TED日本語 - ジル・ターター: SETI(地球外知的生命体探査)への参加の呼びかけ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジル・ターター: SETI(地球外知的生命体探査)への参加の呼びかけ

TED Talks

SETI(地球外知的生命体探査)への参加の呼びかけ
Why the search for alien intelligence matters
ジル・ターター
Jill Tarter

内容

SETI研究所のジル・ターターは、宇宙の知的生命体探索を促進し広めることを願っています。多数の電波望遠鏡を結び、地球外知的存在のエビデンスとなり得るパターンに彼女とそのチームは耳を傾けています。

Script

So, my question: are we alone?

The story of humans is the story of ideas -- scientific ideas that shine light into dark corners, ideas that we embrace rationally and irrationally, ideas for which we've lived and died and killed and been killed, ideas that have vanished in history, and ideas that have been set in dogma. It's a story of nations, of ideologies, of territories, and of conflicts among them. But, every moment of human history, from the Stone Age to the Information Age, from Sumer and Babylon to the iPod and celebrity gossip, they've all been carried out -- every book that you've read, every poem, every laugh, every tear -- they've all happened here. Here. Here. Here. (Laughter)

Perspective is a very powerful thing. Perspectives can change. Perspectives can be altered. From my perspective, we live on a fragile island of life, in a universe of possibilities. For many millennia, humans have been on a journey to find answers, answers to questions about naturalism and transcendence, about who we are and why we are, and of course, who else might be out there. Is it really just us? Are we alone in this vast universe of energy and matter and chemistry and physics? Well, if we are, it's an awful waste of space. (Laughter) But, what if we're not?

What if, out there, others are asking and answering similar questions? What if they look up at the night sky, at the same stars, but from the opposite side? Would the discovery of an older cultural civilization out there inspire us to find ways to survive our increasingly uncertain technological adolescence? Might it be the discovery of a distant civilization and our common cosmic origins that finally drives home the message of the bond among all humans? Whether we're born in San Francisco, or Sudan, or close to the heart of the Milky Way galaxy, we are the products of a billion-year lineage of wandering stardust. We, all of us, are what happens when a primordial mixture of hydrogen and helium evolves for so long that it begins to ask where it came from. Fifty years ago, the journey to find answers took a different path and SETI, the Search for Extra-Terrestrial Intelligence, began.

So, what exactly is SETI? Well, SETI uses the tools of astronomy to try and find evidence of someone else's technology out there. Our own technologies are visible over interstellar distances, and theirs might be as well. It might be that some massive network of communications, or some shield against asteroidal impact, or some huge astro-engineering project that we can't even begin to conceive of, could generate signals at radio or optical frequencies that a determined program of searching might detect. For millennia, we've actually turned to the priests and the philosophers for guidance and instruction on this question of whether there's intelligent life out there. Now, we can use the tools of the 21st century to try and observe what is, rather than ask what should be, believed.

SETI doesn't presume the existence of extra terrestrial intelligence; it merely notes the possibility, if not the probability in this vast universe, which seems fairly uniform. The numbers suggest a universe of possibilities. Our sun is one of 400 billion stars in our galaxy, and we know that many other stars have planetary systems. We've discovered over 350 in the last 14 years, including the small planet, announced earlier this week, which has a radius just twice the size of the Earth. And, if even all of the planetary systems in our galaxy were devoid of life, there are still 100 billion other galaxies out there, altogether 10^22 stars. Now, I'm going to try a trick, and recreate an experiment from this morning. Remember,one billion? But, this time not one billion dollars,one billion stars. Alright,one billion stars. Now, up there,20 feet above the stage, that's 10 trillion. Well, what about 10^22? Where's the line that marks that? That line would have to be 3.8 million miles above this stage. (Laughter) 16 times farther away than the moon, or four percent of the distance to the sun.

So, there are many possibilities. (Laughter) And much of this vast universe, much more may be habitable than we once thought, as we study extremophiles on Earth -- organisms that can live in conditions totally inhospitable for us, in the hot, high pressure thermal vents at the bottom of the ocean, frozen in ice, in boiling battery acid, in the cooling waters of nuclear reactors. These extremophiles tell us that life may exist in many other environments.

But those environments are going to be widely spaced in this universe. Even our nearest star, the Sun -- its emissions suffer the tyranny of light speed. It takes a full eight minutes for its radiation to reach us. And the nearest star is 4.2 light years away, which means its light takes 4.2 years to get here. And the edge of our galaxy is 75,000 light years away, and the nearest galaxy to us,2.5 million light years. That means any signal we detect would have started its journey a long time ago. And a signal would give us a glimpse of their past, not their present. Which is why Phil Morrison calls SETI, "the archaeology of the future." It tells us about their past, but detection of a signal tells us it's possible for us to have a long future.

