TED日本語 - タン・レイ: 脳波を読むヘッドセット

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

タン・レイのびっくりするような新しいコンピュータインタフェースは、ユーザの脳波を読み取り、仮想的なオブジェクトや実際の家電機器を念じるだけで(それと少しばかりの集中によって)操作することができます。タン・レイがこのヘッドセットのデモを披露し、いろいろな応用例を紹介します。

Script

これまでの私達の 機械に対する コミュニケーションは 意識的で 直接的なものに 限られていました スイッチで電灯を点けるという 単純なことから ロボティクスのプログラミングのような複雑なものまで 機械に何かをさせようと思ったら はっきりと命じたり 一連のコマンドを与える必要がありました 一方で 人と人のコミュニケーションは ずっと複雑で ずっと興味深いものです 明示的には示されない 多くのことが考慮されるからです 表情やボディランゲージを読むことで 会話しながら気持ちや感情を 直感的につかみ取ることができます 実際これは私達の意志決定において 大きな部分を占めています 私達がビジョンに掲げているのは 人とコンピュータの対話の中に 今までにはなかった 人の対話の要素を導入することで コンピュータが 直接命令されたことだけでなく 人の表情や 感情にも 反応できるようにすることです そのための方法として 私達の制御や体験の中心にある 脳が作り出す信号を解釈するより 良い方法はないでしょう

これはとても良いアイデアに見えますが ブルーノも紹介してくれたように 2つの理由により 容易なことではないのです 第一の問題は 検出アルゴリズムです 私達の脳には 活動状態のニューロンが何十億もあり 軸索を繋ぎ合わせると 17万キロにも及びます これらのニューロンが情報を伝えるとき 化学反応が起こす電気信号を 計測することができます 脳の機能部位の 大部分は 脳の表層部分にあります そして知的能力に使える領域を増やすために 脳の表面には たくさんの皺があります この皮質にある皺のために 脳表層の電気信号の解釈は 難しい問題となっています 皮質の皺の入り方は 指紋のように 個人ごとに 異なっているのです だから信号が 脳の同じ機能部位から来ているにしても この皺になった構造のために 物理的な位置が 個人ごとに大きく異なり たとえ一卵性双生児でも 同じにはなりません 表層の信号に 一貫した解釈はできないのです

私達は この問題の解決のため 皮質の皺を展開するアルゴリズムを作りました それによって信号を その発生元に 対応づけることが可能になり 多くの人に適用できるようになったのです もう1つの難問は 脳波を観察するための装置です 脳波測定には通常 センサが並んだヘアネットのようなものを使います 写真でご覧頂いているようなものです その電極を 技師が伝導性の ジェルやペーストを使って 頭皮に取り付けるのですが これをやると あとで軽い 擦り傷のようになります これはとても時間がかかりますし あまり快適なものでもありません その上 こういったシステムは 何万ドルもするのです

ここで去年の講演者であるエヴァン グラントに 登場してもらいましょう 彼は快く 私達の発明のデモへの協力を 引き受けてくださいました

(拍手)

ご覧頂いている装置は 14チャネル 高忠実度 脳波捕捉システムです 頭皮にジェルやペーストを 付ける必要はありません 装着して信号が安定するまで ほんの数分しかかかりません ワイヤレスですので 自由に動き回れます 何万ドルもする従来の 脳波捕捉システムに対し このヘッドセットは ほんの数百ドルしかしません 検出アルゴリズムについてお話ししましょう 前に感情表現としての 表情の話をしましたが 個人に合わせた簡単な 感度調整だけで すぐに表情の捕捉ができるようになります 今日は時間が限られていますので 認知セットだけを ご紹介します これは心の中で 仮想的な物体を動かすというものです

エヴァンは 初めて このシステムを使うので 最初に新しいプロフィールを作ります 彼がジョアンなわけありませんね 「ユーザの追加」で エヴァンと入れます 認知セットを行うにあたって まずニュートラルな状態の信号による トレーニングから始めます ニュートラルというのは 何もしない状態ということです ただくつろいで リラックスします これによって ベースラインというか 脳の標準的な状態を設定します 脳は人によって異なるからです これには8秒かかります それが済んだら ものを動かす課題をどれか選びます ではエヴァン 心の中で明確に イメージできるものを選んでください

「引く」をやってみます

では「引く」を選択します エヴァンには 物体が画面の 手前の方にやってくるところを イメージしてもらいます その間プログレスバーが 伸びていきます 最初は何も起きません 彼が「引く」をどう考えるのか システムはまだ知らないからです 8秒間「引く」ことを イメージし続けてください それでは 1、2、3、はい いいでしょう これを登録してやると 立方体を動かせるようになります ではエヴァンに 「引く」ことをイメージしてもらいましょう わぁ すごい!

