TED日本語 - アン・マデン: 微生物の世界へようこそ ― 自宅にも、そしてあなたの顔にも

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アン・マデン: 微生物の世界へようこそ ― 自宅にも、そしてあなたの顔にも

TED Talks

微生物の世界へようこそ ― 自宅にも、そしてあなたの顔にも
Meet the microscopic life in your home -- and on your face
アン・マデン
Anne Madden

内容

あなたの中にいる、そしてあなたを取り囲む微生物のジャングルに目をこらしてみてください。あなたの頬に生息するごく微少な生物もいれば、お宅のソファの下や裏庭の土の中にも微生物がいます。こうした微生物に対して、私たちは敵対的な関係性を築いています。それらは消毒したり、駆除したり、殺菌する対象なのです。しかし微生物学者のアン・マデンによると、こうした微生物は発見されるのを待っている新たなテクノロジーや医薬品の源泉であるといいます。マデンは言います ― 「こうした錬金術師とも言える微生物は気持ち悪いなんてことはない、未来そのものなのだ」と。

Script

I want you to touch your face. Go on. What do you feel? Soft? Squishy? It's you, right? You're feeling you? Well, it's not quite true. You're actually feeling thousands of microscopic creatures that live on our face and fingers. You're feeling some of the fungi that drifted down from the air ducts today. They set off our allergies and smell of mildew. You're feeling some of the 100 billion bacterial cells that live on our skin. They've been munching away at your skin oils and replicating, producing the smells of body odor. You're likely even touching the fecal bacteria that sprayed onto you the last time you flushed a toilet, or those bacteria that live in our water pipes and sprayed onto you with your last shower. Sorry.

(Laughter)

You're probably even giving a microscopic high five to the two species of mites that live on our faces, on all of our faces. They've spent the night squirming across your face and having sex on the bridge of your nose.

(Laughter)

Many of them are now leaking their gut contents onto your pores.

(Laughter)

Now look at your finger. How's it feel? Gross? In desperate need of soap or bleach? That's how you feel now, but it's not going to be how you feel in the future.

For the last 100 years, we've had an adversarial relationship with the microscopic life nearest us. If I told you there was a bug in your house or bacteria in your sink, there was a human-devised solution for that, a product to eradicate, exterminate, disinfect. We strive to remove most of the microscopic life in our world now. But in doing so, we're ignoring the best source of new technology on this planet. The last 100 years have featured human solutions to microbial problems, but the next 100 years will feature microbial solutions to human problems.

I'm a scientist, and I work with researchers at North Carolina State University and the University of Colorado to uncover the microscopic life that is nearest us, and that's often in our most intimate and boring environments, be it under our couches, in our backyards, or in our belly buttons. I do this work because it turns out that we know very little about the microscopic life that's nearest us. As of a few years ago, no scientist could tell you what bugs or microorganisms live in your home -- your home, the place you know better than anywhere else.

And so I and teams of others are armed with Q-tips and tweezers and advanced DNA techniques to uncover the microscopic life nearest us. In doing so, we found over 600 species of bugs that live in USA homes, everything from spiders and cockroaches to tiny mites that cling to feathers. And we found over 100,000 species of bacteria and fungi that live in our dust bunnies, thousands more that live on our clothes or in our showers. We've gone further still, and we looked at the microorganisms that live inside the bodies of each of those bugs in our home. In each bug, for example, a wasp, we see a microscopic jungle unfold in a petri plate, a world of hundreds of vibrant species. Behold the biological cosmos! So many of the species you're looking at right now don't yet have names. Most of the life around us remains unknown.

I remember the first time I discovered and got to name a new species. It was a fungus that lives in the nest of a paper wasp. It's white and fluffy, and I named it "mucor nidicola," meaning in Latin that it lives in the nest of another. This is a picture of it growing on a dinosaur, because everyone thinks dinosaurs are cool. At the time, I was in graduate school, and I was so excited that I had found this new life form. I called up my dad, and I go, "Dad! I just discovered a new microorganism species." And he laughed and he goes, "That's great. I hope you also discovered a cure for it."

(Laughter)

"Cure it."

Now, my dad is my biggest fan, so in that crushing moment where he wanted to kill my new little life form, I realized that actually I had failed him, both as a daughter and a scientist. In my years toiling away in labs and in people's backyards, investigating and cataloging the microscopic life around us, I'd never made clear my true mission to him. My goal is not to find technology to kill the new microscopic life around us. My goal is to find new technology from this life, that will help save us.

The diversity of life in our homes is more than a list of 100,000 new species. It is 100,000 new sources of solutions to human problems. I know it's hard to believe that anything that's so small or only has one cell can do anything powerful, but they can. These creatures are microscopic alchemists, with the ability to transform their environment with an arsenal of chemical tools. This means that they can live anywhere on this planet, and they can eat whatever food is around them. This means they can eat everything from toxic waste to plastic, and they can produce waste products like oil and battery power and even tiny nuggets of real gold. They can transform the inedible into nutritive. They can make sugar into alcohol. They give chocolate its flavor, and soil the power to grow.

