TED日本語 - グァ・ワン: 未来のオーケストラの作り方

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - グァ・ワン: 未来のオーケストラの作り方

TED Talks

未来のオーケストラの作り方
The DIY orchestra of the future
グァ・ワン
Ge Wang

内容

グァ・ワンは、コンピュータ音楽を制作していますが、それは電子信号音を使っての作曲だけではありません。スタンフォード・ラップトップ・オーケストラと共に、彼は、予想外の材料から(イケアのサラダボールなど)、音楽家が美しくそして表現豊かに演奏できる新しい楽器を作成しています。

Script

I want to talk to you about one thing and just one thing only, and this has to do with when people ask me, what do you do? To which I usually respond, I do computer music.

Now, a number of people just stop talking to me right then and there, and the rest who are left usually have this blank look in their eye, as if to say, what does that mean? And I feel like I'm actually depriving them of information by telling them this, at which point I usually panic and spit out the first thing that comes to my mind, which is, I have no idea what I'm doing. Which is true. That's usually followed by a second thought, which is, whatever it is that I'm doing, I love it. And today, I want to, well, share with you something I love, and also why.

And I think we'll begin with just this question: What is computer music? And I'm going to try to do my best to provide a definition, maybe by telling you a story that goes through some of the stuff I've been working on.

And the first thing, I think, in our story is going to be something called ChucK. Now, ChucK is a programming language for music, and it's open-source, it's freely available, and I like to think that it crashes equally well on all modern operating systems. And instead of telling you more about it, I'm just going to give you a demo. By the way, I'm just going to nerd out for just a few minutes here, so I would say, don't freak out. In fact, I would invite all of you to join me in just geeking out. If you've never written a line of code before in your life, do not worry. I'll bet you'll be able to come along on this.

First thing I'm going to do is to make a sine wave oscillator, and we're going to called the sine wave generator "Ge." And then we're going to connect "Ge" to the DAC. Now this is kind of the abstraction for the sound output on my computer. Okay? So I've connected myself into the speaker. Next, I'm going to say my frequency is 440 hertz, and I'm going to let time advance by two seconds through this operation. All right, so if I were to play this -- (Tone) -- you would hear a sine wave at 440 hertz for two seconds. Okay, great. Now I'm going to copy and paste this, and then just change some of these numbers,220.5,440 I shall leave it as that, and .5 and 880. By doubling the frequency, we're actually going up in successive octaves, and then we have this sequence -- (Tones) -- of tones. Okay, great, now I can imagine creating all kinds of really horrible single sine wave pieces of music with this, but I'm going to do something that computers are really good at, which is repetition. I'm going to put this all in a while loop, and you actually don't need to indent, but this is purely for aesthetic reasons. It's good practice. And when we do this -- (Tones) -- that's going to go on for a while. In fact, it's probably not going to stop until this computer disintegrates. And I can't really empirically prove that to you, but I hope you'll believe me when I say that. Next, I'm going to replace this 220 by math.random2f. I'm going to generate a random number between 30 and 1,000 and send that to the frequency of me. And I'm going to do this every half a second. (Tones) Let's do this every 200 milliseconds. (Tones) One hundred. (Tones) All right. At this point, we've reached something that I would like to think of as the canonical computer music. This is, to me, the sound that mainframes are supposed to be making when they're thinking really hard. It's this sound, it's like, the square root of five million.

So is this computer music? Yeah, I guess by definition, it's kind of computer music. It's probably not the kind of music you would listen to cruising down the highway, but it's a foundation of computer-generated music, and using ChucK, we've actually been building instruments in the Stanford Laptop Orchestra, based right here at Stanford Center for Computer Research in Music and Acoustics.

Now the Laptop Orchestra is an ensemble of laptops, humans and special hemispherical speaker arrays. Now the reason we have these is so that for the instruments that we create out of the laptop, we want the sound to come out of somewhere near the instrument and the performer, kind of much like a traditional, acoustic instrument. Like, if I were to play a violin here, the sound would naturally not come out of the P.A. system, but from the artifact itself. So these speakers are meant to emulate that. In fact, I'm going to show you how we actually built them. The first step is to go to IKEA and buy a salad bowl. This is an 11-inch Blanda Matt. That's the actual name, and I actually use one of these to make salad at home as well, I kid you not. And the first step is you turn it upside down, and then you drill holes in them,six holes per hemi, and then make a base plate, put car speaker drivers in them along with amplifiers in the enclosure, and you put that all together and you have these hemispherical speaker arrays. Add people, add laptops, you have a laptop orchestra.