(拍手) びっくりしました (拍手)

まだ少し時間があるようですので エヴァンにすごく難しい課題に 挑戦してもらいましょう これが難しいのは 実際の世界には存在しないことを イメージする必要があるためです 「消す」をやります 移動に関するアクションであれば いつもやっている事なので 容易にイメージできます でも「消す」というのは経験がありません ではエヴァン 立方体がゆっくりと 消えていくところをイメージしてください まずは練習です 1、2、3、はい じゃあ試してみましょう ほら! 彼は本当に優秀です もう一度やってみて…

集中力が切れちゃったな

(笑)

でも一度うまくいったの分かりますよね あまり長くは 保てませんでしたけど さっきも言ったように これはイメージするのが とても難しいんです これのいいところは 「消す」をどう考えるか ソフトウェアに いっぺん教えればいいということです この中には機械学習アルゴリズムが入っていて…

(歓声)

どうもありがとう すごい すごい

(拍手)

本当にありがとう エヴァン おかげで素晴しいデモができました

ご覧頂いたように このソフトには計測システムがあって ユーザがシステムに 馴染んでいくのに応じて 機能を追加していくことができるんです そうやってシステムが いろいろ異なる考えを 識別できるようになります 一通り検出のトレーニングが済んだら それぞれの考えを コンピュータや アプリケーションや 装置に 割り当てることができます

いくつか例をお見せしましょう この新しいインタフェースに どれほど多くの応用があるか たとえばゲームや仮想空間では 普通に表情を直感的に使って アバターや 仮想のキャラクタを 操作することができます もちろん魔法のファンタジーを体験し 心で世界をコントロールすることだってできます それからまた 色や 光や 音や 特殊効果も 感情の状態に応じて変化させ リアルタイムで体験を増幅することができます 世界中の研究者や開発者によって ロボットや機械を使った応用例が 開発されています たとえば ここではオモチャのヘリコプターを 飛べと念じるだけで飛ばしています

このテクノロジーは実用的なことにも 応用することができます たとえばスマートホームです 制御システムのユーザインタフェースを通して カーテンを開けたり 閉めたりできます それにもちろん照明を 点けたり 消したりもできます 最後に 本当に人の生活を変える応用です 電動車椅子のコントロールができるんです この例では 表情を移動コマンドに対応づけています

右目のウィンクで右に曲がります 左目のウィンクで左に曲がります 笑顔で直進します

ここでは…ありがとうございます

(拍手)

現在可能なことのほんの一部をご紹介しました コミュニティからの意見や 世界中の開発者や研究者の参加によって このテクノロジーがこれからどこへ向かうべきか 見極めるのに力を貸していただけたらと思います どうもありがとうございました

Up until now, our communication with machines has always been limited to conscious and direct forms. Whether it's something simple like turning on the lights with a switch, or even as complex as programming robotics, we have always had to give a command to a machine, or even a series of commands, in order for it to do something for us. Communication between people, on the other hand, is far more complex and a lot more interesting because we take into account so much more than what is explicitly expressed. We observe facial expressions, body language, and we can intuit feelings and emotions from our dialogue with one another. This actually forms a large part of our decision-making process. Our vision is to introduce this whole new realm of human interaction into human-computer interaction so that computers can understand not only what you direct it to do, but it can also respond to your facial expressions and emotional experiences. And what better way to do this than by interpreting the signals naturally produced by our brain, our center for control and experience.

Well, it sounds like a pretty good idea, but this task, as Bruno mentioned, isn't an easy one for two main reasons: First, the detection algorithms. Our brain is made up of billions of active neurons, around 170,000 km of combined axon length. When these neurons interact, the chemical reaction emits an electrical impulse, which can be measured. The majority of our functional brain is distributed over the outer surface layer of the brain, and to increase the area that's available for mental capacity, the brain surface is highly folded. Now this cortical folding presents a significant challenge for interpreting surface electrical impulses. Each individual's cortex is folded differently, very much like a fingerprint. So even though a signal may come from the same functional part of the brain, by the time the structure has been folded, its physical location is very different between individuals, even identical twins. There is no longer any consistency in the surface signals.

Our breakthrough was to create an algorithm that unfolds the cortex, so that we can map the signals closer to its source, and therefore making it capable of working across a mass population. The second challenge is the actual device for observing brainwaves. EEG measurements typically involve a hairnet with an array of sensors, like the one that you can see here in the photo. A technician will put the electrodes onto the scalp using a conductive gel or paste and usually after a procedure of preparing the scalp by light abrasion. Now this is quite time consuming and isn't the most comfortable process. And on top of that, these systems actually cost in the tens of thousands of dollars.

So with that, I'd like to invite onstage Evan Grant, who is one of last year's speakers, who's kindly agreed to help me to demonstrate what we've been able to develop.

(Applause)

So the device that you see is a 14-channel, high-fidelity EEG acquisition system. It doesn't require any scalp preparation, no conductive gel or paste. It only takes a few minutes to put on and for the signals to settle. It's also wireless, so it gives you the freedom to move around. And compared to the tens of thousands of dollars for a traditional EEG system, this headset only costs a few hundred dollars. Now on to the detection algorithms. So facial expressions -- as I mentioned before in emotional experiences -- are actually designed to work out of the box with some sensitivity adjustments available for personalization. But with the limited time we have available, I'd like to show you the cognitive suite, which is the ability for you to basically move virtual objects with your mind.

