TED日本語 - ジェニファー・ダウドナ: DNA編集が可能な時代、使い方は慎重に

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

遺伝学者のジェニファー・ダウドナは、CRISPR-Cas9という遺伝子編集の画期的な新技術を共同開発しました。これにより、科学者によるDNA二本鎖の精密な編集が可能になって、遺伝的疾患の治療への道が拓かれたものの、「デザイナー・ベイビー」を誕生させることも可能となりました。ダウドナはCRISPR-Cas9の機能を再考することで、科学界に待ったをかけ、この新しいツールが引き起こす倫理問題について話し合いの場を持とうとしています。

Script

数年前 同僚のエマニュエル・シャルパンティエと ゲノムを編集する新しい技術を 共同開発しました CRISPR-Cas9という技術で 科学者が細胞内のDNAを改変でき 遺伝的疾患の治癒が可能になりました

面白いと思われるかもしれませんが CRISPR技術は 細菌がウイルス感染と戦う仕組みを調べる 基礎研究の過程で 生まれたものでした 細菌はウイルスがいる環境に 対処しなければなりません ウイルス感染とは チクタク動く時限爆弾のようなもの つまり 細菌は起爆までの数分間で 信管を外す必要があるのです そのため 細菌の多くは細胞内に CRISPRという一種の適応的な免疫機構があり 外来侵入性のウイルスDNAを 検出し破壊します

CRISPRシステムの構成要素には Cas9タンパクがあり それが固有の方法で ウイルスDNAを検出し 切断し破壊します Cas9タンパクの働きは 我々の調査を通じて明らかになり ゲノム工学の技術として 活用できるようになりました 科学者は細胞内に特定のDNA断片を 驚くほど正確に削除・ 挿入することで 過去には不可能だったことに 可能性を見出せるようになったのです

CRISPR技術は マウス、サル、他の生物の細胞の DNAの改変に使われています 中国の科学者は最近 このCRISPR技術を使って ヒトの胚の遺伝子さえ 改変できることを示しました フィラデルフィアの科学者は HIVウイルスに感染した ヒトの細胞から 組み込まれたHIVのDNAを 除去できることを示しました

このようにゲノム編集が可能になると 考えなければならない 様々な倫理的な問題も出てきます なぜなら この技術は 大人の細胞だけでなく ヒトも含めた生物の胚にも 使用できるからです そこで 同僚と一緒に 共同開発した技術について 世界規模の話し合いを呼びかけ この技術がもたらす 倫理的・社会的影響について 考えようとしています

だからこそ CRISPR技術とは何か 何が可能になるのか 今日の我々が置かれた状況 そして 実用化の前に 検討を重ねるべきだと思う理由について お話ししようとしています

ウイルスが細胞を感染させるとき そのDNAを注入します そして 細菌内では CRISPRシステムで DNAがウイルスから取り出され その断片が細菌の染色体 つまり 細菌のDNAに挿入されます CRISPRとはウイルスのDNA断片を 挿入する座位であり 「規則的にスペーサーが入った 短回文型配列の反復群」という意味の略語です (笑)

言いにくいですね だからCRISPR と呼ぶのです これは 感染したウイルスを 細胞が時間をかけて 記録する仕組みです 重要なのは DNA断片の情報は 後世の細胞に引き継がれるので 1世代だけでなく 何世代にも渡り 細胞をウイルスから守れることです このようにして 感染が記録されます 同僚のブレイク・ウィンハフト曰く CRISPRの座位は細胞における 遺伝子的なワクチンといえるでしょう DNA断片が 細菌の染色体に挿入されると 細胞は転写により RNAという分子を生成します 図ではオレンジ色で示されており ウイルスDNAの正確な複製となっています RNAはDNAの 化学的な従兄弟のようなもので 配列が一致するDNA分子と 相互作用します

CRISPR座位から複製されたRNA断片は Cas9とよばれるタンパク質と結合します 図の白い部分です これらは細胞内の監視役的な 複合体を作り 細胞内に浸入したDNAを隅々まで走査し 複合体内のRNA配列と 一致する部位を探します 部位が検出されると ― ご覧の青い分子がDNAですが ― この複合体がDNAと結合し 次にCas9がウイルスDNAを 切断します とても正確に切断するのです ですから監視役のCas9 RNA複合体は DNAを切断できる ハサミと捉えることができます Cas9はらせん構造を持った DNAの二本鎖を切断します 重要なのは 複合体はプログラム可能なのです 特定のDNA配列を認識するよう プログラムし その部位でDNAを切断できます

お話ししようとしているのは この仕組みをゲノム工学に応用でき 切断する部位で 細胞のDNAを精密に 変更できることです まるでワープロで 文書の打ち間違いを 修正するかのようです

我々がゲノム工学において CRISPRシステムに期待を抱く理由は 細胞は壊れたDNAを検出し 修復できるからです 植物や動物の細胞は DNA二本鎖切断を検出し その切断箇所を修復します 1つの仕組みは DNA切断部分の両末端に 僅かな修正を施し結合するもので 別の仕組みは 切断箇所に 新たなDNA断片を挿入するやり方です DNA二本鎖を正確な場所で 切断することが出来れば 細胞による 切断部分の修復を促し 遺伝子の破壊や 新しい遺伝情報の 組み込みが可能になります DNAのCRISPR技術により 例えば嚢胞性線維症を引き起こす 突然変異が生じた部位か その近くでDNAを切断するようなことが プログラム化できれば 細胞による突然変異株の修復を 促すことができるでしょう

ゲノム工学は新しい技術ではなく 1970年代から開発され DNAの配列読取り 複写、操作が 可能になりました このような技術は有望視される一方で 効率が悪かったり 使い方がとても難しいという 問題がありました そのため 科学者の多くは 研究では採用することなく もちろん臨床に 応用されることも殆どありませんでした だから 比較的簡単なCRISPR技術は 魅力的なのです 古くなったゲノム工学の技術は 新しいソフトを導入するたびに 配線をやり直すPCのようなものですが CRISPR技術とは ゲノムのためのソフトのようなものです RNA断片を使って 簡単にプログラムできます

DNA二本鎖を切断すれば 修復を誘導することができます それゆえ驚異的な力を秘めています 例えば鎌状赤血球貧血や ハンチントン病を起こす突然変異を 正常化できるのです 実際 私はCRISPR技術が 最初に使われるのは 血液だろうと思っています 固体状の組織に比べ このようなツールが 細胞内に届きやすいからです

現在 ヒトの疾患の研究のための ラットなどの実験動物を用いた 実験が繰り返し行われています この技術によって 改変が正確にできるので このようなDNAの改変が 一組織や生物全体に どのような影響を与えるのかを 研究することができます

例えば この例では CRISPR技術を使って マウスの毛を黒くする遺伝子の DNAに微量な変化を与えて 機能をノックアウトしました これらの白いマウスが 色の付いたひと腹の兄弟と異なるのは ゲノムの中の遺伝子の1つを 僅かに変化させたからですが その他は完全に正常です マウスのDNAの配列を読み取ると CRISPR技術を使って DNAの改変を誘導した まさに その部位が 変化していると分かりました

他の動物でも実験を行っており 人間の疾患モデルの作成に 役立っています 例えばサルがそうです このような手段によって 特定の組織に対する この技術の適用可能性 ― 例えばCRISPRツールを細胞に導入する方法の 解明に利用できることがわかりました また もっとよく理解したい点は 切断後のDNAの修復を コントロールする方法や 標的としていない部位への影響を コントール、抑制し 予期せぬ作用が 起こらないようにする方法です

