TED日本語 - キエン・グエン: 色分けされた手術

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

細胞の種類ごとに色分けされた教科書と、実際の手術は今まで全く異なるものでしたが、これからは違います。TEDMEDではキエン・グエンが分子マーカーを使って、どこを切ればいいのかが見えるように腫瘍を緑色に光らせます。

Script

今日お話したいことは 医学の 大きな誤った妄想の一つについてです それは 医学的な 大発見を続けさえすれば 私たちの抱える 問題を全て解決してくれるという考えです 私達の社会は 夢みがちです 研究している科学者が 独りきりで ある時夜遅くに 世界を揺るがすような発見をする ジャーン! 一夜にして全てが変わってしまう とても魅力的な想像です しかし実際はそうではありません 現実では 医学は団体競技なのです 様々な意味で ずっとそうでした 私が実際にそれを まざまざと体験したときのことを お話ししましょう

私は外科医です そして私たち外科医は常に 光と密接な関係がありました (光あれ!)患者の身体の中を切開するときはとても暗いのです 何をしているかの確認に光が必要です そのため 手術は伝統的に 朝早くに開始して 日光を有効活用しているのです この昔の絵を見ると 初期の手術室が大体 建物の一番上に置かれていたのが分かります 西洋で一番古い手術室が ロンドンにあるこの手術室です 手術室は 教会の一番上にあり 日光を取り入れるようにしています そしてこれはアメリカでもっとも有名な 病院のひとつである ボストンのマサチューセッツ総合病院です 手術室はどこでしょう? まさにここ 建物の頂上にあり たくさんの窓から光が入るようになっています

今日の手術室では 日光は必要なくなりました 日光を使う替わりに 手術室用に作られた 照明器具を使うからです 肉眼で見える光ではなく 今までは見えなかったものが 見えるようになる 違う種類の光をもたらすことができます これが私の考えている光 蛍光の魔法です

少し補足させてください 医学部での授業では 画面のように図解の解剖図で学び 全てが色分けされていました 神経は黄色 動脈は赤色 そして静脈は青色です 誰でも外科医になれそうですよね しかし これは首の図と同じ部位ですが 実際の手術で目にするとき それぞれの組織を見分けるのは そう簡単ではありません ここ数日間で 私たちは ガンが社会的にまだまだ 緊急問題であることと 毎分1人が がんで 死なざるを得ない状況の解決策が 強く求められていることを聞いてきました ガンが早期に見つかり 手術によって摘出することが可能だったのであれば そのガン細胞に どんな 遺伝子やタンパク質が 含まれていても関係ありません もうビンの中にあるのですから 摘出は完了し ガンが治療されたのです

ガン切除法をお話ししします 医者は研修やガンの見え方 触診や他の組織との繋がり 経験の全てを以て 最善を尽くします 医者は言います よしガンはなくなった 成し遂げた 摘出した 患者を手術状態としたままで こんな風に外科医は話します 実際には全て摘出したかまだわからないからです 手術台の患者の切除後の 周辺数か所から検体をとり 病理検査室へ送る必要があります その検査の間 患者は手術台の上にいて 看護師 麻酔医 外科医 そして 助手は待っているのです 待つしかないのです 病理医はその検体を 凍らせ 切断し 一つずつ顕微鏡で確認し 手術室へ結果を伝えます 一つにつき20分かかります もし3つ検体があったら 1時間かかるのです そして病理医が言うのは '実は AとBは大丈夫ですが" 'Cにはまだガンが残っているので" 'その部分を切除してください" 手術ではこの検査と切除を何回も続けます

そして次のように言うのです "終わりました" '全ての腫瘍は摘出されたようです" 数日後に患者は帰宅しますが 私たち担当医に電話がかかり '残念ですが' '最終の病理検査を" '最後の検体に行っていたところ" 'ガンの陽性反応がでました" '患者にはまだガンが残っています" と告げられるのは とてもよくある話です こうなると医者は患者に伝える事態に直面します まずは 再手術もしくは 放射線療法や化学療法などの 追加の治療が必要なことを伝えるのです 外科医が手術中に 術野にガンが残っているかを 確実に分かる方が 良いに決まっていますよね 様々な意味で手術のやり方は まだ暗闇の中で手術するようなものなのです

2004年 外科医の研修中に ロジャー・チェン先生と 出会う幸運に恵まれました 2008年にノーベル化学賞を 受賞した方です ロジャーとそのチームは ガンの発見方法を研究しており とても賢い分子を 開発していました 彼らが開発した分子は 3つの部分からできています 主要な部分は青い部分 ポリカチオンで どの体細胞にも とてもくっつきやすいものです

この成分だけを 使ったものを ガン患者に投薬したとしても 全てが光ってしまいます これでは特定できません まったく特異性がないのです そこで彼らはもう2つの成分を加えました 1つ目は赤い部分 ポリアニオンで シールの裏側のように くっつかない役目を果たします この2つを一緒にすると 分子は中性になり 体細胞にくっつかなくなります 2つ目は黄色部分で2つを繋ぐ役目を果たします 黄色部分は決められたハサミでしか切れません 例えば腫瘍が作り出す プロテアーゼ酵素を ハサミに設定します 次のように使います この3部構成の分子で溶液を作って 緑色で表されている 染料と一緒にガン患者の静脈に 投薬します すると 通常の細胞はハサミとならず 分子は体内を通り排泄されます しかし腫瘍があった場合 腫瘍がハサミとなり この分子を腫瘍部で 切断します そして こうなります 腫瘍は標識化され 蛍光に光ります

これは腫瘍が神経の周りに できている例です 腫瘍がどこかわかりますか? 私のときはわかりませんでした しかし ほら 光るのです 緑色の部分が見えます そう 今なら皆さん全員が ガンの位置が分かりますね 手術室 現場でも分子レベルでガンの場所や 外科医が摘出のために どう切除すれば良いのか どの程度周りを切除するのか 分かるのです また 蛍光のすごいところは 明るいだけではなく 組織の裏からでも光るところです 蛍光が発する光は 組織を 通り抜けられるのです なので 腫瘍が表面になかったとしても 見ることができるのです

この動画では 腫瘍が 緑色になっているのが見えます 実は正常な筋肉が手前にあります 見えますか? その筋肉をどかしてみましょう しかし筋肉をめくる前でも 腫瘍が裏側にあるのが見えました これが腫瘍を蛍光で 標識化することの長所なのです 境目が分子レベルで 見えるだけではなく 表面ではない通常見えないところに あったとしても見えるのです またリンパ節転移発見にも活用できます

センチネルリンパ節切除は 乳がんやメラノーマの治療を大きく変えました 以前までは腋下のリンパ節を 全て切除するという 患者を弱らせてしまう手術が必要でした センチネルリンパ節切除が標準的な 手術方法となった今 外科医は リンパ節でもガンに浸潤された 筋だけを探せばよくなりました もしその節にガンがあった場合 その女性は腋下リンパ節の 切除手術を受けるのです つまり リンパ節にガンが見つからなかった場合 その女性は不必要な 手術を受ける必要がないのです

しかし現在の方法ではセンチネルリンパ節は どこへ行くかを示す ただの地図に過ぎません 例えば高速道路を運転していて 次のガソリンスタンドを知りたければ 道の先にガソリンスタンドがあることがわかります しかしそこにガソリンが あるかどうかまではわかりません 切り出して 家にもって帰り スライスして 中を見て やっと ガソリンがあることがわかるのです このやり方だと多くの時間が必要です 検査の間も患者はまだ手術台にいます 麻酔医や外科医は待っています 時間がかかるのです

私たちの技術を使えばその場でわかります 小さな丸いコブが見えますね この中に肥大したリンパ節があります 他のものと比べて少しだけ大きいものです 風邪でも肥大したリンパ節は現れます 肥大してもガンがあるとは限らないのです 私たちの技術があれば 外科医はすぐさま どこにガンがあるか見分けられます 深くはお話しませんが 私たちの技術は 腫瘍や転移性リンパ節に蛍光で標識化するだけではなく 同じ3部構成の分子を使って 切ったりすることなく ガドリニウムの標識化もできます ガン患者に対して リンパ節がガンに侵されているかを 手術する前に確認できます MRIで見ることができます

