TED日本語 - カーター・エマート: 三次元宇宙地図のデモ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

過去12年間、カーター・エマートは科学者、芸術家やプログラマーと共に宇宙の完全な三次元視覚化の構築に取り組んできました。この驚くべき旅をデモすると共に、どのようにしてこれが世界中の施設に共有されているかを説明します。

Script

今日は皆さんに Digital Universeをご紹介できることを 大変光栄に思います これは私たち人類が宇宙において どこに存在しているのかを 知る為に制作しました それではビデオを流しましょう

[ヒマラヤ山脈]

(音楽)

カーター=エマート:人類の進化と共にあった平らな水平線は 限りない資源と 廃棄物の処理に対する 無制限の許容量といった 無限性を象徴するものでした しかし 人類が 初めて地球を出て 大気圏外から 水平線が 折れ曲がっているのを見て 地球の有限性に 人々は気づくことになります Digital Universe Atlas の 製作は アメリカ自然史博物館にて 12年前に着手されました そのメンテナンスをし続け 一つのプロジェクトとして まとめることで 宇宙をあらゆるスケールで 視覚化できるようにしました 今ご覧になっているのは地球を回る衛星と 宇宙に対して正確に登録された 地球です 12年前にNASAが このプロジェクトを ハイデン プラネタリウムの改築の 一環として世界に向けて 公開できるように 支援してくれました

Digital Universeは 私たちがドームで行っている メインの宇宙ショー製作の中核を担うものです でも ここでご覧になられているのは スウェーデンのリンコピン大学と 提携したインターシップによって できたものです これを12人の学生に 彼らの卒業制作として 取り組んでもらいました その結果 この Univiewと呼ばれるソフトウェアと スウェーデンにある SCISSという会社が生まれたのです このソフトウェアは 双方向で利用できます この実際の飛行経路と 私たちが見ている動画は 編集されていないライブ映像です この動画は私の住んでいるマンハッタンの東側にある Earth Mattersと呼ばれるカフェで ノートパソコンを使ってキャプチャーしました これはルビン美術館との 共同プロジェクトとして 比較宇宙論における 展示用に 作ったものです

このように外へ遠ざかることで 地球からはるかに遠い銀河を見る事ができ 光の速さで進むことで どれだけ遠くまで来たかを 感じることができます 更に外へ向かうと これらの離れた惑星の光は 長い時間がかかっていることから 本質的に過去へと遡り始めます ずっと昔まで遡ることによって ようやく周囲を包み込む構造体のようなもの -- ビッグバンの残光を見る事ができます これはWMAPで得られた マイクロ波背景放射が 見えているところです ここでこの構造体を見るために 外周部周辺を回ります もしここの外を出たら 時間の生まれる前の状態にあるので ほとんど無意味です これが私たちの可視宇宙の構造です 宇宙は想像以上に巨大であることが分かります

急いで戻ってみると 始めに私たちが飛び出した球体が見えます これは 私たちがマッピングした 最新の太陽系外惑星の位置です 太陽をはじめとする太陽系も確認できます ここからはかなり急いで飛び込んでいかなければなりません 何桁分か拡大することで 太陽系を確認するようにします これらは ボイジャー1号と2号 パイオニア10号と11号の軌跡です 太陽系を離れた初めの4機の宇宙探査機です 近づいて 地球を捕捉しました 月の軌道に 地球を確認しました この地図は更新でき 新しいデータを追加できます

知人のキャロリン=ポルコ博士は カッシーニ計画のカメラ部門責任者です ここではカッシーニ計画において ミッション毎に色付けされた 複雑な軌跡を表示しています 水星よりも大きな 最大の月である タイタンに45回近づけるように 様々なミッションのフェーズ毎に 軌道をそらすように精巧に開発されています

このソフトウェアのおかげで こういったものに近づくことができます このソフトウェアはドーム間でネットワーク接続することができるため ユーザー基盤を広げています ドームを繋げるばかりか ドームと教室を繋げることもできます 私たちは実際に宇宙の旅を ガーナにあるサハラ以南初の プラネタリウムと 共有することをはじめとし 図書館が新しく建てられた コロンビアのスラム街や カンボジアの 高校にも宇宙の旅を共有しました カンボジアの学生は ハイデン プラネタリウムを彼らの高校から実際に操作しました