私はこの技術の臨床への応用が ― もちろん成人が対象ですが ― 10年以内に行われると思います この期間で臨床試験ができる 可能性は高いですし 治療の認可さえ下りるかもしれません こういうことを考えると とてもワクワクします この技術への期待感が高まるにつれ CRISPR技術の商業化を目論む 新興企業や これらの企業に投資している 多くのベンチャー投資家が 強い関心を示しています

忘れてならないのが CRISPR技術により 身体の機能強化が可能になることです 想像してみてください ヒトの遺伝子を操作することで 骨をもっと強くしたり 心疾患になりにくくしたり または 我々が希望する特性を 得ることすら可能になるかもしれません 例えば目の色を変えたい 背が高くなりたいといったことなどです 望めば「人間のデザイン」もできるでしょう 今のところ どの遺伝子がどんな特性を 高めるのかという遺伝情報は ほとんどわかっていません 知って頂きたいのは そういった知識が得られるようになれば CRISPR技術によって そのような変化を作りだすことが 出来るということです

これにより 慎重に考慮すべき 多くの倫理的問題も生じます そのため 私と同僚は 臨床でCRISPR技術が ヒトの胚に応用される前に 世界規模での待ったをかけているのです 時間をかけて ヒトへの応用による 様々な影響を考えるためです 事実 このような中断には 1970年代から続く 重要な先例があります 科学者が一体となって 分子クローニングについて その安全性が十分に検証され 有効性が確認されるまで その使用に待ったをかけたのです

ですからゲノム操作を受けた 人間はまだ存在しませんが もはやSFだけの話ではないのです ゲノム操作をした 動物や植物はいるのです このことは重い責任 すなわち 科学の躍進による 意図した結果だけでなく 意図しない悪影響について 熟慮することを 我々に迫っています

ありがとうございました

(拍手)

(拍手終了)

ブルーノ・ジュサーニ: ジェニファーさん ご指摘のとおり 重大な影響を 及ぼし得る技術ですよね この問題に待ったをかけ 検証することは とても責任のある行動だと思います これには もちろん 治療として役立つ一方で 治療とは無関係なものもありますが そちらの方が 特にメディアの関心を 集めているようです 『エコノミスト』の最新号でも 「ヒトを編集する」として取り上げられています それらは遺伝子を強化することばかりで 治療について語られていません 技術のヒトへの応用に待ったをかけ 熟考すべきと3月の学会で提案した時 同僚達の反応は どのようなものだったのでしょうか?

ジェニファー:同僚達はこの問題について 自由に議論できる機会を得て 喜んでいたと思います 同僚の科学者や他の人と話すと 色々な見方があることが分かり 面白いです 明らかに 検討や話し合いを 重ねていく必要のあるトピックです

ブルーノ:ジェニファーさん達の 呼びかけで 12月に 全米科学アカデミーや他の組織と共同で 大きな会議を開かれますが 実際どんな期待をされていますか?

ジェニファー:多様な個人や 利害関係がある人々 この技術の責任ある活用方法を 考えようとする人々の 意見を交流できればと思っています 見解の一致に至ることはないでしょうが このまま押し進めた時に 起こり得る問題が何なのかを 少なくとも理解しておくべきなのです

ブルーノ:ハーバード大学医学校の ジョージ・チャーチら あなたの同僚達は 「倫理的問題とは基本的に 安全性の問題に過ぎない」と言います 「動物や研究室でテストにテストを重ね 十分安全だという確信を持って初めて ヒトを扱うんだ」と 彼らは チャンスを生かして 研究を推進すべきだという 立場のようです このことで 学会が 分断する可能性はあるのでしょうか? つまり ある科学者は倫理的な懸念から 研究を自制し 別の科学者は 国の規制が緩いか 全くないせいで 研究を推進するという 状況は生じるでしょうか?

ジェニファー:どの様な新しい技術でも 特にこのような技術には 様々な見解があるもので 私はそういうものだと思っています 私は最終的には この技術はヒトゲノム工学で 使用されると思いますが これに伴うリスクなどについて 議論を重ねた上で移行しないと 無責任なものになると思います

ブルーノ:CRISPR技術のように 飛躍的に発展した 技術や科学の分野は たくさん存在します 例えば 人工知能や自律ロボットなどです それなのに 誰も ― 戦争用自律ロボットを除いて 誰も待ったをかけて 話し合いの場を 持とうとしないのです この話し合いが他の分野での 青写真となると思いますか?

ジェニファー:科学者が研究室の外に 出ていくのは難しいと思います 私自身も 少々落ち着きません しかし こういう黎明期に関わると 同僚や私の中に責任感が生まれます だから他の技術でも 話し合いの場が持たれることを望んでいます 生物学以外の分野においても 新技術の及ぼし得る影響についても 同様に熟慮されたらと願っています

ブルーノ:TEDでの講演 ありがとうございました

ジェニファー:ありがとうございました

(拍手)

A few years ago, with my colleague, Emmanuelle Charpentier, I invented a new technology for editing genomes. It's called CRISPR-Cas9. The CRISPR technology allows scientists to make changes to the DNA in cells that could allow us to cure genetic disease.

You might be interested to know that the CRISPR technology came about through a basic research project that was aimed at discovering how bacteria fight viral infections. Bacteria have to deal with viruses in their environment, and we can think about a viral infection like a ticking time bomb -- a bacterium has only a few minutes to defuse the bomb before it gets destroyed. So, many bacteria have in their cells an adaptive immune system called CRISPR, that allows them to detect viral DNA and destroy it.

Part of the CRISPR system is a protein called Cas9, that's able to seek out, cut and eventually degrade viral DNA in a specific way. And it was through our research to understand the activity of this protein, Cas9, that we realized that we could harness its function as a genetic engineering technology -- a way for scientists to delete or insert specific bits of DNA into cells with incredible precision -- that would offer opportunities to do things that really haven't been possible in the past.

The CRISPR technology has already been used to change the DNA in the cells of mice and monkeys, other organisms as well. Chinese scientists showed recently that they could even use the CRISPR technology to change genes in human embryos. And scientists in Philadelphia showed they could use CRISPR to remove the DNA of an integrated HIV virus from infected human cells.

The opportunity to do this kind of genome editing also raises various ethical issues that we have to consider, because this technology can be employed not only in adult cells, but also in the embryos of organisms, including our own species. And so, together with my colleagues, I've called for a global conversation about the technology that I co-invented, so that we can consider all of the ethical and societal implications of a technology like this.

What I want to do now is tell you what the CRISPR technology is, what it can do, where we are today and why I think we need to take a prudent path forward in the way that we employ this technology.

When viruses infect a cell, they inject their DNA. And in a bacterium, the CRISPR system allows that DNA to be plucked out of the virus, and inserted in little bits into the chromosome -- the DNA of the bacterium. And these integrated bits of viral DNA get inserted at a site called CRISPR. CRISPR stands for clustered regularly interspaced short palindromic repeats. (Laughter)

A big mouthful -- you can see why we use the acronym CRISPR. It's a mechanism that allows cells to record, over time, the viruses they have been exposed to. And importantly, those bits of DNA are passed on to the cells' progeny, so cells are protected from viruses not only in one generation, but over many generations of cells. This allows the cells to keep a record of infection, and as my colleague, Blake Wiedenheft, likes to say, the CRISPR locus is effectively a genetic vaccination card in cells. Once those bits of DNA have been inserted into the bacterial chromosome, the cell then makes a little copy of a molecule called RNA, which is orange in this picture, that is an exact replicate of the viral DNA. RNA is a chemical cousin of DNA, and it allows interaction with DNA molecules that have a matching sequence.

