TED日本語 - アヤ・ブデール: 光って、鳴って、楽しく学べるブロック

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アヤ・ブデール: 光って、鳴って、楽しく学べるブロック

TED Talks

光って、鳴って、楽しく学べるブロック
Building blocks that blink, beep and teach
アヤ・ブデール
Ayah Bdeir

内容

電子装置をレゴブロックみたいに簡単に組立てて遊べる電子部品セットというのを想像してみてください。TEDフェローのアヤ・ブデールが紹介するlittleBitsは、ブロックになっていて自由に組み合わせられるシンプルな部品のコレクションで、回路作成をやさしいブロック遊びに変えることによって、創作活動に取り入れられるようにしています。

Script

This may sound strange, but I'm a big fan of the concrete block. The first concrete blocks were manufactured in 1868 with a very simple idea: modules made of cement of a fixed measurement that fit together. Very quickly concrete blocks became the most-used construction unit in the world. They enabled us to to build things that were larger than us, buildings, bridges,one brick at a time. Essentially concrete blocks had become the building block of our time.

Almost a hundred years later in 1947, LEGO came up with this. It was called the Automatic Binding Brick. And in a few short years, LEGO bricks took place in every household. It's estimated that over 400 billion bricks have been produced -- or 75 bricks for every person on the planet. You don't have to be an engineer to make beautiful houses, beautiful bridges, beautiful buildings. LEGO made it accessible. LEGO has essentially taken the concrete block, the building block of the world, and made it into the building block of our imagination.

Meanwhile the exact same year, at Bell Labs the next revolution was about to be announced, the next building block. The transistor was a small plastic unit that would take us from a world of static bricks piled on top of each other to a world where everything was interactive. Like the concrete block, the transistor allows you to build

much larger, more complex circuits,one brick at a time. But there's a main difference: The transistor was only for experts. I personally don't accept this, that the building block of our time is reserved for experts, so I decided to change that. Eight years ago when I was at the Media Lab, I started exploring this idea of how to put the power of engineers in the hands of artists and designers.

A few years ago I started developing littleBits. Let me show you how they work. LittleBits are electronic modules with each one specific function. They're pre-engineered to be light, sound, motors and sensors. And the best part about it is they snap together with magnets. So you can't put them the wrong way. The bricks are color-coded. Green is output, blue is power, pink is input and orange is wire. So all you need to do is snap a blue to a green and very quickly you can start making larger circuits. You put a blue to a green, you can make light. You can put a knob in between and now you've made a little dimmer. Switch out the knob for a pulse module, which is here, and now you've made a little blinker. Add this buzzer for some extra punch and you've created a noise machine. I'm going to stop that.

So beyond simple play, littleBits are actually pretty powerful. Instead of having to program, to wire, to solder, littleBits allow you to program using very simple intuitive gestures. So to make this blink faster or slower, you would just turn this knob and basically make it pulse faster or slower. The idea behind littleBits is that it's a growing library. We want to make every single interaction in the world into a ready-to-use brick. Lights, sounds, solar panels, motors -- everything should be accessible.

We've been giving littleBits to kids and seeing them play with them. And it's been an incredible experience. The nicest thing is how they start to understand the electronics around them from everyday that they don't learn at schools. For example, how a nightlight works, or why an elevator door stays open, or how an iPod responds to touch. We've also been taking littleBits to design schools. So for example, we've had designers with no experience with electronics whatsoever start to play with littleBits as a material. Here you see, with felt and paper water bottles, we have Geordie making ...

(Clanging)

(Buzzing)

A few weeks ago we took littleBits to RISD and gave them to some designers with no experience in engineering whatsoever -- just cardboard, wood and paper -- and told them "Make something." Here's an example of a project they made, a motion-activated confetti canon ball.

(Laughter)

But wait, this is actually my favorite project. It's a lobster made of playdough that's afraid of the dark.

(Laughter)

To these non-engineers, littleBits became another material, electronics became just another material. And we want to make this material accessible to everyone. So littleBits is open-source. You can go on the website, download all the design files, make them yourself. We want to encourage a world of creators, of inventors, of contributors, because this world that we live in, this interactive world, is ours. So go ahead and start inventing.

Thank you.