I think this is what David Deutsch meant in 2005, when he ended his Oxford TEDTalk by saying he had two principles he'd like to share for living, and he would like to carve them on stone tablets. The first is that problems are inevitable. The second is that problems are soluble. So, ultimately what's going to determine the success or failure of SETI is the longevity of technologies, and the mean distance between technologies in the cosmos -- distance over space and distance over time. If technologies don't last and persist, we will not succeed. And we're a very young technology in an old galaxy, and we don't yet know whether it's possible for technologies to persist.

So, up until now I've been talking to you about really large numbers. Let me talk about a relatively small number. And that's the length of time that the Earth was lifeless. Zircons that are mined in the Jack Hills of western Australia, zircons taken from the Jack Hills of western Australia tell us that within a few hundred million years of the origin of the planet there was abundant water and perhaps even life. So, our planet has spent the vast majority of its 4.56 billion year history developing life, not anticipating its emergence. Life happened very quickly, and that bodes well for the potential of life elsewhere in the cosmos.

And the other thing that one should take away from this chart is the very narrow range of time over which humans can claim to be the dominant intelligence on the planet. It's only the last few hundred thousand years modern humans have been pursuing technology and civilization. So, one needs a very deep appreciation of the diversity and incredible scale of life on this planet as the first step in preparing to make contact with life elsewhere in the cosmos.

We are not the pinnacle of evolution. We are not the determined product of billions of years of evolutionary plotting and planning. We are one outcome of a continuing adaptational process. We are residents of one small planet in a corner of the Milky Way galaxy. And Homo sapiens are one small leaf on a very extensive Tree of Life, which is densely populated by organisms that have been honed for survival over millions of years. We misuse language, and talk about the "ascent" of man. We understand the scientific basis for the interrelatedness of life but our ego hasn't caught up yet. So this "ascent" of man, pinnacle of evolution, has got to go. It's a sense of privilege that the natural universe doesn't share.

Loren Eiseley has said, "One does not meet oneself until one catches the reflection from an eye other than human." One day that eye may be that of an intelligent alien, and the sooner we eschew our narrow view of evolution the sooner we can truly explore our ultimate origins and destinations.

We are a small part of the story of cosmic evolution, and we are going to be responsible for our continued participation in that story, and perhaps SETI will help as well. Occasionally, throughout history, this concept of this very large cosmic perspective comes to the surface, and as a result we see transformative and profound discoveries. So in 1543, Nicholas Copernicus published "The Revolutions of Heavenly Spheres," and by taking the Earth out of the center, and putting the sun in the center of the solar system, he opened our eyes to a much larger universe, of which we are just a small part. And that Copernican revolution continues today to influence science and philosophy and technology and theology.

So, in 1959, Giuseppe Coccone and Philip Morrison published the first SETI article in a refereed journal, and brought SETI into the scientific mainstream. And in 1960, Frank Drake conducted the first SETI observation looking at two stars, Tau Ceti and Epsilon Eridani, for about 150 hours. Now Drake did not discover extraterrestrial intelligence, but he learned a very valuable lesson from a passing aircraft, and that's that terrestrial technology can interfere with the search for extraterrestrial technology.

We've been searching ever since, but it's impossible to overstate the magnitude of the search that remains. All of the concerted SETI efforts, over the last 40-some years, are equivalent to scooping a single glass of water from the oceans. And no one would decide that the ocean was without fish on the basis of one glass of water. The 21st century now allows us to build bigger glasses -- much bigger glasses. In Northern California, we're beginning to take observations with the first 42 telescopes of the Allen Telescope Array -- and I've got to take a moment right now to publicly thank Paul Allen and Nathan Myhrvold and all the TeamSETI members in the TED community who have so generously supported this research. (Applause)

The ATA is the first telescope built from a large number of small dishes, and hooked together with computers. It's making silicon as important as aluminum, and we'll grow it in the future by adding more antennas to reach 350 for more sensitivity and leveraging Moore's law for more processing capability. Today, our signal detection algorithms can find very simple artifacts and noise. If you look very hard here you can see the signal from the Voyager 1 spacecraft, the most distant human object in the universe,106 times as far away from us as the sun is. And over those long distances, its signal is very faint when it reaches us. It may be hard for your eye to see it, but it's easily found with our efficient algorithms. But this is a simple signal, and tomorrow we want to be able to find more complex signals.

