延びているからです

Medicine is doing a better job of keeping us alive.//

医学の進歩によって 私たちは長生きできているのです

But/ as we age,/ our organs tend to fail/ more.//

しかし 私たちが年を重ねるとともに 私たちの臓器は衰えてゆくのです

So,/ that's a challenge,/ not just/ for organs/ but also/ for tissues.//

これは私たちに課せられた難題です 臓器だけではなく組織も衰えて行きます

Trying to replace pancreas,/ trying to replace nerves/ that can help us/ with Parkinson's.//

膵臓の移植や パーキンソン病を和らげるための神経の移植に挑戦しています

These are major issues.//

これらには重大な問題が伴います

This is actually a very stunning statistic.//

驚くべき統計データがあるのですが

Every 30 seconds/ a patient dies from diseases/ that could be treated with tissue regeneration or replacement.//

30秒に1人の割合で 体の一部を再生させたり 移植をすれば助かる患者が亡くなっているのです

So,/ what can we do about it?//

では私たちに何ができるのでしょうか?

We've talked about stem cells tonight.//

今晩は幹細胞についてお話しています

That's a way/ to do it.//

それこそ私たちが取るべき手段なのです

But still/ ways to go to get stem cells/ into patients,/ in terms of actual therapies/ for organs.//

しかし 幹細胞治療を臨床応用するには 長い道のりがあります

Wouldn't it be great/ if our bodies could regenerate?//

私たちの体を再生させられたら素晴らしいと思いませんか?

Wouldn't it be great/ if we could actually harness the power of our bodies,/ to actually heal ourselves?//

もし 私たち自身の体の力を活用して 回復させることが実際にできたら素晴らしいと思いませんか?

It's not really/ that foreign of a concept,/ actually;/ it happens on the Earth/ every day.//

これは日常からかけ離れた概念なのではなく 実は地球上で日々起こっていることなのです

This is actually a picture of a salamander.//

これはサンショウウオの写真です

サンショウウオはこのように驚くべき再生能力を持っています

You see here/ a little video.//

ビデオでご覧になっているのは

This is actually a limb injury/ in this salamander.//

損傷したサンショウウオの足です

And this is actually real photography,/ timed photography,/ showing/ how that limb regenerates in a period of days.//

実際に サンショウウオの足が 数日のうちに再生する様子を 時間を追って撮影した写真です

You see the scar form.//

瘢痕ができているのが見えますね

And/ that scar actually grows out/ a new limb.//

瘢痕の部分から 新たな足が伸びてきます

So,/ salamanders can do it.//

サンショウウオにはこのような事が出来るのです

Why can't we?// Why can't humans regenerate?//

なぜ人間は再生機能がないのかと思うでしょうが

我々も再生する力をもっています

Your body has many organs/ and every single organ/ in your body has a cell population/ that's ready/ to take over/ at the time of injury.// It happens every day.//

皆さんの体にはたくさん臓器があり それぞれの臓器には 傷ついたときに働きだす 細胞群が備わっており 休みなく働いています

As you age,/ as you get older.//

皆さんが年をとるにつれて

Your bones regenerate every 10 years.//

皆さんの骨は10年ごとに再生されています

Your skin regenerates every two weeks.//

皆さんの皮膚も2週間ごとに再生されています

So,/ your body is constantly regenerating.//

皆さんの体は常に再生され続けているのです

The challenge occurs/ when there is an injury.//

体が傷ついたとき その再生の挑戦が始まるのです

At the time of injury or disease,/ the body's first reaction is to seal itself off/ from the rest of the body.//

怪我をしたり 病気になると まず体は傷や病気が ほかの部分に広がらないように封じ込めようとします

It basically wants to fight off/ infection,/ and seal itself,/ whether it's organs/ inside your body,/ or your skin,/ the first reaction is for scar tissue/ to move in,/ to seal itself off/ from the outside.//

体の他の部分へ感染が広がらないよう 封じ込めようとします それは臓器であれ皮膚であれ 最初の反応は外部と遮断するために 瘢痕組織がつくられます ではこの傷を封じ込めようとする力を

So,/ how can we harness that power?//

利用する方法はあるのでしょうか?

One of the ways/ that we do/ that is actually by using smart biomaterials.//

現に 高性能な生体材料を用いて 実用化されているのがその一つです

How does this work?// Well,/ on the left side here/ you see a urethra/ which was injured.//

どのように役立つのか見てみましょう 左の写真は損傷した尿道です

This is the channel/ that connects the bladder/ to the outside of the body.//

これが膀胱から体の外につながる管です

And you see/ that it is injured.//

このように傷ついています

We basically found out/ that you can use these smart biomaterials/ that you can actually use as a bridge.//

まず その高性能な生体材料を 橋(ブリッジ)のように利用できることを発見しました

If you build/ that bridge,/ and you close off/ from the outside environment,/ then/ you can create that bridge,/ and cells/ that regenerate in your body,/ can then cross that bridge,/ and take that path.//

ブリッジをつくり 外部の環境から封じ込めることができれば 体内で再生させた細胞に ブリッジを渡らせて 尿道をたどらせることが できるのです

That's exactly/ what you see here.//

これがその様子です

It's actually/ a smart biomaterial/ that we used,/ to actually treat this patient.//

これが 私たちが実際にこの患者の治療に用いた 高性能の生体材料です

This was an injured urethra/ on the left side.//

左に見えるのは損傷した尿道です

We used/ that biomaterial/ in the middle.//

中央に示している生体材料を用いました

And then,/six months later/ on the right-hand side/ you see this reengineered urethra.//

そして 6ヶ月後・・・右に見えるのが 再生された尿道です

Turns out/ your body can regenerate,/ but only/ for small distances.//

短い間隔に限ってだけですが 私たちの体は再生できるのです

The maximum efficient distance/ for regeneration is only about one centimeter.//

1cmまでしか 再生できないと言われています

So,/ we can use these smart biomaterials/ but only/ for about one centimeter/ to bridge those gaps.//

高性能生体材料でも 1cmまでしか カバーできないのです

So,/ we do regenerate,/ but for limited distances.//

私たちは短い間隔であれば再生することができるのです

What do we do now,/ if you have injury/ for larger organs?//

より大きな臓器が損傷した場合 どうすれば良いのでしょうか

What do we do/ when we have injuries/ for structures/ which are much larger than one centimeter?//

組織の損傷が 1cm以上の場合 どうすれば良いのでしょうか?