これは日曜日に 衛星アクアが撮影した画像をUniviewによって投影しています ご覧になっているのは地球の端です これはネパールです ここがラサの谷で ここはチベットです その下のインドでは ガンジス谷の火によるかすみが 見えます ここがネパールとチベットです

最後に私たちが生きている この美しい世界についてお話したいと思います ここは少し雪が積もっていますが 何人かはここから出発されたと思います 私が伝えたいのは 今世界が必要としているのは より大きな尺度で 自らを見つめ直すことができ より大きな視点でふるさとについて考えることができる能力です 私たちのふるさとは宇宙であり 私たちは宇宙の一部でもあるのです これは全員に当てはまることです 私たちの状況を あらゆるスケールで俯瞰することは 私たちが宇宙においてどこにいて 私たちが何者なのかを理解する上で役立つはずです

ありがとうございました

(拍手)

It's a great honor today to share with you The Digital Universe, which was created for humanity to really see where we are in the universe. And so I think we can roll the video that we have.

[ The Himalayas. ]

(Music)

The flat horizon that we've evolved with has been a metaphor for the infinite: unbounded resources and unlimited capacity for disposal of waste. It wasn't until we really left Earth, got above the atmosphere and had seen the horizon bend back on itself, that we could understand our planet as a limited condition. The Digital Universe Atlas has been built at the American Museum of Natural History over the past 12 years. We maintain that, put that together as a project to really chart the universe across all scales. What we see here are satellites around the Earth and the Earth in proper registration against the universe, as we see. NASA supported this work 12 years ago as part of the rebuilding of the Hayden Planetarium so that we would share this with the world.

The Digital Universe is the basis of our space show productions that we do -- our main space shows in the dome. But what you see here is the result of, actually, internships that we hosted with Linkoping University in Sweden. I've had 12 students work on this for their graduate work, and the result has been this software called Uniview and a company called SCISS in Sweden. This software allows interactive use, so this actual flight path and movie that we see here was actually flown live. I captured this live from my laptop in a cafe called Earth Matters on the Lower East Side of Manhattan, where I live, and it was done as a collaborative project with the Rubin Museum of Himalayan Art for an exhibit on comparative cosmology.

And so as we move out, we see continuously from our planet all the way out into the realm of galaxies, as we see here, light-travel time, giving you a sense of how far away we are. As we move out, the light from these distant galaxies have taken so long, we're essentially backing up into the past. We back so far up we're finally seeing a containment around us -- the afterglow of the Big Bang. This is the WMAP microwave background that we see. We'll fly outside it here, just to see this sort of containment. If we were outside this, it would almost be meaningless, in the sense as before time. But this our containment of the visible universe. We know the universe is bigger than that which we can see.

Coming back quickly, we see here the radio sphere that we jumped out of in the beginning, but these are positions, the latest positions of exoplanets that we've mapped, and our sun here, obviously, with our own solar system. What you're going to see -- we're going to have to jump in here pretty quickly between several orders of magnitude to get down to where we see the solar system -- these are the paths of Voyager 1, Voyager 2, Pioneer 11 and Pioneer 10, the first four spacecraft to have left the solar system. Coming in closer, picking up Earth, orbit of the Moon, and we see the Earth. This map can be updated, and we can add in new data.

I know Dr. Carolyn Porco is the camera P.I. for the Cassini mission. But here we see the complex trajectory of the Cassini mission color coded for different mission phases, ingeniously developed so that 45 encounters with the largest moon, Titan, which is larger that the planet Mercury, diverts the orbit into different parts of mission phase.

This software allows us to come close and look at parts of this. This software can also be networked between domes. We have a growing user base of this, and we network domes. And we can network between domes and classrooms. We're actually sharing tours of the universe with the first sub-Saharan planetarium in Ghana as well as new libraries that have been built in the ghettos in Columbia and a high school in Cambodia. And the Cambodians have actually controlled the Hayden Planetarium from their high school.

This is an image from Saturday, photographed by the Aqua satellite, but through the Uniview software. So you're seeing the edge of the Earth. This is Nepal. This is, in fact, right here is the valley of Lhasa, right here in Tibet. But we can see the haze from fires and so forth in the Ganges valley down below in India. This is Nepal and Tibet.