手術では何を切除するのかを 知るのが重要です しかし同様に 体機能に大切なものを 温存することも重要です 意図しない損傷を避けることがとても重要です ここで私がお話しているのは 神経のことです 神経は傷つけられると 麻痺や 痛みを引き起こします 前立腺がんを例に取ると 60%の男性が 前立腺がんの手術のあと 尿漏れと勃起不全を 起こしています 多くの人に多くの問題が起こってしまうのです そしてこれは 外科医が十分に注意して 神経を避けるような手術 神経温存手術でさえ 起こっているのです

前立腺がんの場合には これらの神経はとても小さく 決して見ないのです 血管構造に沿っていると知られている 解剖学的な神経経路を たどっているに過ぎません これは誰かが研究しているからこそわかることですが それは実際の場所は まだ研究中ということです こんな手術で大丈夫でしょうか ガンの場所がわからないのに切除しようとしているのです 神経の場所がわからないのに温存しようとしているのです

お伝えしたように 蛍光によって 神経を標識化できれば すばらしくないですか? 最初はあまり支援されませんでした 人には"ずっとこのやり方をしてきましたよ 問題ないですよ 合併症もそれほどないよ" と言われました しかし私は突き進みました ロジャーが助けてくれたのです チーム全てを引き連れてきてくれました ここでも団体競技の必要性がわかります そしてついに神経を標識化する 分子を見つけたのです これで溶液を作り 蛍光で標識を付け マウスに投与したら 神経が文字通り輝いていたのです どこが神経かわかります

これはマウスの坐骨神経です 大きく太い部分がよく分かるでしょう しかし 私が今指し示しているところには とても微細な分枝がありますが 見えません 小さいメデューサの頭のようなものが見えますね 顔の表情や動き 呼吸 それらの全ての神経 前立腺のあたりの排尿の神経も 見ることができます 神経一つずつを見ることができるのです この二つが指し示していることをお教えしましょう ここに腫瘍があります この腫瘍の縁がわかりますか? これでわかりますね この腫瘍につながっている神経はどうでしょう? 白い部分は見やすいですが 腫瘍の中に入っている部分はどうでしょう? どこに入っているかわかりますか? これでわかりますね

基本的には 私達は医療現場で 細胞を染色し 色分けをする方法を開発したのです これはちょっとした革命です 手術のあり方を変えると思っています 私達は研究結果を 米国科学アカデミー紀要と ネイチャー バイオテクノロジーで 発表しました ディスカバリーとエコノミストでは 解説を頂いています 多くの同僚の外科医に見せたところ "すごい 私の患者も 恩恵を受けられるだろう この方法なら 私の手術は より良い結果が出せて 合併症も少なくなる" と言っていました

今 待ち望まれているのは この技術の更なる発達と 通常の手術室で この蛍光標識を 可能にする仕組みの 開発です 最終的なゴールは これらを患者に適用することです しかし 患者各々に特有の 蛍光分子を開発するのは 単純にできるものではないと わかりました 当然ながら医薬業界では 皆が使える長期にわたる日用服用薬などに 焦点が当てられています 私達はこの技術を発展させることに専念しています また新薬や成長因子を発展させたり 周囲の細胞を傷つけずに 原因の神経を殺傷したり することに注力しています 私達はこれが可能であること やるべきことであると信じています

最後にこの考えを皆さんに伝えます 本当の革新というのは 一つのひらめきだけでは成し得ません 短距離走ではありません 個人競技ではないのです 本当の革新というのは 団体競技のリレーなのです 一つのチームがひらめきを生み もうひとつのチームが それを適応させ浸透させるのです そのためには長期にわたって昼夜を問わずに 知らしめ説得し 認知を得る たゆまぬ勇気が 必要なのです 今日の健康と医療に投じたいのは この光なのです

どうもありがとう

(拍手)

I want to talk to you about one of the biggest myths in medicine, and that is the idea that all we need are more medical breakthroughs and then all of our problems will be solved. Our society loves to romanticize the idea of the single, solo inventor who, working late in the lab one night, makes an earthshaking discovery, and voila, overnight everything's changed. That's a very appealing picture, however, it's just not true. In fact, medicine today is a team sport. And in many ways, it always has been. I'd like to share with you a story about how I've experienced this very dramatically in my own work.

I'm a surgeon, and we surgeons have always had this special relationship with light. When I make an incision inside a patient's body, it's dark. We need to shine light to see what we're doing. And this is why, traditionally, surgeries have always started so early in the morning -- to take advantage of daylight hours. And if you look at historical pictures of the early operating rooms, they have been on top of buildings. For example, this is the oldest operating room in the Western world, in London, where the operating room is actually on top of a church with a skylight coming in. And then this is a picture of one of the most famous hospitals in America. This is Mass General in Boston. And do you know where the operating room is? Here it is on the top of the building with plenty of windows to let light in.

So nowadays in the operating room, we no longer need to use sunlight. And because we no longer need to use sunlight, we have very specialized lights that are made for the operating room. We have an opportunity to bring in other kinds of lights -- lights that can allow us to see what we currently don't see. And this is what I think is the magic of fluorescence.

So let me back up a little bit. When we are in medical school, we learn our anatomy from illustrations such as this where everything's color-coded. Nerves are yellow, arteries are red, veins are blue. That's so easy anybody could become a surgeon, right? However, when we have a real patient on the table, this is the same neck dissection -- not so easy to tell the difference between different structures. We heard over the last couple days what an urgent problem cancer still is in our society, what a pressing need it is for us to not have one person die every minute. Well if cancer can be caught early, enough such that someone can have their cancer taken out, excised with surgery, I don't care if it has this gene or that gene, or if it has this protein or that protein, it's in the jar. It's done, it's out, you're cured of cancer.

This is how we excise cancers. We do our best, based upon our training and the way the cancer looks and the way it feels and its relationship to other structures and all of our experience, we say, you know what, the cancer's gone. We've made a good job. We've taken it out. That's what the surgeon is saying in the operating room when the patient's on the table. But then we actually don't know that it's all out. We actually have to take samples from the surgical bed, what's left behind in the patient, and then send those bits to the pathology lab. In the meanwhile, the patient's on the operating room table. The nurses, anesthesiologist, the surgeon, all the assistants are waiting around. And we wait. The pathologist takes that sample, freezes it, cuts it, looks in the microscope one by one and then calls back into the room. And that may be 20 minutes later per piece. So if you've sent three specimens, it's an hour later. And very often they say, "You know what, points A and B are okay, but point C, you still have some residual cancer there. Please go cut that piece out." So we go back and we do that again, and again.

And this whole process: "Okay you're done. We think the entire tumor is out." But very often several days later, the patient's gone home, we get a phone call: "I'm sorry, once we looked at the final pathology, once we looked at the final specimen, we actually found that there's a couple other spots where the margins are positive. There's still cancer in your patient." So now you're faced with telling your patient, first of all, that they may need another surgery, or that they need additional therapy such as radiation or chemotherapy. So wouldn't it be better if we could really tell, if the surgeon could really tell, whether or not there's still cancer on the surgical field? I mean, in many ways, the way that we're doing it, we're still operating in the dark.

So in 2004, during my surgical residency, I had the great fortune to meet Dr. Roger Chen, who went on to win the Nobel Prize for chemistry in 2008. Roger and his team were working on a way to detect cancer, and they had a very clever molecule that they had come up with. The molecule they had developed had three parts. The main part of it is the blue part, polycation, and it's basically very sticky to every tissue in your body.

