TED日本語 - ブレイス・アグエラ・ヤルカス: 新世代地図の実演

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TED2010で観衆が息を飲んだデモンストレーションにてブレイス・アグエラ・ヤルカスがマイクロソフトの拡張現実的地図の実演をお見せします。

Script

このTEDの場で2007年に公演をした スティーブン ローラ-によって、私は1年半前くらいに マイクロソフトが取り組んでいる オンラインマップ Bing Maps の アーキテクトに取り立てられました。 ここ2年半でオンライン上の地図の仕組みを 再定義するため一生懸命働きましたね。 そうして以前あったような地図サイトや ナビサイトとは大きく異なるものが 出来てきていると思います。

この地図を見て初めに気付くことは 流れるような拡大とパンの動きでしょう。 Seadragonをご存知かもしれませんが これはその技術を使っています。

もちろん地図には ただの地図だけでなく 画像のものもあります。 そこである解像度を越えて拡大していくと 斜め45度からのシムシティみたいな 3D地図が見えてきます。 全ての外観、3D構造を東西南北 どこからでも見ることができます。 今我々はこの3D仮想空間をあらゆるソフトが 稼働することが出来る 真っ白なキャンバスだと思っています。 そして道案内機能はそのうちのほんの一部なのです。

ここをクリックすると 数ヶ月の間に追加してきたソフトの幾つかを 見ることができます。 例えばハイチの大災害の2、3日後、我々は地震の 発生以前と後の衛星画像を映し出す 地震地図というものを用意していました。 今日時間の都合でお見せできないのですが、 この素晴らしい機能は地元のブログにリアルタイムで アクセスし、ブログに投稿のあるエントリーを それが言及している所の地図上に表示します。 すごいでしょ?

けど今はもう少し楽しみが持てそうな物を少しお見せしましょう。

ここで皆さんが目にする写真は 衛星写真にとどまりません。 この小さな緑色の粒粒はユーザーが作ってくれた Photosynthです。これもこれ以上 深入りはしませんがPhotosynthのデータを地図に埋め込むものです。 青色で囲まれている個所は既に 地上での画像も撮り終えてある地域です。

そこで下に降りていくと--

(拍手)

ありがとう。地上に降りていくと、 この様にパノラマ画像が見えてきます。 まず皆さんが初めに気付くことは、これは単なる写真ではなく 上空からの3D画像を見ることが出来た様に 地上レベルでも環境が3次元的に把握されています。 そこでもっと近づいてみるために何かクリックしてみましょう。 3次元モデルと幾何学に基づいて 3D世界の中に実際に いるかのように移動が行われます。

ここで1つFlickrのユーザーと 協力して作り上げた面白いやつをお見せしましょう。 Flickr上で位置登録された画像を取り込み、 Photosynthの要領で 我々の3D地図とリンクさせます。すると-- これが私がお見せしようとしたものか確証がないんですが...

(「父が忍者にやられた。カラテのレッスンに金がいる」―笑い)

これは有名な観光地で ここにはたくさんが写真ありますね これらはすべて違う時間帯に撮られたものです。 ほらこれは五時ぐらいに撮られていますね。 これがFlickrの写真であり、 我々の画像の源泉なんです。 つまり皆さんには実際にこの画像の数々が 地図自体に深く統合されていることがお分かりになると思います。

(拍手)

ありがとう

(拍手)

この手法が面白い理由は幾つかあるんですが そのうちの一つは絶対にタイムトラベルでしょう。 今は時間の関係でお見せ出来ないのですが 馬と馬車が少し映っている歴史的写真などがあります。 ところでこれのすごいところといえば、一般の ユーザーから提供されている画像で地図を 改良していっている点だけでなく、 拡張現実の基盤である点です。 後ほど皆さんにもう少し詳しくお見せします。

今建物の内部に移動をしてみました。これも面白いんですよ。 ほらここの頭上には屋根がありますね。 我々は今パイクプレイスマーケットの内側にいます。 これはバックパックカメラによって実現しています。 つまり我々は車の上につけたカメラを通して 外部のみの画像を撮っているだけではなく 内部の画像も撮っているのです。 そして現地で我々は静止画だけでなく動画も 同じように登録することができます。

つまりこれが我々がまさに今 初めてリアルタイムで挑戦しようとしていることで 実際うまくいくかとても心配なんです。

(笑い)

さて始めましょうか。

(発信音)

大丈夫か、みんな、もう着いてる?