So those little bits of RNA from the CRISPR locus associate -- they bind -- to protein called Cas9, which is white in the picture, and form a complex that functions like a sentinel in the cell. It searches through all of the DNA in the cell, to find sites that match the sequences in the bound RNAs. And when those sites are found -- as you can see here, the blue molecule is DNA -- this complex associates with that DNA and allows the Cas9 cleaver to cut up the viral DNA. It makes a very precise break. So we can think of the Cas9 RNA sentinel complex like a pair of scissors that can cut DNA -- it makes a double-stranded break in the DNA helix. And importantly, this complex is programmable, so it can be programmed to recognize particular DNA sequences, and make a break in the DNA at that site.

As I'm going to tell you now, we recognized that that activity could be harnessed for genome engineering, to allow cells to make a very precise change to the DNA at the site where this break was introduced. That's sort of analogous to the way that we use a word-processing program to fix a typo in a document.

The reason we envisioned using the CRISPR system for genome engineering is because cells have the ability to detect broken DNA and repair it. So when a plant or an animal cell detects a double-stranded break in its DNA, it can fix that break, either by pasting together the ends of the broken DNA with a little, tiny change in the sequence of that position, or it can repair the break by integrating a new piece of DNA at the site of the cut. So if we have a way to introduce double-stranded breaks into DNA at precise places, we can trigger cells to repair those breaks, by either the disruption or incorporation of new genetic information. So if we were able to program the CRISPR technology to make a break in DNA at the position at or near a mutation causing cystic fibrosis, for example, we could trigger cells to repair that mutation.

Genome engineering is actually not new, it's been in development since the 1970s. We've had technologies for sequencing DNA, for copying DNA, and even for manipulating DNA. And these technologies were very promising, but the problem was that they were either inefficient, or they were difficult enough to use that most scientists had not adopted them for use in their own laboratories, or certainly for many clinical applications. So, the opportunity to take a technology like CRISPR and utilize it has appeal, because of its relative simplicity. We can think of older genome engineering technologies as similar to having to rewire your computer each time you want to run a new piece of software, whereas the CRISPR technology is like software for the genome, we can program it easily, using these little bits of RNA.

So once a double-stranded break is made in DNA, we can induce repair, and thereby potentially achieve astounding things, like being able to correct mutations that cause sickle cell anemia or cause Huntington's Disease. I actually think that the first applications of the CRISPR technology are going to happen in the blood, where it's relatively easier to deliver this tool into cells, compared to solid tissues.

Right now, a lot of the work that's going on applies to animal models of human disease, such as mice. The technology is being used to make very precise changes that allow us to study the way that these changes in the cell's DNA affect either a tissue or, in this case, an entire organism.

Now in this example, the CRISPR technology was used to disrupt a gene by making a tiny change in the DNA in a gene that is responsible for the black coat color of these mice. Imagine that these white mice differ from their pigmented litter-mates by just a tiny change at one gene in the entire genome, and they're otherwise completely normal. And when we sequence the DNA from these animals, we find that the change in the DNA has occurred at exactly the place where we induced it, using the CRISPR technology.

Additional experiments are going on in other animals that are useful for creating models for human disease, such as monkeys. And here we find that we can use these systems to test the application of this technology in particular tissues, for example, figuring out how to deliver the CRISPR tool into cells. We also want to understand better how to control the way that DNA is repaired after it's cut, and also to figure out how to control and limit any kind of off-target, or unintended effects of using the technology.

I think that we will see clinical application of this technology, certainly in adults, within the next 10 years. I think that it's likely that we will see clinical trials and possibly even approved therapies within that time, which is a very exciting thing to think about. And because of the excitement around this technology, there's a lot of interest in start-up companies that have been founded to commercialize the CRISPR technology, and lots of venture capitalists that have been investing in these companies.

But we have to also consider that the CRISPR technology can be used for things like enhancement. Imagine that we could try to engineer humans that have enhanced properties, such as stronger bones, or less susceptibility to cardiovascular disease or even to have properties that we would consider maybe to be desirable, like a different eye color or to be taller, things like that. "Designer humans," if you will. Right now, the genetic information to understand what types of genes would give rise to these traits is mostly not known. But it's important to know that the CRISPR technology gives us a tool to make such changes, once that knowledge becomes available.

This raises a number of ethical questions that we have to carefully consider, and this is why I and my colleagues have called for a global pause in any clinical application of the CRISPR technology in human embryos, to give us time to really consider all of the various implications of doing so. And actually, there is an important precedent for such a pause from the 1970s, when scientists got together to call for a moratorium on the use of molecular cloning, until the safety of that technology could be tested carefully and validated.

So, genome-engineered humans are not with us yet, but this is no longer science fiction. Genome-engineered animals and plants are happening right now. And this puts in front of all of us a huge responsibility, to consider carefully both the unintended consequences as well as the intended impacts of a scientific breakthrough.

Thank you.

(Applause)

(Applause ends)

Bruno Giussani: Jennifer, this is a technology with huge consequences, as you pointed out. Your attitude about asking for a pause or a moratorium or a quarantine is incredibly responsible. There are, of course, the therapeutic results of this, but then there are the un-therapeutic ones and they seem to be the ones gaining traction, particularly in the media. This is one of the latest issues of The Economist -- "Editing humanity." It's all about genetic enhancement, it's not about therapeutics. What kind of reactions did you get back in March from your colleagues in the science world, when you asked or suggested that we should actually pause this for a moment and think about it?

Jennifer Doudna: My colleagues were actually, I think, delighted to have the opportunity to discuss this openly. It's interesting that as I talk to people, my scientific colleagues as well as others, there's a wide variety of viewpoints about this. So clearly it's a topic that needs careful consideration and discussion.

BG: There's a big meeting happening in December that you and your colleagues are calling, together with the National Academy of Sciences and others, what do you hope will come out of the meeting, practically?

JD: Well, I hope that we can air the views of many different individuals and stakeholders who want to think about how to use this technology responsibly. It may not be possible to come up with a consensus point of view, but I think we should at least understand what all the issues are as we go forward.

BG: Now, colleagues of yours, like George Church, for example, at Harvard, they say, "Yeah, ethical issues basically are just a question of safety. We test and test and test again, in animals and in labs, and then once we feel it's safe enough, we move on to humans." So that's kind of the other school of thought, that we should actually use this opportunity and really go for it. Is there a possible split happening in the science community about this? I mean, are we going to see some people holding back because they have ethical concerns, and some others just going forward because some countries under-regulate or don't regulate at all?

JD: Well, I think with any new technology, especially something like this, there are going to be a variety of viewpoints, and I think that's perfectly understandable. I think that in the end, this technology will be used for human genome engineering, but I think to do that without careful consideration and discussion of the risks and potential complications would not be responsible.

BG: There are a lot of technologies and other fields of science that are developing exponentially, pretty much like yours. I'm thinking about artificial intelligence, autonomous robots and so on. No one seems -- aside from autonomous warfare robots -- nobody seems to have launched a similar discussion in those fields, in calling for a moratorium. Do you think that your discussion may serve as a blueprint for other fields?

