TED日本語 - クリス・ミルク: 仮想現実が究極の感情移入マシーンを作り出すまで

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

クリス・ミルクは、最先端の技術を利用して、人を楽しませ魅了する驚異的な映像を制作しています。でも、ミルクにとって、制作活動の根底には常に「人間の物語」という動機が存在します。魅力あふれるこのショート・トークで彼が紹介してくれるのは、カニエ・ウェストやアーケイド・ファイアといったミュージシャンとのコラボレーションの一部です。それから、彼の最新作となる、仮想現実を使った目も眩むような実験的作品について説明してくれます。

Script

私の場合 仮想現実との出会いは 少し変わっていました 1970年代のことです 私が この分野にのめり込んだのは わずか7才の頃です 仮想現実にアクセスするために 使ったツールは イーヴル・クニーヴルの スタント用バイクでした これが そのコマーシャルです (ビデオ)すごいジャンプだ! イーヴルが操るのは 驚異のスタント・バイク ジャイロ・パワーで30mを超える 高速走行が可能です

(クリス・ミルク)当時は 大のお気に入りでした 私はどこでも このバイクに 乗っている気分でした 私はイーヴルと共にいました スネーク・リバー峡谷の大ジャンプもです ロケットも欲しかったけれど バイクしか買ってもらえませんでした この世界に本当にハマっていました 大きくなったら作家ではなく スタントマンになりたかったんです 私は その世界の中にいて イーヴルは友達でした すっかり感情移入していたんです

でも うまくいきませんでした(笑) 私は美大に入って ミュージック・ビデオを 撮るようになりました これは撮り始めた頃のビデオです (音楽)カニエ・ウェスト 『タッチ・ザ・スカイ』 (クリス)ちょっと似てるでしょう (笑) ロケットも手に入れました (笑)

さて映像作家というか その端くれになり 映像作家のツールを駆使して 視聴者にできるだけ魅力的な ストーリーを伝えようとしました 映像とは 自分とは全く違う人々や 未知の世界に 感情移入できる すごいメディアです

残念なことに イーヴル・クニーブルは 私たちに感情移入してくれなかったようで ビデオを撮った私たちを訴えました (笑) すぐ後のことです ただ いいこともありました 子どもの頃に憧れた人 ― 将来の目標だった 本人の サインを ついに手に入れました (拍手)

ここで 映像について話しましょう 映像はすごいメディアですが 本質は昔から変わっていません 映像は 連続して映しだされる 長方形なんです 私たちは この長方形で すごいことを実現してきました でも私は こんなことを 考えるようになりました 「今までとは違う方法で ストーリーを語るために 現代の進歩した技術を使えないか ― 私たちが この100年使ってきた 旧来の映像制作のツールでは 語り切れないような 別の形のストーリーを語れないか?」 そこで実験を始めました 試みたのは 極めつけの 感情移入マシーンを作ることです これは初期の実験の一部です (音楽)

タイトルは『The Wilderness Downtown』― アーケイド・ファイアとの共同制作です 最初に自分が育った場所の 住所を入力します このウェブサイトから 小さなボックスが 次々と 別ウインドウで立ち上がります 十代の子どもが通りを駆けていて Googleストリートビューと Googleマップの画像で その場所が 自分が育った辺りだとわかります 1軒の家の所で立ち止まりますが それは あなたの家の前です これはすごく良くて それまで長方形の画面で作ってきたものより はるかに深い 感情的な反応が 返ってきました これは言わば あなたの 生い立ちの一部を拾い上げて ストーリーに当てはめたことになります

でも その後こう考えました 「今回は一部だけだったけど どうすれば相手を丸ごと ストーリーに組み込めるだろう?」 こうして私はインスタレーションの 制作を始めました これは『The Treachery of Sanctuary』という作品です 三連作ですが 3番目のパネルをご覧ください (音楽) 今度は観客そのものを フレームの中に捉えていて 前作よりも さらに深い 心からの反応が 返ってきました

でも一方で フレームとは何なのかと 考えるようになりました フレームは窓に過ぎません つまり あらゆるメディアは テレビにしろ映画にしろ 他の世界を覗く窓なんです そこで考えました 相手をフレームに取り込んでしまおう ただし 相手をフレームで囲み 窓に はめ込むのではなく 相手が窓をすり抜けて 反対側に行き そっちの世界に 入り込むようにしたいんです

ここで仮想現実の話に戻ります その話をしましょう ただ残念ですが 仮想現実を語るのは 建築をダンスで表現するようなものです 実際に仮想現実の中で ダンスで建築を表すと こんな感じです (笑) 説明が難しいんです では なぜ難しいのか? それは体験するメディアだからです 内部で感じるメディアだからです 機械ではありますが その内部は 現実の世界 本物のように感じます 世界の内部にいるような気持ちになり その世界の人々と 一緒にいるような気持ちになります