Then/ we can start to use/ cells.//

このような時には細胞の出番です

The strategy here,/ is/ if a patient comes in to us/ with a diseased or injured organ,/ you can take a very small piece of tissue/ from that organ,/ less than half the size of a postage stamp,/ you can then tease that tissue apart,/ and look at its basic components,/ the patient's own cells,/ you take those cells out,/ grow and expand those cells/ outside the body/ in large quantities,/ and then/ we then use scaffold/ materials.//

ここで取る戦略は次のようなものです 患者が臓器に問題を抱えて来院します その患者の臓器から一部を採取します 切手の半分以下の大きさです そして組織を細かく切って 基本的な成分を観察し 患者の細胞を 取り出して 患者の体外で培養させます そしてここで 臓器の骨組みとなる物質を用いるのです

To the naked eye/ they look like a piece of your blouse,/ or your shirt,/ but actually/ these materials are fairly complex/ and they are designed to degrade once/ inside the body.//

裸眼では洋服の切れ端のように見えますが 実はこの物質は きわめて複雑で 体内に入ると分解されてしまいます

It disintegrates a few months later.//

数カ月後には分解されてしまいます

It's acting only/ as a cell delivery vehicle.//

つまり 細胞を適切な場所に行き渡らせるためのみ働くのです

It's bringing the cells/ into the body.// It's allowing the cells/ to regenerate new tissue,/ and once/ the tissue is regenerated the scaffold goes away.//

体内に細胞を運んで 新しい組織を再生できるようにします そして組織が再生されると骨組みは消えてしまいます

And that's/ what we did for this piece of muscle.//

筋肉に施した方法をお見せします

This is actually showing a piece of muscle/ and how we go through the structures/ to actually engineer the muscle.//

これは筋組織の一部と その構造のつくり方を示しています

We take the cells,/ we expand them,/ we place the cells/ on the scaffold,/ and we then place the scaffold back/ into the patient.//

細胞を取り出し増やした後に 細胞を骨組みに乗せ その骨組みを患者の体に戻します

But actually,/ before placing the scaffold/ into the patient,/ we actually exercise it.//

しかし その骨組みを患者の体に戻す前に できたての筋肉に運動をさせるのです

We want to make/ sure/ that we condition this muscle,/ so that it knows/ what to do/ once we put it/ into the patient.//

筋組織が患者の体内で 本来の動きができるように 運動させておくのです

That's/ what you're seeing/ here.// You're seeing/ this muscle bio-reactor actually exercising/ the muscle back and forth.//

その運動がこれです 筋肉バイオリアクターが 筋肉を前後に運動させている様子をご覧いただいています

Okay.// These are flat structures/ that we see here,/ the muscle.//

この平らな組織が 筋肉です

What about other structures?//

それでは他の組織ではどうでしょうか?

これは再生医療によってつくられた人工血管です

Very similar/ to/ what we just did,/ but a little bit more complex.//

尿道をつくる工程と似ていますが もう少し複雑です

Here/ we take a scaffold,/ and we basically --/ scaffold can be like a piece of paper here.//

まず骨組みを準備します 骨組みはまるで一枚の紙のようです

And we can then tubularize this scaffold.//

それを筒状にして

And what we do/ is we,/ to make a blood vessel,/ same strategy.//

血管も同じ方法でつくります

A blood vessel is made up/ of two different cell types.//

血管は2種類の細胞で構成されています

We take muscle cells,/ we paste,/ or coat the outside/ with these muscle cells,/ very much/ like baking a layer cake,/ if you will.//

筋肉の細胞を取り出し 年輪のように重なるケーキを焼くように 筒の外側に筋細胞を

You place the muscle cells/ on the outside.//

貼りつけていきます

You place the vascular blood vessel lining cells/ on the inside.//

内側には血管内皮細胞を配置します

You now have your fully seeded scaffold.//

細胞が植え付けられた骨組みを

You're going to place/ this/ in an oven-like device.//

オーブンのような装置に入れます

It has the same conditions/ as a human body,/37 degrees centigrade,/95 percent oxygen.//

人間の体内環境と同じで 摂氏37度 酸素95%にしてあります

You then exercise it,/ as/ what you saw on that tape.//

先ほどのビデオのように 血管を動かします

And on the right/ you actually see a carotid artery/ that was engineered.//

右にみえるのは人工頸動脈です

This is actually the artery/ that goes from your neck/ to your brain.//

頸動脈は首から脳につながる動脈です

And this is an X-ray/ showing you/ the patent,/ functional blood vessel.//

このレントゲン写真では きちんと機能している血管が見えます

More complex structures/ such as blood vessels,/ urethras,/ which I showed you,/ they're definitely more complex/ because you're introducing/ two different cell types.//

血管や尿道などは もっと複雑な組織です なぜなら2種の異なる細胞を 導入することになるからです

But they are really acting mostly/ as conduits.//

しかし 実際にこれらは導管としての役割を果たしています

You're allowing/ fluid or air/ to go through/ at steady states.//

液体か空気が 一定の状態で流れるようになっているのです

They are not nearly/ as complex/ as hollow organs.//

管状の組織は

Hollow organs have a much higher degree of complexity,/ because you're asking/ these organs/ to act on demand.//

空洞の臓器ほど複雑ではありません 空洞の臓器は状況に応じて機能するからです

So,/ the bladder is one such organ.//

膀胱もそのような臓器のひとつです

Same strategy,/ we take a very small piece of the bladder,/ less than half the size of a postage stamp.//

同様に膀胱から切手の半分以下の 大きさを切り取り

We then tease the tissue apart/ into its two individual cell components,/ muscle,/ and these bladder specialized cells.//