So imagine that you make a solution full of this sticky material and inject it into the veins of someone who has cancer, everything's going to get lit up. Nothing will be specific. There's no specificity there. So they added two additional components. The first one is a polyanionic segment, which basically acts as a non-stick backing like the back of a sticker. So when those two are together, the molecule is neutral and nothing gets stuck down. And the two pieces are then linked by something that can only be cut if you have the right molecular scissors -- for example, the kind of protease enzymes that tumors make. So here in this situation, if you make a solution full of this three-part molecule along with the dye, which is shown in green, and you inject it into the vein of someone who has cancer, normal tissue can't cut it. The molecule passes through and gets excreted. However, in the presence of the tumor, now there are molecular scissors that can break this molecule apart right there at the cleavable site. And now, boom, the tumor labels itself and it gets fluorescent.

So here's an example of a nerve that has tumor surrounding it. Can you tell where the tumor is? I couldn't when I was working on this. But here it is. It's fluorescent. Now it's green. See, so every single one in the audience now can tell where the cancer is. We can tell in the operating room, in the field, at a molecular level, where is the cancer and what the surgeon needs to do and how much more work they need to do to cut that out. And the cool thing about fluorescence is that it's not only bright, it actually can shine through tissue. The light that the fluorescence emits can go through tissue. So even if the tumor is not right on the surface, you'll still be able to see it.

In this movie, you can see that the tumor is green. There's actually normal muscle on top of it. See that? And I'm peeling that muscle away. But even before I peel that muscle away, you saw that there was a tumor underneath. So that's the beauty of having a tumor that's labeled with fluorescent molecules. That you can, not only see the margins right there on a molecular level, but you can see it even if it's not right on the top -- even if it's beyond your field of view. And this works for metastatic lymph nodes also.

Sentinel lymph node dissection has really changed the way that we manage breast cancer, melanoma. Women used to get really debilitating surgeries to excise all of the axillary lymph nodes. But when sentinel lymph node came into our treatment protocol, the surgeon basically looks for the single node that is the first draining lymph node of the cancer. And then if that node has cancer, the woman would go on to get the axillary lymph node dissection. So what that means is if the lymph node did not have cancer, the woman would be saved from having unnecessary surgery.

But sentinel lymph node, the way that we do it today, is kind of like having a road map just to know where to go. So if you're driving on the freeway and you want to know where's the next gas station, you have a map to tell you that that gas station is down the road. It doesn't tell you whether or not the gas station has gas. You have to cut it out, bring it back home, cut it up, look inside and say, "Oh yes, it does have gas." So that takes more time. Patients are still on the operating room table. Anesthesiologists, surgeons are waiting around. That takes time.

So with our technology, we can tell right away. You see a lot of little, roundish bumps there. Some of these are swollen lymph nodes that look a little larger than others. Who amongst us hasn't had swollen lymph nodes with a cold? That doesn't mean that there's cancer inside. Well with our technology, the surgeon is able to tell immediately which nodes have cancer. I won't go into this very much, but our technology, besides being able to tag tumor and metastatic lymph nodes with fluorescence, we can also use the same smart three-part molecule to tag gadolinium onto the system so you can do this noninvasively. The patient has cancer, you want to know if the lymph nodes have cancer even before you go in. Well you can see this on an MRI.

So in surgery, it's important to know what to cut out. But equally important is to preserve things that are important for function. So it's very important to avoid inadvertent injury. And what I'm talking about are nerves. Nerves, if they are injured, can cause paralysis, can cause pain. In the setting of prostate cancer, up to 60 percent of men after prostate cancer surgery may have urinary incontinence and erectile disfunction. That's a lot of people to have a lot of problems -- and this is even in so-called nerve-sparing surgery, which means that the surgeon is aware of the problem, and they are trying to avoid the nerves.

But you know what, these little nerves are so small, in the context of prostate cancer, that they are actually never seen. They are traced just by their known anatomical path along vasculature. And they're known because somebody has decided to study them, which means that we're still learning about where they are. Crazy to think that we're having surgery, we're trying to excise cancer, we don't know where the cancer is. We're trying to preserve nerves; we can't see where they are.

So I said, wouldn't it be great if we could find a way to see nerves with fluorescence? And at first this didn't get a lot of support. People said, "We've been doing it this way for all these years. What's the problem? We haven't had that many complications." But I went ahead anyway. And Roger helped me. And he brought his whole team with him. So there's that teamwork thing again. And we eventually discovered molecules that were specifically labeling nerves. And when we made a solution of this, tagged with the fluorescence and injected in the body of a mouse, their nerves literally glowed. You can see where they are.

Here you're looking at a sciatic nerve of a mouse, and you can see that that big, fat portion you can see very easily. But in fact, at the tip of that where I'm dissecting now, there's actually very fine arborizations that can't really be seen. You see what looks like little Medusa heads coming out. We have been able to see nerves for facial expression, for facial movement, for breathing -- every single nerve -- nerves for urinary function around the prostate. We've been able to see every single nerve. When we put these two probes together ... So here's a tumor. Do you guys know where the margins of this tumor is? Now you do. What about the nerve that's going into this tumor? That white portion there is easy to see. But what about the part that goes into the tumor? Do you know where it's going? Now you do.

Basically, we've come up with a way to stain tissue and color-code the surgical field. This was a bit of a breakthrough. I think that it'll change the way that we do surgery. We published our results in the proceedings of the National Academy of Sciences and in Nature Biotechnology. We received commentary in Discover magazine, in The Economist. And we showed it to a lot of my surgical colleagues. They said, "Wow! I have patients who would benefit from this. I think that this will result in my surgeries with a better outcome and fewer complications."

What needs to happen now is further development of our technology along with development of the instrumentation that allows us to see this sort of fluorescence in the operating room. The eventual goal is that we'll get this into patients. However, we've discovered that there's actually no straightforward mechanism to develop a molecule for one-time use. Understandably, the majority of the medical industry is focused on multiple-use drugs, such as long-term daily medications. We are focused on making this technology better. We're focused on adding drugs, adding growth factors, killing nerves that are causing problems and not the surrounding tissue. We know that this can be done and we're committed to doing it.

I'd like to leave you with this final thought. Successful innovation is not a single breakthrough. It is not a sprint. It is not an event for the solo runner. Successful innovation is a team sport, it's a relay race. It requires one team for the breakthrough and another team to get the breakthrough accepted and adopted. And this takes the long-term steady courage of the day-in day-out struggle to educate, to persuade and to win acceptance. And that is the light that I want to shine on health and medicine today.

Thank you very much.

(Applause)

I want to talk/ to you/ about one of the biggest myths/ in medicine,/ and that is/ the idea/ that all we need are more medical breakthroughs/ and then/ all of our problems will be solved.//

今日お話したいことは 医学の 大きな誤った妄想の一つについてです それは 医学的な 大発見を続けさえすれば 私たちの抱える 問題を全て解決してくれるという考えです

Our society loves to romanticize/ the idea of the single, solo inventor/ who,/ working late/ in the lab/ one night,/ makes an earthshaking discovery,/ and voila,/ overnight everything's changed.//

私達の社会は 夢みがちです 研究している科学者が 独りきりで ある時夜遅くに 世界を揺るがすような発見をする ジャーン! 一夜にして全てが変わってしまう

That's a very appealing picture,/ however,/ it's just not true.//

とても魅力的な想像です しかし実際はそうではありません

In fact,/ medicine/ today is a team sport.//

現実では 医学は団体競技なのです

And/ in many ways,/ it always has been.//

様々な意味で ずっとそうでした

I'd like to share/ with you/ a story/ about how I've experienced this very dramatically/ in my own work.//

私が実際にそれを まざまざと体験したときのことを お話ししましょう

I'm a surgeon,/ and we surgeons have always had this special relationship/ with light.//

私は外科医です そして私たち外科医は常に 光と密接な関係がありました

When I make an incision/ inside a patient's body,/ it's dark.//

(光あれ!)患者の身体の中を切開するときはとても暗いのです

We need to shine/ light/ to see/ what we're doing.//

何をしているかの確認に光が必要です

And this is/ why,/ traditionally,/ surgeries have always started so early/ in the morning --/ to take advantage of daylight hours.//

そのため 手術は伝統的に 朝早くに開始して 日光を有効活用しているのです

And/ if you look at historical pictures of the early operating rooms,/ they have been on top of buildings.//

この昔の絵を見ると 初期の手術室が大体 建物の一番上に置かれていたのが分かります

For example,/ this is the oldest operating room/ in the Western world,/ in London,/ where the operating room is actually on top of a church/ with a skylight/ coming in.//

西洋で一番古い手術室が ロンドンにあるこの手術室です 手術室は 教会の一番上にあり 日光を取り入れるようにしています

And then/ this is a picture of one of the most famous hospitals/ in America.//

そしてこれはアメリカでもっとも有名な 病院のひとつである

This is Mass General/ in Boston.//

ボストンのマサチューセッツ総合病院です

And do you know/ where the operating room is?//

手術室はどこでしょう?