Now, Evan is new to this system, so what we have to do first is create a new profile for him. He's obviously not Joanne -- so we'll "add user." Evan. Okay. So the first thing we need to do with the cognitive suite is to start with training a neutral signal. With neutral, there's nothing in particular that Evan needs to do. He just hangs out. He's relaxed. And the idea is to establish a baseline or normal state for his brain, because every brain is different. It takes eight seconds to do this, and now that that's done, we can choose a movement-based action. So Evan, choose something that you can visualize clearly in your mind.

Evan Grant: Let's do "pull."

Tan Le: Okay, so let's choose "pull." So the idea here now is that Evan needs to imagine the object coming forward into the screen, and there's a progress bar that will scroll across the screen while he's doing that. The first time, nothing will happen, because the system has no idea how he thinks about "pull." But maintain that thought for the entire duration of the eight seconds. So: one,two,three, go. Okay. So once we accept this, the cube is live. So let's see if Evan can actually try and imagine pulling. Ah, good job!

(Applause) That's really amazing. (Applause)

So we have a little bit of time available, so I'm going to ask Evan to do a really difficult task. And this one is difficult because it's all about being able to visualize something that doesn't exist in our physical world. This is "disappear." So what you want to do -- at least with movement-based actions, we do that all the time, so you can visualize it. But with "disappear," there's really no analogies -- so Evan, what you want to do here is to imagine the cube slowly fading out, okay. Same sort of drill. So: one,two,three, go. Okay. Let's try that. Oh, my goodness. He's just too good. Let's try that again.

EG: Losing concentration.

(Laughter)

TL: But we can see that it actually works, even though you can only hold it for a little bit of time. As I said, it's a very difficult process to imagine this. And the great thing about it is that we've only given the software one instance of how he thinks about "disappear." As there is a machine learning algorithm in this --

(Applause)

Thank you. Good job. Good job.

(Applause)

Thank you, Evan, you're a wonderful, wonderful example of the technology.

So, as you can see, before, there is a leveling system built into this software so that as Evan, or any user, becomes more familiar with the system, they can continue to add more and more detections, so that the system begins to differentiate between different distinct thoughts. And once you've trained up the detections, these thoughts can be assigned or mapped to any computing platform, application or device.

So I'd like to show you a few examples, because there are many possible applications for this new interface. In games and virtual worlds, for example, your facial expressions can naturally and intuitively be used to control an avatar or virtual character. Obviously, you can experience the fantasy of magic and control the world with your mind. And also, colors, lighting, sound and effects can dynamically respond to your emotional state to heighten the experience that you're having, in real time. And moving on to some applications developed by developers and researchers around the world, with robots and simple machines, for example -- in this case, flying a toy helicopter simply by thinking "lift" with your mind.

The technology can also be applied to real world applications -- in this example, a smart home. You know, from the user interface of the control system to opening curtains or closing curtains. And of course, also to the lighting -- turning them on or off. And finally, to real life-changing applications, such as being able to control an electric wheelchair. In this example, facial expressions are mapped to the movement commands.

Man: Now blink right to go right. Now blink left to turn back left. Now smile to go straight.

TL: We really -- Thank you.

(Applause)

We are really only scratching the surface of what is possible today, and with the community's input, and also with the involvement of developers and researchers from around the world, we hope that you can help us to shape where the technology goes from here. Thank you so much.

Up until now,/ our communication/ with machines has always been limited to conscious and direct forms.//

これまでの私達の 機械に対する コミュニケーションは 意識的で 直接的なものに 限られていました

Whether it's something simple/ like turning on the lights/ with a switch,/ or/ even as complex/ as programming robotics,/ we have always had to give/ a command/ to a machine,/ or even/ a series of commands,/ in order/ for it to do something/ for us.//

スイッチで電灯を点けるという 単純なことから ロボティクスのプログラミングのような複雑なものまで 機械に何かをさせようと思ったら はっきりと命じたり 一連のコマンドを与える必要がありました

Communication/ between people,/ on the other hand,/ is far more complex/ and a lot more interesting/ because we take into account so much/ more/ than what is explicitly expressed.//

一方で 人と人のコミュニケーションは ずっと複雑で ずっと興味深いものです 明示的には示されない 多くのことが考慮されるからです

We observe facial expressions,/ body language,/ and we can intuit feelings and emotions/ from our dialogue/ with one another.//

表情やボディランゲージを読むことで 会話しながら気持ちや感情を 直感的につかみ取ることができます

This actually forms a large part of our decision-making process.//

実際これは私達の意志決定において 大きな部分を占めています

Our vision is to introduce this whole new realm of human interaction/ into human-computer interaction/ so that computers can understand not only/ what you direct it/ to do,/ but it can also respond to your facial expressions and emotional experiences.//

私達がビジョンに掲げているのは 人とコンピュータの対話の中に 今までにはなかった 人の対話の要素を導入することで コンピュータが 直接命令されたことだけでなく 人の表情や 感情にも 反応できるようにすることです

