TED日本語 - セルゲイ・ブリン: なぜグーグル・グラスなのか?

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - セルゲイ・ブリン: なぜグーグル・グラスなのか?

TED Talks

なぜグーグル・グラスなのか?
Why Google Glass?
セルゲイ・ブリン
Sergey Brin

内容

なぜグーグルのセルゲイ・ブリンと彼のチームは、グラスというコードネームがついたヘッドマウント式のカメラ兼コンピュータを作りたかったのでしょうか?このトークでは、デモンストレーションではなく、その哲学について語られます。TED2013のステージで、ブリンは、スクリーンを覗き込むのではなく顔を上げて世界と向き合うという、モバイル・コンピュータを使った新たな関係性のあり方を提唱したのです。

Script

Okay, it's great to be back at TED. Why don't I just start by firing away with the video?

(Music)

(Video) Man: Okay, Glass, record a video.

Woman: This is it. We're on in two minutes.

Man 2: Okay Glass, hang out with The Flying Club.

Man 3: Google "photos of tiger heads." Hmm.

Man 4: You ready? You ready? (Barking)

Woman 2: Right there. Okay, Glass, take a picture.

(Child shouting)

Man 5: Go!

Man 6: Holy [ beep ]! That is awesome.

Child: Whoa! Look at that snake!

Woman 3: Okay, Glass, record a video!

Man 7: After this bridge, first exit.

Man 8: Okay, A12, right there!

(Applause)

(Children singing)

Man 9: Google, say "delicious" in Thai.

Google Glass: -- -- Man 9: Mmm, -- -- .

Woman 4: Google "jellyfish."

(Music)

Man 10: It's beautiful.

(Applause)

Sergey Brin: Oh, sorry, I just got this message from a Nigerian prince. He needs help getting 10 million dollars. I like to pay attention to these because that's how we originally funded the company, and it's gone pretty well.

Though in all seriousness, this position that you just saw me in, looking down at my phone, that's one of the reasons behind this project, Project Glass. Because we ultimately questioned whether this is the ultimate future of how you want to connect to other people in your life, how you want to connect to information. Should it be by just walking around looking down? But that was the vision behind Glass, and that's why we've created this form factor. Okay. And I don't want to go through all the things it does and whatnot, but I want to tell you a little bit more about the motivation behind what led to it. In addition to potentially socially isolating yourself when you're out and about looking at your phone, it's kind of, is this what you're meant to do with your body? You're standing around there and you're just rubbing this featureless piece of glass. You're just kind of moving around.

So when we developed Glass, we thought really about, can we make something that frees your hands? You saw all of the things people are doing in the video back there. They were all wearing Glass, and that's how we got that footage.

And also you want something that frees your eyes. That's why we put the display up high, out of your line of sight, so it wouldn't be where you're looking and it wouldn't be where you're making eye contact with people.

And also we wanted to free up the ears, so the sound actually goes through, conducts straight to the bones in your cranium, which is a little bit freaky at first, but you get used to it. And ironically, if you want to hear it better, you actually just cover your ear, which is kind of surprising, but that's how it works.

My vision when we started Google 15 years ago was that eventually you wouldn't have to have a search query at all. You'd just have information come to you as you needed it. And this is now,15 years later, sort of the first form factor that I think can deliver that vision when you're out and about on the street talking to people and so forth.

This project has lasted now, been just over two years. We've learned an amazing amount. It's been really important to make it comfortable. So our first prototypes we built were huge. It was like cell phones strapped to your head. It was very heavy, pretty uncomfortable. We had to keep it secret from our industrial designer until she actually accepted the job, and then she almost ran away screaming. But we've come a long way.

And the other really unexpected surprise was the camera. Our original prototypes didn't have cameras at all, but it's been really magical to be able to capture moments spent with my family, my kids. I just never would have dug out a camera or a phone or something else to take that moment.

And lastly I've realized, in experimenting with this device, that I also kind of have a nervous tic. The cell phone is -- yeah, you have to look down on it and all that, but it's also kind of a nervous habit. Like if I smoked, I'd probably just smoke instead. I would just light up a cigarette. It would look cooler. You know, I'd be like -- But in this case, you know, I whip this out and I sit there and look as if I have something very important to do or attend to. But it really opened my eyes to how much of my life I spent just secluding away, be it email or social posts or whatnot, even though it wasn't really -- there's nothing really that important or that pressing. And with this, I know I will get certain messages if I really need them, but I don't have to be checking them all the time.

Yeah, I've really enjoyed actually exploring the world more, doing more of the crazy things like you saw in the video.