(雑音)

あぁ今やってる。デモを始めるとこ。 ああステージにいるよ。よし。来たな。 これがパイクプレイスマーケットにいる我々の仲間たちからの映像です。

(拍手)

彼らは今リアルタイムで中継しています。 オッケー、ジョージ、市場の端っこに戻れる? みんなにお勧めのものを見せたいんだ。 違うそっちじゃなくて逆だよ。 そうそっち。端っこに戻って。端っこね。 お前らはまだ映らなくていいよ。 わかった、わかった。端っこに戻って。端っこ端っこ。 もういいや、なんでもない。

私がお見せしたかったお勧めのものというのは 画像の上の方にある赤色の点なんですが それは実際にこの場所にいたらどう使えるのか 感覚を与えてくれるからです。 考えてみて下さい。 これは拡張現実からさらに一歩踏み込んだものなんです。

お前ら何してんだよ--ああ、すいません。

(笑い)

我々は2つの異なる... よしわかった、もう切ろう。 我々はここで異なる2つの事をしています。 1つはリアルタイムの...

(笑い)

では今少し時間をいただいてチームの皆に感謝したいと思います。 彼らはこのデモ成功のため素晴しい働きをしてくれました。

(拍手)

ここで彼らとはお別れで、これからまた外に戻りたいと思います。 そして外を歩いている間、私が触れておきたいことは 我々は今これをテレプレゼンスのために 利用しましたが、同様にこれを現地で 拡張現実のための利用も十分に可能です。 これを現地で利用することは世界中の あらゆるメタデータと情報をあなたのもとに 取りだすことが出来るということです。 ここではそれをさらに一歩進めて放送しました。 ところで先ほどの市場からの映像は4Gネットワーク上で 送信されていました。

さて、ここ数年でマイクロソフトが提供した TEDトークの中で一番新しいものは カーティスウォンのWorldWide Telescopeです。 今我々はゴミ捨て場の方に向かっています。 そこは市場での長い一日の後休憩のためや 空を見上げるために皆さんが訪れている場所です。 これはWorldWide Telescopeを 我々の地図に統合したものです。

(拍手)

これが現在の--ありがとう-- これは現在の画像ですが時間バーを動かすと 異なる時間帯では違った空を見ることができます それから我々は全ての異なる時間、日付の 全ての詳細な情報を参照することができます。 もう少し上空に行って月を見てみましょう。 日付も変えた方がいいかな。 月に少しズームしてみたいと思います。 これが天文学的に完璧に 表現されている空の様子です。 我々の地図と一体となっています。

では、時間もないので、 ここで終わりにしましょう。 ありがとうございました。

(拍手)

About a year and a half ago, Stephen Lawler, who also gave a talk here at TED in 2007 on Virtual Earth, brought me over to become the architect of Bing Maps, which is Microsoft's online-mapping effort. In the past two and a half, we've been very hard at work on redefining the way maps work online. And we really are seeing this in very different terms from the kind of mapping and direction site that one is used to.

So, the first thing that you might notice about the mapping site is just the fluidity of the zooming and the panning, which, if you're familiar at all with Seadragon, that's where it comes from.

Mapping is, of course, not just about cartography, it's also about imagery. So, as we zoom-in beyond a certain level this resolves into a kind of Sim City-like virtual view at 45 degrees. This can be viewed from any of the cardinal directions to show you the 3D structure of the city, all the facades. Now, we see this space, this three-dimensional environment, as being a canvas on which all sorts of applications can play out, and map's directions are really just one of them.

If you click on this, you'll see some of the ones that we've put out, just in the past couple of months since we've launched. So, for example, a couple of days after the disaster in Haiti, we had an earthquake map that showed before and after pictures from the sky. This wonderful one which I don't have time to show you is taking hyper-local blogs in real time and mapping those stories, those entries to the places that are referred to on the blogs. It's wonderful.

But I'm going to show you some more candy sort of stuff.