And what better way to do this/ than by interpreting the signals naturally produced by our brain,/ our center/ for control and experience.//

そのための方法として 私達の制御や体験の中心にある 脳が作り出す信号を解釈するより 良い方法はないでしょう

Well,/ it sounds like a pretty good idea,/ but this task,/ as Bruno mentioned,/ isn't an easy one/ for two main reasons:/ First,/ the detection algorithms.//

これはとても良いアイデアに見えますが ブルーノも紹介してくれたように 2つの理由により 容易なことではないのです 第一の問題は 検出アルゴリズムです

Our brain is made up/ of billions of active neurons,/ around 170,000 km of combined axon length.//

私達の脳には 活動状態のニューロンが何十億もあり 軸索を繋ぎ合わせると 17万キロにも及びます

When these neurons interact,/ the chemical reaction emits an electrical impulse,/ which can be measured.//

これらのニューロンが情報を伝えるとき 化学反応が起こす電気信号を 計測することができます

The majority of our functional brain is distributed over the outer surface layer of the brain,/ and to increase the area/ that's available/ for mental capacity,/ the brain surface is highly folded.//

脳の機能部位の 大部分は 脳の表層部分にあります そして知的能力に使える領域を増やすために 脳の表面には たくさんの皺があります

この皮質にある皺のために 脳表層の電気信号の解釈は 難しい問題となっています

Each individual's cortex is folded differently,/ very much/ like a fingerprint.//

皮質の皺の入り方は 指紋のように 個人ごとに 異なっているのです

So/ even though a signal may come from the same functional part of the brain,/ by the time/ the structure has been folded,/ its physical location is very different/ between individuals,/ even identical twins.//

だから信号が 脳の同じ機能部位から来ているにしても この皺になった構造のために 物理的な位置が 個人ごとに大きく異なり たとえ一卵性双生児でも 同じにはなりません

There is no longer/ any consistency/ in the surface signals.//

表層の信号に 一貫した解釈はできないのです

Our breakthrough was to create an algorithm/ that unfolds the cortex,/ so that we can map the signals closer/ to its source,/ and therefore/ making it capable of working across a mass population.//

私達は この問題の解決のため 皮質の皺を展開するアルゴリズムを作りました それによって信号を その発生元に 対応づけることが可能になり 多くの人に適用できるようになったのです

The second challenge is the actual device/ for observing brainwaves.//

もう1つの難問は 脳波を観察するための装置です

EEG measurements typically involve a hairnet/ with an array of sensors,/ like the one/ that you can see here/ in the photo.//

脳波測定には通常 センサが並んだヘアネットのようなものを使います 写真でご覧頂いているようなものです

A technician will put the electrodes/ onto the scalp/ using a conductive gel or paste/ and usually/ after a procedure of preparing the scalp/ by light abrasion.//

その電極を 技師が伝導性の ジェルやペーストを使って 頭皮に取り付けるのですが これをやると あとで軽い 擦り傷のようになります

Now/ this is quite time consuming/ and isn't the most comfortable process.//

これはとても時間がかかりますし あまり快適なものでもありません

And/ on top of that,/ these systems actually cost in the tens of thousands of dollars.//

その上 こういったシステムは 何万ドルもするのです

So/ with that,/ I'd like to invite/ onstage Evan Grant,/ who is one of last year's speakers,/ who's kindly agreed to help/ me/ to demonstrate/ what we've been able to develop.//

ここで去年の講演者であるエヴァン グラントに 登場してもらいましょう 彼は快く 私達の発明のデモへの協力を 引き受けてくださいました

(拍手)

So the device/ that you see/ is a 14-channel, high-fidelity EEG acquisition system.//

ご覧頂いている装置は 14チャネル 高忠実度 脳波捕捉システムです

It doesn't require any scalp preparation,/ no conductive gel/ or paste.//

頭皮にジェルやペーストを 付ける必要はありません

It only takes a few minutes/ to put on and for the signals/ to settle.//

装着して信号が安定するまで ほんの数分しかかかりません

It's also wireless,/ so it gives you/ the freedom/ to move around.//

ワイヤレスですので 自由に動き回れます

And compared to the tens of thousands of dollars/ for a traditional EEG system,/ this headset only costs a few hundred dollars.//

何万ドルもする従来の 脳波捕捉システムに対し このヘッドセットは ほんの数百ドルしかしません

Now/ on/ to the detection algorithms.//

検出アルゴリズムについてお話ししましょう

So facial expressions --/ as I mentioned before/ in emotional experiences --/ are actually designed to work out of the box/ with some sensitivity adjustments available/ for personalization.//

前に感情表現としての 表情の話をしましたが 個人に合わせた簡単な 感度調整だけで すぐに表情の捕捉ができるようになります

But with the limited time/ we have available,/ I'd like to show/ you/ the cognitive suite,/ which is the ability/ for you/ to basically move virtual objects/ with your mind.//