This is a very good year. 2009 is the 400th anniversary of Galileo's first use of the telescope, Darwin's 200th birthday, the 150th anniversary of the publication of "On the Origin of Species," the 50th anniversary of SETI as a science, the 25th anniversary of the incorporation of the SETI Institute as a non-profit, and of course, the 25th anniversary of TED. And next month, the Kepler Spacecraft will launch and will begin to tell us just how frequent Earth-like planets are, the targets for SETI's searches. In 2009, the U.N. has declared it to be the International Year of Astronomy, a global festival to help us residents of Earth rediscover our cosmic origins and our place in the universe. And in 2009, change has come to Washington, with a promise to put science in its rightful position. (Applause)

So, what would change everything? Well, this is the question the Edge foundation asked this year, and four of the respondents said, "SETI." Why? Well, to quote: "The discovery of intelligent life beyond Earth would eradicate the loneliness and solipsism that has plagued our species since its inception. And it wouldn't simply change everything, it would change everything all at once." So, if that's right, why did we only capture four out of those 151 minds? I think it's a problem of completion and delivery, because the fine print said, "What game-changing ideas and scientific developments would you expect to live to see?" So, we have a fulfillment problem. We need bigger glasses and more hands in the water, and then working together, maybe we can all live to see the detection of the first extraterrestrial signal.

That brings me to my wish. I wish that you would empower Earthlings everywhere to become active participants in the ultimate search for cosmic company.

The first step would be to tap into the global brain trust, to build an environment where raw data could be stored, and where it could be accessed and manipulated, where new algorithms could be developed and old algorithms made more efficient. And this is a technically creative challenge, and it would change the perspective of people who worked on it. And then, we'd like to augment the automated search with human insight. We'd like to use the pattern recognition capability of the human eye to find faint, complex signals that our current algorithms miss.

And, of course, we'd like to inspire and engage the next generation. We'd like to take the materials that we have built for education, and get them out to students everywhere, students that can't come and visit us at the ATA. We'd like to tell our story better, and engage young people, and thereby change their perspective.

I'm sorry Seth Godin, but over the millennia, we've seen where tribalism leads. We've seen what happens when we divide an already small planet into smaller islands. And, ultimately, we actually all belong to only one tribe, to Earthlings. And SETI is a mirror -- a mirror that can show us ourselves from an extraordinary perspective, and can help to trivialize the differences among us. If SETI does nothing but change the perspective of humans on this planet, then it will be one of the most profound endeavors in history.

So, in the opening days of 2009, a visionary president stood on the steps of the U.S. Capitol and said, "We can not help but believe that the old hatreds shall someday pass, that the lines of tribe shall soon dissolve, that, as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself." So, I look forward to working with the TED community to hear about your ideas about how to fulfill this wish, and in collaborating with you, hasten the day that that visionary statement can become a reality.

Thank you. (Applause)

質問です 私たちは唯一の存在なのでしょうか?

人類の物語は 思想の物語でもあります 未知なものへ光りを当てる科学の思想 私たちが理性的に あるいは 分別なく受け入れている思想 人類がそのために生き 死に 殺し 殺されてきた思想 歴史の中で消えていった思想 ドグマになってしまった思想もあります 国家の物語があり イデオロギーの物語があり 領土の物語があり それらの間の衝突の物語があります しかし 人類の歴史においてあらゆる瞬間は 石器時代から情報化時代に至るまで シュメール文明や古代都市バビロンもi Podや有名人のゴシップも それらすべて みなさんがお読みになった本も あらゆる詩 笑い声 泣き声もすべて ここで起きてきたのです ここ ここ ここ (笑)

物事の見方というのは とても強力なものです 物事の見方は自然に変わることもありますし 外的な力により変えられもします 私の見方では 私たちが住んでいるのは 可能性に満ちた宇宙の中にある 危うげな生命の孤島です 何千年と人類は答えを探す旅をしてきました 自然に対する疑問や超絶的存在に対する疑問への答えです 我々は何者で なぜ存在しているのか そして他に何が存在するのかという疑問 本当に我々しかいないのでしょうか このエネルギーや 物質や 化学と物理の現象に満ちた この広大な宇宙で唯一の存在なのでしょうか もし私たちだけなのだとしたら すごい空間の無駄遣いですね (笑) しかし もし私たちだけではなかったら?