So, we see the imagery, of course, not stopping at the sky. These little green bubbles represent photosynths that users have made. I'm not going to dive into them either, but photosynths are integrated into the map. Everything that's cased in blue is an area where we've taken imagery on the ground as well.

And so, when you fly down --

(Applause)

Thank you. When you fly down to the ground, and you see this kind of panoramic imagery, the first thing that you might notice is that it's not just a picture, there's just as much three-dimensional understanding of this environment as there is of the three-dimensional city from above, so if I click on something to get a closer view of it, then, the fact that that transition looks as it does, is a function of all of that geometry, all of that 3D understanding behind this model.

Now, I'll show you a fun app that -- we've been working on a collaboration with our friends at Flickr. This takes Flickr, georegistered imagery and uses photosynth-like processes to connect that imagery to our imagery, so -- I'm not sure if that's the one I actually meant to pull up, but --

(Laughter)

But notice -- this is, of course, a popular tourist site, and there are lots of photos around here, and these photos are all taken at different times. So this one was taken around five. So that's the Flickr photo, that's our imagery. So you really see how this kind of crowd-sourced imagery is integrating, in a very deep way, into the map itself.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

There are several reasons why this is interesting and one of them, of course, is time travel. And I'm not going to show you some of the wonderful historic imagery in here, but there are some with horses and carriages and so on as well. But what's cool about this is that, not only is it augmenting this visual representation of the world with things that are coming in from users, but it also is the foundation for augmented reality, and that's something that I'll be showing you more of in just a moment.

Now I just made a transition indoors. That's also interesting. OK, notice there's now a roof above us. We're inside the Pike Place Market. And this is something that we're able to do with a backpack camera, so, we're now not only imaging in the street with this camera on tops of cars, but we're also imaging inside. And from here, we're able to do the same sorts of registration, not only of still images, but also of video.

So this is something that we're now going to try for the first time, live, and this is really, truly, very frightening.

(Laughter)

OK.

(Ringing)

All right, guys, are you there?

(Noise)

All right. I'm hitting it. I'm punching play. I'm live. All right. There we go. So, these are our friends in Pike Place Market, the lab.

(Applause)

So they're broadcasting this live. OK, George, can you pan back over to the corner market? Because I want to show points of interest. No, no. The other way. Yeah, yeah, back to the corner, back to the corner. I don't want to see you guys yet. OK, OK, back to the corner, back to the corner, back to the corner. OK, never mind.

What I wanted to show you was these points of interest over here on top of the image because what that gives you a sense of is the way, if you're actually on the spot, you can think about this -- this is taking a step in addition to augmented reality.

What the hell are you guys -- oh, sorry.

(Laughter)

We're doing two different -- OK, I'm hanging up now. We're doing two different things here. One of them is to take that real ...

(Laughter)

All right, let me just take a moment and thank the team. They've done a fantastic job of pulling this together.

(Applause)

I'm going to abandon them now and walk back outside. And while I walk outside, I'll just mention that here we're using this for telepresence, but you can equally well use this on the spot, for augmented reality. When you use it on the spot, it means that you're able to bring all of that metadata and information about the world to you. So here, we're taking the extra step of also broadcasting it. That was being broadcast, by the way, on a 4G network from the market.

All right, and now there's one last TED talk that Microsoft has given in the past several years. And that's Curtis Wong, WorldWide Telescope. So, we're going to head over to the dumpsters, where it's traditional, after a long day at the market, to go out for a break, but also stare up at the sky. This is the integration of WorldWide Telescope into our maps.

(Applause)

This is the current -- thank you -- this is the current time. If we scrub the time, then we can see how the sky will look at different times, and we can get all of this very detailed information about different times, different dates: Let's move the moon a little higher in the sky, maybe change the date. I would like to kind of zoom in on the moon. So, this is an astronomically complete representation of the sky integrated right into the Earth.

All right now, I've overrun my time, so I've got to stop. Thank you all very much.