And what might a laptop orchestra sound like? Well, let me give you a demonstration of about 200 instruments we've created so far for the Laptop Orchestra. And what I'm going to do is actually come over to this thing. This thing I have in front of me actually used to be a commodity gaming controller called a Gametrak. This thing actually has a glove you can put on your hands. It's tethered to the base, and this will track the position of your hands in real time. It was originally designed as a golfing controller to detect the motion of your swing. That turned out to be a rather large commercial non-success, at which point they slashed prices to 10 dollars, at which point computer music researchers said, "This is awesome! We can prototype instruments out of this."

So let me show you one instrument we've created,one of many, and this instrument is called "Twilight," and it's meant to go with this metaphor of pulling a sound out of the ground. So let me see if this will work.

(Music)

And put it back. And then if you go to the left, right, it sounds like an elephant in pain.

This is a slightly metallic sound. Turn it just a bit.

(Music) It's like a hovering car.

Okay.

This third one is a ratchet-like interaction, so let me turn it up.

(Music)

So it's a slightly different interaction.

The fourth one is a drone.

(Music) And finally, let's see, this is a totally different interaction, and I think you have to imagine that there's this giant invisible drum sitting right here on stage, and I'm going to bang it. (Drum) (Laughter) So there we go, so that's one of many instruments in the Laptop Orchestra.

(Applause)

Thank you.

And when you put that together, you get something that sounds like this.

(Music)

Okay, and so, I think from the experience of building a lot of instruments for the Laptop Orchestra, and I think from the curiosity of wondering, what if we took these hopefully expressive instruments and we brought it to a lot of people, plus then a healthy bout of insanity -- put those three things together -- led to me actually co-founding a startup company in 2008 called Smule.

Now Smule's mission is to create expressive, mobile music things, and one of the first musical instruments we created is called Ocarina. And I'm going to just demo this for you real quick. So Ocarina -- (Music) -- is based on this ancient flute-like instrument called the ocarina, and this one is the four-hole English pendant configuration, and you're literally blowing into the microphone to make the sound. And there's actually a little ChucK script running in here that's detecting the strength of your blowing and also synthesizing the sound.

(Music) And vibrato is mapped to the accelerometer, so you can get -- (Music) All right. So let me play a little ditty for you, a little Bach. And here, you'll hear a little accompaniment with the melody. The accompaniment actually follows the melody, not the other way around. (Music)

And this was designed to let you take your time and figure out where your expressive space is, and you can just hang out here for a while, for a really dramatic effect, if you want, and whenever you're ready --

(Music)

And on these longer notes, I'm going to use more vibrato towards the end of the notes to give it a little bit more of an expressive quality.

(Music)

Huh, that's a nice chord to end this excerpt on.

(Applause)

Thank you.

So I think a good question to ask about Ocarina is, is this a toy or it an instrument? Maybe it's both, but for me, I think the more important question is, is it expressive? And at the same time, I think creating these types of instruments asks a question about the role of technology, and its place for how we make music. Apparently, for example, not that long ago, like only a hundred years ago -- that's not that long in the course of human history -- families back then used to make music together as a common form of entertainment. I don't think that's really happening that much anymore. You know, this is before radio, before recording. In the last hundred years, with all this technology, we now have more access to music as listeners and consumers, but somehow, I think we're making less music than ever before. I'm not sure why that would be. Maybe it's because it's too easy just to hit play. And while listening to music is wonderful, there's a special joy to making music that's all its own. And I think that's one part of the goal of why I do what I do is kind of to take us back to the past a little bit. Right?

Now, if that's one goal, the other goal is to look to the future and think about what kind of new musical things can we make that we don't perhaps yet have names for that's enabled by technology, but ultimately might change the way that humans make music. And I'll just give you one example here, and this is Ocarina's other feature. This is a globe, and here you're actually listening to other users of Ocarina blow into their iPhones to play something. This is "G.I.R." from Texas, "R.I.K." I don't know why it's these three-letter names today, Los Angeles. They're all playing pretty, somewhat minimal music here.