Here/ it is on the top of the building/ with plenty of windows/ to let light in.//

まさにここ 建物の頂上にあり たくさんの窓から光が入るようになっています

So nowadays/ in the operating room,/ we no longer need to use/ sunlight.//

今日の手術室では 日光は必要なくなりました

And/ because we no longer need to use/ sunlight,/ we have very specialized lights/ that are made for the operating room.//

日光を使う替わりに 手術室用に作られた 照明器具を使うからです

We have an opportunity/ to bring in/ other kinds of lights --/ lights/ that can allow us/ to see/ what we currently don't see.//

肉眼で見える光ではなく 今までは見えなかったものが 見えるようになる 違う種類の光をもたらすことができます

And this is/ what I think is the magic of fluorescence.//

これが私の考えている光 蛍光の魔法です

So let me/ back up/ a little bit.//

少し補足させてください

When we are in medical school,/ we learn our anatomy/ from illustrations/ such as this/ where everything's color-coded.//

医学部での授業では 画面のように図解の解剖図で学び 全てが色分けされていました

Nerves are yellow,/ arteries are red,/ veins are blue.//

神経は黄色 動脈は赤色 そして静脈は青色です

That's so easy/ anybody could become a surgeon,/ right?//

誰でも外科医になれそうですよね

However,/ when we have a real patient/ on the table,/ this is the same neck dissection --/ not so easy to tell the difference/ between different structures.//

しかし これは首の図と同じ部位ですが 実際の手術で目にするとき それぞれの組織を見分けるのは そう簡単ではありません

We heard over the last couple days/ what an urgent problem cancer still is in our society,/ what a pressing need/ it is/ for us/ to not have one person die every minute.//

ここ数日間で 私たちは ガンが社会的にまだまだ 緊急問題であることと 毎分1人が がんで 死なざるを得ない状況の解決策が 強く求められていることを聞いてきました

Well/ if cancer can be caught early,/ enough such/ that someone can have/ their cancer taken out,/ excised with surgery,/ I don't care/ if it has this gene/ or/ that gene,/ or/ if it has this protein/ or/ that protein,/ it's in the jar.//

ガンが早期に見つかり 手術によって摘出することが可能だったのであれば そのガン細胞に どんな 遺伝子やタンパク質が 含まれていても関係ありません もうビンの中にあるのですから

It's done,/ it's out,/ you're cured of cancer.//

摘出は完了し ガンが治療されたのです

This is/ how we excise cancers.//

ガン切除法をお話ししします

We do our best,/ based upon our training/ and the way/ the cancer looks/ and the way/ it feels and its relationship/ to other structures and all of our experience,/ we say,/ you know/ what,/ the cancer's gone.//

医者は研修やガンの見え方 触診や他の組織との繋がり 経験の全てを以て 最善を尽くします 医者は言います よしガンはなくなった

We've made a good job.// We've taken it out.//

成し遂げた 摘出した

That's/ what the surgeon is saying in the operating room/ when the patient's on the table.//

患者を手術状態としたままで こんな風に外科医は話します

But then/ we actually don't know/ that it's all out.//

実際には全て摘出したかまだわからないからです

We actually have to take/ samples/ from the surgical bed,/ what's left behind/ in the patient,/ and then send those bits/ to the pathology lab.//

手術台の患者の切除後の 周辺数か所から検体をとり 病理検査室へ送る必要があります その検査の間

In the meanwhile,/ the patient's on the operating room table.//

患者は手術台の上にいて

The nurses,/ anesthesiologist,/ the surgeon,/ all the assistants are waiting around.//

看護師 麻酔医 外科医 そして 助手は待っているのです

And we wait.//

待つしかないのです

The pathologist takes/ that sample,/ freezes it,/ cuts it,/ looks in the microscope one/ by one/ and then calls back/ into the room.//

病理医はその検体を 凍らせ 切断し 一つずつ顕微鏡で確認し 手術室へ結果を伝えます

And that may be 20 minutes later/ per piece.//

一つにつき20分かかります

So/ if you've sent three specimens,/ it's an hour later.//

もし3つ検体があったら 1時間かかるのです

And very often/ they say,/ "You know/ what,/ points A and B are okay,/ but point C,/ you still have some residual cancer there.//

そして病理医が言うのは '実は AとBは大丈夫ですが" 'Cにはまだガンが残っているので"

Please go cut/ that piece out."//

'その部分を切除してください"

So/ we go back/ and we do that again,/ and again.//

手術ではこの検査と切除を何回も続けます

And this whole process:/ "Okay/ you're done.//

そして次のように言うのです "終わりました"

We think/ the entire tumor is out."//

'全ての腫瘍は摘出されたようです"

But very often/ several days later,/ the patient's gone home,/ we get a phone call:/ "I'm sorry,/ once we looked at the final pathology,/ once we looked at the final specimen,/ we actually found/ that there's a couple other spots/ where the margins are positive.//

数日後に患者は帰宅しますが 私たち担当医に電話がかかり '残念ですが' '最終の病理検査を" '最後の検体に行っていたところ" 'ガンの陽性反応がでました" '患者にはまだガンが残っています" と告げられるのは

There's still/ cancer/ in your patient."//

とてもよくある話です

So now/ you're faced with telling your patient,/ first of all,/ that they may need another surgery,/ or/ that they need additional therapy/ such as radiation or chemotherapy.//

こうなると医者は患者に伝える事態に直面します まずは 再手術もしくは 放射線療法や化学療法などの 追加の治療が必要なことを伝えるのです

So wouldn't it be better/ if we could really tell,/ if the surgeon could really tell,/ whether or not there's still/ cancer/ on the surgical field?//

外科医が手術中に 術野にガンが残っているかを 確実に分かる方が 良いに決まっていますよね

I mean,/ in many ways,/ the way that/ we're doing/ it,/ we're still operating/ in the dark.//

様々な意味で手術のやり方は まだ暗闇の中で手術するようなものなのです

So/ in 2004,/ during my surgical residency,/ I had the great fortune/ to meet Dr.// Roger Chen,/ who went on/ to win the Nobel Prize/ for chemistry/ in 2008.//

2004年 外科医の研修中に ロジャー・チェン先生と 出会う幸運に恵まれました 2008年にノーベル化学賞を 受賞した方です

Roger/ and his team were working on a way/ to detect cancer,/ and they had a very clever molecule/ that they had come up/ with.//

ロジャーとそのチームは ガンの発見方法を研究しており とても賢い分子を 開発していました

The molecule/ they had developed/ had three parts.//

彼らが開発した分子は 3つの部分からできています

The main part of it is the blue part,/ polycation,/ and it's basically very sticky/ to every tissue/ in your body.//

主要な部分は青い部分 ポリカチオンで どの体細胞にも とてもくっつきやすいものです

So imagine/ that you make a solution full of this sticky material/ and inject it/ into the veins of someone/ who has cancer,/ everything's going to get lit up.//

この成分だけを 使ったものを ガン患者に投薬したとしても 全てが光ってしまいます

Nothing will be specific.//

これでは特定できません

There's no specificity there.//

まったく特異性がないのです

そこで彼らはもう2つの成分を加えました

The first one is a polyanionic segment,/ which basically acts as a non-stick backing/ like the back of a sticker.//

1つ目は赤い部分 ポリアニオンで シールの裏側のように くっつかない役目を果たします

So/ when those two are together,/ the molecule is neutral/ and nothing gets stuck down.//