(Applause)

About a year/ and a half ago,/ Stephen Lawler,/ who also gave a talk here/ at TED in 2007/ on Virtual Earth,/ brought me over/ to become the architect of Bing Maps,/ which is Microsoft's online-mapping effort.//

このTEDの場で2007年に公演をした スティーブン ローラ-によって、私は1年半前くらいに マイクロソフトが取り組んでいる オンラインマップ Bing Maps の アーキテクトに取り立てられました。

In the past two and a half,/ we've been very hard/ at work/ on redefining the way maps work online.//

ここ2年半でオンライン上の地図の仕組みを 再定義するため一生懸命働きましたね。

And we really are seeing this/ in very different terms/ from the kind of mapping and direction site/ that one is used to.//

そうして以前あったような地図サイトや ナビサイトとは大きく異なるものが 出来てきていると思います。

So,/ the first thing/ that you might notice about the mapping site is just the fluidity of the zooming and the panning,/ which,/ if you're familiar at all/ with Seadragon,/ that's/ where it comes from.//

この地図を見て初めに気付くことは 流れるような拡大とパンの動きでしょう。 Seadragonをご存知かもしれませんが これはその技術を使っています。

Mapping is,/ of course,/ not just/ about cartography,/ it's also about imagery.//

もちろん地図には ただの地図だけでなく 画像のものもあります。

So,/ as we zoom-in beyond a certain level/ this resolves into a kind of Sim/ City-like virtual view/ at 45 degrees.//

そこである解像度を越えて拡大していくと 斜め45度からのシムシティみたいな 3D地図が見えてきます。

This can be viewed from any of the cardinal directions/ to show you/ the 3D structure of the city,/ all the facades.//

全ての外観、3D構造を東西南北 どこからでも見ることができます。

Now,/ we see this space,/ this three-dimensional environment,/ as being a canvas/ on which all sorts of applications can play out,/ and map's directions are really just one of them.//

今我々はこの3D仮想空間をあらゆるソフトが 稼働することが出来る 真っ白なキャンバスだと思っています。 そして道案内機能はそのうちのほんの一部なのです。

If you click on this,/ you'll see some of the ones/ that we've put out,/ just/ in the past couple of months/ since we've launched.//

ここをクリックすると 数ヶ月の間に追加してきたソフトの幾つかを 見ることができます。

So,/ for example,/ a couple of days/ after the disaster/ in Haiti,/ we had an earthquake map/ that showed before and after pictures/ from the sky.//

例えばハイチの大災害の2、3日後、我々は地震の 発生以前と後の衛星画像を映し出す 地震地図というものを用意していました。

This wonderful one/ which I don't have time/ to show you is taking hyper-local blogs/ in real time/ and mapping those stories,/ those entries/ to the places/ that are referred to/ on the blogs.//

今日時間の都合でお見せできないのですが、 この素晴らしい機能は地元のブログにリアルタイムで アクセスし、ブログに投稿のあるエントリーを それが言及している所の地図上に表示します。

It's wonderful.//

すごいでしょ?

But I'm going to show/ you/ some more candy sort of stuff.//

けど今はもう少し楽しみが持てそうな物を少しお見せしましょう。

So,/ we see the imagery,/ of course,/ not stopping at the sky.//

ここで皆さんが目にする写真は 衛星写真にとどまりません。

These little green bubbles represent photosynths/ that users have made.//

この小さな緑色の粒粒はユーザーが作ってくれた Photosynthです。これもこれ以上

I'm not going to dive/ into them either,/ but photosynths are integrated into the map.//

深入りはしませんがPhotosynthのデータを地図に埋め込むものです。

Everything/ that's cased in blue is an area/ where we've taken imagery/ on the ground/ as well.//

青色で囲まれている個所は既に 地上での画像も撮り終えてある地域です。

And so,/ when you fly down --//

そこで下に降りていくと--

(拍手)

Thank/ you.// When you fly down/ to the ground,/ and you see this kind of panoramic imagery,/ the first thing/ that you might notice/ is/ that it's not just a picture,/ there's just as much three-dimensional understanding of this environment/ as there is of the three-dimensional city/ from above,/ so/ if I click on something/ to get a closer view of it,/ then,/ the fact/ that that transition looks/ as it does,/ is a function of all of that geometry,/ all of that 3D/ understanding behind this model.//