And just in closing, I'd just like to say this beautiful world that we live on -- here we see a bit of the snow that some of you may have had to brave in coming out -- so I'd like to just say that what the world needs now is a sense of being able to look at ourselves in this much larger condition now and a much larger sense of what home is. Because our home is the universe, and we are the universe, essentially. We carry that in us. And to be able to see our context in this larger sense at all scales helps us all, I think, in understanding where we are and who we are in the universe.

Thank you.

(Applause)

It's a great honor/ today/ to share with you/ The Digital Universe,/ which was created for humanity/ to really see/ where we are in the universe.//

今日は皆さんに Digital Universeをご紹介できることを 大変光栄に思います これは私たち人類が宇宙において どこに存在しているのかを 知る為に制作しました

And so/ I think/ we can roll the video/ that we have.//

それではビデオを流しましょう

[ The Himalayas.// ]//

[ヒマラヤ山脈]

(Music)//

(音楽)

The flat horizon/ that we've evolved/ with has been a metaphor/ for the infinite:/ unbounded resources and unlimited capacity/ for disposal of waste.//

カーター=エマート:人類の進化と共にあった平らな水平線は 限りない資源と 廃棄物の処理に対する 無制限の許容量といった 無限性を象徴するものでした

It wasn't/ until we really left Earth,/ got above the atmosphere/ and had seen the horizon bend back/ on itself,/ that we could understand our planet/ as a limited condition.//

しかし 人類が 初めて地球を出て 大気圏外から 水平線が 折れ曲がっているのを見て 地球の有限性に 人々は気づくことになります

The Digital Universe Atlas has been built at the American Museum of Natural History/ over the past 12 years.//

Digital Universe Atlas の 製作は アメリカ自然史博物館にて 12年前に着手されました

We maintain/ that,/ put that together/ as a project/ to really chart the universe/ across all scales.//

そのメンテナンスをし続け 一つのプロジェクトとして まとめることで 宇宙をあらゆるスケールで 視覚化できるようにしました

What we see/ here are satellites/ around the Earth and the Earth/ in proper registration/ against the universe,/ as we see.//

今ご覧になっているのは地球を回る衛星と 宇宙に対して正確に登録された 地球です

NASA supported this work/ 12 years ago/ as part of the rebuilding of the Hayden Planetarium/ so that we would share this/ with the world.//

12年前にNASAが このプロジェクトを ハイデン プラネタリウムの改築の 一環として世界に向けて 公開できるように 支援してくれました

The Digital Universe is the basis of our space show productions/ that we do --/ our main space shows/ in the dome.//

Digital Universeは 私たちがドームで行っている メインの宇宙ショー製作の中核を担うものです

But what you see/ here is the result of,/ actually,/ internships/ that we hosted with Linkoping University/ in Sweden.//

でも ここでご覧になられているのは スウェーデンのリンコピン大学と 提携したインターシップによって できたものです

I've had/ 12 students work on this/ for their graduate work,/ and the result has been/ this software called Uniview/ and a company called SCISS/ in Sweden.//

これを12人の学生に 彼らの卒業制作として 取り組んでもらいました その結果 この Univiewと呼ばれるソフトウェアと スウェーデンにある SCISSという会社が生まれたのです

This software allows interactive use,/ so/ this actual flight path and movie/ that we see/ here was actually flown live.//

このソフトウェアは 双方向で利用できます この実際の飛行経路と 私たちが見ている動画は 編集されていないライブ映像です

I captured this live/ from my laptop/ in a cafe called Earth Matters/ on the Lower East Side of Manhattan,/ where I live,/ and it was done as a collaborative project/ with the Rubin Museum of Himalayan Art/ for an exhibit/ on comparative cosmology.//

この動画は私の住んでいるマンハッタンの東側にある Earth Mattersと呼ばれるカフェで ノートパソコンを使ってキャプチャーしました これはルビン美術館との 共同プロジェクトとして 比較宇宙論における 展示用に 作ったものです

And so/ as we move out,/ we see continuously/ from our planet/ all the way out/ into the realm of galaxies,/ as we see here,/ light-travel time,/ giving you/ a sense of how far away/ we are.//