I'm here to tell you that the next 100 years will feature these microscopic creatures solving more of our problems. And we have a lot of problems to choose from. We've got the mundane: bad-smelling clothes or bland food. And we've got the monumental: disease, pollution, war. And so this is my mission: to not just catalog the microscopic life around us, but to find out what it's uniquely well-suited to help us with.

Here's an example. We started with a pest, a wasp that lives on many of our homes. Inside that wasp, we plucked out a little-known microorganism species with a unique ability: it could make beer. This is a trait that only a few species on this planet have. In fact, all commercially produced beer you've ever had likely came from one of only three microorganism species. Yet our species, it could make a beer that tasted like honey, and it could also make a delightfully tart beer. In fact, this microorganism species that lives in the belly of a wasp, it could make a valuable sour beer better than any other species on this planet. There are now four species that produce commercial beer. Where you used to see a pest, now think of tasting your future favorite beer.

As a second example, I worked with researchers to dig in the dirt in people's backyards. There, we uncovered a microorganism that could make novel antibiotics, antibiotics that can kill the world's worst superbugs. This was an awesome thing to find, but here's the secret: for the last 60 years, most of the antibiotics on the market have come from similar soil bacteria. Every day, you and I and everyone in this room and on this planet, are saved by similar soil bacteria that produce most of our antibiotics. Where you used to see dirt, now think of medication.

Perhaps my favorite example comes from colleagues who are studying a pond scum microorganism, which is tragically named after the cow dung it was first found in. It's pretty unremarkable and would be unworthy of discussion, except that the researchers found that if you feed it to mice, it vaccinates against PTSD. It vaccinates against fear. Where you used to see pond scum, now think of hope.

There are so many more microbial examples that I don't have time to talk about today. I gave you examples of solutions that came from just three species, but imagine what those other 100,000 species in your dust bunnies might be able to do. In the future, they might be able to make you sexier or smarter or perhaps live longer.

So I want you to look at your finger again. Think about all those microscopic creatures that are unknown. Think about in the future what they might be able to do or make or whose life they might be able to save. How does your finger feel right now? A little bit powerful? That's because you're feeling the future.

Thank you.

(Applause)

顔に触ってみてください さあ どうぞ 何を感じますか? 柔らかい? ぷにぷにする? 自分の顔ですね 自分を感じますか? それはちょっと違うんです 実は何千もの微生物に触れています 顔や指に生息しているものです 換気口から舞い降りてきた ― 真菌類に触れていることでしょう アレルギーを起こしたり カビくさい匂いを引き起こします 皮膚に生息している 1千億もの細菌にも 触れています 皮脂を食べては 増殖し 体臭を引き起こしています さっきトイレの水を流したときに 空中に舞い上がった ― 排泄物の細菌にも 触れているかもしれません 水道管に生息する 細菌にも触れているでしょう 前回シャワーを浴びたときに 体に付着したものです ちょっと気持ち悪いですね

(笑)

顔面に生息する2種類のダニに ハイタッチをしたかもしれません どの人の顔にもいます これらのダニは 夜間に顔の上を這い回り 鼻の上でセックスしています

(笑)

その多くは皆さんの毛穴に 排泄しているはずです

(笑)

さあ 指を見てください どんな気持ちですか? 気持ち悪い? 石けんか漂白剤を使いたい気分? 今はそう お思いでしょう でも将来はそうは思わないでしょう

過去100年間 私たちは身近な微生物と 敵対的な関係にありました 家の中に虫がいたり 流し台に細菌がいると 人工的な解決策がありました それらを根絶したり駆除したり 殺菌したりするものです 現在の世界では ほとんどの微生物を 除去しようと努力します そうすることで この地球で 新しい技術を生み出すための源を 失っているのです 過去100年間 微生物の問題には 人工的な解決策がもたらされてきました しかし 今後100年間は 人間の問題に 微生物による解決策がもたらされるでしょう

私は科学者です ノースカロライナ州立大学と コロラド大学の研究者らと 身近な微生物の生態を 研究しています 生活に密着した さして面白くない環境にいるものです ソファの下とか 裏庭とか おへその中とか この研究を始めたのは 身近な微生物について ほとんど知らないことが 分かったからです 数年前まで 家にどんな虫や微生物がいるか 知っている科学者はいませんでした 家はどこよりも よく知っている場所のはずです

そこで私たちは協同して 綿棒やピンセットや 新しいDNA技術を武器に 身近な微生物の生態を 明らかにしています その過程で 実に600種類もの虫が アメリカの家庭にいると わかりました クモやゴキブリから 羽毛にいるダニまで様々です そして 実に10万種類以上もの 細菌や真菌類が たまった埃に潜んでいると わかりました 衣類やシャワーには もっとたくさんいます さらに調査を進めました 家にいる虫の体内に 生息している微生物も調べました 虫の体内には ― 例えばスズメバチには 培養皿がジャングルになるほどの 微生物がいます 活発に活動する 何百もの生き物です 生物学の宇宙を ご覧ください! 今 ご覧になっているものの多くには まだ名前さえついていません 身近にいる生物の多くが 未知のものなのです