ここで仮想現実映像のデモを ご覧に入れましょう 仮想現実を撮影した時に捉えた情報を すべてスクリーンに投影します あらゆる方向を撮影しています これは私たちが開発したカメラ・システムで 全方向を見渡す3Dカメラと その方向に向けられた バイノーラル・マイクがついています これを使って みなさんを囲む 球体状の世界を作ります ですから お見せするのは 世界を内部から眺めたものではなく 世界全体を長方形に引き伸ばしたものです タイトルは『Clouds Over Sidra』 私たちの仮想現実 制作会社VRSEと 国連 そして ガボ・オローラと共同で制作しました 12月にヨルダンの シリア難民キャンプを訪れて 12才の少女シードラの物語を撮りました 彼女は家族と一緒に砂漠を越えて シリアを脱出し ヨルダンに来ました キャンプで暮らすようになって もう1年半になります

(シードラ)私はシードラ 12才です 5年生です シリアのダーラ県インクヒル市 出身です ヨルダンのザータリ難民キャンプで 暮らして1年半になります 私の家は大家族で 兄弟が3人います 1人はまだ赤ちゃんです 弟はよく泣きます 私が赤ちゃんの時よく泣いたか 父さんに聞いたけど 泣かなかったそうです たぶん私は弟より 強かったんだと思います

(クリス)ヘッドセットをかぶっていると このようには見えません 世界をぐるっと見渡せます 360度 あらゆる方向が 見えるはずです 彼女の部屋で 本人を前にして座っている時は テレビ画面や窓を通して 見ているのではなく 彼女と そこに座っているんです 足元を見ると 彼女と同じ地面に座っています だからこそ より深く 彼女の人間性を感じ より深く感情移入できるんです

私はこの機械で 心を動かせると考えています すでに私たちは何人かの 心を動かそうとしています 1月に この映像をダボスの 世界経済フォーラムに持って行き 数百万人の暮らしに 影響を与える決定を下す人たちに 見てもらいました 彼らは この機会がなければ ヨルダンの難民キャンプの テントに座ることなどなかったでしょう 1月のある日の午後 スイスにいた彼らは 気付くと 難民キャンプにいたのです (拍手) みんな心を動かされました

だから私たちは さらに制作することにしています 現在 国連と協力して こんな映像をシリーズで撮影しています ちょうどリベリアでの撮影を終え インドで撮影を始めるところです 私たちは 映像を撮影し 国連で そこに派遣中の人や そこへ行く予定の人に見せています 映像に映る人々の暮らしを 変える力を持つ人々に見せるのです

それでもまだ 仮想現実が持つ本当の力の ほんの一部を 使っているだけだと思います これはゲームの周辺機器ではありません 仮想現実は 既存のメディアとは 比べものにならない位 深く人間同士を結びつけます そして双方の見方を 変えることができます だから仮想現実は 本当の意味で 世界を変える力を持っているのです

これは単なる機械ですが 私たちは それを通して より思いやりをもち より感情移入し より つながり合えます そして最終的には より人間らしくなれるのです

どうもありがとう

(拍手)

Virtual reality started for me in sort of an unusual place. It was the 1970s. I got into the field very young: I was seven years old. And the tool that I used to access virtual reality was the Evel Knievel stunt cycle. This is a commercial for that particular item: (Video) Voice-over: What a jump! Evel's riding the amazing stunt cycle. That gyro-power sends him over 100 feet at top speed.

Chris Milk: So this was my joy back then. I rode this motorcycle everywhere. And I was there with Evel Knievel; we jumped the Snake River Canyon together. I wanted the rocket. I never got the rocket, I only got the motorcycle. I felt so connected to this world. I didn't want to be a storyteller when I grew up, I wanted to be stuntman. I was there. Evel Knievel was my friend. I had so much empathy for him.

But it didn't work out. (Laughter) I went to art school. I started making music videos. And this is one of the early music videos that I made: (Music: "Touch the Sky" by Kanye West) CM: You may notice some slight similarities here. (Laughter) And I got that rocket. (Laughter)

So, now I'm a filmmaker, or, the beginning of a filmmaker, and I started using the tools that are available to me as a filmmaker to try to tell the most compelling stories that I can to an audience. And film is this incredible medium that allows us to feel empathy for people that are very different than us and worlds completely foreign from our own.