JD: Well, I think it's hard for scientists to get out of the laboratory. Speaking for myself, it's a little bit uncomfortable to do that. But I do think that being involved in the genesis of this really puts me and my colleagues in a position of responsibility. And I would say that I certainly hope that other technologies will be considered in the same way, just as we would want to consider something that could have implications in other fields besides biology.

BG: Jennifer, thanks for coming to TED.

JD: Thank you.

(Applause)

A few years ago,/ with my colleague,/ Emmanuelle Charpentier,/ I invented a new technology/ for editing genomes.//

数年前 同僚のエマニュエル・シャルパンティエと ゲノムを編集する新しい技術を 共同開発しました

It's called CRISPR-Cas9.//

CRISPR-Cas9という技術で

The CRISPR technology allows scientists/ to make changes/ to the DNA/ in cells/ that could allow us/ to cure genetic disease.//

科学者が細胞内のDNAを改変でき 遺伝的疾患の治癒が可能になりました

You might be interested/ to know/ that the CRISPR technology came about/ through a basic research project/ that was aimed at discovering/ how bacteria fight viral infections.//

面白いと思われるかもしれませんが CRISPR技術は 細菌がウイルス感染と戦う仕組みを調べる 基礎研究の過程で 生まれたものでした

Bacteria have to deal/ with viruses/ in their environment,/ and we can think about a viral infection/ like a ticking time bomb --/ a bacterium has only a few minutes/ to defuse the bomb/ before it gets destroyed.//

細菌はウイルスがいる環境に 対処しなければなりません ウイルス感染とは チクタク動く時限爆弾のようなもの つまり 細菌は起爆までの数分間で 信管を外す必要があるのです

So,/ many bacteria have in their cells/ an adaptive immune system called CRISPR,/ that allows them/ to detect viral DNA and destroy it.//

そのため 細菌の多くは細胞内に CRISPRという一種の適応的な免疫機構があり 外来侵入性のウイルスDNAを 検出し破壊します

Part of the CRISPR system is a protein called Cas9,/ that's able/ to seek out,/ cut/ and eventually degrade viral DNA/ in a specific way.//

CRISPRシステムの構成要素には Cas9タンパクがあり それが固有の方法で ウイルスDNAを検出し 切断し破壊します

And it was through our research/ to understand the activity of this protein,/ Cas9,/ that we realized/ that we could harness its function/ as a genetic engineering technology --/ a way/ for scientists to delete or insert specific bits of DNA/ into cells/ with incredible precision --/ that would offer opportunities/ to do things/ that really haven't been possible/ in the past.//

Cas9タンパクの働きは 我々の調査を通じて明らかになり ゲノム工学の技術として 活用できるようになりました 科学者は細胞内に特定のDNA断片を 驚くほど正確に削除・ 挿入することで 過去には不可能だったことに 可能性を見出せるようになったのです

The CRISPR technology has already been used to change the DNA/ in the cells of mice and monkeys,/ other organisms/ as well.//

CRISPR技術は マウス、サル、他の生物の細胞の DNAの改変に使われています

Chinese scientists showed recently/ that they could even use the CRISPR technology/ to change genes/ in human embryos.//

中国の科学者は最近 このCRISPR技術を使って ヒトの胚の遺伝子さえ 改変できることを示しました

And scientists/ in Philadelphia showed/ they could use CRISPR/ to remove the DNA of an integrated HIV virus/ from infected human cells.//

フィラデルフィアの科学者は HIVウイルスに感染した ヒトの細胞から 組み込まれたHIVのDNAを 除去できることを示しました

The opportunity to do this kind of genome editing also raises various ethical issues/ that we have to consider,/ because this technology can be employed not only/ in adult cells,/ but also/ in the embryos of organisms,/ including/ our own species.//

このようにゲノム編集が可能になると 考えなければならない 様々な倫理的な問題も出てきます なぜなら この技術は 大人の細胞だけでなく ヒトも含めた生物の胚にも 使用できるからです

And so,/ together/ with my colleagues,/ I've called for a global conversation/ about the technology/ that I co-invented,/ so that we can consider all of the ethical and societal implications of a technology/ like this.//

そこで 同僚と一緒に 共同開発した技術について 世界規模の話し合いを呼びかけ この技術がもたらす 倫理的・社会的影響について 考えようとしています

What I want to do now is tell you/ what the CRISPR technology is,/ what it can do,/ where we are/ today/ and why I think we need to take/ a prudent path forward/ in the way that/ we employ this technology.//

だからこそ CRISPR技術とは何か 何が可能になるのか 今日の我々が置かれた状況 そして 実用化の前に 検討を重ねるべきだと思う理由について お話ししようとしています

When viruses infect a cell,/ they inject their DNA.//

ウイルスが細胞を感染させるとき そのDNAを注入します

And/ in a bacterium,/ the CRISPR system allows/ that DNA/ to be plucked out of the virus,/ and inserted in little bits/ into the chromosome --/ the DNA of the bacterium.//

そして 細菌内では CRISPRシステムで DNAがウイルスから取り出され その断片が細菌の染色体 つまり 細菌のDNAに挿入されます

And these integrated bits of viral DNA get inserted at a site called CRISPR.//

CRISPRとはウイルスのDNA断片を 挿入する座位であり

CRISPR stands for clustered regularly interspaced short palindromic repeats.//

「規則的にスペーサーが入った 短回文型配列の反復群」という意味の略語です

(笑)

A big mouthful --/ you can see/ why we use the acronym CRISPR.//

言いにくいですね だからCRISPR と呼ぶのです

It's a mechanism/ that allows cells/ to record,/ over time,/ the viruses/ they have been exposed to.//

これは 感染したウイルスを 細胞が時間をかけて 記録する仕組みです

And importantly,/ those bits of DNA are passed on to the cells/' progeny,/ so cells are protected from viruses not only/ in one generation,/ but over many generations of cells.//

重要なのは DNA断片の情報は 後世の細胞に引き継がれるので 1世代だけでなく 何世代にも渡り 細胞をウイルスから守れることです

This allows the cells/ to keep a record of infection,/ and as my colleague,/ Blake Wiedenheft,/ likes to say,/ the CRISPR locus is effectively a genetic vaccination card/ in cells.//

このようにして 感染が記録されます 同僚のブレイク・ウィンハフト曰く CRISPRの座位は細胞における 遺伝子的なワクチンといえるでしょう

Once those bits of DNA have been inserted into the bacterial chromosome,/ the cell then makes a little copy of a molecule called RNA,/ which is orange/ in this picture,/ that is an exact replicate of the viral DNA.//

DNA断片が 細菌の染色体に挿入されると 細胞は転写により RNAという分子を生成します 図ではオレンジ色で示されており ウイルスDNAの正確な複製となっています

RNA is a chemical cousin of DNA,/ and it allows interaction/ with DNA molecules/ that have a matching sequence.//

RNAはDNAの 化学的な従兄弟のようなもので 配列が一致するDNA分子と 相互作用します

So those little bits of RNA/ from the CRISPR locus associate --/ they bind --/ to protein called Cas9,/ which is white/ in the picture,/ and form a complex/ that functions like a sentinel/ in the cell.//

CRISPR座位から複製されたRNA断片は Cas9とよばれるタンパク質と結合します 図の白い部分です これらは細胞内の監視役的な 複合体を作り

It searches through all of the DNA/ in the cell,/ to find sites/ that match the sequences/ in the bound RNAs.//