ありがとう。地上に降りていくと、 この様にパノラマ画像が見えてきます。 まず皆さんが初めに気付くことは、これは単なる写真ではなく 上空からの3D画像を見ることが出来た様に 地上レベルでも環境が3次元的に把握されています。 そこでもっと近づいてみるために何かクリックしてみましょう。 3次元モデルと幾何学に基づいて 3D世界の中に実際に いるかのように移動が行われます。

Now,/ I'll show you/ a fun app/ that --/ we've been working on a collaboration/ with our friends/ at Flickr.//

ここで1つFlickrのユーザーと 協力して作り上げた面白いやつをお見せしましょう。

This takes Flickr,/ georegistered imagery/ and uses photosynth-like processes/ to connect that imagery/ to our imagery,/ so --/ I'm not sure/ if that's the one/ I actually meant to pull up,/ but --//

Flickr上で位置登録された画像を取り込み、 Photosynthの要領で 我々の3D地図とリンクさせます。すると-- これが私がお見せしようとしたものか確証がないんですが...

(「父が忍者にやられた。カラテのレッスンに金がいる」―笑い)

But notice --/ this is,/ of course,/ a popular tourist site,/ and there are lots of photos/ around here,/ and these photos are all taken at different times.//

これは有名な観光地で ここにはたくさんが写真ありますね これらはすべて違う時間帯に撮られたものです。

So this one was taken around five.//

ほらこれは五時ぐらいに撮られていますね。

So that's the Flickr photo,/ that's our imagery.//

これがFlickrの写真であり、 我々の画像の源泉なんです。

So you really see/ how this kind of crowd-sourced imagery is integrating,/ in a very deep way,/ into the map itself.//

つまり皆さんには実際にこの画像の数々が 地図自体に深く統合されていることがお分かりになると思います。

(拍手)

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

There are several reasons/ why this is interesting and one of them,/ of course,/ is time travel.//

この手法が面白い理由は幾つかあるんですが そのうちの一つは絶対にタイムトラベルでしょう。

And I'm not going to show/ you/ some of the wonderful historic imagery/ in here,/ but there are some/ with horses and carriages/ and so/ on as well.//

今は時間の関係でお見せ出来ないのですが 馬と馬車が少し映っている歴史的写真などがあります。

But what's cool/ about this is/ that,/ not only is it/ augmenting this visual representation of the world/ with things/ that are coming in/ from users,/ but it also is the foundation/ for augmented reality,/ and that's something/ that I'll be showing you more of in just a moment.//

ところでこれのすごいところといえば、一般の ユーザーから提供されている画像で地図を 改良していっている点だけでなく、 拡張現実の基盤である点です。 後ほど皆さんにもう少し詳しくお見せします。

Now/ I just made a transition indoors.// That's also/ interesting.//

今建物の内部に移動をしてみました。これも面白いんですよ。

OK,/ notice/ there's now/ a roof/ above us.//

ほらここの頭上には屋根がありますね。

We're inside the Pike Place Market.//

我々は今パイクプレイスマーケットの内側にいます。

And this is something/ that we're able/ to do with a backpack camera,/ so,/ we're now not only/ imaging in the street/ with this camera/ on tops of cars,/ but we're also imaging/ inside.//

これはバックパックカメラによって実現しています。 つまり我々は車の上につけたカメラを通して 外部のみの画像を撮っているだけではなく 内部の画像も撮っているのです。

And/ from here,/ we're able/ to do the same sorts of registration,/ not only of still images,/ but also of video.//

そして現地で我々は静止画だけでなく動画も 同じように登録することができます。

So this is something/ that we're now going to try/ for the first time,/ live,/ and this is really,/ truly,/ very frightening.//

つまりこれが我々がまさに今 初めてリアルタイムで挑戦しようとしていることで 実際うまくいくかとても心配なんです。

(笑い)

OK.//

さて始めましょうか。

(発信音)

All right,/ guys,/ are you there?//

大丈夫か、みんな、もう着いてる?

(Noise)//

(雑音)

All right.// I'm hitting/ it.// I'm punching/ play.//

あぁ今やってる。デモを始めるとこ。

I'm live.// All right.// There/ we go.//

ああステージにいるよ。よし。来たな。

So,/ these are our friends/ in Pike Place Market,/ the lab.//

これがパイクプレイスマーケットにいる我々の仲間たちからの映像です。

(拍手)

So they're broadcasting/ this live.//

彼らは今リアルタイムで中継しています。

OK,/ George,/ can you pan back/ over/ to the corner market?//

オッケー、ジョージ、市場の端っこに戻れる?

