TED日本語 - ケヴィン・アロッカ: バイラルビデオが生まれるメカニズム

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

YouTubeのトレンドマネージャであるケヴィン・アロッカは、バカバカしいWebビデオについて深く考察してきました。このTEDYouthでの講演で彼はビデオが爆発的にヒットするための3つの要素について語っています。(これは素晴らしいイベントTEDYouthから選ばれた最初の講演です。TED-Ed公開に伴い、他のたくさんの講演も来月公開される予定です。お楽しみに。)

Script

こんにちは YouTubeトレンドマネージャのケヴィン・アロッカです 仕事としてYouTubeビデオを見ています いいでしょう? 今日はビデオがバイラルに人気になる仕組みと それがなぜ重要なことなのかを お話しします みんなスターになりたいと思っています 有名人に 歌手に コメディアン 私が子どもの頃は それはすごく難しいことに思えました しかし今ではWebビデオを通じて 誰だろうと どんな作品だろうと 世界の文化の一部として すごく有名になり得るのです この場の誰かだって 来週の土曜までに ネット上の有名人になっているかもしれません そうは言っても YouTubeにアップされるビデオは毎分48時間分にもなります そうは言っても YouTubeにアップされるビデオは毎分48時間分にもなります その中で話題になり たくさんの人に見られ 時の顔になるのはごく一部です どうやってそのようなことが起きるのか? 3つの要素があると思います 流行仕掛け人 作品をめぐるコミュニティ 予想外さです 流行仕掛け人 作品をめぐるコミュニティ 予想外さです 見ていきましょう

(ベア・ヴァスケズ) わわわ すごい すご~い わはっ すごぉ~い ひゃあ~ おぉぉ わ~おっ!

去年ベア・ヴァスケズが ヨセミテ国立公園内の家から撮ったこのビデオを投稿し 2010年だけで2千3百万回も見られました (笑) これは去年の夏 人気になった頃の 1日あたりの視聴回数です でも彼は別に 人気ビデオを作ろうとしたわけではありません ただ虹を見せたいと思っただけです それが「ヨセミテの山熊」と呼ばれる男の することだからです (笑) 実際 彼は自然のビデオをたくさん投稿しています でもこのビデオが投稿されたのは 人気になるずっと前の1月でした ここでいったい何があったのでしょう? 答えはジミー・キメルです ジミー・キメルがツイートして それがこのビデオの人気に火を付けたのです ジミー・キメルのような流行仕掛け人が 新しく面白いものを紹介し 多くの人の目に触れるようにするのです

(レベッカ・ブラック) ♪ 金曜日だ 金曜日だ 金曜日を楽しまなくっちゃ ♪ みんな楽しみにしている週末だ 週末だ ♪ 金曜日だ 金曜日だ 金曜日を楽しまなくっちゃ

このビデオを抜きにして バイラルビデオの話は できないでしょう レベッカ・ブラックの「金曜日」は 今年最も流行った ビデオの1つで 2億回近く再生されています こちらは1日あたりの視聴回数です 「二重の虹」と同様に どこからともなく現れたように見えます

この日にいったい何があったのでしょう? 確かにその日は金曜でした ついでに言うと この飛び出した部分もみんな金曜日です (笑) しかし この最初の金曜日に いったい何があったんでしょう? Tosh.0が取り上げ 多くのブログが話題にしたのです MST3Kのマイケル・J・ネルソンは このビデオに対する冗談をツイートした最初の1人です ここで重要なのは 1人あるいは複数の 流行仕掛け人が ある見解を示して それを多くの人に伝え バイラルプロセスを加速しているということです

そうやって その内輪ネタを共有する コミュニティが出来上がり みんなそれを話題にし それで何かをやり始めるのです 今やYouTubeには「金曜日」のパロディが1万本以上あります 一週間後にはもう 各曜日のパロディが出そろっていました (笑) 20世紀の一方通行のメディアとは違い コミュニティとの関わりというのが この現象の中で重要な役割を果たしています 広める人もいれば それで何かをする人もいます