その組織を分けて 筋肉と膀胱に特化した 二つの細胞成分に分類します

We grow the cells/ outside the body/ in large quantities.//

体外で細胞を大量に増やします

It takes about four weeks/ to grow these cells/ from the organ.//

臓器から取り出した細胞は約4週間で培養できます

We then take a scaffold/ that we shape like a bladder.//

そして骨組みを膀胱のような形に整えます

We coat the inside/ with these bladder lining cells.//

膀胱の内面を内側用の細胞で覆います

We coat the outside/ with these muscle cells.//

そして外側を筋肉の細胞で覆います

We place it back/ into this oven-like device.//

そしてオーブンのような装置へ戻します

From the time/ you take that piece of tissue,/six to eight weeks later/ you can put the organ right back/ into the patient.//

組織の一部を採取してから6~8週間後に 臓器を患者の体に戻す事ができます

This actually shows the scaffold.//

これは実際に骨組みを表したものです

The material is actually being coated with the cells.//

この物質は細胞で覆ってあります

When we did the first clinical trial/ for these patients/ we actually created the scaffold specifically/ for each patient.//

臨床実験を最初に行った時は 各患者に合わせた骨組みを作りました

We brought patients in,/six to eight weeks prior/ to their scheduled surgery,/ did X-rays,/ and we then composed a scaffold specifically/ for that patient's size pelvic cavity.//

手術の6~8週間前に 患者に来てもらい レントゲン撮影の後 患者の骨盤腔の大きさにあった 骨組みを特別につくりました

For the second phase of the trials/ we just had different sizes,/ small, medium, large and extra-large.//

そして臨床試験の第2期には 小 中 大 特大サイズで骨組みをつくりました

(Laughter)/ It's true.//

(聴衆より笑い) 本当です

And I'm sure/ everyone here wanted an extra-large.// Right?//

皆さんは特大がいいんでしょう?

(聴衆より笑い)

So,/ bladders are definitely a little bit more complex/ than the other structures.//

膀胱は明らかに他の組織よりも 少々複雑なのです

But there are other hollow organs/ that have added complexity/ to it.//

さらに複雑な空洞の臓器もあります

This is actually a heart valve,/ which we engineered.//

これは私たちが再生医療でつくった人工心臓弁です

And the way/ you engineer/ this heart valve is the same strategy.//

心臓弁の作り方は同様の方法です

We take the scaffold,/ we seed it/ with cells,/ and you can now see here,/ the valve leaflets opening and closing.//

骨組みに細胞をのせます ご覧のとおり 弁が開いたり閉じたりしています

We exercise these prior/ to implantation.//

同じ方法を用いて移植の前に

Same strategy.//

これらの臓器に運動をさせます

And then/ the most complex are the solid organs.//

そして最も複雑なのは固形臓器です

For solid organs,/ they're more complex/ because you're using/ a lot/ more cells/ per centimeter.//

固形臓器がより複雑なのは 1cmあたりに必要な細胞が数段に多いからです

This is actually a simple solid organ/ like the ear.//

例えば 耳です

It's now being seeded with cartilage.//

軟骨細胞をのせているところです

That's the oven-like device;/ once it's coated/ it gets placed there.//

細胞で覆った後は オーブンのような装置に 入れます

And then/ a few weeks later/ we can take out/ the cartilage scaffold.//

そして数週間後 軟骨の骨組みを取り外す事ができます

This is actually digits/ that we're engineering.//

指をつくっているところです

These are being layered,/one layer/ at a time,/ first/ the bone,/ we fill in the gaps/ with cartilage.//

これは一層 一層 積み重ねられています 最初に骨 そして隙間を軟骨でふさぎ

We then start adding/ the muscle/ on top.//

筋肉を上にのせて

And you start layering/ these solid structures.//

固形組織の層を積み重ねます

Again,/ fairly more complex organs,/ but by far,/ the most complex solid organs are actually the vascularized, highly vascularized,/ a lot of blood vessel supply,/ organs/ such as the heart,/ the liver,/ the kidneys.//

繰り返しますが かなり複雑な臓器です しかし 他とは比べ物にならない複雑な固形臓器は 血管が多い臓器です 血管が多いのは 心臓 肝臓 そして腎臓などの 臓器です

This is actually an example --/ several strategies to engineer solid organs.//

固形臓器をつくる方法はいくつかありますが これはその一例です

This is actually one of the strategies.// We use a printer.//

私たちはプリンターを使います

And instead of using ink,/ we use --/ you just saw an inkjet cartridge --/ we just use cells.//

インクを使うのではなく 細胞を使います

This is actually your typical desktop printer.//

これは普通のプリンターです

It's actually printing/ this two chamber heart,/one layer/ at a time.//

これは実は心臓の二つの小室を 一層ずつプリントしているのです

You see the heart/ coming out/ there.// It takes about 40 minutes/ to print,/ and about four to six hours later/ you see the muscle cells/ contract.//

ご覧になっているのは心臓で 約40分で印刷が終了し 4時間から6時間後には 筋肉が収縮し始めます

(Applause)/ This technology was developed by Tao Ju,/ who worked at our institute.//

(拍手) 私達の研究所にいたタオ・ジュ氏が開発した技術です

And this is actually still,/ of course,/ experimental, not for use/ in patients.//

この技術は 試験的なもので まだ患者に使用できる段階ではありません

Another strategy/ that we have followed/ is actually to use decellularized organs.//

また 脱細胞化した臓器も 使用しました

We actually take donor organs,/ organs/ that are discarded,/ and we then can use very mild detergents/ to take all the cell elements/ out of these organs.//

ドナー提供された臓器を用いて 刺激の少ない洗浄剤で すべての細胞成分を これらの臓器から取り出します

So,/ for example/ on the left panel,/ top panel,/ you see a liver.//

左手のパネルと 上のパネルは肝臓です

We actually take the donor liver,/ we use very mild detergents,/ and we,/ by using these mild detergents,/ we take all the cells/ out of the liver.//

ドナー提供された肝臓を 洗浄します 刺激の少ない洗浄剤で すべての細胞を 肝臓から取り出すのです

Two weeks later,/ we basically can lift this organ up,/ it feels like a liver,/ we can hold it/ like a liver,/ it looks like a liver,/ but it has no cells.//