今日は時間が限られていますので 認知セットだけを ご紹介します これは心の中で 仮想的な物体を動かすというものです

Now,/ Evan is new/ to this system,/ so/ what we have to do first is create a new profile/ for him.//

エヴァンは 初めて このシステムを使うので 最初に新しいプロフィールを作ります

He's obviously not Joanne --/ so we'll "add user."//

彼がジョアンなわけありませんね 「ユーザの追加」で

Evan.// Okay.//

エヴァンと入れます

So/ the first thing/ we need to do/ with the cognitive suite is to start with training a neutral signal.//

認知セットを行うにあたって まずニュートラルな状態の信号による トレーニングから始めます

With neutral,/ there's nothing/ in particular/ that Evan needs to do.//

ニュートラルというのは 何もしない状態ということです

He just hangs/ out.// He's relaxed.//

ただくつろいで リラックスします

And the idea is to establish a baseline or normal state/ for his brain,/ because every brain is different.//

これによって ベースラインというか 脳の標準的な状態を設定します 脳は人によって異なるからです

It takes eight seconds/ to do this,/ and now/ that that's done,/ we can choose a movement-based action.//

これには8秒かかります それが済んだら ものを動かす課題をどれか選びます

So Evan,/ choose something/ that you can visualize clearly/ in your mind.//

ではエヴァン 心の中で明確に イメージできるものを選んでください

Evan Grant:/ Let's do "pull."//

「引く」をやってみます

Tan Le:/ Okay,/ so let's choose "pull."//

では「引く」を選択します

So the idea here now is/ that Evan needs to imagine/ the object/ coming forward/ into the screen,/ and there's a progress bar/ that will scroll across the screen/ while he's doing that.//

エヴァンには 物体が画面の 手前の方にやってくるところを イメージしてもらいます その間プログレスバーが 伸びていきます

The first time,/ nothing will happen,/ because the system has no idea/ how he thinks about "pull."//

最初は何も起きません 彼が「引く」をどう考えるのか システムはまだ知らないからです

But maintain/ that thought for the entire duration of the eight seconds.//

8秒間「引く」ことを イメージし続けてください

So:/ one,two,three, go.//

それでは 1、2、3、はい

いいでしょう

So/ once we accept this,/ the cube is live.//

これを登録してやると 立方体を動かせるようになります

So let's see/ if Evan can actually try and imagine pulling.//

ではエヴァンに 「引く」ことをイメージしてもらいましょう

Ah,/ good job!//

わぁ すごい!

(Applause)/ That's really/ amazing.//

(拍手) びっくりしました

(拍手)

So we have a little bit of time available,/ so I'm going to ask/ Evan/ to do a really difficult task.//

まだ少し時間があるようですので エヴァンにすごく難しい課題に 挑戦してもらいましょう

And this one is difficult/ because it's all/ about being able to visualize something/ that doesn't exist in our physical world.//

これが難しいのは 実際の世界には存在しないことを イメージする必要があるためです

This is "disappear."//

「消す」をやります

So/ what you want to do --/ at least/ with movement-based actions,/ we do/ that all the time,/ so you can visualize it.//

移動に関するアクションであれば いつもやっている事なので 容易にイメージできます

But/ with "disappear,/"/ there's really/ no analogies --/ so Evan,/ what you want to do here is to imagine the cube slowly fading/ out,/ okay.//

でも「消す」というのは経験がありません ではエヴァン 立方体がゆっくりと 消えていくところをイメージしてください

Same sort of drill.// So:/ one,two,three, go.//

まずは練習です 1、2、3、はい

Okay.// Let's try that.//

じゃあ試してみましょう

Oh,/ my goodness.// He's just too good.//

ほら! 彼は本当に優秀です

Let's try/ that again.//

もう一度やってみて…

集中力が切れちゃったな

(笑)

TL:/ But we can see/ that it actually works,/ even though you can only hold it/ for a little bit of time.//

でも一度うまくいったの分かりますよね あまり長くは 保てませんでしたけど

As I said,/ it's a very difficult process/ to imagine this.//

さっきも言ったように これはイメージするのが とても難しいんです

And the great thing/ about it is/ that we've only given the software one instance of how he thinks about "disappear."//

これのいいところは 「消す」をどう考えるか ソフトウェアに いっぺん教えればいいということです

As there is a machine learning algorithm/ in this --//

この中には機械学習アルゴリズムが入っていて…

(歓声)

Thank you.//

どうもありがとう

Good job.// Good job.//

すごい すごい

(拍手)

Thank you,/ Evan,/ you're a wonderful, wonderful example of the technology.//

本当にありがとう エヴァン おかげで素晴しいデモができました

So,/ as you can see,/ before,/ there is a leveling system built into this software/ so that as Evan,/ or any user,/ becomes more familiar/ with the system,/ they can continue to add/ more and more detections,/ so that the system begins to differentiate/ between different distinct thoughts.//

ご覧頂いたように このソフトには計測システムがあって ユーザがシステムに 馴染んでいくのに応じて 機能を追加していくことができるんです そうやってシステムが いろいろ異なる考えを 識別できるようになります