もし宇宙に同じ疑問への答えを求める「何者か」が居たら? 夜空を見上げ 私たちと同じ星々を 反対側から 見ている誰かがいたとしたら? 人類のものより古い「あちら側」にある文明の発見は 日々進化する技術をコントロールして上手くやっていく為の ヒントを何か与えてくれるのでしょうか 遠く離れた文明の存在と 宇宙における共通の起源の発見は 全人類を繋ぐメッセージとして地球に届くのでしょうか? 生まれたのがサンフランシスコでもスーダンでも 天の川銀河の中心近くでも同じ 私たちは皆 宇宙を漂う星屑が何十億年もかけて紡ぎだした産物なのです 私たち そう私たちすべては ― 水素とヘリウムの原始混合物が 長い時間をかけて進化し 自らの出自に疑問を抱くまでになったのです 50年前 答え探しの旅が 違った道を辿り始め SETI(地球外知的生命体探査)が 生まれたのです

SETIとは いったい何なのでしょう SETIは天文学の道具を利用し 「あちら側」にある技術の存在を示す証拠を掴もうとする試みです 私たちの技術は星間距離を隔てても認識できます 彼らの技術も同様だと考えます 彼らの技術は何らかの壮大な通信網かもしれないし 小惑星の衝突を避けるためのシールドみたいなものかもしれません 私たちの理解を超えた巨大な宇宙工学プロジェクトかもしれません それが発する電波や光の周波数帯の信号を 徹底した探索プログラムによって検知できるかもしれません 数千年もの間 私たちは神官や哲学者に助言と指示を仰いできました 「あちら側」に知的生命は存在するのかと 現代では21世紀の道具を使うことができます その道具を使えば 何を信じるべきかではなく 何があるのかを観測することができます

SETIは地球外知的生命体の存在を前提にしているわけではありません ごく均一に見える広大な宇宙に存在しうる可能性を 指摘しているのです 確率までは示せないにしても 数字に目を向けて宇宙の可能性を探ってみましょう 太陽は私たちの銀河系にある 4000億もの恒星の中の1つです 他の多くの恒星が惑星を持つという事実はご存知でしょう 過去14年間に350を超える惑星が発見されました 今週のはじめにも 小さな惑星が見つかっています 地球のちょうど2倍の大きさの惑星です 私たちの銀河系にある惑星のどれにも生命がいなかったとしても まだ他に1000億もの銀河系があるのです 全部で恒星が10の22乗個も存在することになります ここでゲームをしてみましょう 今朝の実験の続きです 覚えてますか 10億でしたね 今回は10億ドルではなく 10億個の恒星です この厚さが10億個の恒星だとすると ステージに6mの高さまで積み上げて 恒星がやっと10兆個あることになります 10の22乗個の恒星の場合は? いったいどれくらいの高さになるんでしょう? このステージ上600万キロの高さです! (笑) 月と比べて16倍も離れています 太陽との距離と比較すると4%ですね

だから結構可能性はあるということです (笑) この広大な宇宙に かつて私たちが予想した以上の居住可能な環境が存在し得ます 人類が生きられない状況で生存可能な 極限微生物について研究を進めていくと分かります それらは海底にある高温高圧の熱水噴出口や 氷や 沸騰する強酸性のバッテリー液の中 そして原子炉の冷却水の中でも生存可能で 生命が様々な環境に存在しうることを示しています

しかしそういった環境は宇宙の中で遠く隔たっています 地球に最も近い恒星である太陽でさえも 放射光を光の速度で地球に届けるのに苦労しています 太陽光が地球に到達するまで8分を要します 地球に最も近い恒星でさえ4.2光年離れています つまりその恒星の光が地球に到達するまで4.2年かかってしまいます 地球から天の川銀河の端までは7万5千光年離れていて 地球から最も近い銀河系は250万光年も離れています つまり私たちが検知する信号はずっと前に発信されたものなのです その信号は彼らの過去を見せてくれます 彼らの現在ではありません フィリップ モリソンがSETIを「未来の考古学」と呼んだ所以です 信号そのものは彼らの過去を教えてくれますが 信号の検知は 私たちの文明も長く存続できる可能性を示します