Because I want to show/ points of interest.//

みんなにお勧めのものを見せたいんだ。

No, no.// The other way.//

違うそっちじゃなくて逆だよ。

Yeah,/ yeah,/ back/ to the corner,/ back/ to the corner.//

そうそっち。端っこに戻って。端っこね。

I don't want to see/ you guys yet.//

お前らはまだ映らなくていいよ。

OK,/ OK,/ back/ to the corner,/ back/ to the corner,/ back/ to the corner.//

わかった、わかった。端っこに戻って。端っこ端っこ。

OK,/ never mind.//

もういいや、なんでもない。

What I wanted to show/ you was these points of interest/ over here/ on top of the image/ because/ what/ that gives you/ a sense of is the way,/ if you're actually/ on the spot,/ you can think about this --/ this is taking a step/ in addition/ to augmented reality.//

私がお見せしたかったお勧めのものというのは 画像の上の方にある赤色の点なんですが それは実際にこの場所にいたらどう使えるのか 感覚を与えてくれるからです。 考えてみて下さい。 これは拡張現実からさらに一歩踏み込んだものなんです。

What the hell are you/ guys --/ oh,/ sorry.//

お前ら何してんだよ--ああ、すいません。

(笑い)

We're doing/ two different --/ OK,/ I'm hanging up/ now.//

我々は2つの異なる... よしわかった、もう切ろう。

We're doing/ two different things/ here.//

我々はここで異なる2つの事をしています。

One of them is to take that/ real ...//

1つはリアルタイムの...

(笑い)

All right,/ let me just take a moment/ and thank the team.//

では今少し時間をいただいてチームの皆に感謝したいと思います。

They've done a fantastic job of pulling this together.//

彼らはこのデモ成功のため素晴しい働きをしてくれました。

(拍手)

I'm going to abandon/ them now/ and walk back outside.//

ここで彼らとはお別れで、これからまた外に戻りたいと思います。

And/ while I walk outside,/ I'll just mention/ that here/ we're using/ this/ for telepresence,/ but you can equally well use this/ on the spot,/ for augmented reality.//

そして外を歩いている間、私が触れておきたいことは 我々は今これをテレプレゼンスのために 利用しましたが、同様にこれを現地で 拡張現実のための利用も十分に可能です。

When you use it/ on the spot,/ it means/ that you're able/ to bring all of that metadata and information/ about the world/ to you.//

これを現地で利用することは世界中の あらゆるメタデータと情報をあなたのもとに 取りだすことが出来るということです。

So here,/ we're taking/ the extra step of also/ broadcasting it.//

ここではそれをさらに一歩進めて放送しました。

That was being broadcast,/ by the way,/ on a 4G network/ from the market.//

ところで先ほどの市場からの映像は4Gネットワーク上で 送信されていました。

All right,/ and now/ there's one last TED talk/ that Microsoft has given in the past several years.//

さて、ここ数年でマイクロソフトが提供した TEDトークの中で一番新しいものは

And that's Curtis Wong,/ WorldWide Telescope.//

カーティスウォンのWorldWide Telescopeです。

So,/ we're going to head over to the dumpsters,/ where it's traditional,/ after a long day/ at the market,/ to go out/ for a break,/ but also stare up/ at the sky.//

今我々はゴミ捨て場の方に向かっています。 そこは市場での長い一日の後休憩のためや 空を見上げるために皆さんが訪れている場所です。

This is the integration of WorldWide Telescope/ into our maps.//

これはWorldWide Telescopeを 我々の地図に統合したものです。

(拍手)

This is the current --/ thank you --/ this is the current time.// If we scrub the time,/ then/ we can see/ how the sky will look at different times,/ and we can get all of this very detailed information/ about different times,/ different dates:/ Let's move/ the moon/ a little higher/ in the sky,/ maybe change the date.//

