TED日本語 - ミック・エベリング: 閉じ込め症候群のアーティストを解き放った発明

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

グラフィティ・アーティストのTEMPTは、神経変性疾患であるALSによって全身麻痺となり、まばたきでしかコミュニケーション出来なくなりました。起業家のミック・エベリングがTEDActiveにおける素晴らしいトークで、どのようにして共同制作者たちとオープンソースの発明品を作り上げ、TEMPTや同じような状況の人が再びアートをできるようにしたか紹介します。

Script

今までとても恵まれ多くのスゴイ プロジェクトに関わってきました でも一番良かったのは この人に関するものです この人はTEMPTといって 80年代を代表するグラフィティ・アーティストでした でもある日 活動後に帰宅し 「足がしびれてる」と言いました これがALSの発症でした 今では全身麻痺していて 目だけしか動かせません

彼のことは聞いていました デザインやアニメーションの会社をしているので 落書きは当然アートの世界で 賞賛し尊敬する対象の1つでした そこでトニーつまりTEMPT そして彼の夢を 支援することに決めたのです お兄さんとお父さんに会い 「支援金を差し上げますが 何に使いますか?」と尋ねました するとお兄さんが「トニーと話せるようになれば」 「彼とコミュニケーションできれば それだけで」と言うので 「スティーヴン・ホーキングみたいに 全身麻痺の人は装置を使ってコミュニケーションが できるでしょう?」と言うと 「お金かスゴイ保険がある人でない限り それは事実上無理です 一般人には手が届きません」 と言われました ではどうしているのか 映画「潜水服は蝶の夢を見る」を観ましたか? あのようにコミュニケーションします 文字を指して見せるんです 「そんな原始的なことをしてるなんて」と思いました

普通に小切手を書くだけのつもりで行ったのに 実際に渡したのは 自分でも 換金の仕方が分からない小切手でした その場で二人に約束したのです 「こうしましょう トニーが話せるように装置を入手して もう一度アートができる方法を考えます こんな才能がある人がコミュニケーションできないなんて そんなの間違ってます」と

数ヵ月後にカンファレンスで グラフィティ・リサーチ・ラボ 通称GRLに会いました 彼らが持つ技術を使うと どのような表面にも光を投影し レーザーポインターで 絵を描くことができます このようなアートをあちこちで見せています 壁に描かれるものにはライフサイクルがあるそうで 一番初めは性器から始まり 次は罵倒の言葉 そしてブッシュの中傷になり 実際のアートにたどり着きます 表現には常にライフサイクルがあるそうです 帰宅して妻と夕食を食べながら このことを話していてひらめきました 「目で操作が出来る技術があることは 分かっているんだから TEMPTがレーザーを操作できる方法を考えて 落書きができるようにすればスゴイのでは」と

そこでこの試みを始めました そして1年後くらいに いろいろな調整と 多くの試行錯誤のあと いくつかのことを達成しました 1つは保険会社を説き伏せ TEMPTがコミュニケーションできるよう スティーヴン・ホーキング装置を実際に入手したことです (拍手) 最高でした トニーはすごく面白い人です 話したりメールをすると スゴイ人だと思うのでヨーダと呼んでいます

もう1つ僕たちがしたのは 7人のプログラマーを まさに世界の端々から 僕の家に集結させることでした 僕は妻子と裏のガレージに引越して これらのハッカーやプログラマー 陰謀説派やアナーキストが家を占領しました 大勢の友人にバカなことをしていると言われました 帰宅したら壁の写真がなく 代わりに落書きされてるんじゃないかと でも2週間の間に プログラムを書き ベニスの遊歩道に行き 僕の子供も参加して 僕の犬も参加して これを作り上げました

EyeWriterといいます 説明はご覧の通りです ベニスビーチの遊歩道で買った 安物のサングラスと銅線と Home Depotや Radio Shackで買える部品です PS3カメラを解体して LEDライトに取り付けました これでお金のかからない装置ができました 自分で作れ コードも無料で入手できます ソフトウェアも無料です こうして全く制限なしの 装置を作りました 保険会社も反対できず 病院もダメと言えません 全身麻痺の人誰もが 目だけで絵を描いたりコミュニケーションできます

(拍手)

ありがとう みんなどうもありがとう 最高です

それで2週間後 TEMPTの病室に戻りました 気に入っている写真です 隣の部屋と比べて彼の部屋では お披露目のため沢山の人があれこれしています そして1年以上の計画と 2週間のプログラミング さらに 大食いと徹夜仕事を経て トニーは7年ぶりに絵を描きました これは感動的な写真です 生命維持装置越しに トニーが向こうを見ているからです 外が見えるようベッドを起こし 病院の外の駐車場にある 壁に向けて投射機を設置しました そしてトニーは家族と友人の前で 発病後初めての落書きをしました 駐車場での感動を 想像してみてください 愉快だったのは 駐車場に侵入しなくてはならず 全く本格的な落書きだったことです

(笑)

このあとトニーは僕たちにメールをくれました こう書いてありました 「何かを描いたのは7年ぶりだった まるで今まで 水の中に閉じ込められていたのが とうとう助けられ 水上に出て 呼吸が出来るようになったみたいだ」 最高じゃない?