このように外へ遠ざかることで 地球からはるかに遠い銀河を見る事ができ 光の速さで進むことで どれだけ遠くまで来たかを 感じることができます

As we move out,/ the light/ from these distant galaxies have taken so long,/ we're essentially backing up/ into the past.//

更に外へ向かうと これらの離れた惑星の光は 長い時間がかかっていることから 本質的に過去へと遡り始めます

We back so far up/ we're finally seeing/ a containment/ around us --/ the afterglow of the Big Bang.//

ずっと昔まで遡ることによって ようやく周囲を包み込む構造体のようなもの -- ビッグバンの残光を見る事ができます

This is the WMAP microwave background/ that we see.//

これはWMAPで得られた マイクロ波背景放射が 見えているところです

We'll fly outside/ it here,/ just to see this sort of containment.//

ここでこの構造体を見るために 外周部周辺を回ります

If we were outside this,/ it would almost be meaningless,/ in the sense/ as before time.//

もしここの外を出たら 時間の生まれる前の状態にあるので ほとんど無意味です

But this our containment of the visible universe.//

これが私たちの可視宇宙の構造です

We know/ the universe is bigger/ than that/ which we can see.//

宇宙は想像以上に巨大であることが分かります

Coming back quickly,/ we see here/ the radio sphere/ that we jumped out of in the beginning,/ but these are positions,/ the latest positions of exoplanets/ that we've mapped,/ and our sun here,/ obviously,/ with our own solar system.//

急いで戻ってみると 始めに私たちが飛び出した球体が見えます これは 私たちがマッピングした 最新の太陽系外惑星の位置です 太陽をはじめとする太陽系も確認できます

What you're going to see --/ we're going to have to jump/ in here pretty quickly/ between several orders of magnitude/ to get down to/ where we see the solar system --/ these are the paths of Voyager 1,/ Voyager 2,/ Pioneer 11 and Pioneer 10,/ the first four spacecraft to have left the solar system.//

ここからはかなり急いで飛び込んでいかなければなりません 何桁分か拡大することで 太陽系を確認するようにします これらは ボイジャー1号と2号 パイオニア10号と11号の軌跡です 太陽系を離れた初めの4機の宇宙探査機です

Coming in closer,/ picking up/ Earth,/ orbit of the Moon,/ and we see the Earth.//

近づいて 地球を捕捉しました 月の軌道に 地球を確認しました

This map can be updated,/ and we can add in new data.//

この地図は更新でき 新しいデータを追加できます

I know Dr.// Carolyn Porco is the camera/ P.I./ for the Cassini mission.//

知人のキャロリン=ポルコ博士は カッシーニ計画のカメラ部門責任者です

But here/ we see the complex trajectory of the Cassini mission color coded for different mission phases,/ ingeniously developed/ so that 45 encounters/ with the largest moon,/ Titan,/ which is larger/ that the planet Mercury,/ diverts the orbit/ into different parts of mission phase.//

ここではカッシーニ計画において ミッション毎に色付けされた 複雑な軌跡を表示しています 水星よりも大きな 最大の月である タイタンに45回近づけるように 様々なミッションのフェーズ毎に 軌道をそらすように精巧に開発されています

This software allows us/ to come close/ and look at parts of this.//

このソフトウェアのおかげで こういったものに近づくことができます

This software can also be networked between domes.//

このソフトウェアはドーム間でネットワーク接続することができるため

We have a growing user base of this,/ and we network domes.//

ユーザー基盤を広げています ドームを繋げるばかりか

And we can network between domes and classrooms.//

ドームと教室を繋げることもできます

We're actually sharing/ tours of the universe/ with the first sub-Saharan planetarium/ in Ghana/ as well as/ new libraries/ that have been built in the ghettos/ in Columbia and a high school/ in Cambodia.//

私たちは実際に宇宙の旅を ガーナにあるサハラ以南初の プラネタリウムと 共有することをはじめとし 図書館が新しく建てられた コロンビアのスラム街や カンボジアの 高校にも宇宙の旅を共有しました

And the Cambodians have actually controlled the Hayden Planetarium/ from their high school.//