(Music)

And the idea with this is that, well, technology should not be foregrounded here, and -- (Laughter) -- we've actually opened this up. The first thought is that, hey, you know there's somebody somewhere out there playing some music, and this is a small but I think important human connection to make that perhaps the technology affords.

As a final example, and perhaps my favorite example, is that in the wake of the 2011 earthquake and tsunami disaster in Japan, a woman reached out in one of our singing apps to try to get people to join in to sing with her on a version of "Lean on Me." Now, in these apps, there's this thing that allows any user to add their voice to an existing performance by any other user or group of users, so in some sense, she's created this kind of global ad hoc corral of strangers, and within weeks, thousands of people joined in on this, and you can kind of see people coming from all around the world and all these lines converging on the origin where the first rendition of the song was sung, and that's in Tokyo. And this is what it sounds like when there's 1,000 people. This is 1,000 voices.

(Recording) Sometimes in our lives.

We all have pain, we all have sorrow.

But if we are wise.

We know that there's always tomorrow.

Lean on me.

When you're not strong.

And I'll be your friend.

I'll help you carry on.

For it won't be long.

Till I'm gonna need.

Somebody to lean on.

Just lean on --

Is this computer music?

(Applause)

Was that computer music? Yeah, I guess so; it's something that you really couldn't have done without computers. But at the same time, it's also just human, and I think what I've essentially answered so far is maybe why I do the stuff that I do, and let's just finally return to the first question: What is computer music? And I think that the catch here is that, at least to me, computer music isn't really about computers. It is about people. It's about how we can use technology to change the way we think and do and make music, and maybe even add to how we can connect with each other through music.

And with that, I want to say, this is computer music, and thank you for listening.

(Applause)

皆さんに一つお話したいことがあります 一つだけです 人々が私に質問する事に関係しています ― 「何の仕事をしているか?」 それに対し 私は 大抵こう答えます コンピュータ音楽です

多くの人はその瞬間 話を終え 去ってしまいますが 残った人は大抵 「どういう意味なんだ」と うつろな目になってしまうので 自分の返答が 彼らに十分な情報を与えていないと感じ もうこの時点で私はパニックで 頭に浮かんだ最初の事を言っています ― 「自分でも何をやっているのかわからない」と まぁ 真実なわけですが そしてこの考えが後に続きます ― 「何であれ自分のやっていることは 大好きだ」と 今日 この私の愛している物をご紹介し なぜ愛しているのか お話したいと思います

まず この質問から始めましょう: 「コンピュータ音楽とは何か?」 出来る限りベストを尽くしてご説明したいと思います 私が取り組んできたもののいくつか お話することによって ご説明しましょう

まず始めに ChucK と呼ばれるものです ChucK とは音楽のためのプログラミング言語で オープンソースで無料で入手でき 私はこう思いたいのですが ― 最新のどのOSでも同様にクラッシュします もっとお話するよりも デモをお見せしましょう ところで 数分だけ おたくモードに入りますが 引かないで下さい むしろ 一緒におたくの世界へ ご招待したいと思います コードを書いた経験がなくても 心配しないで下さい 理解して頂けると思います

まず最初に 正弦波発振器を作って この発振器を 「Ge」と呼びましょう そして 「Ge」を「DAC」に接続します これは コンピュータの 音声出力を抽象化するものです いいですか? そして 私を(「Ge」)をスピーカに接続しました 次に周波数を 440Hzにし このオペレーションは 継続時間を2秒と設定しましょう よし それではこれを再生すると ― (信号音) ― 440Hzの正弦波が2秒聞こえますね OK すばらしい これをコピー・アンド・ペーストして 一部数値を変えます 220Hz 0.5s 400Hzはそのままにして 0.5s と 880Hz 周波数を2倍にして 1オクターブ上げましょう そうすると こんなトーンのシークエンスになります (信号音) OK すばらしい これを使って ひどい 「単一正弦波楽曲」を作る 数々のアイディアが浮かびますが ここで コンピュータが得意とすることをさせましょう 反復です これを全てwhile ループにかけます 本当は必要ありませんが 見やすくするためにインデントを入れましょう 良い習慣ですしね そうするとこうなります ― (信号音) ― しばらく続きます 実際は コンピュータが壊れない限り 止まることはありません 実証することは出来ませんが 信じて頂けたらと思います 次に この220を 「math.random2f」 に置き替え 30から1000までの 乱数を生成するようにし その数値を 私の(「Ge」)周波数とします これを0.5秒毎行うようにしましょう (信号音) 200ミリ秒毎にしてみましょう (信号音) 100 (信号音) さて この時点で 私の思う 「典型的な」 「コンピュータ」 「音楽」という ものが出来上がりました 私には メインフレームコンピュータが 一生懸命考えている 音のように思えます こんな感じですよね ― 五百万の平方根は