(拍手)

こうしたことが僕らを奮い立たせ 開発を続けさせていくのです まだ沢山すべきことがあります これはスゴイ装置ですが お絵かきおもちゃのレベルです このようなアートの才能がある人には足りません そこで現在これを改良し より速く丈夫にしようとしています

その後あちこちで認められ 沢山の賞も獲得しました 無料提供で収入はなく 資金はすべて自己負担なので 賞は「スゴイじゃん」という感じでした アームストロングがツイートしてくれて 12月にはタイム誌が2010年の 優れた発明品50の1つとして評価してくれて最高でした

(拍手)

一番うれしいのは― これで話が完結するのですが 今年の4月に ロスのダウンタウンにある現代美術館で 「ストリートアート」の展示が行われ ストリートアートの スゴイ奴らが参加して Banksyや Shepard FaireyそしてCAWsなど 一同揃うのですが TEMPTも出るということです もう最高です

(拍手)

基本的に僕の言いたいことは 不可能なことがあったら 可能にしろということです この会場にあるものすべて不可能でした ステージもこのコンピュータもマイクもEyeWriterも かつては 不可能でした 皆さん 不可能を可能にしてください 僕はプログラマーではなく 視線認識技術の経験もありませんでした ひらめきをもとに有能な人たちと手を組んで 何か達成しようとしただけです 皆さんには 何かやるべきだと 感じることがあったら この質問を 毎日自分に問いかけて欲しいのです 「今でなければいつ?自分でなければ誰がやるんだ?」と

みんなありがとう

(拍手)

I have had the distinct blessing in my life to have worked on a bunch of amazing projects. But the coolest I ever worked on was around this guy. This guy's name is TEMPT. TEMPT was one of the foremost graffiti artists in the 80s. And he came up home from a run one day and said, "Dad, my legs are tingling." And that was the onset of ALS. So TEMPT is now completely paralyzed. He only has use of his eyes.

I was exposed to him. I have a company that does design and animation, so obviously graffiti is definitely an intricate part of what we admire and respect in the art world. And so we decided that we were going to sponsor Tony, TEMPT, and his cause. So I went and met with his brother and father and said, "We're going to give you this money. What are you going to do with it?" And his brother said, "I just want to be able to talk to Tony again. I just want to be able to communicate with him and him to be able to communicate with me." And I said, "Wait a second, isn't that -- I've seen Stephen Hawking -- don't all paralyzed people have the ability to communicate via these devices?" And he said, "No, unless you're in the upper echelon and you've got really amazing insurance, you can't actually do that. These devices aren't accessible to people." And I said, "Well, how do you actually communicate?" Has everyone seen the movie "The Diving Bell and the Butterfly?" That's how they communicate -- so run their finger along. I said, "That's archaic. How can that be?"

So I showed up with the desire to just write a check, and instead, I wrote a check that I had no freaking idea how I was going to cash. I committed to his brother and his father right then and there -- I'm like, "All right, here's the deal: Tony's going to speak, we're going to get him a machine, and we're going to figure out a way for him to do his art again. Because it's a travesty that someone who still has all of that in him isn't able to communicate it."

So I spoke at a conference a couple months after that. I met these guys called GRL, Graffiti Research Lab, and they have a technology that allows them to project a light onto any surface and then, with a laser pointer, draw on it, and it just registers the negative space. So they go around and do art installations like this. All the things that go up there, they said there's a life cycle. First it starts with the sexual organs, then it starts with cuss words, then it was Bush slanders and then people actually got to art. But there was always a life cycle to their presentations. So I went home and was having dinner with my wife and was telling her about this, and we were like, "Well wait a second. If we know that this technology exists where you can use your eyes to control things, why don't we figure out a way for TEMPT to control a laser and he could do graf again? Well that would be awesome."

So that started the journey. And about two years later, about a year later, after a bunch of organization and a bunch of moving things around, we'd accomplished a couple things. One, we battered down the doors of the insurance companies, and we actually got TEMPT a machine that let him communicate -- a Stephen Hawking machine. (Applause) Which was awesome. And he's seriously one of the funniest -- I call him Yoda, because you talk to the guy, you get an email from him, and you're like, "I'm not worthy. This guy's so amazing."