Unfortunately, Evel Knievel did not feel the same empathy for us that we felt for him, and he sued us for this video -- (Laughter) -- shortly thereafter. On the upside, the man that I worshipped as a child, the man that I wanted to become as an adult, I was finally able to get his autograph. (Applause)

Let's talk about film now. Film, it's an incredible medium, but essentially, it's the same now as it was then. It's a group of rectangles that are played in a sequence. And we've done incredible things with those rectangles. But I started thinking about, is there a way that I can use modern and developing technologies to tell stories in different ways and tell different kinds of stories that maybe I couldn't tell using the traditional tools of filmmaking that we've been using for 100 years? So I started experimenting, and what I was trying to do was to build the ultimate empathy machine. And here's one of the early experiments: (Music)

So this is called "The Wilderness Downtown." It was a collaboration with Arcade Fire. It asked you to put in the address where you grew up at the beginning of it. It's a website. And out of it starts growing these little boxes with different browser windows. And you see this teenager running down a street, and then you see Google Street View and Google Maps imagery and you realize the street he's running down is yours. And when he stops in front of a house, he stops in front of your house. And this was great, and I saw people having an even deeper emotional reaction to this than the things that I had made in rectangles. And I'm essentially taking a piece of your history and putting it inside the framing of the story.

But then I started thinking, okay, well that's a part of you, but how do I put all of you inside of the frame? So to do that, I started making art installations. And this is one called "The Treachery of Sanctuary." It's a triptych. I'm going to show you the third panel. (Music) So now I've got you inside of the frame, and I saw people having even more visceral emotional reactions to this work than the previous one.

But then I started thinking about frames, and what do they represent? And a frame is just a window. I mean, all the media that we watch -- television, cinema -- they're these windows into these other worlds. And I thought, well, great. I got you in a frame. But I don't want you in the frame, I don't want you in the window, I want you through the window, I want you on the other side, in the world, inhabiting the world.

So that leads me back to virtual reality. Let's talk about virtual reality. Unfortunately, talking about virtual reality is like dancing about architecture. And this is actually someone dancing about architecture in virtual reality. (Laughter) So, it's difficult to explain. Why is it difficult to explain? It's difficult because it's a very experiential medium. You feel your way inside of it. It's a machine, but inside of it, it feels like real life, it feels like truth. And you feel present in the world that you're inside and you feel present with the people that you're inside of it with.

So, I'm going to show you a demo of a virtual reality film: a full-screeen version of all the information that we capture when we shoot virtual reality. So we're shooting in every direction. This is a camera system that we built that has 3D cameras that look in every direction and binaural microphones that face in every direction. We take this and we build, basically, a sphere of a world that you inhabit. So what I'm going to show you is not a view into the world, it's basically the whole world stretched into a rectangle. So this film is called "Clouds Over Sidra," and it was made in conjunction with our virtual reality company called VRSE and the United Nations, and a co-collaborator named Gabo Arora. And we went to a Syrian refugee camp in Jordan in December and shot the story of a 12-year-old girl there named Sidra. And she and her family fled Syria through the desert into Jordan and she's been living in this camp for the last year and a half.

(Video) Sidra: My name is Sidra. I am 12 years old. I am in the fifth grade. I am from Syria, in the Daraa Province, Inkhil City. I have lived here in the Zaatari camp in Jordan for the last year and a half. I have a big family: three brothers,one is a baby. He cries a lot. I asked my father if I cried when I was a baby and he says I did not. I think I was a stronger baby than my brother.

CM: So, when you're inside of the headset. you're not seeing it like this. You're looking around through this world. You'll notice you see full 360 degrees, in all directions. And when you're sitting there in her room, watching her, you're not watching it through a television screen, you're not watching it through a window, you're sitting there with her. When you look down, you're sitting on the same ground that she's sitting on. And because of that, you feel her humanity in a deeper way. You empathize with her in a deeper way.

And I think that we can change minds with this machine. And we've already started to try to change a few. So we took this film to the World Economic Forum in Davos in January. And we showed it to a group of people whose decisions affect the lives of millions of people. And these are people who might not otherwise be sitting in a tent in a refugee camp in Jordan. But in January,one afternoon in Switzerland, they suddenly all found themselves there. (Applause) And they were affected by it.

So we're going to make more of them. We're working with the United Nations right now to shoot a whole series of these films. We just finished shooting a story in Liberia. And now, we're going to shoot a story in India. And we're taking these films, and we're showing them at the United Nations to people that work there and people that are visiting there. And we're showing them to the people that can actually change the lives of the people inside of the films.

And that's where I think we just start to scratch the surface of the true power of virtual reality. It's not a video game peripheral. It connects humans to other humans in a profound way that I've never seen before in any other form of media. And it can change people's perception of each other. And that's how I think virtual reality has the potential to actually change the world.

So, it's a machine, but through this machine we become more compassionate, we become more empathetic, and we become more connected. And ultimately, we become more human.

Thank you.