細胞内に浸入したDNAを隅々まで走査し 複合体内のRNA配列と 一致する部位を探します

And when those sites are found --/ as you can see here,/ the blue molecule is DNA --/ this complex associates with that DNA/ and allows the Cas9 cleaver/ to cut up/ the viral DNA.//

部位が検出されると ― ご覧の青い分子がDNAですが ― この複合体がDNAと結合し 次にCas9がウイルスDNAを 切断します

It makes a very precise break.//

とても正確に切断するのです

So/ we can think of the Cas9 RNA sentinel complex/ like a pair of scissors/ that can cut DNA --/ it makes a double-stranded break/ in the DNA helix.//

ですから監視役のCas9 RNA複合体は DNAを切断できる ハサミと捉えることができます Cas9はらせん構造を持った DNAの二本鎖を切断します

And importantly,/ this complex is programmable,/ so it can be programmed to recognize particular DNA sequences,/ and make a break/ in the DNA/ at that site.//

重要なのは 複合体はプログラム可能なのです 特定のDNA配列を認識するよう プログラムし その部位でDNAを切断できます

As I'm going to tell/ you now,/ we recognized/ that that activity could be harnessed for genome engineering,/ to allow cells to make a very precise change/ to the DNA/ at the site/ where this break was introduced.//

お話ししようとしているのは この仕組みをゲノム工学に応用でき 切断する部位で 細胞のDNAを精密に 変更できることです

That's sort of analogous/ to the way that/ we use a word-processing program/ to fix a typo/ in a document.//

まるでワープロで 文書の打ち間違いを 修正するかのようです

The reason/ we envisioned using/ the CRISPR system/ for genome engineering is/ because cells have the ability/ to detect broken DNA and repair it.//

我々がゲノム工学において CRISPRシステムに期待を抱く理由は 細胞は壊れたDNAを検出し 修復できるからです

So/ when a plant/ or an animal cell detects a double-stranded break/ in its DNA,/ it can fix that break,/ either by pasting together/ the ends of the broken DNA/ with a little, tiny change/ in the sequence of that position,/ or it can repair the break/ by integrating a new piece of DNA/ at the site of the cut.//

植物や動物の細胞は DNA二本鎖切断を検出し その切断箇所を修復します 1つの仕組みは DNA切断部分の両末端に 僅かな修正を施し結合するもので 別の仕組みは 切断箇所に 新たなDNA断片を挿入するやり方です

So/ if we have a way/ to introduce double-stranded breaks/ into DNA/ at precise places,/ we can trigger cells/ to repair those breaks,/ by either the disruption or incorporation of new genetic information.//

DNA二本鎖を正確な場所で 切断することが出来れば 細胞による 切断部分の修復を促し 遺伝子の破壊や 新しい遺伝情報の 組み込みが可能になります

So/ if we were able to program the CRISPR technology/ to make a break/ in DNA/ at the position/ at or near a mutation/ causing cystic fibrosis,/ for example,/ we could trigger cells/ to repair/ that mutation.//

DNAのCRISPR技術により 例えば嚢胞性線維症を引き起こす 突然変異が生じた部位か その近くでDNAを切断するようなことが プログラム化できれば 細胞による突然変異株の修復を 促すことができるでしょう

Genome engineering is actually not new,/ it's been in development/ since the 1970s.//

ゲノム工学は新しい技術ではなく 1970年代から開発され

We've had technologies/ for sequencing DNA,/ for copying DNA,/ and even/ for manipulating DNA.//

DNAの配列読取り 複写、操作が 可能になりました

And these technologies were very promising,/ but the problem was/ that they were either inefficient,/ or they were difficult enough/ to use/ that most scientists had not adopted them/ for use/ in their own laboratories,/ or certainly/ for many clinical applications.//

このような技術は有望視される一方で 効率が悪かったり 使い方がとても難しいという 問題がありました そのため 科学者の多くは 研究では採用することなく もちろん臨床に 応用されることも殆どありませんでした

So,/ the opportunity to take a technology/ like CRISPR/ and utilize/ it has appeal,/ because of its relative simplicity.//

だから 比較的簡単なCRISPR技術は 魅力的なのです

We can think of older genome engineering technologies/ as similar/ to having to rewire/ your computer/ each time/ you want to run/ a new piece of software,/ whereas the CRISPR technology is like software/ for the genome,/ we can program it easily,/ using these little bits of RNA.//

古くなったゲノム工学の技術は 新しいソフトを導入するたびに 配線をやり直すPCのようなものですが CRISPR技術とは ゲノムのためのソフトのようなものです RNA断片を使って 簡単にプログラムできます

So once/ a double-stranded break is made in DNA,/ we can induce repair,/ and thereby potentially achieve astounding things,/ like being able to correct mutations/ that cause sickle cell anemia/ or cause Huntington's Disease.//

DNA二本鎖を切断すれば 修復を誘導することができます それゆえ驚異的な力を秘めています 例えば鎌状赤血球貧血や ハンチントン病を起こす突然変異を 正常化できるのです

I actually think/ that the first applications of the CRISPR technology are going to happen/ in the blood,/ where it's relatively easier/ to deliver this tool/ into cells,/ compared to solid tissues.//

実際 私はCRISPR技術が 最初に使われるのは 血液だろうと思っています 固体状の組織に比べ このようなツールが 細胞内に届きやすいからです

Right now,/ a lot of the work/ that's going on applies/ to animal models of human disease,/ such as mice.//

現在 ヒトの疾患の研究のための ラットなどの実験動物を用いた 実験が繰り返し行われています

The technology is being used to make very precise changes/ that allow us/ to study the way/ that these changes/ in the cell's DNA affect either a tissue or,/ in this case,/ an entire organism.//

この技術によって 改変が正確にできるので このようなDNAの改変が 一組織や生物全体に どのような影響を与えるのかを 研究することができます

Now/ in this example,/ the CRISPR technology was used to disrupt a gene/ by making a tiny change/ in the DNA/ in a gene/ that is responsible/ for the black coat color of these mice.//

例えば この例では CRISPR技術を使って マウスの毛を黒くする遺伝子の DNAに微量な変化を与えて 機能をノックアウトしました

Imagine/ that these white mice differ from their pigmented litter-mates/ by just a tiny change/ at one gene/ in the entire genome,/ and they're otherwise completely normal.//

これらの白いマウスが 色の付いたひと腹の兄弟と異なるのは ゲノムの中の遺伝子の1つを 僅かに変化させたからですが その他は完全に正常です

And when we sequence the DNA/ from these animals,/ we find/ that the change/ in the DNA has occurred at exactly the place/ where we induced it,/ using the CRISPR technology.//

マウスのDNAの配列を読み取ると CRISPR技術を使って DNAの改変を誘導した まさに その部位が 変化していると分かりました

Additional experiments are going on/ in other animals/ that are useful/ for creating models/ for human disease,/ such as monkeys.//

他の動物でも実験を行っており 人間の疾患モデルの作成に 役立っています 例えばサルがそうです

And here/ we find/ that we can use these systems/ to test the application of this technology/ in particular tissues,/ for example,/ figuring out/ how to deliver the CRISPR tool/ into cells.//

このような手段によって 特定の組織に対する この技術の適用可能性 ― 例えばCRISPRツールを細胞に導入する方法の 解明に利用できることがわかりました

We also want to understand better/ how to control the way/ that DNA is repaired/ after it's cut,/ and also to figure out/ how to control and limit any kind of off-target,/ or unintended effects of using the technology.//