2週間後にはこの臓器を持ち上げる事ができます 見た目も感触も 本物の肝臓のようですが 細胞はありません

All we are left with is the skeleton,/ if you will,/ of the liver,/ all made up/ of collagen,/ a material/ that's in our bodies,/ that will not reject.//

肝臓を取り除くと コラーゲン製の骨組みが残ります コラーゲンは拒絶反応を 起こすことがありません

We can use it/ from one patient/ to the next.//

これは何人もの患者に使用できます

We then take this vascular structure/ and we can prove/ that we retain the blood vessel supply.//

そしてこの血管組織を取り出し 血管の供給の維持を証明できます

You can see,/ actually/ that's a fluoroscopy.//

これはフローラスコピーです

We're actually injecting/ contrast/ into the organ.//

ご覧になっているのは

Now/ you can see/ it start.// We're injecting/ the contrast/ into the organ/ into this decellularized liver.//

造影剤を脱細胞化した肝臓に 注入しているところです

And you can see the vascular tree/ that remains intact.//

無傷のままの血管樹が見えます

We then take the cells,/ the vascular cells,/ blood vessel cells,/ we perfuse the vascular tree/ with the patient's own cells.//

そこで 木のように枝分かれした血管に 患者自身の細胞を行き渡らせます 肝臓の外側に

We perfuse the outside of the liver/ with the patient's own liver cells.//

患者自身の肝臓の細胞を 一面に散布します

And we can then create functional livers.//

肝臓を機能させるようにします

And that's actually/ what you're seeing.//

ご覧になっているのが それです

This is still experimental.// But we are able to actually reproduce the functionality of the liver structure,/ experimentally.//

まだ試験段階ですが肝臓機能の再生を 成功させています

For the kidney,/ as I talked to you/ about the first painting/ that you saw,/ the first slide/ I showed you,/90 percent of the patients/ on the transplant wait list are waiting for a kidney,/90 percent.//

腎臓に話を移します 講演の最初にお見せした絵でも 腎臓移植をしていましたが 臓器移植が必要な患者の90%は 腎臓移植が必要な方たちです

So,/ another strategy/ we're following/ is actually to create wafers/ that we stack together,/ like an accordion,/ if you will.//

私たちが試みているもう一つの方法は ウェハーをつくり それをアコーディオンのように積み重ねる方法です

So,/ we stack these wafers together,/ using the kidney cells.//

腎臓の細胞を使ってウェハーを重ねます

And then/ you can see these miniature kidneys/ that we've engineered.//

これは私たちがつくった小さな腎臓です

They are actually making urine.//

これらは実は尿をつくり出しているのです

Again,/ small structures,/ our challenge is/ how to make them larger,/ and that is something/ we're working/ on right now/ at the institute.//

小さな組織をどうやって大きくするかという難題に 今 私達の研究所で 取り組んでいます

One of the things/ that I wanted to summarize/ for you then is/ what is a strategy/ that we're going/ for in regenerative medicine.//

皆さんにお話ししたかった事のひとつは 再生医療が取ろうとしている戦略です

If at all possible,/ we really would like to use/ smart biomaterials/ that we can just take off/ the shelf/ and regenerate your organs.//

もし可能ならば 既製の高性能な生体材料を使って 患者の臓器を 再生させたいと思っています

We are limited/ with distances right now,/ but our goal is actually to increase those distances/ over time.//

再生できる幅は限られていますが 目標は その大きさを広げていくことです

If we can not use smart biomaterials,/ then/ we'd rather use your very own cells.//

高性能な生体材料の使用がだめなら 自分の細胞を使うことです

Why?// Because they will not reject.//

拒絶反応を起こさないからです

We can take cells/ from you,/ create the structure,/ put it right back/ into you,/ they will not reject.//

皆さんから細胞を取り出し組織をつくり出す そして それをそのまま皆さんに返すそうすれば拒絶反応は起きません

And/ if possible,/ we'd rather use the cells/ from your very specific organ.//

もし可能なら 特定の臓器の細胞が好ましいのです

If you present with a diseased wind pipe/ we'd like to take/ cells/ from your windpipe.//

気管に問題がある場合は 気管の細胞を取り出します

If you present with a diseased pancreas/ we'd like to take/ cells/ from that organ.//

膵臓に問題がある場合は 膵臓の細胞を取り出すわけです

Why?// Because we'd rather take those cells/ which already know/ that those are the cell types/ you want.//

理由は 採取する細胞は 自らが何の細胞なのか わかっているからです

A windpipe cell already knows/ it's a windpipe cell.//

気管の細胞は自身が気管の細胞だとわかっているので

We don't need to teach/ it/ to become another cell type.//

どんな細胞になるのか教える必要がありません

So,/ we prefer organ-specific cells.//

よって特定の臓器の細胞がいいのです

And today/ we can obtain cells/ from most every organ/ in your body,/ except for several/ which we still need stem cells for,/ like heart,/ liver,/ nerve and pancreas.//

今では 大半の臓器から細胞を得ることができますが 心臓 肝臓 神経 膵臓などがその例外で それらには依然として

And for those we still need stem cells.//

幹細胞が必要です

If we can not use stem cells/ from your body then/ we'd like to use/ donor stem cells.//

もし患者自身の幹細胞を使えない場合は ドナーの幹細胞を使います

And we prefer cells/ that will not reject/ and will not form tumors.//

拒絶反応を起こさず 腫瘍を形成しない細胞を選びます

And we're working/ a lot/ with the stem cells/ that we published on two years ago,/ stem cells/ from the amniotic fluid,/ and the placenta,/ which have those properties.//

そのような特性をもっているのは 2年前に発表した幹細胞です その幹細胞とは 羊水や胎盤から採取でき

So,/ at this point,/ I do want to tell/ you/ that some of the major challenges/ we have.//

私たちはその研究に取り組んでいます いくつかの難題についてお話したいと思います

You know,/ I just showed you/ this presentation,/ everything looks so good,/ everything works.// Actually no,/ these technologies really are not that easy.//

紹介した技術は順調に見えますが 現実の答えはノーなのです それほど簡単ではありません

Some of the work/ you saw/ today was performed by over 700 researchers/ at our institute/ across a 20-year time span.//