初めて新種を発見して 命名したときのことを覚えています アシナガバチの巣に生息する 真菌類でした 白くてふわふわしていて 「ミュコール・ナイディコーラ」と 名付けました ラテン語で「他の者の巣に住む者」 という意味です これは恐竜の人形に 繁殖させた様子の写真です みんな 恐竜が好きですからね 当時 私は大学院に在籍しており この新しい生命体を発見したことに とても興奮していました 父に電話して こう言いました 「パパ! 新種の微生物を発見したの!」 父は笑って言いました 「すごいね 駆除する方法も見つけた?」

(笑)

「駆除する」なんて

父は誰よりも 私を応援してくれています その父に私の発見した生命体を 駆除してほしいと言われた瞬間 私がうまく伝えられなかったのだと 悟りました 娘としても 科学者としても 長年 実験室や他人の裏庭で コツコツ努力したり 身近な微生物を 研究したり分類したりする間 私は本当の使命を うまく伝えていませんでした 私の目標は 身近な微生物を 駆除する技術を 見いだすことではありません 私の目標は微生物から 人間の役に立つ技術を生み出すことです

家庭に生息する新種の生物は 実に10万種以上です 人間の抱える問題への 新たな解決策が10万種もあるのです これほど微細であったり 単細胞の生物に 何もできないと 思われるかもしれません でも 可能なのです これらの生物は 微小な錬金術師とも言えます 様々な化学反応で 周囲の環境を 変容させる力があります これらの生物は 地球上どこでも生息でき 何を食べても 生き延びられるのです 有毒なゴミもプラスチックも 食べることができ 油脂や電池燃料などを 生み出すことができます ごく微細な本物の金も生み出せます 食べられないものを 栄養源に変化させたり 砂糖をアルコールに 変えたりできます チョコレートに風味を加えたり 土壌に栄養を与えたりできます

ここで言わせてください 今後100年間で こうした微生物が 私たちの問題を 多く解決することでしょう 取り組む問題には様々あります 日常の問題もあります 衣類の悪臭や味のない食べ物 もっと大きな問題もあります 病気や公害 戦争などです それこそが私の使命です 身近な微生物を 調査・分類するだけでなく その微生物ならではの 役に立つ側面を見いだすことです

例をお見せしましょう まずは害虫に注目しました 多くの家庭に生息する スズメバチです このスズメチの体内から採取した ほぼ知られていない微生物には 独自の能力があります ビールを作れるのです この能力は地球上の ごく少数の生物にしか見られません 実際 皆さんが飲んだことのある 商業的に製造されたビールは 3つの微生物のうちのひとつを 利用したものでしょう でも 私たちが発見した微生物は ハチミツ風味のビールを作れます 心地よい酸味のあるビールも作れます 実は スズメバチの体内に 生息する この微生物は 地球上のどの生物よりも 価値のある酸味のあるビールを 生み出せます これで商業的にビールを製造できる 酵母は4種類になりました これまで害虫でしかなかったものが 将来のお気に入りのビールを 生み出すのです

2つ目の例です 他の研究者たちと 家々の裏庭の土を掘り起こしました そこで 発見したのは 新しい抗生物質が作れる微生物です 世界最悪の超耐性菌をも 殺菌できる抗生物質です 素晴らしい発見だと思いませんか しかし秘密をお教えします 過去60年間 市場に出回った抗生物質のほとんどが 土壌に含まれる 類似の細菌種に由来しているのです 毎日 あなたも私も ここにいる全員や この地球上の全員が 抗生物質を生み出す土壌の細菌に 命を救われています 土だと思っていたものが 医薬品に見えてきます

私のお気に入りの例は 同僚に聞いたものです その人は池の浮き滓にいる 微生物を研究しています 残念なことに 牛の糞から発見されたため そこから名付けられてしまいました 取るに足りないもので 話題にする価値もなさそうですが 研究者らは これをハツカネズミに与えると PTSDのワクチンになると 発見しました 恐怖に対するワクチンになるのです 池の浮き滓でしかなかったものに 希望を見いだせます

今日お話しする時間がないくらいに 微生物の例は もっとたくさんあります たった3種類から生まれた 解決策をお見せしましたが 埃の塊にさらに含まれている 10万種類の微生物の可能性を 考えてみてください 将来は 微生物のおかげで もっとセクシーになったり 賢くなったり 寿命を延ばせるかもしれません

もう一度 指を見てみてください 未だ知られていない 微生物のことを 考えてみてください それらに今後 どんなことを実現できるか 何を生み出せるか 誰の命を救うことができるか 今 指を見てどう思いますか? 心強い気持ちですか? それはその指で 未来を感じたからです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画