ピンク (P!nk (Pink))

P!nk (Pink)ピンク

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV

  • ピンク: ホワット・アバウト・アス
    05:22

    ホワット・アバウト・アスピンク

    SHOW MORE
    おすすめ 1

    ピンク(P!nk, Pink)の7枚目のスタジオ・アルバム「ビューティフル・トラウマ(Beautiful Trauma)」からのリード・シングル曲です。

    2017.08.16
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: ジャスト・ライク・ファイア
    03:52

    ジャスト・ライク・ファイアピンク

    SHOW MORE
    おすすめ 1

    映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」のサウンド・トラックに収録されている、ピンク(P!nk, Pink)のシングル曲です。

    2016.05.08
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: ジャスト・ギヴ・ミー・ア・リーズン
    04:03

    ジャスト・ギヴ・ミー・ア・リーズンピンク

    SHOW MORE
    おすすめ 4

    ピンク(P!nk, Pink)の6thアルバム「トゥルース・アバウト・ラヴ(The Truth About Love)」に収録のシングル曲です。

    2013.02.05
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: トライ
    04:10

    トライピンク

    SHOW MORE

    ピンクの6thアルバム「トゥルース・アバウト・ラヴ(The Truth About Love)」に収録のシングル曲です。

    2012.10.10
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: ブロウ・ミー (ワン・ラスト・キス)
    03:48

    ブロウ・ミー (ワン・ラスト・キス)ピンク

    SHOW MORE

    ピンクの6thアルバム「トゥルース・アバウト・ラヴ(The Truth About Love)」に収録のシングル曲です。

    2012.07.26
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: ジャスト・ライク・ア・ピル
    03:59

    ジャスト・ライク・ア・ピルピンク

    SHOW MORE

    ピンク(P!nk, Pink)のベスト・アルバム「グレイテスト・ヒッツ(Greatest Hits... So Far!!!)」収録曲です。

    2011.04.11
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: ユー・アンド・ユア・ハンド
    03:34

    ユー・アンド・ユア・ハンドピンク

    SHOW MORE

    ピンク(P!nk, Pink)のベスト・アルバム「グレイテスト・ヒッツ(Greatest Hits... So Far!!!)」収録曲です。

    2011.03.25
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: ファッキン・パーフェクト
    04:08

    ファッキン・パーフェクトピンク

    SHOW MORE

    ピンク(P!nk, Pink)のベスト・アルバム「グレイテスト・ヒッツ(Greatest Hits... So Far!!!)」収録曲です。

    2011.01.19
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: ソー・ホワット
    03:45

    ソー・ホワットピンク

    SHOW MORE
    おすすめ 4

    ピンク(P!nk, Pink)の5枚目のスタジオ・アルバム「ファンハウス(Funhouse)」からのファースト・シングル曲です。

    2009.10.25
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: ストゥーピッド・ガールズ
    03:33

    ストゥーピッド・ガールズピンク

    SHOW MORE

    ピンク(P!nk, Pink)のスタジオ・アルバム「アイム・ノット・デッド(I'm Not Dead)」に収録のシングル曲です。

    2009.10.24
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ピンク: フー・ニュウ
    03:33

    フー・ニュウピンク

    SHOW MORE

    ピンク(P!nk, Pink)のスタジオ・アルバム「アイム・ノット・デッド(I'm Not Dead)」に収録のシングル曲です。

    2009.10.24
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
/

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等
  • 活動期間:

    1996年~現在
  • 出身地 :

    アメリカ合衆国・ペンシルベニア州・フィラデルフィア

P!nk(ピンク、1979年9月8日 - )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター。本名はAlecia Beth Moore。2000年に、R&Bシンガーとしてデビューした。

幼少時代

ペンシルベニア州、フィラデルフィアに生まれる。

父は、ベトナム退役軍人。幼い頃から、彼女にボブ・ディランなどの曲をギターで弾いて聴かせてくれていた。その影響でP!NKは歌手を志すようになる。音楽好きな父親から色々と音楽を教えてもらったようで、ボブ・ディランやジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックスなどの古いロックなどを好むようになる。しかし、7歳の頃に両親が離婚。尊敬していた父親が家を出て行ってしまった。