(Applause)

Virtual reality started for me/ in sort of an unusual place.//

私の場合 仮想現実との出会いは 少し変わっていました

It was the 1970s.//

1970年代のことです

I got into the field very young:/ I was seven years old.//

私が この分野にのめり込んだのは わずか7才の頃です

And the tool/ that I used to access/ virtual reality was the Evel Knievel stunt cycle.//

仮想現実にアクセスするために 使ったツールは イーヴル・クニーヴルの スタント用バイクでした

This is a commercial/ for that particular item:/ (Video)/ Voice-over:/ What a jump!//

これが そのコマーシャルです (ビデオ)すごいジャンプだ!

Evel's riding the amazing stunt cycle.//

イーヴルが操るのは 驚異のスタント・バイク

That gyro-power sends him/ over 100 feet/ at top speed.//

ジャイロ・パワーで30mを超える 高速走行が可能です

Chris Milk:/ So this was my joy back then.//

(クリス・ミルク)当時は 大のお気に入りでした

I rode this motorcycle everywhere.//

私はどこでも このバイクに 乗っている気分でした

And I was there with Evel Knievel;/ we jumped/ the Snake River Canyon together.//

私はイーヴルと共にいました スネーク・リバー峡谷の大ジャンプもです

I wanted the rocket.//

ロケットも欲しかったけれど

I never got the rocket,/ I only got the motorcycle.//

バイクしか買ってもらえませんでした

I felt so connected/ to this world.//

この世界に本当にハマっていました

I didn't want to be a storyteller/ when I grew up,/ I wanted to be stuntman.//

大きくなったら作家ではなく スタントマンになりたかったんです

I was there.// Evel Knievel was my friend.//

私は その世界の中にいて イーヴルは友達でした

I had so much empathy/ for him.//

すっかり感情移入していたんです

But it didn't work out.// (Laughter)/

でも うまくいきませんでした(笑)

I went to art/ school.//

私は美大に入って

I started making/ music videos.//

ミュージック・ビデオを 撮るようになりました

And this is one of the early music videos/ that I made:/ (Music:/ "Touch/ the Sky"/ by Kanye West)/

これは撮り始めた頃のビデオです (音楽)カニエ・ウェスト 『タッチ・ザ・スカイ』

CM:/ You may notice some slight similarities here.//

(クリス)ちょっと似てるでしょう

(笑)

And I got/ that rocket.//

ロケットも手に入れました

(笑)

So,/ now/ I'm a filmmaker,/ or,/ the beginning of a filmmaker,/ and I started using/ the tools/ that are available/ to me/ as a filmmaker/ to try to tell/ the most compelling stories/ that I can to an audience.//

さて映像作家というか その端くれになり 映像作家のツールを駆使して 視聴者にできるだけ魅力的な ストーリーを伝えようとしました

And film is this incredible medium/ that allows us/ to feel empathy/ for people/ that are very different/ than us/ and worlds completely foreign/ from our own.//

映像とは 自分とは全く違う人々や 未知の世界に 感情移入できる すごいメディアです

Unfortunately,/ Evel Knievel did not feel the same empathy/ for us/ that we felt for him,/ and he sued us/ for this video --/ (Laughter) --/ shortly thereafter.//

残念なことに イーヴル・クニーブルは 私たちに感情移入してくれなかったようで ビデオを撮った私たちを訴えました (笑) すぐ後のことです

On the upside,/ the man/ that I worshipped as a child,/ the man/ that I wanted to become/ as an adult,/ I was finally able/ to get his autograph.//

ただ いいこともありました 子どもの頃に憧れた人 ― 将来の目標だった 本人の サインを ついに手に入れました

(拍手)

Let's talk about film now.//

ここで 映像について話しましょう

Film,/ it's an incredible medium,/ but essentially,/ it's the same now/ as it was then.//

映像はすごいメディアですが 本質は昔から変わっていません

It's a group of rectangles/ that are played in a sequence.//

映像は 連続して映しだされる 長方形なんです

And we've done incredible things/ with those rectangles.//

私たちは この長方形で すごいことを実現してきました

But I started thinking/ about,/ is there a way that/ I can use modern/ and developing technologies/ to tell stories/ in different ways/ and tell different kinds of stories/ that maybe I couldn't tell using/ the traditional tools of filmmaking/ that we've been using for 100 years?//

でも私は こんなことを 考えるようになりました 「今までとは違う方法で ストーリーを語るために 現代の進歩した技術を使えないか ― 私たちが この100年使ってきた 旧来の映像制作のツールでは 語り切れないような 別の形のストーリーを語れないか?」

So I started experimenting,/ and what I was trying to do/ was to build/ the ultimate empathy machine.//

そこで実験を始めました 試みたのは 極めつけの 感情移入マシーンを作ることです

And here's one of the early experiments:/ (Music)/

これは初期の実験の一部です (音楽)

