TED日本語 - マーク・ショー: とてもドライなデモ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マーク・ショー: とてもドライなデモ

TED Talks

とてもドライなデモ
One very dry demo
マーク・ショー
Mark Shaw

内容

マーク・ショーが「ウルトラ・エバー・ドライ」という、撥水コーティングのデモをします。このコーティングは、驚くほど、水や水性のものを強力に跳ね返します。ナノレベルで、スプレーは空気の傘となり、表面を覆って水を弾くのです。最後の逆転劇をお見逃しなく。

Script

I'm here to show you how something you can't see can be so much fun to look at. You're about to experience a new, available and exciting technology that's going to make us rethink how we waterproof our lives.

What I have here is a cinder block that we've coated half with a nanotechnology spray that can be applied to almost any material. It's called Ultra-Ever Dry, and when you apply it to any material, it turns into a superhydrophobic shield. So this is a cinder block, uncoated, and you can see that it's porous, it absorbs water. Not anymore. Porous, nonporous.

So what's superhydrophobic? Superhydrophobic is how we measure a drop of water on a surface. The rounder it is, the more hydrophobic it is, and if it's really round, it's superhydrophobic. A freshly waxed car, the water molecules slump to about 90 degrees. A windshield coating is going to give you about 110 degrees. But what you're seeing here is 160 to 175 degrees, and anything over 150 is superhydrophobic. So as part of the demonstration, what I have is a pair of gloves, and we've coated one of the gloves with the nanotechnology coating, and let's see if you can tell which one, and I'll give you a hint.

Did you guess the one that was dry?

When you have nanotechnology and nanoscience, what's occurred is that we're able to now look at atoms and molecules and actually control them for great benefits. And we're talking really small here. The way you measure nanotechnology is in nanometers, and one nanometer is a billionth of a meter, and to put some scale to that, if you had a nanoparticle that was one nanometer thick, and you put it side by side, and you had 50,000 of them, you'd be the width of a human hair. So very small, but very useful.

And it's not just water that this works with. It's a lot of water-based materials like concrete, water-based paint, mud, and also some refined oils as well.

You can see the difference.

Moving onto the next demonstration, we've taken a pane of glass and we've coated the outside of it, we've framed it with the nanotechnology coating, and we're going to pour this green-tinted water inside the middle, and you're going to see, it's going to spread out on glass like you'd normally think it would, except when it hits the coating, it stops, and I can't even coax it to leave. It's that afraid of the water.

(Applause)

So what's going on here? What's happening? Well, the surface of the spray coating is actually filled with nanoparticles that form a very rough and craggly surface. You'd think it'd be smooth, but it's actually not. And it has billions of interstitial spaces, and those spaces, along with the nanoparticles, reach up and grab the air molecules, and cover the surface with air. It's an umbrella of air all across it, and that layer of air is what the water hits, the mud hits, the concrete hits, and it glides right off. So if I put this inside this water here, you can see a silver reflective coating around it, and that silver reflective coating is the layer of air that's protecting the water from touching the paddle, and it's dry.

So what are the applications? I mean, many of you right now are probably going through your head. Everyone that sees this gets excited, and says, "Oh, I could use it for this and this and this." The applications in a general sense could be anything that's anti-wetting. We've certainly seen that today. It could be anything that's anti-icing, because if you don't have water, you don't have ice. It could be anti-corrosion. No water, no corrosion. It could be anti-bacterial. Without water, the bacteria won't survive. And it could be things that need to be self-cleaning as well.

So imagine how something like this could help revolutionize your field of work. And I'm going to leave you with one last demonstration, but before I do that, I would like to say thank you, and think small. (Applause) It's going to happen. Wait for it. Wait for it.