これが現在の--ありがとう-- これは現在の画像ですが時間バーを動かすと 異なる時間帯では違った空を見ることができます それから我々は全ての異なる時間、日付の 全ての詳細な情報を参照することができます。 もう少し上空に行って月を見てみましょう。 日付も変えた方がいいかな。

I would like to kind of zoom/ in on the moon.//

月に少しズームしてみたいと思います。

So,/ this is an astronomically complete representation of the sky integrated right into the Earth.//

これが天文学的に完璧に 表現されている空の様子です。 我々の地図と一体となっています。

All right now,/ I've overrun/ my time,/ so I've got to stop.//

では、時間もないので、 ここで終わりにしましょう。

Thank you all very much.//

ありがとうございました。

(拍手)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

mapping

(数学で)関数

地図製作

(時間の)割当て

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

first thing

まず最初に,朝一番に

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

fluidity

流動,流動性;変わりやすいこと,可変性

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

cartography

地図製作[法]

imagery

《集合的に》像,心像

(文学における)比喩(ひゆ)的表現

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

resolve

…‘を'『決心する』,『決意する』

〈問題・疑惑など〉‘を'『解決する』,解明する,解く

〈議会などが〉…‘を'議決する,票決する

(構成要素に)…‘を'分解する《+『名』+『into』+『名』》

(…を)『決定する』,『決心する』《+『on』(『upon』,『against』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『分解する』《+『into』+『名』》

〈U〉《文》強固な意志,分屈

〈C〉決心,決意

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

cardinal

『基本的な』;主要な

深紅(しんこう)色の

〈C〉枢機卿(教皇の最高顧問;その数は70人で深紅色の衣装をまとう)

〈U〉深紅色

〈C〉=cardinal number

(また『cardinal bird』)〈C〉(北米産の)ショウジョウコウカンチョウ

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

facade

(建物の)正面(front)

(物の)外観;見せかけ

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

three-dimensional

三次元の,立体の;立体感のある

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

canvas

〈U〉『ズック』,帆布

〈U〉『カンバス』,画布;〈C〉(1つの)カンバス

〈C〉(カンバスに描いた)油絵

〈U〉《集合的に》テント,帆

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

Haiti

ハイチ(西インド諸島中にある共和国)

earthquake

『地震』

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

entry

〈C〉〈U〉(場所などに)『入ること』,『入場』,登場;(団体・競技などへの)参加,加入(entrance)《+『into』+『名』》

〈C〉《おもに米》(‥への)入り口(entrance),玄関《+『of』(『to』)+『名』》

〈C〉(帳簿・日記・表などの)『記載事項』,項目;(…の)『記入』《+『of』+『名』》

〈C〉(競技・コンテストなどの)『参加者』,参加作品《+『for』(『in』)+『名』》

〈C〉(辞書などの)見出し語

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

candy

《米》『砂糖菓子』,キャンデー(《英》sweets)

《英》氷砂糖(sugar candy)

…を砂糖づけにする 砂糖で煮る

(煮つめて)‥'を'結晶させる

‥'を'甘くする

氷砂糖状に固まる

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

dive

(…から水中などに)『頭から飛び込む』《+『from』(『off』)+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…を取ろうと)『潜る』,潜水する《+『down for』+『名』》

(…へ向かって)急降下する,急潜航する《+『down toward』+『名』》

(…に)駆け込む,逃げ込む《+『into』+『名』》

(…に)手を突っ込む《+『in』(『into』)+『名』》

(仕事・問題などに)飛び込む《+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'急降下させる,急潜航させる

『飛び込み』

(飛行機の)急降下;(潜水艦・潜水夫などの)急潜航

《話》怪しげなナイトクラブ,いんちき酒場

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

applause

『拍手かっさい』;称賛

panoramic

全景が見える;パノラマ式の

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

transition

(…から…へ)移り変わること,変遷;(…から…への)過渡期《+from+名+to+名》

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

geometry

〈U〉『幾何学』

〈C〉幾何学書

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

laughter

『笑い』,笑い声

tourist

[観光]旅行者,観光客

観光旅行[用]の

photo

『写真』[photographの短縮形]

times

…掛ける

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

historic

『歴史に残る』,歴史的,歴史上有名な

記録のある,歴史時代の

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

carriage

〈C〉(特に自家用)『四輪馬車』

〈C〉《米》うば車(=baby carriage)