この2つを一緒にすると 分子は中性になり 体細胞にくっつかなくなります

And the two pieces are then linked by something/ that can only be cut/ if you have the right molecular scissors --/ for example,/ the kind of protease enzymes/ that tumors make.//

2つ目は黄色部分で2つを繋ぐ役目を果たします 黄色部分は決められたハサミでしか切れません 例えば腫瘍が作り出す プロテアーゼ酵素を ハサミに設定します

So here/ in this situation,/ if you make a solution full of this three-part molecule/ along with the dye,/ which is shown in green,/ and you inject it/ into the vein of someone/ who has cancer,/ normal tissue can't cut it.//

次のように使います この3部構成の分子で溶液を作って 緑色で表されている 染料と一緒にガン患者の静脈に 投薬します すると 通常の細胞はハサミとならず

The molecule passes through and gets excreted.//

分子は体内を通り排泄されます

However,/ in the presence of the tumor,/ now/ there are molecular scissors/ that can break this molecule apart right there/ at the cleavable site.//

しかし腫瘍があった場合 腫瘍がハサミとなり この分子を腫瘍部で 切断します

And now,/ boom,/ the tumor labels itself/ and it gets fluorescent.//

そして こうなります 腫瘍は標識化され 蛍光に光ります

So here's an example of a nerve/ that has tumor/ surrounding it.//

これは腫瘍が神経の周りに できている例です

Can you tell/ where the tumor is?//

腫瘍がどこかわかりますか?

I couldn't/ when I was working on this.//

私のときはわかりませんでした

But here/ it is.// It's fluorescent.//

しかし ほら 光るのです

Now/ it's green.//

緑色の部分が見えます

See,/ so every single one/ in the audience now can tell/ where the cancer is.//

そう 今なら皆さん全員が ガンの位置が分かりますね

We can tell in the operating room,/ in the field,/ at a molecular level,/ where is the cancer/ and what the surgeon needs to do/ and how much/ more work/ they need to do/ to cut/ that out.//

手術室 現場でも分子レベルでガンの場所や 外科医が摘出のために どう切除すれば良いのか どの程度周りを切除するのか 分かるのです

And the cool thing/ about fluorescence is/ that it's not only bright,/ it actually can shine through tissue.//

また 蛍光のすごいところは 明るいだけではなく 組織の裏からでも光るところです

The light/ that the fluorescence emits can go through tissue.//

蛍光が発する光は 組織を 通り抜けられるのです

So/ even if the tumor is not right/ on the surface,/ you'll still be able to see it.//

なので 腫瘍が表面になかったとしても 見ることができるのです

In this movie,/ you can see/ that the tumor is green.//

この動画では 腫瘍が 緑色になっているのが見えます

There's actually/ normal muscle/ on top of it.// See/ that?//

実は正常な筋肉が手前にあります 見えますか?

And I'm peeling/ that muscle away.//

その筋肉をどかしてみましょう

But/ even before I peel/ that muscle away,/ you saw/ that there was a tumor underneath.//

しかし筋肉をめくる前でも 腫瘍が裏側にあるのが見えました

So that's the beauty of having a tumor/ that's labeled with fluorescent molecules.//

これが腫瘍を蛍光で 標識化することの長所なのです

That you can,/ not only see the margins right there/ on a molecular level,/ but you can see it/ even if it's not right/ on the top --/ even if it's beyond your field of view.//

境目が分子レベルで 見えるだけではなく 表面ではない通常見えないところに あったとしても見えるのです

And this works for metastatic lymph nodes also.//

またリンパ節転移発見にも活用できます

Sentinel lymph node dissection has really changed the way that/ we manage breast cancer,/ melanoma.//

センチネルリンパ節切除は 乳がんやメラノーマの治療を大きく変えました

Women used to get really/ debilitating surgeries/ to excise all of the axillary lymph nodes.//

以前までは腋下のリンパ節を 全て切除するという 患者を弱らせてしまう手術が必要でした

But when sentinel lymph node came into our treatment protocol,/ the surgeon basically looks for the single node/ that is the first draining lymph node of the cancer.//

センチネルリンパ節切除が標準的な 手術方法となった今 外科医は リンパ節でもガンに浸潤された 筋だけを探せばよくなりました

And then/ if that node has cancer,/ the woman would go on/ to get the axillary lymph node dissection.//

もしその節にガンがあった場合 その女性は腋下リンパ節の 切除手術を受けるのです

So/ what that means/ is/ if the lymph node did not have cancer,/ the woman would be saved from having unnecessary surgery.//

つまり リンパ節にガンが見つからなかった場合 その女性は不必要な 手術を受ける必要がないのです

But sentinel lymph node,/ the way/ that we do it/ today,/ is kind of like having a road map just/ to know/ where to go.//

しかし現在の方法ではセンチネルリンパ節は どこへ行くかを示す ただの地図に過ぎません

So/ if you're driving/ on the freeway/ and you want to know/ where's the next gas station,/ you have a map/ to tell you/ that that gas station is down the road.//

例えば高速道路を運転していて 次のガソリンスタンドを知りたければ 道の先にガソリンスタンドがあることがわかります

It doesn't tell you/ whether or not the gas station has gas.//

しかしそこにガソリンが あるかどうかまではわかりません

You have to cut/ it out,/ bring it back/ home,/ cut it up,/ look inside/ and say,/ "Oh yes,/ it does have gas."//

切り出して 家にもって帰り スライスして 中を見て やっと ガソリンがあることがわかるのです

So/ that takes more time.//

このやり方だと多くの時間が必要です

Patients are still on the operating room table.//

検査の間も患者はまだ手術台にいます

Anesthesiologists,/ surgeons are waiting around.//

麻酔医や外科医は待っています

That takes time.//

時間がかかるのです

So/ with our technology,/ we can tell right away.//

私たちの技術を使えばその場でわかります

You see a lot of little, roundish bumps there.//

小さな丸いコブが見えますね

Some of these are swollen lymph nodes/ that look a little larger/ than others.//

この中に肥大したリンパ節があります 他のものと比べて少しだけ大きいものです

Who amongst/ us hasn't had swollen lymph nodes/ with a cold?//

風邪でも肥大したリンパ節は現れます

That doesn't mean/ that there's cancer inside.//

肥大してもガンがあるとは限らないのです

Well/ with our technology,/ the surgeon is able to tell immediately/ which nodes have cancer.//

私たちの技術があれば 外科医はすぐさま どこにガンがあるか見分けられます

I won't go into this very much,/ but our technology,/ besides being able to tag tumor and metastatic lymph nodes/ with fluorescence,/ we can also use the same smart three-part molecule/ to tag gadolinium/ onto the system/ so you can do this noninvasively.//

深くはお話しませんが 私たちの技術は 腫瘍や転移性リンパ節に蛍光で標識化するだけではなく 同じ3部構成の分子を使って 切ったりすることなく ガドリニウムの標識化もできます

The patient has cancer,/ you want to know/ if the lymph nodes have cancer even/ before you go in.//

ガン患者に対して リンパ節がガンに侵されているかを 手術する前に確認できます

Well/ you can see this/ on an MRI.//

MRIで見ることができます

So/ in surgery,/ it's important/ to know/ what to cut out.//

手術では何を切除するのかを 知るのが重要です

But equally important is to preserve things/ that are important/ for function.//

しかし同様に 体機能に大切なものを 温存することも重要です

So it's very important/ to avoid inadvertent injury.//

意図しない損傷を避けることがとても重要です

And what I'm talking/ about are nerves.//

ここで私がお話しているのは 神経のことです

Nerves,/ if they are injured,/ can cause paralysis,/ can cause pain.//

神経は傷つけられると 麻痺や 痛みを引き起こします

In the setting of prostate cancer,/ up to 60 percent of men/ after prostate cancer surgery may have urinary incontinence and erectile disfunction.//

前立腺がんを例に取ると 60%の男性が 前立腺がんの手術のあと 尿漏れと勃起不全を 起こしています

That's a lot of people/ to have a lot of problems --/ and this is even in so-called nerve-sparing surgery,/ which means/ that the surgeon is aware of the problem,/ and they are trying to avoid/ the nerves.//