Chris Anderson: You guys didn't hear about us cutting out the Design from TED? (Laughter)

[ Two minutes later ... ]

He ran into all sorts of problems in terms of managing the medical research part. It's happening! (Applause)

今日 皆さんにお見せしたいのは 目に見えないものがどれだけ面白いかということです ここでご覧いただくのは実用化された― エキサイティングな新技術で 防水に対する考え方を変えるものです

ここに コンクリートブロックがあります 片側には ナノテクノロジーの液体が スプレーされていますこれは ほとんどの素材に使える 「ウルトラ・エバー・ドライ」というものです これを 素材の表面にスプレーすると 超撥水膜ができます ブロックのこちらは スプレーしていません 見ての通り 小さな穴がたくさんあって水を吸収してしまいます こちらは吸収しません 吸収する 吸収しない

では 超撥水とは 何でしょう? 超撥水かどうかは 固体面に対する― 水滴の接触角を測って決めます 水滴が球体に近づくほど撥水性は高くなり ほぼ球体であれば超撥水です ワックスしたての車だと水滴は崩れてしまい せいぜい90度くらいです フロントガラスの普通のコーティングだと110度くらい でも 今ここで見ているのは160度から175度 150度以上の場合を超撥水といいます このデモのために 手袋を用意してきました 片方には このナノテクノロジーのコーティングをしています どちらか 分かるでしょうか? ヒントをお見せしましょう

正しく答えられましたか?乾いている方です

最近のナノテクノロジーとナノ科学の発達のおかげで 原子や分子を目で見たり 実際にそれらを操作して 素晴らしいことができるようになりました これは とても小さい世界のことです ナノテクノロジーでは ナノメートルの世界 1ナノメートルは 1メートルの10億分の1 どのくらい小さいかと言うと 1ナノメートルのナノ分子を 横一列に 5万個並べて やっと 髪の毛1本分の幅です とても小さいですが とても有益なものです

このコーティングは水以外のものにも有効です 水性の素材はたくさんあります例えば コンクリート 水性ペンキ 泥 それから 精製後の油類もです

違いが分かりますよね

次のデモに移ります ガラス板を用意して その縁を ナノテクノロジーでコーティングしました ここで 緑に着色した水を真ん中に流し込みます ご覧のとおり 水は広がっていきます ここまでは予想がつきますね でも このナノコーティングにくると水は止まります どうやっても 広がってくれません これだけ 水が嫌いなんですね

(拍手)

一体 どうなっているんでしょうか? コーティングをスプレーした表面は ナノ粒子で埋めつくされ とても荒く 凸凹した表面になっています 滑らかなように思えますがそうではないのです 表面には 何億もの隙間があり その隙間は ナノ粒子とともに 空気の分子を吸着して 表面を空気で覆ってしまうのです 空気の傘が広がっているようなもので その空気の層に 水や泥 コンクリートがあたっても滑り落ちてしまうのです これを水の中に入れると まわりに 銀色に反射する膜が見えますね この銀色の反射膜が 空気の層ですこの層によって― 水が触れないように保護しているのでカヌーパドルは濡れていません

どんなことに使えるでしょうか? もう 色々 頭に浮かんでいる方が多いと思います みんな これを見ると興奮して 「あれにも これにも あっちにも使える」と言います 一般的な考えでは 防水したいものなら なんにでも使えます それは これまで見てきたとおりです 凍らせたくないものにも使えます 水がなければ 凍りませんからね 腐食すると困るものにも使えます 水がなければ 腐食もしない 抗菌にも使えます 水がなければ バクテリアも生きられません 自浄化作用が必要なものにもいいです

想像してみてくださいこのようなものがあったら 皆さんの専門分野でどんな革命が起こせるのか 最後にもう一つデモをして終わりにしたいと思います その前に一言ありがとうございました 小さな世界も考えましょう (拍手) 必ずうまくいきますちょっと待ってみてください

クリス・アンダーソン: 「TED」から D を外したんですよね(笑)

[2分後...]

彼は 医学研究をする上でいろんな問題にぶつかったんですよ おぉ うまくいきましたね! (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画