The other thing we did is we flew seven programmers from all over the world -- literally every corner of the world -- into our house. My wife and kids and I moved to our back garage, and these hackers and programmers and conspiracy theorists and anarchists took over our house. A lot of our friends thought we were absolutely stupid to do that and that we were going to come back and all the pictures on the wall would be removed and graf on the walls. But for over two weeks, we programmed, we went to the Venice boardwalk, my kids got involved, my dog got involved, and we created this.

This is called the EyeWriter, and you can see the description. This is a cheap pair of sunglasses that we bought at the Venice Beach boardwalk, some copper wire and some stuff from Home Depot and Radio Shack. We took a PS3 camera, hacked it open, mounted it to an LED light, and now there's a device that is free -- you build this yourself, we publish the code for free, you download the software for free. And now we've created a device that has absolutely no limitations. There's no insurance company that can say "No." There's no hospital that can say "No." Anybody who's paralyzed now has access to actually draw or communicate using only their eyes.

(Applause)

Thank you. Thank you guys very much. That was awesome.

So at the end of the two weeks, we went back to TEMPT's room. I love this picture, because this is someone else's room and that's his room. So there's all this hustle and bustle going on for the big unveiling. And after over a year of planning,two weeks of programming, carb-fest and all-night sessions, Tony drew again for the first time in seven years. And this is an amazing picture, because this is his life support system, and he's looking over his life support system. We kicked his bed so that he could see out. And we set up a projector on a wall out in the parking lot outside of his hospital. And he drew again for the first time, in front of his family and friends -- and you can only imagine what the feeling in the parking lot was. The funny thing was, we had to break into the parking lot too, so we totally felt like we were legit in the whole graf scene too.

(Laughter)

So at the end of this, he sent us an email, and this is what the email said: "That was the first time I've drawn anything for seven years. I feel like I had been held underwater, and someone finally reached down and pulled my head up so I could breathe." Isn't that awesome?

(Applause)

So that's kind of our battle cry. That's what keeps us going and keeps us developing. And we've got such a long way to go with this. This is an amazing device, but it's the equivalent of an Etch A Sketch. And someone who has that kind of artistic potential deserves so much more. So we're in the process of trying to figure out how to make it better, faster, stronger.

Since that time, we've had all kinds of acknowledgment. We've won a bunch of awards. Remember, it's free; none of us are making any money on this thing. It's all coming out of our own pockets. So the awards were like, "Oh, this is fantastic." Armstrong Twittered about us, and then in December, Time magazine honored us as one of the top 50 inventions of 2010, which was really cool.

(Applause)

The coolest thing about this -- and this is what's completing the whole circle -- is that in April of this year, at the Geffen MOCA in downtown Los Angeles, there's going to be an exhibition called "Art of the Streets." And "Art of the Streets" is going to have pretty much the bad-asses of the street art scene -- Banksy, Shepard Fairey, KAWS -- all of these guys will be there. TEMPT's going to be in the show, which is pretty awesome.

(Applause)

So basically this is my point: If you see something that's not possible, make it possible. Everything in this room wasn't possible -- this stage, this computer, this mic, the EyeWriter -- wasn't possible at one point. Make it possible, everyone in this room. I'm not a programmer, never done anything with ocular recognition technology, but I just recognized something and associated myself with amazing people so that we could make something happen. And this is the question I want everyone to ask yourself every single day when you come up with something you feel that needs to be done: if not now, then when? And if not me, then who?

Thank you guys.

(Applause)

I have had the distinct blessing/ in my life/ to have worked on a bunch of amazing projects.//

今までとても恵まれ多くのスゴイ プロジェクトに関わってきました

But the coolest/ I ever worked/ on was around this guy.//

でも一番良かったのは この人に関するものです

This guy's name is TEMPT.//

この人はTEMPTといって

TEMPT was one of the foremost graffiti artists/ in the 80s.//

80年代を代表するグラフィティ・アーティストでした

And he came up/ home/ from a run one day/ and said,/ "Dad,/ my legs are tingling."//

でもある日 活動後に帰宅し 「足がしびれてる」と言いました

And that was the onset of ALS.//

これがALSの発症でした

So TEMPT is now completely paralyzed.//

今では全身麻痺していて

He only has use of his eyes.//

目だけしか動かせません

I was exposed to him.//

彼のことは聞いていました

I have a company/ that does design and animation,/ so/ obviously graffiti is definitely an intricate part of what we admire and respect in the art world.//

デザインやアニメーションの会社をしているので 落書きは当然アートの世界で 賞賛し尊敬する対象の1つでした

And so/ we decided/ that we were going to sponsor/ Tony,/ TEMPT,/ and his cause.//

そこでトニーつまりTEMPT そして彼の夢を 支援することに決めたのです

So I went/ and met with his brother and father/ and said,/ "We're going to give/ you/ this money.//