(音楽)

「ニャンキャット」はループ音楽の付いた ループアニメーションです こんな感じの 今年5千万回近く見られました 「それは変だ」と思うなら 知っておくべきです これには3時間バージョンもあって 4百万回も見られているということを

(笑) 猫でさえこのビデオを見ているのです (笑) このビデオを見ている猫を見ている猫までいます (笑)

ここで大事なのは 技術的でオタクなネット文化の中で それがみんなのクリエイティビティを引き出していることです リミックスがたくさんあります (笑) レトロバージョンもあります (笑) それから各国版も (笑) リミックスするコミュニティが広がって 単なるバカな冗談を みんなが参加できるものへと 変えたのです 今や私たちは見て楽しむだけでなく 参加もできるからです

誰がこんなことを予想できたでしょう? 「二重の虹」やレベッカ・ブラックや 「ニャンキャット」みたいなものを? こんなものを生み出す どんな筋書きが書けたでしょう? 1分ごとに2日相当のビデオが アップロードされている今日 多くの人の目を引くことができるのは 本当にユニークで予想外なものだけです ニューヨーク市の自転車への罰金に抗議している男の すごいビデオがあるぞと 最初友達から聞いたとき 正直そんなに興味を持ちませんでした

(ケイシー・ナイスタット) 自転車レーン外を走ったと 違反チケットを切られましたが 自転車レーンにはよく障害物があって ちゃんと走れないのです

(笑)

まったく予想外でユーモラスな ケイシー・ナイスタットは 面白いことを思いついて 5百万回も見られることになりました このアプローチは 私たちが創意を持ってやる 新しいことには 何にでも適用できます そしてこれらのことは 1つの大きな疑問に繋がります・・・

(ベア・ヴァスケズ) これはどんな意味があるんだろう? ああ~ (笑)

どんな意味があるんだろう? 流行仕掛け人 作品をめぐる創意あるコミュニティ 全くの予想外さ これらが新しい種類のメデイアと文化の特徴であり それは誰でも手が届くもので 人気は視聴者が決めるのです 誰かが言ったように 現在世界最大のスターとも言えるジャスティン・ビーバーは 誰かが言ったように 現在世界最大のスターとも言えるジャスティン・ビーバーは YouTubeから出発したのです アイデアにストップをかける人は誰もいません 私たち誰もがポップカルチャーを 分有していると感じています 古いメディアにはそういう性質はなく 今日のメデイアに かろうじて備わっている性質ですが これは間違いなく未来のエンターテインメントを決める要素になるでしょう

これは間違いなく未来のエンターテインメントを決める要素になるでしょう

ありがとうございました (拍手)

Hi. I'm Kevin Allocca, I'm the trends manager at YouTube, and I professionally watch YouTube videos. It's true. So we're going to talk a little bit today about how videos go viral and then why that even matters. We all want to be stars -- celebrities, singers, comedians -- and when I was younger, that seemed so very, very hard to do. But now Web video has made it so that any of us or any of the creative things that we do can become completely famous in a part of our world's culture. Any one of you could be famous on the Internet by next Saturday. But there are over 48 hours of video uploaded to YouTube every minute. And of that, only a tiny percentage ever goes viral and gets tons of views and becomes a cultural moment. So how does it happen? Three things: tastemakers, communities of participation and unexpectedness. All right, let's go.

(Video) Bear Vasquez: Oh, my God. Oh, my God. Oh, my God! Wooo! Ohhhhh, wowwww!

KA: Last year, Bear Vasquez posted this video that he had shot outside his home in Yosemite National Park. In 2010, it was viewed 23 million times. (Laughter) This is a chart of what it looked like when it first became popular last summer. But he didn't actually set out to make a viral video, Bear. He just wanted to share a rainbow. Because that's what you do when your name is Yosemite Mountain Bear. (Laughter) And he had posted lots of nature videos in fact. And this video had actually been posted all the way back in January. So what happened here? Jimmy Kimmel actually. Jimmy Kimmel posted this tweet that would eventually propel the video to be as popular as it would become. Because tastemakers like Jimmy Kimmel introduce us to new and interesting things and bring them to a larger audience.