2005年のオックスフォードでのTEDTalkの終わりに デイヴィッド・ドイッチュ氏が 生きるために共有し 石版に刻んでおきたい2つの原理があると言ったのは そういうことだったのだと思います 1つ目は「問題は回避不可能である」 2つ目は「問題は解決可能である」 さて SETIプロジェクトの正否は何によって決まるのでしょうか プロジェクトの成功は 技術の存続可能性と 宇宙に存在する技術文明の間の平均距離にかかっています 時間的な距離と 空間的な距離です 技術が長く存続しなければ 私たちは成功しません 私たちの技術はこの古い銀河にあって まだまだ若く 技術が存続し得るのかということさえ分かっていません

これまで大きな数字を使って話をしてきました 今度は少し小さな数字の話をしましょう 地球に生命のなかった期間の長さです 西オーストラリアのジャックヒルズで 採掘されたジルコンを調査すると 地球誕生から数億年後には 豊富な水と おそらくは生命も存在していたことを示しています この地球は45億6千万年の歴史の中のかなりの時間を使って 生命体を育んできたのです その出現を予期することもなく 生命体は早い段階で出現しました この事実は地球外生命体の可能性を示唆しています

もうひとつ この図で見逃してならないのは 人類が生命体のピラミッドの頂点に居る期間は 地球のタイムスケールから見ると 大変短いということです 現生人類が技術と文明を追い求めるようになって まだほんの何十万年かにしかなりません 宇宙の他の場所にいる生命とコンタクトするための 最初のステップとして私たちがすべきことは 地球の生命の驚くべきスケールと多様性を良く理解することです

私たち人類は進化の頂点ではありません 人類は何十億年の進化の最終形態として 予期され計画されていたわけではありません 私たちは継続的な適応プロセスの結果の1つに過ぎないのです 私たちは天の川銀河の端に位置する 1つの小さな惑星の住人です 何百万年に渡る生存競争を勝ち抜いた生物達で満たされた 大きく広がる命の木の中にあって ホモ サピエンスは ほんの小さな 一枚の葉っぱに 過ぎません 私たちは言葉を誤用し 「人類の上昇」と言っています 生物同士の相互関連を 科学的には理解していますが 私たちのエゴは それに追いついていないのです 「人類の上昇」そして「進化の頂点」という考えは 捨てなければなりません そのような特権意識は 自然界と相容れません

ローレン アイズリーはこう言います 「我々は人間以外の目に映った己を見て初めて 真の自分と出会うことができる」と いつの日にかその「目」は地球外生命体のものになるかもしれません 進化に対する偏狭な考えから離れることが出来てはじめて 私たちが究極的には どこから来てどこへ行くのか 探求できるようになるでしょう

私たちは宇宙の進化物語の小さな一部分です 今後もその物語に参加し続ける責任があるのです SETIもその一助となるかもしれません この宇宙的な視点に立った物の見方は 歴史の中で折に触れて現れては 世界に影響を与えてきました 時代の常識を根本から揺るがし 核心を突く発見に繋がってきたのです 1543年にニコラウス コペルニクスが発表した「天球回転論」は 地球を中心だとする それまでの考えを払拭し 太陽を太陽系の中心と捉えることで 広い宇宙に向けて私たちの目を開いてくれました 地球は小さな一部分だということを教えてくれたのです このコペルニクス的転回は現在も 科学 哲学 テクノロジー 神学 様々な分野で引き継がれています

フィリップ・モリソン氏とジュセッペ・コッコーニ氏は1959年に 査読付き論文誌でSETIに関する最初の論文を発表し SETIを科学の世界で認知させることに成功しました 1960年には フランク・ドレイク氏がSETIの第1回目の実験として 「くじら座のタウ星」 と 「エリダヌス座のイプシロン星」 という2つの星をー 150時間 観察しました 地球外知的生命体の発見こそ出来ませんでしたが 空を横切る飛行機や地上波放送が 地球外の技術を探索する上で障害になるという 貴重な教訓を得ました

それ以来ずっとSETIは探索を続けています まだ残されている探索がいかに広大かは 過大に言うことが出来ません 40年に渡るSETIの努力も 大海から汲み上げたコップ一杯の海水のようなものです その一杯のコップの水から 海に魚がいないとは 誰にも言えません 21世紀になって私たちはより大きなコップを手に入れました ずっと大きなコップです 北カリフォルニアにある「アレン・テレスコープ・アレイ」(ATA)の 最初の42基の電波望遠鏡で観測を始めました ここでお礼を言わせて下さい ポール・アレン氏 ネイサン・ミアボルド氏と TEDコミュニティーの全TeamSETIメンバーに SETIへの多大なるご協力を感謝します (拍手)