カンボジアの学生は ハイデン プラネタリウムを彼らの高校から実際に操作しました

This is an image/ from Saturday,/ photographed by the Aqua satellite,/ but through the Uniview software.//

これは日曜日に 衛星アクアが撮影した画像をUniviewによって投影しています

So you're seeing/ the edge of the Earth.//

ご覧になっているのは地球の端です

This is Nepal.//

これはネパールです

This is,/ in fact,/ right here is the valley of Lhasa,/ right here/ in Tibet.//

ここがラサの谷で ここはチベットです

But we can see the haze/ from fires/ and so forth/ in the Ganges valley down below/ in India.//

その下のインドでは ガンジス谷の火によるかすみが 見えます

This is Nepal and Tibet.//

ここがネパールとチベットです

And just/ in closing,/ I'd just like to say/ this beautiful world/ that we live on --/ here/ we see a bit of the snow/ that some of you may have had to brave/ in coming out --/ so I'd like to just say/ that/ what the world needs now is a sense of being able to look at ourselves/ in this much larger condition now and a much larger sense of what home is.//

最後に私たちが生きている この美しい世界についてお話したいと思います ここは少し雪が積もっていますが 何人かはここから出発されたと思います 私が伝えたいのは 今世界が必要としているのは より大きな尺度で 自らを見つめ直すことができ より大きな視点でふるさとについて考えることができる能力です

Because our home is the universe,/ and we are the universe,/ essentially.//

私たちのふるさとは宇宙であり 私たちは宇宙の一部でもあるのです

We carry/ that in us.//

これは全員に当てはまることです

And to be able to see our context/ in this larger sense/ at all scales helps us/ all,/ I think,/ in understanding/ where we are/ and who we are in the universe.//

私たちの状況を あらゆるスケールで俯瞰することは 私たちが宇宙においてどこにいて 私たちが何者なのかを理解する上で役立つはずです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

Himalayas

ヒマラヤ山脈(インドとチベットの間にあるEverest山を含む世界最高の山脈)

flat

平『平らな』,平たんな

《補語にのみ用いて》べったりと広がった(横になった)

薄っぺらな(shallow)

《名詞の前にのみ用いて》露骨な,あからさまな;(positive)

(料金・価格などが)均一(一律)の(uniform)

たいくつな,おもしろくない,気の抜けた

(発泡飲料が)気の抜けた

空気のはいっていない,しぼんだ

(絵画で色調が)変化に乏しい,光沢を消した

(音楽で)変音の,半音下がった

『きっぱりと』

正確に,きっかり

本来の音程より下げて

『平面』,平たい部分

平地,低地;《複数形で》湿地,沼地,浅瀬

枠張り物(舞台背景用のベニヤ・布などを張った枠組み)

《おもに米》空気の抜けたタイヤ;パンク

半音低い音,変音;変音記号

horizon

『地平線』,水平線

(知識・関心・経験などの)限界,範囲,視野《+『of』+『名』》

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

infinite

(空間・数・量・程度などについて)『無限の』,限りがない

ばく大な,非常に大きい(very great)

《the I-》神(God)

《the ~》無限なもの,無限の空間(時間)

(数学で)無限

unbounded

果てしない,無限の(boundless)

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

unlimited

(空間的に)限りない,果てしない(boundless)

無制限の,無条件の

過度の,非常な(excessive)

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

disposal

配置,配列

(事件・業務などの)『処置』,処理;処分

(物の)譲渡;売却

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

bend

〈まっすぐな物〉'を'『曲げる』

(…に)〈人〉'を'『従わせる』,屈服させる,〈意志〉'を'曲げさせる《+『名』+『to』+『名』》

(…の方向に)〈視線・歩みなど〉'を'『向ける』,〈心など〉'を'傾ける《+『名』+『to』(『toward』,『on』)+『名

(do『ing』)》

〈物が〉曲がる

身をかがめる;(…に)かがみこむ《+[『down』]『over』+『名』》

(運命・意志,人などに)『従う』,屈服する《+『before』(『to』)+『名』》

(…を方向に)『曲がる』,向かう《+『to』(『toward』)+『名』》

(仕事などに)取り組む,身を入れる《+『to』+『名』》

曲がり,湾曲部,曲がった所

(…を)曲げる(曲がる)こと,(身を)かがめること《+『of』+『名』》

(綱の)結び目

《話》《the bends》ケーソン病,潜水病

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

planet

『惑星』,遊星

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

Atlas

アトラス(天を肩にになうという罰を受けた大力のギリシタ神話の神;メルカトルの地図書の巻頭に,この神の絵をつけたことから地図書をatlasと呼ぶようになった)