So this is called "The Wilderness Downtown."//

タイトルは『The Wilderness Downtown』―

It was a collaboration/ with Arcade Fire.//

アーケイド・ファイアとの共同制作です

It asked you/ to put in/ the address/ where you grew up/ at the beginning of it.//

最初に自分が育った場所の 住所を入力します

It's a website.//

このウェブサイトから

And out of it starts growing/ these little boxes/ with different browser windows.//

小さなボックスが 次々と 別ウインドウで立ち上がります

And you see this teenager/ running down/ a street,/ and then/ you see Google Street View/ and Google Maps imagery/ and you realize the street/ he's running down/ is yours.//

十代の子どもが通りを駆けていて Googleストリートビューと Googleマップの画像で その場所が 自分が育った辺りだとわかります

And when he stops in front of a house,/ he stops in front of your house.//

1軒の家の所で立ち止まりますが それは あなたの家の前です

And this was great,/ and I saw people/ having an even deeper emotional reaction/ to this/ than the things/ that I had made in rectangles.//

これはすごく良くて それまで長方形の画面で作ってきたものより はるかに深い 感情的な反応が 返ってきました

And I'm essentially taking/ a piece of your history/ and putting it/ inside the framing of the story.//

これは言わば あなたの 生い立ちの一部を拾い上げて ストーリーに当てはめたことになります

But then/ I started thinking,/ okay,/ well/ that's a part of you,/ but how do I put all of you inside of the frame?//

でも その後こう考えました 「今回は一部だけだったけど どうすれば相手を丸ごと ストーリーに組み込めるだろう?」

So to do that,/ I started making/ art installations.//

こうして私はインスタレーションの 制作を始めました

And this is one called "The Treachery of Sanctuary."//

これは『The Treachery of Sanctuary』という作品です

It's a triptych.// I'm going to show/ you/ the third panel.//

三連作ですが 3番目のパネルをご覧ください

(Music)

(音楽)

So now/ I've got you/ inside of the frame,/ and I saw people/ having even more visceral emotional reactions/ to this work/ than the previous one.//

今度は観客そのものを フレームの中に捉えていて 前作よりも さらに深い 心からの反応が 返ってきました

But then/ I started thinking/ about frames,/ and what do they represent?//

でも一方で フレームとは何なのかと 考えるようになりました

And a frame is just a window.//

フレームは窓に過ぎません

I mean,/ all the media/ that we watch --/ television,/ cinema --/ they're these windows/ into these other worlds.//

つまり あらゆるメディアは テレビにしろ映画にしろ 他の世界を覗く窓なんです

And I thought,/ well,/ great.// I got you/ in a frame.//

そこで考えました 相手をフレームに取り込んでしまおう

But I don't want you/ in the frame,/ I don't want you/ in the window,/ I want you/ through the window,/ I want you/ on the other side,/ in the world,/ inhabiting the world.//

ただし 相手をフレームで囲み 窓に はめ込むのではなく 相手が窓をすり抜けて 反対側に行き そっちの世界に 入り込むようにしたいんです

So/ that leads me back/ to virtual reality.//

ここで仮想現実の話に戻ります

Let's talk/ about virtual reality.//

その話をしましょう

Unfortunately,/ talking about virtual reality is like dancing about architecture.//

ただ残念ですが 仮想現実を語るのは 建築をダンスで表現するようなものです

And this is actually someone/ dancing about architecture/ in virtual reality.//

実際に仮想現実の中で ダンスで建築を表すと こんな感じです

(笑)

So,/ it's difficult/ to explain.// Why is it difficult to explain?//

説明が難しいんです では なぜ難しいのか?

It's difficult/ because it's a very experiential medium.//

それは体験するメディアだからです

You feel your way/ inside of it.//

内部で感じるメディアだからです

It's a machine,/ but inside of it,/ it feels like real life,/ it feels like truth.//

機械ではありますが その内部は 現実の世界 本物のように感じます

And you feel present/ in the world/ that you're inside and you feel present/ with the people/ that you're inside of it with.//

世界の内部にいるような気持ちになり その世界の人々と 一緒にいるような気持ちになります

So,/ I'm going to show/ you/ a demo of a virtual reality film:/ a full-screeen version of all the information/ that we capture/ when we shoot virtual reality.//

ここで仮想現実映像のデモを ご覧に入れましょう 仮想現実を撮影した時に捉えた情報を すべてスクリーンに投影します

So we're shooting/ in every direction.//

あらゆる方向を撮影しています

This is a camera system/ that we built/ that has 3D cameras/ that look in every direction and binaural microphones/ that face in every direction.//