And/ once you've trained up/ the detections,/ these thoughts can be assigned or mapped to any computing platform,/ application or device.//

一通り検出のトレーニングが済んだら それぞれの考えを コンピュータや アプリケーションや 装置に 割り当てることができます

So I'd like to show/ you/ a few examples,/ because there are many possible applications/ for this new interface.//

いくつか例をお見せしましょう この新しいインタフェースに どれほど多くの応用があるか

In games and virtual worlds,/ for example,/ your facial expressions can naturally and intuitively be used to control an avatar or virtual character.//

たとえばゲームや仮想空間では 普通に表情を直感的に使って アバターや 仮想のキャラクタを 操作することができます

Obviously,/ you can experience the fantasy of magic/ and control the world/ with your mind.//

もちろん魔法のファンタジーを体験し 心で世界をコントロールすることだってできます

And also,/ colors,/ lighting, sound and effects can dynamically respond to your emotional state/ to heighten the experience/ that you're having,/ in real time.//

それからまた 色や 光や 音や 特殊効果も 感情の状態に応じて変化させ リアルタイムで体験を増幅することができます

And moving on to some applications developed by developers and researchers/ around the world,/ with robots and simple machines,/ for example --/ in this case,/ flying a toy helicopter simply/ by thinking "lift"/ with your mind.//

世界中の研究者や開発者によって ロボットや機械を使った応用例が 開発されています たとえば ここではオモチャのヘリコプターを 飛べと念じるだけで飛ばしています

The technology can also be applied to real world applications --/ in this example,/ a smart home.//

このテクノロジーは実用的なことにも 応用することができます たとえばスマートホームです

You know,/ from the user interface of the control system/ to opening curtains/ or closing curtains.//

制御システムのユーザインタフェースを通して カーテンを開けたり 閉めたりできます

And of course,/ also/ to the lighting --/ turning them/ on or off.//

それにもちろん照明を 点けたり 消したりもできます

And finally,/ to real life-changing applications,/ such as being able to control an electric wheelchair.//

最後に 本当に人の生活を変える応用です 電動車椅子のコントロールができるんです

In this example,/ facial expressions are mapped to the movement commands.//

この例では 表情を移動コマンドに対応づけています

Man:/ Now blink/ right to go right.//

右目のウィンクで右に曲がります

Now blink left to turn back/ left.//

左目のウィンクで左に曲がります

Now smile to go straight.//

笑顔で直進します

TL:/ We really --/ Thank you.//

ここでは…ありがとうございます

(拍手)

We are really only scratching the surface of what is possible/ today,/ and with the community's input,/ and also/ with the involvement of developers and researchers/ from around the world,/ we hope/ that you can help us/ to shape/ where the technology goes from here.// Thank you so much.//

現在可能なことのほんの一部をご紹介しました コミュニティからの意見や 世界中の開発者や研究者の参加によって このテクノロジーがこれからどこへ向かうべきか 見極めるのに力を貸していただけたらと思います どうもありがとうございました

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

conscious

《補語にのみ用いて》『気づいている』,知っている,意識している

《補語にのみ用いて》(…に)『反応を示す』,意識(知覚)のある《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『意識した』,わざとらしい

考えることができる,意志のある

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

command

…'を'『命令する』,命じる;…‘に'命令する

…'を'『指揮する』,‘の'支配権を握る

〈感情など〉'を'抑制する,支配する

《文》…'を'自由にする,意のままにする

〈人が〉〈同情・尊敬など〉'を'集める,‘に'値する;〈物が〉…‘に'値する

〈場所・建物が〉'を'見渡す,見晴らす,見おろす

命令する,指揮権を持つ

〈C〉『命令』,号令

〈U〉(…の)『指揮』,指揮権,支配権;(…の)支配下《+『of』+『名』》

〈U〉(感情などの)『抑制』,(…を)抑制する力《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(言語などを)自由に駆使する力,(金銭を)自由に使えること《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)見晴らし,展望《+『of』+『名』》

〈C〉管轄下の部隊,管轄区域,司令部

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

facial

顔の;顔用の

(マッサージや化粧品による)顔の手入れ

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

body language

ボディーランゲジ(相手に意志・感情を伝えようとしてする身振りや表情など)

intuit

…‘を'直観する

直観的に知る

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

realm

《文》王国(おもに法律・詩・修辞用語)

《しばしば複数形で》(学問などの)『分野』,領域

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

computer

『計算機』;『電子計算機』

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

interpret

〈物事〉‘を'『解釈する』,受け取る;…‘の'意味を明らかにする,‘を'説明する

〈外国語で表現されたもの〉‘を'『通訳する』,翻訳する(translate)

…‘を'自分の解釈に基づいて演じる(演奏する)

『通訳をする』

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

detection

発見,探知,発覚

(電波の)検波

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

emit

〈水・熱・光・音・声など〉‘を'『出す』,『発する』

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

impulse

〈U〉〈C〉(心の)『衝動』,一時の感情,でき心

〈C〉『衝撃』,推進力(push);刺激

〈C〉インパルス(短時間だけ続く電流)