お兄さんとお父さんに会い 「支援金を差し上げますが

What are you going to do with it?"//

何に使いますか?」と尋ねました

And his brother said,/ "I just want to be able to talk to Tony again.//

するとお兄さんが「トニーと話せるようになれば」

I just want to be able to communicate with him and him/ to be able to communicate with me."//

「彼とコミュニケーションできれば それだけで」と言うので

And I said,/ "Wait a second,/ isn't that --/ I've seen Stephen Hawking --/ don't all paralyzed people have the ability/ to communicate via these devices?"//

「スティーヴン・ホーキングみたいに 全身麻痺の人は装置を使ってコミュニケーションが できるでしょう?」と言うと

And he said,/ "No, unless you're in the upper echelon/ and you've got really amazing insurance,/ you can't actually do that.//

「お金かスゴイ保険がある人でない限り それは事実上無理です 一般人には手が届きません」

These devices aren't accessible/ to people."//

と言われました

And I said,/ "Well,/ how do you actually communicate?"//

ではどうしているのか

Has everyone seen the movie "The Diving Bell and the Butterfly?"//

映画「潜水服は蝶の夢を見る」を観ましたか?

That's/ how they communicate --/ so run their finger/ along.//

あのようにコミュニケーションします 文字を指して見せるんです

I said,/ "That's archaic.// How can that be?"//

「そんな原始的なことをしてるなんて」と思いました

So I showed up/ with the desire/ to just write a check,/ and instead,/ I wrote a check/ that I had no freaking idea/ how I was going to cash.//

普通に小切手を書くだけのつもりで行ったのに 実際に渡したのは 自分でも 換金の仕方が分からない小切手でした

I committed to his brother/ and his father right then and there --/ I'm like,/ "All right,/ here's the deal:/ Tony's going to speak,/ we're going to get/ him/ a machine,/ and we're going to figure out/ a way/ for him/ to do his art again.//

その場で二人に約束したのです 「こうしましょう トニーが話せるように装置を入手して もう一度アートができる方法を考えます

Because it's a travesty/ that someone/ who still has all of that/ in him isn't able/ to communicate it."//

こんな才能がある人がコミュニケーションできないなんて そんなの間違ってます」と

So I spoke at a conference/ a couple months/ after that.//

数ヵ月後にカンファレンスで

I met/ these guys called GRL,/ Graffiti Research Lab,/ and they have a technology/ that allows them/ to project a light/ onto any surface/ and then,/ with a laser pointer,/ draw/ on it,/ and it just registers the negative space.//

グラフィティ・リサーチ・ラボ 通称GRLに会いました 彼らが持つ技術を使うと どのような表面にも光を投影し レーザーポインターで 絵を描くことができます

So/ they go around/ and do art installations/ like this.//

このようなアートをあちこちで見せています

All the things/ that go up there,/ they said/ there's a life cycle.//

壁に描かれるものにはライフサイクルがあるそうで

First/ it starts with the sexual organs,/ then/ it starts with cuss words,/ then/ it was Bush slanders/ and then/ people actually got to art.//

一番初めは性器から始まり 次は罵倒の言葉 そしてブッシュの中傷になり 実際のアートにたどり着きます

But there was always a life cycle/ to their presentations.//

表現には常にライフサイクルがあるそうです

So I went home/ and was having dinner/ with my wife/ and was telling her/ about this,/ and we were like,/ "Well wait a second.// If we know/ that this technology exists/ where you can use your eyes/ to control things,/ why don't we figure out/ a way/ for TEMPT/ to control a laser/ and he could do graf again?// Well/ that would be awesome."//

帰宅して妻と夕食を食べながら このことを話していてひらめきました 「目で操作が出来る技術があることは 分かっているんだから TEMPTがレーザーを操作できる方法を考えて 落書きができるようにすればスゴイのでは」と

So/ that started the journey.//

そこでこの試みを始めました

And about two years later,/ about a year later,/ after a bunch of organization/ and a bunch of moving things around,/ we'd accomplished a couple things.//

そして1年後くらいに いろいろな調整と 多くの試行錯誤のあと いくつかのことを達成しました

One,/ we battered down/ the doors of the insurance companies,/ and we actually got TEMPT/ a machine/ that let him communicate --/ a Stephen Hawking machine.//

1つは保険会社を説き伏せ TEMPTがコミュニケーションできるよう スティーヴン・ホーキング装置を実際に入手したことです

(Applause)/ Which was awesome.//

(拍手) 最高でした

And he's seriously/ one of the funniest --/ I call him/ Yoda,/ because you talk to the guy,/ you get an email/ from him,/ and you're like,/ "I'm not worthy.// This guy's so amazing."//