〈C〉アトラス(米空軍の大陸間誘導弾)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

museum

『博物館』;美術館

natural history

博物学(動物学・植物学・鉱物学など自然物の研究を扱う)

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

proper

(目的に)『適切な』,ふさわしい

《文》《補語にのみ用いて》《『be proper to』+『名』…に固有の,本来備わっている》

基準にかなった,正式の

(行き過ぎるぐらいに)礼儀正しい

《名詞の前にのみ用いて》厳密な,正確な

《名詞の後に置いて》厳密な意味での,真の,純粋の

《名詞の前にのみ用いて》すばらしい,すてきな;《おもに英話》全くの

registration

〈U〉(…に)登録すること,(…の)登録;書留《+『of』+『名』》

《米》《集合的に》登録者数;(特に大学の)在籍者数;受講者数

〈C〉登録証明書

〈C〉記録された事がら

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

planetarium

プラネタリウム(ドームの内面に星座を映写する装置)

プラネタリウム(天文館)

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

dome

(半球形の)『丸屋根』,丸天井,ドーム

丸屋根状のもの

…‘に'ドームをつける,‘を'ドームでおおう

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

internship

インターンとしての勤務期間

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Sweden

スウェーデン(北欧の王国;首都は Stockholm)

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

flight path

飛行経路

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

cafe

〈C〉『喫茶店』(coffeehouse),小レストラン);《英》(酒類を出さない)『軽食堂』

〈C〉バー,キャバレー,ナイトクラブ

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

lower

(lowの比較級)『もっと低い』,(価格が)もっと安い

《名詞の前にのみ用いて》『下級の』;低い(下の)ほうの

…‘を'『下げる』,降ろす

〈価格・程度・量・調子など〉‘を'『下げる』,小さくする,低下させる

〈人〉‘を'品位(品格)を落とす

低くなる,下がる,滅る

East Side

イーストサイド(ニューヨーク市のマンハッタンの東部地区;移住者など低所得者層が多く住む)

Manhattan

マンハッタン区(ニューヨーク市内南東部の島で商業地区;国連本部などがある)

〈C〉〈U〉《しばしばm-》《米》マンハッタン(カクテルの一種)

Himalayan

ヒマラヤの,ヒマラヤ山脈の

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

exhibit

〈感情・性質など〉‘を'『表す』,『示す』

…‘を'『出品する』,陳列する

出品物,陳列品

《米》展覧会,展示会(exhibition)

(法律上の)証拠書類(物件)

comparative

『比較の』,比較による

比較的,かなりの

比較級の

比較級

cosmology

宇宙論

宇宙の起源・構造などを扱う哲学の一部門

宇宙の構造・進学を研究する天文学の一部門

way out

(窮状などを救う)解決法

《英》(劇場などの)出口(exit)

realm

《文》王国(おもに法律・詩・修辞用語)

《しばしば複数形で》(学問などの)『分野』,領域

galaxy

星雲;《the G-》銀河,天の川

《a ~》(人・物の)華やかな大集団《+『of』+『名』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

distant

(距離が)『遠い』,遠方の

(時間的に)『離れた』,隔たった;遠い[過去の]

《名詞の前にのみ用いて》(関係が)薄い,遠い

(態度などが)よそよそしい

《名詞の前にのみ用いて》遠方からの,遠方への

so long

さようなら

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

containment

(敵・反対勢力に対する)封じ込め政策(戦術)

afterglow

夕焼け,夕映え

(楽しい経験の)後に残った快感,快い後味

bang

バン(ドカン,ズドン,バタン)という音

バン(ドン)という一撃(強打)

《話》活力,気力

…'を'『バン(ドン)と打つ』;(…に)…'を'バン(ドン)と打ちつける《+『名』+『on』(『against』『,at』)『+『名』》;〈戸など〉'を'バタンとしめる