さて これがコンピュータ音楽でしょうか? まぁ 定義上は コンピュータ音楽 のようなものですね ハイウェイを走っている時に聞くような 音楽ではありませんが コンピュータ生成音楽の基盤となるものです 実は ChucKを使って スタンフォード・ラップトップ・オーケストラに 楽器を作ってきました 彼らは スタンフォード大学CCRMA(コンピュータ音楽音響技術研究所)に 本拠地を置いています

ラップトップ・オーケストラ は ラップトップ 人そして半球状のスピーカーアレイのアンサンブルです このスピーカーを使う理由は 私達がラップトップから 作り出した楽器の音を 楽器と演奏者の近くから 出るようにしたかったからです 伝統的な生の楽器のような状況です もし私がここでバイオリンを演奏すると 音はPAシステムからではなく 楽器から自然と流れてきます このスピーカーはそれをシミュレートするよう作られました 実際にどうやって作ったか お見せしましょう まず最初のステップはイケアに行き サラダボールを買うことでしす これは28cmのBlanda Mattです 実際の商品名です 私はサラダを作る時 これを使っています 本当です そして これをひっくり返して ドリルで穴を開けます 一半球に六個です そしてベースプレートをつくり エンクロージャーの中に 車用スピーカーとアンプを取り付けると 半球アレイスピーカーの 出来上がりです 演奏者とラップトップを加えると ラップトップ・オーケストラになります

ラップトップ・オーケストラはどの様な音を出すのでしょう? では オーケストラの為に 今まで作った約200の楽器の内の中から一つ デモをお見せしましょう なにをするかと言うと こちらに移動して 目の前にあるこの機器は かつてGametrakという ゲームコントローラーでした 手に装着するグローブが付いていて 本体とコードで繋がっています これで手の位置をリアルタイムに 追跡します 本来ゴルフゲームのコントローラーとしてスウィング動作を 感知するよう設計されました この商品は 失敗に終わり 千円まで値下げされ その時 私達コンピュータ音楽の研究者は こう言いました 「素晴らしい これで楽器のプロトタイプを作成できる」と

多数作成した物の中から一つ 楽器をお見せしましょう これは 「Twilight」 と言います 音を大地から引き上げる様を 比喩しています うまくいくかな

(音楽)

元に戻すと 左に動かすと 右だと 象が痛みに苦しんでいるような音ですね

これは少しメタリックな音です ボリュームを少し上げて

(音楽) 宙を浮く車のような音ですね

OK

三番目はラチェットで締めるような音です ボリュームを上げます

(音楽)

少し異なる音です

四番目はブーンという音を出します

(音楽) そして最後に これはまったく異なる音です ステージに巨大な太鼓が 設置されているのを想像してください それを叩きます (太鼓) (笑) ラップトップ・オーケストラの数ある楽器の中の 一つをご紹介しました

(拍手)

ありがとうございます

そしてこれらを組み合わせると このような演奏になります

(音楽)

ラップトップ・オーケストラの 多くの楽器を造った経験と この将来性のある 表現力の高い楽器を 多くの人に届けられたら という好奇心 そして すこしばかりの突拍子のなさ ― これら三つの要素を合わせ ― 2008年にSmuleというベンチャー企業の 共同創設者の一人となりました

Smuleの目標は 表現の手段となる携帯用の音楽の何かを作る事でした そして最初に造った楽器の一つが Ocarinaでした 少しだけお聞かせしましょう Ocarinaは ― (音楽) ― オカリナという古代フルートのような 楽器が基になっていて 4穴式 英ペンダント型の形状をしています マイクに息を吹きかけて 音をだします 機器内でChucKのちょっとした スクリプトが起動していて 息の強さを感知し 音の合成も行います