トニーはすごく面白い人です 話したりメールをすると スゴイ人だと思うのでヨーダと呼んでいます

The other thing/ we did/ is we flew seven programmers/ from all/ over the world --/ literally every corner of the world --/ into our house.//

もう1つ僕たちがしたのは 7人のプログラマーを まさに世界の端々から 僕の家に集結させることでした

My wife/ and kids/ and I moved to our back garage,/ and these hackers and programmers and conspiracy theorists and anarchists took over/ our house.//

僕は妻子と裏のガレージに引越して これらのハッカーやプログラマー 陰謀説派やアナーキストが家を占領しました

A lot of our friends thought/ we were absolutely stupid/ to do that/ and/ that we were going to come back/ and all the pictures/ on the wall would be removed and graf/ on the walls.//

大勢の友人にバカなことをしていると言われました 帰宅したら壁の写真がなく 代わりに落書きされてるんじゃないかと

But/ for over two weeks,/ we programmed,/ we went to the Venice boardwalk,/ my kids got involved,/ my dog got involved,/ and we created this.//

でも2週間の間に プログラムを書き ベニスの遊歩道に行き 僕の子供も参加して 僕の犬も参加して これを作り上げました

This is called the EyeWriter,/ and you can see the description.//

EyeWriterといいます 説明はご覧の通りです

This is a cheap pair of sunglasses/ that we bought at the Venice Beach boardwalk,/ some copper wire and some stuff/ from Home Depot and Radio Shack.//

ベニスビーチの遊歩道で買った 安物のサングラスと銅線と Home Depotや Radio Shackで買える部品です

We took a PS3 camera,/ hacked it open,/ mounted it/ to an LED light,/ and now/ there's a device/ that is free --/ you build this yourself,/ we publish the code/ for free,/ you download the software/ for free.//

PS3カメラを解体して LEDライトに取り付けました これでお金のかからない装置ができました 自分で作れ コードも無料で入手できます ソフトウェアも無料です

And now/ we've created a device/ that has absolutely no limitations.//

こうして全く制限なしの 装置を作りました

There's no insurance company/ that can say "No."//

保険会社も反対できず

There's no hospital/ that can say "No."//

病院もダメと言えません

Anybody/ who's paralyzed/ now has access/ to actually draw or communicate using/ only their eyes.//

全身麻痺の人誰もが 目だけで絵を描いたりコミュニケーションできます

(拍手)

Thank you.//

ありがとう

Thank/ you guys very much.// That was awesome.//

みんなどうもありがとう 最高です

So/ at the end of the two weeks,/ we went back/ to TEMPT's room.//

それで2週間後 TEMPTの病室に戻りました

I love this picture,/ because this is someone else's room/ and that's his room.//

気に入っている写真です 隣の部屋と比べて彼の部屋では

So there's all this hustle and bustle/ going on/ for the big unveiling.//

お披露目のため沢山の人があれこれしています

And/ after over a year of planning,/two weeks of programming,/ carb-fest and all-night sessions,/ Tony drew again/ for the first time/ in seven years.//

そして1年以上の計画と 2週間のプログラミング さらに 大食いと徹夜仕事を経て トニーは7年ぶりに絵を描きました

And this is an amazing picture,/ because this is his life support system,/ and he's looking over his life support system.//

これは感動的な写真です 生命維持装置越しに トニーが向こうを見ているからです

We kicked his bed/ so that he could see out.//

外が見えるようベッドを起こし

And we set up/ a projector/ on a wall out/ in the parking lot outside of his hospital.//

病院の外の駐車場にある 壁に向けて投射機を設置しました

And he drew again/ for the first time,/ in front of his family and friends --/ and you can only imagine/ what the feeling/ in the parking lot was.//

そしてトニーは家族と友人の前で 発病後初めての落書きをしました 駐車場での感動を 想像してみてください

The funny thing was,/ we had to break/ into the parking lot too,/ so we totally felt/ like we were legit in the whole graf scene too.//

愉快だったのは 駐車場に侵入しなくてはならず 全く本格的な落書きだったことです

(笑)

So/ at the end of this,/ he sent us/ an email,/ and this is/ what the email said:/ "That was the first time/ I've drawn anything/ for seven years.//

このあとトニーは僕たちにメールをくれました こう書いてありました 「何かを描いたのは7年ぶりだった まるで今まで

I feel/ like I had been held underwater,/ and someone finally reached down/ and pulled my head up/ so I could breathe."//

水の中に閉じ込められていたのが とうとう助けられ 水上に出て 呼吸が出来るようになったみたいだ」

Isn't that awesome?//

最高じゃない?