今日 紹介した内容の一部は 我々の研究所で700人以上の研究者が 20年の年月を経て 成し遂げたものです

So,/ these are very tough technologies.//

とても難しい技術であって

Once you get the formula right/ you can replicate it.//

正しい方式を見出すまで

But it takes a lot/ to get there.//

道のりは長いのです

So,/ I always like to show/ this cartoon.//

ぜひこの漫画を見てください

This is/ how to stop a runaway stage.//

暴走した馬車の阻止の仕方です

And there/ you see the stagecoach driver,/ and he goes,/ on the top panel,/ He goes A,/ B,/ C,/ D,/ E,/ F.//

馬車の御者が上の絵では 馬の背をたどって 先頭の馬まで進んでいき

He finally stops the runaway stage.//

最後に暴走した馬車を阻止します

And those are usually the basic scientists,/ The bottom is usually the surgeons.//

科学者なら そうするでしょう 下にいるのは通常 外科医です

(Laughter)/ I'm a surgeon/ so that's not/ that funny.//

(聴衆より笑い) 外科医の私には面白くありません

(聴衆より笑い)

しかし 実は上の方法が正しい取り組み方なのです

And what I mean by that is/ that anytime/ we've launched one of these technologies/ to the clinic,/ we've made absolutely sure/ that we do everything/ we can in the laboratory/ before we ever launch these technologies/ to patients.//

それが意味するのは このような技術を 病院で患者に着手する時は どんな時でも絶対に研究室でやれる事の すべてをやってからにするよう 徹底しています

And when we launch these technologies/ to patients/ we want to make/ sure/ that we ask ourselves/ a very tough question.//

また これらの技術を患者に施す前に 自らにとても難しい問いかけをするように徹底しています

Are you ready/ to place this/ in your own loved one,/ your own child,/ your own family member,/ and then/ we proceed.//

自分の大切な人に この臓器移植をしても差し支えないかを問い その答えがイエスなら事を進めます

Because our main goal,/ of course,/ is first,/ to do no harm.//

なぜなら第一の目標は 危害を与えないことだからです

I'm going to show/ you now,/ a very short clip,/ It's a five second clip of a patient/ who received one of the engineered organs.//

では とても短いのですが 培養した臓器の移植を受けた患者の ビデオをお見せします

We started implanting/ some of these structures/ over 14 years ago.//

このような組織の移植は 14年以上前に始めました

So,/ we have/ patients now walking/ around/ with organs,/ engineered organs,/ for over 10 years,/ as well.//

ですからこのような人工臓器を抱えて 10年以上元気に歩きまわっている患者がいるというわけです

I'm going to show/ a clip of one young lady.//

これからお見せする若い女性患者は

She had a spina bifida defect,/ a spinal cord abnormality.//

脊髄異常が原因の二分脊髄症で苦しんでいました

She did not have a normal bladder.// This is a segment/ from CNN.//

彼女の膀胱は正常ではなかった これはCNNニュースからのひとコマです

We are just taking five seconds.//

5秒間だけお時間頂きます

This is a segment/ that Sanjay Gupta actually took care of.//

これはサンジェイ・グプタが実際に携わったひとコマです

Video:/ Kaitlyn M:/ I'm happy.// I was always afraid/ that I was going to have/ like,/ an accident or something.//

幸せです 私はいつも事故か何かで どうかなることを恐れていました

And now/ I can just go/ and go out/ with my friends,/ go/ do/ whatever I want.//

でも 今は友達と 外へ繰り出し やりたい事ができるのです

Anthony Atala:/ See,/ at the end of the day,/ the promise of regenerative medicine is a single promise.//

結局のところ 再生医療の将来性が 唯一の希望なのです

And that is really very simple,/ to make our patients better.//

本当にとても簡単ですが それだけで患者に勇気を与える事ができるのです

Thank you/ for your attention.//

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

transplant

〈植物〉‘を'移植する

(…から他の場所へ)…‘を'移す,〈人〉‘を'移住させる《+名+from+名+to+名》

(…から…へ)〈組織・器官など〉‘を'移植する《+名+from+名+to+名》

移植できる;移住する

〈C〉移植された物

〈U〉移植すること

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

chief

(組織・集団の)『長』;長官,局(部,課)長;(部族の)長

『最高位の』,長である

『最も重要な』,おもな(most important; main)

urology

泌尿器学,泌尿科学

harvest

〈C〉(穀物・果物などの)『収穫』,取り入れ

〈C〉『収穫期』,取り入れの時期

〈C〉収穫物;収穫高(量)

《a~,the~》(仕事などの)結果,報い

〈作物〉‘を'取り入れる,〈畑〉‘の'作物を取り入れる

〈結果など〉‘を'獲得する

kidney

腎臓;(食品としての)羊(豚など)の腎臓

《文》気質,性質,たち(nature)

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

decade

『10年間』

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

shortage

『不足』,欠乏;〈C〉不足高

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

flat

平『平らな』,平たんな

《補語にのみ用いて》べったりと広がった(横になった)

薄っぺらな(shallow)

《名詞の前にのみ用いて》露骨な,あからさまな;(positive)

(料金・価格などが)均一(一律)の(uniform)

たいくつな,おもしろくない,気の抜けた

(発泡飲料が)気の抜けた

空気のはいっていない,しぼんだ

(絵画で色調が)変化に乏しい,光沢を消した

(音楽で)変音の,半音下がった

『きっぱりと』

正確に,きっかり

本来の音程より下げて

『平面』,平たい部分

平地,低地;《複数形で》湿地,沼地,浅瀬

枠張り物(舞台背景用のベニヤ・布などを張った枠組み)

《おもに米》空気の抜けたタイヤ;パンク

半音低い音,変音;変音記号

aging

年をとること

(ワイン・チーズなどの)熟成

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

trying

try の現在分詞

『つらい』,苦しい;腹だたしい,しゃくにさわる

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

pancreas

膵臓(すいぞう)

nerve

〈C〉『神経』

〈C〉《複数形で》『神経過敏』,いらだち

〈U〉『勇気』,度胸(courage)