(音楽) ビブラートの加減は加速度センサーに対応していて このようになります ― (音楽) 少しだけ演奏してみましょう バッハを少し ここで メロディーの伴奏が聞こえますね 伴奏がメロディーを追いかけていきます その逆ではありません (音楽)

時間をとって 表現を高めるところが探せるよう デザインされていて 暫くこのまま間を置いて 非常にドラマチックな表現にもできます そして準備が出来たら ―

(音楽)

この様な長い音には 終わりにビブラートを かけましょう 少し表現の深さが加わります

(音楽)

あぁ 終わりにするのに抜群の和音ですね

(拍手)

ありがとうございます

さて Ocarinaに対するよい質問は 玩具なのか楽器なのかということだと思います おそらく両方でしょう ですが私にとって もっと重要なことは 表現力が豊かかどうかという事です そして同時に この様な楽器を作ることは 演奏方法に対する テクノロジーの役割と立場を 問いかけている思います 例えば それほど昔ではない ほんの百年ほど前 ― 人類史上そんなに昔ではありません ― 当時家族で 一緒に演奏することが 一般的な娯楽でした 現在あまり行われて いないと思います 当然ですが ラジオや録音媒体の前です この百年 テクノロジーの発展で 私達はリスナーや消費者として より音楽と接していますが 演奏する頻度は これまでより 少なくなっていると思います 何故でしょう 再生ボタンを押すことが簡単すぎるからかもしれません 音楽鑑賞がすばらしいことであると同時に 演奏する事もそれ特有の 楽しみがあります 私が行うこの取り組みの 目標の一つは 少しだけ私達を昔の時代に戻すような事です

これが目標の一つだとするともう一つは 未来を見つめ 技術によって可能になる まだ開発されていない新しいタイプの楽器を作り 最終的に 人の演奏方法を変えることです ここで一つ例をご紹介しましょう これはOcarinaの機能で 地球を表わしていて 他のOcarinaユーザーが iPhoneに息を吹きかけて 演奏しているのを聞くことができます これはテキサスの「G.I.R」さん ロサンゼルスの「R.I.K.」さん 今日は3文字の名前が続きますね 皆さん素晴しい演奏をしています ミニマル・ミュージックの様な演奏ですね

(音楽)

このアイデアは テクノロジーが前面的に出るべきではない というところから来ていて そして ―(笑)― この事を考え始めて 最初に浮かんだ事は 何処かで誰かが音楽を奏でている これは些細な事だが 重要な人との繋がりの きっかけであり おそらくテクノロジーがそれを可能に出来るであろうと

最後の例は 私が気に入っている例ですが 日本で2011年地震と津波災害の 余波が残る中 一人の女性が私達のアプリを通して 共に『Lean on Me』を歌ってくれる人を 募りました これは他のユーザー若しくはグループユーザーの パフォーマンスに 自分の声を追加できる アプリで ある意味 彼女は 見知らぬ人々の世界規模の特別合唱団を作り 数週間のうちに 数千もの人が これに参加したしのです ごらんの通り 人々が世界中から参加して これらのラインが一点に合流しています 一番最初に歌が歌われた場所 東京です そして これが千人が集まった音です 千人の声です

(録音) 人生の中では時々

苦しい事や悲しいことがあるけれど

でもよく考えれば

明日があるじゃないか

私を頼って

くじけそうな時は

私はあなたの友達

あなたが前を向けるよう手助けをしたい

いつかは

私だって

誰かの頼りが必要な時が来るのだから

私を頼って

これはコンピュータ音楽でしょうか?

(拍手)

コンピュータ音楽でしたか? まぁ そうですね コンピュータ無しでは この様な事は出来ませんでした ですが同時に人々の合唱です 今のところ私が本質的にお答えしたのは 私が何故このようなことを行っているかという事ですので 最初の質問に戻りましょう コンピュータ音楽とは何か? ここで重要な事は 少なくとも私には コンピュータ音楽とは コンピュータが中心ではないという事です 人が中心なのです どうテクノロジーを使って 考え方や 行動 演奏方法 そしておそらく音楽を通しての 人の繋がり方までもを どう変えることが出来るかという事

そう言うことを含めて 私は コンピュータ音楽と言いたいと思います ご清聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画