これは私たちが開発したカメラ・システムで 全方向を見渡す3Dカメラと その方向に向けられた バイノーラル・マイクがついています

We take this/ and we build,/ basically,/ a sphere of a world/ that you inhabit.//

これを使って みなさんを囲む 球体状の世界を作ります

So/ what I'm going to show/ you is not a view/ into the world,/ it's basically/ the whole world stretched into a rectangle.//

ですから お見せするのは 世界を内部から眺めたものではなく 世界全体を長方形に引き伸ばしたものです

So this film is called "Clouds Over Sidra,/"/ and it was made in conjunction/ with our virtual reality company called VRSE and the United Nations,/ and a co-collaborator named Gabo Arora.//

タイトルは『Clouds Over Sidra』 私たちの仮想現実 制作会社VRSEと 国連 そして ガボ・オローラと共同で制作しました

And we went to a Syrian refugee camp/ in Jordan/ in December/ and shot the story of a 12-year-old girl/ there named Sidra.//

12月にヨルダンの シリア難民キャンプを訪れて 12才の少女シードラの物語を撮りました

And she/ and her family fled Syria/ through the desert/ into Jordan/ and she's been living in this camp/ for the last year and a half.//

彼女は家族と一緒に砂漠を越えて シリアを脱出し ヨルダンに来ました キャンプで暮らすようになって もう1年半になります

(Video)/ Sidra:/ My name is Sidra.//

(シードラ)私はシードラ

I am 12 years old.//

12才です

I am in the fifth grade.//

5年生です

I am from Syria,/ in the Daraa Province,/ Inkhil City.//

シリアのダーラ県インクヒル市 出身です

I have lived here/ in the Zaatari camp/ in Jordan/ for the last year and a half.//

ヨルダンのザータリ難民キャンプで 暮らして1年半になります

I have a big family:/ three brothers,/one is a baby.//

私の家は大家族で 兄弟が3人います 1人はまだ赤ちゃんです

He cries a lot.//

弟はよく泣きます

I asked my father/ if I cried/ when I was a baby/ and he says I did not.//

私が赤ちゃんの時よく泣いたか 父さんに聞いたけど 泣かなかったそうです

I think/ I was a stronger baby/ than my brother.//

たぶん私は弟より 強かったんだと思います

CM:/ So,/ when you're inside of the headset./ you're not seeing/ it/ like this.//

(クリス)ヘッドセットをかぶっていると このようには見えません

You're looking/ around/ through this world.//

世界をぐるっと見渡せます

You'll notice/ you see full 360 degrees,/ in all directions.//

360度 あらゆる方向が 見えるはずです

And when you're sitting/ there/ in her room,/ watching her,/ you're not watching/ it/ through a television screen,/ you're not watching/ it/ through a window,/ you're sitting/ there/ with her.//

彼女の部屋で 本人を前にして座っている時は テレビ画面や窓を通して 見ているのではなく 彼女と そこに座っているんです

When you look down,/ you're sitting/ on the same ground/ that she's sitting on.//

足元を見ると 彼女と同じ地面に座っています

And/ because of that,/ you feel her humanity/ in a deeper way.//

だからこそ より深く 彼女の人間性を感じ

You empathize with her/ in a deeper way.//

より深く感情移入できるんです

And I think/ that we can change minds/ with this machine.//

私はこの機械で 心を動かせると考えています

And we've already started to try to change/ a few.//

すでに私たちは何人かの 心を動かそうとしています

So we took this film/ to the World Economic Forum/ in Davos/ in January.//

1月に この映像をダボスの 世界経済フォーラムに持って行き

And we showed it/ to a group of people/ whose decisions affect the lives of millions of people.//

数百万人の暮らしに 影響を与える決定を下す人たちに 見てもらいました

And these are people/ who might not otherwise be sitting in a tent/ in a refugee camp/ in Jordan.//

彼らは この機会がなければ ヨルダンの難民キャンプの テントに座ることなどなかったでしょう

But/ in January,/one afternoon/ in Switzerland,/ they suddenly/ all found themselves there.//

1月のある日の午後 スイスにいた彼らは 気付くと 難民キャンプにいたのです

(拍手)

And they were affected by it.//

みんな心を動かされました

So we're going to make/ more of them.//

だから私たちは さらに制作することにしています

We're working/ with the United Nations right now/ to shoot a whole series of these films.//

現在 国連と協力して こんな映像をシリーズで撮影しています

We just finished shooting/ a story/ in Liberia.//

ちょうどリベリアでの撮影を終え

And now,/ we're going to shoot/ a story/ in India.//

インドで撮影を始めるところです

And we're taking/ these films,/ and we're showing/ them/ at the United Nations/ to people/ that work there/ and people/ that are visiting there.//