(Video) Rebecca Black: ♪ It's Friday, Friday. Got ta get down on Friday. ♪ ♪ Everybody's looking forward to the weekend, weekend. ♪ ♪ Friday, Friday. Gettin' down on Friday. ♪

KA: So you didn't think that we could actually have this conversation without talking about this video I hope. Rebecca Black's "Friday" is one of the most popular videos of the year. It's been seen nearly 200 million times this year. This is a chart of what it looked like. And similar to "Double Rainbow," it seems to have just sprouted up out of nowhere.

So what happened on this day? Well it was a Friday, this is true. And if you're wondering about those other spikes, those are also Fridays. (Laughter) But what about this day, this one particular Friday? Well Tosh.0 picked it up, a lot of blogs starting writing about. Michael J. Nelson from Mystery Science Theater was one of the first people to post a joke about the video on Twitter. But what's important is that an individual or a group of tastemakers took a point of view and they shared that with a larger audience, accelerating the process.

And so then this community formed of people who shared this big inside joke and they started talking about it and doing things with it. And now there are 10,000 parodies of "Friday" on YouTube. Even in the first seven days, there was one parody for every other day of the week. (Laughter) Unlike the one-way entertainment of the 20th century, this community participation is how we become a part of the phenomenon -- either by spreading it or by doing something new with it.

(Music)

So "Nyan Cat" is a looped animation with looped music. It's this, just like this. It's been viewed nearly 50 million times this year. And if you think that that is weird, you should know that there is a three-hour version of this that's been viewed four million times.

(Laughter) Even cats were watching this video. (Laughter) Cats were watching other cats watch this video. (Laughter)

But what's important here is the creativity that it inspired amongst this techie, geeky Internet culture. There were remixes. (Laughter) Someone made an old timey version. (Laughter) And then it went international. (Laughter) An entire remix community sprouted up that brought it from being just a stupid joke to something that we can all actually be a part of. Because we don't just enjoy now, we participate.

And who could have predicted any of this? Who could have predicted "Double Rainbow" or Rebecca Black or "Nyan Cat?" What scripts could you have written that would have contained this in it? In a world where over two days of video get uploaded every minute, only that which is truly unique and unexpected can stand out in the way that these things have. When a friend of mine told me that I needed to see this great video about a guy protesting bicycle fines in New York City, I admit I wasn't very interested.

(Video) Casey Niestat: So I got a ticket for not riding in the bike lane, but often there are obstructions that keep you from properly riding in the bike lane.

(Laughter)

KA: By being totally surprising and humorous, Casey Niestat got his funny idea and point seen five million times. And so this approach holds for anything new that we do creatively. And so it all brings us to one big question ...

(Video) Bear Vasquez: What does this mean? Ohhhh. (Laughter)

KA: What does it mean? Tastemakers, creative participating communities, complete unexpectedness, these are characteristics of a new kind of media and a new kind of culture where anyone has access and the audience defines the popularity. I mean, as mentioned earlier,one of the biggest stars in the world right now, Justin Bieber, got his start on YouTube. No one has to green-light your idea. And we all now feel some ownership in our own pop culture. And these are not characteristics of old media, and they're barely true of the media of today, but they will define the entertainment of the future.

Thank you.

(Applause)

Hi.// I'm Kevin Allocca,/ I'm the trends manager/ at YouTube,/ and I professionally watch YouTube videos.//

こんにちは YouTubeトレンドマネージャのケヴィン・アロッカです 仕事としてYouTubeビデオを見ています

It's true.//

いいでしょう?