〈U〉《時にa ~》厚かましさ,ずぶとさ;無礼

〈C〉葉脈;(昆虫の)翅脈(しみゃく)

〈人,特に自分〉‘に'力を与える,‘を'元気づける

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

stunning

気絶させるような

すごくすてきな,すばらしく美しい

statistic

統計値,統計量

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

regeneration

更生;改心

よみがえり;刷新

(生物の)再生

replacement

置き換わること,取り替えること,元へ戻すこと;返済・置き換わる物(人),代理;補充員補充物

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

regenerate

(精神的・道徳的に)〈人〉‘を'更生させる

〈願望など〉‘を'よみがえらせる;〈制度など〉‘を'刷新する

〈生物が〉〈失った部分,傷ついた部分〉‘を'再生する

更生する

よみがえる

〈生物が〉再生する

生まり変わった

改良された,再生利用された

harness

『馬具』,引き具

〈馬)‘に'馬具を着ける;〈馬など〉‘を'車に着ける;〈人〉‘を'仕事に就かせる

〈自然の力〉‘を'利用する

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

heal

〈傷など〉‘を'直す

〈悩み・不和など〉‘を'いやす,治める

〈傷などが〉直る《+『up』(over』)》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

salamander

サンショウウオ

火トカゲ(火中に住むといわれる伝説の動物)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

limb

(動物の)『手足』;(鳥の)翼

(木の)大枝

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

photography

写真術

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

days

たいてい昼間は

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

ca

circa

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

seal

〈C〉アザラシ

〈U〉アザラシの皮;アザラシのなめし皮

アザラシ狩りをする

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

basically

基本的に,根本的に;元来は

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

urethra

尿道

injured

(身体が)傷つけられた

(感情・名声などが)傷つけられた

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

bladder

(人間・動物の)襄(のう),ぼうこう,(魚の)浮き袋;気胞 嚢に似た物

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

maximum

(量・数・程度の)『最大限』

(数学で)極大;最大値;極大点

最高の,最大の

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

diseased

病気にかかった

病的な,不健全な(morbid)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

postage stamp

『郵便切手』

tease

〈人・動物〉‘を'『いじめる』,からかう

《米》(逆にくしを入れて)〈髪〉‘を'逆立てる

〈布〉‘に'毛羽を立てる

(紡ぐため)〈羊毛など〉‘を'すく

人(動物)をしつこくいじめる(からかう)

いじめる人,からかう人

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

component

構成している,成分の

構成要素,成分

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

quantity

〈U〉『量』

〈C〉(…の)『量』,数,額,高《+『of』+『名』》

〈C〉『多量』,多数

〈C〉(数学で)量,数量

scaffold

(建築現場などの)足場

処刑台,断頭台

(組み立て式の)野外舞台;組み立てさじき

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

naked

(体の全部,または一部が)『裸の』

『はぎ取られた』,むき出しにされた

(目が)肉眼の,裸眼の

《名詞の前にのみ用いて》(事が)赤裸裸の,あからさまの

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

blouse

(婦人・子どもの着る)ブラウス

(ヨーロッパの農夫・労働者・画家などが着用する)仕事着,うわっぱり

《米》軍装の上着

shirt

(えり付きの男物)『シャツ』,ワイシャツ

《米》(下着の)シャツ,はだ着(undershirt)

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

degrade

(…に)…‘の'地位(身分)を下げる《+『名』+『to』+『名』》

(…にまで)…‘の'品位(評判)を下げる,'を'卑しくする《+『名』+『to』+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

disintegrate

〈物〉‘を'崩れる,崩壊する

〈原子核が〉崩壊する

〈物〉‘を'崩す,崩壊させる

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

okay

=OK,O.K.

blood vessel

血管

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

paste

(接着用の)『のり』

(一般に)のり状のもの

(菓子を作るための)練り粉,ペースト

(人造宝石用材料の)鉛ガラス;模造宝石

(…に)…‘を'『のりではる』《+『down』+『名』+『in(on)』+『名』》

(…を)…‘に'のりではり付ける《+『名』+『with』+『名』》

《俗》<顔・体など>‘を'強打する,なぐりつける

coat

『コート』,オーバー,外とう

(男子背広・婦人スーツの)『上着』;(婦人・子供の)長上着

(動物の)毛,毛皮;(植物の)外被,皮

表面をおおうもの;(ペンキ・ニスなどの)塗り;(金属などの)めっき

〈人〉‘に'上旦を旦せる

〈ほこりなどが〉〈症など〉'を'『おおう』;(ペンキなどで)〈壁など〉'を'塗る《+『名』+『with』+『名』》

bake

(特にオーブンで)〈食物〉'を'『焼く』,焼いて料理する

〈れんがなど〉'を'焼き固める;〈太陽が〉…'を'焦がす

(日にあたって)〈皮膚など〉'を'焼く

〈パンなどが〉焼ける;〈人が〉パンを焼く

〈土地・人などが〉日に焼ける

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

cake

〈U〉〈C〉『ケーハ』,洋菓子

〈C〉平たい焼きパン(パンケーキなど)

〈C〉一定の形の塊にした食物

〈C〉(…の)ケーキ状の塊《+『of』+『名』》

固まる,塊になる

(…で)…'を'固める《+『名』+『with』+『名』》,(…に)…'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

vascular

(血液・樹液などを運ぶ)管の,導管の,血管の

lining

〈U〉(服などの)裏張り,裏塗り

〈U〉裏地,裏材

fully

『十分に』,完全に

まるまる

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

centigrade

100分度の,100度目盛りの

摂氏の(Celsius)(《略》C.)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

tape

〈U〉(細長い紙・布などの荷造り用)『テープ』,ひも

〈C〉(決勝線用の)テープ

=tape measure

〈C〉〈U〉録音用テープ

=tape recording

=tape measure

…‘を'テープをくくる,テープをくっつける

=tape-record

…‘を'巻き尺で測る

《しばしば受動態で》《米》…‘に'包帯をする(《英》strap)

