歌詞ロウLowケリー・クラークソンKelly Clarkson

楽曲情報

ケリー・クラークソンのファースト・アルバム「Thankful(サンクフル)」に収録のシングル曲です。

ロウ

Low

歌 

ケリー・クラークソン (Kelly Clarkson)

作詞
Jimmy Harry
作曲
Jimmy Harry
外部リンク
公式サイト|Kelly Clarkson

Lyrics

Everybody's talking.
But they don't say a thing.
They look at me with sad eyes.
But I don't want the sympathy.
Its cool you didn't want me.
Sometimes you can't go back.
But why'd you have to go and make a mess like that.
Well I just have to say.
Before I let go.

Have you ever been low?
Have you ever had a friend that let you down so?
When the truth came out.
Were you the last to know?
Were you left out in the cold?
What you did was low.

No I don't need your number.
There's nothing left to say.
Except I never thought it'd hurt this much to be saved.
My friends are outside waiting.
I've gotta go.

Have you ever been low?
Have you ever had a friend that let you down so?
When the truth came out.
Were you the last to know?
Were you left out in the cold?
What you did was low. What you did was low.
What you did was low. What you did was low.

I walk out of this darkness.
With no sense of regret.
And I go with a clear conscience.
We both know that you can't say that.
Here's to show.
For all the time I loved you so.
So ...

Have you ever been low?
Have you ever had a friend that let you down so?
When the truth came out.
Were you the last to know?
Were you left out in the cold?
What you did was low.
Have you ever been low?
Have you ever had a friend that let you down so?
When the truth came out.
Were you the last to know?
Were you left out in the cold?
What you did was low.
Have you ever been low?
Have you ever had a friend that let you down so?
Cuz what you did was low.

エブリバディズ トーキング//
バット ゼイ ドント セイ ア シング//
ゼイ ルック アット ミー/ ウィズ サッド アイズ//
バット アイ ドント ウォント ザ シンパシー//
イッツ クール/ ユー ディドゥント ウォント ミー//
サムタイムズ/ ユー キャント ゴー バック//
バット ホワイ/ ユー ハブ トゥー ゴー アンド メイク ア メス/ ライク ザット//
ウェル/ アイ ジャスト ハブ トゥー セイ//
ビフォー アイ レット ゴー//

ハブ ユー エバー ビーン ロー?//
ハブ ユー エバー ハド ア フレンド/ ザット レット ユー ダウン ソー?//
ウェン ザ トゥルース ケイム アウト//
ワー/ ユー/ ザ ラスト トゥー ノウ?//
ワー/ ユー レフト アウト/ イン ザ コールド?//
ホワット ユー ディド/ ワズ ロー//

ノー アイ ドント ニード ユア ナンバー//
ゼアーズ ナッシング レフト トゥー セイ//
エクセプト/ アイ ネバー ソート/ イトゥド ハート ディス マッチ/ トゥー ビー セイブド//
マイ フレンズ アー アウトサイド ウェイティング//
アイブ ガッタ ゴー//

ハブ ユー エバー ビーン ロー?//
ハブ ユー エバー ハド ア フレンド/ ザット レット ユー ダウン ソー?//
ウェン ザ トゥルース ケイム アウト//
ワー/ ユー/ ザ ラスト トゥー ノウ?//
ワー/ ユー レフト アウト/ イン ザ コールド?//
ホワット ユー ディド/ ワズ ロー// ホワット ユー ディド/ ワズ ロー//
ホワット ユー ディド/ ワズ ロー// ホワット ユー ディド/ ワズ ロー//

アイ ウォーク アウト オブ ディス ダークネス//
ウィズ ノー センス オブ リグレット//
アンド アイ ゴー ウィズ ア クリアー コンシェンス//
ウィ/ ボース ノウ/ ザット ユー キャント セイ ザット//
ヒアズ トゥー ショー//
フォー オール ザ タイム/ アイ ラヴド ユー ソー//
ソー ...//

ハブ ユー エバー ビーン ロー?//
ハブ ユー エバー ハド ア フレンド/ ザット レット ユー ダウン ソー?//
ウェン ザ トゥルース ケイム アウト//
ワー/ ユー/ ザ ラスト トゥー ノウ?//
ワー/ ユー レフト アウト/ イン ザ コールド?//
ホワット ユー ディド/ ワズ ロー//
ハブ/ ユー エバー ビーン ロー?//
ハブ ユー エバー ハド ア フレンド/ ザット レット ユー ダウン ソー?//
ウェン ザ トゥルース ケイム アウト//
ワー/ ユー/ ザ ラスト トゥー ノウ?//
ワー/ ユー レフト アウト/ イン ザ コールド?//
ホワット ユー ディド/ ワズ ロー//
ハブ/ ユー エバー ビーン ロー?//
ハブ ユー エバー ハド ア フレンド/ ザット レット ユー ダウン ソー?//
カズ/ ホワット ユー ディド/ ワズ ロー//

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

sympathy

〈U〉『共感』,思いやり

〈U〉《時に複数形で》(…に対する)『同情』,哀れみ《+for(with)+名》

〈U〉《時に複数形で》(…に対する)弔慰,お見舞《+for+名》

〈U〉《時に複数形で》(…に対する)『共鳴』,賛成,好意《+with+名(wh-節)》

ca

circa

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

waiting

待つこと,待機

仕えること

待っている;仕えている

ta

ありがと

darkness

『暗さ』,『やみ』

徳黒さ

無知,無学

邪悪,腹黒さ

不明りょう,あいまいさ

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

regret

…‘を'『後悔する』;…‘を'残念に思う

〈人が〉〈失われたもの〉‘を'惜しむ,悲しむ

〈U〉(…に対する)『後悔』,悔い;残念な気持ち,遺憾《+『at』(『for, over』)+『名』(doing)》

〈U〉(…に対する)悲しみ,哀惜,哀悼の意《+『over』(『for』)+『名』》

〈C〉《複数形で》(招持などへのていねいな)断り[状];(断るための)遺憾の言葉

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

conscience

『良心』,道義心,善悪を判断する力

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等