So we're going to talk/ a little bit/ today/ about how videos go viral/ and then/ why that even matters.//

今日はビデオがバイラルに人気になる仕組みと それがなぜ重要なことなのかを お話しします

We/ all want to be stars --/ celebrities,/ singers,/ comedians --/ and when I was younger,/ that seemed so very, very hard to do.//

みんなスターになりたいと思っています 有名人に 歌手に コメディアン 私が子どもの頃は それはすごく難しいことに思えました

But now/ Web video has made it/ so that any of us/ or any of the creative things/ that we do can become completely famous/ in a part of our world's culture.//

しかし今ではWebビデオを通じて 誰だろうと どんな作品だろうと 世界の文化の一部として すごく有名になり得るのです

Any/ one of you could be famous/ on the Internet/ by next Saturday.//

この場の誰かだって 来週の土曜までに ネット上の有名人になっているかもしれません

But there are over 48 hours of video uploaded to YouTube/ every minute.//

そうは言っても YouTubeにアップされるビデオは毎分48時間分にもなります そうは言っても YouTubeにアップされるビデオは毎分48時間分にもなります

And of that,/ only a tiny percentage ever goes viral/ and gets tons of views/ and becomes a cultural moment.//

その中で話題になり たくさんの人に見られ 時の顔になるのはごく一部です

So/ how does it happen?//

どうやってそのようなことが起きるのか?

Three things:/ tastemakers,/ communities of participation/ and unexpectedness.//

3つの要素があると思います 流行仕掛け人 作品をめぐるコミュニティ 予想外さです 流行仕掛け人 作品をめぐるコミュニティ 予想外さです

All right,/ let's go.//

見ていきましょう

(Video)/ Bear Vasquez:/ Oh,/ my God.// Oh,/ my God.//

(ベア・ヴァスケズ) わわわ すごい すご~い

Oh,/ my God!//

わはっ すごぉ~い

Wooo!//

ひゃあ~

Ohhhhh,/ wowwww!//

おぉぉ わ~おっ!

KA:/ Last year,/ Bear Vasquez posted this video/ that he had shot outside his home/ in Yosemite National Park.//

去年ベア・ヴァスケズが ヨセミテ国立公園内の家から撮ったこのビデオを投稿し

In 2010,/ it was viewed 23 million times.//

2010年だけで2千3百万回も見られました

(Laughter)/ This is a chart of what it looked like when it first became popular/ last summer.//

(笑) これは去年の夏 人気になった頃の 1日あたりの視聴回数です

But he didn't actually set out/ to make a viral video,/ Bear.//

でも彼は別に 人気ビデオを作ろうとしたわけではありません

He just wanted to share/ a rainbow.//

ただ虹を見せたいと思っただけです

Because that's/ what you do/ when your name is Yosemite Mountain Bear.//

それが「ヨセミテの山熊」と呼ばれる男の

(Laughter)/ And he had posted lots of nature videos/ in fact.//

することだからです (笑) 実際 彼は自然のビデオをたくさん投稿しています

And this video had actually been posted all the way back/ in January.//

でもこのビデオが投稿されたのは 人気になるずっと前の1月でした

So/ what happened here?//

ここでいったい何があったのでしょう?

Jimmy Kimmel actually.//

答えはジミー・キメルです

Jimmy Kimmel posted this tweet/ that would eventually propel the video/ to be as popular/ as it would become.//

ジミー・キメルがツイートして それがこのビデオの人気に火を付けたのです

Because tastemakers/ like Jimmy Kimmel introduce us/ to new and interesting things/ and bring them/ to a larger audience.//

ジミー・キメルのような流行仕掛け人が 新しく面白いものを紹介し 多くの人の目に触れるようにするのです

(Video)/ Rebecca Black:/ / It's Friday,/ Friday.// Got ta get down/ on Friday.// / Everybody's looking forward/ to the weekend,/ weekend.// / Friday,/ Friday.// Gettin/' down/ on Friday.// //