〈C〉(機械などの)可動部分,往復台;(車付き)砲架,台架

〈U〉(歩いたり立ったりしているときの)身のこなし,動作,悌度

〈C〉《粟》(列車の)車両,客車

〈U〉運搬,輸送,運送料,運賃

augment

…'を'増す,増大(増加)させる

〈物・事が〉増す,増大(増加)する

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

representation

(…を)『表現(描写)すること』;(…が)表現されていること《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(個々の)説明,申し立て,抗議

〈C〉(個々の)絵画,画像,彫像

〈U〉(立法府などの)代表制

〈U〉《集合的な》代表団,議員団

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

indoors

『室内に』(『で』),『屋内に』(『で』)

OK

Oklahoma

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

pike

やり,ほこ(17世紀末まで歩兵が武器として用いた)

(やり・ほこの)…‘を'突き刺す

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

backpack

背のう(リュックサック・ナップサックなど)

リュックサックを背おって行く

〈リュックサックなど〉'を'背おう;〈物〉'を'背のうで運ぶ バックパック[リュックサック](を背負って旅行する), バックパックに入れる

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

registration

〈U〉(…に)登録すること,(…の)登録;書留《+『of』+『名』》

《米》《集合的に》登録者数;(特に大学の)在籍者数;受講者数

〈C〉登録証明書

〈C〉記録された事がら

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

frightening

ぎょっとさせる,恐ろしい

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

punch

…‘を'『げんこつでなぐる』

(機械などを動かすために)…‘を'押す

《話》〈家畜〉‘を'追う・げんこつでなぐる

〈C〉『げんこつの一打ち』

〈U〉《話》迫力

lab

実験室(laboratory)

broadcast

(ラジオ・テレビで)〈情報・音楽など〉'を'『放送する』

(一定地域に)〈種子〉'を'ばらまく

〈ニュース・うわさなど〉'を'広める,言いふらす

放送する

(ラジオ・テレビの)『放送番組』;放送

放送の,放送された(される)

ばらまかれた

ばらまいて,広く

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

pan

(通例ふたのない片柄の)『平なべ』

平なべ状の物;(はかりなどの)皿;(砂金などを砂利から分ける)選鉱なべ

硬質地層

…‘を'平なべで煮る

〈砂金など〉‘を'えり分ける,選鉱する《+『off』(『out』)+『名,』+『名』+『off』(『out』)》

《話》…‘を'こきおろす,酷評する

(…を得るために)選鉱なべで洗う《+『for』+『名』》

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

yeah

=yes

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

abandon

〈車・船・家など〉'を'『捨て去る』,見捨てて去る(leave behind)

〈希望・計画など〉'を'『断念する』;〈習慣など〉'を'『やめる』

勝手気まま,放縦

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

telescope

『望遠鏡』

(望遠鏡の筒のように順次に)…‘を'はめ込む,たたみ込む

(…に)…‘を'短縮する,圧縮する(compress)《+名+into+名》

順次にはまり込む,(衝突で)折り重なる

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

stare

(…を)(目を大きく開いて)『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する《+『at』(『into』)+『名』》

〈色などが〉目見つ

…‘を'『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する

〈人〉‘を'にらみつけて(…)させる《+『名』〈人〉+『into』(『to』)+『名』》

『じっと見つめること』,凝視

integration

統合,集成,完成

(学校や住居における)人種差別の撤廃

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

scrub

(たわし・ブラシなどで)…‘を'『ごしごしする』(洗う)

(…から)…‘を'こすり落とす《+『名』+『off』(『out』)+『名』》

〈ガスなど〉‘から'不純物を除く

…‘を'延期する;…‘を'取り消す

ごしごしこすってきれいにする

ごしごしとこすること,こすってきれいにすること

detailed

詳細にわたる

細部にまで注意した

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

overrun

・・・‘に'はびこる;・・・‘の'一面に広がる

〈場所〉‘を'走り越す;〈時間〉‘を'超過する

〈川・水などが〉・・・‘を'越えてあふれ出る

〈U〉(時間の)超過

《an~》(・・・の)超過量(額)《+『of』+『名』》

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

関連動画