また もっとよく理解したい点は 切断後のDNAの修復を コントロールする方法や 標的としていない部位への影響を コントール、抑制し 予期せぬ作用が 起こらないようにする方法です

I think/ that we will see clinical application of this technology,/ certainly/ in adults,/ within the next 10 years.//

私はこの技術の臨床への応用が ― もちろん成人が対象ですが ― 10年以内に行われると思います

I think/ that it's likely/ that we will see clinical trials/ and possibly even approved therapies/ within that time,/ which is a very exciting thing/ to think about.//

この期間で臨床試験ができる 可能性は高いですし 治療の認可さえ下りるかもしれません こういうことを考えると とてもワクワクします

And/ because of the excitement/ around this technology,/ there's a lot of interest/ in start-up companies/ that have been founded to commercialize/ the CRISPR technology,/ and lots of venture capitalists/ that have been investing in these companies.//

この技術への期待感が高まるにつれ CRISPR技術の商業化を目論む 新興企業や これらの企業に投資している 多くのベンチャー投資家が 強い関心を示しています

But we have to also consider/ that the CRISPR technology can be used for things/ like enhancement.//

忘れてならないのが CRISPR技術により 身体の機能強化が可能になることです

Imagine/ that we could try to engineer humans/ that have enhanced properties,/ such as stronger bones,/ or less susceptibility/ to cardiovascular disease/ or even to have properties/ that we would consider maybe/ to be desirable,/ like a different eye color/ or to be taller,/ things/ like that.//

想像してみてください ヒトの遺伝子を操作することで 骨をもっと強くしたり 心疾患になりにくくしたり または 我々が希望する特性を 得ることすら可能になるかもしれません 例えば目の色を変えたい 背が高くなりたいといったことなどです

"Designer humans,/"/ if you will.//

望めば「人間のデザイン」もできるでしょう

Right now,/ the genetic information to understand/ what types of genes would give rise/ to these traits is mostly not known.//

今のところ どの遺伝子がどんな特性を 高めるのかという遺伝情報は ほとんどわかっていません

But it's important/ to know/ that the CRISPR technology gives us/ a tool/ to make such changes,/ once/ that knowledge becomes available.//

知って頂きたいのは そういった知識が得られるようになれば CRISPR技術によって そのような変化を作りだすことが 出来るということです

This raises a number of ethical questions/ that we have to carefully consider,/ and this is/ why I/ and my colleagues have called for a global pause/ in any clinical application of the CRISPR technology/ in human embryos,/ to give us/ time to really consider all of the various implications of doing so.//

これにより 慎重に考慮すべき 多くの倫理的問題も生じます そのため 私と同僚は 臨床でCRISPR技術が ヒトの胚に応用される前に 世界規模での待ったをかけているのです 時間をかけて ヒトへの応用による 様々な影響を考えるためです

And actually,/ there is an important precedent/ for such a pause/ from the 1970s,/ when scientists got together/ to call for a moratorium/ on the use of molecular cloning,/ until the safety of that technology could be tested carefully and validated.//

事実 このような中断には 1970年代から続く 重要な先例があります 科学者が一体となって 分子クローニングについて その安全性が十分に検証され 有効性が確認されるまで その使用に待ったをかけたのです

So,/ genome-engineered humans are not with us yet,/ but this is no longer science fiction.//

ですからゲノム操作を受けた 人間はまだ存在しませんが もはやSFだけの話ではないのです

Genome-engineered animals and plants are happening right now.//

ゲノム操作をした 動物や植物はいるのです

And this puts in front of all of us/ a huge responsibility,/ to consider carefully both the unintended consequences/ as well as/ the intended impacts of a scientific breakthrough.//

このことは重い責任 すなわち 科学の躍進による 意図した結果だけでなく 意図しない悪影響について 熟慮することを 我々に迫っています

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

(拍手終了)

Bruno Giussani:/ Jennifer,/ this is a technology/ with huge consequences,/ as you pointed out.//

ブルーノ・ジュサーニ: ジェニファーさん ご指摘のとおり 重大な影響を 及ぼし得る技術ですよね

Your attitude/ about asking for a pause/ or a moratorium/ or a quarantine is incredibly responsible.//

この問題に待ったをかけ 検証することは とても責任のある行動だと思います

There are,/ of course,/ the therapeutic results of this,/ but then/ there are the un-therapeutic ones/ and they seem to be the ones/ gaining traction,/ particularly/ in the media.//

これには もちろん 治療として役立つ一方で 治療とは無関係なものもありますが そちらの方が 特にメディアの関心を 集めているようです

This is one of the latest issues of The Economist --/ "Editing humanity."//

『エコノミスト』の最新号でも 「ヒトを編集する」として取り上げられています

It's all about genetic enhancement,/ it's not about/ therapeutics.//

それらは遺伝子を強化することばかりで 治療について語られていません

What kind of reactions did/ you get back/ in March/ from your colleagues/ in the science world,/ when you asked or suggested/ that we should actually pause this/ for a moment/ and think about it?//

技術のヒトへの応用に待ったをかけ 熟考すべきと3月の学会で提案した時 同僚達の反応は どのようなものだったのでしょうか?

Jennifer Doudna:/ My colleagues were actually,/ I think,/ delighted to have the opportunity to discuss this openly.//

ジェニファー:同僚達はこの問題について 自由に議論できる機会を得て 喜んでいたと思います

It's interesting/ that as I talk to people,/ my scientific colleagues/ as well as/ others,/ there's a wide variety of viewpoints/ about this.//

同僚の科学者や他の人と話すと 色々な見方があることが分かり 面白いです

So clearly/ it's a topic/ that needs careful consideration and discussion.//

明らかに 検討や話し合いを 重ねていく必要のあるトピックです

BG:/ There's a big meeting/ happening in December/ that you/ and your colleagues are calling,/ together/ with the National Academy of Sciences and others,/ what do/ you hope will come out of the meeting,/ practically?//

ブルーノ:ジェニファーさん達の 呼びかけで 12月に 全米科学アカデミーや他の組織と共同で 大きな会議を開かれますが 実際どんな期待をされていますか?

JD:/ Well,/ I hope/ that we can air the views of many different individuals and stakeholders/ who want to think/ about how to use this technology responsibly.//

ジェニファー:多様な個人や 利害関係がある人々 この技術の責任ある活用方法を 考えようとする人々の 意見を交流できればと思っています

It may not be possible/ to come up/ with a consensus point of view,/ but I think/ we should at least understand/ what all the issues are/ as we go forward.//

見解の一致に至ることはないでしょうが このまま押し進めた時に 起こり得る問題が何なのかを 少なくとも理解しておくべきなのです

BG:/ Now,/ colleagues of yours,/ like George Church,/ for example,/ at Harvard,/ they say,/ "Yeah,/ ethical issues basically are just a question of safety.//

ブルーノ:ハーバード大学医学校の ジョージ・チャーチら あなたの同僚達は 「倫理的問題とは基本的に 安全性の問題に過ぎない」と言います

We/ test and test and test again,/ in animals/ and/ in labs,/ and then/ once we feel/ it's safe enough,/ we move on/ to humans."//

「動物や研究室でテストにテストを重ね 十分安全だという確信を持って初めて ヒトを扱うんだ」と

So that's kind of the other school of thought,/ that we should actually use this opportunity/ and really go for it.//

彼らは チャンスを生かして 研究を推進すべきだという 立場のようです

Is there a possible split happening in the science community/ about this?//

このことで 学会が 分断する可能性はあるのでしょうか?