(拍手)

So that's kind of our battle cry.//

こうしたことが僕らを奮い立たせ

That's/ what keeps us/ going/ and keeps us/ developing.//

開発を続けさせていくのです

And we've got such a long way/ to go with this.//

まだ沢山すべきことがあります

This is an amazing device,/ but it's the equivalent of an Etch A Sketch.//

これはスゴイ装置ですが お絵かきおもちゃのレベルです

And someone/ who has/ that kind of artistic potential deserves so much more.//

このようなアートの才能がある人には足りません

So we're in the process of trying to figure out/ how to make it better,/ faster,/ stronger.//

そこで現在これを改良し より速く丈夫にしようとしています

Since that time,/ we've had all kinds of acknowledgment.//

その後あちこちで認められ

We've won a bunch of awards.//

沢山の賞も獲得しました

Remember,/ it's free;/ none of us are making any money/ on this thing.//

無料提供で収入はなく

It's all coming out of our own pockets.//

資金はすべて自己負担なので

So the awards were like,/ "Oh,/ this is fantastic."//

賞は「スゴイじゃん」という感じでした

Armstrong Twittered/ about us,/ and then/ in December,/ Time magazine honored us/ as one of the top 50 inventions of 2010,/ which was really cool.//

アームストロングがツイートしてくれて 12月にはタイム誌が2010年の 優れた発明品50の1つとして評価してくれて最高でした

(拍手)

The coolest thing/ about this --/ and this is/ what's completing the whole circle --/ is/ that in April of this year,/ at the Geffen MOCA/ in downtown Los Angeles,/ there's going to be an exhibition called "Art of the Streets."//

一番うれしいのは― これで話が完結するのですが 今年の4月に ロスのダウンタウンにある現代美術館で 「ストリートアート」の展示が行われ

And "Art of the Streets"/ is going to have/ pretty much the bad-asses of the street art scene --/ Banksy,/ Shepard Fairey,/ KAWS --/ all of these guys will be there.//

ストリートアートの スゴイ奴らが参加して Banksyや Shepard FaireyそしてCAWsなど 一同揃うのですが

TEMPT's going to be in the show,/ which is pretty awesome.//

TEMPTも出るということです もう最高です

(拍手)

So basically/ this is my point:/ If you see something/ that's not possible,/ make it possible.//

基本的に僕の言いたいことは 不可能なことがあったら 可能にしろということです

Everything/ in this room wasn't possible --/ this stage,/ this computer,/ this mic,/ the EyeWriter --/ wasn't possible/ at one point.//

この会場にあるものすべて不可能でした ステージもこのコンピュータもマイクもEyeWriterも かつては 不可能でした

Make it possible,/ everyone/ in this room.//

皆さん 不可能を可能にしてください

I'm not a programmer,/ never done anything/ with ocular recognition technology,/ but I just recognized something/ and associated myself/ with amazing people/ so that we could make something happen.//

僕はプログラマーではなく 視線認識技術の経験もありませんでした ひらめきをもとに有能な人たちと手を組んで 何か達成しようとしただけです

And this is the question/ I want everyone/ to ask yourself/ every single day/ when you come up/ with something/ you feel that needs to be done:/ if not now,/ then/ when?// And/ if not me,/ then/ who?//

皆さんには 何かやるべきだと 感じることがあったら この質問を 毎日自分に問いかけて欲しいのです 「今でなければいつ?自分でなければ誰がやるんだ?」と

Thank/ you guys.//

みんなありがとう

(拍手)

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

blessing

神の況福を求める祈り

(食前の食後の)祈り(grace)

(神の)恩恵,祝福

《しばしば複数形で》ありがたいこと(もの),恩恵,幸運

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

tempt

(無分別・悪事などに)〈人〉‘を'『誘惑する』,そそのかす

…‘を'『そそる』,‘の'気を引く

foremost

第一流の,主要な

第一番に,まっ先に

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

dad

『おとうちゃん』

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

onset

攻撃,襲撃

(病気・季節などの)始まり,開始《+『of』+『名』》

completely

『完全に』,全く,十分に

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

obviously

明らかに,明白に

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

intricate

(構造・模様など)こみ入った

分かりにくい

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

admire

…‘に'『感嘆する』,感嘆して見とれる,'を'賞賛する

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

sponsor

(…の)『保証人』《+『for』+『名』》

(提案などの)主唱者,発起人;支持者,後援者

教父,教母,(洗礼のとしの)名付け親

(商業放送の)スポンサー,番組提供者,広告主

…‘を'保証する;…‘を'支持する,後援する

〈商業放送〉‘の'スポンサーになる

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

via

『…経由で』で,を経て

…によって

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

upper

(場所・位置が)『上のほうの』,上部の

『上級の』,上位の

奥地の,上流の

靴の甲皮(こうがわ)(かかとより上の部分)