多くの人に多くの問題が起こってしまうのです そしてこれは 外科医が十分に注意して 神経を避けるような手術 神経温存手術でさえ 起こっているのです

But you know/ what,/ these little nerves are so small,/ in the context of prostate cancer,/ that they are actually never seen.//

前立腺がんの場合には これらの神経はとても小さく 決して見ないのです

They are traced just/ by their known anatomical path/ along vasculature.//

血管構造に沿っていると知られている 解剖学的な神経経路を たどっているに過ぎません

And they're known/ because somebody has decided to study/ them,/ which means/ that we're still learning/ about where they are.//

これは誰かが研究しているからこそわかることですが それは実際の場所は まだ研究中ということです

Crazy to think/ that we're having/ surgery,/ we're trying to excise/ cancer,/ we don't know/ where the cancer is.//

こんな手術で大丈夫でしょうか ガンの場所がわからないのに切除しようとしているのです

We're trying to preserve/ nerves;/ we can't see/ where they are.//

神経の場所がわからないのに温存しようとしているのです

So I said,/ wouldn't it be great/ if we could find a way/ to see nerves/ with fluorescence?//

お伝えしたように 蛍光によって 神経を標識化できれば すばらしくないですか?

And at first/ this didn't get a lot of support.//

最初はあまり支援されませんでした

People said,/ "We've been doing it/ this way/ for all these years.//

人には"ずっとこのやり方をしてきましたよ

What's the problem?//

問題ないですよ

We haven't had/ that many complications."//

合併症もそれほどないよ" と言われました

But I went ahead anyway.//

しかし私は突き進みました

And Roger helped me.//

ロジャーが助けてくれたのです

And he brought his whole team/ with him.//

チーム全てを引き連れてきてくれました

So there's/ that teamwork thing again.//

ここでも団体競技の必要性がわかります

And we eventually discovered molecules/ that were specifically labeling nerves.//

そしてついに神経を標識化する 分子を見つけたのです

And when we made a solution of this,/ tagged with the fluorescence/ and injected in the body of a mouse,/ their nerves literally glowed.//

これで溶液を作り 蛍光で標識を付け マウスに投与したら 神経が文字通り輝いていたのです

You can see/ where they are.//

どこが神経かわかります

Here/ you're looking/ at a sciatic nerve of a mouse,/ and you can see/ that that big, fat portion/ you can see very easily.//

これはマウスの坐骨神経です 大きく太い部分がよく分かるでしょう

But in fact,/ at the tip of that/ where I'm dissecting/ now,/ there's actually/ very fine arborizations/ that can't really be seen.//

しかし 私が今指し示しているところには とても微細な分枝がありますが 見えません

You see/ what looks like little Medusa heads/ coming out.//

小さいメデューサの頭のようなものが見えますね

We have been able to see nerves/ for facial expression,/ for facial movement,/ for breathing --/ every single nerve --/ nerves/ for urinary function/ around the prostate.//

顔の表情や動き 呼吸 それらの全ての神経 前立腺のあたりの排尿の神経も 見ることができます

We've been able to see every single nerve.//

神経一つずつを見ることができるのです

When we put these two probes together ...//

この二つが指し示していることをお教えしましょう

So here's a tumor.//

ここに腫瘍があります

Do you/ guys know/ where the margins of this tumor is?//

この腫瘍の縁がわかりますか?

Now/ you do.//

これでわかりますね

What about the nerve/ that's going into this tumor?//

この腫瘍につながっている神経はどうでしょう?

That white portion/ there is easy/ to see.//

白い部分は見やすいですが

But what about the part/ that goes into the tumor?//

腫瘍の中に入っている部分はどうでしょう?

Do you know/ where it's going?//

どこに入っているかわかりますか?

Now/ you do.//

これでわかりますね

Basically,/ we've come up/ with a way/ to stain tissue/ and color-code the surgical field.//

基本的には 私達は医療現場で 細胞を染色し 色分けをする方法を開発したのです

This was a bit of a breakthrough.//

これはちょっとした革命です

I think/ that it'll change the way/ that we do surgery.//

手術のあり方を変えると思っています

私達は研究結果を 米国科学アカデミー紀要と ネイチャー バイオテクノロジーで 発表しました

ディスカバリーとエコノミストでは 解説を頂いています

And we showed it/ to a lot of my surgical colleagues.//

多くの同僚の外科医に見せたところ

They said,/ "Wow!//

"すごい 私の患者も

I have patients/ who would benefit from this.//

恩恵を受けられるだろう この方法なら 私の手術は

I think/ that this will result in my surgeries/ with a better outcome and fewer complications."//

より良い結果が出せて 合併症も少なくなる" と言っていました

What needs to happen now is further development of our technology/ along with development of the instrumentation/ that allows us/ to see this sort of fluorescence/ in the operating room.//

今 待ち望まれているのは この技術の更なる発達と 通常の手術室で この蛍光標識を 可能にする仕組みの 開発です

The eventual goal is/ that we'll get this/ into patients.//

最終的なゴールは これらを患者に適用することです

However,/ we've discovered/ that there's actually/ no straightforward mechanism/ to develop a molecule/ for one-time use.//

しかし 患者各々に特有の 蛍光分子を開発するのは 単純にできるものではないと わかりました

当然ながら医薬業界では 皆が使える長期にわたる日用服用薬などに 焦点が当てられています

We are focused on making this technology better.//

私達はこの技術を発展させることに専念しています

また新薬や成長因子を発展させたり 周囲の細胞を傷つけずに 原因の神経を殺傷したり することに注力しています

We know/ that this can be done/ and we're committed/ to doing it.//

私達はこれが可能であること やるべきことであると信じています

I'd like to leave/ you/ with this final thought.//

最後にこの考えを皆さんに伝えます

本当の革新というのは 一つのひらめきだけでは成し得ません

It is not a sprint.//

短距離走ではありません

It is not an event/ for the solo runner.//

個人競技ではないのです

Successful innovation is a team sport,/ it's a relay race.//

本当の革新というのは 団体競技のリレーなのです

It requires one team/ for the breakthrough/ and another team/ to get the breakthrough accepted/ and adopted.//

一つのチームがひらめきを生み もうひとつのチームが それを適応させ浸透させるのです

And this takes the long-term steady courage of the day-in day-out struggle/ to educate,/ to persuade/ and to win acceptance.//

そのためには長期にわたって昼夜を問わずに 知らしめ説得し 認知を得る たゆまぬ勇気が 必要なのです

And that is the light/ that I want to shine/ on health and medicine today.//

今日の健康と医療に投じたいのは この光なのです

Thank you very much.//

どうもありがとう

(拍手)

myth

〈C〉(個々の)『神話』,神代物語;〈U〉《集合的に》神話

〈C〉神話的な人(物・事)

〈C〉作り話,伝説;(…という)作り話《+『that節』》

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

solo

独唱曲,独奏曲;独唱,独奏,ソロ

(一般に)一人で行う演技や行為

単独飛行

独唱の,独奏の;一人でする

独唱で,独奏で;一人で

一人でする

単独飛行する

inventor

(…の)『発明者』,考案者《+『of』+『名』》

lab

実験室(laboratory)

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

overnight

『一晩じゅう』,夜通し

一夜のうちに;にわかに,急に

一晩(一夜)

夜間の;夜通しの

小旅行用の,短期宿泊用の

appealing

心を動かす,魅力的な

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

dramatically

劇的に,非常に効果的に

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

surgeon

『外科医』

軍医

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

incision

〈U〉切り込むこと,刻み込むこと

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

traditionally

伝説的に;伝統的に,しきたり通りに

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

daylight

『日光』,昼の光

夜明け

公然,周知・「… the living daylights out of誰々」で「誰々をこてんぱんに…する」

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

historical

『歴史の』,史学の

『史実の基づく』,歴史上の

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

skylight

(天井の)天窓,明かり窓

hospital

『病院』

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

plenty

(数・量が)『たくさん』(の),『たっぷり』(の)《+『of』+『名』》

(あり余るほどの)豊かさ,豊富(abundance)

