TED日本語 - ファビアン・ヘマート: 形が変化する未来の携帯

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ファビアン・ヘマート: 形が変化する未来の携帯

TED Talks

形が変化する未来の携帯
The shape-shifting future of the mobile phone
ファビアン・ヘマート
Fabian Hemmert

内容

形や重みを変化させて非視覚的に情報を「表示」することで、直観的で心地よいコミュニケーションを可能にする未来の携帯電話を、TEDxBerlinでファビアン・ヘマートがデモしています。

Script

I am a Ph.D. student and that means I have a question: how can we make digital content graspable? Because you see, on the one hand, there is the digital world and no question, many things are happening there right now. And for us humans, it's not quite material, it's not really there -- it's virtual. On the other hand, we humans, we live in a physical world. It's rich, it tastes good, it feels good, it smells good. So the question is: how do we get the stuff over from the digital into the physical? That's my question. If you look at the iPhone with its touch and the Wii with its bodily activity, you can see the tendency; it's getting physical. The question is: what's next?

Now, I have three options that I would like to show you. The first one is mass. As humans, we are sensitive to where an object in our hand is heavy. So, could we use that in mobile phones? Let me show you the weight-shifting mobile. It is a mobile phone-shaped box that has an iron weight inside, which we can move around, and you can feel where it's heavy. We shift the gravitational center of it. For example, we can augment digital content with physical mass. So you move around the content on a display, but you can also feel where it is just from the weight of the device. Another thing it's good for is navigation -- it can guide you around in a city. It can tell you by its weight, "Okay, move right. Walk ahead. Make a left here." And the good thing about that is you don't have to look at the device all the time; you have your eyes free to see the city.

Now, mass is the first thing; the second thing, that's shape. We're also sensitive to the shape of objects we have in [ our ] hands. So if I download an e-book and it has 20 pages -- well, they could be thin, right -- but if it has 500 pages, I want to feel that "Harry Potter" -- it's thick. (Laughter) So let me show you the shape-changing mobile. Again, it's a mobile phone-shaped box, and this one can change its shape. We can play with the shape itself. For example, it can be thin in your pocket, which we of course want it to be; but then if you hold it in your hand, it can lean towards you, be thick. It's like tapered to the downside. If you change the grasp, it can adjust to that. It's also useful if you want to put it down on your nightstand to watch a movie or use as an alarm clock, it stands. It's fairly simple. Another thing is, sometimes we watch things on a mobile phone, they are bigger than the phone itself. So in that case -- like here, there's an app that's bigger than the phone's screen -- the shape of the phone could tell you, "Okay, off the screen right here, there is more content. You can't see it, but it's there." And you can feel that because it's thicker at that edge.

The shape is the second thing. The third thing operates on a different level. As humans, we are social, we are empathic, and that's great. Wouldn't that be a way to make mobile phones more intuitive? Think of a hamster in the pocket. Well, I can feel it, it's doing all right -- I don't have to check it. Let me show you the living mobile phone. So, once again, mobile phone-shaped box, but this one, it has a breath and a heartbeat, and it feels very organic. (Laughter) And you can tell, it's relaxed right now. Oh now, missed call, a new call, new girlfriend maybe -- very exciting. (Laughter) How do we calm it down? You give it a pat behind the ears, and everything is all right again. So, that's very intuitive, and that's what we want.

So, what we have seen are three ways to make the digital graspable for us. And I think making it physical is a good way to do that. What's behind that is a postulation, namely that not humans should get much more technical in the future; rather than that, technology, a bit more human.

(Applause)

私は博士課程の学生です 私が追いかけているテーマは 「どうすればデジタルコンテンツを つかめるようにできるか?」 ということです 一方にはデジタルの世界があって そこでは多くのことが起きています しかしそれには 実体がありません 仮想的です 他方で私たちは 物理的な世界に住んでいて そこは豊かで 美味しさや感触や香りに満ちています 問題は どうやってデジタルなものを 物理的な世界に持ってこれるかです それが私の課題です タッチするiPhoneや 体を使うWiiを見ていると 物理的なものへと進む傾向が見られます では次にやってくるのは何でしょう?

お見せしたいアイデアが3つあります 1つ目は重みです 私たちは手に持っている物の どこに重みがあるかに敏感です それを携帯に応用できないでしょうか? 重心移動携帯をごらんに入れましょう これは携帯の形をした箱で 中には動かせる鉄の重りが入っています どこに重みがあるか感じられます 重心を変えられるのです そうすると デジタルコンテンツに重みを 持たせられるようになります 画面上のコンテンツを動かしたときに 装置の重みから それがどこにあるかわかります もう1つの応用はナビゲーションです 街で道案内を使っているとき 重みによって知らせることができます 「右に曲がって ずっとまっすぐ ここで左に」 これの良いところは 装置をずっと見ている必要がなく 景色を自由に眺められることです

重みが1つ目でした 2つ目は形です 私たちは手に持っている物の形にも敏感です ダウンロードした電子書籍が20ページだったら 薄く感じ 500ページだったら 「ハリーポッター」のような 厚みを感じたいのです 形の変化する携帯をご覧いただきましょう 再び携帯型の箱です 今度のは形が変わります 形自体で遊ぶことができます ポケットに入れているときには 薄くあってほしいですが 手に持った時には 上がせり出して 下の方へ薄くなる形になります 横向きにしたら 自動的に形も調整されます ナイトテーブルに立てて映画を見たり アラーム時計にする場合にも便利です すごくシンプルです 別な使い方は 携帯で見ているものが 携帯画面より大きい場合です このように画面より大きいアプリで 携帯の形によって 「画面の外にもっとコンテンツがあるよ 見えてないけど」と伝えられます 携帯の厚みによってそれを感じ取ることができます

形が2つ目でした 3つ目は違ったレベルのものです 人間というのは社会的であり 共感的であり それは素晴らしいことです それを使って携帯をもっと直観的にできないでしょうか? ポケットに入れているのがハムスターなら それを感じることができ 取り出さなくとも元気だとわかります 生きた携帯をご覧に入れましょう 再び携帯型の箱です でもこれには呼吸と心拍があって とても有機的に感じられます (笑) 今すごくリラックスしているとわかります ああ 電話だ 新しい彼女からかも すごくドキドキします どうやって気を落ち着かせましょう? 耳の裏を撫でてあげると 落ち着きます とても直観的で それは好ましいことです

デジタル情報を「つかめる」ようにする 3つの方法をご覧いただきました 物理的にするというのは 良い方法だと思います これの背後にある考えは 未来には 人間がもっと技術的になるのではなく 技術の方がもっと 人間的になるということです

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画