=tape-record

carotid

頚(けい)動脈

頚動脈の

artery

動脈

(道路・水路・鉄道などの)勘線,(通信の)主チャンネル

neck

〈C〉(人間・動物の)『首』;首の骨

〈C〉(衣服の)えり

〈C〉首の形をした物

〈U〉〈C〉(食品としての)(羊などの)頚肉(けいにく)

キスして愛撫(あいぶ)し合う

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

patent

『特許』,特許権,パテント

『専売特許品』,特許となっている製法

専売特許証

(一般に特権などを授ける)公式証書

《名詞の前にのみ用いて》専売特許の

《名詞の前にのみ用いて》《英話》賢い,独特な,まねのできない

明白な

…‘の'特許[権]を取る

…‘に'特許[権]を与える

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

conduit

(液体などの)導管;水道

コンジット(数本の電線を収めた管)

(人間関係の)パイプ役

fluid

『流体』,流動体

『流動性の』,流動する

流体の,流動体から成る

変わりやすい,固定していない,浮動する

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

steady

(速度・動作などが)『むらのない』,規則的な

『ぐらつかない』,しっかりした,安定した

『変わらない』,定まった

まじめな,着実な

動揺しない,落ち着いた

…‘を'安定させる,落ち着かせる

安定する,落ち着く

(婚約までは進んでいないが)決まった異性の交際相手(恋人)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

hollow

『空洞のある』,(物の内側が)からになっている,うつろの

おわんの(凹(おう))形をした,(表面が)へこんだ

(ほお・目が)落ちくぼんだ

(音・声が)低くこもった,にぶい,うつろな

実質(内容)のない,うわべだけの

『穴』(木などの)うつろ;(物の表面の)『くぼみ』,へこみ

(山間の)くぼ地,谷間

(中をくり(掘り)ぬいて)〈物〉‘を'作る《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'うつろにする《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

徹底的に

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

prior

(時間・順序が)『前の』先の;(重要さが)優先する

schedule

《おもに米》(列車などの)『時間表』,時刻表;(授業などの)時間割り

(時間によって定めた)『予定』,計画,スケジュール

(料金などの)一覧表,細目表

…‘の'スケジュール(時間表,一覧表)を作る;…‘を'スケジュールに入れる

《しばしば受動態で》…‘を'予定する

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

compose

…'を'『構成する』

〈詩など〉'を'『作る』,書く;〈曲〉'を'作る;〈絵の構図〉'を'作る

〈自分,自分の気持〉'を'『静める』

〈活字〉'を'組む;…'を'活字に組む

〈争いなど〉'を'解決する,調停する

詩を作る;作曲する

pelvic

骨盤の

cavity

へこみ,くぼみ,空洞

虫歯の穴

(人体内の)腔(こう)

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

laughter

『笑い』,笑い声

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

valve

(液体・ガスなどの流れを調節する)『バルブ』,弁

(血液の流れを調節する)弁,弁膜

(管楽器の)バルブ

(2枚貝の)から,貝がら

《英》真空管

leaflet

(広告などの)ちらし,びら

(とじてない)パンフレット,小冊子

小さい(若)葉;(植物の複葉を構成する)小葉

opening

〈C〉(森・垣根・壁などの)空いている所;空き地;すき間,穴

〈C〉(物語・会議などの)始め,出だし,冒頭(beginning)

〈C〉(…の地位の)空き,就職口《+『for』(『at, in』)+『名』》(vacant)

〈C〉(劇などの)初演

〈U〉(…が)開くこと,あくこと《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)よい機会,好機《+『for』+『名』》

初めの,開始の

closing

閉じる,終りの

〈U〉閉じること,閉鎖

〈C〉〈U〉終了,締め切り;決算

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

cartilage

軟骨[組織]

digit

(手足の)指

アラビア数字(0から9までの一つ;0を除くこともある)

engineering

『工学』

土木工事

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

liver

(ある態度で)生活する人;居住者

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

printer

印刷する人(機械);印刷屋

(コンピューターの)文字打ち出し機 プリンター

instead

『その代りとして』,それよりも

ink

(筆記用・印刷用)の『インク』

(イカなどの出す)墨

…‘を'インクで書く(塗る,しるす,汚す)

cartridge

弾薬筒,薬包

(インク・フィルム・レコード用針など差し換えができる)カートリッジ,(録音・録画テープの)カセット

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

chamber

部屋(room);(特に)寝室

《複数形で》判事室(公開を要しない事件を審理する部屋)

《英》弁護士の事務室

(立事・司法機関などの)会議場

立法府,司法府

(宮廷などの)接見室,拝謁(はいえつ)の間

(動物体の)小室房

(火器の)薬室

…‘に'部屋を祝備する,'を'部屋に入れる

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

applause

『拍手かっさい』;称賛

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

experimental

実験の,実験に基づく:

実験に使われる,実験用の

実験的な,試験的な

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

donor

寄付者,寄贈者

(移植用の組織・器官の)提供者,献血者

discard

〈不用品・習慣など〉‘を'『捨てる』,廃棄する

〈人〉‘を'解雇する

(カードゲームで)〈不用の札〉‘を'捨てる

〈C〉捨てられた物)人)

〈U〉廃棄

〈U〉(カードゲームで)手札の投げ出し〈C〉捨て札

mild

(人,人の気性・態度などが)『柔和な』,ものやわらかな,温和な

(程度・力・効果などが)『適度な』,ほどよい

(病気などが)そんなにひどくない,軽い

(気温が)おだやかな

(味・においが)強くない,ぴりぴりしない

detergent

洗剤

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

skeleton

(人間・動物の)『骨格』,がい骨

(建物・船などの)『骨組み』

(文芸作品などの)骨子,粗筋,概要

必要最小限のもの

《話》(骨と皮ばかりに)やせこけた人(動物)