Thank you all very much.

(Applause)

またTEDに参加できてうれしいです まずはこのビデオをお見せしましょう

(音楽)

(ビデオ)男性1: よし グラス 録画してくれ

女性1: 準備OK あと2分で開演よ

男性2: グラス 飛行クラブとつないでくれ

男性3: 「トラの顔の写真」をグーグルで調べてくれ

男性4: いいか?行くぞ!(吠える声)

女性2: そこに立って そこよ グラス 写真を撮って

(子どもの歓声)

男性5: 行け~!

男性6: うわっすっごい!素晴らしい!

子ども: うわ~!蛇だ!

女性3: さあグラス 録画して!

男性7: 橋を渡って最初の出口だ

男性8: A12ゲート あそこだ!

(拍手)

(子どもの歌声)

男性9: 「おいしい」をタイ語で言うと?

グーグル・グラス: 男性9: んー (タイ語で) おいしい

女性4: 「くらげ」を検索して

(音楽)

男性10: きれいだな~

(拍手)

セルゲイ・ブリン: 失礼 ナイジェリアの王子からメッセージが来たもので 1,000万ドル必要なんだそうですこうしたメッセージにも 関心を持ちたいのです グーグルも最初はそうして資金を集め とても上手くいったのですから

真面目な話 たった今 僕は 携帯電話を 覗き込んでいましたがこの姿勢が グーグル・グラスのプロジェクトを始める理由の1つとなりました ほかの人や情報と 今後もずっと このような形で つながっていくのだろうかと とことん疑問に思っていたからです 下を向いて歩く姿が最終形なのでしょうか? こうしたビジョンを持って グーグル・グラスをデザインしました これで出来ること・出来ないことを詳しく話すつもりはありません それよりも グーグル・グラスを生み出すに至った動機をお話ししましょう 出歩いているときに携帯電話を覗き込んでいるのは 自分を社会から孤立させかねないだけでなく それが ふさわしい体の使い方なのだろうかという気にもなります ただ突っ立って のっぺりとした ガラスの画面をこすり 動き回っているだけなのです

グーグル・グラスの開発では どうすれば手を自由にできるかということを考え抜きました さっきお見せした動画では いろんなことをしていましたね あれは全部 グーグル・グラスをつけた人が撮影したものです

また 私たちは 目も自由にしたいと思いました それで ディスプレイの位置を上げ 視線から外すようにしたのです 何かを見るときの邪魔にはなりませんし アイコンタクトの 邪魔にもなりません

耳も自由にしたかったので 音が頭蓋骨に 直接伝わるようにしました 最初は少し変な感じがしますが慣れてきます 皮肉なことに グラスの音をはっきり聞きたいときには 耳の穴をふさげばよいのです びっくりしますが そういう風にできています

15年前 グーグルを始めたときに思い描いていたのは 検索文字の入力を いずれ不要にしてしまおうということでした 必要な情報が 自分のところにやってくるようになるのです 15年経った今 そのビジョンを実現した 最初の形状の製品が完成し 外で人と話したりしながら 使えるようになりました

このプロジェクトは2年ちょっと続いています 多くのことを学びました 快適に使えるものにすることがとても重要でした 最初の試作品は巨大で頭に携帯電話を くくりつけているようでした とても重くて使いづらいものでした デザイナーには仕事を引き受けると言うまで 詳しいことは秘密にしていました 真相を知って 叫びながら逃げ出す一歩手前でした そこから長い道のりを乗り越えてきました

もうひとつ 予期しなかった驚きは カメラです 最初の試作品にはカメラなどありませんでした でも 家族や子どもとの時間を記録できるのは 本当に素晴らしいことでした デジカメや携帯やほかの機材を 探し出す必要がないのです

グラスを使った実験で最後に気づいたのは 自分にも無意識に繰り返す神経質な癖があるということです 携帯は - そう 覗き込まなければいけなかったりもしますが - ついつい見てしまう習慣がつきものです 喫煙者だったら煙草を吸ってしまうようなものです 煙草に火をつけたりすればその方が格好よく 見えるかもしれませんこんな感じに - でも携帯の場合はサッと取り出して 何か重要なことでも しているかのように使うのです でも それによって自分がいかに多くの時間 引きこもっていたのかということに気づきました そんなに重要でも差し迫ってもいないのに EメールやSNSなどを していたのです グーグル・グラスでは本当に重要なメッセージは 届きますが ずっとチェックしている必要はありません

この動画のようにクレイジーなことを もっとたくさん体験しながら世界を我が身で探求して楽しむのです

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画