私たちは 映像を撮影し 国連で そこに派遣中の人や そこへ行く予定の人に見せています

And we're showing/ them/ to the people/ that can actually change the lives of the people/ inside of the films.//

映像に映る人々の暮らしを 変える力を持つ人々に見せるのです

And that's/ where I think we just start to scratch/ the surface of the true power of virtual reality.//

それでもまだ 仮想現実が持つ本当の力の ほんの一部を 使っているだけだと思います

It's not a video game peripheral.//

これはゲームの周辺機器ではありません

It connects humans/ to other humans/ in a profound way that/ I've never seen before/ in any other form of media.//

仮想現実は 既存のメディアとは 比べものにならない位 深く人間同士を結びつけます

And it can change people's perception of each other.//

そして双方の見方を 変えることができます

And that's/ how I think virtual reality has the potential/ to actually change the world.//

だから仮想現実は 本当の意味で 世界を変える力を持っているのです

So,/ it's a machine,/ but through this machine/ we become more compassionate,/ we become more empathetic,/ and we become more connected.//

これは単なる機械ですが 私たちは それを通して より思いやりをもち より感情移入し より つながり合えます

And ultimately,/ we become more human.//

そして最終的には より人間らしくなれるのです

Thank you.//

どうもありがとう

(拍手)

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

unusual

『普通でない』,異常な;まれな,珍しい(rare)

独特の,特有の

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

stunt

…‘の'発育(成長)を妨げる;〈成長・発展など〉‘を'妨げる

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

item

『項目』;『種目』,品目;箇条

『新聞記事』;(新聞記事の)一節

(項目を数え上げるとき)一つ(…);さらにまた,同様に

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

milk

(雌の哺乳(ほにゅう)動物が分泌する)乳,(特に食料としての)『牛乳』,『ミルク』

(植物の)乳汁,乳剤,乳液

〈牛など〉‘の'乳をしぼる

〈情報など〉‘を'引き出す;(…を)〈人〉‘から'しぼり取る《+『名』+『of』+『名』》

(毒を)〈蛇〉‘から'抜き取る《+『名』+『of』+『名』》

〈牛などが〉乳を出す

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

motorcycle

オートバイ

オートバイで行く

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

snake

『ヘビ』(『蛇』)

(蛇のように)ずるく陰険な人

へび(配水管などの詰まった物を取り除く道具)

蛇行する,くねくねと続く

〈体など〉‘を'くねらす

《米》〈材木など〉‘を'引っぱる,引きずる

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

canyon

峡谷(米国西部やMexicoなどの乾燥地帯に多い)

rocket

『ロケット』;ロケット弾;ロケット推進ミサイル

火矢;打ち上げ花火;のろし

〈電車などが〉(ロケットのように)突進する

〈値段などが〉急上昇する

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

storyteller

物語をする人,物語作家

(特に子供の)うそつき(liar)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

stuntman

スタントマン(映画などで危険な場面の代役をする人;女性はstunt woman)

empathy

(心理学で)感情移入,共感

laughter

『笑い』,笑い声

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

slight

(量・程度が)『わずかの』,少しの

『取るに足りない』,つまらない(trivial)

(人が)『ほっそりした』,やせた

〈人〉‘を'軽んじる

〈物事〉‘を'なおざりにする

(人を)軽んじること,(物事を)なおざりにすること;悔辱,無礼

similarity

〈U〉類似,相似(resemblance)

〈C〉類似点

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

completely

『完全に』,全く,十分に

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

sue

(…の件で)〈人など〉‘を'告訴する,訴える《+名〈人〉+for+名》

(…の件で)告訴する,訴える《+for+名》

(…を)請う,請求する,懇願する《+for+名》

shortly

『まもなく』(in a short time),すぐに(soon)

『手短に』,簡潔に(briefly)

無愛相に,そっけなく

thereafter

その後(after that)

upside

上側,上部,上方

worship

(神人などに対する)『崇拝』《+of+名》

(通例教会での)『礼拝』

(…に対する)尊敬,賛美《+of+名》

《W-》《英》《your, his herなどと共に官職名の前に置いて》閣下

…‘を'『礼拝する』,‘に'祈りをささげる

…‘を'『崇拝する』

…‘を'尊敬する,あがめる

(…で)礼拝[式]に出席する《+at+名》

尊敬(賛美)する

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

autograph

自筆の署名,(人の)サイン

自筆の手紙(原稿)

自筆の

署名のはいっている

〈本など〉‘に'署名する,サインする

…'を'自筆(肉筆)で書く

applause

『拍手かっさい』;称賛

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

rectangle

矩形(くけい),長方形

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

wilderness

《the wilderness》《古》『荒れ地』,荒野

〈C〉果てしない広がり

《a wilderness》多数,無数(の…)《+of+名》

downtown

(都市の中心の)商業地区へ(で),町の中心街へ(で)

商業地区の(にある),町の中心街の(にある)

(市の中心街をなす)商業地区,下町

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

arcade

拱廊(きょうろう)(建物の側面につけた廊下状の通路)

アーケード(両側に商店が並ぶ屋根つき街路)

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

imagery

《集合的に》像,心像

(文学における)比喩(ひゆ)的表現

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

okay

=OK,O.K.