覚醒剤(これの反意語はdowner:鎮静剤)

echelon

(飛行機・艦船などの)梯形編成

(役職などの)地位,段階

insurance

〈U〉『保険』保険契約

〈U〉『保険金』,保険料

〈U〉保険業

〈C〉(一般に)予防(保護)手段

ca

circa

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

diving

潜水

ダイビング

Bell

ベル(『Alexander Graham』~;米国の科学者,電話を発明した;1847‐1922)

butterfly

〈C〉『チョウ』

(またbutterfly stroke)〈U〉(水泳で)バタフライ

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

archaic

(言葉が)今は一般に用いられない,古風な,すたれた

古代の

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

freak

気まぐれ,移り気

奇形,変態

《話》奇人,変人;熱狂的ファン

奇形の,異常な

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

cash

『現金』,正金,銀行券,硬貨

〈小切手・為替など〉'を'『現金に換える』,現金化する

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

travesty

こっけい化したもの;こじつけたもの

(名作などを)こっけいにもじった(まねた)作品

…‘を'こっけい化する,茶番化する

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

laser

レーザー(強力な可視光線を発生させる;医療,通信,軍事用)

pointer

指す人(もの)

(時計・計器などの)針

(地図などを指す)むち

ポインター(猟犬の一種)

《話》助言,忠告(advice)

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

register

(氏名・出生などの)『登録』,届;記録

『登記簿』,『名簿』

自動登録機,レジスター

(暖房器などの)空調装置

音域,声域;(オルガンの)ストップ・…‘を'『記録する』

…‘を'『登録する』,名簿に入れる

〈郵便物〉‘を'書留にする

〈機械・器具が〉…‘を'示す

〈表情などが〉‘を'表す

(…に)『記録する』,記名する《+『with』(『at, in』)+『名』》

(…に)『登録する』;(…の)選挙人名簿に登録する;(…に)入学する《+『for』+『名』》

〈物事が〉心に残る,感銘を与える

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

installation

〈U〉(装置などの)取り付け,据え付け

〈U〉(人の)任命,就任

〈C〉(取り付けた)装置,設備

〈C〉軍事施設

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

sexual

性の,男女(雌雄)の

有性生殖の

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

cuss

《米話》=curse

《形容詞を伴って》(…な)やつ,野郎

=curse

bush

〈C〉『低木』(たけが低く根元から多数の小枝が発生している木)

〈U〉《the bush》未開墾地,森林地

茂る,密生する;〈毛髪などが〉やぶのようになる

slander

中傷,悪口;(法律用語で)(口頭による)名誉毀損(きそん)

…‘を'中傷する,‘の'悪口を用う

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

accomplish

〈仕事・目的など〉'を'『成し遂げる』,仕上げる(perform)

batter

(野球・クリケットの)『バッター』,『打者』

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

worthy

『価値のある』,尊敬するべき

お偉方,名士,ごりっぱな人

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

garage

(自動車の)『車庫』

自動車修理場

〈車〉‘を'車庫に入れる(入れておく)

conspiracy

陰謀,たくらみ;陰謀団

theorist

理論家,理論(学説)を立てる人

anarchist

無政府主義者;暴力的破壊者

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

Venice

ベニス(イタリア北東部の港市)

boardwalk

海岸沿いの板敷き歩道(遊歩道)

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

description

〈U〉〈C〉(…の)『記述』,『描写』《+『of』+『名』》

〈C〉人相書き,人相

〈C〉種類,銘柄

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

beach

『浜』,海岸

海水浴場

〈ボートなど〉'を'浜に引き上げる

copper

〈U〉『銅』(化学記号は『Cu』)

〈C〉《英話》銅貨

〈C〉銅製品,銅器;《英》(先濯用)銅の大がま

〈U〉赤銅色

銅[製]の

赤銅色の

…‘に'をかぶせる,銅板を張る

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

depot

《米》(鉄道の)駅,(バスの)発着所

(軍隊の)物資集積所

置き場,貯蔵所,倉庫

《英》連隊本部

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

shack

掘っ建て小屋

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

hack

《副詞[句]を伴って》(おのなどで)…‘を'たたき切る,めった切りにする

…‘を'たたき切って作る

(…を)たたき切る《+『at』+『名』》

からせきをする

(…を)たたき切ること《+『at』+『名』》;刻み目,切り傷

《おもに米》からせき

mount

…‘を'『登る』(ascend, climb)

〈馬・車〉‘に'『乗る』,〈台の上など〉‘に'上がる,乗る

(馬などに)〈人〉‘を'『乗せる』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…の上に)…‘を'『載せる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'据え付ける,はめる,取り付ける,はる《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