たくさんの,十分な

《話》全く(quite)

《米話》とても(very)

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

nowadays

(特に過去と比べて)『今日では』,このごろは

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

sunlight

日光(sunshine)

opportunity

『機会』,好機

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

currently

現在は;広く,一般に

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

fluorescence

けい光発光

(放射された)けい光

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

anatomy

〈U〉解剖学,解剖論

〈U〉〈C〉(動植物の)解剖

〈C〉(動植物の)構造,組織;人体

illustration

〈C〉(説明などのための)『例』,実例(example)

〈U〉(実例・図版・表などによる)(…の)説明,例証《+『of』+『名』》

〈C〉『挿絵』,説明図,図版,イラスト

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

nerve

〈C〉『神経』

〈C〉《複数形で》『神経過敏』,いらだち

〈U〉『勇気』,度胸(courage)

〈U〉《時にa ~》厚かましさ,ずぶとさ;無礼

〈C〉葉脈;(昆虫の)翅脈(しみゃく)

〈人,特に自分〉‘に'力を与える,‘を'元気づける

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

artery

動脈

(道路・水路・鉄道などの)勘線,(通信の)主チャンネル

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

vein

〈C〉『静脈』

〈C〉(植物の)葉脈;(昆虫の)翅脈;(石の)石理;(木の)木目

〈C〉岩脈,鉱脈

〈U〉《しばしば a vein》(…の)傾向,性質《+of+名》

〈U〉《the vein》(…に対する)気分,気持ち《+for+名(doing)》

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

neck

〈C〉(人間・動物の)『首』;首の骨

〈C〉(衣服の)えり

〈C〉首の形をした物

〈U〉〈C〉(食品としての)(羊などの)頚肉(けいにく)

キスして愛撫(あいぶ)し合う

dissection

〈U〉〈C〉(実験・研究のための)解剖,解体

〈C〉実験用解剖体,解剖模型

〈U〉詳細な分析

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

urgent

『急を要する』,緊急の

『しつこい』,うるさく頼む

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

excise

(酒・たばこなどの)物品税,国内消費税

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

gene

遺伝子

protein

蛋白(たんばく)質

jar

(広口の)『つぼ』,かめ,びん,ジャー

一つぼ(びん)(の…)《+『of』+『名』》

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

upon

『…の上に』

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

surgical

外科の;手術用の

《名詞の前にのみ用いて》(衣服などが)整形用の

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

pathology

〈U〉病理学

〈C〉〈U〉病理,病状

meanwhile

=meantime

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

assistant

『助手』,補佐役;店員

補助の,副…,助…

pathologist

病理学者

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

microscope

『顕微鏡』

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

specimen

(…の)『見本』,標本,実例《+『of』+『名』》

(検査のため採取された,組織・血液・尿などの)『標本』

《話》《形容詞を伴って》…の人,…なやつ

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

okay

=OK,O.K.

residual

残りの,残留の

残余

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

margin

『へり』,『縁』,端(edge)

(ページの)『余白』,欄外

(可能の)限界,限度

(空間・時間・経費・活動などの)余裕,余地

利ざや,マージン,販売利益

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

radiation

〈U〉(光・熱・放射能などの)発散,放射

〈C〉放射物;放射線;輻射(ふくしゃ)熱

〈C〉(喜び・幸福感などの)発散《+『of』+『名』》

=radioactivity

chemotherapy

化学療法

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

residency

専門医学実習生(medical resident)の実習期間・(時にR-) 公邸 (特に旧インド総督代理の)・ 会場と定期契約したバンドや劇団などの公演

fortune

〈U〉『運』,『運勢』,運命

〈U〉〈C〉幸運;《F-》運命の女神

〈U〉『富』(とみ),財産(riches, wealth);〈C〉大金,巨万の富

roger

(無線通信の応答で)了解

《話》(一般の会話で)分かった,よし

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

Nobel Prize

ノーベル賞

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

clever

『リコウな』,頭のよい,才気のある,気のきいた

『器用な』,じょうずな(skillful)

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

basically

基本的に,根本的に;元来は

sticky

ねばねばした

接着剤のついた

(天候が)蒸し暑い

《話》(物が)扱いにくい,(人が)気むずかしい

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

inject

(…に)〈液体など〉‘を'注射する,注入する《+『名』+『into』+『名』》;(…を)…‘に'注射する《+『名』+『with』+『名』》

(話などに)…‘を'動入する,さしはさむ《+『名』+『into』+『名』》

lit

lightの過去・過去分詞

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

specificity

特性を持っていること;特質,特性

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

component

構成している,成分の

構成要素,成分

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

backing

〈U〉(本などの)裏打ち,背付け

〈U〉後援,支持;《集合的に》後援者たち

〈C〉(ポピュラー音楽で)伴奏

sticker

ステッカー,のり付きラベル

《米》いが;とげ

《話》粘り強い人

neutral

『中立の』;中立国の

『公平な』,不偏不党の

(人・物が)特色のはっきりしない;(色が)はっきりしない,くすんだ

(酸性でもアルカリ性でもない)中性の

(電気が)中性の,(物体が)帯電していない

(自動車などのギアが)ニュートラルの

(文法で)中性の

〈C〉(戦争・論争などで)中立の人;中立国民;中立国

〈C〉くすんだ色,灰色

〈U〉(自動車などのギヤの)ニュートラル(動力のかかっていない状態・位置)

stuck

stick の過去・過去分詞

動かない,固定している,粘着している

動けない,(支障があって)進行が止まっている・「stuck on 何々」で「何々に夢中になっている・惚れ込んでいる」

molecular

分子の,分子による

scissor

…‘を'はさみで切る,切り取る《+『off』(『out, up』)+『名』,+『名』+『off』+(『out, up』)》

enzyme

酵素

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

dye

(髪・布などの)『染料』

染め色,色合い

…‘を'『染める』,‘に'色をつける

〈布などが〉『染まる』

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

ca

circa

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

presence

〈U〉(人がそこに)『居ること』,(物が)『あること』

〈U〉(会合などへの)『出席』,列席;同席,立ち合い

〈U〉(特に高貴な人の)面前

〈U〉《形容詞を伴って》(特に堂々とした)風さい,態度,ふるまい(bearing)

〈C〉《単数形》(身近に感じられる)気,霊,幽霊,もののけ

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

boom

〈遠雷・砲声・波などが〉とどろく

『にわか景気,急な人気』,プーム

(数の)急速な増加,(価格の)急騰

〈遠雷・砲声・波などが〉『とどろく』;〈ハチなどが〉ブーンという

〈商売などが〉にわかに景気づく…急に人気が出る

…'を'とどろくような音で告げる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…'を'人気(発殿)をあおる

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

fluorescent

けい光を放つ,けい光性の

けい光灯

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

emit

〈水・熱・光・音・声など〉‘を'『出す』,『発する』

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

peel

(果物・野菜などの)『皮』

〈果物・野菜など〉‘の'『皮をむく』

…‘を'取り去る《+『名』+『off』,+『off』+『off』+『名』》;(…から)…‘を'はぎとる《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

(…から)〈皮膚・ペンキなどが〉はげて落ちる《+『from』(『off』)+『名』》

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

lymph

リンパ[液]

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

sentinel

歩哨(ほしょう),番人

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

breast

『胸』,『胸部』;(服の)胸部

『乳房』,乳

《文》胸中,心紳

…'を'胸に受ける,胸に受けて進む

…‘に'雄々しく立ち向かう

women

woman の複数形

debilitate

〈病気などが〉〈人・体〉'を'衰弱させる

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

protocol

〈U〉外交儀礼

〈C〉条約の原案,議定書

drain

(液体を)…‘から'『排出する』《+『名』+『of』+『名』》;(…から)〈液体〉‘を'『排出する』《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'消耗させる,枯渇させる;(…を)〈人〉‘から'消耗させる《+『名』+『of』+『名』》