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

installation

〈U〉(装置などの)取り付け,据え付け

〈U〉(人の)任命,就任

〈C〉(取り付けた)装置,設備

〈C〉軍事施設

treachery

〈U〉裏切り,背信;不実

〈C〉《複数形で》裏切り行為

sanctuary

〈C〉(教会・寺院など)神聖な場所,聖所

〈C〉(教会・寺院などで)最も神聖な場所,聖域(教会堂の内陣,ユダヤ教会の至聖所など)

〈C〉(犯罪者の)隠れ場,(一般に)安らかな場所

〈U〉保護,避難

〈C〉(鳥・獣の)保護区,禁猟地

triptych

3枚続きの絵画,3面で一組の彫刻;三部作

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

visceral

内臓の,腸の

《米》本能的な,感情的な

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

cinema

〈C〉『映画館』(《米》movie theater)

《the ~》映画産業;《集合的に》『映画』(《米》movie[s])

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

inhabit

…‘に'『住む』,居る

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

binaural

両耳用の

立体放送の,ステレオの

microphone

『マイクロフォン』,拡声器

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

basically

基本的に,根本的に;元来は

sphere

『球』,球体,球面

(惑星・星などの)『天体』;天球;《詞》天,空

(知識・活動・影響などの)『範囲』,領域《+『of』+『名』》

(社会的)地位,階級

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

conjunction

〈C〉『接続詞』(and,but,for,sinceなど)

《文》〈U〉〈C〉結合,連結;(事件などの)同時発生

〈U〉合(ごう)(二つ以上の天体が同じ黄経上にあること)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

Syrian

シリアの,シリア人の,シリア語の

シリア人

refugee

(特に祖国からの)亡命者,逃亡者,難民

camp

〈C〉(軍隊・登山隊・探検隊などの)『野営地』

〈C〉〈U〉野営のテント,仮設小屋

〈U〉野営,キャンプ[生活];軍隊生活

〈C〉夏季キャンプ場,サマーキャンプ

《集合的に》野営する人たち,キャンプする人たち

〈C〉(主義・信条などを同じくする)同志たち,同じ陣営;同じ立場

『野営する』,キャンプ生活を送る《+『out』》

Jordan

《the ~》ヨルダン川(パレスチナにあって質海に注ぐ川)

ヨルダン王国(旧名はTrans-Jordan;首都はAmman)

December

『12月』({略}『Dec.』)

flee

(…から)『逃げる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

《副詞[句]を伴って》すばやく動く(過ぎる)

〈人・場所など〉‘から'逃げる;〈責任など〉‘を'逃れる,避ける

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

desert

『砂ばく』,荒れ地,乾ききった不毛の土地

『住む人のない』

『砂ばくの』,不毛の

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

fifth

《the~》『第5の』,5番目の

5分の1の

《the~》『第5』,5番目[のもの];(月の)5日

〈C〉5分の1

〈C〉《米》5分の1ガロン[びん]

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

province

〈C〉(国の行政区画としての)州,省,県

〈U〉(権威・績任などの及ぶ)範囲,(学問・活動などの)領域,分野

《the provinces》(首都・大都市に対して)『地方』,いなか

〈U〉(特定の動植物の)生息地域,繁殖地域

〈C〉属州(古代ローマで,ローマの支配下にあったイタリア本国以外の土地)

〈C〉(大主教・修道会の)管区

headset

=headphone

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

empathize

(…に)感情移入する《+『with』+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

economic

『経済の』

『経済学の』

forum

《the Fo・rum》(古代ローマの)大広場,市場(商業取引や裁判・政治などの集会所として用いられた)

〈C〉(公開討論・批判などの)広場,フォーラム

〈C〉討論会

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

tent

『テント』,天幕

テント状のもの

Switzerland

『スイス』(ヨーロッパ中部の共和国;首都はBern)

suddenly

『突然に』,だしぬけに

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

Liberia

リベリア(アフリカ西海岸の共和国;首都はMonrovia)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

peripheral

周囲の; 周辺(装置)の・末梢的な・重要でない; (...に比べて)瑣末な (to); 【医】末端部の; コンピュータの周辺装置

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

media

mediumの複数形

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

compassionate

あわれみ深い,情け深い

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

ultimately

最後に,ついに

関連動画