『バン(ドン)と音を立てる』;(…を)ドン(バン)と打つ《+『on』(『against』,『at』+『名』》

性交する(相手は女)

まさに,全く,ちょうど

microwave

(無線電信・電話の)極超短波,マイクロウェーブ(波長1m以下の電波;レーダーなどに使用する)

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

meaningless

無意味な

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

sphere

『球』,球体,球面

(惑星・星などの)『天体』;天球;《詞》天,空

(知識・活動・影響などの)『範囲』,領域《+『of』+『名』》

(社会的)地位,階級

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

obviously

明らかに,明白に

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

solar system

太陽系

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

magnitude

『大きさ』,規模

『重要さ』(importance);(精神的な)偉大さ,高潔

(星の)光度,等級

マグニチュード(地震の強さなどの数量的単位)

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

voyager

航海者,航行者;旅行者

pioneer

(未開地の)『開拓者』

(研究・事業などの)『駆者』,開拓者《+『in』(『of』)+『名』》

(先発して本隊のために道路や橋を作る)工兵

先駆動物(植物)(動・植物のなかった地域に最初にはいり定着した動・植物)

〈土地など〉‘を'開拓する,開拓して定住する

〈研究・事業など〉‘を'開拓する,創始する

(新しい土地の)開拓者となる《+『in』+『名』》

(…において)先駆者となる《+『in』+『名』(do『ing』)》

spacecraft

宇宙船

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

orbit

(天体・人工衛星の)『軌道』;軌道の1周

(活動・影響・知識の)範囲

(軌道に沿って)…‘の'周りを回る

〈人工衛星〉‘を'軌道に乗せる

軌道に沿って回る,軌道に乗る

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

update

…を最新のものにする

最新情報

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

data

『資料』,事実;情報

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

trajectory

(ミサイルなどの描く)弾道,軌道,曲線

cod

=codfish 1

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

Titan

タイタン(ギリシア神話で,オリンポスの神々以前に世界を支配していた巨人の一族の一人)

《ti・tan》巨人;大物

Mercury

水星

『マーキュリー』(ローマ神話で,商業をつかさどり,神々の使者をつとめた神;ギリシア神話のHermesにあたる)

divert

(ある道筋・用途から…へ)…‘を'『わきへそらす』《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈心・注意など〉‘を'そらす《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'楽しませる

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

classroom

『クラスルーム』,教室

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

Ghana

ガーナ(西部アフリカの共和国;首都はAccra)

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

ghetto

ユダヤ人街(昔ヨーロッパでユダヤ人が強制的に居住させられた)

《米》スラム街,貧民街(黒人・プエルトリコ人などの少数民族が居住する)

Columbia

コロンビア(米国South Carolina州の州都)

《the ~》コロンビア川(カナダ南西部から米国北西部を流れて太平洋に注ぐ)

《文》アメリカ合衆国

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

Cambodia

カンボジア(東南アジアの共和国;首都はPhnom Penh)

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

aqua

水;溶液

《複合語を作って》「水の…」「水に関する…」の意を表す

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

Nepal

ネパール(インドとチベットの間にある王国;首都はKatmandu)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

Tibet

チベット(中国南西部の自治区;首都は Lhasa)

haze

〈C〉〈U〉もや,かすみ

〈C〉(精神の)もうろう

かすむ

…‘を'かすませる

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

Ganges

ガンジス川(インドの北東部を通りベンガル湾に注ぐ大河)

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

closing

閉じる,終りの

〈U〉閉じること,閉鎖

〈C〉〈U〉終了,締め切り;決算

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

snow

〈U〉『雪』

〈C〉《単数形で》『降雪』;《複数形で》積雪

〈U〉〈C〉雪のような物;(特に)コカイン,ヘロイン

《itを主語にして》『雪が降る』

(…に)雪のように降る《+『on』+『名』》;雪のように舞い込む《+『in』》

…‘を'雪のように降らせる

…‘を'雪でおおう(閉じ込める)《+『名』+『in』(『under, up』)》

brave

『勇敢な,勇ましい』

《文》はなやかな…みごとな

勇士

北市インディアンの戦士

〈困難など〉‘に'勇敢に立ち向かう,〈危険〉'を'ものともしない

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画