I mean,/ are we/ going to see/ some people/ holding back/ because they have ethical concerns,/ and some others just going/ forward/ because some countries under-regulate/ or don't regulate at all?//

つまり ある科学者は倫理的な懸念から 研究を自制し 別の科学者は 国の規制が緩いか 全くないせいで 研究を推進するという 状況は生じるでしょうか?

JD:/ Well,/ I think with any new technology,/ especially/ something/ like this,/ there are going to be a variety of viewpoints,/ and I think/ that's perfectly/ understandable.//

ジェニファー:どの様な新しい技術でも 特にこのような技術には 様々な見解があるもので 私はそういうものだと思っています

I think/ that in the end,/ this technology will be used for human genome engineering,/ but I think to do/ that/ without careful consideration and discussion of the risks/ and potential complications would not be responsible.//

私は最終的には この技術はヒトゲノム工学で 使用されると思いますが これに伴うリスクなどについて 議論を重ねた上で移行しないと 無責任なものになると思います

BG:/ There are a lot of technologies/ and other fields of science/ that are developing exponentially,/ pretty much/ like yours.//

ブルーノ:CRISPR技術のように 飛躍的に発展した 技術や科学の分野は たくさん存在します

I'm thinking/ about artificial intelligence,/ autonomous robots/ and so on.//

例えば 人工知能や自律ロボットなどです

No one seems --/ aside/ from autonomous warfare robots --/ nobody seems to have launched a similar discussion/ in those fields,/ in calling for a moratorium.//

それなのに 誰も ― 戦争用自律ロボットを除いて 誰も待ったをかけて 話し合いの場を 持とうとしないのです

Do you think that/ your discussion may serve as a blueprint/ for other fields?//

この話し合いが他の分野での 青写真となると思いますか?

JD:/ Well,/ I think/ it's hard/ for scientists/ to get out of the laboratory.//

ジェニファー:科学者が研究室の外に 出ていくのは難しいと思います

Speaking for myself,/ it's a little bit uncomfortable/ to do that.//

私自身も 少々落ち着きません

But I do think/ that being involved in the genesis of this really puts me and my colleagues/ in a position of responsibility.//

しかし こういう黎明期に関わると 同僚や私の中に責任感が生まれます

And I would say/ that I certainly hope/ that other technologies will be considered in the same way,/ just as we would want to consider/ something/ that could have implications/ in other fields/ besides biology.//

だから他の技術でも 話し合いの場が持たれることを望んでいます 生物学以外の分野においても 新技術の及ぼし得る影響についても 同様に熟慮されたらと願っています

BG:/ Jennifer,/ thanks/ for coming to TED.//

ブルーノ:TEDでの講演 ありがとうございました

JD:/ Thank you.//

ジェニファー:ありがとうございました

(拍手)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

edit

…‘を'編集する

〈原稿など〉‘を'校訂する,〈本など〉‘を'監修する

(…から)〈文章など〉‘を'削除する《+『名』+『out of』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

bacteria

『バクテリア』,細菌

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

viral

ウィルスの;ウィルスが原因の

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

virus

ビールス,ろ過性病原体

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

ticking

(ふとん・まくら・テント用の)じょうぶな綿布

time bomb

時限爆弾

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

adaptive

適応できる,適応性のある

immune

免疫の

《補語にのみ用いて》(影響・攻撃・義務・税などを)免れている《+『against』(『from, to』)+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

protein

蛋白(たんばく)質

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

degrade

(…に)…‘の'地位(身分)を下げる《+『名』+『to』+『名』》

(…にまで)…‘の'品位(評判)を下げる,'を'卑しくする《+『名』+『to』+『名』》

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

harness

『馬具』,引き具

〈馬)‘に'馬具を着ける;〈馬など〉‘を'車に着ける;〈人〉‘を'仕事に就かせる

〈自然の力〉‘を'利用する

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

engineering

『工学』

土木工事

delete

(…から)〈語など〉'を'削除する,消す《+『名』+『from』+『名』》

insert

(…に)…‘を'『差し込む』,挿入する《+『名』+『in』(『into, between』)+『名』》

挿入物;(別刷りの)差し込みページ;(新聞などの)折り込みビラ

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

precision

正確,きちょうめん

(計器などが)精密な

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

opportunity

『機会』,好機

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

gene

遺伝子

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

embryo

胎児

発達の初期

胎児の,胚の

未発達の,初期の

Philadelphia

『フィラデルフィア』(米国Pennsylvania州の大都市;1776年7月4日,米国独立宣言の行われた所)

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

employ

《しばしば受動態で》(…として)〈人〉‘を'『雇う』(hire)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…として)〈物・能力など〉‘を'『使う』(use)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…に)〈時間・精力など〉‘を'『費やす』,〈自分〉‘の'身をささげる《+『名』+『in』(『for, on』)+『名』(do『ing』)》

(…の)雇用《+『of』+『名』》

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

prudent

『用心深い』,慎重な

倹約した

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

infect

〈病気が〉…‘に'『感染する』;(病気を)…‘に'感染させる,すつす《+『名』+『with』+『名』〈病気〉》

…‘に'『影響を及ぼす』

inject

(…に)〈液体など〉‘を'注射する,注入する《+『名』+『into』+『名』》;(…を)…‘に'注射する《+『名』+『with』+『名』》

(話などに)…‘を'動入する,さしはさむ《+『名』+『into』+『名』》

pluck

〈花・果物など〉‘を'『摘む』,もぐ(pick)

(…から)〈羽毛など〉‘を'『むしる』,引き抜く《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

…‘を'羽毛を引き抜く

(指・つめなどで)〈楽器の弦〉‘を'はじく,かき鳴らす

(…を)ぐいと引く,引っ張る《+『at』+『名』》

〈C〉ぐいと引くこと

〈U〉(特に危険や困難に際して見せる)勇気,胆力

〈U〉《the~》(動物の)臓物

chromosome

染色体

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

regularly

規則正しく,一様に;正式に;定期的に

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

laughter

『笑い』,笑い声

mouthful

口1杯(分の…),1口(分の…)《+『of』+『名』》;(口にはいる程度の)少量

《話》難しく言いにくい文句

《話》長々しくてもっともらしく聞こえること

acronym

かしら文字語(数語の最初の1字を組み合わせた語;通例は普通の名詞のように発音される;『NATO』=North Atlantic Treaty Organization)