〈劇〉‘に'舞台装置や衣装を用意する

〈攻撃など〉‘を'仕掛ける;〈作戦など〉‘を'展開する

『登る』,上がる《+『up』》

『馬』(乗用の動物)『に乗る』

(数・量において)ふえる,(程度において)高まる,強まる《+『up』》

乗用の動物,(特に)馬

台紙;(宝石などの)台;(顕微鏡用の)スライド板

LED

light-emitting diode

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

limitation

〈U〉〈C〉『制限するもの』,制約;《複数形で》(能力などの)限界

〈U〉制限すること(されること)

hospital

『病院』

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

hustle

〈人が〉てきぱきとやる,ハッスルする

《米話》不正手段で金(物)をせしめる

〈人〉‘を'強引に(力ずくで)急がせる;(…の中へ,から)〈人〉‘を'乱暴にせきたてる《+『名』+『to』(『into』,『out』 『of』)+『名』》

《米話》〈金・物〉‘を'だまして奪う

《話》精力的な活動

《米話》詐欺

bustle

『せかせかと動き回る』《+『about』》

〈人〉'を'せきたてる

大騒ぎ,雑踏

all-night

徹夜の,終夜の

終夜営業の

session

〈C〉(議会・裁判所などの)『会議』;〈U〉(議会・法廷などの)開会,開廷

〈C〉『会期』,開廷期

〈C〉《おもに米》(大学の)受業時間;学期

〈C〉《米》(一般にある目的・活動のための)集まり,活動期間

《複数形で》《英》裁判所の定期会議

life support system

生命保持装置(宇宙船内で生命を維持するための装置)

kick

…‘を'『ける』,け飛ばす

(フットボールで)〈ゴール〉‘に'キックで球を入れる

(…を)ける《+『at』+『名』》

(フットボールで)キックする

〈発射した銃などが〉反動を与える,はね返る

《話》(…に)文句を言う,はねつける《+『at』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『けること』,け飛ばし

〈C〉(サッカーなどのボールの)けり,キック;けられたボール;けられたボールの飛んだ距離

〈U〉(銃などの)反動,はね返り

〈U〉〈C〉《話》(アルコール飲料の)刺激性,強さ

〈C〉〈U〉《俗》快い興奮;スリル

《複数形で》苦情(不平)の種

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

projector

計画者,発案者

投光機,投影機;映写機

parking lot

駐車場(《英》car park)

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

totally

全く,完全に

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

legit

=legitimate

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

laughter

『笑い』,笑い声

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

underwater

水面下の,水中の

水面下に(を),水中で(を)

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

breathe

『呼吸する』,息をする

一息いれる,休息する

生きている,生存する

〈風などが〉そよぐ

〈空気〉‘を'『呼吸する』

(…に)…‘を'吹き込む《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'口に出す,〈秘密など〉‘を'もらす,ささやく〈ため息など〉‘を'もらす

…‘に'一息入れさせる

battle cry

ときの声(=war cry)

(運動などの)標語,スローガン

developing

発達中の,(国家・地域が)発展途上の

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

etch

〈絵など〉‘を'エッチングで描く(彫る)

エッチングで描く

sketch

(…の)『スケッチ』,素描,写生画《+『of』+『名』》

(…の)『草案』,下書き;(事実などの)概略,大要《+『of』+『名』》

(文芸作品の)小品,短編,(レビュー・ミュージカルなどの)寸劇

…‘を'『スケッチする』,写生する

…‘を'略述する《+『in』(『out』)+『名』》

スケッチ(写生)する

artistic

『芸術的な』

芸術(美術)の;芸術家(美術家)の

美的感受性に富む,美のわかる

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

deserve

〈賞罰・評価など〉‘に'『値する』,‘を'受ける価値がある(進行形にできない)

(…を)『受けるに足る』《+『of』+『名』》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

award

《『award』+『名』〈人〉+『名』=『award』+『名』+『to』+『名』〈人〉》(審査して)〈人〉‘に'〈賞など〉'を'『与える』,『授ける』

『賞』,『賞品』(prize)

(判事・調停者の)審判,裁定

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

December

『12月』({略}『Dec.』)

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

April

『4月』(《略》『Apr』.)

downtown

(都市の中心の)商業地区へ(で),町の中心街へ(で)

商業地区の(にある),町の中心街の(にある)

(市の中心街をなす)商業地区,下町

Los Angeles

『ロサンゼルス』(米国California州南部の都市;《略》『L.A.』)

exhibition

〈U〉《an~》(感情などを)『表すこと』,示すこと,(能力などの)『発揮』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『展覧会』,展示会《+『of』+『名』》

〈C〉《英》奨学金

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

basically

基本的に,根本的に;元来は

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

computer

『計算機』;『電子計算機』

ocular

《文》目の

《まれ》視覚の,目で見た

(顕微鏡・望遠鏡などの)接眼レンズ,接眼鏡

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

関連動画