〈C〉(神経細胞が起こす)衝動

measured

正確に測った

慎重な,考慮した

韻をふんだ,律動的な

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

outer

外に,外側の,外部の

中心から遠い

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

cortical

皮質から成る,皮質の,(特に)大脳皮質の

folding

折り畳みの

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

fingerprint

指紋

…指紋おとる

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

identical twins

一卵性双生児

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

consistency

〈U〉(言南・匡理などの)一致,一貫性

〈U〉〈C〉(特に液体の)濃度,濃さ;(物質の)堅さ,ねばり

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

unfold

〈折りたたまれたもの〉‘を'『広げる』,開く

〈計画など〉‘を'しだいに明らかにする(知らせていく)

〈花びらなどが〉『広がる』,開く

〈物事が〉(しだいに)はっきりしてくる,分かってくる;展開する

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

brainwave

《しばしば複数形で》脳波

〈C〉《おもに英話》ひらめき,妙案

measurement

〈U〉『測定』,測量

〈C〉《複数形で》『寸法』

〈U〉測定法,測量法

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

hairnet

ヘアネット

array

〈軍隊など〉'を'整列させる,配置する

《文》〈人〉‘に'衣類を着せる,(特に)〈人〉'を'盛装させる

〈U〉整列,陳列

(…の)整列(配置)した物(人),勢ぞろい《+『of』+『名』(複数)》

〈U〉衣装,(特に)美しい装い

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

photo

『写真』[photographの短縮形]

technician

(科学・職業上の)専門家,専門技術者

(音楽・美術などの)技巧派

electrode

電極

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

scalp

頭皮(髪でおおわれている部分)

頭髪つきの頭皮(昔北米インディアンが戦利品として敵の頭からはいだもの)

《話》(一般に)戦利品

…‘から'頭皮をはぎ取る

《米話》〈入場券など〉‘を'高値で転売する

conductive

(熱・電気などを伝える)伝導性の

gel

ゲル(コロイド溶液の凝固した状態;ゼラチン・寒天など)

=jell

paste

(接着用の)『のり』

(一般に)のり状のもの

(菓子を作るための)練り粉,ペースト

(人造宝石用材料の)鉛ガラス;模造宝石

(…に)…‘を'『のりではる』《+『down』+『名』+『in(on)』+『名』》

(…を)…‘に'のりではり付ける《+『名』+『with』+『名』》

《俗》<顔・体など>‘を'強打する,なぐりつける

procedure

〈U〉(行動・事情などの)『進行』,進展

〈C〉(進行上の)『手順』,方法;(法律上の)『手続き』

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

abrasion

〈C〉すり傷

〈U〉すりむくこと,摩滅

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

consuming

焼き尽くす,破壊的な

圧倒的な,抵抗しがたい

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

onstage

舞台の上で(に)

舞台上の

Grant

グラント(『Ulysses Simpson Grant』;1822‐85;南北戦争当時の北軍の総司令官,のち第18代大統領となった)

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

kindly

『親切な』,思いやりのある

《文》(気候などが)快い,気持ちのよい;温和な

《文》(土地が農作物などに)適した(favorable)

『親切に』,『優しく』

心から(heartily)

『どうぞ』

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

applause

『拍手かっさい』;称賛

acquisition

〈U〉(…を)取得(習得)すること《+『of』+『名』》

〈C〉取得したもの;(…に)加わったもの(人)《+『to』+『名』》

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

preparation

〈U〉《a ~》(…の)『用意』《+『of+名』》

〈C〉《複数形で》(…のための)準備《+『for+名』》

〈U〉準備されている状態

〈U〉《英》宿題;予宿

〈C〉(調理した)食品,(調合した)薬剤

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

wireless

〈U〉『無線』,無線電信

〈U〉《the wireless》《英》ラジオ[放送,番組];〈C〉『ラジオ』[受信機]

無線[電信,電話,電報]の

《英》ラジオの

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

headset

=headphone

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

sensitivity

敏感,(生理的な)感受性

感度,度光度

adjustment

〈U〉(…の)『調停』,調整,調節《+『of』+『名』》

〈C〉調整装置

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

cognitive

認識の(に関する,を要する)

suite

(ホテルなどで寝室・居間・客間などの)一続きの豪華な部屋

(家具などの)一そろい,一組

(いっしょに使われるものの)一続き,一組,一そろい

(楽曲の一形式である)組曲

《集合的に》《まれ》随行員,従者の一行

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

basically

基本的に,根本的に;元来は

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

obviously

明らかに,明白に

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

okay

=OK,O.K.

first thing

まず最初に,朝一番に

neutral

『中立の』;中立国の

『公平な』,不偏不党の

(人・物が)特色のはっきりしない;(色が)はっきりしない,くすんだ

(酸性でもアルカリ性でもない)中性の

(電気が)中性の,(物体が)帯電していない

(自動車などのギアが)ニュートラルの

(文法で)中性の

〈C〉(戦争・論争などで)中立の人;中立国民;中立国

〈C〉くすんだ色,灰色

〈U〉(自動車などのギヤの)ニュートラル(動力のかかっていない状態・位置)