(レベッカ・ブラック) ♪ 金曜日だ 金曜日だ 金曜日を楽しまなくっちゃ ♪ みんな楽しみにしている週末だ 週末だ ♪ 金曜日だ 金曜日だ 金曜日を楽しまなくっちゃ

KA:/ So you didn't think/ that we could actually have this conversation/ without talking about this video/ I hope.//

このビデオを抜きにして バイラルビデオの話は できないでしょう

Rebecca Black's "Friday"/ is one of the most popular videos of the year.//

レベッカ・ブラックの「金曜日」は 今年最も流行った

It's been seen nearly 200 million times/ this year.//

ビデオの1つで 2億回近く再生されています

This is a chart of what it looked like.//

こちらは1日あたりの視聴回数です

And similar/ to "Double Rainbow,/"/ it seems to have just sprouted up/ out of nowhere.//

「二重の虹」と同様に どこからともなく現れたように見えます

So/ what happened on this day?//

この日にいったい何があったのでしょう?

Well/ it was a/ Friday,/ this is true.//

確かにその日は金曜でした

And/ if you're wondering/ about those other spikes,/ those are also Fridays.//

ついでに言うと この飛び出した部分もみんな金曜日です

(Laughter) But what about this day,/ this one particular Friday?//

(笑) しかし この最初の金曜日に いったい何があったんでしょう?

Well Tosh.0 picked it up,/ a lot of blogs/ starting/ writing about.//

Tosh.0が取り上げ 多くのブログが話題にしたのです

Michael J.// Nelson/ from Mystery Science Theater was one of the first people/ to post a joke/ about the video/ on Twitter.//

MST3Kのマイケル・J・ネルソンは このビデオに対する冗談をツイートした最初の1人です

But what's important is/ that an individual/ or a group of tastemakers took a point of view/ and they shared/ that with a larger audience,/ accelerating the process.//

ここで重要なのは 1人あるいは複数の 流行仕掛け人が ある見解を示して それを多くの人に伝え バイラルプロセスを加速しているということです

And so then/ this community formed of people/ who shared this big inside joke/ and they started talking/ about it/ and doing things/ with it.//

そうやって その内輪ネタを共有する コミュニティが出来上がり みんなそれを話題にし それで何かをやり始めるのです

And now/ there are 10,000 parodies of "Friday"/ on YouTube.//

今やYouTubeには「金曜日」のパロディが1万本以上あります

Even/ in the first seven days,/ there was one parody/ for every other day of the week.//

一週間後にはもう 各曜日のパロディが出そろっていました

(Laughter)/ Unlike the one-way entertainment of the 20th century,/ this community participation is/ how we become a part of the phenomenon --/ either by spreading it/ or by doing something new/ with it.//

(笑) 20世紀の一方通行のメディアとは違い コミュニティとの関わりというのが この現象の中で重要な役割を果たしています 広める人もいれば それで何かをする人もいます

(Music)//

(音楽)

So "Nyan Cat"/ is a looped animation/ with looped music.//

「ニャンキャット」はループ音楽の付いた ループアニメーションです

It's this,/ just/ like this.//

こんな感じの

It's been viewed nearly 50 million times/ this year.//

今年5千万回近く見られました

And/ if you think/ that that is weird,/ you should know/ that there is a three-hour version of this/ that's been viewed four million times.//

「それは変だ」と思うなら 知っておくべきです これには3時間バージョンもあって 4百万回も見られているということを

(Laughter)/ Even cats were watching this video.//

(笑) 猫でさえこのビデオを見ているのです

(Laughter)/ Cats were watching other cats watch this video.//

(笑) このビデオを見ている猫を見ている猫までいます

(笑)

But what's important here is the creativity/ that it inspired amongst this techie,/ geeky Internet culture.//