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

retain

…‘を'『持ち続ける』,保持する

…‘を'記憶にとどめる,覚えている

(報酬を払って)〈弁護士など〉‘を'抱えておく

inject

(…に)〈液体など〉‘を'注射する,注入する《+『名』+『into』+『名』》;(…を)…‘に'注射する《+『名』+『with』+『名』》

(話などに)…‘を'動入する,さしはさむ《+『名』+『into』+『名』》

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

intact

手をつけない,損なわれない

seeing

…ということを考えると;…であるからには,だから《+『that 節』(《話》『as節』)》

〈U〉〈C〉見ること

〈U〉視力,視覚

目の見える,目のきく

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

reproduce

〈場面など〉‘を'『再現する』,〈音など〉‘を'再生する

…‘を'『複製する』,『複写する』

〈動物が〉〈子孫〉‘を'生む,〈植物が〉〈同類〉‘を'繁殖させる

〈動植物が〉繁殖する

〈芸術作品などが〉複製(再生)できる

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

wafer

ウエハース(一種の軽焼き菓子)

(小円形の)封かん紙,封じのり

聖餐(せいさん)用の薄いパン

(一般に)薄く丸い物

stack

『干し草の山』,麦わらなどの山,いなむら

(一般に,物を積み上げた)『山』,(…の)積み重ね《+『of』+『名』》

(図書館などの)書架,ラック;《複数形で》(特に,図書館などの)書庫

煙突

《しばしば複数形で》《話》多数,多量(の)《+『of』+『名』》

〈干し草・本・皿など〉‘を'積み重ねる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…を)〈ある場所〉‘に'積み上げる《+『名』+『with』+『名』》

《米話》(…に対して)〈カード〉‘を'不正な切り方をする《+『名』+『against』+『名』》

〈飛行機〉‘を'空港上空で旋回待機させる

山に積まれる,山になる

〈飛行機が〉空港上空で旋回待機する

accordion

アコーディオン,手風琴

miniature

(…の)『模型』《+『of』+『名』》

小さな細密画,(特に)小さくて細密な肖像画

小型の,縮小した

urine

尿,小便

regenerative

更生させる

刷新する

(生物が)再生する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

shelf

『たな』

(がけの)岩だな;(海・川の)砂州,岩礁

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

pipe

『管』,パイプ,筒(つつ)

(刻み用の)『パイプ』

笛;(1本の管から成る)管楽器(フルート・クラリネット・オーボエなど);(パイプオルガンの)音管

《複数形で》複数の管から成る楽器;パッグパイプ(bagpipe),パンの笛(Panpipe)

(船で)甲板長の号笛(呼び子);その笛の音

(鳥の)鳴き声;(人の)かん高い声

(人間・動物の)管状器官;(特に)気管

《しばしば受動態で》(…に)〈水・ガスなど〉‘を'管で送る《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈家・部屋など〉‘に'(…の)配管をする《+『名』+『for』+『名』》

〈曲〉‘を'笛で吹く

…‘を'かん高い声で言う(歌う)

(甲板長が)〈船員〉‘を'号笛を吹いて召集する

〈衣服〉など〉‘に'玉縁飾りをつける,〈ケーキなど〉‘に'砂糖のひも状飾りをする

笛を吹く

かん高い声で言う(歌う)

windpipe

気管

prefer

『むしろ』…『のほうを好む』(『選ぶ』)

(法廷なでに)…‘を'提出する,申し出る

《文》(特に教会などで)〈人〉‘を'(…に)昇進させる《+『名』+『to』+『名』》

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

placenta

胎盤

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

researcher

研究者,調査員

span

『スパン』,親指と小指を広げた長ざ(約9インチ=23センチ)

(ものが及ぶ限りの)長さ,伸び,範囲

(アーチ・はり・橋などの)支柱間の距離,径間,渡間(わたりま)・『短い期間』,つかの間

(親指と小指を広げて)…‘を'測る

〈橋・道路などが〉〈川・土地など〉‘に'架(か)かる,‘を'横切る,‘に'伸びる

〈川・土地など〉‘に'(橋・道路などを)架ける,渡す《+『名』+『with』+『名』》

(空間・時間的に)…‘に'及ぶ,わたる

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

formula

(あいさつなどの)『決まった言い方』;空虚な言葉

(…の)習慣的なやり方,決まった方法《+『for』+『名』(do『ing』)》

(…の)製法,調理法,処方せん《+『for』+『名』》

(…の)『公式』,式《+『for』+『名』》

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

cartoon

(政治的な)風刺漫画・(モザイク・壁掛け・壁画などの)実物大の下絵・

(一続きの)漫画・…'を'漫画化する・(1 枚の時事)風刺漫画・アニメ映画,動画(animated cartoon)・(新聞などの)続き漫画・(壁画などの)実物大下絵・漫画を描く

runaway

逃亡者,脱走者;逃げた馬

逃亡した,脱走した

どんどん上がる,とめどのない

《話》ゆうゆう勝った

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

stagecoach

〈C〉駅馬車,乗り合い馬車

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

f

farad

forte

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

surgeon

『外科医』

軍医

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

anytime

いつでも(at any time)

きまって,常に

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

clinic

〈U〉(医学の)臨床講義

〈C〉《集合的に》臨床講義のクラス

〈C〉臨床講義室

〈C〉(病院・医科大学・社会事業団などに付属した)診療所;《形容詞を判って》医療施設,病院

〈C〉(警察・学校・社会事業団などに付属した)相談所

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

proceed

『取りかかる』,始める

(一度やめてまた)(…を)『続ける』,続行する《+『with』+『名』》

(一度止まってまた)(…へ)進む,前進する《+『to』+『名』》

〈事が〉進行する

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

harm

『害』,『損害』;危害

(精神的な)害,災い;不幸;不都合

…‘を'『害する』,‘に'損害を与える,危害を加える

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

implant

(心・人に)〈思想・感情など〉‘を'刻み込む,植え付ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(思想

・感情などを)〈心・人〉‘に'刻み込む,植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

(体に)〈組織・器具など〉‘を'はめ込む,移植する《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

defect

〈C〉『欠点』,弱点,欠陥

〈U〉〈C〉《古》不足,欠乏

(国・党・主義などから)離脱する,裏切って出る《+『from』+『名』》;離反して(…に)転向する《+『to』+『名』》

spinal cord

せき髄

abnormality

〈U〉異常,変則

〈U〉異常なもの(事件)

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

seconds

(食事の)お代わり(second helping)・欠陥のある格安の衣料

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

関連動画