母親は彼女の夢を全く理解してくれなかったようで、彼女が高校を中退した際に、家から追い出したという。

デビューまでの過程

ティーンの頃にクラブへ顔を出すようになり、ほとんどの時間をダンスフロアやステージで費やすようになっていく。彼女はそのクラブで、スクラッチと言う名のダンサー(後のザ・ルーツのメンバー、スクラッチ)に出会い、彼の所属するラップグループでバッキング・ボーカルをやらせてもらうようになる。その後、毎週金曜日にはクラブでレギュラータイムをもらい、メアリー・J. ブライジの曲などを歌うようになる。

本格的に作曲を始めたのは14歳の頃で、スタジオに入ってデモテープの制作も始めていた。

ある日、R&Bグループのシンガーを探していたあるレコード会社のA&Rがクラブを訪れ、彼女を気に入り、「BASIC INSTINCT(ベーシック インスティンクト)」というグループのオーディションを受けるよう彼女に勧める。 オーディションに合格したものの、グループはすぐに空中分解、その後、当時LA.リードが社長を勤める、LA Faceレコードが契約した「チョイス (Choice)」というグループに抜擢されたが、このグループもデビュー直前まで漕ぎ付けながらあえなく解散してしまった。

しかし、これがきっかけでLA.リードと知り合ったP!NKは、彼に自分の作ったデモテープを聴かせたところ気に入られ、デビューすることになった。

デビュー以後

2000年初頭、P!NKはベイビーフェイスやシェイクスピアなどのR&B界を代表するプロデューサーたちを招いてアルバムの制作を開始した。

デビュー・シングル「ゼァー・ユー・ゴー」は全米で7位を獲得、続けてリリースしたセカンド・シングル「モスト・ガールズ」は、全米4位を記録した。

アルバム『キャント・テイク・ミー・ホーム』は、アメリカでビルボードアルバムチャートに連続59週間チャートインし、カナダ、オーストラリアでダブル・プラチナム、イングランドでもプラチナ・ディスクを記録。

2001年に入り、クリスティーナ・アギレラ、リル・キム、マイアと歌ったミッシー・エリオットのプロデュース映画、『ムーラン・ルージュ』の主題歌「レディ・マーマレード」(パティ・ラベルのカヴァー)が全米シングルチャートで5週連続1位、グラミー賞を獲得。 なおこの曲は2001年のMTVのVIDEO MUSIC AWARDにおいて、VIDEO OF THE YEARとBEST VIDEO FROM A FILMの2部門を受賞した。

同年の11月20日、2ndアルバム『ミスアンダストゥッド』をリリース。 このアルバムに収録されているほとんどの曲を、元4NonBlondsのリンダ・ペリーと共同制作。 これまでのR&Bテイストに変わって、先行シングル「ゲット・ザ・パーティー・スターテッド」に象徴されるような、ファンキーなテイストのロックが中心となっている。Billboard誌初回登場8位、世界中で1,200万枚をセールスし、発売日から数日でプラチナアルバムという偉業を成し遂げた。

2003年11月には、3rdアルバム『トライ・ディス』をリリース。前作に引き続きリンダ・ペリー、そして新たにランシドのティム・アームストロングも参加。前作以上にロック色濃い作品となった。この作品からのシングルカット「トラブル」は、「レディ・マーマレード」以来、ソロとしては初のグラミー賞を獲得。

2006年、3年振りの4thアルバム『アイム・ノット・デッド』をリリース。マックス・マーティンとブッチ・ウォーカーがプロディーサーとして参加し、サウンドが更に重厚になった。ボーナストラックに、実父とのデュエット曲も収録されている。

2007年、映画『カタコンベ』に、アリシア・ムーア(P!nk)名義で主人公の姉キャロリン役として出演。

2008年、5thアルバム『ファンハウス』をリリース。1stシングル「ソー・ホワット」は、自身のソロとして初の全米1位となった。

ディスコグラフィ

アルバム

  • Can't Take Me Home/キャント・テイク・ミー・ホーム(2000年)
  • M!ssundaztood/ミスアンダストゥッド(2002年)
  • Try This/トライ・ディス(2003年)
  • I'm Not Dead/アイム・ノット・デッド(2006年)
  • Funhouse/ファンハウス(2008年)
  • Greatest Hits/グレイテスト・ヒッツ(2010年)
  • The Truth About Love/トゥルース・アバウト・ラヴ(2012年)

(Wikipedia)