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

baseline

基線

(テニスコートの)ベースライン

(野球の)ベースライン

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

tan

〈皮〉‘を'『なめす』(生皮を皮革に変えること)

〈皮膚〉‘を'『日焼けさせる』

《話》…‘を'ひっぱたく

日焼けする

〈U〉黄褐色

〈C〉日焼けした色

〈U〉タンニン(tannin)

褐色の

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

scroll

〈C〉(記録などを書きとめておくための羊皮紙,パピルス紙などの)巻物

〈U〉〈C〉(いすのひじかけ・バイオリンなどの)渦巻き形模様(装飾)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

duration

(時間の)持続,存続,継続

存続期間,持続時間

seconds

(食事の)お代わり(second helping)・欠陥のある格安の衣料

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

cube

〈C〉『立方体』;立方体の物(さいころ,敷石,木れんがなど)

〈U〉立方,3乗

〈数〉'を'3乗する

''を'立方体に切る

ah

『ああ』(悲しみ・嘆き・驚き・同情・喜び・得意・哀れみ・軽べつなどを表す声)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

analogy

(…間の)類似《+『between』+『名』》,(…との)類似《+『to』(『with』)+『名』》

(論理・言語などの)類推

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

fade

『衰える』,弱くなる;〈植物が〉『しぼむ』,しおれる

『しだいに消えてゆく』,姿を消す《+『away』》

…‘を'衰えさせる;…‘の'色をあせさせる

〈映像・音〉をしだいに消えさせる

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

drill

〈C〉『きり』,『ドリル』,穴あけ機

〈U〉練兵,教練

〈U〉〈C〉『反復練習』,(系統的な)けいこ

〈U〉〈C〉(事態に処するための)訓練

〈穴〉‘を'『あける』;…‘に'穴をあける

(…を)〈人〉‘に'『繰り返し教え込む』《+『名』〈人〉+『in』+『名』》;(人に)〈物事〉‘を'厳しく訓練して教え込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》

〈兵士〉‘を'教練する

《米俗》〈人〉‘を'撃ち抜く

(きりなどで)貫く,穴をあける

(軍事などの)訓練を受ける,練習する

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

goodness

(一般に)『優秀さ』,質のよさ,よい状態

(人の)『親切』,優しさ,寛容,親切

(食物などの)『よいところ』,精髄,滋養分

《Godを遠回しに言って驚きを表す句に用いて》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

concentration

〈U〉(…への)(光線・注意などの)集中;(仕事などへの)専念,専心《+『on』+『名』》

〈C〉(人口などの)集中

〈U〉濃縮;〈液体の〉濃度

laughter

『笑い』,笑い声

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

differentiate

(…から)…‘を'『区別する』,識別する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'微分する

(…を)区別をつける,(…を)識別する《+『between』+『名』》

別のものとなる

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

assign

〈物・仕事など〉'を'『割り当てる』,あてがう,与える

(…のために)〈日時・場所〉'を'『指定する』,決める《+『名』+『for』+『名』》

〈人〉'を'『任命する』,選任する,指名する

(…に)〈原因など〉'を'帰する《+『名』+『to』+『名』》

compute

…'を'計算する,見積もる

計算する,算定する

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

avatar

(インドの神話に出てくる)神の化身(けしん),権化(ごんげ)

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

fantasy

〈U〉想像,空想

〈C〉(実在しない,異様な)心象,イメージ

〈C〉空想的作品;幻想曲

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

lighting

照明,点火

照明方法(装置)

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

heighten

…‘を'高くする,高める

…‘の'程度(量,強さなど)を増す,‘を'強める

高くなる,高まる

(程度・量・強さなどが)増大する,強くなる,激しくなる

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

developer

〈C〉開発者,啓発者;宅地開発(造成)業者

〈U〉(写真の)現像液

researcher

研究者,調査員

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

simple machine

単純機械(作業を助ける基本的機械装置で,てこ,車輪と車軸,滑車,ねじ,くさび,斜面の6種のうちの一つ)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

toy

『おもちゃ』,玩具

小さくてちゃちな物

《名詞の前にのみ用いて》

おもちゃの,愛玩用の

(…を)いじくり回す,もてあそぶ《+with+名(doing)》

helicopter

『ヘリコプター』

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

curtain

『カーテン』,窓掛け

(劇場の)『幕』,どんちょう

『幕状のもの』;仕切りの壁

…‘に'幕(カーテン)を張る;…'を'幕(カーテン)でおおう

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

electric

《名詞の前にのみ用いて》『電気の』;電気が引き起こす

《名詞の前にのみ用いて》電気で動く,電動の;電気を起こす,発電の

興奮させる,はらはら(ぞくぞく)させる

wheelchair

〈C〉車いす

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

involvement

(…への)関連,関与,かかわり合い《+『in』+『名』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

関連動画