〈酒など〉‘を'飲み干す,空にする

〈土地〉‘を'干上がらせる

〈土地などが〉水はけがよい;(液体を)排出する《+『of』+『名』》

〈水・液体などが〉徐々に流れ去る

〈C〉『排水設備』,排水路

〈C〉(…を)消耗(枯渇)させるもの《+『on』+『名』》

〈U〉《時にa~》(富・力などの)消耗,枯渇

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

unnecessary

『必要のない』,無用の,よけいな

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

freeway

(平面交差のない,多車線式の)高速道路

gas station

ガソリンスタンド(《英》petrol station)

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

roundish

丸みのある,やや丸い

bump

衝突;ごつんと当たること

ゴツン,ドスン[という音]

打ちこぶ

ばたんと,どしんと

…‘に'突き当たる,ぶち当たる;(…に)…'を'突き当てる《+『名』+『on(『against』)+『名』》

(…に)突き当たる《+『into』(『against』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈車が〉ガタガタ揺れて通る

swell

〈物が〉『大きくなる』,ふくれる,はれる《+up》

〈帆などが〉『張り出る』,ふくらむ《+out》

〈数量・程度・力などが〉『増大する』,増える,強まる

〈川などが〉増水する,〈海が〉うねる,〈土地が〉高まる

《話》〈感情が〉高まる;(感情で)〈胸が〉いっぱいになる《+with+名》

…‘を'『ふくらます』,‘の'かさを大きくする

〈帆など〉‘を'『張り出させる』,ふくらませる《+out+名,+名+out》

…‘を'『増大させる』,増やす,強める

〈心・胸など〉‘を'いっぱいにする

〈U〉《時にa ~》ふくれる(増大する)こと;ふくれている状態

〈C〉土地の隆起部,なだらかな丘

〈U〉《単数形で》大波,うねり

〈C〉音の高まり,音量の増減

〈C〉《古》《話》名士;(特に)流行の服を着た人

《米話》すばらしい,すてきな

《古》《俗》いきな,しゃれた

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

amongst

=among

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

inadvertent

不注意の,うっかりした

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

injure

…‘を'『傷つける』,‘に'損害を与える

〈感情・名声など〉‘を'『傷つける』,害する

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

paralysis

(体の)麻痺(まひ),中風

(…の)停滞《+『of』+『名』》

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

setting

〈C〉(宝石などの)はめこみ台

〈C〉(劇・文学作品り)背景・舞台

〈C〉(劇の)舞台装置,道真立て

〈C〉(一般に)環境,境遇

〈U〉〈C〉(物語・詩などにつけられた)曲

〈C〉(卵の)一かえり,一抱き

〈U〉すえつけること,置くこと;(日・月の)入り

〈C〉一分の食器類

prostate

前立腺(せん)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

urinary

尿の;泌尿(ひにょう)[器]の

incontinence

自制のできないこと,不節制,淫乱(いんらん)

大小便をもらすこと,失禁

erectile

(特に男性性器が)勃起する,勃起性の

so-called

いわゆる,名ばかりの

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

trace

〈C〉〈U〉(過去に存在した人・物・事件などの)『跡』,形跡,痕跡;(人・動物・車などの通った)跡,足跡《+of+名》

〈C〉(…の)かすかなきざし,気味,微量《+of+名》

〈C〉(記録計器の描く)線

…‘の'『跡をつける』,‘を'追跡する,〈足跡など〉‘を'たどる

(…まで)…‘の'由来(起源,原因など)をさかのぼる《+名+back(+back+名)+to+名》

(複写紙などを使って)…‘を'『[線をたどって]書き写す』

〈線・図形〉‘を'『描く』《+out+名,+名+out》

〈文字〉‘を'ていねいに書く

'‘を'捜しあてる,見つけ出す

(…に)『さかのぼる』《+back to+名》

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

complication

〈U〉〈C〉複雑[な状態],粉糾[状態]

〈U〉(…を)複雑にすること《+『of』+『名』》

〈C〉複雑な(やっかいな)事を引き起こすもの・〈C〉併発症, 併発,合併症

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

anyway

=anyhow

teamwork

協同作業

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

sciatic

座骨の

座骨神経[痛]の

fat

『脂肪』,脂肪分

(動物の)あぶら身

(料理用の)油,ヘット

肥満,太り過ぎ

『太った』,肥満した

『脂肪の多い』

たっぷりとはいった,分厚い

もうかる

(土地が)肥えた

…‘を'太らせる

ふとる,肥える

portion

(…の)『部分』,一部分《+『of』+『名』》

(…の)分け前,割り当て(share)《+『of』+『名』》

(『食物の』)『1人前』,一盛り,1杯《+『of』+『名』》

《単数形》《おもに文》運命,定め

(人に)…‘を'分ける,分割する,分配する《+『out』+『名』(+『名』+『out』)+『between』(『among』)+『名』〈人〉》

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

dissect

(実験・研究などで)〈人体・動植物など〉‘を'解剖する

…‘を'細かく調べる,分析する

facial

顔の;顔用の

(マッサージや化粧品による)顔の手入れ

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

probe

(傷の深さを調べる)さぐり針

(…を)厳密に調べること,精査《+『into』(『for』,『at』)+『名』》

(また『space probe』)(ロケットの)宇宙探測機

…‘を'厳密に調べる

〈傷〉‘を'さぐり針で調べる

(…を)厳密に調べる《+『into』(『for』,『at』)+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

stain

(…で)…‘を'『汚す』,‘に'しみをつける《+『名』+『with』+『名』》

〈ガラス・木材・布など〉‘に'『着色する』

(…で)〈人格・名声など〉‘を'汚す,‘に'傷をつける《+『名』+『with』+『名』》

汚れる,しみがつく

〈C〉〈U〉(…についた)『しみ』,汚れ《+『on』+『名』》

〈U〉〈C〉着色剤,染料

〈C〉(人格・名声などに対する)汚点,傷《+『on』(『upon』)+『名』》

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

proceeding

〈U〉(…の)進行,続行《+『of』+『名』》

〈C〉《複数形で》一連の行為(ふるまい)

〈C〉《複数形で》《しばしばp-》)学会などの)会議録;会報

〈C〉《複数形で》訴訟[手続キ]

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

academy

『学士院』,芸術院

《米》私立中等(高等)学校

(特殊教育の)専門学校

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

biotechnology

《米》生物工学,人間工学)人が機械で最も能率的に仕事をするための研究)(《英》ergonomics)

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

commentary

(…の)注解,注釈書,解説,論評《+『on』(『upon』)+『名』》

《複数形で》(…の)実録《+『on』+『名』》

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

economist

経済学者

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

instrumentation

(特にオーケストラのための)器楽編法[法]

(特に科学・産業での)器具(器械)の使用

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

eventual

『結果として起こる』

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

straightforward

正直な,率直な(frank)

(仕事,意味など)簡単な

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

one-time

昔の,以前の

understandably

理解できるように,むりもない話だが

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

long-term

長期の,長い目で見ての

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

medication

〈C〉〈U〉薬剤,医薬品

〈U〉薬剤を添加(投入)すること;薬物治療

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

sprint

短距離競走

(ゴール前などの)全力疾走

(短距離を)全速力で走る(こぐ)

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

runner

『走る人』,競桑者;(野球の)走者

(昔の)使者,飛脚;使い走りする人;集金人

(スケート・そりの)滑走部,すべり

(廊下・階段などに敷く)細長いじゅうたん

(細長い)テーブルセンター

(イチゴなどの)匍匐(ほふく)枝,つる

relay race

リレー競走,駅伝競争 リレー競泳

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

steady

(速度・動作などが)『むらのない』,規則的な

『ぐらつかない』,しっかりした,安定した

『変わらない』,定まった

まじめな,着実な

動揺しない,落ち着いた

…‘を'安定させる,落ち着かせる

安定する,落ち着く

(婚約までは進んでいないが)決まった異性の交際相手(恋人)

courage

『勇気』,度胸

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

acceptance

〈U〉受け取ること,認めること,受け入れられていること;同意

〈U〉(手形の)引受け;〈C〉引受済み手形

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画