(Applause)

変に聞こえるかもしれませんけど 私はコンクリートブロックが大好きなんです 最初のコンクリートブロックが製造されたのは1868年のことで その着想はいたってシンプルでした 一定の大きさのセメント製パーツを ぴったり? 積み上げられるようにしたものです コンクリートブロックは瞬く間に 世界でもっともよく使われる建材になりました ブロックを1つずつ積み上げていくことで 建物や橋のように大きなものを 作れるのです そうしてコンクリートブロックは 私たちの時代における基本構成要素となりました

それから100年ほどたった1947年に レゴが作ったのがこれです 「自動結合ブロック」と呼ばれていました 数年という短い期間で レゴブロックはあらゆる家庭へと普及しました これまでに製造されたレゴブロックの数は推計4千億個と言われ 全世界の人が1人75個ずつ持っている計算です すてきな家や橋や建築が エンジニアでなくても作れます レゴが垣根をなくしました レゴがしたことは要するに 現実の世界の構成要素である コンクリートブロックにあたるものを 想像力のために作ったということです

ちょうど同じ年に ベル研究所では 次代の構成要素となる革命的技術が 準備されつつありました そのトランジスタという ちっぽけな部品は 静的なブロックが積み上げられた世界から あらゆるものが反応する世界へと 静的なブロックが積み上げられた世界から あらゆるものが反応する世界へと 私たちを連れて行くことになりました コンクリートブロック同様 トランジスタも1つずつ組み合わせることで

より大きく より複雑な回路を作ることができますが 大きな違いもあって それは トランジスタは専門家向けということです 私たちの時代の基本構成要素が 専門家だけのものになっていることが 私には納得できなかったので それをひとつ変えてやろうと心に決めました 8年前 メディアラボにいたとき エンジニアの力を アーティストや デザイナーが使えるものにする? というアイデアの探求を始めました

そして数年前にlittleBitsを開発し始めました どんなものかご覧に入れましょう littleBitsはそれぞれが特定の 1つの機能を持つ電子部品の集まりで 用意されている部品には ライトや ブザーや モーターや センサなどがあります これの一番の特徴は 磁石で互いにくっつくようになっていることで 間違った繋ぎ方はできません ブロックは種類で色分けされていて 緑は出力 青は電源 ピンクは入力 オレンジは配線です ブロックを繋げていくだけなので すぐに大きな回路も組み上げられるようになります 青と緑を繋げると ライトが点きます 間に調節ツマミを挟んでやると 明るさを変えられるようになります 調節ツマミをパルス部品と 入れ替えてやると このブロックですが 点滅するようになります おまけの効果として ブザーを付け加えてやると 騒音発生器のできあがりです 止めておきましょうね

単純な遊びに留まらず littleBitsは 実のところすごく強力なんです プログラミングや配線やハンダ付けをせずに 直感的に手で簡単に電子装置を 組み立てられます 点滅のスピードを変えたければ このツマミをひねるだけで 速くなったり遅くなったりします littleBitsの背後にあるアイデアは 成長していく部品カタログです 世の中のあらゆる電気操作を 部品としてすぐ使えるものにしたい 明かり 音源 ソーラーパネル モーター・・・あらゆるものを手の届くものにしたいのです 明かり 音源 ソーラーパネル モーター・・・あらゆるものを手の届くものにしたいのです

子どもたちがこれでどんな風に遊ぶか観察していますが 目を見開かせられる体験です 素晴らしいのは子どもたちが 学校で習いもしない身の回りの電子機器の 仕組みを理解するようになることです たとえば終夜灯の仕組みや なぜ自動ドアは人を挟まないのか iPodはどうやってタッチ操作に反応するのかといったことです デザイン学校にもこれを持ち込んで 電子工学などの経験が まったくないデザイナーに littleBitsを素材として遊んでもらっています これはフェルトと紙とペットボトルを使って ジョーディーが作ったものです

(カチャン)

(ブー)

ついこの数週前にも 私たちはlittleBitsを ロードアイランドデザイン学校に持って行き 工学などは全然知らないデザイナーに渡して ボール紙と木と紙で「何か作ってみて」と言いました これは彼らの作ったものの一例ですが 動作を検知して反応する紙吹雪砲です

(笑)

これは私のお気に入りです 工作粘土で作ったロブスターですが・・・ なんと暗がりを怖がります

(笑)

littleBitsは技術者でない人たちのための新しい材料になります 電子部品を素材として使えるようになるのです この素材をあらゆる人に手の届くものにしたくて littleBitsをオープンソースにしました Webサイトに行って回路図をダウンロードすれば自分で作れます 世界のクリエーター 発明家 オープンソース貢献者が協力する世界を広げたいのです この生きて反応する私たちの世界は みんなのものだからです だから皆さん 一緒に創り始めましょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画