ATAはコンピューターでまとめた多数の小型アンテナで構成された 最初の電波望遠鏡です アルミに加え シリコンの力を使うわけです アンテナは今後も増え続け 最終的には350台を連結することで 受信感度を高め ムーアの法則を生かして処理能力も高めます 現在の信号検出アルゴリズムでは ごく単純な人工物とノイズを見分けることができます よく注意すると ボイジャー1号の信号が感知されているのも分かります 地球から最も離れている宇宙の人工物です 太陽よりも106倍も地球から離れています 長距離なので信号が地球に届くまでにはかなり微弱になっています それを目で見るのはとても大変なことですが SETIの効率的なアルゴリズムなら容易に見つけ出せるのです しかし これらは単純な信号です 今後はより複雑な信号も見つけたいと思っています

今年は良い年です 2009年はガリレオが初めて望遠鏡を用いた時から400年目にあたり ダーウィン生誕200周年 ダーウィンの「種の起源」出版から150周年 SETIが科学として認知されてから50周年 SETIが非営利法人となって25周年 そして TED設立25周年の年です 来月にはケプラー宇宙望遠鏡の打上げがあります SETI探索の対象である地球のような惑星がどれほど多く 宇宙に存在するかを教えてくれるでしょう 国連は2009年を世界天文年と定めました 宇宙の中の地球や人間の存在に思いを馳せ その起源と存在を再認識するための世界的なお祭りです 2009年 ワシントンにも「変化」の波が来て 科学技術が然るべき扱いを受けられることが約束されました (拍手)

すべてを変えるものは何だと思いますか? これはエッジ財団の今年の質問です 回答者でSETIと答えた人が4人いました 選んだその理由は? 回答から引用すると 「地球外知的生命体の発見はー 人類がその誕生以来 ずっと患ってきた 孤独感と自己中心主義を取り除くことが出来るかもしれない その発見は 単に全てを変えるのではなく 全てを一度に変えることになるだろう」 この人の言葉が正しいなら なぜSETIは151人のうち4人の心しか掴めなかったのでしょうか 「完遂可能性」と「伝え方」の問題だと思います 質問の下に小さな活字でこう書かれていました 「どのような革新的なアイディアや科学的発展を 生きているうちに見たいですか?」 生きているうちに実現するかどうかに捕らわれているんですね 私たちには より大きなコップと より多くの手が必要です そうして協力していけば私たちが生きている間に 宇宙からの最初の信号の目撃者となれるかもしれません

その願いと共に私はここに立っています 私の願いは 皆さん1人1人がこの地球上の人々に対して 宇宙の仲間探しに積極的に関わるよう 促して欲しいということです

その第一歩は 世界の専門家の力を借りて 未加工データの保存環境を構築し そこでデータの評価と操作ができるようにし 新しいアルゴリズムを開発し 古いアルゴリズムを改良できるようにすることです これは技術的でクリエイティブな挑戦であり それに携わる人の物事の見方を変えるでしょう それから私たちは探索プログラムに人間の洞察力を組み込みたいと思っています 人間の目が持つパターン認識能力を利用し 現在のSETIのアルゴリズムでは探知できない微弱で複雑な信号を見つけたいのです

もちろん次世代の人々にも 刺激を与え参加を促したい SETIが開発した教材を 世界中の子供たちに届けたいのです ATAに来られない子供たちに 私たちのことをもっとうまく伝え 参加することによって 若者達に世界の見方を変えて欲しい

セス・ゴーディン氏には悪いのですが 部族主義が何をもたらすかを 私たちは何百年も目にしてきました 小さな惑星をさらに小さな島に分裂させることで 何が起こってきたのか知っています つまるところ 私たちが属する部族は1つであり それは「地球人」という部族です SETIは鏡です 私たち自身を 外からの見方で 映し出す鏡なのです その見方は 人類の中の違いなど 些細なものにするでしょう SETIが何も見つけられなかったとしても この惑星の住人の物の見方を変えることが出来れば 歴史上もっとも大きな意味のある運動と言えるでしょう

2009年の年明けに 洞察力に優れた大統領は国会議事堂の階段に立ち こう言いました 「私たちは信じています 過去の憎しみは消え去り 民族間の境界線はいずれなくなり 世界が小さくなる中で 私たちみんなが持っている人類愛が現れるだろうと」 TEDコミュニティーと共に考えていきたいです 皆さんの考えを聞かせてください どうしたらこの願いを叶えられるのか 大統領の言葉が実現する日を早めるため 共に手を取り合い ムーブメントを広げていきましょう

ご静聴いただき有難うございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画