ここで大事なのは 技術的でオタクなネット文化の中で それがみんなのクリエイティビティを引き出していることです

There were remixes.//

リミックスがたくさんあります

(Laughter)/ Someone made an old timey version.//

(笑) レトロバージョンもあります

(Laughter)/ And then/ it went international.//

(笑) それから各国版も

(Laughter)/ An entire remix community sprouted up/ that brought it/ from being just a stupid joke/ to something/ that we can all actually be a part of.//

(笑) リミックスするコミュニティが広がって 単なるバカな冗談を みんなが参加できるものへと 変えたのです

Because we don't just enjoy now,/ we participate.//

今や私たちは見て楽しむだけでなく 参加もできるからです

And who could have predicted any of this?//

誰がこんなことを予想できたでしょう?

Who could have predicted "Double Rainbow"/ or Rebecca Black or "Nyan Cat?"//

「二重の虹」やレベッカ・ブラックや 「ニャンキャット」みたいなものを?

What scripts could you have written/ that would have contained this/ in it?//

こんなものを生み出す どんな筋書きが書けたでしょう?

In a world/ where over two days of video get uploaded every minute,/ only/ that/ which is truly unique and unexpected can stand out/ in the way/ that these things have.//

1分ごとに2日相当のビデオが アップロードされている今日 多くの人の目を引くことができるのは 本当にユニークで予想外なものだけです

When a friend of mine told me/ that I needed to see/ this great video/ about a guy protesting bicycle fines/ in New York City,/ I admit/ I wasn't very interested.//

ニューヨーク市の自転車への罰金に抗議している男の すごいビデオがあるぞと 最初友達から聞いたとき 正直そんなに興味を持ちませんでした

(Video)/ Casey Niestat:/ So I got a ticket/ for not riding in the bike lane,/ but often/ there are obstructions/ that keep you/ from properly/ riding in the bike lane.//

(ケイシー・ナイスタット) 自転車レーン外を走ったと 違反チケットを切られましたが 自転車レーンにはよく障害物があって ちゃんと走れないのです

(笑)

KA:/ By being totally surprising and humorous,/ Casey Niestat got/ his funny idea and point seen five million times.//

まったく予想外でユーモラスな ケイシー・ナイスタットは 面白いことを思いついて 5百万回も見られることになりました

And so/ this approach holds for anything new/ that we do creatively.//

このアプローチは 私たちが創意を持ってやる 新しいことには 何にでも適用できます

And so/ it/ all brings us/ to one big question ...//

そしてこれらのことは 1つの大きな疑問に繋がります・・・

(Video)/ Bear Vasquez:/ What does this mean?//

(ベア・ヴァスケズ) これはどんな意味があるんだろう?

Ohhhh.//

ああ~

(笑)

KA:/ What does it mean?//

どんな意味があるんだろう?

Tastemakers,/ creative participating communities,/ complete unexpectedness,/ these are characteristics of a new kind of media/ and a new kind of culture/ where anyone has access/ and the audience defines the popularity.//

流行仕掛け人 作品をめぐる創意あるコミュニティ 全くの予想外さ これらが新しい種類のメデイアと文化の特徴であり それは誰でも手が届くもので 人気は視聴者が決めるのです

I mean,/ as mentioned earlier,/one of the biggest stars/ in the world right now,/ Justin Bieber,/ got his start/ on YouTube.//

誰かが言ったように 現在世界最大のスターとも言えるジャスティン・ビーバーは 誰かが言ったように 現在世界最大のスターとも言えるジャスティン・ビーバーは YouTubeから出発したのです

No one has to green-light/ your idea.//

アイデアにストップをかける人は誰もいません

And we all now feel some ownership/ in our own pop culture.//

私たち誰もがポップカルチャーを 分有していると感じています

And these are not characteristics of old media,/ and they're barely true of the media of today,/ but they will define the entertainment of the future.//

古いメディアにはそういう性質はなく 今日のメデイアに かろうじて備わっている性質ですが これは間違いなく未来のエンターテインメントを決める要素になるでしょう

Thank you.//

これは間違いなく未来のエンターテインメントを決める要素になるでしょう

ありがとうございました (拍手)