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

importantly

重要性をもって;もったいぶって

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

progeny

(人・動植物の)子孫

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

locus

(法律用語で)場所,位置

(数学で,点が描く)軌跡)

vaccination

〈C〉〈C〉(…の)種痘,ワクチン接種,予防注射

〈C〉種痘の跡

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

bacterial

バクテリアの,細菌の

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

RNA

ribonucleic acid・リボ核酸

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

cousin

『いとこ』

『親類』,縁者

(性質などが)よく似たもの,兄弟分

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

sentinel

歩哨(ほしょう),番人

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

cleaver

(特に肉屋の使う手おの型の)肉切り包丁

precise

『正確な』,的確な,明確な

《名詞の前にのみ用いて》まさにその,当の

(必要量などに)ちょうどの

(人,考え・規則などか)厳格な,きちょうめんな

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

scissor

…‘を'はさみで切る,切り取る《+『off』(『out, up』)+『名』,+『名』+『off』+(『out, up』)》

helix

らせん

らせん形のもの

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

analogous

類似の,相似;(…に)類似の《+『to』(『with』)+『名』》

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

envision

=envisage

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

repair

…‘を'『修繕する』,修理する

…‘を'『償う』;…‘を'訂正する』

…‘を'回復する

修繕(修理)できる

『修繕』,『修理』,修繕作業

〈U〉手入れ(修理)の状態

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

paste

(接着用の)『のり』

(一般に)のり状のもの

(菓子を作るための)練り粉,ペースト

(人造宝石用材料の)鉛ガラス;模造宝石

(…に)…‘を'『のりではる』《+『down』+『名』+『in(on)』+『名』》

(…を)…‘に'のりではり付ける《+『名』+『with』+『名』》

《俗》<顔・体など>‘を'強打する,なぐりつける

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

disruption

混乱,中断,分裂,崩壊[状態]

incorporation

法人設立

編入,合併

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

mutation

変化,俸転

(生物の)突然変異;その変種

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

cystic

胞嚢(ほうのう)性の

fibrosis

線維症(線維性結合線維が増殖し過ぎる症状)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

manipulate

〈道具類〉‘を'巧みに扱う(動かす),〈言葉〉‘を'うまく使う

〈人・世論など〉‘を'巧みに操る,〈問題など〉‘を'うまく処理する(maneuver)

(自分の利益のために)…‘を'ごまかす,小細工する

promising

『前途有望な』,見込みのある,期待できる

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

inefficient

(人が)役に立たない,無能の;(機械・方法などが)役に立たない,能率の上がらない

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

appeal

『訴える』,呼びかける

(上級裁判機関に)『控訴する』,上告する《+『to』+『名』》

〈物事が〉(人の)気持に訴える《+『to』+『名』》

(ゲームで)(審判に)規則の裁定を求める《+『to』+『名』》

(助力などの)『訴え』;哀願《+『for』+『名』》

(権威などへの)訴え《+『to』+『名』》

控訴,上告

(…に)訴える魅力《+『to』+『名』》

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

simplicity

『簡単』,平易;(…の)容易《+『of』+『名』》

『飾り気のなさ』,簡素,地味,質素

実直,誠実

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

rewire

…‘に'配線し直す・…‘に'再び電報を打つ

computer

『計算機』;『電子計算機』

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

induce

〈人〉‘に'『勧めて』(…)『させる』

…‘を'『引き起こす』,もたらす(cause)

〈電気〉‘を'誘導する

…‘を'帰納する

thereby

それによって(by that means)

それに関連して

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

sickle

(麦刈り用の三日月形の)小がま

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

mice

mouseの複数形

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

disrupt

…‘を'混乱させる

(一時的に)…‘を'中断させる

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

coat

『コート』,オーバー,外とう

(男子背広・婦人スーツの)『上着』;(婦人・子供の)長上着

(動物の)毛,毛皮;(植物の)外被,皮

表面をおおうもの;(ペンキ・ニスなどの)塗り;(金属などの)めっき

〈人〉‘に'上旦を旦せる

〈ほこりなどが〉〈症など〉'を'『おおう』;(ペンキなどで)〈壁など〉'を'塗る《+『名』+『with』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

differ

『違う』,『異なる』

『意見を異にする』

pigment

〈U〉〈C〉(おもに紛末の)絵の具,顔料

〈U〉色素

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

completely

『完全に』,全く,十分に

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

approve

〈事〉'を'『よいと認める』,‘に'賛成する

(正式に)…'を'認可する,承認する

《『approve of』+『名』(do『ing』)》(…を)承認する,賛成する

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

exciting

(物事が)『興奮させる』

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

capitalist

資本家

《まれ》資本主義者

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

enhancement

高揚,増進

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

enhance

…‘の'程度(仮値など)を高める

property

動産

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

susceptibility

〈U〉(…に)(感染し)やすいこと,敏感《+to+名》

《複数形で》(傷つきやすい)感情

cardiovascular

心臓と血管の(に影響する)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

desirable

『望ましい』,好ましい

(特に)性的欲望を起こさせるような,魅力たっぷりの

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

designer

『設計者』,デザイナー

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

trait

特性,特質,特色

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

known

knowの過去分詞

『名高い』,知られた

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

carefully

『注意深く』,気をつけて

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

precedent

〈C〉(…の)先例,前例《+『for』+『名』》

〈U〉先例にならうこと

moratorium

支払い猶予令(政府が経済界の混乱を防ぐために一定期間債務者の支払いを猶予すること)

支払い猶予期間

(危険な活動の)一時停止

molecular

分子の,分子による

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

science fiction

空想科学小説(《略》『SF,sf』)

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

intended

意図した,目指した,故意の(intentional)

未来の,いいなずけの

いいなずけ

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

applause

『拍手かっさい』;称賛

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

quarantine

(伝染病予防のための人・動物・船・積み荷などの)隔離

〈U〉隔離(検疫)期間

〈C〉隔離所,検疫所;停船港

〈U〉(一般に)強制的隔離

〈伝染病患者など〉‘を'隔離(検疫)する

incredibly

信じられないほど

therapeutic

治療[上]の

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

traction

けん引(道路などの表面に沿って乗り物などを引くこと)

けん引された状態,引っ張られた状態

けん引力

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

media

mediumの複数形

economist

経済学者

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

therapeutics

治療学

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

delighted

うれしい,喜んだ

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

openly

『公然と』,あからさまに

『率直に』,包み隠さず(frankly)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

viewpoint

『観点』,見地,見解(point of view)

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

consideration

〈U〉(…の)『考慮』,熟慮,考察《+『to』+『名』》

〈C〉『考慮すべき事』

〈U〉(人・物などへの)『思いやり』,配慮《+『for』+『名』》

〈C〉報酬,心づけ,償い

〈U〉《まれ》重要さ,重大さ;尊敬,丁重

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

December

『12月』({略}『Dec.』)

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

academy

『学士院』,芸術院

《米》私立中等(高等)学校

(特殊教育の)専門学校

practically

『実質的には』,『事実上』,ほとんど(almost)・『実際的に』,実用的に,実際的な方法で

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

stakeholder

(勝負がつくまで)賭(かけ)金を預かる人

管財人

responsibly

責任をもって

consensus

(多人数の意見などの)一致,調和《+『of』+『名』》;一致した意見,総意

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

basically

基本的に,根本的に;元来は

lab

実験室(laboratory)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

school of thought

同じ考え方をもつ一派;同じ学派

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

regulate

(規則などで)…‘を'『規制する』,『統制する』

〈機械など〉‘を'『調整する』

〈量や率など〉‘を'ある限度内におさえる

especially

『特に』,特別に;きわだって

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

understandable

分かりやすい,理解できる

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

complication

〈U〉〈C〉複雑[な状態],粉糾[状態]

〈U〉(…を)複雑にすること《+『of』+『名』》

〈C〉複雑な(やっかいな)事を引き起こすもの・〈C〉併発症, 併発,合併症

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

autonomous

自治の,自治権のある

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

no one

『だれも』…『ない』

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

warfare

『戦争』,交戦状態,戦争行為

『争い』,闘争

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

blueprint

(建築・機械の設計図の)青写真

(詳細な)計画

…'を'青写真にとる

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

genesis

〈U〉〈C〉《the ~》起源,発生,創始

《the G-》創世記(旧約聖書の第1書;《略》Gen.)

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

biology

『生物学』

関連動画