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

manager

(商迭・会社・興行などの)『支配人』,『経営者』(団体・チームなどの)監督,部長

《形容詞を伴って》(仕事・家事を)やりくりする人,切り回す人

professionally

職業的に,専門的に

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

viral

ウィルスの;ウィルスが原因の

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

celebrity

〈U〉名声,高名

〈C〉有名人,名士

singer

『歌う人』,(特に本職の)歌手

comedian

喜劇俳優,コメディアン

客を笑わせる芸人

(一般に)こっけいな人,おどけ者

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

creative

『創造力のある』

『独創的な』

completely

『完全に』,全く,十分に

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

participation

(…への)参加,加入《+『in』+『名』》

unexpectedness

思いがけないこと,不意,意外

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

Yosemite National Park

ヨセミテ国立公園(米国 California 州にあり,滝・大渓谷・巨木林がある)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

times

…掛ける

laughter

『笑い』,笑い声

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

rainbow

『にじ』

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

tweet

(小鳥の)さえずり,チュッヂュッ

さえずる,チュッチュッと名く(chirp)

propel

…‘を'推し進める,前進させる

〈人〉‘を'かり立てる,促す

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

ta

ありがと

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

sprout

芽,新芽(bud)

《複数形で》芽キャベツ

《話》若者

芽が出る,成長し始める

(一般に)急速に成長する(出てくる)《+『up』》

…‘の'芽を出させる;…‘を'急速に成長させる

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

spike

大くぎ;(鉄道用)いぬくぎ

(へいの忍び返しなどの)先のとがった突起

スパイク(野救・陸上競技用の靴底の金具)

(…に)…‘を'大くぎで打ちつける《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'大くぎ(スパイク)を打ちつける

〈人〉‘を'すぱいくしゅ‐ずで傷つける;すぱいくする

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

Michael

天使長ミカエル(旧約聖書「ダニエル書」)

nelson

(レスリングの)首固め

mystery

〈C〉『神秘的な物』(『事』)

〈C〉好寄心(気がかり)を起こさせる物(事)

〈C〉推理小説(劇,映画)

〈U〉『神秘[性]』

〈C〉《複数形で》(宗数的)秘法,秘教;(古代ギリシア・ローマの)神秘儀式

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

parody

もじり,パロディ(人や文体や作風などのふざけた模倣)

(…の)へたな模倣《+『of』(『on』)+『名』》

〈作風など〉‘を'もじる

…‘を'へたにまねる

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

one-way

一方向だけの

《米》(切符の)片道の

(話など)一方的な

entertainment

〈U〉『娯楽』,気晴らし,楽しみ

〈C〉催し物,余興,演芸

〈U〉客呼び,もてなし,歓待

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

creativity

独創性

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

amongst

=among

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

script

〈U〉手書き;筆記体

〈U〉筆記活字

(ある言語の)文字,(alphabetなどの)文字体系

台本,脚本

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

unexpected

『予期しない』,思いがけない

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

bike

=bicycle

lane

『小道』,横町,路地,いなか道

(船・飛行機などの)航路,(車道の)車線

(ボウリングの)レーン

obstruction

〈U〉(…への)妨害,障害《+『to』+『名』》

〈C〉(…への)妨害物,障害物《+『to』+『名』》

properly

『適切に』,妥当に

基準にかなって,正式に

厳密に,正確に

《英話》完全に,ひどく

totally

全く,完全に

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

humorous

『こっけいな』(funny),おかしい(comical);ユーモアのある,ユーモアが分かる

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

popularity

(人の間での)『人気』,好評,流行《+『with』(『among』)+『名』〈人〉》

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

no one

『だれも』…『ない』

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

ownership

所有者であること,所有;所有権

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

barely

『かろうじて』,『やっと』[…する],わずかに[ある]

むきだしに,あからさまに

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画